利尻富士観光ホテル→海の駅おしどまり→ハートランドフェリー(鴛泊発~稚内着)→稚内港→稚内市 大沼野鳥観察館→宗谷岬公園→稚内空港→ANA572便→羽田空港第2ビル

両島の温泉宿に一泊ずつ宿泊
春がやってきた!利尻島・礼文島
3日間 三日目

広告
利尻富
利尻富
利尻富
利尻富
広告
利尻富
利尻富


広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告





広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士



広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
大沼周辺案内図
大沼周辺案内図
大沼周辺案内図
大沼周辺案内図
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
広告
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
稚内市 大沼野鳥観察館から利尻富士
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
広告
宗谷岬パーキング
宗谷岬パーキング
宗谷岬案内図
宗谷岬案内図
広告
宗谷岬案内図
宗谷岬案内図
宗谷岬音楽碑
宗谷岬音楽碑
広告
宗谷岬音楽碑
宗谷岬音楽碑

「宗谷岬」音楽碑

黒御影石の碑面に歌詞と楽譜が刻まれているのは、ここ宗谷岬の春の光景を歌った郷土の歌「宗谷岬」です。

地元で活動を続けてきた吉田弘さんが詞を作り、演歌の大御所・船村徹さんが作曲しました。

1976(昭和51)年にNHKの音楽番組『みんなの歌』で、ダ・カーポが歌う曲が全国に紹介されヒットしましたが、ほかにもボニージャックス、千葉紘子さん、芹洋子さんなど、多くの歌手により歌われてきました。

『宗谷岬』は最果ての旅情をかきたてる叙情歌として、今も人々に歌い継がれています。

広告
宗谷岬音楽碑
宗谷岬音楽碑
宗谷岬音楽碑
宗谷岬音楽碑
広告
宗谷海峡案内図
宗谷海峡案内図
宗谷海峡案内図
宗谷海峡案内図
広告
低潮線保全区域内での行為の規制について
低潮線保全区域内での行為の規制について

低潮線保全区域での行為の規則について

低潮線保全区域での左記の行為は、「排他的経済水域及び大陸棚の保全及び利用の促進のための低潮線の保全及び拠点施設の整備等に関する(以下、低潮線保全法)により国土交通省大臣の許可等が必要ですから十分注意してください。

・海底の堀削又は切土

・土砂の採取

・施設又は工作物の新設又は改築

低潮線保全区域における海底の形質に影響を及ぼすおそれがある行為。

違反した者は、低潮線保全法第十七条により処罰されます。

詳しいお問い合わせは、北海道開発局建設部建設行政課又は

低潮線保全官

 

以上

 

 

広告
宗谷岬公園
宗谷岬公園
宗谷岬公園
宗谷岬公園
広告



広告
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像

間宮林蔵の立像

江戸幕府からの命を受け北方探索に赴い間宮(まみや)林蔵(りんぞう)は、1809年に間宮海峡を発見して、(から)(ふと)(現・サハリン島)が“島”であることを確認しました。

この発見は、当時の世界地図の空白を埋める偉業であり、林蔵は世界地図にその名を残しました。

その後、師である伊能(いのう)(ただ)(たか)の事業を引き継ぎ、蝦夷地(えぞち)(北海道)の地図作成にも多大な貢献を果たしています。

このブロンズ象は、彫刻家・峯孝氏の作品で、林蔵が樺太に渡る決意を秘め、はるか海の彼方(かなた)を見つめる姿を表しています。

この場所から国道238号を稚内方面へ3㎞ほど進んだところに、林蔵が探検に出発したと言われる場所が残されており、記念碑が建っています。

広告
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像
広告
日本最北端の地の碑
日本最北端の地の碑
日本最北端の地の碑
日本最北端の地の碑

日本最北端の地の碑

この碑は、現在、私たちが自由に往来できる日本の領土としては最も北に位置する宗谷岬の突端、北緯453122秒に建てられています。

北極星の一(りょう)を象徴した三角(すい)をデザインしており、中央の“N”は北を、台座は円形は”平和と協調“を表しています。

対岸のサハリン島クリリオン岬までは43㎞ほどの距離で、天候に恵まれると、背後に広がる宗谷海峡の彼方(かなた)に、かつて日本領(樺太)だったその島影を望むことができます。

北緯45度上にある世界の都市を挙げると、イタリアのミラノ、カナダのモントリオール、フランスのリヨンなど。また東京は北緯35度、日本最南端の都市・石垣市は北緯24度に位置しています。

 

広告
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
広告
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
広告
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
広告
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
日本最北端の地
広告
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
広告
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
広告
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
広告
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
広告
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
宗谷岬から樺太が見える?
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告
ANA572便
ANA572便
ANA572便
ANA572便
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください