高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)→1号路→高尾山さる園・野草園(チェックポイント①)→髙尾山薬王院(チェックポイント②)→山頂(チェックポイント③・折り返し)→展望台 キッチンむささび(ゴール)

八王子市と相模原市連携事業
「八・緑マウンテンウォーキング」

広告


広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社

手水舎(てみずや)新築に伴う寄進(きしん)奉納(ほうのう)のお願い

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は氷川神社の運営につきまして格別のご高配を賜り氷川神社御祭神の御神徳の高揚にご尽力を戴いておりますこと、誠にありがとうございます。

古い歴史と伝統を持った氷川神社は、旧浅川町はもとより氏子の皆様の手厚い信仰により支えられ今日に至っております。

高尾山は明治の森高尾国定公園や都立高尾陣馬自然公園に指定され年間3百万人が訪れる八王子市にとって重要な観光資源の一つです。

近年ミシュラングリーンガイドの三ツ星観光地に選定され高尾山の玄関口である高尾山口駅周辺地区では圏央道高尾インターチェンジの開通、観光案内機能をもった駅舎への改修、更には高尾599ミュージアムや温浴施設等、様々な事業展開が行われ観光地としての魅力や利便性の向上が一層期待されています。

これに伴い氷川神社の参拝者も増加の傾向にあり皆様により良い参拝をしていただくため、この度、手水舎を新築する運びとなりました。

工事は平成299月に着工し、12月に完成する予定です。

新しき年を手水舎の新築で一層の花を添えることができますことは私共一同慶びにたえません。

このことは、この事業への参画と併せて神社の発展のため氏子並びにご参詣の皆様に心からなる寄進奉納をお願い申し上げたいと存じます。

 

敬具

平成295月吉日

出典:氷 川 神 社

広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社

氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)由来(ゆらい)

鎮座地(ちんざち) 東京都八王子市高尾町2258

御祭神(ごさいじん) 素戔嗚(すさのおの)(みこと)

(ゆい) (しょ) 応永年間(13941427)に片倉(かたくら)城主(じょうしゅ)毛利(もうり)備中(びっちゅうの)守師(かみもろ)(ちか)武蔵(むさし)一ノ宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)勧請(かんじょう)し、(かん)(ぶん)2年(16627月に再建(さいけん)造営(ぞうえい)され高尾(たかお)総鎮守(そうちんじゅ)となりました。

現社殿(げんしゃでん)昭和(しょうわ)27820日に新築(しんちく)されました。

その(のち)昭和(しょうわ)40年の台風(だいふう)により御神木(ごしんぼく)がことごく

(たお)れました。

明治(めいじ)5年から例祭(れいさい)奉納(ほうのう)されている獅子舞(ししまい)神事(しんじ)昭和(しょうわ)35年に()無形(むけい)文化(ぶんか)(ざい)指定(してい)されました。

御祭神(ごさいじん)である素戔嗚(すさのおのみ)(こと)は、生贄(いけにえ)にされそうだった(くし)稲田(なだ)(ひめのみ)(こと)(くし)()えて(かみ)()(やま)(たの)大蛇(おろち)退治(たいじ)(のち)にお(きさき)にお(むか)えになったそうです。

縁結(えんむす)び・五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)のご(しん)(とく)ありと(つた)えられています。

(れい)祭日(さいび) 毎年(まいとし)8(だい)3土曜日・日曜日

広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社

氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居は昭和41年京王電鉄()が高尾山麓に乗入れる際、既設両部鳥居を移転、土地の取得等の謝意として、案内川の氷川橋脇に鉄筋コンクリート製大鳥居を建造奉納されました。

しかし、建設されて40年余外的要因により構造物の強度劣化が著しく、崩落の危険性が危惧されたため、「安全確保を第一優先」に平成137月氏子の皆様に惜しまれ乍ら撤去されました。

本年1月総代新年顔合会の折り、新鳥居建造を提案し賛同を戴きました。

これに伴い八王子市関係行政機関との協議も好意的に御賛同を戴き再建を決意致し()アシザワに発注し本年8月竣工に至りました。

材質は耐久性があり半永久的な強化プラスチック製工法にて建立致しました。

再建にあたり予算が1005百万円程度見込まれ、広く関係町会・氏子の皆様のご協力を仰ぐ事がより意義あるものと考え、十二町会長並びに氏子の皆様にご協力を切にお願い申上げました結果、協賛者9百余名、総額6百万円余の尊い後協賛を戴きました。

氷川神社として、これを永久に残し後世に伝えることが協賛者各位に報いる事と考え別掲協賛御芳名者板を建立する事と致しました。

ここに氷川神社及び氏子一同のご繁栄とご発展を祈願致します。

 

平成十七年十月一日

出典:氷川神社

広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
広告
京王高尾山温泉 極楽湯
京王高尾山温泉 極楽湯
かたらいの路 高尾~大戸コース案内図
かたらいの路 高尾~大戸コース案内図
広告


広告
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
広告
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
広告
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
広告
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾登山電鉄㈱ ケーブルカー清滝駅前広場(スタート)
高尾山一号路ウオーキングスタート
高尾山一号路ウオーキングスタート
広告
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
広告
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
高尾山エコーリフト 山上駅
高尾山エコーリフト 山上駅


広告
蛸供養碑
蛸供養碑
蛸供養碑
蛸供養碑
広告
たこ杉・ひっぱりだこ
たこ杉・ひっぱりだこ
たこ杉・ひっぱりだこ
たこ杉・ひっぱりだこ

市指定天然記念物

たこ杉(蛸杉)

所在地 八王子市高尾町(高尾山参道十一丁目)

指定年月日 昭和三十九年七月二十三日

高さ三十七メートル、目通り幹周囲約六メートル、樹齢およそ四百五十年の大杉で高尾山内にある都指定の飯盛杉に次ぐ大木である。

「蛸杉」 とは、「昔参道開さくの際、磐根がわだかまって工事の邪魔になるところから伐採しようとしたら、一夜にして根が後方に曲折した」 との伝説とその根が 「たこの足」 に似ているところから呼ばれるようになったものである。

昭和53年3月31日

出典:八王子市教育委員会

広告
 たこ杉・ひっぱりだこ
たこ杉・ひっぱりだこ
杉蛸開運
杉蛸開運
広告
霊氣満山
霊氣満山
高尾山一号路ウオーキング
高尾山一号路ウオーキング
広告
高尾山仏舎利塔
高尾山仏舎利塔

髙尾山仏舎利塔

結縁碑懸仏のおすすめ

今般、髙尾山ではタイ国・王室より授けられた大聖釈尊の真身骨を奉安してある仏舎利塔の大改修が完了し、また、仏舎利塔の周りを囲むように建立された百観音お砂場霊場が完成致しました。

御信徒各位には、この好機に釈尊との御勝縁を結ばれますよう仏舎利塔内に、結縁碑懸仏(けちえんはいかけぼとけ)をご納仏される事をお勧め申し上げます。

この結縁碑懸仏は夫々の御家族の先祖代々の供養の為に、あるいは講中、参拝団の物故者慰霊の為にお釈迦様と御信徒の皆様との尊い御結縁のしるしとして、霊名あるいは施主の御芳名を刻み、仏舎利塔内

壁面の奉安し、大聖釈尊の聖骨と共に幾久しく供養されるものであります。

■御納仏冥加料一体 壱拾萬円也

懸仏の見本は受付にございます。

大本山髙尾山薬王院

広告
高尾山薬王院山門
高尾山薬王院山門
高尾山薬王院
高尾山薬王院
広告
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
広告
高尾山薬王院
高尾山薬王院
冨士浅間神社からの風景
冨士浅間神社からの風景
広告
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山さる園
高尾山さる園
高尾山さる園
高尾山さる園
広告
高尾山さる園からの展望
高尾山さる園からの展望
広告
高尾山さる園
高尾山さる園
広告
高尾山さる園
高尾山さる園
広告
高尾山野草園
高尾山野草園
高尾山野草園
高尾山野草園
広告
高尾山野草園
高尾山野草園
奉納杉苗壱万本
奉納杉苗壱万本
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください