中央会場(高沼遊歩道)(スタート)→氷川参道→武蔵一宮氷川神社→大宮公園→大和田公園→大宮第三公園→合併記念見沼公園→造幣さいたま博物館→中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

第6回さいたマーチ
〜見沼ツーデーウオーク〜
25日(日)/見沼田んぼ北ルート
(大宮公園と人形のまち岩槻ルート)

広告
第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告


 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
広告
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目160‐7
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目160‐7
広告
コクーン新都心
コクーン新都心

コクーンシティ (COCOON CITY)

コクーンシティ (COCOON CITY) は、埼玉県さいたま市大宮区吉敷町四丁目にあるショッピングモールである。コクーン1、コクーン2、コクーン3およびパークサイドビルの4棟で構成され、さいたま新都心13・14・16街区に位置する。片倉工業大宮製作所跡地における再開発計画で、同社が施設の管理等を行っている。

ソース: コクーンシティ – https://ja.wikipedia.org

広告
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
広告
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目101
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目101
広告
氷川神社一の鳥居
氷川神社一の鳥居
一の鳥居ひろば前
一の鳥居ひろば前
広告
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2丁目108‐8
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2丁目108‐8
〒330-0841 埼玉県さいたま市大宮区東町1丁目140
〒330-0841 埼玉県さいたま市大宮区東町1丁目140
広告
〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町3丁目165
〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町3丁目165
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
広告
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
広告
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
広告
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
広告
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社参道
氷川神社参道
広告
氷川神社参道
氷川神社参道
氷川神社三の鳥居
氷川神社三の鳥居
広告
氷川神社 桜門
氷川神社 桜門

武蔵一宮 氷川神社

概要

埼玉県・東京都の荒川流域、特に旧武蔵国足立郡を中心にして氷川信仰に基づく氷川神社が多数分布しており、当社はその中心である。「大宮」の地名は、当社を「大いなる宮居」と称えたことに由来する普通名詞から転じたものである。埼玉県周辺の広域から参拝者を集め、正月三が日の初詣の参拝者数(警察調べ)は全国10位以内に数えられる。特に全国的に初詣客が増加した2008年(平成20年)以降は毎年200万人以上が訪れている。

神社の境内は、見沼(江戸時代中期まで存在した広大な沼)の畔に立ち、もとは見沼の水神を祀っていたと考えられている。神社の南側に広がる神池(かみいけ)は、神社の西側から涌き出た地下水が溜まったものであり、かつて見沼の一部であった。神社に隣接する埼玉県営大宮公園は、明治期に神社周辺の森を取得して整備したものであり、神社のある小山を見沼の入江が囲んでいた、という地形の特徴をよく保存している。

大宮の氷川神社、見沼区中川の中氷川神社(現 中山神社)、緑区三室の氷川女体神社は、いずれも見沼の畔にあり、かつ一直線に並んでいる。この三氷川とかつて大宮の氷川神社境内にあった三社(男体社・女体社・簸王子社)がよく混同されるが、別のものである。

ソース: 氷川神社 – https://ja.wikipedia.org

〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目285‐1
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目285‐1
広告
氷川神社 日本庭園
氷川神社 日本庭園
NACK5スタジアム大宮
NACK5スタジアム大宮

NACK5スタジアム大宮

さいたま市大宮公園サッカー場(さいたまし おおみやこうえん サッカーじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮公園内にあるサッカー専用の球技場。同市所有。同市外郭団体財団法人さいたま市公園緑地協会が運営管理を行っている。

なお、さいたま市大宮区に本社を置く民放FM局の株式会社エフエムナックファイブが命名権を取得しており、2007年5月14日から「NACK5スタジアム大宮」(ナックファイブスタジアムおおみや、略称「NACK」、「ナック」)の呼称を用いている(後述)。

ソース: さいたま市大宮公園サッカー場 – https://ja.wikipedia.org

広告


埼玉県営大宮公園野球場
埼玉県営大宮公園野球場

埼玉県営大宮公園野球場

埼玉県営大宮公園野球場(さいたまけんえいおおみやこうえんやきゅうじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区の大宮公園内にある野球場。

埼玉西武ライオンズの準本拠地。施設は埼玉県が所有し、埼玉県公園緑地協会が運営管理を行っている。”

ソース: 埼玉県営大宮公園野球場 – https://ja.wikipedia.org

広告
大宮競輪場
大宮競輪場

大宮競輪場

大宮競輪場(おおみやけいりんじょう)は、埼玉県さいたま市大宮区高鼻町にある競輪場。施設所有および主催は埼玉県。競技実施はJKA東日本地区本部関東支部。実況は東京電設工業で、担当は2018年12月より綿貫弘が2011年3月以来再登板している。綿貫が担当しなかった期間は坂巻勇気が担当していた。

ソース: 大宮競輪場 – https://ja.wikipedia.org

 

大宮公園産業道路 陸橋
大宮公園産業道路 陸橋
広告
大宮公園産業道路 陸橋
大宮公園産業道路 陸橋
〒330-0805 埼玉県さいたま市大宮区寿能町2丁目11‐1
〒330-0805 埼玉県さいたま市大宮区寿能町2丁目11‐1
広告
万葉の並木道
万葉の並木道
万葉の並木道
万葉の並木道

万葉の並木道

日本の最古の和歌を集めた“万葉集”には、4516首の歌があり、それらの中には157種の植物が詠み込まれて居ります。

そうした万葉時代の人々は新芽・若葉・花・黄葉などに、その時々の想いを託して歌を詠んでまいりましたが、私達は、由緒あるこの見沼用水の辺りにそうした万葉人の心を捉えた木々を集めてこの並木路を造りました。

これから自然の木、そしてその歌を読み乍ら遠い昔の豊かな情調をもった万葉人の心にふれ、そぞろ歩きを楽しんで頂けたら幸いと存じます。

 

昭和58年師走 建立

平成69月吉日

       結成25周年記念

出典:大宮北ライオンズクラブ

広告
万葉の並木道
万葉の並木道
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
広告
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
広告
潮田橋
潮田橋
潮(うしお) 田(だ) 橋
潮(うしお) 田(だ) 橋

(うしお) ()

見沼代用水西縁は、江戸時代半ばに8代将軍徳川吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛が、享保13年(1728年)に利根川の水を現在の

行田市下中条から引いてつくった農業用水です。

現在は、周辺の水田が減少したため飲料水としても利用されるようになり、大宮区・浦和区境から荒川へ送水されています。

「潮田橋」は、戦国時代の終わり頃、当地にあった寿能の城主・潮田出羽守資忠の名に因んで付けられたと思われます。

寿能城は、永禄3年(1560)に岩槻城の支城として築城されましたが、天正18年(1590)に小田原攻めの豊臣秀吉の軍勢に攻められ落城しました。橋の西方80mにある寿能公園は、城域の一部であるといわれ園内には潮田出羽守資忠の墓碑が建てられています。

ここから東方は、城の「出丸」と呼ばれ見沼の低地に突き出すような地形になっています。約150m上流の寿能上橋を右へ進むと芝川を越え、大和田町へ入ります。坂を上がった一帯は、市内で最も標高の高い場所で、寿能城、岩槻城と結びつきの強かった大和田陣屋がありました。

寿能城を中心とする当地周辺は中世の大宮の軍事拠点といえましょう。

出典:さいたま市

広告
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園
大宮第二公園
広告
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
広告
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
広告
大宮第二公園
大宮第二公園
大和田公園
大和田公園
広告
大和田公園
大和田公園
 大和田公園
大和田公園
広告
大宮公園案内図
大宮公園案内図

大宮公園案内図

大宮公園案内図
大宮公園案内図
大宮公園の桜
大宮公園の桜

武蔵国一之宮氷川神社公園
(現大宮公園)着手順序書

1.今般、御辞令相成り候世話掛り

二十九名の内、適宜割合の通り
分担致させ候。

園芸掛 ②寄附品掛

会計用度掛

2.

9.図面(戊号)の地所(現自由広場)
は、凡そ全幅の半ばを伐り払い、
桜樹を植え本園より眺望の場所
とし、全景の風致を添はしめ度
く候。

14.

―以上―

明治178

広告
大宮公園の萩
 
大宮氷川公園
“ふみこんで
帰る道なし萩の原“
氷川公園万松楼
“ぬれて房る
犬の背にもこぼれ萩“
明治24年秋
正岡子規
広告
大宮公園の概要
大宮公園の概要

郷土のシンボル
県民の鳥


シラコバト

全国でも越谷市付近に多く生息する国指定天然記念物のシラコバト。

昭和40年制定

大宮公園の概要

大宮公園は明治6年の太政官布告により氷川神社境内の一部を偕楽園として明治18年に県内初の公園として開園されました。

本園は鉄道の要所JR大宮駅の北東1.5㎞にあり、南半分は丘陵地、北半分はおおむね低地で346,000㎡の面積があります。

園内には樹齢100年を超える赤松林の中に各種施設があり、春は桜千数百本の花で埋めつくされ、新緑や夏の水辺、秋の紅葉等四季の変化に富み、年間を通して県民のレクリエーション、スポーツのセンターとしていろいろな祭典がくりひろげられます。

なお、急激な都市化の進展により、見沼用水西べりに隣接の見沼たんぼ143,300㎡、総合治水事業による調節池89,700㎡を合わせた233,000㎡を公園として、多目的広場、梅林、駐車場等を昭和49年度から工事着手し、公園の拡張事業を進め、昭和55年度から一般の利用に供しております。

広告
郷土のシンボル
郷土のシンボル

郷土のシンボル

県の花

 

さくら草

浦和市田島ヶ原が全国で1ヵ所の自生地の国指定天然記念物。

4月から5月にかけて紅紫色の花をつける。

昭和46年制定

郷土のシンボル

県の木

 

ケヤキ

埼玉ゆかりの武蔵野を象徴する木として選ばれた。

県内のどこでも雄大な樹を見受けることができる。

昭和41年制定

広告
大宮公園案内図
大宮公園案内図
生 垣 見 本 園
生 垣 見 本 園

生 垣 見 本 園

生垣見本園は、当地方で生垣として主に利用されている

サンゴジュ、カナメモチ、サザンカ、カイズカイブキなどの

樹木を植栽・展示したものです。

その展示方法、生垣の迷路のように植栽されています。

広告
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
広告
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
広告
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園
大宮第三公園
広告
大宮第三公園
大宮第三公園
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
広告
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
広告
サクラサク見沼田んぼプロジェクト
サクラサク見沼田んぼプロジェクト
目指せ日本一!
目指せ日本一!

目指せ日本一!

サクラサク見沼田んぼプロジェクトを応援します!

豪栄道 豪太郎

〈主な来歴〉

20051月 初土俵

200611月 新十両

20079月 新入幕

20149月 大関昇進

20169月 初優勝(全勝)

 

この署名は、201610月さいたま市にて「第四回大相撲さいたま場所」を開催した際、豪栄道関にこのプロジェクトの趣旨へご賛同をいただき、ご署名いただいたものです。

「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」とは

見沼代用水沿いには、これまでにも市民や団体による桜の植樹が行われてきました。

その運動を継承し、市民・団体・事業者のみなさまとの協働により、延長20㎞を超える「日本一の桜回廊」の実現を目指すものです。

出典:さいたま市都市局都市計画部
みどり推進課見沼田圃政策推進室

広告
合併記念見沼公園
合併記念見沼公園

合併記念見沼公園

合併記念見沼公園
合併記念見沼公園
ビオトープ案内板
ビオトープ案内板
ビオトープ案内板(あんないばん)
ビオトープ案内板(あんないばん)

ビオトープ案内板(あんないばん)

ビオトープ”って(なん)だろう?

ビオトープbiotopとはドイツ()bio生き物(いきもの))とtop場所(ばしょ))をあわせた合成語(ごうせいご)で、野生(やせい)生物(せいぶつ)()きることができる空間(くうかん)という意味(いみ)です。

英語(えいご)ではbiotope()きます。

ここでは、(むかし)から見沼(みぬま)田圃(たんぼ)にすむ()(もの)たちが()らしやすいビオトープをつくりました。(まわ)りの()(もの)たちが(すこ)しずつ(おとず)れ、やがてはたくさんの()(もの)出会(であ)える()となるように(みな)さんで見守(みまも)って下さい。

広告
北袋天神社
北袋天神社
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
広告
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
広告
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください