千代田区役所(スタート)→清水門→北の丸公園→東京国立近代美術館→千鳥ヶ淵→千鳥ヶ淵公園→半蔵門→桜田門→ 祝田橋→楠公レストハウス→二重橋前→大手門→二の丸雑木林→平川門→内神田一丁目→神田橋→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

9月度JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所前 歩道
千代田区役所前 歩道
清水門から日本武道館眺める
清水門から日本武道館眺める
広告
清水門から日本武道館眺める
清水門から日本武道館眺める
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
広告
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
広告
清水濠
清水濠
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
広告
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
広告
東京国立近代美術館前
東京国立近代美術館前
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館
広告
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門周辺
半蔵門周辺
広告
半蔵門周辺
半蔵門周辺
桜田門
桜田門
広告
桜田濠
桜田濠
桜田濠
桜田濠
広告
桜田濠
桜田濠
桜田門
桜田門
広告
桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
広告
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
広告
至 楠公レストハウス
至 楠公レストハウス
皇居外苑の見所Ⅰ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅰ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所1

和田倉噴水公園

昭和36年に、今上天皇陛下のご成婚を記念して造られた大噴水を、皇太子殿下のご成婚を期に平成7年に再整備したものです。

周辺で働く人々の憩いのな場としても、親しまれています。

楠正成公銅像

楠正成公は、今から700年ほど前の南北朝の時代に活躍した忠臣として名高い武将です。

本体の高さが4メートルあるこの銅像は、明治33年に住友家により寄贈されました。

 

広告
皇居外苑の見所Ⅱ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅱ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所2

二重橋

一般的には、皇居前広場から正門を経て宮殿へいたる濠に架かっている、「正門石橋」と「正門鉄橋」の総称です。厳密には奥のほうの橋を指します。

桜田門

万延元年(1860年)、江戸幕府の大老井伊(なお)(すけ)が暗殺された事件の門で著名な門です。

現在の門は、関東大震災で破損したものを改修しています。

広告
皇居外苑の見所Ⅲ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅲ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所3

千鳥ヶ淵

上から見た時の姿が千鳥に似ていることから、この名がつけられたといわれています。

岸辺で咲く四季折々の花が、訪れる人を楽しませてくれます。

田安門(国重要文化財)

江戸城の北部・田安台と呼ばれた場所に位置し、現存する門の中では最古のものです。寛永13年(1636年)の再建です。

広告



広告
楠木正成像
楠木正成像
馬場崎門周辺
馬場崎門周辺
広告
馬場崎門周辺
馬場崎門周辺
二重橋前交差点
二重橋前交差点
広告
二重橋前周辺
二重橋前周辺
二重橋前周辺
二重橋前周辺
広告
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
広告
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
広告
至 パレスホテル東京
至 パレスホテル東京
大手門交差点
大手門交差点
広告
大手門
大手門
桔稉濠
桔稉濠
広告
大手濠
大手濠
大手門
大手門
広告
大手門
大手門
皇居東御苑
皇居東御苑
広告
百人番所
百人番所
下乗門
下乗門
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸休憩所周辺
二の丸休憩所周辺
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林

二の丸雑木林

武蔵野の代表的な風景である雑木林は、下草や落葉は毎年肥料として集められ、木は20年ごとに燃料用に伐採されるなど、人間生活との深い関わりにより形成されていました。二の丸雑木林は、コナラ、クヌギはどの落葉樹の林が保たれ、チゴユリなどの春植物(樹木の葉が開く前の林内が明るいうちに葉を広げ、花を咲かせる植物)をはじめ、多様な生物が生息・生育できる林となっています。

広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸雑木林
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林

武蔵野の面影を持つ雑木林

この雑木林は、昭和天皇のご発意により、武蔵野の面影を持つ樹林として、昭和57年から60年にかけて整備されたものです。

樹木や野鳥を始め、鳥や昆虫等も楽しめる、自然の林として大切に育てております。

植物を痛めないように、樹林地内への立入りはご遠慮ねがいます。

広告
鹿児島県 かいこうず
鹿児島県 かいこうず
宮崎県 おびすぎ
宮崎県 おびすぎ
広告
宮崎県 やまざくら
宮崎県 やまざくら
↑都道府県の木・二の丸庭園 ←梅林坂・平川門 →三の丸尚蔵館・大手門
↑都道府県の木・二の丸庭園 ←梅林坂・平川門 →三の丸尚蔵館・大手門
広告
沖縄県 りゅうきゅうまつ
沖縄県 りゅうきゅうまつ
天神濠周辺
天神濠周辺
広告
天神濠周辺
天神濠周辺
皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
広告
天神濠周辺
天神濠周辺
平川門
平川門
広告
平川門
平川門

平 川 門

大手門が正門であるのに対して、この門は、御殿に勤めていた奥女中などの通用門として使用されていました。大手門と同様、厳重な防御の構造になっています。また、城内で罪人や死人が出るとこの門から出されたといわれています。小さな脇門は、平川豪の中に伸びた、「帯曲(おびくる)()」と呼ばれる細長い渡り堤につながっています。

広告
平川門
平川門
平川門前交差点
平川門前交差点
広告
大手濠
大手濠
大手濠
大手濠
広告
平川門前交差点
平川門前交差点
平川門前交差点
平川門前交差点
広告
一ツ橋
一ツ橋
内神田一丁目
内神田一丁目

内神田(うちかんだ)一丁目(いっちょうめ)

江戸時代、神田橋のたもとのこの界隈(かいわい)には、荷揚(にあ)げ場がありました、徳川家康は、江戸に入るとすぐに江戸城の築城と町づくりを始め、城を囲む御堀(現・日本橋川)はそのための建築資材などを運ぶ水路として活用されました。古い地図を見ると、神田橋付近に「かしふねあり」と記され、ここが水運の拠点だったことがわかります。

神田橋は江戸城外郭門のひとつで、上野寛永寺(かんえいじ)日光(にっこう)東照宮(とうしょうぐう)への御成道(おなりみち)(将軍の参詣経路)となっていました。このような要所であったため、ここには明治のころまで建造物は何もありませんでした。明治初期の地図には交番と電話があるだけです。

明治5年(1872)、いったん美土代町(みとしろちょう)となりますが、空き地の状態は第二次世界大戦後まで続きました。そして昭和41年(1966)、内神田(うちかんだ)一丁目(いっちょうめ)に編入されました。

昭和58年(1983)、神田橋土木詰所の敷地となっていたこの場所に、内神田住宅が完成すると90世帯が住むようになり、平成5年(1993)、千代田区のもっとも新しい町会として、内神田住宅町会が誕生しましら。さらに平成16年(2004)、町会名は神田橋町会と変わりました。

広告
神田橋周辺
神田橋周辺

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください