福祉の森(スタート)→三国橋→谷中湖→野渡橋→ 万福寺→雀神社→歴史博物館→ 公方公園→福祉の森(ゴール)

第20回記念 古河まくらがの里花桃ウオーク 1日目渡良瀬遊水地の自然を訪ねて 3月23日土曜日 たんぽぽコース

第20回記念
古河まくらがの里花桃ウオーク
1日目渡良瀬遊水地の自然を訪ねて
3月23日土曜日 たんぽぽコース

広告
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
第20回 古河まくらがの⾥・花桃ウオーク
広告
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)

古河福祉の森会館

広告
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
広告
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
広告
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
広告
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
福祉の森会館(スタート)
広告
古河市 古河地区古河福祉の森会館 脇
古河市 古河地区古河福祉の森会館 脇
古河市 古河地区古河福祉の森会館 脇
古河市 古河地区古河福祉の森会館 脇
広告
日本梱包運輸倉庫(株) 新久田倉庫 周辺
日本梱包運輸倉庫(株) 新久田倉庫 周辺
日本梱包運輸倉庫(株) 新久田倉庫 周辺
日本梱包運輸倉庫(株) 新久田倉庫 周辺
広告
リバーフィールド古河レク広場 周辺
リバーフィールド古河レク広場 周辺
リバーフィールド古河レク広場 周辺
リバーフィールド古河レク広場 周辺
広告
リバーフィールド古河レク広場
リバーフィールド古河レク広場

リバーフィールド古河レク広場

広告
リバーフィールド古河レク広場 周辺
リバーフィールド古河レク広場 周辺
〒306-0044 茨城県古河市新久田787香取神社 周辺
〒306-0044 茨城県古河市新久田787香取神社 周辺
広告
〒306-0044 茨城県古河市新久田 渡良瀬川堤防遊歩道
〒306-0044 茨城県古河市新久田 渡良瀬川堤防遊歩道
新三国橋
新三国橋

新三国橋(国道354)

新三国橋、柏戸陸橋は、埼玉県加須市柏戸交差点から茨城県古河市牧野地に至る、国道354号のバイパス道路および当バイパスの橋である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
新三国橋
新三国橋
茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
広告
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
古河城本丸跡
古河城本丸跡
広告
古河城本丸跡
古河城本丸跡

古河(こが)(じょう)本丸(ほんまる)(あと)

古河(こが)公方(くぼう)足利(あしかが)(しげ)(うじ)(こう)(しょう)元年(1455)に古河へ移座し、古河城は整備・拡張されていった。その一応の完成をみたのは、土井(どい)(とし)(かつ)が本丸に()三階(さんがい)(やぐら)造営(ぞうえい)した寛永(かんえい)12年(1635)のことである。城郭(じょうかく)の規模は南北1800m、東西650mほどあった。

本丸には御三階櫓・(ひし)(やぐら)(たつみ)(やぐら)(きゅう)(やぐら)御殿(ごでん)・があったが、本丸御殿は江戸中期に取り壊されている。

明治7年(1874)、その威容(いよう)をほこった古河城は、その前年に発効(はっこう)された(はい)城令(じょれい)によって取り壊された、建物や門、石垣にいたるまで払い下げられた。そして、明治43年にはじまる渡良瀬河川改修工事によって、立崎(たつざき)(くるわ)頼政(よりまさ)(くるわ)()(まる)本丸(ほんまる)東帯(ひがしおび)(くるわ)西帯(にしおび)(くるわ)三の丸(さんのまる)を失うこととなった。

 

古河城範囲推定復元図

 

古河城三の丸より見たる三階櫓と菱櫓 明治3年(1870

広告
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川河川敷
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川河川敷
広告
国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所 古河出張所 周辺
国土交通省 関東地方整備局 利根川上流河川事務所 古河出張所 周辺
わたらせ水辺の楽校
わたらせ水辺の楽校

河川占有許可標識

占有目的

わたらせ水辺の楽校

占有許可期間

22年㋆㏭~㍻31年㋈㏽まで

占用面積」

32,248

占有者

古河市

連絡先(電話番号)

古河市生涯学習課

0280-22-5111

所轄事務所・出張所名

国土交通省 利根川上流

河川事務所古河出張所

 

わたらせ水辺の楽校

広告
わたらせ水辺の楽校
わたらせ水辺の楽校

わたらせ水辺(みずべ)楽校(らくこう)

 

 

広告
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川河川敷
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川河川敷
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
〒306-0047 茨城県古河市立崎 渡良瀬川堤防遊歩道
広告
三国橋 交差点
三国橋 交差点

新三国橋(国道354)

新三国橋、柏戸陸橋は、埼玉県加須市柏戸交差点から茨城県古河市牧野地に至る、国道354号のバイパス道路および当バイパスの橋である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
三国橋 風景
三国橋 風景
三国橋 風景
三国橋 風景
広告
三国橋 歩道
三国橋 歩道
三国橋から渡良瀬川河川敷
三国橋から渡良瀬川河川敷
広告
三国橋から渡良瀬川河川敷
三国橋から渡良瀬川河川敷
埼玉県加須市三国橋
埼玉県加須市三国橋
広告
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
広告
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
広告
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
〒349-1205 埼玉県加須市向古河 国道354号 渡良瀬川河川敷
栃木・群馬・埼玉の三県境 周辺
栃木・群馬・埼玉の三県境 周辺
広告
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地

藤岡町下宮 渡良瀬遊(わたらせゆう)水地(すいち)

渡良瀬遊水地は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に、渡良瀬川下流に作られた日本最大の遊水池である。

本州最大の湿地で201273日、ラムサール条約の登録湿地になった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
広告
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
藤岡町下宮 渡良瀬遊水地
観鳥台 周辺
観鳥台 周辺
広告
観鳥台
観鳥台

藤岡町下宮 渡良瀬遊水地 観鳥台

バード ウォッチング エリア

広告
北川辺スポーツ遊学館
北川辺スポーツ遊学館

道の駅きたかわべ(かぞわたらせ)

物産販売施設・北川辺スポーツ遊学館

農産物直売所にレストランを併設した施設と、自転車やカヌーの貸し出し、2階にギャラリー、事務室、屋上に展望デッキを備えたスポーツ振興施設です。

展望デッキからは渡良瀬遊水地が一望できます。

出典:加須市

広告
谷中村 延命院跡 周辺
谷中村 延命院跡 周辺

谷中村 延命院跡

渡良瀬川・巴波川・思川の合流地点付近にあった。村の北は赤麻村で、間には赤麻沼があった。西は旧上野国(群馬県)海老瀬地区で、大正7年(1918年)に藤岡台地を開削・通水する以前は、渡良瀬川が「七曲がり」と呼ばれ屈曲して境を流れ。これは現在も栃木・群馬両県境の形として引き継がれている。

室町時代からこの地は肥沃な農地として知られていた。江戸時代には主に古河藩が開拓を行った。当時から洪水が頻発していたため、古河藩はこの地の年貢を大幅に減免する措置をとった。しかし、洪水がない年の収穫は非常に大きく、1年収穫があれば7年は食べられるとも言われたほどだったという。

1888年に全国で市町村制度改定があり、内野、恵下野、下宮の3村が合併して谷中村が成立。

主な産業は稲作を中心とする農業で、レンガ工場もあった。赤麻沼などで漁業も行われていた。詳しい記録は残っていないが、元村民の島田宗三によれば面積13平方キロメートル、人口2700人、戸数450戸。

土地を増やすために当時村にあった赤麻沼の堤の位置を変えようとして失敗[要出典]。堤が崩れ、沼の水が村内に流入した。この後、大雨のたびに堤が決壊した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
谷中村 延命院跡 周辺
谷中村 延命院跡 周辺
谷中村 延命院跡 周辺
谷中村 延命院跡 周辺
広告
谷中村 延命院跡 周辺
谷中村 延命院跡 周辺
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
広告
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
広告
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
広告
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
〒323-1103栃木県栃木市藤岡町内野 渡良瀬遊水地
渡良瀬遊水地 谷中村役場跡 周辺
渡良瀬遊水地 谷中村役場跡 周辺
広告
渡良瀬遊水地 谷中村役場跡 周辺
渡良瀬遊水地 谷中村役場跡 周辺
〒321-0218 栃木県下都賀郡壬生町落合2丁目
〒321-0218 栃木県下都賀郡壬生町落合2丁目
広告
だいてばこひろば
だいてばこひろば

だいてばこの由来

仁徳天皇(にんとくてんのう)の時代、()()奈良別(ならわけ)(きみ)下野(しもつけの)(くに)国造(くにのみやつこ)として当地(とうち)赴任(ふにん)するにあたり、十六(だい)(おう)(じん)天皇(てんのう)第八(だいはち)皇子(おうじ)皇太子(こうたいし)莬道稚郎(うじのわきいらいらつ)(この)(みこと)神霊(しんれい)山城(やましろ)(くに)()()聖廟(せいびょう)より下野(しもの)(くに)笠懸(かさがけ)()(だい)手箱(てばこ)現在(げんざい)大字(おおあざ)()(わた)(あざ)大手箱(だいてばこ))の()(ほこら)()(まつ)つたのが(はじ)まりで、往古(おうこ)宮殿(きゅうでん)(あと)であると(つた)えられている。

 

広告
だいてばこひろば
だいてばこひろば

だいてばこひろば

野木町煉瓦窯の北東端にある公園が、「だいてばこひろば」です。

小さな公園ですが、子供向けの総合遊具や、大人用の懸垂棒、東洋医学を取り入れた足ツボを刺激する色々な形状の出っぱりがある裸足で歩く健康器具などもあります。トレーニングがてら、毎日のように通う方も居るとか。

運が良ければ、間近で馬を見ることもできますよ。

煉瓦窯に来たときは、是非「だいてばこひろば」にもお立ち寄り下さい。

出典:野木町

広告
乗馬クラブ クレイン栃木
乗馬クラブ クレイン栃木

乗馬クラブ クレイン栃木

乗馬クラブ クレイン栃木は、 2012 7 月にラムサール条約に登録された「渡良瀬遊水地」に隣接する乗馬クラブです。

クラブの隣には国指定重要文化財の 「ホフマン窯」 があり、乗馬クラブと調和がとれた景観を作り出しています。

乗馬クラブクレイン栃木には馬が 約90頭おり、会員数は約 1200名と栃木県で最大規模となっております。

関東平野の中心に位置する当クラブへは栃木県だけでなく、茨城県や埼玉県、群馬県、東京都など様々なエリアからお越しいただけます。

健康のため、ストレス解消、フィットネス効果、スポーツ志向・・・お客様一人一人、馬に乗る目的は様々です。単純に馬が好きという方も大歓迎!

出典:CRANE

広告
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川堤防遊歩道
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川堤防遊歩道
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川堤防遊歩道
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川堤防遊歩道
広告
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川河川敷
〒329-0115 栃木県下都賀郡野木町野渡1125−2 渡良瀬川河川敷
〒306-0038 茨城県古河市西町
〒306-0038 茨城県古河市西町
広告
〒306-0023 茨城県古河市本町2丁目6
〒306-0023 茨城県古河市本町2丁目6
古河歴史博物館 周辺
古河歴史博物館 周辺
広告
古河歴史博物館
古河歴史博物館

古河(こが)歴史(れきし)博物館(はくぶつかん)

古河歴史博物館は、茨城県古河市にある博物館である。 古河城の諏訪曲輪跡地に建てられている。 建築家の吉田桂二が設計し、 1992年の日本建築学会賞、1996年の公共建築賞を受賞した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
古河歴史博物館
古河歴史博物館
古河歴史博物館
古河歴史博物館
広告
古河歴史博物館 周辺
古河歴史博物館 周辺
鷹見泉石記念館 周辺
鷹見泉石記念館 周辺
広告
〒306-0034 茨城県古河市長谷町2 子神社
〒306-0034 茨城県古河市長谷町2 子神社

306-0034 茨城県古河市長谷町2 ()神社(じんじゃ)

広告
〒306-0046 茨城県古河市牧野地197
〒306-0046 茨城県古河市牧野地197
古河公方公園
古河公方公園
広告

古河(こが)公方(こうかた)公園(こうえん)

古河総合公園は、茨城県古河市にある都市公園である。所在地は茨城県古河市鴻巣399-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
古河公方公園
古河公方公園
古河公方公園
古河公方公園
広告
古河公方公園
古河公方公園
古河公方公園
古河公方公園
広告
古河公方公園
古河公方公園
福祉の森会館(ゴール)
福祉の森会館(ゴール)
広告
福祉の森会館(ゴール)
福祉の森会館(ゴール)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください