クレアパーク(スタート)→川越駅→健康ふれあい広場→熊野神社→仙波川岸史跡公園→薬王寺→天然寺→長徳寺→クレアパーク(ゴール)

川越公園ウオークⅠ
・健康触ふれあい広場
・仙波川岸史跡公園
・薬王寺

広告
クレアパーク(スタート)
クレアパーク(スタート)
広告
〒350-1122 埼玉県川越市 三番町通り
〒350-1122 埼玉県川越市 三番町通り
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
広告
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
広告
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
アトレマルヒロ 10時時報
広告
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3丁目16‐25
〒350-1124 埼玉県川越市新宿町3丁目16‐25
〒350-1131 埼玉県川越市岸町3丁目26‐20
〒350-1131 埼玉県川越市岸町3丁目26‐20
広告
健康ふれあい広場
健康ふれあい広場
健康ふれあい広場
健康ふれあい広場
広告
鳥頭坂
鳥頭坂

鳥 頭 坂

(市指定・史跡)

旧川越街道を岸町から新宿町二丁目・富士見町へ上る坂道で、往時は杉並木がありうっそうとしていた。

新河岸舟運が盛んな頃は、荷揚げされた荷物を市内の問屋街に運ぶときに必ず通らなければならず、難所として知られていた。川越の地名として古くからあり、文明一八年(一四八六)頃、この地方を遊歴した道興准后の『廻国雑記』に、「うとふ坂こえて苦しき行末をやすかたとなく鳥の音もかな」という歌がある。

昭和三三年三月六日指定

出典:川越市教育委員会

 

広告
鳥頭坂
鳥頭坂
〒350-1131 埼玉県川越市岸町2丁目2‐6
〒350-1131 埼玉県川越市岸町2丁目2‐6
広告
新宿町(北)交差点
新宿町(北)交差点
〒350-0033 埼玉県川越市富士見町7‐2
〒350-0033 埼玉県川越市富士見町7‐2
広告
仙波川岸史跡公園
仙波川岸史跡公園

仙波河岸史跡公園

公園を利用される皆さんへ

この公園は、むかし「仙波河岸」という河岸場があった跡地を整備したものです。

だれでもが気持ちよく楽しく利用できるよう、次のことを守りましょう。

1.公園の花や木は、大切にしましょう

2.ゴミくずや空きカンなどは、散らかさずに持ち帰りましょう。

3.みんなで注意し合ってケガのないように遊びましょう。

4.犬の糞は絶対に捨てないよう袋に入れて持ち帰りましょう。

5.犬の放し飼いは禁止します。

6.公園内でたき火、打ち上げ花火、その他の火気を扱い周囲に迷惑を及ぼす行為は禁止します。

7.公園内へのオートバイ、自転車の乗り入れは禁止します。

8.付近に迷惑を及ぼすボール遊びは禁止します。

9.植物などを守るため、ロープ柵の中にははいらないようにしましょう。

公園内で見られる植物

園内には下記のような植物が見られます。静かに観察しましょう。
カワヂシャタコノアシミクリ
カワヂシャ
ゴマノハグサ科
タコノアシ
ユキノシタ科
ミクリ
ミクリ科
葉はチシャ(レタスの仲間)に似て、若葉は食べられます。初夏に小さな白い花をたくさん咲かせます。晩夏につく花の穂は数本に分かれ、黄白色の花が片側につき、タコの足を連想させるので、この名がつきました。緑色のいが状の実が栗を連想させるので、この名がつきました。茎は簾(すだれ)に、根は漢方薬にされます。
公園内で見られる植物
仙波河岸史跡公園 案内図
仙波河岸史跡公園 案内図

出典:川越市都市計画部公園整備課

公 園 管 理 事 務 所

広告
広告
薬王寺
薬王寺

薬 王 寺

天台宗寺院の薬王寺は、佛名山寳勝院と号します。薬王寺は、権大僧都榮仲(正保21645年寂)が開基開山となり慶長15年(1611)創建したといいます。

出典:猫の足あと

〒350-0027 埼玉県川越市南田島
〒350-0027 埼玉県川越市南田島
広告
〒350-0034 埼玉県川越市 国道16号線
〒350-0034 埼玉県川越市 国道16号線
天然寺
天然寺
広告
天然寺
天然寺

小江戸川越七福神

天然寺(天台宗)小仙波町1-10-10

第二番 寿老人

寿老人は中国の神様で老人星の化身、福禄寿と同体異名であるといわれ、富財、子宝、諸病平癒とご利益は多岐にわたっており、特に長寿の神として信仰されております

 

小江戸川越七つの音風景

水琴窟(すいきんくつ)

水琴窟は江戸時代初期の茶人、小堀遠州が考えた排水装置「洞水門」から発祥したといわれています。

甕(かめ)の底に溜まった水面に水滴が落ちると、甕の空間に反響する音色が琴に似ていることから「水琴窟」と呼ばれるようになりました。

 

 

秋の七草        桔梗

桔梗の花咲く時く時ぽんと言ひそうな

                   千代女

秋の七草の朝顔は桔梗をいいます。根にはサポニンが大量に含まれており、去痰剤として薬用に用いています。。

花言葉―変わらぬ愛

広告
天然寺
天然寺
天然寺
天然寺
広告
天然寺
天然寺
長徳寺
長徳寺
広告
長徳寺
長徳寺
長徳寺
長徳寺
広告
長徳寺
長徳寺
長徳寺
長徳寺
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください