千代田区役所(スタート)→清水門→吉田茂像→北の丸公園露場→北の丸公園→東京国立近代美術館 工芸館→千鳥ヶ淵さんぽみち→千鳥ヶ淵交差点→半蔵門交差点→皇居外苑→ 楠公レストハウス→楠木正成像→東京駅(ゴール)

至極穏かな秋晴れの下、
千代田区役所から皇居周辺の、
名所(北の丸公園、東京国立近代美術館 工芸館、千鳥ヶ淵さんぽみち、千鳥ヶ淵、半蔵門、皇居外苑、楠公レストハウス、楠木正成像)
を散策するウオーキング

千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)前
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)前
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
清水門遊歩道から日本武道館(〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2−3)眺める
清水門遊歩道から日本武道館(〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2−3)眺める
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
清水門内石段(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2−2)
清水門内石段(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2−2)
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)周辺
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)周辺
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)から東京国立近代美術館 工芸館を眺める
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)から東京国立近代美術館 工芸館を眺める
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
千鳥ヶ淵さんぽみち(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
千鳥ヶ淵さんぽみち(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
千鳥ヶ淵さんぽみち →北の丸公園 ←千鳥ヶ淵緑道
千鳥ヶ淵さんぽみち →北の丸公園 ←千鳥ヶ淵緑道.
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵交差点
麹町署 千鳥ケ淵警備派出所(〒102-0082 東京都千代田区)
麹町署 千鳥ケ淵警備派出所(〒102-0082 東京都千代田区)
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園 (第一東京市立中学校発祥之地(〒102-0083 東京都千代田区))
千鳥ヶ淵公園 (第一東京市立中学校発祥之地(〒102-0083 東京都千代田区))
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)
半蔵門交差点
半蔵門交差点
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)前
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)前
半蔵門交差点(Wacoal)
半蔵門交差点(Wacoal)
半蔵門案内板
半蔵門案内板
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
桜田濠遊歩道
桜田濠遊歩道
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
国立劇場(〒102-8656 東京都千代田区隼町4−1)周辺
国立劇場(〒102-8656 東京都千代田区隼町4−1)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
最高裁判所(〒102-0092 東京都千代田区隼町4−2)周辺
最高裁判所(〒102-0092 東京都千代田区隼町4−2)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠遊歩道
桜田濠遊歩道
国土交通省(〒100-8918 東京都千代田区霞が関2丁目1−3 中央合同庁舎 3号館5階)周辺
国土交通省(〒100-8918 東京都千代田区霞が関2丁目1−3 中央合同庁舎 3号館5階)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
皇居外苑(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
皇居外苑(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
至 祝田橋(内堀通り)
至 祝田橋(内堀通り)
至 祝田橋(内堀通り)
至 祝田橋(内堀通り)
楠公レストハウス(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
楠公レストハウス(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
至 二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
東京駅
東京駅

与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)→大原地下道→スクランブル信号→上木崎4丁目交差点→浦和西高校入口交差点→埼玉県立浦和西高等学校→正樹院橋→木崎橋→足袋屋橋→大道橋→北宿橋→浦和博物館→米原橋→船戸橋→鳥居→氷川女体神社→見沼氷川公園→神明橋→松芝公園→青いトタン塀→ヤマダ電機→島忠→中尾陸橋下交差点→花月(北)交差点→駒場運動公園→駒場運動公園交差点→本太坂下交差点→浦和駅東口(北)交差点→浦和口東口入口交差点→浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

7月10日
イヤーラウンドコースを歩こう
Dコース(新都心とふる里コース) 14km 埼玉ウオーキング協会

広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
大原地下道
大原地下道
広告
大原地下道
大原地下道
スクランブル信号
スクランブル信号
広告
クオール薬局上木崎店 周辺
クオール薬局上木崎店 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
広告
上木崎4丁目交差点
上木崎4丁目交差点
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
広告
浦和西高校入口交差点
浦和西高校入口交差点
埼玉県立浦和西高等学校
埼玉県立浦和西高等学校

埼玉県立浦和西高等学校

埼玉(さいたま)県立(けんりつ)浦和西(うらわにし)高等学校(こうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市浦和区木崎三丁目にある公立高等学校。通称は「西高(にしこう)」。全日制課程に普通科を設置している。県内公立校としては数少ない私服校。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正樹院橋
正樹院橋
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告

見沼代用水西縁

見沼代用水西縁は埼玉県上尾市の瓦葺伏越付近にある西縁と東縁の分水点から、さいたま市を経て川口市の川口市大字小谷場元西福寺前分水口(芝分水口)までを流れる用水路である。途中、さいたま市大宮区大原で荒川連絡水道専用水路を、さいたま市大宮区北袋町で高沼用水路を、川口市柳崎で六ヶ村用水を、川口市芝西で戸田用水[1]を分水する。また、さいたま市北区本郷町で芝川が、川口市芝で藤右衛門川を伏越で立体交差する。流路は芝川が大宮台地を侵食した解析谷の縁に沿って頻繁に蛇行して流れている。また、八丁堤付近までは芝川が左岸側に平行して流れる。さいたま市見沼区東大宮付近の大宮台地を横断する区間は、開削が深く危険なため暗渠に改められ、その上部に親水公園が整備された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道

ヤブカンゾウ(藪萱草)

日本の夏らしい花を咲かせる

夏の盛りに咲く明るいオレンジ色の花は、信州の人里ではどこでも見掛ける。 八重の花は豪華で、いかにも日本の夏にマッチしているような印象を持つが、実際は中国原産のユリ科の植物である。

基本種の花弁が一重のホンカンゾウは栽培種で、おもに庭に植えられるが、ヤブカンゾウのほうが普通である。

ヤブカンゾウの花は切り取って花瓶に飾っておいても、翌日には萎んでしまうので、切り花には向かない。

ちなみに、日本に渡来したヤブカンゾウは、三倍体のため結実しない。

同じく、中国から渡来したヒガンバナも三倍体で結実しないが、いずれも根茎や球根の移植で繁殖する。

出典:日野製薬()

 

〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
広告
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院

さいたま市立病院

さいたま市立病院は埼玉県さいたま市緑区三室にある医療機関。埼玉県災害拠点病院となっている。老朽化にともない2017年から病棟の全面的な建て替えに着手し、20191229日に新しい病棟で開院、202016日から外来診療を開始した。

浦和市によって運営されていた浦和市立病院が前身で、市内唯一の公立病院となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼たんぼ周辺案内
見沼たんぼ周辺案内
広告
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場

み む ろ 桜 広 場

この広場は、誰もが自由に気軽に利用できる広場です。

レクリエーション・憩いの場として、思いやりと譲り合いで、

みんなが楽しめる広場にしましょう。

以下の注意事項を守って仲良く利用しましょう。

●ゴミや空き缶は、持ち帰りましょう。

●たき火や花火など危険な遊びはやめましょう。

●キャッチボールやバトミントンなどを行うときは、

他の人にけがをさせないよう、自己責任のもと、

お互いの安全に気をつけて利用しましょう。

●その他、マナーを守って利用しましょう。

出典:さいたま市

 

 

みむろ桜広場
みむろ桜広場
広告
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
広告
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
広告
氷川女體神社
氷川女體神社

武藏國一之宮 氷川女體神社

氷川女体神社は、埼玉県さいたま市緑区にある神社。登記上の宗教法人名称は旧字体の氷川女體神社である。武蔵国一宮を称する。全国一の宮会加盟社。旧社格は郷社。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

氷川女体神社の文化財
氷川女体神社の文化財

氷川女体神社の文化財

三鱗文兵庫鎖太刀氷川女体神社神輿
牡丹文瓶子紙本墨書大般若波羅蜜多経
氷川女体神社の文化財

氷川(ひかわ)女体(にょたい)神社(じんじゃ)は、見沼低地を見おろす台地上にあり、武蔵(むさし)(のくに)一宮(いちのみや)と称されてきた古社である。古くから支配者の尊崇があつく、中世を中心にそれらに関する文化財も多い。

鎌倉時代代金工品の優品として(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)がある。帯執(おびと)りが針金で編んだ鎖となっている太刀を兵庫鎖太刀と呼び、多く寺社奉納に使われた。この太刀も刀身は鉄の延板で奉納用として作られたことが知られる。全面に三鱗文が施されている。社伝では北条(ほうじょう)(やす)(とき)の奉納と伝える。古社宝類のうち飾鉾には正応6年(1293)、佐伯弘の刻銘がある。

紙本(しほん)墨書(ぼくしょ)大般若波(だいはんにゃは)()(みつ)多経(たきょう)は、本来6百巻からなる経典であり、そのうち初めの4百巻は、正慶2年(元弘3年~1333)から暦応元年(1338)にかけて、僧(しょう)(そん)が河越氏一族繁栄のために社経し、2百巻は川越中院(なかいん)の僧らによって補写された。戦国時代に岩付(いわつき)城主太田(おおた)氏一族繁栄のため中院の奝藝(ちょうげい)がこれを真読しており、その識語(しきご)は注目されている。なお、(きょう)(びつ)三合、請箱(うけばこ)三十三口は(つけたり)指定。

牡丹(ぼたん)(もん)瓶子(へいし)一対二口は、15世紀美濃地方の作とされ、(かつ)()文で、中国の染付(そめつけ)(せい)())の文様をよく写している。御船(みふね)(まつり)祭具の一つ。神與(しんよ)も御船祭に用いられたもので(ながえ)がない。漆塗り、金銅金具付きである。桃山時代の作とされるすぐれた漆工芸品である。

古代ないし中世に属する文化財として、古社宝類中、古鈴(これい)三箇、

(てつ)(ぞく)三本、(とり)魚形祭具(うおがたざいぐ)四軀、男神像一軀、二枚(にまい)(どう)具足(ぐそく)一具、鋳銅馬(ちゅうどううま)一軀などがある。

後北条(ごほうじょう)氏の文書として大永4年(1524)の北条(うじ)(つな)制札(せいさつ)三室(みむろ)之郷あて)と元亀3年(1572)の北条氏印判状(いんばんじょう)(女体宮神主あて)がある。天正19年(1591)、徳川(とくがわ)家康(いえやす)は、この神社に五十石の社領を寄進し、歴代将軍も継目(つぎめ)安堵(あんど)の朱印状を発した。

なお、本殿は、寛文6年(1666)に徳川(いえ)(つな)(四代将軍)が再興。奉行として(おし)城主阿部(あべ)(ただ)(あき)が携わった。

出典:埼玉県教育委員会

浦和市教育委員会

氷川女体神社

さいたま竜神まつり会
さいたま竜神まつり会

竜 神 社

 

この竜神社には、さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座(おわ)します。かつて広大な沼であった見沼の(ほとり)のここ武蔵一宮氷川女體神社には、長年に亘り、神輿を乗せた船を沼の最も深い所に繰り出し、沼の主である竜神様を祭る祭祠『御船(みふ)()』を執り行ってまいりました。享保12年(1727)八代将軍吉宗公の政策で見沼は干拓され、「見沼田んぼ」となってからこのお祭りは『()(わふ)()』として今尚続けられております。遺跡によれば磐船祭は14世紀から行われていたとも推定されます。

世界最古の閘門(こうもん)式運河ともいわれる見沼通船堀など、見沼には数々の歴史財産が秘められております。見沼を中心としてさいたま市内に点在する数多くの竜神伝説もその一つと言えます。

見沼代用水と見沼代用水から西へと引いた高沼用水、その二つの灌漑用水で田畑を耕す地域と見沼に関わる地域はほぼさいたま市全域に及んでいます。

さいたま竜神まつり会は『文化と歴史を活かした誇りのもてるまちづくり』を目的として平成13年(20015月に約50mの巨大な昇天竜を製作し『竜神まつり』を開催致しました。

出典:さいたま竜神まつり会

氷川女體神社社殿 一棟
氷川女體神社社殿 一棟

埼玉県指定有形文化財(建造物)

氷川女體(ひかわにょたい)神社(じんじゃ)社殿(しゃでん) 一棟

付 寛文7年銘棟札 1

平成19316日指定

氷川神社女體神社は、武蔵国一宮と称され、また、古来より御船祭を行う神社として知られています。中世以降は、武家の崇敬が厚く、当社所属の(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)(県指定有形文化財)は鎌倉幕府執権北条泰時の奉納と伝えられ、戦国時代には岩付(いわつき)太田氏や小田原北条氏の庇護(ひご)を受けていました。江戸時代になると、徳川幕府から社領として50石の地を寄進されました。また、当社の残る寛文7年(1667)銘の(むな)(ふだ)等により、本殿は江戸幕府四代将軍徳川家綱が再興したものであることが明らかとなっています。

社殿は本殿と拝殿(はいでん)(へい)殿(でん)でつなぐ複合社殿で、権現造(ごんげんづくり)の形式となっています。本殿は三間社流造(さんげんしゃながれづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面二間(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面五間(9.46m)、側面二間(4.57m)です。さらに向拝がつき、その向拝には千鳥(ちどり)波風(はふ)及び(から)波風(はふ)がついています。

平成23年・24年には社殿修理が行われ、屋根が(こけら)()きの時期があったことがわかりました。

この社殿は、埼玉県における代表的な神社本殿建築様式を伝える建造物であるとして、平成19年に埼玉県の有形文化財に指定されました。

出典:さいたま市

文化財保護課

みどり推進課

氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社

三室 氷川女體神社 さいたま市緑区宮本鎮座

当社は崇神天皇の御代に、出雲杵築大社を勧請した古社で、武蔵国一宮として見沼のほとりに鎮座している。

主祭神は(くし)稲田(いだ)(ひめの)(みこと)で、大己(おおなむ)(ちの)(みこと)()穂津(ほつ)(ひめ)(みこと)配祀(はいし)している。

当社の御手洗瀬である見沼を囲み、大宮氷川神社(男体社)大宮中川の中山神社(()王子社)とともに、三社深い関係にあり、「三室」を伝えてきた。

古代。女神を(まつ)るところや、社殿が東方に向いているなど、その創立の古さと由緒を忍ばせている。

中世以来。部門の崇敬を集めており、これらにゆかりのある宝物も多い。徳川家康からは社領50石を寄進され、また、徳川家綱によって現存する社殿も建てられた。

古来からの御船遊(みふねあそび)神事は、見沼干拓後、(いわ)(ふね)祭として行われ、その遺跡が現存している。

また、暖地性植物の繁栄する(しゃ)(そう)は天然記念物であり、ふるさとの森にも指定されている。

氷川女體神社の道標
氷川女體神社の道標

武蔵国一宮

氷川女體神社の道標(みちしるべ)

もともと、赤山道沿い大間木水深(みずぶか)(浦和)の他にあった、この石碑には「武蔵国一宮」「女體宮道」とあって、幕末の弘化2年(1845)に当社への道しるべとして赤山街道に面して建立されたものです。

また、当社から北西約400mの住宅地の中には石造の鳥居がありますが、これは安政2年(1855)に、馬場方面から参詣する人たちの便を考えて、大門宿の石工に作らせ、氏子たちが奉納したものです。

幕末の頃に相次いで建てられたこの石碑や鳥居は、建立する必要に迫られるほど、当社への参詣客は非常に多く、篤い信仰を得ていたことを物語る貴重な資料となっています。

氷川女體神社 鳥居
氷川女體神社 鳥居
氷川女體橋
氷川女體橋
広告
氷川女體橋から見沼代用水西縁
氷川女體橋から見沼代用水西縁
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
案山子の唱歌
案山子の唱歌

案 山 子

 

武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子

春彦書

見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池

見沼氷川公園

氷川女体神社の眼下に作られた公園です。

園内にあるハーブ園には、ラベンダーやミントなどのハーブが植えられています。

良い香りがほのかに漂う憩いの空間は、人気のスポットになっています。

また、この付近は唱歌「案山子」の発祥地といわれているため、公園の入り口には記念のモニュメントも設置されています。

出典:公益財団法人さいたま市公園緑地協会

見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
広告
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場


見沼氷川公園 案内板
見沼氷川公園 案内板
広告
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
広告
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
あんしんホーム浦和芝原 周辺
あんしんホーム浦和芝原 周辺
広告
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
広告
Central BMW さいたま東営業所
Central BMW さいたま東営業所
すたみな太郎 東浦和店 周辺
すたみな太郎 東浦和店 周辺
広告
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
広告
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
広告
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
広告
駒場運動公園 周辺
駒場運動公園 周辺

駒場運動公園

駒場運動公園は、埼玉県さいたま市浦和区にある運動公園。日本プロサッカーJ1リーグ規格の競技場である浦和駒場スタジアムが所在している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園 案内図
駒場運動公園 案内図
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園 環
駒場運動公園 環
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
本太坂下交差点
本太坂下交差点
広告
本太坂下交差点
本太坂下交差点
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
広告
内田屋煎餅店 周辺
内田屋煎餅店 周辺
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
広告
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
広告
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
浦和口東口入口交差点
浦和口東口入口交差点
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

ホテルグランビュー沖縄(スタート)→世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム→奄美の高倉→座喜味城跡→琉球村→県民広場→国際通り→第一牧志公設市場→沖縄県庁→県民広場→ホテルグランビュー沖縄(ゴール)

【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景︕美ら島4⽇間 3日目

【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
【おひとり様参加限定】ハイライト沖縄 絶景!美ら島4日間
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)

ホテルグランビュー沖縄

ゆいレール・赤嶺駅から徒歩約1分、那覇空港から車で約3km、那覇空港駅から一駅の国道沿いに建つスタンダードなビジネスホテル。アイボリー基調のエントランスとロビーは、クラシカルな雰囲気。

デスクとチェアをコンパクトにまとめたシンプルな客室は、窓から海まで眺望する昔ながらの落ち着いた雰囲気。1人用の客室を中心に、2人用ベッド1台の客室、ベッド2台の客室も提供する。全客室に、無料の有線インターネット、液晶テレビ、有料放送、エアコン、加湿空気清浄機、冷蔵庫、湯沸かしポット、お茶セット、バス、温水洗浄機能付きトイレ、ナイトウェアとアメニティなどを完備。禁煙客室も用意する。

レストランで、和洋バイキング式の朝食と、沖縄料理、和御膳、洋定食などの夕食も提供する(食事付プランあり)。施設内に、パソコンコーナー、コインランドリー、自動販売機、電子レンジ、携帯充電器などを備え、駐車場(有料)も完備。

出典:ホテル グランビュー沖縄

ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
ホテルグランビュー沖縄(スタート)
世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム
世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム

2018623日にリニューアルオープンしたユンタンザミュージアム。

その前身の読谷村立歴史民俗資料館の開館は、1975年(昭和50年)でした。リニューアルしたミュージアムは、1F展示室に世界遺産・座喜味城跡や読谷で育まれた自然・文化遺産を展示しております。

また、2F展示室は、考古・民俗・自然・沖縄戦について展示を行っており、その中でガマや亀甲墓等のジオラマを通して詳しく学ぶことができます。

出典:世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 駐車場
世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 駐車場
至 座喜味城跡
至 座喜味城跡
座喜味城跡公園 案内図
座喜味城跡公園 案内図

座喜味(ざきみ)城跡(じょうあと)公園案内

1416年から1422年に読谷山の按司護佐丸(ごさまる)が築城したとされている。城門のアーチに楔石を用いており、アーチ門では古い形態とされる。

沖縄戦前には日本軍の砲台や、戦後には米軍のレーダー基地が置かれたため一部の城壁が破壊されたが、城壁の復元が行われた。

1972年(昭和47年)515日、沖縄の本土復帰と同時に国の史跡に指定されたが、米軍基地として使用されていた部分は指定し得なかったため、返還を機に追加指定された。ただし、現状変更のあった部分(西側道路部分)についてはのちに指定を解除している。

200011月には首里城跡などとともに、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている(登録名称は座喜味城跡)。城内で演劇が行われるなど、広く利用されている。城跡の高台から西側を望むと残波岬や、晴れた日には慶良間諸島も眺めることができる。

2017年(平成29年)、続日本100名城(199番)に選定された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

村内観光総合案内
村内観光総合案内

村内観光総合案内

読谷村のあゆみと村づくり

読谷村は、沖縄本島中部の西海岸、東シナ海に突き出た半島に位置した人口約41千人余り(2018年現在)の村です。東は緑濃い山並み、西は東シナ海に面し、南は比謝川を境とし、北は景勝の地・残波岬に囲まれた、美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところです。

三山時代(14世紀頃)、中山王、察度(さつど)の命で、王弟として泰期(たいき)が中国(明)へ進貢貿易船を出し、琉球の大交易時代を切り開きました。以来、取り入れられた外来の文化は、読谷山花織・ヤチムン(焼物)などの伝統工芸品や、(あか)犬子(いんこ)が祀られており、そのゆかりの地として琉球古典音楽や島唄が盛んなところです。

1945年の沖縄戦では、読谷が米軍の沖縄本島最初の上陸地点となり、村一円が焦土と化しました。戦後の統治時代には村のほとんどが米軍基地として接収されましたが、1972年の沖縄の日本復帰を経て、徐々に軍用地返還も行われつつあります。

()(ほう)()(まん)黄環(くがにかん)

読谷村の地形は東シナ海へまさに飛び立とうとする鳥の形に似ています。

くちばしには珊瑚の花蔓をくわえ、東の山々は飛翔する力を蓄えた羽で、

読谷村民の夢と希望を抱き21世紀を羽ばたく鳳として表現しています。

観光案内

残波岬(A-1)

高さ3040mにおよぶ隆起サンゴ礁の絶壁が2㎞にわたって続く景勝地で、岬の先端からは慶良間諸島や伊江島が望め、特に夕暮れ時の景観が美しいところです。岬の手前には残波いこいの広場があり、7mの巨木な残波大獅子が西の水平線を睨んでいます。

ヤチムンの里(C-2)

読谷村には68の工房が所在し、那覇の壺屋と並ぶヤチムン(焼物)の産地です。中でもヤチムンの里には19の工房が集まっており、直売店では作品を販売しています。県内最大の13連房の登り窯は圧巻です。

座喜味城跡(C-2)

15世紀初め、名築城家として知られる()()(まる)によって造られた、2つの郭からなる連郭式の城で、2000年には世界遺産に登録されました。現存する最古のアーチ門や、最大高さ13m、延長360mに及ぶ城壁は見応え十分です。

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム(C-2)

座喜味城跡公園にあり、2018年にこれまでの資料館・美術館を増築及び改修を行い、博物館として生まれ変わりました。増築部分では、世界遺産座喜味城跡のガイダンスをはじめとして、読谷で育まれた文化遺産、沖縄戦と戦後の読谷、ゆたかな自然をテーマとして概略を展示しており、改修部分では、さらに詳細に展示を行っております。

読谷村伝統工芸センター・読谷山花織会館(C-3)

琉球の大交易時代に、東南アジアから伝わったとされる読谷山花織

(ユンタンザハナウイ)の製作工程を見学できます。

読谷山花織は、紺、白、赤、黄、緑の五色の色糸を用いて絣柄や縞、格子などを組み合わせた柄が特徴です。明治時代半ばに一時途絶えましたが1964年に復興され、後継者の育成が行われています。

読谷村共同販売センター(D-2)

読谷村で活躍する作家の伝統工芸品を展示・販売しています。作家毎にコーナーを設けているので、気に入った作品をみつけて工房を訪れるのもいいでしょう。

都屋漁港・読谷村漁業協同組合(B-3)

読谷村唯一の漁業協同組合があり、本村水産業の中心で、中でも大型定置網は県内最大となっています。沖合には村魚ジンベエザメが飼育されており、体験ダイビングやグラスボードの乗船も行うことができます。また、漁協直売店では地元の海人が水揚げした新鮮な魚介類や化工品を味わう事ができます。漁港の雰囲気を感じながら人気の天ぷらを食べることもできます。

喜名番所観光案内所(D-3)

琉球王朝時代の読谷の役場で、1853年にはペリー提督の調査隊一行も訪れました。2005年に観光案内所、休憩施設、交流の場として再現されました。

出典:読谷村商工観光課

(世界遺産(座喜味城跡)周辺整備事業 読谷村商工観光課

読谷村ゆたさむら推進部商工課

世界遺産座喜味城跡

ユンタンザミュージアム

奄美の高倉
奄美の高倉

奄美の高倉

奄美型高倉は、与論島を除いた奄美諸島とトカラ列島にみられる高倉(穀物を貯蔵する倉)です。沖縄型に比べて、屋根の勾配が急で壁の傾斜はほぼ水平に近く、また柱は太く平面が正方形に近い点などが特色です。高倉は村落のはずれか田畑の近くに配置され共同で使用していましたが、近年は、個人所有で屋敷内に造られるようになりました。現在、奄美大島の大和村には群倉(ブリグラ)が昔の姿で残されています。

出典:海洋博公園

奄美の高倉
奄美の高倉

(たか) (くら)

この建物は、豊かな農村のシンボルとでも言うべき穀物倉庫です。かつては南西諸島の各地に分布していました。風通しをよくして湿気を防ぐために、床下をうんと高くしてあるのが特徴です。また、ねずみ返しとして、柱の上部にトタン板を巻き付けて、ねずみが登れないようにしてあります。柱の数は、4本、6本、9本といろいろあり礎石の上に立つ建物です。

沖縄の組踊『銘苅子(めかるしー)』の中で天女妻の羽御(羽衣)が

()(つい)(また)()(くら) ()(つい)(また)()(うち)

稲束(んにづいか)()(した) 粟束(あわづいか)()(した)

と歌われているのも、この倉の類と思われます。

倉への出入りには、角材をえぐって階段をつけた取り外しのきく一本足のはしごを用います。このはしごは、裏返しにすると、物を下ろすときの滑り台になります。

この高倉は、もともと沖之永良部島にあったものを民俗資料として、197612月に移築しました。

寄贈者は知名町の吉松軍八氏、富ハル氏、村山利明氏です。

御三名の方に厚く御礼を申し上げます。

 

奄美の高倉
奄美の高倉
座喜味城跡
座喜味城跡
史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡

史跡座喜味(しせきざきみ)城跡(しろあと)

昭和47515日指定

座喜味城は恩納村山田城に居城していた護佐丸が1416年の北山討伐直後、山田城をとりこわしその破材で築城したと伝えられています。

城は本丸と二の丸の二郭があり、周囲は石垣をめぐらしていました。今次大戦で破損を受けましたが、石垣の門の基礎などよく残っており、全体の縄張りをうかがい知ることができます。

昭和50331

出典:沖縄県教育委員会

史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡
史跡座喜味城跡
国史跡指定座喜味城跡
国史跡指定座喜味城跡

国指定史跡

() () () (じょう) (あと)

1972515日国指定)

座喜味(ざきみ)(じょう)は、15世紀初頭築城家としても名高い()()(まる)によって築かれたといわれる。護佐丸は当初、座喜味の北東約4㎞にある山田グスクに居城していたが、1416年(1422年の説もあり)中山(ちゅうざん)(しょう)()()北山(ほくさん)(じょう)攻略(こうりゃく)に参戦、北山城攻略後は戦後処理のため一時北山城にとどまったといわれ、その間に座喜味の地へ築城を開始したという。城跡は座喜味部落北側の小高い丘、標高120m余の名護層からなる台地を石灰岩の切石積で取り囲んで築かれており、城は2つの郭からなる(れん)郭式(かくしき)の形態になっている。城郭内の面積は約4,01251㎡で、沖縄のグスクとしては中規模である。

この城には一の郭と二の郭にアーチの門がそれぞれ一つずつつくられているが、アーチ石のかみ合う部分、門の表と裏両面にクサビ石がはめられており、他のグスク等には類例がみられない。このことから座喜味城のアーチ石門が現存するアーチの沖縄で最古のものと見られている。

座喜味城跡は1972年の本土復帰に伴なって国の史跡に指定され翌年の10月から沖縄県ではじめて史跡整備事業が文化庁と県の補助を受けて開始された。整備事業に伴う遺構発掘調査がなされ成果を上げた、出土遺物は、グスク系土器と須恵器(すえき)が少量、中国製(とう)磁器(じき)古銭(こせん)などがあり、これらの出土品中最も多いのは中国製の青磁と陶器で、これらの中国陶磁からみると、15世紀から16世紀までのものがみられることから、座喜味城は護佐丸が1440年に中城城へ移った後も使用されたと考えられる。

遺構については一の郭の北側に間口16.58m奥行き14.94mの石組が発掘され、この中に建物が建っていたと思われる。しかし瓦等は出土しない事から屋根は(いた)()きか茅葺(かやぶき)の建物であったと推定され、また一の郭の南側では城壁を作る以前の(ちゅう)(けつ)郡も発見され、出土遺物からそれほどの時代差はないものの、一の郭内において2つの時期の遺構が確認された。

城跡は第2次大戦において、一の郭内の日本軍の高射砲陣地が築かれ、戦後も米軍のレーダー基地が建設されたが、整備の始まった翌年返還された。城壁は1982年に修復を完了した。城壁の上に立つと首里・那覇をはじめ本島西側本部半島や東支那海に浮かぶ慶良間諸島・久米島・伊江島・伊平屋諸島が眺望出来る要害のちにある。

 

城壁航空写真(南側より撮影)

 

座喜味城跡指定地域平面図

出典:文部省・沖縄県・読谷村

国史跡指定座喜味城跡
国史跡指定座喜味城跡
国史跡指定座喜味城跡
国史跡指定座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
  座喜味城跡
座喜味城跡
  座喜味城跡
座喜味城跡
  座喜味城跡
座喜味城跡
  座喜味城跡
座喜味城跡
  座喜味城跡
座喜味城跡
   座喜味城跡
座喜味城跡
    座喜味城跡
座喜味城跡
    座喜味城跡
座喜味城跡
    座喜味城跡
座喜味城跡
    座喜味城跡
座喜味城跡
    座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城建物跡
座喜味城建物跡
座喜味城建物跡
座喜味城建物跡
座喜味城跡
座喜味城跡



座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
 座喜味城跡
座喜味城跡
座喜味城跡公園 リュウキュウマツ
座喜味城跡公園 リュウキュウマツ

琉球松

リュウキュウマツ

マツ科:属

分布=九州南部~琉球

亜熱帯 クロマツと用途は

同じで造林木として重要

琉球村
琉球村

(りゅう) (きゅう) (むら)

英語から翻訳琉球村は沖縄県恩納村にあるテーマパーク。ウェブサイトで機械翻訳された英語を使用することで知られています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村アトラクションのお知らせ
琉球村アトラクションのお知らせ
琉球村施設案内
琉球村施設案内
 琉球村
琉球村
  琉球村
琉球村
  琉球村
琉球村
  琉球村
琉球村
  琉球村
琉球村
  琉球村
琉球村
琉球村施設案内
琉球村施設案内
登録有形文化財 琉球村
登録有形文化財 琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
琉球村
国際通り
国際通り

(こく) (さい) (とお)()

国際(こくさい)通り(どおり)は、那覇市の県庁北口交差点(パレットくもじ前交差点)から安里三叉路にかけての約1.6kmの通りの名称である。戦後の焼け野原から目覚しい発展を遂げたこと、長さがほぼ1マイルであることから、『奇跡の1マイル』とも呼ばれる。 また、一般的には「こくさいどおり」と呼ばれているが、通りの入り口には「こくさいとおり」と彫られた石碑がある。 沖縄県で最も賑やかな通りであり那覇最大の繁華街。「国際通り」の名の由来は、1948年に建設されたアーニーパイル国際劇場から。

国際通り
国際通り
ポークたまごおにぎり本店 牧志本店 周辺
ポークたまごおにぎり本店 牧志本店 周辺
第一牧志公設市場
第一牧志公設市場

第一(だいいち)(まき)()公設(こうせつ)市場(いちば)

牧志公設市場は、沖縄県那覇市にある公設市場。別の場所に「雑貨部」「衣料部」があるが、通常「牧志公設市場」といえば魚介類・食肉類をはじめとした食料品の販売を中心とした「第一牧志公設市場」を指す。以下特に断りのない限り第一牧志公設市場について説明する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第一牧志公設市場
第一牧志公設市場
第一牧志公設市場
第一牧志公設市場
ホテルニューおきなわ 周辺
ホテルニューおきなわ 周辺
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 赤嶺駅からの風景
沖縄都市モノレール線 県庁前駅周辺
沖縄都市モノレール線 県庁前駅周辺
ブルーシールFC店 国際通り店
ブルーシールFC店 国際通り店
ドン・キホーテ 国際通り店
ドン・キホーテ 国際通り店
牧志公園
牧志公園
牧志駅前 周辺
牧志駅前 周辺
国際通り周辺市街地案内図/広域図
国際通り周辺市街地案内図/広域図
沖縄県庁
沖縄県庁

(おき) (なわ) (けん) (ちょう) (しゃ)

戦前の沖縄県庁も同地に置かれていたが、19441010日の空襲(十・十空襲)で焼失すると、宜野湾に一時移転した。沖縄戦時は陸軍第32軍の司令部があった首里の周辺の壕へ移り、軍の移動とともに壕を点々とする。

戦後は同じ土地に琉球政府、米国民政府、立法院、裁判所などが建っていた。

1968年に米国民政府が移転し、また復帰により国家事務を扱う部局が移転したことで一時的に余裕ができたが、行政需要が増大したことで庁舎が手狭になってきた。緊急にプレハブ庁舎を建てたが間に合わず、近辺の民間ビルを借りて対応しなければならなかった。そこで、1981年(昭和56年)より沖縄県総務部に県庁舎建設準備室を設置し計画が進められていた。

沖縄県庁を中部に移転し、第1庁舎や沖縄県議会(旧立法院)の保存を求める声があったものの、1986年に第1庁舎、第3庁舎、旧司法庁舎などを撤去して着工。ところが、琉球王朝時代の窯業釜「湧田釜」が発掘され、移転論なども再噴出した。結局、釜は掘り出され、那覇市おもろまちの那覇新都心に移設された(200711月に開館した沖縄県立博物館・美術館への設置が行われている)。移設後、工事が再開され19901月に県庁舎は完成した。

 

県民広場
県民広場


朝霞市根岸台7丁目(スタート)→ケアハウス桜の里→難波田城公園→朝霞市根岸台6丁目(ゴール)

和光・富士見市の満開の桜

ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里 周辺
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里

地域密着型特定施設

入居者生活介護ケアハウス桜の里

ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里

寄贈 桜の里 竣功記念

しだれ桜

ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
ケアハウス桜の里
⑱新河岸川の自然と歴史を訪ねるルート
⑱新河岸川の自然と歴史を訪ねるルート

ぐるっと埼玉サイクルネットワーク

⑱新河岸川の自然歴史を訪ねるルート

 

ルート解説

新河岸川沿いの遺跡・歴史的建造物を巡るコース。新河岸川に整備されているサイクリングコースと国道254号BPの自転車道を走行し、田園風景を見ながら、古代から近世までの歴史を訪ねる。「ジモトのおやつ」を紹介したガイドブック有ります。

みどころスポット

 

 

undefinedundefined
① 志木市立秋ヶ瀬運動公園② 難波田城公園
③ 水子貝塚公園➃権現山古墳群
⑤ 福岡河岸記念館⑥ 上福岡歴史民俗資料館
⑦ 桜堤⑧ コスモス
みどころスポット
難波田城公園
難波田城公園

難波田氏館跡入口

難波田城公園
難波田城公園

企画展 難波田城資料館 特別展示室 入場無料

平成史㏌富士見

39日(土)~6月9日(日)

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

難波田(なんばた)()の歴史と難波(なんば)()(じょう)

平安時代の終わり頃から、武蔵国には「武蔵七党(むさししちとう)」と呼ばれる武士団が活動していました。その一つの村山党の中心に、金子氏がいました。金子(かねこ)小太郎(こたろう)高範(たかのり)は、鎌倉時代の承久(じょうきゅう)の乱に参戦して討ち死にしました。その恩賞として幕府から、高範の子孫に難波田(南畑)の地が与えられ、その子孫が「難波田氏」を名乗るようになりました。

南北朝時代には、羽祢蔵(はねくら)合戦で高麗(こま)(つね)(ずみ)の運勢と戦って敗れましたが、戦国時代になると難波田(だん)正善(じょうぜん)(ぎん)扇谷(おうぎがやつ)上杉(うえすぎ)の重臣として活躍しました。しかし、天文15年(1546)の河越(かわごえ)夜戦(やせん)で北条氏と戦い、敗れて打ち死にしました。その後、難波田氏一族は北条氏の家臣となり、難波田の土地は北条氏の家臣上田氏が支配しました。しかし、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされたため難波田城は廃城となりました。

難波田城は江戸時代に作られた絵図などに描かれています。城は最初小さなものでしたが、戦国時代に難波田弾正善銀が活躍する頃に、大規模に改造されたと考えられます。江戸時代には、城跡に修験(しゅげん)寺院の十玉院(じゅうぎょくいん)が建てられました。

 

 

(難波田弾正(うた)合戦(がっせん)図)

(浅野文庫難波田古城図(こじょうず)

難波田城公園
難波田城公園

難波田(なんばた)(じょう)

難波田城は富士見市東部の荒川と新河岸川の間の自然堤防上にあった、武蔵七党村山党の一流難波田氏の居城である。鎌倉時代に村山党金子氏の金子家範の子、高範が当地を与えられ地名を苗字として館を構えたのが始まりと言われている。『新編武蔵風土記稿』には築城から廃城に至るまでだけでなく具体的に城郭の構造にも触れられており、「小田原編年録」の文化9年(1812年)の古図にも描かれている。河越夜戦で難波田氏の主家扇谷上杉氏の敗戦により難波田氏が没落すると上田朝直一族の上田周防守左近の知行地となり、支城として縄張りを広げ城郭を改築していったとされる。戦国時代に小田原の北条氏が作成した『小田原衆所領役帳』にも小机衆の上田左近が難波田の領主であったことが記されている。しかし、永禄年間初頭には北条氏の家臣清水政勝が河越城衆として難波田城を攻撃したことを晩年に作成した覚書(「清水正花武功覚書」)に記しており、難波田周辺に所領を持っていた太田資正が北条氏と争った時期に難波田城を支配していたと考えられている。その後、大田資正が岩付城を追われたことで難波田城も北条方に戻っている。小田原征伐の武州松山城落城と共に廃城となった。

現在城跡は市の発掘調査後に「難波田城公園」として整備されている。市教育委員会の発掘調査によると古図とほぼ同様に三重の堀と本郭を中心に郭が同心円状に配置され、建物跡や倉庫跡が発掘された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

                                    

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

(くる) ()

曲輪は、城の内外を土塁、石垣、堀などで区画した区域の名称である。郭とも書く。 主要な曲輪内には、曲輪の出入り口である虎口を封鎖する門を始め、最前線の塀、物見や攻撃を与える櫓が建てられる。主郭では司令本部となる城主の居所のほか、兵糧を備蓄する蔵、兵たちの食事を仕込む台所などの建造物が建てられていた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

(くる) ()

曲輪1は、城主が住んでいた城の中心部です。古絵図には「本城(ほんじょう)」と記され、東西45m、南北30mの規模があります。

難波田城最古の14世紀頃の大型建造物跡や、

多くの遺物が地下1.5mの

部分から発掘されました。

その後、城が拡張されるに

したがって、盛り土されて

いきました。

曲輪を囲っていた土塁は、

一部が残っているだけです。

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

(くるわ) ()

(くる)()1(本丸)の出入り口前方にある曲輪です。これは戦いに際して、この曲輪に城兵を入れる「(うま)出曲(だしくる)()」と考えられます。

馬出にはいろいろな形がありますが、難波田城ではこのように独立した曲輪になっています。周囲に土塁を巡らし、外から中が見えないようしていました。ここから曲輪3には木橋を渡っていきました。

馬出の種類

 

 

 

 

undefinedundefinedundefinedundefined
草の丸馬出辻の馬出真の馬出草の角馬出
馬出の種類
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

十王院(じゅうぎょくいん)墓地(ぼち)

十玉院は、中世に栄えた修験(しゅげん)(どう)寺院ですが、戦国時代に一時衰えました。江戸時代前期に、難波田氏の縁者という理由から、幕府が難波田城跡に移転・再興することを許可しました。

ここの墓塔は、十玉院の代々の院主やその関係者のものです。明治5年(1872)の修験道廃止令に

よって、十玉院は

廃寺となりました

が、院主の上田氏

は、その後に埼玉

県議会議員などで

活躍しました。

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園 月に1度だけの幻のうどん屋《お月見亭》難波田城公園の古民家でいただく地元の味
難波田城公園 月に1度だけの幻のうどん屋《お月見亭》難波田城公園の古民家でいただく地元の味
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見市指定有形文化財

旧大澤家(きゅうおおさわけ)住宅(じゅうたく)

市内東大久保(ひがしおおくぼ)に所在した民家です。江戸時代に大久保村の名主(なぬし)をつとめていた大澤家の母屋(おもや)として、明治4年(1871)に建築されました。

式台(しきだい)」とよばれる玄関や違い棚(ちがいだな)(つけ)書院(しょいん)を備えたオクザシキなどに、名主宅として風格を残しています。

建築面積は約278㎡です。

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見のなりわい 水田と畑

現在は富士見市に住む人々の多くがサラリーマン世帯ですが、昭和30年代以前はそのほとんどが農家でした。“野方(のがた)”の村(鶴瀬・鶴間・水子・針ヶ谷)では、台地の上に畑、台地下の谷戸(やと)や沖積地に水田を開き、“里方(さとかた)”の村(東大久保・上南畑・下南畑・南畑新田)では家の周囲に水田を作りましたが、野方の台地にも畑を持っていました。

 

難波田城公園
難波田城公園

富士見のなりわい 湿田から乾田へ

富士見市域の水田のほとんどは荒川・新河岸・柳瀬川の沖積低地につくられています。それらの中には「ドブッタ」または「フカンボ」などとよばれる湿田が多く、水はけが悪いうえに河川の氾濫(はんらん)もあって、収穫量は多くありませんでした。

 

 

 

そのため、明治時代末期から昭和20年代にかけて、各地区で耕地改良がおこなわれました。その結果、湿田は裏作(うらさく)が可能な乾田(かんでん)となり、稲のほかに麦やジャガイモも収穫できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

田舟を使った稲刈り(市内水子)

 

 

難波田城公園
難波田城公園

富士見のなりわい 畑の作物

 

 

ゴボウ掘り(市内水子)

 

台地に広がる畑では、時代とともにさまざまな作物が作られてきました。江戸時代には大麦・小麦・大豆・小豆・サツマイモ・木綿・胡麻などが栽培され、自給用の作物の他、消費地に売るための商品作物も多く作られました。昭和初期になると食糧品増産政策のもどで陸稲・ゴボウ・蔬菜類(そさいるい)なども作られるようになりました。さらに、戦後は「七色(なないろ)(ばたけ)」とよばれるほど多様な作物がつくられるようになりました。

 

 

 

 

 

難波田城公園
難波田城公園

富士見のなりわい クズハキ

 

 

クズハキ(三芳町)

現在のように科学肥料を使う前は、作物の肥料として使われていたのは、米糠(こめぬか)(ほし)()などの購入肥料((きん)())よりも、自給できる下肥(しもごえ)(たい)()が中心でした。堆肥は「ヤマ」とよばれる雑木林の落ち葉でつくりました。落ち葉を集める「クズハキ」は雑木林の多い野方(のかた)地域では大切な仕事でしたが重労働でした。

また、里山(さとやま)の村でも、堆肥などの肥料を作るためのヤマを野方の地域にも多くもっていました。

 

 

 

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見の編物業

 

 

明治時代末から大正時代にかけて、織物業は富士見市域を含む川越・上福岡・志木一帯の地域産業の一つでした。主に木綿織・(きぬ)綿(わた)交織(まじりおり)が生産されました。当時、鶴瀬村4戸、水谷村35戸、南畑12戸が織物業(「機屋(はたや)」)を営んでいました。

機屋では住み込みや通いの織り子を雇っていたほか、近隣の農家の女性にも出機を頼んでいました。糸を渡して自宅の織機で織り上げてもらう出機は、農家にとっては「賃機(ちんはた)」といい、農閑期の重要な副業でした。

 

 

 

「縜日本帳より関野村 家蔵」

 

 

 

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見市指定有形文化財

旧鈴木家(きゅうすずきけ)表門(おもてもん)

市内針ヶ谷(はりがや)に所在した長屋門(ながやもん)です。江戸時代に針ヶ谷の名主(なぬし)をつとめていた鈴木家の表門として建築されました。長屋門は、江戸時代には家の格式を示すものとして武士・名主・寺院などの建築が許されていました。

くわしい建築年式は不明ですが、明治時代の中期以降に建てられたと推定されます。

建築面積は約117㎡です。

 

 

 

 

 

 

 

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見市立難波田城公園ご案内

利用案内

●公 園

開園時期 4月~9月 9時から6時まで

10月~3月 9時から5時まで

休園日 なし

ただし、資料館の休館日には古民家ゾーンの建物内の見学と利用はできません。

●資料館

開館日 9時から5時まで

休館日 休日の翌日

月曜日(その日が休日の場合を除く)

年末年始

ご利用にあたって、次のことにご注意ください

・火を使用しないでください

・タバコは決められた場所以外では吸わないでください

・水堀で魚釣りはできません

・ゴミはお持ち帰りください

・園内の植物の保護のため、つぎのことはできません

決められた場所以外に入ること

枝を折ること

土を掘り返すこと

・園内で営利を目的とした行為はできません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

手づくり郷土(ふるさと)(しょう)

国土交通大臣 扇千景

埼玉県 富士見市

平成1311

寄贈 ㈳関東建設弘済会

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

() (づか)

水塚は、たびたび洪水に見舞われた荒川や利根川などの川沿いの低地部に多く見られます。宅地全体を盛り土し、さらにその一部を塚のように高く盛って土蔵(どぞう)を建てました。これを水塚といいます。洪水などの非常時に備えたものです。

富士見市域は、野方(のかた)里方(さとかた)の地域にわけられますが、水塚は里山地域に特徴的なものです。この水塚の周囲には、スギやケヤキ、モチノキなどの樹木を植え、土蔵を風から守っていました。

 

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

富士見市立難波田城資料館

難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

食い違い(くいちがい)小口(こぐち)

城は敵の攻撃に対して守りやすく、敵が攻めにくくするために、

(くる)()の配置、堀の大きさ・深さ、土塁の形などにいろいろ工夫をしました。

城の出入り口を「小口(こぐち)」といいますが、この「食い違い小口」もその工夫一つです。小口の左右、または一方土塁を屈曲させてS字形の通路にして、敵が攻めにくいようにしたものです。

小口の形はいくつかの種類があります。

小口の種類

 

 

 

 

 

 

 

undefinedundefinedundefinedundefinedundefined
大陰の小口外桝形食い違い小口一文字土居内桝形
小口の種類
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園
難波田城公園

中央会場・松一小(スタート)→上沼公園→砂田第2公園→ディアナ・マニエール→當選寺→岩室観音堂→吉見町 埋蔵文化財センター→岩鼻運動公園→東松山ぼたん園→比丘尼山と横穴墓→国営武蔵丘陵森林公園中央口→森林公園 南口ゲート→森林公園駅→中央会場・松一小(ゴール)

第41回日本スリーデーマーチ 2日目 11/3土曜日 吉見百穴・森林公園ルート20㎞

第41回日本スリーデーマーチ
2日目 11/3土曜日
吉見百穴・森林公園ルート20㎞

第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
松葉町1丁目16−19周辺
松葉町1丁目16−19周辺
松葉町1丁目21−12周辺
松葉町1丁目21−12周辺
本町2丁目1−1周辺
本町2丁目1−1周辺
本町1丁目3−36周辺
本町1丁目3−36周辺
日吉町2−62周辺
日吉町2−62周辺
上沼公園
上沼公園

上沼・下沼公園

上沼公園と下沼公園の中心にある沼を囲むように桜が植えられています。開花期間中は桜のライトアップが行われ、夜桜見物を楽しむことができます。

出典:東松山市役所 環境産業部 商工観光課

上沼公園
上沼公園
上沼公園
上沼公園
小松原町9周辺
小松原町9周辺
小松原町11−2周辺
小松原町11−2周辺
小松原町11−2周辺
小松原町11−2周辺
砂田町7周辺
砂田町7周辺
砂田第2公園
砂田第2公園
砂田第2公園
砂田第2公園
松本町2丁目5−34 国道407号高架下
松本町2丁目5−34 国道407号高架下
松本町2丁目7−7周辺
松本町2丁目7−7周辺
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
當選寺
當選寺

(みょう) (ほう) (ざん) (とう) (せん) ()

吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
岩室観音堂
岩室観音堂

(いわ) (むろ) (かん) (のん)

弘法大師が岩窟を選んで高さ一尺一寸(36.4㎝)の観音像を彫刻してこの岩窟に納め、その名前を岩室山と号したと伝えられる。武蔵松山城跡跡主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)豊臣秀吉が関東に出陣した際に武蔵松山城跡跡の落城に伴い建物の全てが焼失したといわれている。

現在のお堂は江戸時代の寛文年間(16611673年)に龍性院第三世堯音が近郷の信者の助力を得て再建したものと伝えられている。お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代のものとしてはめずらしいものである。 岩室観音は「比企西国三十三所観音札所」の第三番であるが、札所めぐりとしては「西国三十三所」「坂東三十三所」「秩父三十四所」が有名で、「比企西国三十三所」は、それほど知られてはいない。比企西国三十三所は、遠隔地を巡礼できない人々のために享保8年(1723年)に開設されたと言われており、江戸時代にはこうした地域ごとに完結する札所めぐりが数多く創設されたようである。

また、ここには88体の石仏が収まっているが、これは四国八十八箇所の霊地に建てられた本尊を模したものである。この弘法大師が修行した四国八十八箇所を巡拝することを「遍路」と呼び、観音霊場を巡る「札所めぐり」とは区別される。

出典:吉見町役場

松山城跡
松山城跡

(まつ) (やま) (じょう) (あと)

この城跡は、戦国期における山城の姿がほとんどそのままに残されている貴重な文化財である。

市野川に突き出た部分から本城(本丸)、中城(二の丸)、春日丸、三の丸と南西から北東に向って一線上に並び、その両側に多くの(くる)()や平場をもっている。この主曲輪群の東方にも第二次的な施設があったが、太平洋戦争後の土地開発で全く原形を失ってしまった。

城史は、古代にさかのぼるとも言われるが、一般的には鎌倉時代末期の新田(にった)(よし)(さだ)陣営説、(おう)(えい)年間初期の上田左衛門(じょう)節、応永23年(1416年)ごろの上田上野(こうずけの)(すけ)説などがある。しかしながら、城郭としての体裁を整えたのは、太田氏が、江戸、川越、岩槻の各城を築いた時期に近いものと思われる。

この城が天下に知られたのは、今から、4、5百年前の天文(てんぶん)年間から(えい)(ろく)年間のことで、城をめぐっての上杉、武田、北条の合戦は有名である。のち、豊臣勢に攻められ、天成18年(1590年)落城した。歴代の城主上田氏の滅亡後は、松平家広1万石の居城となったが、松平氏が慶長(けいちょう)6年(1601年)浜松に転封されたのを最後に廃城となった。

平成20年に国指定史跡となっている。

 

松山城跡地

 

松山城跡地

 

平成103

出典:吉見町・埼玉県

吉見百穴 入口
吉見百穴 入口

(よし) () (ひゃっ) (けつ)

凝灰岩の岩山の斜面に多数の穴が空いていることから、一見異様な印象を受ける遺跡である。穴の数は219個と言われ、このような遺跡としては日本一の規模である。穴の入り口は直径1メートル程度だが、内部はもう少し広くなっていることが多い。古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)に造られたものであり、他の多くの古墳が土を盛った小山の中に1つだけ玄室が存在する構造であるのに対し、岩山の表面から数メートルの小穴(古墳の玄室に相当するもの)を多数掘って造られた集合墳墓である。多くの穴に古墳と同様の台座状構造があり、ここに棺桶を安置したとされる。なお、台座は穴によっては複数存在しており、このような穴には家族単位で葬られたものと考えられている。多くの穴の入口の周囲には段差状の構造があり、ここには緑泥片岩という緑色の石で作られた板状の蓋がはめ込まれていた。これは後から穴を容易に開閉可能とするものとされ、複数の台座状構造と合わせて同一の穴に追葬が行われたことを示すものと考えられている。場所により穴の並びが整然、不規則と差がある。不規則な箇所は比較的初期に、整然と並んでいる箇所は後期に造られたものと考えられている。殆どの穴を自由に入り見学できるが、心ない者により損壊が行われた例もある。

 

岩山の下方には、ヒカリゴケが自生している穴がある。関東平野におけるヒカリゴケの自生地は非常に貴重であり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されている。近年は自生している穴の乾燥化が進み、ヒカリゴケが著しく減少したため、穴の中に水を満たした鉢を置いて湿度を保つ対策をしている。ヒカリゴケが自生している穴には鉄格子がはめられており入ることはできない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

吉見町 埋蔵文化財センター前
吉見町 埋蔵文化財センター前
地下軍需工場跡地
地下軍需工場跡地

地下軍需工場跡

構内の巨大な洞窟は、右の方500mから、左の方800mに亘り、山腹に掘られた30数か所の一部であります。

第二次世界大戦の末期昭和20年初頭前後から8月に至る間、地下軍需工場用に掘られました。

この戦争の末期に各地の軍事施設は、アメリカ軍B29爆撃機により大きな損害を受けました。

当時わが国で最大といわれた中島飛行機株式会社でも、その大宮工場(現在の富士重工)エンジン製造部門の全施設をこの地下に移転することになりました。

掘削は全国各地から集められた3000人から3500人といわれた朝鮮人労働者により昼夜を通した突貫工事として進められました。 ダイナマイトを使用した人海戦術でした。トンネルは、幅40m、高さ22mの馬蹄形で、現在公開されているのは、10分の1の広さにもおよびません。7月頃には完成した場所に工作機械が搬入され、大宮工場から転居した従業員や勤労動員学徒により、エンジンの部品が製造されましたが、本格的な生産活動に移る前に終戦となりました。掘削工事に従事した最後の朝鮮人と言われた人の帰国に際し関係者により催された懇談会の席上、日本と朝鮮との平和を希望して植えられたムクゲの苗木は、現在も、この地で成長を続けています。

出典:吉見町

百穴コース
百穴コース

ふるさと歩道案内図

百穴コース

 

吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
吉見町北吉見1218 市野川遊歩道
吉見町北吉見1218 市野川遊歩道
東松山ふるさと自然の道 百穴・川堤コース
東松山ふるさと自然の道 百穴・川堤コース

東松山ふるさと自然のみち

百穴・川堤コース

このコースは、水辺との出会いがテーマです。市野川、滑川、月中川の3つの川に沿って歩きます。また、角川を渡ります。

自然は人とのかかわりの中、その姿を変えてきました。そして、変えられた環境に応じて、生きものにも変化がありました。人と川について観察しながら歩きましょう。

川の堤防の上には、サクラやアメリカハナミズキの並木があります。秋にはナシ狩が楽しめます。

出典:東松山市・埼玉県環境庁

河川と川の生きもの

松山1496周辺
松山1496周辺
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園総合案内板
岩鼻運動公園総合案内板

岩鼻運動公園総合案内板

・公園はいつもきれいに使いましょう。

・公園の施設は大切に使いましょう。

・他の人の迷惑になることはやめましょう。

 

出典:東松山市

岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋から東松山庭球場中原コート
岩鼻運動公園 国道407号陸橋から東松山庭球場中原コート
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
松山2458−1周辺
松山2458−1周辺
東松山市市民病院入口
東松山市市民病院入口
松山2340周辺
松山2340周辺
松山2282−1周辺
松山2282−1周辺
松山2141−2周辺
松山2141−2周辺
松山2141周辺
松山2141周辺
野田1096−8周辺
野田1096−8周辺
野田903−2周辺
野田903−2周辺
野田444−5周辺
野田444−5周辺
大谷994周辺
大谷994周辺
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
ウオーキングトレイルルートマップ 大谷の伝説コース、ぼたん園コース、秋葉道コース
ウオーキングトレイルルートマップ 大谷の伝説コース、ぼたん園コース、秋葉道コース

ウオーキングトレイルルートマップ

大谷の伝説コース

ぼたん園コース

秋葉道コース

 

東松山ぼたん園 入口
東松山ぼたん園 入口
秋牡丹展
秋牡丹展

秋 牡 丹 展

秋に咲く貴重なボタンを展示します。

※秋牡丹(抑制ボタン)とは、開花時期を調整し「秋咲き」にさせたものです。

 

 

 

 

とき

平成30113日(土)

9:0012:00

ところ

東松山ぼたん園

出典:東松山市都市計画課

東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
東松山カントリークラブ側道
東松山カントリークラブ側道
滑川町山田1568周辺
滑川町山田1568周辺
滑川町山田1568周辺
滑川町山田1568周辺
大谷5289周辺
大谷5289周辺
埼玉県道307号福田鴻巣線 歩道
埼玉県道307号福田鴻巣線 歩道
源頼家と若狭局
源頼家と若狭局

伝承話

串引沼 伝説

源頼朝と

若さの局

 

周辺に残る

伝承話を

お聞かせ

しています。

大谷5280−1周辺
大谷5280−1周辺
比丘尼山と横穴墓
比丘尼山と横穴墓

比丘尼山(びくにやま)と横穴墓

「比丘尼山」は、伊豆に流されていた源頼朝を援助した比企郡司遠宗の妻が、夫の没後、比企禅尼となりここに草庵を営んだ、ということから呼ばれています。周辺には二代将軍頼家の妻若狭局が頼家亡きあと移り住んだと伝える場所などもあります。

また、この丘陵の斜面には、七世紀に出現した横穴墓郡が存在します。比企地方では吉見百穴、黒岩横穴郡などがあり市内では、この比丘尼山横穴墓郡のみです。これらの横穴墓郡は吉見百穴を中心に西に広がっており、同地方に移住した渡米系氏族の壬生(みぶ)()()氏とのかかわりあいのある墓制とも考えられています。

 

 

比丘尼山

横穴墓

 

 

 

 

滑川町山田758 埼玉県道250号森林公園停車場武蔵丘陵森林公園線 歩道
滑川町山田758 埼玉県道250号森林公園停車場武蔵丘陵森林公園線 歩道
国営武蔵丘陵森林公園中央口
国営武蔵丘陵森林公園中央口

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市にまたがる比企北丘陵にある国営公園。国の明治百年記念事業の一環として開設された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園(中央口)

国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園(中央口)

国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
埼玉県道307号福田鴻巣線の国営武蔵丘陵森林公園 陸橋
埼玉県道307号福田鴻巣線の国営武蔵丘陵森林公園 陸橋
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園 野草コース花情報板
国営武蔵丘陵森林公園 野草コース花情報板

野草コース花情報板

この小径には、四季を通じてたくさんの野草が咲きます。

いろいろな姿で生きている花たちをよく観察して下さい。

 

 

 

 

 

キチジョソウ
(ユリ科)

サラシナショウマ
(キンボウゲ科)

コウヤボウキ
(キク科)

➃ユウガギク
(キク科)

 

 

 

リンドウ
(リンドウ科)

フジバカマ
(キク科)

リュウノウギク
(キク科)

ツワブキ
(キク科)

出典:国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園 記念塔
国営武蔵丘陵森林公園 記念塔
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート 噴水
森林公園 南口ゲート 噴水
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
森林公園緑道
森林公園緑道

森林公園緑道

森林公園まで2.9

森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
滑川町羽尾350−6周辺
滑川町羽尾350−6周辺
至 森林公園駅
至 森林公園駅
松山町3丁目1−8周辺
松山町3丁目1−8周辺
松山町3丁目1−8周辺
松山町3丁目1−8周辺
東松山市役所
東松山市役所
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)

数寄屋橋公園(スタート)→島崎藤村・北村透谷記念碑→銀座の柳(2世)→石川啄木歌碑→銀座の柳(4世)→豊岩稲荷神社→銀座柳の碑→芝口御門跡の碑→手水鉢(遺跡)→間知石と切り石(遺跡)→森田座跡→ぐんまちゃん家(アンテナショップ=お買い物)→歌舞伎座→銀座シックス→路線価値 32年連続1位地点(中央区銀座5丁目(鳩居堂前))→真珠記念碑→日本最初の電気灯柱の碑→全国の商業地の最高地価地点(中央区銀座2丁目(明治屋銀座ビル))→銀座の柳由来碑→アンテナショップ 広島県→アンテナショップ 山形県→アンテナショップ 沖縄県→交通会館(ゴール)

10月 北総いきいきウオーク
銀座界隈ゆっくり散策
約5km


数寄屋橋公園(スタート)
数寄屋橋公園(スタート)
数寄屋橋公園(スタート)
数寄屋橋公園(スタート)
数寄屋橋公園(スタート)
数寄屋橋公園(スタート)
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1
銀座の柳(2世)
銀座の柳(2世)
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1‐10
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1‐10
銀座西5丁目交差点
銀座西5丁目交差点
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5‐13.
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目5‐13.
難破橋
難破橋
難破橋
難破橋
難破橋
難破橋
金春屋敷跡
金春屋敷跡

金 春 屋 敷 跡

所在地 中央区銀座八-六~八地域

江戸時代、幕府直属の能役者として知行・配当米・扶持を与えられていた家柄に、金春(こんぱる)・観世(かんぜ)・宝生(ほうしょう)・金剛(こんごう)の四家がありました。

能楽は室町時代に足利幕府の保護奨励を受けて発達し、安土桃山時代には熱心な愛好者であった豊臣秀吉の保護を受け大いに興隆しました。

とくに、金春家は秀吉の強力な保護を受け、能楽の筆頭として召しかかえられました。江戸幕府も秀吉の方針を踏襲して能楽を保護し、金春・観世・宝生・金剛の四座を幕府の儀礼に深く関わる式楽と定めました。

元禄六年(一六九三)頃の江戸市中の状況を記した「国花万葉記」によると、金春大夫は山王町(現在の銀座)・観世大夫は弓町(現在の銀座)・宝生大夫は中橋大鋸町(現在の京橋)・金剛大夫は滝山町(現在の銀座)に屋敷を拝領していたとされています。

金春家は、寛永四年(一六二七)に屋敷を拝領したといわれ、寛永九年(一六三二)の江戸図『武州豊嶋郡江戸庄図』には「金春七郎」の名を確認することができ、現在の銀座八丁目六・七・八番地全体を占めていたように図示されています。

後に、この屋敷は麹町善国寺寺谷(千代田区麹町三・四丁目)に移りましたが、跡地には芸者が集り花街として発展していき「金春芸者」といわれるようになりました。金春の名は、「金春湯」・「金春通り」などとして、今もこの地に残っています。

平成十五年三月

出典:中央区教育委員会

豊岩稲荷神社
豊岩稲荷神社
銀座7丁目交差点
銀座7丁目交差点
銀座柳の碑
銀座柳の碑

銀 座 柳 の 碑

作詞:西条八十

作曲:中山晋平

植えてうれしい 銀座の柳

江戸の名残りの うすみどり

吹けよ春風 紅傘日傘

今日もくるくる 人通り

銀座柳二世
銀座柳二世
芝口御門跡の碑
芝口御門跡の碑
芝口御門跡の碑
芝口御門跡の碑

芝 口 御 門 跡

所在地 中央区銀座八―八・九・十付近

ここの南方、高速道路の下には、もと汐留川が流れ、中央通り(旧東海道)には、昭和三十九年まで新橋が架かっていました。

宝永七年(一七一〇)、朝鮮の聘使の来朝に備えて、新井白石の建策にもとづきわが国の威光を顕示するため、この新橋の北詰に、現に外桜田門に見られるような城門が建設されて、芝口御門と呼ばれ、新橋は芝口橋と改称されました。

城門は橋の北詰を石垣で囲って枡形とし、橋のたもとの冠木門から枡形に入って右に曲ると、渡櫓があって堅固な門扉が設けられていました。しかしこの芝口御門は建築後十五年目の享保九年(一七二四)正月に焼失して以来、再建されず、石垣も撤去され、芝口橋は新橋の旧称に復しました。

昭和五十二年十月

出典:中央区教育委員会

 

〒104-0061 東京都中央区 昭和通り
〒104-0061 東京都中央区 昭和通り
間知石と切り石(遺跡)
間知石と切り石(遺跡)

間知石

(汐留遺跡)

四角錐の形をした間知石と、板状に加工された切り石は、大名屋敷の石組溝(排水施設)に使われていたものです。

出典:東京都第一建設事務所

〒104-0061 東京都中央区 都道316号線
〒104-0061 東京都中央区 都道316号線
ぐんまちゃん家(アンテナショップ=お買い物)
ぐんまちゃん家(アンテナショップ=お買い物)
三原橋(ぐんまちゃん家二階)
三原橋(ぐんまちゃん家二階)
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
先任の碑(歌舞伎座)
先任の碑(歌舞伎座)

先 人 の 碑

明治22年 (18891121日、この木挽町の地に開場した歌舞伎座 は、以来、大正、昭和、そして平成へと120年を超える歩みを重ねて参りました。

その間、火災、震災そして戦災と幾たびか受難の時を迎えましたが、その都度復興し、歌舞伎を愛する皆様のご支援を得て、平成2542日に、第5期の歌舞伎が新開場致しました。

歌舞伎座の歴史は近代日本の演劇史 でもありますが、そこには明治の創業以来、歌舞伎座の興行に係ってこられたすべての方々の精進と奮闘が刻まれております。

ここに、その先人の偉大なる功績を永遠に讃えるため「先人の碑」を建立いたしました。

 

平成2542

 

松竹株式会社

株式会社歌舞伎座

公益社団法人日本俳優協会

 

「先人の碑」の両脇に配された鬼瓦は、第4期歌舞伎座のものです。

歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
黙阿弥の石燈籠と蹲踞(歌舞伎座)
黙阿弥の石燈籠と蹲踞(歌舞伎座)

黙阿弥の石燈籠と蹲踞(つくばい)

 

歌舞伎作者河竹黙阿弥 (1816-93)は、1887(明治20)年に浅草から本所南二葉長(今の亀沢2丁目)に新築移転し、晩年の6年間を過ごしました。この石燈籠 と蹲踞(手水鉢)はその庭に置かれていた遺愛の2品です。

灯篭は全高2.25メートル。

三月堂型と元興寺型を合わせたごく普通の燈籠ですが、すぐ目につく特徴は、中台の下のいわゆる竿の部分と天辺の宝珠の部分に、斜めに切ったような継ぎ目があることです。

これは1923(大正12)年関東大震災 のとき、激震の為に倒壊して折れた傷跡です。

修復されたこの燈籠は、そののち長女の糸女、その養嗣子の繁俊、その嫡男の登志雄へと受け継がれ、罹災した本所から渋谷、世田谷、逗子へと一家の移住につれて、蹲踞ともどもつねに同行してきました。

この度の第5期歌舞伎座 の新開場を祝すとともに、この年が黙阿弥の歿後120年にあたることもを記念し、縁の深いこの劇場に長く保存公開していただくこととしました。

河竹家4代、ひいては近代歌舞伎側面史の、ささやかな資料ともなればと願っております。

 

2013(平成25)年3月吉日

出典:河竹登志

歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
歌舞伎座
〒104-0061 東京都中央区 都営浅草線 東銀座駅
〒104-0061 東京都中央区 都営浅草線 東銀座駅
〒104-0061 東京都中央区 晴海通り
〒104-0061 東京都中央区 晴海通り
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座シックス
銀座四丁目交差点
銀座四丁目交差点
銀座四丁目交差点
銀座四丁目交差点
銀座発祥の地
銀座発祥の地

銀 座 発 祥 の 地

銀座役所跡

慶長十七年(起源二二七二年 西暦一六一二年)徳川幕府此の地に銀貨幣鋳造の銀座役所を設置す

当時町名を新両替町と称せしも通称を銀座町と呼称せられ明治二年遂に銀座を町名とする事に公示さる

昭和三十年四月一日

出典:銀座通聯合会

路線価値 32年連続1位地点(中央区銀座5丁目(鳩居堂前))

北朝霞公園(スタート)→学校給食センター→田島公園→わくわく田島緑地→城山公園→わくわくドーム→市民プール→マルエツ→滝の根公園→青葉台公園→朝霞駅(ゴール)

第3回橋巡り「清流・黒目川」

北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
内間木支所交差点
内間木支所交差点
田島公園
田島公園
田島公園
田島公園
新盛橋
新盛橋
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目18‐48
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目18‐48
岡3丁目 黒目川
岡3丁目 黒目川
城山公園前 歩道
城山公園前 歩道
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡(大字)199
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡(大字)199
黒目川 堤道
黒目川 堤道
わくわくドーム前 黒目川 堤道
わくわくドーム前 黒目川 堤道
〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)760 朝霞溝沼医療センター
〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)760 朝霞溝沼医療センター
滝の根公園
滝の根公園
青葉台公園
青葉台公園