駒沢公園内硬式野球場(スタート)→駒沢公園通り→深沢不動尊→三島公園→呑川親水緑道→サザエさん通り→弦巻通り→弦巻神社→どんぐり公園→代官屋敷跡→駒沢緑泉公園→駒沢公園内硬式野球場(ゴール)

健康ウォーキング【東京】
元オリンピック競歩選手に学ぶ
立春ウォーク

広告
駒沢公園内硬式野球場(スタート)
駒沢公園内硬式野球場(スタート)

駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場

駒沢(こまざわ)オリンピック(オリンピック)公園総合運動場硬式野球場(こうえんそうごううんどうじょうこうしきやきゅうじ)は、東京都世田谷区駒沢公園の駒沢オリンピック公園総合運動場内にある野球場。野球場正門の銘板には駒沢野球場と表記されており、この通称表記も多用される。施設は東京都が所有し、財団法人東京都スポーツ文化事業団(旧 東京都生涯学習文化財団)が指定管理者として運営管理を行っている。

なお、かつてプロ野球・東急フライヤーズが本拠地球場として使用していた駒澤野球場はオリンピック公園造成のため撤去されており、現存のものとは異なる(後述)。

ソース: 駒沢オリンピック公園総合運動場硬式野球場 – https://ja.wikipedia.org

 

駒沢公園内硬式野球場(スタート)

駒沢公園内硬式野球場(スタート)
広告


駒沢公園内硬式野球場(スタート)

駒沢公園内硬式野球場(スタート)
広告
 
駒沢公園内硬式野球場(スタート)


駒沢公園内硬式野球場(スタート)
広告
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢5丁目26‐8
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢5丁目26‐8
三島公園.
三島公園.
広告
三島公園
三島公園
呑川緑道 周辺案内図
呑川緑道 周辺案内図
呑川緑道・呑川親水公園
呑川緑道・呑川親水公園

呑川緑道・呑川親水公園

呑川は、新町あたりの品川用水からの漏れ水と、深沢周辺の湧き水の池から流出する水が合流して始まり、世田谷区内を約2キロ流れた後、目黒区八雲を通り、緑ヶ丘で九品仏川と合流、大田区から東京湾に注ぐ全長14.4キロの河川です。

深沢1丁目から5丁目の区間は、下水道幹線として暗渠化された上部を緑道として整備し、その上流の深沢7丁目から8丁目の区間は、開放水面をそのまま残した親水公園となっています。

呑川の両側には、かつて川の土手に植えられた約300本の桜が今も残っていて、園路や川を覆うように枝を広げています。春の花の時期には多くの人の目を楽しませ、夏には散歩を楽しむ人などに木陰を提供しています。

上流部の870メートルの区間は、川の流れが楽しめる親水公園として整備され、所々にアヤメなどの水辺の植物が植えられ、流れの中にはザリガニなどの水生動物を観察することができます。この流れは、川底から湧いてくる水や周囲から流れ込む水などを貯水槽にたくわえ、ポンプを使って循環させています。

下流部の1152.6メートルの区間は、遊歩道として整備され、通勤通学や散歩など日常の生活通路として利用されています。また、この緑道をいつも快適に利用してもらおうと、地元の方々による清掃活動が行われています。

出典:世田谷区

広告
呑川親水公園
呑川親水公園
〒158-0081 東京都世田谷区深沢6丁目24‐7
〒158-0081 東京都世田谷区深沢6丁目24‐7
広告
〒158-0081 東京都世田谷区深沢7丁目5‐1
〒158-0081 東京都世田谷区深沢7丁目5‐1
〒154-0014 東京都世田谷区新町1丁目29‐5 パークハウス新町櫻雅
〒154-0014 東京都世田谷区新町1丁目29‐5 パークハウス新町櫻雅
広告
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目31‐16
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目31‐16
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目25‐25
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町1丁目25‐25
広告
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目10 都道427号線
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目10 都道427号線
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目5‐8
〒154-0015 東京都世田谷区桜新町2丁目5‐8
広告
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻4丁目19‐6 YMO桜新町
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻4丁目19‐6 YMO桜新町
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻3丁目14‐1
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻3丁目14‐1
広告
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻3丁目16‐23 アパート
〒154-0016 東京都世田谷区弦巻3丁目16‐23 アパート
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目42‐15
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目42‐15
広告
都史跡世田谷代官屋敷跡
都史跡世田谷代官屋敷跡

都史跡世田谷代官屋敷跡

世田谷代官屋敷(せたがやだいかんやしき)は、彦根藩世田谷領の代官を世襲した大場家の私邸かつ役宅で、大場代官屋敷とも呼ばれる。現在の東京都世田谷区世田谷1丁目に置かれた。1952年(昭和27年)に東京都指定史跡に、1978年(昭和53年)に大場家住宅主屋及び表門の二棟が重要文化財に指定された。

ソース: 世田谷代官屋敷 – https://ja.wikipedia.org

 

都史跡世田谷代官屋敷跡

都史跡世田谷代官屋敷跡
世田谷のボロ市
世田谷のボロ市

東京都指定無形民俗文化財(風俗慣習)

世田谷のボロ市

伝 承 地 世田谷区世田谷一丁目・弦巻五丁目 ボロ市通り 世田谷通り(一部)・駒沢公園通り(一部) 保存及び 世田谷区世田谷一丁目二十三番五号 開催責任者 せたがやボロ市保存会

 

世田谷のボロ市は、天正6年(1578)に小田原城主北条氏政が世田谷新宿に宛てて発した「楽市掟書」に起源を持つとされる。

掟書によると、この楽市は一と六の日の、一ヵ月に6日開かれる6斎市であった。

しかし江戸時代になると江戸商業圏の拡大により、市は年に一回、1215日の歳の市となった。

市で売買された品は多彩で、歳の市といっても単に正月を迎える準備のためだけではなく、1年を通して必要とする様々な品物をそろえる場であり、生活や農業生産の上で欠かせない市であった。

この市は、明治6年(1873)の太陽暦の採用によって、翌7年から旧暦の歳の市に相当する115日にも開かれるようになり、また明治中期には16日も開催の定例となった。市の名称は、正式には「市町(しちまち)」といったが、明治中期頃から「ボロ市」が一般的となった。

これは草鞋(わらじ)の補強や野良着を繕うためのぼろや、古着などが市商品の大半を占めるようになったからである。

ボロ市は400年以上にわたり、それぞれの時代に対応し、様々な変化をしながらも、ほぼ同じ場所で継続して開かれてきた。戦後は急激な都市化と生活の変化によって扱われる商品も変わり、ボロ市も農村の生活市ではなくなってしまった。しかし、今でもボロ市は、数少なくなった正月を迎える節季意識を伝える行事として、多くの人々に親しまれている。

平成193

出典:世田谷区教育委員会

広告
都史跡世田谷代官屋敷跡

都史跡世田谷代官屋敷跡
重要文化財大場家住宅
重要文化財大場家住宅
重要文化財 大場家住宅
重要文化財 大場家住宅

重要文化財 大場家住宅

この住宅は、大場家7代六兵衛盛政が元文2年(1737)と宝暦3年(1753)の2度にわたる工事によって完成したものであります。

大場家は、元文4年(1739)から幕末まで彦根藩世田谷領の代官職を世襲したのでその役宅としても使用されていました。

江戸中期上層民家の遺構をよく保存する建物として、主屋及び表門の2棟が、昭和53年1月21日

国の重要文化財に指定されました。

広告
都史跡世田谷代官屋敷跡
都史跡世田谷代官屋敷跡
世田谷(せたがや)代官(だいかん)屋敷(やしき)
世田谷(せたがや)代官(だいかん)屋敷(やしき)

東京都指定史跡

世田谷(せたがや)代官(だいかん)屋敷(やしき)

 

所在地 世田谷区世田谷1-29-18

 定 昭和27113日国史跡指定         

昭和34221日史跡指定             

江戸時代のはじめ、大場氏は彦根藩井伊家領世田谷(23百石余)の代官職を務め、明治維新に至るまで世襲していました。

この屋敷地はその代官役所として使用した居宅を含む屋敷跡です。

 大場氏は中世に世田谷城主であった吉良家の重臣でしたが、天正18年(1590)の豊臣秀吉による小田原攻めにより、北条方についた主家吉良家が没落すると、世田谷新宿(上町)に留まり帰農していました。

寛永10年(1633)、井伊家が世田谷領一五箇村(後に二〇箇村)を拝領した際に、代官に起用されました。以後、明治4年(1871)の廃藩置県に至るまで代官職を継ぎ、領内を統治してきました。

屋敷は江戸中期の建築であり、代官所の中心である母屋は約七〇坪(約231.4㎥)、茅葺きの寄棟造りで、茅葺の表門、土蔵、白州跡などの一部が今も現存し、往時の代官屋敷の面影を伝えています。

 

平成223月 建設

 

出典:東京都教育委員会

広告
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目5‐9
〒154-0017 東京都世田谷区世田谷1丁目5‐9
弦巻通り
弦巻通り
広告
向天神橋交差点
向天神橋交差点
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢3丁目7‐12
〒154-0012 東京都世田谷区駒沢3丁目7‐12
広告
駒沢緑泉公園
駒沢緑泉公園
駒沢緑泉公園

駒沢緑泉公園
駒沢緑泉公園

駒沢緑泉公園
広告
駒沢緑泉公園

駒沢緑泉公園
駒沢緑泉公園

駒沢緑泉公園
広告
駒沢一丁目西公園
駒沢一丁目西公園

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください