大久保地域センター(スタート)→皆中稲荷神社→北向観音菩薩(新宿)→職安通り→新宿イーストサイドスクエア→大聖院 (新宿) →紅皿の墓→戸山公園→大久保通り→大久保地域センター(ゴール)

新宿区大久保地域
名所ウオーキング

広告
皆中稲荷神社
皆中稲荷神社
皆中稲荷神社
皆中稲荷神社
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目11‐8
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目11‐8
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
紅皿の墓
紅皿の墓
紅皿の墓
紅皿の墓

新宿区指定史跡

紅 皿 の 墓

所 在 地 新宿区新宿六丁目二十一番十一号

指定年月日 平成十八年八月四日

太田道灌の山吹の里伝説に登場する少女・紅皿の墓と伝承される中世の板碑(1基)、燈籠(2基)、水鉢(1基)、花立(2基)から構成される。

板碑は区内で唯一のものとなる中世の十三仏板碑である。また、板碑の前には12代守田勘弥や歌舞伎関係者により石燈籠等が立てられ、その存在が広く知られるようになった。

伝説では、太田道灌が高田の里(現在の面影橋のあたりとされる)へ鷹狩に来てにわか雨にあい、近くの農家に雨具を借りようと立ち寄った。

その家の少女・紅皿は、庭の山吹の一枝を差し出し、『御拾遺集』の中にある「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞかなしき」の歌にかけて、雨具(蓑)のないことを伝えた。後にこれを知った太田道灌は歌の教養に励み、紅皿を城に招いて歌の友とした。

道灌の死後、紅皿は尼となって大久保に庵を建て、死後その地に葬られたという。

紅皿の墓とされる伝承が江戸時代中頃成立、展開し、幕末維新期を経て広まっていく様子を知ることができ、伝承、文献も含めた史跡として位置づけられ貴重である。

出典:新宿区教育委員会

抜弁天北公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
戸山公園
戸山公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目1 大久保通り
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目1 大久保通り
大久保地域センター(ゴール)
大久保地域センター(ゴール)

あけぼの公園 はなみずき公園 ふじ道 クレアパーク ケーブルカー高尾山駅 ホテルグランビュー沖縄 三芳野神社 中央会場・松一小 二の丸庭園 仙波河岸史跡公園 初雁公園 北の丸公園 北原公園 千代田区役所 千代田区立スポーツセンター 千鳥ヶ淵公園 半蔵門 和光市役所 喜多院 城山公園 大手門 大正浪漫夢通り 小金井公園 川越氷川神社 川越駅 平川門 新座緑道 新河岸川 日比谷公園健康運動広場 朝霞中央公園 桜田門 楠公レストハウス 気象観測露場 氷川神社 清水門 皇居東御苑 菓子屋横丁 蔵里 青葉台公園 飯能市役所 駒場運動公園 高尾山口駅 高尾山頂 高尾駅北口 1号路

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください