日比谷公園健康運動広場(スタート)→読売新聞社前→常盤橋→貨幣博物館(見学)→京橋市場橋公園(昼食)→築地本願寺→明石小学校→佃大橋→佃公園(ゴール)

第15回  日比谷街角ウォーク
“街角に楽しさを探して”

広告


広告
日比谷公園健康運動広場
日比谷公園健康運動広場
日比谷公園健康運動広場

日比谷公園健康運動広場
広告
日比谷公園健康運動広場

日比谷公園健康運動広場
自由の鐘
自由の鐘
自 由 の 鐘
自 由 の 鐘

自 由 の 鐘

自由の鐘は1776年米國の独立宣言に際し自由の喜びを天下に告げた。

歴史的記念物である、しかしこの鐘はその鐘銘の聖句にもある通り「すべての国とその住民に自由を告げる」自由の象徴である、米民間の匿名有志はその複製を連合軍總司令官リツジウエイ大将に託しこれを廣く日本民に贈りたいと申出た、よって

リツジウエイ大将は自由の擁護者たる新聞を通じ廣く日本國民に贈ることが最も寄付の趣旨に副うものとして昭和274月日本新聞協會に寄付された。

日本新聞協會は日比谷のー角に自由の鐘塔を建造してこれを東京都に寄贈し廣く國民と共に自由の鐘の歴史的意義を銘記せんとするものである。

昭和2710

出典:社団法人 日本新聞協會

広告
〒100-0012 東京都千代田区 都道301号線
〒100-0012 東京都千代田区 都道301号線
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1‐1
〒100-0012 東京都千代田区日比谷公園1‐1
広告
日比谷公園
日比谷公園
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目5‐1 日比谷マリンビル
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目5‐1 日比谷マリンビル
広告
〒100-0006 東京都千代田区 日比谷通り
〒100-0006 東京都千代田区 日比谷通り
〒100-0006 東京都千代田区 日比谷通り
〒100-0006 東京都千代田区 日比谷通り
広告
和田倉門交差点
和田倉門交差点
〒100-0005 東京都千代田区 日比谷通り
〒100-0005 東京都千代田区 日比谷通り
広告
読売新聞ビル前
読売新聞ビル前
箱根駅伝 絆の像
箱根駅伝 絆の像

読売新聞ビル

読売新聞(よみうりしんぶん)ビルは、東京都千代田区大手町にあるビル。読売新聞ビルは読売新聞グループの本社拠点でありながら、劇場型ホールを併設している。建物の高さは200メートル、大手町タワーを上回り、大手町エリアの最も高い建物である。現在の読売新聞ビルは二代目の読売新聞グループ本社ビルであり、初代社屋の敷地に建設。

また毎年正月に開催の東京箱根間往復大学駅伝競走の発着点として使われ、レリーフには歴代総合優勝校が刻んでいる。

ソース: 読売新聞ビル – https://ja.wikipedia.org

 

広告
日本銀行金融研究所貨幣博物館
日本銀行金融研究所貨幣博物館
八重洲一丁目交差点
八重洲一丁目交差点
広告
八重洲一丁目交差点

八重洲一丁目交差点
〒103-0028 東京都中央区八重洲2丁目7‐9 相模ビル
〒103-0028 東京都中央区八重洲2丁目7‐9 相模ビル
広告
〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目1‐1 東京スクエアガーデン
〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目1‐1 東京スクエアガーデン
京橋大根河岸青物市場蹟
京橋大根河岸青物市場蹟

京橋大根河岸青物市場蹟

遠く寛文の初め江戸数寄屋橋邊に處の人数名打倚りさゝやかなる青物の市を立てしに遠近の村村より作物多く集りぬ是等の店はゆきゝの人或いは附近の人人に之をひさぐ数年ならずして店の数増加し漸く市場の形整い江戸府民のため無くてはかなわぬ機関とはなりぬその後火炎に罹りしにより東海道の要路にあたり且つ水運の便ある京橋川の北岸紺屋町へ移轉す偶この市場への大根の入荷殊更夥しきにより世の人大根河岸と呼び遂に京橋大根河岸と稱うるに至るかくて二百餘年を経たる明治十年京橋川南岸の太刀賣と稱する甘藷問屋数名を加入せしめ問屋三十七軒仲買十七名を數うるに至りしかば府尹の認可を得て組合を設立しこゝに始めて大市場としての規模完成す

大正十二年九月大震災の厄難に遭いしも組合員は鋭意復興に努力し以前に優る盛況を呈す時に問屋六十八名仲買百五名なり昭和十年二月中央卸賣市場法實施の一環として東京市中央卸賣市場の開設さるに際し國家の要請否みがたく父祖三百年愛着の絆を断ちて揺籃の地を去り築地本場に入り問屋は一体となりて会社を起こし仲買は舊態のまゝ開業すその後第二次世界大戦のため幾多の變革ありしも戦後再び舊状に復し業況益好調を極む斯る折柄舊京橋青物市場蹟記念碑建設の議起り期成会を組織して之が實現に努め漸くその工を竣えたり依ってここにその由来を記し開設以来二百八十餘年の歴史を回顧し其盛時を偲ぶたよりとなす

昭和三十四年六月 藤浦富太郎撰 江川碧潭書

広告
〒104-0045 東京都中央区築地2丁目12‐16
〒104-0045 東京都中央区築地2丁目12‐16
築地本願寺
築地本願寺

築地本願寺

歴史

築地本願寺は江戸時代の1617年に、西本願寺の別院として浅草御門南の横山町(現在の日本橋横山町、東日本橋)に建立。「江戸海岸御坊」「浜町御坊」と呼ばれていた。しかし明暦の大火(振袖火事)により本堂を焼失。その後、江戸幕府による区画整理のため旧地への再建が許されず、その代替地として八丁堀沖の海上が下付された。そこで佃島(現:中央区佃)の門徒が中心となり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築き(この埋め立て工事が地名築地の由来)、1679年に再建。「築地御坊」と呼ばれるようになった。なお、このときの本堂は西南(現在の築地市場)を向いて建てられ、場外市場のあたりが門前町となっていた。

1923年9月1日の関東大震災では、地震による倒壊は免れたが、すぐ後に起こった火災により再び伽藍を焼失。また、58か寺の寺中子院は、被災後の区画整理により各地へ移転。

現在の本堂は1934年の竣工。古代インド様式をモチーフとしたこの建物は、当時の浄土真宗本願寺派法主・大谷光瑞と親交のあった東京帝国大学工学部名誉教授・伊東忠太による設計である。当時の宗教施設としては珍しい鉄筋コンクリート造で、松井組(現:松井建設)の施工により建築された。大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で、築地の街の代表的な顔である。本堂は重要文化財に指定されている。

浄土真宗本願寺派の新体制移行(2012年4月1日付)に伴い、正式名が従前の「本願寺築地別院」から「築地本願寺」になった。これにより、築地本願寺は全国唯一の直轄寺院となる。

著名な人物の葬儀が宗派を問わず多く執り行われている。さらに他宗派信徒や訪日外国人などにも開かれた寺を目指す「寺と」プロジェクトを進めている。電話で相談を受け付けるコールセンターなどに加えて、2017年11月8日にはカフェなどが入るインフォメーションセンターと合同墓を開設した。

ソース: 築地本願寺 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
築地本願寺前
築地本願寺前


広告
〒100-0005 東京都千代田区 都道404号線
〒100-0005 東京都千代田区 都道404号線

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください