千代田区役所前(スタート)→清水門→北の丸公園→靖国神社大鳥居→暁星中学校・高等学校→新宿区 白銀公園→赤城神社→神楽坂おいしんぼ→靖国神社境内→九段生涯学習館(ゴール)

トライアルコース 坂道らくらく
ナンバ歩き
神楽坂界隈探訪コース 約7㌔

広告




早稲田大学創立者大隈重信
早稲田大学創立者大隈重信

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2 内堀通り
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2 内堀通り
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
北の丸公園
北の丸公園
広告
北の丸公園 案内図
北の丸公園 案内図
吉田茂像
吉田茂像
広告
吉田茂像
吉田茂像
吉田茂像
吉田茂像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

 

広告
北の丸公園露場
北の丸公園露場

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
北の丸公園
北の丸公園
広告
東京都千代田区 早稲田通り
東京都千代田区 早稲田通り
広告
東京都千代田区 内堀通り
暁星中学校・高等学校
暁星中学校・高等学校
広告
暁星中学校・高等学校
暁星中学校・高等学校
東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮

東京大神宮は、東京都千代田区富士見町に位置する神社である。

1880年(明治13年)417日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が起源であり、一般には「日比谷大神宮」もしくは「日比谷皇大神宮」と称された。

明治政府の宗教政策転換により神宮司庁と神宮教院が分離すると、後者に属していた本神社は、大神宮祠、神宮奉斎会本院と幾度か改名した。

1900年(明治33年)510日、明治天皇皇太子(のちの大正天皇)の結婚式が宮中三殿で行われる。これを記念に神前式結婚式を創始、現在に伝わる神前結婚式となった。

1923年(大正12年)91日の関東大震災で被災し、1928年(昭和3年)に現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれた。

太平洋戦争終結後の1946年(昭和21年)1月、宗教法人東京大神宮に改称し、現在に至る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
広告
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
広告
東京大神宮
東京大神宮


広告
牛込橋
牛込橋

牛 込 橋

この橋は、「牛込橋」といいます。

『御府内備考』によれば、江戸城から牛込への出口にあたる牛込見附(牛込御門)の一部をなす橋で、「牛込口」とも呼ばれた重要な交通路でした。

また、現在の外堀になっている一帯は堀が開かれる前は広大な草原で、その両側は「番町方」(千代田区側)と牛込方(新宿区側)と呼ばれてたくさんの武家屋敷が建ち並んでいたと伝えられています。

最初の橋は、寛永十三(一六三六)年に外堀が開かれた時に阿波徳島藩主の蜂須賀忠英によって造られましたが、その後の災害や老朽化によって何度も架け替えられています。

現在の橋は、平成八年三月に完成したもので、長さ四六メートル、幅一五メートルの鋼橋てす。

平成八年三月

出典:千代田区教育委員会

広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目 外堀通り
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂1丁目 外堀通り
毘沙門天 善國寺
毘沙門天 善國寺

毘沙門天 善國寺(ぜんこくじ)

善國寺は、東京都新宿区神楽坂にある日蓮宗の寺院であり、通称として「神楽坂毘沙門天」・「神楽坂の毘沙門さま」として知られている。

旧本山は大本山池上本門寺で鎮護山善国寺という。開基は徳川家康、開山は日惺上人と伝わる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
毘沙門天 善國寺
毘沙門天 善國寺
神楽坂 早稲田通り
神楽坂 早稲田通り
広告
4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像
4コマ漫画「コボちゃん」ブロンズ像
神楽坂6丁目商店街神楽坂マップ
広告
新宿区 白銀公園
新宿区 白銀公園
赤城神社
赤城神社

赤 城 神 社

お祀りしている神様

 

「磐筒雄命」 ( いわつつおのみこと )

「赤城姫命」(あかぎひめのみこと)

 

後伏見帝の正安二年九月、上野国赤城山なる赤城神社の分霊を今の早稲田鶴巻町の森中に小祠を勧請。其後百六十餘年を経て寛正元年太田道灌持資が牛込亳へ遷座。

其後大胡宮内小輔重行が神威を尊び今の地に、始めて「赤城大明神」と称えるようになった。

かくて天和三年幕府は命じて江戸大社の列に加え、牛込の総鎮守となる。

広告


赤城神社
赤城神社
広告
赤城神社
赤城神社
赤城神社
赤城神社
広告
赤城神社
赤城神社
離島キッチン
離島キッチン
広告


〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目8
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目8
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目8‐23
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目8‐23
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目81
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂6丁目81
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 山本荘
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 山本荘
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂4丁目 神楽坂おいしんぼ
〒162-0821 東京都新宿区津久戸町1‐10 くくり神楽坂
〒162-0821 東京都新宿区津久戸町1‐10 くくり神楽坂
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目 キクシマビル
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目 キクシマビル
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目1
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目1
広告
〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目9‐11
〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目9‐11
〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目9‐11
〒102-0071 東京都千代田区富士見2丁目9‐11
広告
〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目8 靖国通り
〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目8 靖国通り
靖国神社境内
靖国神社境内
広告
靖国神社境内(守護憲兵之碑)
靖国神社境内(守護憲兵之碑)
靖国神社境内(守護憲兵之碑)
靖国神社境内(守護憲兵之碑)

守護憲兵之碑

憲兵の任務は監軍護法に存したが、大東亜戦争中は更に占領地の行政に或は現地民族の独立指導に至誠を尽くした。

又昭和二十年三月十日の東京大空襲の戦火が靖國の新域を襲うや神殿を挺身護持したのも憲兵であった。然しその陰にいわれなき罪に問われ非命に斃れた同僚憲友があったことを忘れてはならない。

靖国神社御創立百年に当たる昭和四十四年四月六日この功績を顕彰し後世に伝承するため全国憲友会連合会より当社に同碑が奉納され、更に同会創立四十周年の平成五年四月八日にはその記念事業として会員一同、建立当時を振り返り憲友幾万の心の碑であるこの碑が永久に護持され且つ靖國の御社頭の永遠なる御安泰を願って真心籠る多額の基金が寄せられた。

広告
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
広告
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
広告
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
広告
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(神池庭園 岩島と靖泉亭)
靖国神社境内(桜の標本木)
靖国神社境内(桜の標本木)

桜の標本木

この桜(ソメイヨシノ)は、東京管区気象台が開花を観測するため指定した「標本木」です。

出典:靖国神社社務所

広告
靖国神社境内(靖国神社大鳥居)
靖国神社境内(靖国神社大鳥居)
靖国神社境内(大村益次郎銅像)
靖国神社境内(大村益次郎銅像)
広告
靖国神社境内(兵部大輔大村益次郎)
靖国神社境内(兵部大輔大村益次郎)

大村益次郎は文政七年(一八二四年)周防国銭銭司村(現、山口県山口市)の医者の家に生まれ、はじめ村田蔵六といった。廣瀬淡窓について儒学を、緒方洪庵について蘭学を学び、嘉永の初め宇和島藩に仕えてはじめて西洋式軍艦

を設計建造。さらに江戸に出て私塾「鳩居堂」を開き、幕府の講武所教授等を勧め蘭学者、蘭方医、兵学者としてそ

の名を高めた。ついで桂小五郎の推薦により長州藩に仕え、慶応二年、第二次長州征伐の折に、石州口の戦を指揮し

て幕府軍を破り戦術家として脚光を浴びた。戊辰戦争では新政府の軍務局判事に任じられ、大総督府に参じ東北の乱を平定。ついで兵部大輔に任じられ、建議して軍制を様式に改める事を主唱したため攘夷主義者を刺激し、京都出張

中の明治二年(一八六九)九月、不満士族に襲われて重傷を被り、同年十一月五日大阪にて歿した。四十六歳。

明治二年六月、戊辰戦争の戦歿者を祀る東京招魂社(現、靖国神社)の創建に際し、社他選定のため同月十二日、

この地を視察したことも記録に見え、靖國神社創建者としての功績は大きく、明治十五年、伯爵山田顕義らにより銅

像の建立が発議され、宮内省から御下賜金のご無沙汰もあり、彫刻師大熊氏に塑型の製作が委嘱された。

大熊氏廣は明治九年、工部美術学校の開設と同時にその彫刻科に入学し、イタリア人教師ラクーザの薫陶をうけ、

同十五年に首席で卒業する。卒業後は工部省に入り、皇居造営の彫刻制作に従事、明治十八年に大村益次郎の銅像製

作を委嘱されると、この任を重んじ彫刻研究のため欧州に留学する。パリ美術学校ではファルギエルにつき、ローマ

美術学校ではアレグレッティ、さらには巨匠モンテヴェルデに入門した。大熊氏廣の帰朝後、漸く明治二十六年にい

たりこの地にわが国最初の西洋式銅像が建立された。大熊はキヨソネの描いた大村益次郎の肖像画や遺族らに取材しながら製作にあたったという。陣羽織をつけ左手に双眼鏡をもち、東北の方の望む姿は、上野東叡山にたてこもる彰義隊討伐の時の様子といわれる。後に大熊は、有栖川宮熾仁親王、小松宮彰仁親王などの彫像を製作し、文部省美術

展覧会審査委員を務めた。

広告
靖国神社大鳥居
靖国神社大鳥居
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください