千代田区役所(スタート)→千代田区観光協会前→清水門→北の丸公園→憲政記念館→皇居外苑→宮内庁→皇居宮殿長和殿→正門鉄橋(二重橋)→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
広告
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
広告
清水門
清水門
清水門から武道館
清水門から武道館
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
北の丸公園石塔
北の丸公園石塔
広告
北の丸公園案内図
北の丸公園案内図

北の丸公園 案内図

北の丸公園 案内図
北の丸公園 案内図
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
広告
吉田茂銅像
吉田茂銅像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

 

タイワンホトトギス
タイワンホトトギス

タイワンホトトギス

台湾杜鵑草

Tricyrtis

ユリ科 ホトトギス属

分布

台湾、沖縄本島、西表島

広告


〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐1
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
広告
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
東京都千代田区 内堀通り
東京都千代田区 内堀通り
広告
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目10‐1から国会議事堂
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目10‐1から国会議事堂
〒102-0092 東京都千代田区隼町4 国道246号線
〒102-0092 東京都千代田区隼町4 国道246号線
広告
憲政記念館前
憲政記念館前
憲政記念館 三権分立の時計台
憲政記念館 三権分立の時計台

憲政記念館

憲政(けんせい)記念館(きねんかん)は、東京都千代田区永田町一丁目にある、日本の議会政治に関する展示施設。国会議事堂に隣接する国会前庭内に建つ。館は衆議院事務局の管轄である。

 

時計塔

尾崎記念会館(現・憲政記念館)建設時に、その施設の一環として、塔前面の噴水池・花壇とともに設計され、19607月に完成した。三面塔星型は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したものである。

塔の高さは「百尺竿頭一歩を進む」と言うことわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から、百尺(30.3)よりも高くした31.5mに設定された。時計は時間を厳守した尾崎行雄を称えてスイスから贈られた物であったが、現在は国産の物に改修されている。

「椰子の実」のなどの作品で知られる作曲家・大中寅二によるチャイムは一日4回、10時・13時・17時・22時に鳴動する。これは、衆議院、参議院の会議開会時刻と退庁、就寝時を標準にしたもので、その音響は静寂時には5キロメートル周囲に響き渡った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
〒102-0092 東京都千代田区隼町4‐2 最高裁判所
〒102-0092 東京都千代田区隼町4‐2 最高裁判所
国会前交差点
国会前交差点
広告
桜田門
桜田門

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田(さくらだ)(ごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の(わたり)櫓門(やぐらもん)の二重構造からなり、(そと)桝形(ますかた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(162444)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(186033日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

 

 

広告
桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
広告
桜田門
桜田門
皇居外苑
皇居外苑
広告
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
広告
皇居参観坂下門
皇居参観坂下門
皇居参観
皇居参観
広告
富士見櫓
富士見櫓

() () () (やぐら)

「櫓」とは、倉庫や防御の役割をもった建物で、かつて江戸城には19の櫓がありました。今は、伏見櫓、桜田二重櫓と、この富士見櫓の3つが残っています。その中で、富士見櫓は唯一の三重櫓です。明暦の大火(1657年)で消失した天守閣の代用としても使われ、将軍が両国の花火や品川の海を眺めたといわれています。

広告
富士見櫓
富士見櫓
広告
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
広告
皇居から東京駅方面
皇居から東京駅方面
宮内庁
宮内庁

宮 内 庁

宮内庁は、日本の行政機関のひとつ。皇室関係の国家事務、天皇の国事行為である外国大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務および御璽・国璽の保管等を所管する内閣府の機関である。 なお、宮内庁はかつて「総理府の外局」であったが、現在は内閣府の外局ではなく「内閣府に置かれる独自の位置づけの機関」とされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告



皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿

皇居宮殿長和殿

長和殿は、日本の皇居宮殿の殿舎のひとつ。 東庭に面する南北163メートルの横長の建物で、レセプション、謁見、参殿者の休所、記者会見場など多目的に利用される。南側は回廊、北側は豊明殿と接続する。一般参賀は東庭で行われ、天皇や皇族は長和殿ベランダに立つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
広告
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
広告
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
広告
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
広告
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)

二 重 橋

二重(にじゅう)(ばし)は、東京都千代田区千代田の皇居内にある橋の通称である。正確には皇居正門から長和殿へ向かう途上、二重橋濠に架かる鉄橋のことで、本来の名称は正門鉄橋(せいもんてつばし)である。ただし正門鉄橋と正門石橋の二つの総称としても用いられている。

正門には皇宮警察の皇宮護衛官の儀仗隊がおり、通常一般人は二重橋を渡ることはできない。ただし、事前に手続きをして皇居の参観をする場合は、鉄橋を渡ることができる。また、新年や天皇誕生日の皇居一般参賀時には正門が開放され渡ることができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
広告
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
広告
宮内庁
宮内庁
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください