朝霞中央公園(スタート)→埼玉県 朝霞警察署前→大泉学園町九丁目西→市場坂橋→黒目川樋の橋→黒目川堀ノ内橋(産業道路)→黒目川馬喰橋(馬喰橋通り)→黒目川貝沼橋(石神緑地通り)→黒目川石神橋(歩行者専用)→黒目川前通り橋(歩行者専用)→黒目川神宝大橋(東京都道・埼玉県道24号練馬所沢線)→黒目川の湧水点(下流 神宝大橋直下左岸隙間)→黒目川黒目橋(神宝町、歩行者専用)→黒目川神山大橋(浄牧院通り)→大門町二丁目アパート→浄牧院→東久留米駅(ゴール)

朝霞中央公園から平成の名水百選!
妙音沢を黒目川左岸から眺め
上流に向かって黒目川を散策し
東久留米駅までウオーキング

広告
朝霞中央公園 陸上競技場
朝霞中央公園 陸上競技場
朝霞中央公園 陸上競技場
朝霞中央公園 陸上競技場
広告
朝霞市役所 中央公園野球場
朝霞市役所 中央公園野球場
朝霞中央公園 案内図
朝霞中央公園 案内図
広告
埼玉県 朝霞警察署前
埼玉県 朝霞警察署前
埼玉県 朝霞警察署
埼玉県 朝霞警察署

朝霞警察署

朝霞警察署は、埼玉県朝霞市にある埼玉県警察が管轄する警察署。署長は警視。第2方面本部に所属する。 老朽化と狭隘化のため平成29年度から庁舎移転・建替えが進められ、令和元年819日より朝霞市栄町5丁目の新庁舎での業務を開始した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
広告
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
東京都道・埼玉県道108号東京朝霞線遊歩道
広告
←和光樹林公園
←和光樹林公園
大泉学園町九丁目西
大泉学園町九丁目西
広告
大泉学園町九丁目西
大泉学園町九丁目西
埼玉県立新座総合技術高等学校歩道橋
埼玉県立新座総合技術高等学校歩道橋
広告
市場坂通り栄公民館
市場坂通り栄公民館
市場坂通りとサンライズストリート交差点
市場坂通りとサンライズストリート交差点
広告
市場坂橋
市場坂橋
市場坂橋
市場坂橋
広告
市場坂橋
市場坂橋
市場坂橋から黒目川左岸遊歩道
市場坂橋から黒目川左岸遊歩道
広告
黒目川右岸 妙音沢
黒目川右岸 妙音沢
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
恵美観光バス周辺
恵美観光バス周辺
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
関越自動車道路高架下
関越自動車道路高架下
関越自動車道路高架下
関越自動車道路高架下
広告
関越自動車道路高架下
関越自動車道路高架下
黒目川樋の橋
黒目川樋の橋
広告
黒目川堀ノ内橋(産業道路)
黒目川堀ノ内橋(産業道路)
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸(新河岸川合流点から)8.5㎞ 馬喰橋780m 堀ノ内橋100m
黒目川左岸(新河岸川合流点から)8.5㎞ 馬喰橋780m 堀ノ内橋100m
広告
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川馬喰橋(馬喰橋通り)
黒目川馬喰橋(馬喰橋通り)
広告
黒目川左岸(新河岸川合流点から)9.5㎞
黒目川左岸(新河岸川合流点から)9.5㎞
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
黒目川貝沼橋(石神緑地通り)
黒目川貝沼橋(石神緑地通り)
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
黒目川石神橋(歩行者専用)
黒目川石神橋(歩行者専用)
黒目川前通り橋(歩行者専用)
黒目川前通り橋(歩行者専用)
広告
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
黒目川左岸遊歩道を上流に向かって歩く
広告
黒目川神宝大橋(東京都道・埼玉県道24号練馬所沢線)
黒目川神宝大橋(東京都道・埼玉県道24号練馬所沢線)
黒目川の湧水点(下流 神宝大橋直下左岸隙間)
黒目川の湧水点(下流 神宝大橋直下左岸隙間)

東久留米市

黒目川の湧水点

下流 下流 神宝大橋直下左岸隙間

広告
黒目川黒目橋(神宝町、歩行者専用)
黒目川黒目橋(神宝町、歩行者専用)
黒目橋から右岸の風景
黒目橋から右岸の風景
広告
お知らせ
お知らせ

お知らせ

東京都は、東京都東久留米市浅間町2丁目、大門町2丁目、神宝町1丁目及び金山町2丁目地内において、東村山都市計画道路事業を行います。都市計画法の事業許可の公示は平成31320日です。

このため、関係する皆様のご協力をいただきながら、必要な土地を取得していきますので、次のとおりお知らせいたします。

1.本事業の概要について

東村山都市計画道路3415号の一新東京所沢線は、区部の放射第7号線から延伸され、北多摩北部地域と埼玉県所沢市を東西に結ぶ重要な都市計画道路であり、埼玉県新座市から東久留米市を経由して埼玉県所沢市に至る都県境の幹線道路です。

このうち本認可区間は、延長約585m、幅員18mで、標準的な構造は、歩道約4.5mを両側に、車道は約9m(片側一車線両側通行)となる予定です。

2.(1)用地取得について

東京都は、事業予定地内の土地所有者や借地権などをお持ちの方、建物の所有者や借家人の方などと、土地売買契約や物件移転補償契約などを結びます。その契約に基づき、土地を明け渡したり、建物などを移転したときは、東京都は、それぞれ、土地の権利に関する補償金、移転のための費用等を通常生じる損失として補償基準に基づき補償します。

2)土地収用法に基づく権利について

土地の売買契約や物件移転補償契約などは、個別に進めていきますが、これとは別に事業予定地所有者や関係人の方は、土地収用法に基づく裁決申請請求、保証金支払請求及び明渡裁決申立てを行うことができます。

3.(1)土地価格の固定について

東京都は、平成31320日以降、事業地の取得価格を一年ごとに評価し直します。

2)建築等の制限について

平成31320日からは、事業地内で次のことをする場合は、東久留米市長の許可が必要です。

・土地の形質の変更

・建築物や工作物の建設

・移動の容易でない物件の設置や堆積

3)土地建物の売買の制限について

平成31421日からは、事業地内の土地建物を売る場合は、事前に、買い主や予定金額などを、東京都へ届け出てください。また、その届出後30日以内は売買が行えない、など一定の制限があります。

4.事業地の範囲がわかる図面は、東久留米市都市建設部都市計画

課、左記東京都北多摩北部建設事務所に備えてあり、閲覧する

ことができます。

なお、このお知らせについて、ご不明の点や詳細についてご

質問のある方は、左記事務所へお問い合わせください。

東京都北多摩北部建設事務所

出典:東村山市

広告
黒目川神山大橋(浄牧院通り)
黒目川神山大橋(浄牧院通り)
大門町二丁目アパート
大門町二丁目アパート
広告
浄牧院
浄牧院
〒203-0011 東京都東久留米市大門町1丁目
〒203-0011 東京都東久留米市大門町1丁目
広告
おおの酒店周辺
おおの酒店周辺
おおの酒店周辺
おおの酒店周辺
広告
東久留米駅
東久留米駅
周辺案内図 東久留米ガイドマップ
周辺案内図 東久留米ガイドマップ

周辺案内図

 

東久留米ガイドマップ

 

市民憲章

さわやかな空気と、水と緑に恵まれた東久留米。そこには古くから、武蔵野の自然と人間の営みがありました。わたくしたちは、この先人の歩みを大切にし、未来へつながるふるさととしてここに新しい文化を育て、よりよいまちをつくるため市民憲章を定めます。

わたくしたちは、自然を生かし、清潔で調和のとれたまちをつくります。お互いを重んじて、心をくばり、誰もが明るく暮らせるまちをつくります。こどもたちがいきいきと育ち、おとしよりにも生きがいのあるまちをつくります。自由を愛し、勇気をもって秩序あるまちをつくります。知恵をだしあい、進んでまちづくりに参加し、住みよい東久留米をつくります。

(昭和55101日制定)

東久留米市のいわれ

「久留米市」の名の由来として最も一般的に推測されているのは、市内中央を流れる河川、「黒目川」にからめてのものです。

この黒目川は、古くは「久留目川」、「久留米川」などと記されており、柳窪の天神社境内にある石碑には「来梅川」という表記も見られ、これが地名の由来であるとも言われています。その後、明治政府によって久留米川に統一されたようです。そして、明治22年久留米村が誕生しました。さらに、昭和31年、久留米町を経て昭和45年市になるに際して福岡県久留米市との混同を避けるとともに、町民に親しまれてきた西武線の駅名を望む町民の要望にこたえ、「東久留米」を市名としたわけです。

広告
雑木林のみち 小山・金山コース
雑木林のみち 小山・金山コース

雑木林のみち

小山・金山コース

東京都では、多摩東部地区に残る雑木林を保全し、この雑木林を中心とした武蔵野の風景をつづる道を、都民の憩いの場として積極的に活用することを目的として「雑木林のみち」事業を進めています。このコースは小山・金山コースで小山台、氷川台、金谷などの黒目川に沿って連なる遺跡群とこれを取り巻く段丘斜面の雑木林、屋敷林をたどるみちです。

 

出典:東京環境局

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください