御嶽駅(スタート)→御岳渓谷遊歩道・西コース→御岳美術館→玉堂美術館→御岳渓谷遊歩道・東コース→楓橋・寒山時→櫛かんざし美術館→澤乃井園きき酒処→沢井駅(ゴール)

錦秋の御岳渓谷・紅葉狩り
に出かけませんか!
~錦秋の御岳渓谷アカデミハイク~

広告
御嶽駅前
御嶽駅前
御嶽駅前

御嶽駅前
広告
御嶽駅前

御嶽駅前
御嶽駅前

御嶽駅前
広告
御嶽駅前

御嶽駅前
御嶽駅前

御嶽駅前
広告



御嶽駅前

御嶽駅前
広告
御嶽駅前

御嶽駅前
御菓子処 與八
御菓子処 與八
広告
御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
旧御岳万年橋跡
旧御岳万年橋跡
旧御岳万年橋の跡
旧御岳万年橋の跡

旧御岳万年橋の跡

御岳万年橋は、多摩川上流域に三つある万年橋のひとつで、江戸から青梅街道を経て御岳山へ参拝した竹村立義の「御嶽山一石山紀行」でも「左右、岩のさし出、もっとも狭き所に架けたり。」とあります。

沢井村横尾と御岳村払沢の間に架橋した高橋で、御岳山参詣者には大事な橋でした。

また、中里介山作「大菩薩峠」の物語の中で、剣鬼机龍之助と侠盗裏宿七兵衛の初の出会いや、橋の下流の水車小屋の与八が、宇津木文之丞の許婚者お浜をさらった橋上場面の舞台となった橋としても有名です。

御岳万年橋の歴史

〇 文政3年(1820年)「御嶽山一石山紀行」より

長さ24間(およそ43.63m)

45寸(およそ1.36m

橋杭なし 牛馬の通りなし

〇明治21年の皇国地誌「御嶽村」より

長さ22間(およそ40m

5尺(およそ1.5m

木製無柱桟橋

天保133月(1842年)と安政6年(1859年)

再架する。

〇 昭和55年清水利編「郷土のあゆみ」より

明治31年に架け替え、高橋と改称、大正8年までここにあった。

 

広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道

御岳渓谷遊歩道
広告
たましん 御岳美術館
たましん 御岳美術館

御 岳 美 術 館

御 岳 美 術 館
御 岳 美 術 館
たましん 御岳美術館

たましん 御岳美術館
広告
たましん 御岳美術館

たましん 御岳美術館
たましん 御岳美術館

たましん 御岳美術館
広告
御岳渓谷遊歩道
御岳渓谷遊歩道
東京都多摩川第三発電所
東京都多摩川第三発電所
広告
東京都多摩川第三発電所

東京都多摩川第三発電所
東京都多摩川第三発電所

東京都多摩川第三発電所
広告
〒198-0174 東京都青梅市御岳2丁目238
〒198-0174 東京都青梅市御岳2丁目238
〒198-0174 東京都青梅市 都道45号線
〒198-0174 東京都青梅市 都道45号線
広告
〒198-0174 東京都青梅市 都道45号線

〒198-0174 東京都青梅市 都道45号線
御岳苑地
御岳苑地
広告
御岳苑地

御岳苑地
御岳苑地

御岳苑地
広告
御岳苑地

御岳苑地
東京都青梅市 都道201号線
東京都青梅市 都道201号線
広告
御岳小橋
御岳小橋
玉堂美術館
玉堂美術館

玉堂美術館

玉堂美術館(英語: Gyokudo Art Museum) は、東京都青梅市御岳1丁目75にある美術館。日本画家の川合玉堂の個人美術館である。運営は財団法人玉堂会。館長は小澤萬里子。約300点を所蔵している。

歴史
川合玉堂は1873年(明治6年)に愛知県葉栗郡外割田村(現・一宮市木曽川町)に生まれ、東京美術学校日本画科教授や帝室技芸員などを務めた。1940年(昭和15年)には文化勲章を受章している。太平洋戦争中野の1944年(昭和19年)には写生地だった東京都西多摩郡三田村御岳(現・青梅市)に疎開し、1957年(昭和32年)に死去するまで奥多摩の御岳渓谷で暮らした。

没後には玉堂の個人美術館を建設しようとする声が上がり、香淳皇后を含む多数の団体・地元有志・玉堂愛好家などから寄付が集まった。15歳頃の写生作品から84歳の絶筆作品まで、所蔵作品の大半は寄贈によるものである。1961年(昭和36年)4月に建物が竣工し、没後4年を経た同年5月に玉堂美術館が開館した。

施設
1,500m2の敷地に、鋼金コンクリート造の陳節室と木造の画室、中島健作庭の日本庭園(枯山水)などを有する。建物の設計は五島美術館(1960年)なども手掛けている吉田五十八。吉田は数寄屋建築の第一人者であり、玉堂とも親しかった。建物は飛騨の民家や寺院の回廊などがモチーフとなっている。

アメリカの日本庭園専門誌「SUKIYA LIVING MAGAGINE」は、2016年の日本庭園ランキングで玉堂美術館の庭園を第10位に選出した。

周辺
JR青梅線御嶽駅から徒歩3分。玉堂美術館の眼前には多摩川が流れ、多摩川の左右には遊歩道が通っている。近隣には櫛かんざし美術館、御岳美術館、吉川英治記念館などの文化施設も存在する。

ソース: 玉堂美術館 – https://ja.wikipedia.org

広告
玉堂美術館

玉堂美術館
玉堂美術館

玉堂美術館
広告
玉堂美術館

玉堂美術館
青梅市の玉堂美術館に歌碑建立
青梅市の玉堂美術館に歌碑建立

青梅市の玉堂美術館に歌碑建立

山近く水急くしてまのあたり玉堂先生描きたまふや

清水比庵

広告
玉堂美術館

玉堂美術館
玉堂美術館

玉堂美術館
広告
御岳小橋
御岳小橋
御岳渓谷
御岳渓谷
広告
青梅御岳交流センター
青梅御岳交流センター
手打ちそば 玉川屋
手打ちそば 玉川屋
広告
〒198-0172 東京都青梅市沢井3丁目489
〒198-0172 東京都青梅市沢井3丁目489
〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748
〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748
広告
〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748

〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748
〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748

〒198-0172 東京都青梅市沢井2丁目748
広告
寒山寺
寒山寺

寒山寺

寒山寺は中国の蘇州にある寒山寺にちなんでいます。書家の田口米舫が明治18年(1885年)に中国の姑蘇城外の寒山寺を訪れた際、主僧の祖信師より釈迦仏木1体を託されました。帰国後、昭和5年(1930年)に小澤太平氏の協力によってここに寒山寺が建立されました。御岳渓谷の遊歩道沿いにひっそりと佇むお堂には、渓谷を散策に訪れた人々が立寄り、鐘をつく姿を見かけます。

出典:青梅市観光協会

寒山寺

寒山寺
広告
澤乃井櫛かんざし美術館
澤乃井櫛かんざし美術館
澤乃井櫛かんざし美術館

澤乃井櫛かんざし美術館
広告
澤乃井櫛かんざし美術館

澤乃井櫛かんざし美術館
澤乃井櫛かんざし美術館

澤乃井櫛かんざし美術館
広告
現在選択された希望チケット
現在選択された希望チケット
広告
澤乃井園きき酒処
澤乃井園きき酒処
お山の杉の子 歌碑
お山の杉の子 歌碑
広告
〒198-0172 東京都青梅市沢井3丁目4891
〒198-0172 東京都青梅市沢井3丁目4891
澤乃井園
澤乃井園
広告
澤乃井園

澤乃井園

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください