千代田区役所(スタート)→清水門→只今の気象 東京(北の丸公園)→気象観測露場→旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡→北の丸公園→国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸→日本武道館→旧江戸城 田安門→東京レジデンス→東京しごとセンター→飯田橋職安前→小石川後楽園入口→礫川公園→富坂→北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院→北野神社(牛天神)→牛天神下交差点→牛込橋→東京大神宮→千代田区立九段生涯学習館(ゴール)

3月度JWAのウオーキング教室

広告
清水門
清水門

清 水 門

清水門は、創建年代は明らかではないが、1607年(慶長12年)に、北の丸普請が行われていたことから、この時期に建てられたものと考えられている。現在の清水門が建っている辺りは、中世には清水寺があったといわれ、江戸時代には江戸城の一画に取り込まれ、北の丸への出入口として利用された。北の丸は、武家地として利用され、江戸時代中期以降は、御三卿のうち田安家(田安徳川家)・清水家(清水徳川家)の屋敷と蔵地に利用された。門を潜り進むと北の丸公園がある。往時、北の丸公園の東側は一帯は清水家が、西側一帯は田安家が、それぞれ所有していた。1624年(寛永元年)に、安芸広島藩主浅野長晟によって改築され、1657年(明暦3年)の大火で焼失したため、翌、1658年(万治元年)に再修築された。明治時代から戦前までは、近衛歩兵連隊の駐屯地となった。「江戸城跡」は国の特別史跡に指定されている。また、江戸城の門のうち清水門のほか、外桜田門と田安門が重要文化財(建造物)に指定されている。

ソース: 清水門 – https://ja.wikipedia.org

広告
清水門から武道館を望む
清水門から武道館を望む
清水門 桜の木
清水門 桜の木
広告
清水門 桜の木

清水門 桜の木
清水門 桜の木

清水門 桜の木
広告
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木

北の丸公園 桜の木
広告
ハクモクレン
ハクモクレン

ハクモクレン

モクレン科

〇庭や公園に植えられます。

〇春に芳香のある白い花が咲きます。

〇中国名の木蓮が名前の元になりました。

広告
クモクレン

クモクレン
広告
コブシ
コブシ

コブシ

モクレン科

〇春に良い香りのする白い花を咲かせます。

〇花の咲く時期が農作業開始の暦になっていました。

〇実が「握り拳」に似ています。

広告
コブシ
コブシ
広告
スイセン
スイセン

スイセン

スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科の属の一つ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれる植物を総称してスイセンと呼んでいる。

狭義には、学名 Narcissus tazetta や、その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い。しかし、本記事では特に明記しない限り「スイセン」をスイセン属の総称の意味で用いる。日本語の漢字表記は「水仙」。

ソース: スイセン属 – https://ja.wikipedia.org

広告
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木
広告
只今の気象 東京(北の丸公園)
只今の気象 東京(北の丸公園)

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
気象観測露場
気象観測露場
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡
国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸
国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸
広告
日本武道館
日本武道館

日本武道館

日本武道館(にほんぶどうかん)Nippon Budōkan)は、東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。

ソース: 日本武道館 – https://ja.wikipedia.org

広告
日本武道館

日本武道館
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門
重要文化財 旧江戸城 田(た) 安(やす) 門(もん)
重要文化財 旧江戸城 田(た) 安(やす) 門(もん)

重要文化財

旧江戸城 () (やす) (もん)

昭和3667日指定

江戸城は、長禄元年(1457)に太田(すけ)(なが)道灌(どうかん))によって創られたとされる。

天正18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構(そうがまえ)が完成し、大城郭としての形が整えられた。

その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持された。

田安門は、北の丸北部に位置する枡形門(ますがたもん)であり、正面の高麗門(こうらいもん)と、その右手奥の櫓門(やぐらもん)からなる。

門の創建年代は明らかではないが、現在の門は高麗門の扉釣金具に残る刻銘から寛永13年に建てられたものであると考えられている。

しかし、櫓門の上部は破損のため大正末期から昭和初期にかけて撤去されていたものを、昭和3641年度の修理で復旧整備したものである。

田安門は、江戸城の総構完成当時に遡る現存唯一の建物であり、高い価値を有している。

広告
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門

旧江戸城 田安門
広告
田安門から清水門を望む
田安門から清水門を望む
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目3‐2 三信ビル
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目3‐2 三信ビル
広告
東京レジデンス
東京レジデンス
東京レジデンス

東京レジデンス
広告
東京しごとセンター
東京しごとセンター
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目4 外堀通り
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目4 外堀通り
広告
東京都 首都高速5号池袋線
東京都 首都高速5号池袋線
飯田橋職安前
飯田橋職安前
広告
小石川後楽園入口
小石川後楽園入口

小石川後楽園

小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。

ソース: 小石川後楽園 – https://ja.wikipedia.org

広告
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目 都道434号線
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目 都道434号線
広告
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目7‐22
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目7‐22
春日局之像
春日局之像
広告
富坂
富坂
富(とみ) 坂(さか)
富(とみ) 坂(さか)

(とみ) (さか)

「とび坂は小石川水戸宰相光圀(みとさいしょうみつくに)(きょう)の御屋敷のうしろ、えさし町より春日殿町へ下る坂、元は此処に(とび)多して女(わらべ)の手たる(さかな)をも舞下りてとる故とび坂と云う」と『柴一本』にある。鳶が多くいたので、鳶坂、転じて富坂となった。

また、春日町交差点の谷(二ヶ谷)をはさんで、東西に坂がまたがって飛んでいるため飛坂ともいわれた。そして、伝通院の方を西富坂、本郷の方を東富坂ともいう。

都内に多くのある坂名の一つである。

この近く礫川( こいしかわ)小学校裏にあった「いるは館」に島木赤彦(しまきあかひこ)が下宿し、“アララギ”の編集にあたっていた。

「富坂の冬木の上の星月夜
いたくふけたりわれのかへりは」

島木赤彦(本名 久保田俊彦 18761926

―郷土愛をはぐくむ文化財―

文京区教育委員会

広告
富坂上交差点
富坂上交差点
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目5‐8
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目5‐8
広告
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院
広告
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院 梅花
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院 梅花
北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神) 御 由 緒 書
北野神社(牛天神) 御 由 緒 書

北野神社(牛天神)

御 由 緒 書

御社名 北野神社(牛天神)

御祭神 菅原道道真公

御例祭 525

当社は寿永3年の春、右大将 源頼朝卿東国追討の時、此処の入江の松に船を繋ぎ和波を待つ、その間夢に菅神牛に乗りて現はれ、頼朝卿に二つの幸のあらんことを告げ、武運満足の後は、必らずや

社を営み報ゆべしと託し給ふ、頼朝卿夢覚めて傍を見れば、一っの岩石ありて夢の中に菅神の乗り給ひし、牛に似たり衣りて是を奇異とせしんが、果たして同年の秋頼家卿誕生あり、更に翌年には動かず。

して、平家を悉く退け国を鎮定せり、その報謇として此処に、御神を勧請ありて御神領等を寄進す、因て御創立はこの年、元暦元年なり、と云ふ。

御来社 太田神社(芸能の神)

高木神社(五穀の神)

 

広告
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
広告
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
牛天神下交差点
牛天神下交差点
広告
牛込橋
牛込橋
牛 込 橋
牛 込 橋

牛 込 橋

この橋は、「牛込橋」といいます。

『御府内備考』によれば、江戸城から牛込への出口にあたる牛込見附(牛込御門)の一部をなす橋で、「牛込口」とも呼ばれた重要な交通路でした。

また、現在の外堀になっている一帯は堀が開かれる前は広大な草原で、その両側は「番町方」(千代田区側)と牛込方(新宿区側)と呼ばれてたくさんの武家屋敷が建ち並んでいたと伝えられています。

最初の橋は、寛永131636)年に外堀が開かれた時に阿波徳島藩主の蜂須賀忠英によって造られましたが、その後の災害や老朽化によって何度も架け替えられています。

現在の橋は、平成83月に完成したもので、長さ46メートル、幅15メートルの鋼橋てす。

平成83

出典:千代田区教育委員会

広告
東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮

御祭神

天照皇大神・豊受大神を主祭神とする。天之御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神・倭比売命を相殿に祀る。

歴史

明治5年(1872年)に開設された神宮司庁東京出張所(伊勢神宮の事務機関である神宮司庁と、東京の教部省との連絡のための出張所)には、明治天皇の勅裁を仰ぎ伊勢神宮の分霊が祀られていた。翌年、その構内に東京神宮教会(伊勢神宮の教導機関である神宮教院の東京支部)が開設された。

両所にあった神殿を継承して、明治13年(1880年)4月17日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が当社の起源である。

これは、当時の明治政府が目指していた祭政一致・大教宣布の一環として作られたものであった。

本神社落成時、通りを隔てて中山忠能邸があり、前年12月7日より明宮(はるのみや)嘉仁(よしひと)親王(明治天皇第三皇子、後の大正天皇)が生活していた。

4月25日、明宮親王(当時2歳)は中山忠能・中山慶子(明治天皇生母)・正親町実徳・柳原愛子(明宮親王生母)等と共に日比谷皇大神宮を私的に参拝した。

なお中山忠能邸には、病弱だった明宮親王の健康を祈り、出雲大社より大国主の分霊も祀られていた。

明治15年(1882年)1月、明治政府の方針転換により神社と宗教活動は分離することとなり、伊勢神宮でも神宮司庁と神宮教院を分離することとなった。皇大神宮遙拝殿は神宮教院に属することになった。同年5月、神宮教院が神道神宮派に改称する際に、当社も大神宮祠と改称した。

一般には、所在地名から日比谷大神宮や、日比谷皇大神宮と呼ばれていた。

明治18年(1885年)3月23日、明宮親王(7歳)は有楽町の中山忠能邸から赤坂御用地青山御用邸内に新造された明宮御殿(花御殿)に移転した。その後も幾度か中山忠能邸を訪問したが、そのたびに日比谷皇大神宮に参拝している。

明治32年(1899年)9月、神道神宮派が解散して新たに神宮奉斎会が作られ、当社は神宮奉斎会本院と改称し、神宮奉斎会の本部機関となった。尚、三重県宇治山田市(現・伊勢市)には神宮教院大本部が置かれていた。大正12年(1923年)の関東大震災で社殿を焼失する。昭和3年(1928年)、現在地に再建・遷座して、以降は飯田橋大神宮と呼ばれるようになった。上述のように、第二次大戦以前は神社という形ではなかったので、社格の指定はない。ゆえに氏子地域も存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。

第二次世界大戦後の昭和21年(1946年)4月、宗教法人東京大神宮として再発足した。

「日比谷大神宮での結婚式」

日比谷大神宮は明治13年(1880)、有楽町の大隈重信邸跡に落成した、皇大神宮遙拝殿を起源とする。32年(1899)、神宮奉齋会本院と改称。神前結婚式の創設と普及活動を行い、現在の「神前式」の基礎を築いた。関東大震災後は飯田橋大神宮とも呼ばれ、戦後は宗教法人東京大神宮として再発足した。「日比谷大神宮の御神前にて結婚之式を挙る追々に行る是も東京名物之一なるべし」と記載あり。屠蘇飾り(雄蝶と雌蝶の折紙)の絵あり。「東京市麹町區有樂町三丁目2番地 神宮奉齋會本院」 と記された紙片が書き写されている。 —清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「日比谷大神宮での結婚式」より抜粋

ソース: 東京大神宮 – https://ja.wikipedia.org

広告
東京大神宮

東京大神宮
広告
東京大神宮

東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮
広告
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1

〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
広告
東京都千代田区 目白通り
東京都千代田区 目白通り

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください