東京メトロ 和光検車区(スタート)→和光市図書館→和光市駅入口交差点→第三小学校前歩道橋→和光陸橋→和光ゴルフ練習場→南滝河原児童遊園地→旭町三丁目交差点→ 出世稲荷神社妙安寺→光が丘公園 牛房口→光が丘公園 芝生広場→東京都立光丘高等学校→こひつじ公園→練馬区立 四季の香公園→光が丘駅→夏の雲公園→新場の森公園→練馬小学校前交差点→練馬春日町交差点→中之橋(石神井川)→豊島園駅→としまえん(ゴール)

広告

雲一つない秋空の下、和光市~光が丘~豊島園までのウオーキング

東京メトロ 和光検車区(〒351-0114 埼玉県和光市本町30−30)周辺
東京メトロ 和光検車区(〒351-0114 埼玉県和光市本町30−30)周辺
本田技研工業 和光ビル(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
本田技研工業 和光ビル(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
広告
本田技研工業 和光ビル(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
本田技研工業 和光ビル(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺

本田技研工業

本田宗一郎が1946年に静岡県浜松市で本田技術研究所を起業し、後に本田技研工業へ改組した。二輪車(オートバイ)、四輪車(自動車)およびライフクリエーション事業(汎用製品:耕耘機・芝刈機・除雪機・発電機・船外機)を主要事業としている。また、新規事業としてHondaJet(ホンダジェット)と呼ばれる小型ジェット機及びターボファン式ジェットエンジンの開発・生産、二足歩行ロボット「ASIMO」に代表される各種ロボティクス機器の研究開発、風力発電施設による売電事業なども展開している。米ブランドコンサルティング会社のインターブランドが発表した2019年の世界ブランドランキングでは、日本の企業では7位のトヨタに次ぐ21位である。

日本での販売網は、四輪販売店がホンダカーズ店、二輪販売店がホンダドリーム店に大別できる。発電機や刈払機等の汎用機を専門に扱う店舗ブランドは存在しない。 小型車・軽自動車を主に扱っていた旧プリモ店の運営会社の出自が自転車店、オートバイ店、機械工具店、マリーン・船外機取扱店、農機具取扱店であったり、地元有力者の中小の商店や企業などで委託販売形式を採用していた名残があり、地元に密着した販社が多い。

 

レンタカー事業は、トヨタや日産など同業他社よりも早い1964年に参入したが、5年後の1969年に撤退、現在は日本国内全域を網羅する自社ブランドのレンタカー会社を持たない。ニッポンレンタカーやオリックス自動車、沖縄ツーリストと提携して、ホンダ車専用の予約サイトをこれら3社に運営委託している他、期間・地域限定でホンダ車を安価でレンタルできるキャンペーンを展開している。

2011年に発売したN-BOXシリーズの大ヒット以降は、国内販売の半数を軽自動車が占めるようになっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia
広告
(株) ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
(株) ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
(株) ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
(株) ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパン(〒351-0114 埼玉県和光市本町8−1)周辺
広告
シーアイハイツ和光案内図
シーアイハイツ和光案内図
和光市図書館(〒351-0114 埼玉県和光市本町31−1)周辺
和光市図書館(〒351-0114 埼玉県和光市本町31−1)周辺
広告
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
広告
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
御嶽榛名神社(〒351-0114 埼玉県和光市本町21)周辺
和光市駅入口
和光市駅入口
広告
和光市駅入口
和光市駅入口
Honda Cars 埼玉 和光中央店(〒351-0114 埼玉県和光市本町18−18−1)
Honda Cars 埼玉 和光中央店(〒351-0114 埼玉県和光市本町18−18−1)
広告
第三小学校前歩道橋
第三小学校前歩道橋
旧川越街道から浅久保通りへ
旧川越街道から浅久保通りへ
広告
和光陸橋
和光陸橋
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)周辺
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)周辺
広告
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)

白子諏訪神社

諏訪神社は江戸時代、白子宿に悪い病気が蔓延した時、苦境に陥った人々が神社に疫病快癒の祈願をしたところすぐに治ったことから、悪病除けの神様として知られるようになりました。

神社に茄子の紋章があることから、地元ではその年に初めてとれた茄子を供え悪病にかからぬよう祈願したあと、供えた茄子の半分を持ち帰って食べるという風習が今も残っているそうです。

毎年7月に行われるお祭りでは伝統の白子囃子も見ることができ、大変な賑わいを見せています。

出典:和光市

広告
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)
諏訪神社(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目13)
和光ゴルフ練習場(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目11−6)
和光ゴルフ練習場(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目11−6)
広告
南滝河原児童遊園地(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目24−10)
南滝河原児童遊園地(〒351-0101 埼玉県和光市白子2丁目24−10)

南滝河原児童遊園地

グルグルしたすべり台で遊ぼう

お砂場・スプリング遊具、水飲み場もあるので安心

 

グルグルらせん状のすべり台で遊べる公園です。ほかにも、砂場・スプリング遊具・縁台があります。ベンチもあるので、たくさん遊んだら座って休憩できるのが嬉しいところ。水飲み場もあり、たっぷり動いて喉が渇いたら、水を飲めるので助かります。

徒歩1分のところには「越ノ下公園」があり、その向こうには大きな広場の「越ノ上わんぱく広場」があります。公園は、「地下鉄成増駅」から徒歩10分ちょっとの距離。「成増駅」からも1415分で歩いて行けます。

出典:いこーよ運営会社

広告
白子川(旭町三丁目交差点)周辺
白子川(旭町三丁目交差点)周辺

白子川

東京都練馬区東大泉の区立大泉井頭(いがしら)公園から始まり、練馬区西大泉、大泉学園町、大泉町、土支田、埼玉県和光市南、白子、下新倉、板橋区成増と流れ笹目橋付近の板橋区三園で新河岸川に合流する。

 

井頭公園より上流は西東京市管理下の水路敷で新川と呼ばれ、東京大学の田無演習林(試験地)付近に発し保谷庁舎周辺を経るが、ほぼ全域が覆蓋され一部は歩道となっている。 柳瀬川、黒目川などと並び、現在より北東側を流れていた多摩川の旧流路、古多摩川の名残の河川であると考えられている。

 

中流域までは湧水が豊富で透視度も高く、上流域にはカワセミも棲息している。 ただし、川越街道を過ぎて下流域に入ると一気に水質が悪化し、腐敗した底泥が水面に浮上して漂う酸欠状態となる(東京都の水害対策河川改修により、河底を約2m掘り下げたため)。
広告
旭町三丁目交差点
旭町三丁目交差点
出世稲荷神社(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目17−4)
出世稲荷神社(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目17−4)

出世稲荷神社
川越藩主が参勤交代の折に出世祈願

本社の創建は詳らかではありませんが、小島家文書(練馬区指定文化財)の「享和4年(1804)二月豊島郡土支田村、村方之儀明細書上帳下書」に「稲荷社長弐間横八尺」と記されています。

「出世稲荷神社」の名称がついた理由は、次のように伝えられています。「この北方に川越街道があるので、昔、川越城主が江戸との間を往復する時、出世の祈願をしたところから、いつしかこの名がつけられ(中略)松平信綱や柳沢吉保のように老中、大老の要職についた大名があり、(中略)そうした大名が、出世を祈願してお詣りをしたので評判になったのであろう。」(練馬の伝説より)

昔は小さな祠でしたが、もとの祠を後ろに移転して本殿とし、深川神明宮から移築した社殿を幣殿、拝殿として現在のような社殿としたものです。

鳥居の手前右手に、「出世稲荷大明神」明治15年(1882)の社号塔があります。また、稲荷神社には普通狐型の狛犬がありますが、境内には別に獅子型の狛犬がおかれています。これは、大正末期から第二次世界大戦頃までこのあたりにあった兎月園という遊園地内の神社に置かれていたといわれるもので、地域の歴史をものがたるものといえます。

境内にのこる樹木は、昔の面影をよく残しています。

出典:練馬区教育委員会

広告
出世稲荷神社(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目17−4)
出世稲荷神社(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目17−4)
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)保護樹林
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)保護樹林

妙安寺 保護樹林

主な樹種 あかまつ・けやき・ひのき

指定番号 第2号 昭和53218

 

この樹林は、「都市の美観風致を維持するための樹木の保存に関する法律」による保存樹林としても指定されています。

 

みどりを大切にしましょう

出典:練馬区

広告
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)保護樹林
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)保護樹林
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)
妙安寺(〒179-0071 東京都練馬区旭町3丁目10−11)

(みょう) (あん) ()

妙安寺は、東京都練馬区旭町にある日蓮宗の寺院。山号は長久山。旧本山は三松蓮永寺、親師法縁。山門前には文化8年建立の題目碑、文政10年建立の宝篋印塔などがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
光が丘公園 牛房口
光が丘公園 牛房口
広告
(有)ガレージショップ610(〒351-0101 埼玉県和光市白子1丁目26−6)周辺
(有)ガレージショップ610(〒351-0101 埼玉県和光市白子1丁目26−6)周辺
光が丘公園 芝生広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘4丁目1)
光が丘公園 芝生広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘4丁目1)
広告
光が丘公園 芝生広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘4丁目1)
光が丘公園 芝生広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘4丁目1)
東京都立光丘高等学校(〒179-0071 東京都練馬区旭町2丁目1−35)
東京都立光丘高等学校(〒179-0071 東京都練馬区旭町2丁目1−35)

東京都立光丘高等学校

東京都立光丘高等学校は、東京都練馬区旭町にある男女共学の都立高等学校である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
東京都立光丘高等学校(〒179-0071 東京都練馬区旭町2丁目1−35)
東京都立光丘高等学校(〒179-0071 東京都練馬区旭町2丁目1−35)
光が丘公園 光丘高校口
光が丘公園 光丘高校口
広告
光が丘公園 イチョウ並木(〒179-0072 東京都練馬区光が丘2丁目1)
光が丘公園 イチョウ並木(〒179-0072 東京都練馬区光が丘2丁目1)
光が丘パークタウン 練馬区光が丘
光が丘パークタウン 練馬区光が丘

光が丘 (練馬区)

光が丘(ひかりがおか)は、東京都練馬区にある地名。現行行政地名は光が丘一丁目から光が丘七丁目。郵便番号は、179-0072。戦前に成増陸軍飛行場として整備され神風特攻隊の出撃基地となったが、戦後はGHQに接収されて米軍家族住宅グラントハイツになった。1973年(昭和48)に全面返還されて現在の地名になり、大規模団地である光が丘パークタウン(光が丘団地)が造成された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
住居表示街区案内図 こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
住居表示街区案内図 こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
広告
こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
こひつじ公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目4)
旭町南地区区民館(〒179-0075 東京都練馬区高松5丁目23−15)周辺
旭町南地区区民館(〒179-0075 東京都練馬区高松5丁目23−15)周辺
広告
光が丘五丁目交差点
光が丘五丁目交差点
光が丘五丁目交差点周辺
光が丘五丁目交差点周辺
広告
光が丘全体案内図
光が丘全体案内図
練馬区立 四季の香公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目2−6)周辺
練馬区立 四季の香公園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目2−6)周辺
広告
スペイン式庭園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目2)周辺
スペイン式庭園(〒179-0072 東京都練馬区光が丘5丁目2)周辺
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
広告
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
光が丘地区区民館(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目9−4)周辺
モンスターバットweb本店(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目7−2−1202)周辺
モンスターバットweb本店(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目7−2−1202)周辺
広告
光が丘駅(東京都大江戸線)周辺
光が丘駅(東京都大江戸線)周辺

都営地下鉄大江戸線

大江戸(おおえど)(せん)は、東京都交通局が運営する鉄道路線(都営地下鉄)の一つ。『鉄道要覧』には12号線大江戸線と記載されている。都営大江戸線と呼ばれることが多い。

東京都練馬区の光が丘駅と新宿区の都庁前駅を結ぶ放射部と、都庁前駅から各地を経由して同駅に至る環状部から構成される。環状の路線を形成しているが、山手線や大阪環状線、名古屋市営地下鉄名城線などとは異なり、「循環型」運転ではなくいわゆる「6の字型」運転である(運行形態については後述。他の環状運転路線の例は「環状運転」参照)。なお、起点は都庁前駅、終点は光が丘駅である。推進方式は、鉄輪式・リニアインダクションモーター推進方式を採用している。

路線名の由来は東京の古称である江戸の雅名「大江戸」から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「マゼンタ」、路線記号はE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
夏の雲公園庭球場・多目的広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目5−1)周辺
夏の雲公園庭球場・多目的広場(〒179-0072 東京都練馬区光が丘3丁目5−1)周辺
光が丘の公園ガイド
光が丘の公園ガイド
広告
夏の雲公園
夏の雲公園

夏の雲公園

運動自由広場

 

まつ青な空にまぶしく湧

き立つ入道雲。飛び散る汗

も気にならない、夏はぼく

たちのもの。

広告
新場の森公園(〒179-0074 東京都練馬区春日町6丁目18−26)
新場の森公園(〒179-0074 東京都練馬区春日町6丁目18−26)
練馬小学校前交差点
練馬小学校前交差点
広告
ユニオン ベーカリー(〒179-0074 東京都練馬区春日町6丁目5−4)周辺
ユニオン ベーカリー(〒179-0074 東京都練馬区春日町6丁目5−4)周辺
練馬春日町交差点
練馬春日町交差点
広告
練馬春日町駅
練馬春日町駅

練馬春日町駅

練馬春日町駅は、東京都練馬区春日町三丁目にある、東京都交通局大江戸線の駅である。駅番号はE 37。仮の駅名は「春日町」だった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
豊島園通り(〒179-0085 東京都練馬区早宮4丁目38−4 ロアール練馬豊島園)周辺
豊島園通り(〒179-0085 東京都練馬区早宮4丁目38−4 ロアール練馬豊島園)周辺
広告
豊島園東交差点
豊島園東交差点
中之橋(石神井川)
中之橋(石神井川)

石神井川・中之橋

中之橋は、練馬四丁目20番の石神井川に架かる橋です。かつての上練馬村かみねりまむらと下練馬村しもねりまむらの境にあり、昔から重要な橋でした。現在でも、車が頻繁に行き交っています。橋の向こう側には、豊島園があります。

出典:練馬区

広告
中之橋から石神井川を眺める
中之橋から石神井川を眺める
豊島園駅
豊島園駅

豊島園駅

西武鉄道の駅には豊島線が、東京都交通局の駅には都営地下鉄大江戸線が、それぞれ乗り入れている。豊島線は当駅が終点である。

両駅間は100mほど離れて立地しており、乗り換え可能な距離だが、連絡駅ではなく事実上同名の別駅となっている。両駅間の乗り換えは乗継割引運賃の適用外で、同制度適用駅である練馬駅での乗り換えを両社局では案内している。

双方の駅舎は独立しており、西武鉄道の改札口と都営地下鉄のA2出入口間は、屋外のとしまえん商店会を経て徒歩で約2分かかる。

かつての都営12号線開業当初の都営地下鉄は普通乗車券の初乗り運賃の適用範囲が3kmまでで、終端駅の光が丘練馬間はこれを超えていたが、光が丘から豊島園駅までは初乗り範囲だった。しかしその後の運賃改定で初乗り4 kmに変更されて以降は光が丘間練馬間が初乗り範囲に届いたため、乗り換えだけを目的として豊島園駅で下車する理由はほぼ無くなっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
としまえん
としまえん

としまえん

西武豊島線豊島園駅の北西に隣接している。室町時代に築城された練馬城の城址を中心に造園された。名称は同城を築城し治めた豊島氏に由来している。その園名から誤解されがちであるが、豊島区内或いは北区豊島所在ではなく、練馬区向山三丁目に所在している。ただし、豊島(としま)(えん)が開園した当時の地名は、東京府北豊島郡上練馬村であった。

所有者は西武鉄道で、株式会社豊島園へ業務委託をしている。

首都圏有数の規模を誇る遊園地であり、各種遊戯施設がある他、春のソメイヨシノ、初夏のアジサイの花の名所として、或いは夏のプールなどで多くの地域住民が訪れる都会のオアシスとなっている。コスプレイベントを開催するなどイベント企画も多い。併設のグラウンドは企業、学校の運動会に利用されている。

「水と緑の遊園地」と自称しているように、園内には水や自然とふれあえる施設が用意されている。

ローカルルールとして、シールを含む入れ墨がある人の入場は禁止としている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください