行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分(スタート)→和田倉噴水公園→和田倉→富士見櫓→皇居外苑→二重橋→桜田門→旧江戸城 外桜田門→警視庁→内堀通り→国会前庭→井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)→国会議事堂→首相官邸→三宅坂小公園→国立劇場→千鳥ヶ淵→戦没者墓苑→武道館→北の丸公園→靖国神社→皇居東御苑→皇居東御苑 石室→皇居東御苑 富士見多聞→皇居東御苑 富士見櫓→大手門→和田倉噴水公園(ゴール)

かもめウオ-ク

『陽春の皇居周辺散策』 10km

広告
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
広告
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
和田倉噴水公園
広告
和田倉
富士見櫓
広告
皇居外苑
皇居外苑
広告
二重橋
桜田門
広告
旧江戸城 外桜田門

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷(さくらだごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造からなり、外桝形(そとますがた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(三二〇坪)。建築されたのは寛永年間(一六二四~四四)とされ、現存する門は寛文三年(一六六三)に再建された門がもとになっています。大正十二年(一九二三)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(一八六〇)三月三日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

広告
警視庁
国会前庭
広告
井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)
国会議事堂
広告
首相官邸
三宅坂小公園
広告
国立劇場
千鳥ヶ淵
広告
戦没者墓苑
戦没者墓苑
広告
戦没者墓苑
武道館
広告
北の丸公園
北の丸公園
広告
北の丸公園
北の丸公園
広告
靖国神社
靖国神社
広告
北桔橋門
北桔橋門
皇居東御苑
広告
皇居東御苑
皇居東御苑
広告
皇居東御苑 石室

石室(皇居東御苑)

この場所は江戸城本丸御殿の大奥の脇に当たります。石室の用途は諸説ありますが。火事などの非常の際に、大奥用の稠度などの避難場所と考えられています。

 

広告
皇居東御苑 富士見多聞

江戸城 富士見多聞(たもん)

「多聞」は、長屋造りの防御施設です。

江戸城には多くの多聞がありましたが、現存するのは、この富士見多聞と、伏見櫓の左右にある多聞だけになりました。現在は富士見多聞は、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火(1657年)の後、諸建物が再建された際に建てられたものと考えられます。「御休息所前多聞」とも呼ばれています。

   

広告
皇居東御苑 富士見櫓
大手門
広告
大手門

江戸城 三ノ丸大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっております。大き方の門は、昭和20年(1945年)4月の空爆で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。焼失前の門の屋根に飾られていた鯱には、頭部に「明暦三丁酉」(1657年)と刻まれています。この明暦3年には、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火が起きており、鯱は、大火の後、江戸城再建時に製作されたものと考えられます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください