高尾駅北口(バス:9時12分)(スタート)→大下バス停→小下沢林道→旧キャンプ場→景信山→小仏城山→高尾山頂→1号路→十一丁目茶屋前(約12km)(ゴール)

【木下沢林道から景信山へ】
9月25日(水曜日)
高尾・陣場ファンクラブ

広告
高尾駅北口(バス)
高尾駅北口(バス)
高尾駅北口(バス)
高尾駅北口(バス)
広告
至 木下沢梅林
至 木下沢梅林
至 木下沢梅林
至 木下沢梅林
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道

林 道 木 下 沢 線

これから先は林業経営のため開設された林道です。一般車両の通行はご遠慮ください。

止むを得ず乗入れる場合は次の事項にご注意ください。

                                                                                       記

1.道幅が狭い

2.急カーブ、急勾配の連続

3.路面未舗装、落石、崖土が多い

4.単車線で交換場所が少ない

管理者:東京都森林事務所浅所林務課

 

 

木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
木下沢林道
広告
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋

日本山岳会高尾の森づくり活動

日本山岳会「高尾の森づくり会」は、広くボランティアを募りこの小下沢国有林(風景林)一帯で、美しく豊かな森への誘導をめざし、広葉樹の植樹や人口林の間伐、修景作業、登山道の維持補修などの活動を行っています。この活動は、東京神奈川森林管理署、国土緑化推進機構などの支援を得ています。

実施主体:㈳日本山岳会自然保護委員会 「高尾の森づくり会」

高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
広告
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
至 景信山
至 景信山
広告
至 小仏バス
至 小仏バス
至 小仏バス
至 小仏バス
広告

高尾駅北口(バス:8時34分)(スタート)→陣場高原下バス停→明王林道→底沢峠→明王峠→奈良子峠→陣場山→一ノ尾尾根→陣場登山口バス停(歩行距離:約10.5㎞)(ゴール)解散予定 15時30分頃

4月24日㈬
高尾・陣場ファンクラブハイキング
「陣場山横断」

高尾駅北口(バス:8時34分)(スタート)
高尾駅北口(バス:8時34分)(スタート)
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停

関東ふれあいの道

ごあんない

東京都のルートは、起点の八王子市梅の木平から、ゆるやかな起伏の続く都県境尾根を経て、奥多摩山地を南から北に縦断する変化に富んだルートで、明治の森高尾国定公園、都立高尾陣場自然公園、秩父多摩甲斐国定公園の三つの自然公園区域を通って奥多摩町上日向までの延長74.4㎞、7コースが設定されております。

富士見のみち・鳥のみちルート

 

富士見のみち

陣場高原下 14.7上川乗

東京都と山梨・神奈川両県との境をなす笹尾根は、美しい新緑や鮮やかな黄緑が楽しめます。また、生藤山~浅間峠間で雑木林から見え隠れする富士山が見事です。

undefined生藤山 標高990m。山頂からの眺めがよく、特に富士山の展望は絶景です。
     熊倉山 標高966m。富士山や奥多摩の山並みを望める。
富士見のみち

鳥のみち

高尾山口駅19.4陣場高原下

景信山から陣馬山に至る周辺一帯は、生息する鳥の種類の多いところです。

undefined景信山 標高727.1m。関東平野を一望できる。
明王峠 相模湖など南側の眺望がよい。
陣場山 標高854.8m。山頂や周辺一帯には、
桜・柏の木が多く見られます。また、冨士山、丹沢、奥多摩の山々の展望が素晴らしい。
鳥のみち

関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)は、関東地方、一都六県を

ぐるりと一周する長距離自然歩道で、総延長は1.665㎞です。

東京都八王子市梅の木平を起終点に、高尾山、奥多摩、秩父、妙義山、太平山、筑波山、九十九里浜、房総、三浦半島、丹沢などを結んでいます。

美しい自然を楽しむばかりではなく田園風景、歴史や文化遺産にふれあうことのできる道です。より多くの人々が利用出来るよう10㎞前後に区切った日帰りコースを144コース設定し、それぞれ起終点が鉄道やバス等と連絡するようにしております。

 

 

出典:環境省・東京都

陣場高原下バス停
陣場高原下バス停

陣場山(じんばさん)高原下(こうげんした)周辺案内マップ

 

観 光 案 内

【陣場山】

国土交通省の「関東の富士見百景」に選定されている標高855mの山頂では、冨士山に向かっていななく白馬の像がハイカーを迎えます。晴天時には、360度の大パノラマが楽しめ、東に都心の高層ビル群、西に冨士山を望み、さらに南アルプスや日光連山も展望できます。

【夕やけ小やけふれあいの里】

当施設は、童謡「夕焼小焼」のモデルとなった上恩方町に位置し、春は色とりどりの花、夏は清流あそびやバーベキュー、秋は光り輝く紅葉、冬は雪化粧をした美しい景観と、四季折々ののどかな里山の原風景にふれあうことができます。また園内には、宿泊施設(日帰り入浴可)や食事処も併設しており、お仲間同士やファミリーでもお楽しみいただけます。

undefined【宮尾神社】
(童謡『夕焼小焼』の歌碑)
宮尾神社の宮司であった高井丹吾氏の御子息が、童謡『夕焼小焼』の作詞者として著名な中村雨紅氏(本名 高井宮吉)です。この歌には雨紅氏が愛する上恩方地域の情景が描かれています。昭和31年に雨紅氏の還暦を祝し、宮尾神社の境内に歌碑が建てられました。
undefined【上案下(かみあんげ)のどんどん焼き】
どんどん焼きとは、お正月飾りなどを竹や縄で作ったやぐらにまとめて炊き上げ、1年間の無病息災を祈願する伝統行事をいいます。毎年1月中旬に上案下地域で立ち上げられるやぐらは「セエノカミ」とよばれ、八王子市の無形民俗文化財に指定されています。
観 光 案 内

現在地からの所要時間

陣場山90分八王子城山(八王子城跡)340分
景信山220分高尾山 320分
小仏城山260分高尾山口390分
現在地からの所要時間

平成293

出典:八王子市

陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
陣場高原下バス停
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
〒192-0156 東京都八王子市上恩方町 北浅川周辺
陣場高原下バス停↑明王林道(→底沢峠)→奈良子峠
陣場高原下バス停↑明王林道(→底沢峠)→奈良子峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
至 底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
底沢峠
←小仏峠・景信山↓陣場高原下バス停 明王峠・陣場山→
←小仏峠・景信山↓陣場高原下バス停 明王峠・陣場山→
至 明王峠
至 明王峠
至 明王峠
至 明王峠
至 明王峠
至 明王峠
不動明王尊
不動明王尊
不動明王尊
不動明王尊
不動明王尊
不動明王尊
明王峠
明王峠

(みょう) (おう) (とうげ)

明王峠は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境界にある標高738.9mの峠である。 東京都立高尾陣場自然公園に指定されており、奥高尾縦走路上の峠としても知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

明王峠
明王峠
明王峠
明王峠
明王峠
明王峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
至 奈良子峠
奈良子峠
奈良子峠

() () () (とうげ)

至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
広告
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
↑陣場山 和田峠・陣場高原下バス停→
↑陣場山 和田峠・陣場高原下バス停→
至 陣場山
至 陣場山

高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図

 

鳥獣保護区では、狩猟による鳥獣の捕獲が禁止されています。鳥獣の保護増殖に、ご協力をお願いします。

なお、鳥獣等の捕獲を行う場合は許可が必要です。

特別保護地区での建築物その他工作物の新増改築、水面の埋立で、又は木竹の伐採等は許可が必要な場合があります。

 

高尾鳥獣保護区 (4,414ha)

高尾特別保護地区(504ha)

設 定 平成341031日まで

 

出典:東京都環境局多摩環境事務所

鳥獣保護管理担当

至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
至 陣場山
陣場山白馬の象
陣場山白馬の象

(じん) () (さん)

関東山地(秩父山地)の東縁に位置する山で、広く平坦な頂上のため陣馬高原とも呼ばれる。東京都立高尾陣場自然公園、および神奈川県立陣馬相模湖自然公園に指定されており、関東の富士見百景、かながわの景勝50選および八王子八十八景に選ばれている。また奥高尾縦走路、桜の名所の山としても知られる。

名前の由来は、北条氏の滝山城を攻めた武田氏が陣を張った「陣場」説、カヤ刈場であったことから「茅(チガヤ)場」から音が変化したとの説、馬の陣を張ったことから「陣馬」の文字が使われた説とがある。 1960年代後半に京王帝都電鉄(現:京王電鉄)が、観光地として売り出すために山頂に白馬の像を建てて象徴化した。

山頂にトイレはあるが水場は無い。売店は信玄茶屋、富士見茶屋、清水茶屋がある。売店の営業時間は9時頃〜夕方で、平日の営業縮小・定休日・冬期休業などがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

陣場山白馬の象
陣場山白馬の象

陣場高原山頂標高857

陣場山白馬の象
陣場山白馬の象
陣場山白馬の象
陣場山白馬の象
かながわ景勝50選 陣場山
かながわ景勝50選 陣場山

かながわの景勝50

陣 場 山

藤野町15名山 陣場山
藤野町15名山 陣場山

藤野町15名山

陣 場 山 標高857

陣場山について
陣場山について

(じん) () (さん) に つ い て

陣場山は、東は東京都八王子市(かみ)恩方(おんがた)町、西は神奈川県相模原市緑区佐野川(さのかわ)(あざ)和田(わだ)(とうげ)、南は同区澤井(さわい)(あざ)陣場(じんば)に接し、標高855mで山頂には三等三角点があります。

陣場山の名は、戦国時代に北条氏と武田氏が退陣したことから、(じん)(ばり)山と言われたものが、後に陣場(じんば)山(陣場)と呼ばれるようになったと伝えられており、天正年間には、甲斐(かい)武田(たけだ)()狼煙(のろし)(だい)があったとされています。昔から展望の山として有名で、山頂からは360度、まさに十三州の眺望が楽しめます。

頂上付近は草原となっており、子供や高齢者でも登れ、交通の便も良く、都心から手軽に日帰りできるハイキングコースとして親しまれている山です。

陣場山から良く晴れた日に見える主な」山々

 

 

出典:神奈川県自然環境保全センター自然公園課

平成241

 



陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
陣場山 山頂
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
一ノ尾尾根
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停
陣場登山口バス停

高尾山口駅(スタート)→西山峠→中沢山→大洞山→大垂水峠→学習の歩道→もみじ台→ケーブルカー高尾山駅(歩行距離:約13㎞)解散予定 15時00分頃

「南高尾山稜から高尾山へ」3月10日高尾・陣場ファンクラブハイキング

「南高尾山稜から高尾山へ」
3月19日高尾・陣場
ファンクラブハイキング

大光寺
大光寺

正名山地蔵院 大光寺

宗派 真言宗 智山派系単立

ご本尊 北向き阿弥陀如来像

 

高尾の霊峰をはるかに眺め、幽玄なただずまいの中に屹立し、JR中央線と京王線が乗り入れ、多摩御陵と高尾山と霊園の昇降駅として有名な高尾駅の南に位置し、駅に一番近い寺院として有名で、弘法大師霊場「多摩四国八十八ケ所霊場第七十番札所」が、正名山地蔵院大光寺である。

本堂・庫裏・山門は寺院建築としては、珍しい北向きで、山門は両脇の素晴らしい松と調和して、一幅の絵を見るような、景観をつくり出している。

開基は元和元年(1615)高尾山薬王院、第九世源恵上人である。

源恵上人開山後、約百年後の1720年代の中興開山広雄上人より今日まで中興第15世を数える。

古文書によれば、およそ190年前、天明5年(17854月、中興第6世憲善上人によれば、「本堂畳、91畳」「境内に杉、さわら56千本余り」「備金百25両とある」。

大南院より5石、以下常憲院、有徳院、惇徳院、浚明院、文恭院、煩徳院、温恭院、昭徳院、明徳院、より9通の御朱印状と御朱印地を賜ったという往時の隆盛のさま、堂々たる伽藍のようすが覗われる。

明治5年(1882年)1121日夜11時頃出火し、本堂、庫裏等すべて焼失し、庫裏は清水次郎長の客分で、高尾出身の関東綱五郎の旧宅を移築し現在に至る。

本堂は明治34年(1901年)1014日に、高尾山薬王院第9世源恵上人(当山開基)の創建になる薬師堂と山門(現存)を、金百両高尾山に奉納し、移築し本堂として再興したが、老巧甚だしきため、昭和51年に地下一階客殿、地上一階本堂を新造再建した。

現、山主は開かれたお寺をと一般の皆様に開放し、仏事相談、人生相談、写経など仏様の教化に専念し、みなさまに喜ばれております。どうぞ、いつでもご来山ください。

出典:宗教法人 大光寺

TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM

みんなでSHAREするミュージアム

TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUMは、東京都八王子市高尾町にある市立自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
甲州街道 高尾警察署 高尾下駐在所 周辺
甲州街道 高尾警察署 高尾下駐在所 周辺
甲州街道 坊ヶ谷戸公園 周辺
甲州街道 坊ヶ谷戸公園 周辺
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 甲州街道
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 甲州街道
高架 圏央道インターチェンジ
高架 圏央道インターチェンジ
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 甲州街道
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 甲州街道

ついに広域ネットワークが形成

高尾山IC

首都圏中央連絡自動車道(以下、圏央道)は、都心から半径約4060km内の横浜市・相模原市・川越市・つくば市・成田市・木更津市などの東京郊外の都市を結ぶ環状の自動車専用道路。20153月時点で総延長約300kmのうち約200kmが開通している。

2014628日、相模原愛川IC~高尾山IC(約14.8km4車線)が開通し、東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道などの放射道路とを結ぶ広域ネットワークが形成された。このことで混雑緩和や災害時の道路ネットワークの強化、地域活性化の支援、各高速道路間の移動短縮などが期待されている。また201538日には寒川北IC~海老名JCT間も開通し、一般道を利用することなく都心から湘南エリアへ行くことができるようになった。

出典:MapFan

梅の木橋
梅の木橋

ここは「関東ふれあいの道」の起終点梅の木平です

梅の木橋

関東ふれあいの道とは、関東一都6県をぐるりと一周する総延長

1,799㎞の長距離自然歩道のことで別名を首都圏自然歩道と言います。

東京都八王子市南浅川町の国道20号沿いの「梅の木平」を起終点に、高尾山・奥多摩・秩父・妙義山・大平山・筑波山・霞ヶ浦・九十九里浜・房総・三浦半島・丹沢などを結んでいます。

出典:環境省

港屋園芸 周辺
港屋園芸 周辺
きふねばし
きふねばし

案内(あんない)(がわ)貴布祢(きふね)

吉髙菊一稲荷神社
吉髙菊一稲荷神社

吉髙菊一稲荷神社

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」

ザゼンソウ

 

仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされる。また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶ。

冷帯、および温帯山岳地の湿地に生育し、開花時期は1月下旬から3月中旬。開花する際に(にく)(すい)花序(かじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。開花後に大型の葉を成長させる。

ザゼンソウの発熱細胞には豊富にミトコンドリアが含まれていることが明らかになっている。しかしながら、発熱の詳細な分子メカニズムは、現在のところ分かっていない。動物における発熱には、「脱共役(だつきょうやく)タンパク質(たんぱくしつ)」が関わっていることが突き止められているが、このタンパク質は、発熱しない植物にも幅広く存在しており、ザゼンソウの発熱に関与しているかは不明である。

発熱時の悪臭と熱によって花粉を媒介する昆虫(訪花昆虫)であるハエ類をおびき寄せると考えられている。全草に悪臭があることから英語では Skunk(スカンク) Cabbage(キャベツ)の呼び名がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
西山峠
西山峠
←城山・大垂水峠 梅ノ木平・三沢峠→
←城山・大垂水峠 梅ノ木平・三沢峠→
←梅ノ木平 大垂水峠→
←梅ノ木平 大垂水峠→
至 入沢山
至 入沢山
至 入沢山
至 入沢山
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井の「?」
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井の「?」
道志川・津久井湖
道志川・津久井湖
道志川・津久井湖
道志川・津久井湖
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
中沢山
中沢山
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
至 大垂水峠
至 大垂水峠

関東ふれあいの道 湖のみち

梅の木平からゆるい起伏のある都県境の尾根道を歩き、大垂水峠及び城山を通り高尾山口までのこの道は、首都圏自然歩道“湖の道”に指定されています。全工程約16.2㎞の間には、木々の間から津久井湖や相模湖を見おるし富士山の美しい景色も望めます。城山からは、“鳥の道”及び東海自然歩道と合流し高尾山へと進みます。

出典:環境省・東京都

〒252-0101 神奈川県相模原市緑区千木良 大洞山
〒252-0101 神奈川県相模原市緑区千木良 大洞山
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂(湖のみち)
至 高尾山頂(湖のみち)
大垂水峠橋
大垂水峠橋

大垂水峠橋

大垂水峠橋
大垂水峠橋
大垂水峠 周辺
大垂水峠 周辺
高尾山自然休養林
高尾山自然休養林

高尾山自然休養林

登山者数世界一!

首都の野外博物館

~多様な動植物と悠久の歴史・文化~

様々な(かお)の森がある。

高尾山は標高599mの小さな山にもかかわらず、地形や斜面方向の違いによって、多種多様な森からなっている。南斜面にはカシ類の常緑広(□)業樹林、北斜面にはイヌブナの優占する落葉広葉樹林が見られる。尾根筋には針葉樹と広葉樹の混交林、沢沿いにはケヤキ、チドリノキ、フサザクラの渓谷林が見られる。また、かつて薪や炭として利用されたコナラやクリの雑木林、スギやヒノキの人工林も広がっている。このように高尾山には四季折々に様々な表情を見せる森がある。

森に暮らす生き物がいる。

変化に富む高尾山の森には、それぞれの環境に応じて1,600種以上の植物が生育し、多くの動物が生息する。ムササビ・タヌキなど25種以上の哺乳類、シジュウカラ・オオルリ・ルリビタキなど70種以上の鳥類、モリアオガエル・ヒダサンショウウオなど10種以上の両生類アオダイショウ・ニホントカゲなど8種類以上の蛇虫類が生息する。また、大阪の箕面山、京都の貴船山と並ぶ三大昆虫生息地の一つと称された、4,0005,000種に及ぶ昆虫が生息するといわれている。このように都市に比較的近い高尾山の森に多種多様な生き物が暮らしている。

森を守った歴史がある。

高尾山の森は744年に聖武天皇の勅命を受けた僧・行基によって開山されて以来、代々にわたり守られてきた。戦国時代に高尾山を支配した北条氏照は「山中に入り、やたらに木を伐採してはいけない」と制札を掲げている。江戸時代に移っても森林の保護は続く、江戸時代の代官・大久保長安は1591年の制札で高尾山や竹林の保護を命じている。明治に入り1889年に高尾山の森林の大部分は皇室の財産である御料林とされ、さらに戦後の1947年に国有林となった。現在でもその森林は自然休養林や国定公園に指定され、大切に管理・保全されている。

歴史と文化を防ぐ人がいる。

高尾山は自然の豊かな山であるとともに、信仰の山でもある。その象徴が薬王院である。高尾山信仰は江戸時代初期にそれまでの大名から町民の間に広まる、関東各地から多くの参詣人が高尾山に登るようになった。江戸を出発して八王子宿に泊まり、翌日に高尾山に登る高尾講は江戸町民にとって手軽で好評であった。高尾講の人気とともに、当時の甲州街道沿いに土産店や飲食店が立ち並ぶ門前町が形成された。明治期に新街道の開通によって高尾山口駅の周辺に門前町は移り、薬王院や地元住民とともに、歴史や文化を防ぎながら今も人々を温かく迎えている。

出典:東京神奈川森林管理署

 

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
大平地区歩道案内図
大平地区歩道案内図

大平地区歩道案内図

 

一丁平桜並木

 

森林ボランテァ活動拠点施設

森林ふれあい館

施設及びトイレの利用はできません

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂・日影沢方面(学習の歩道)
至 高尾山頂・日影沢方面(学習の歩道)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
大平地区歩道案内図
大平地区歩道案内図

大平地区歩道案内図

 

一丁平桜並木

 

森林ボランテァ活動拠点施設

森林ふれあい館

施設及びトイレの利用はできません

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂
至 高尾山頂
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂
至 高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂

明治の森高尾国定公園

高 尾 山 頂 599.15

高尾山頂
高尾山頂
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
至 ケーブルカー高尾山駅
至 ケーブルカー高尾山駅

ケーブルカー高尾山駅(スタート)→3号路→高尾山頂(昼食)→薬王院→1号路→高尾599ミュージアム(ゴール)(午後3時頃解散)

10月のハイキングガイドツアー
「秋を先取り、高尾山の歴史と自然」

「秋を先取り、高尾山の歴史と自然」

至 清滝駅
至 清滝駅
もみじ広場
もみじ広場
高尾山出入口
高尾山出入口
おそうじ小僧
おそうじ小僧
明治の森 高尾国定公園
明治の森 高尾国定公園

明治の森 高尾国定公園案内図

清滝駅
清滝駅
清滝駅
清滝駅
高尾山ケーブルカー清滝駅
高尾山ケーブルカー清滝駅

高尾山鋼索線

線路傾斜 こう長 1000.00

最 大 高 低 差 270.00

最 高 運 転速度 毎秒3.3

原 動 機 380kw

乗 車 定 員 136

軌 間 1067

竣 功 20144

事 業 者 高尾登山電鉄株式会社

設計・製作・施行 日本ケーブル株式会社

高尾山ケーブルカー清滝駅
高尾山ケーブルカー清滝駅

高尾山鋼索線

線路傾斜 こう長 1000.00

最 大 高 低 差 270.00

最 高 運 転速度 毎秒3.3

原 動 機 380kw

乗 車 定 員 136

軌 間 1067

竣 功 20144

事 業 者 高尾登山電鉄株式会社

設計・製作・施行 日本ケーブル株式会社

ケーブルカー高尾山駅(スタート)からの景観
ケーブルカー高尾山駅(スタート)からの景観
ケーブルカー高尾山駅(スタート)
ケーブルカー高尾山駅(スタート)
ケーブルカー高尾山駅(スタート)
ケーブルカー高尾山駅(スタート)
高尾山ビアマウント下遊歩道
高尾山ビアマウント下遊歩道
十一丁目茶屋からの景観
十一丁目茶屋からの景観
十一丁目茶屋 周辺
十一丁目茶屋 周辺
十一丁目茶屋からの景観
十一丁目茶屋からの景観
十一丁目茶屋 周辺
十一丁目茶屋 周辺
十一丁目茶屋 周辺
十一丁目茶屋 周辺
高尾山さる園・野草園
高尾山さる園・野草園
たこ杉
たこ杉

市指定天然記念物

たこ杉(蛸杉)

所在地 八王子市高尾町(高尾山参道十一丁目)

指定年月日 昭和三十九年七月二十三日

高さ三十七メートル、目通り幹周囲約六メートル、樹齢およそ四百五十年の大杉で高尾山内にある都指定の飯盛杉に次ぐ大木である。

「蛸杉」 とは、「昔参道開さくの際、磐根がわだかまって工事の邪魔になるところから伐採しようとしたら、一夜にして根が後方に曲折した」 との伝説とその根が 「たこの足」 に似ているところから呼ばれるようになったものである。

昭和53年3月31日

出典:八王子市教育委員会
たこ杉
たこ杉

市指定天然記念物

たこ杉(蛸杉)

所在地 八王子市高尾町(高尾山参道十一丁目)

指定年月日 昭和三十九年七月二十三日

高さ三十七メートル、目通り幹周囲約六メートル、樹齢およそ四百五十年の大杉で高尾山内にある都指定の飯盛杉に次ぐ大木である。

「蛸杉」 とは、「昔参道開さくの際、磐根がわだかまって工事の邪魔になるところから伐採しようとしたら、一夜にして根が後方に曲折した」 との伝説とその根が 「たこの足」 に似ているところから呼ばれるようになったものである。

昭和53年3月31日

出典:八王子市教育委員会
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
たこ杉の紙芝居
←暖帯林 湿帯林→
←暖帯林 湿帯林→
至 高尾山薬王院 浄心門
至 高尾山薬王院 浄心門
ケヤキの説明文
ケヤキの説明文

武蔵野を代表する樹木

葉っぱには2つの役目がある

ケ ヤ キ

日本の代表的な広葉樹のひとつ。

山野に自生するだけでなく、公園樹や街路樹、

庭木として広く植えられ親しまれています。

 

新録は4月 紅 葉は10月

4月中頃、さわやかな新録の芽吹きが見られます。そして、秋、10月には、黄色から薄茶色へと変化する紅葉が、私たちを楽しませてくれます。

木材としても優秀な木

木目が美しく保存性の高い材として臼や太鼓、お盆などの漆器に用いられます。

使うほどに赤みとつやの出るケヤキは、昔から人々の生活に取り入れられています。

出典:高尾ビジターセンター

高尾山薬王院 浄心門
高尾山薬王院 浄心門
高尾山 神変堂
高尾山 神変堂
高尾町 神変堂 周辺
高尾町 神変堂 周辺
ひいらぎは年をとってかどがとれる
ひいらぎは年をとってかどがとれる

ひいらぎは年をとってかどがとれる

ひいらぎの葉のへりにはするどいとげがありますが、木が生長し大きくなると、枝先の葉のなかには、かどがとれて丸くなっているものがあります。ひいらぎは11月頃に白い花をつけ、翌年の6月ごろに果実が黒く熟します。クリスマスに用いられるひいらぎは、これとは別の種類で、ホリー(西洋ひいらぎ)といい、赤い実がなります。

高尾町 神変堂周辺 3号路
高尾町 神変堂周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 高尾修験根本道場周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号
高尾町 もみじや周辺 3号
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
日陰を好む花―ギンリョウソウ―
日陰を好む花―ギンリョウソウ―

日陰を好む花―キンリョウソウー

梅雨(つゆ)のころ、暗い森の中で、白いろう細工のような花を見たことがありませんか?

それは一見キノコのようにも見えますが、ギンリョウソウという()つき(ツキ)とした花です。

 

 

 

うつみいた花の中をそっとのぞいてみると、黄色いおしべが見られ、花であることがわかります。

ギンリョウソウは緑の色素(しきそ)(よう)緑体(りょくたい))をもたず、根に共生(きょうせい)する(きん)から栄養(えいよう)をもらいます。白い体には暗い森の中でも目立つので、花粉(かふん)を運んでくれる虫に気づいてもらえます。

競争(きょうそう)相手(あいて)の少ない日陰を選び、そこで生きるための工夫なのでしょうね。

高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
八王寺市街地風景
八王寺市街地風景
こんなもようの木をさがそう!
こんなもようの木をさがそう!

こんなもようの木をさがそう!

このあたりは、緑の葉を一年中つけている常緑樹が目立ちます。

種類によって、木の幹のもようが違うのがわかりますか?

 

カゴノキ

ウラジロガシ

➂モミ

➃スダジイ

 

 

 

 

 

一見地味な常緑樹にも、それぞれ個性があるようです。

さあ!同じもようの木をさがしてみて下さい。
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
落ちている花はどこから?
落ちている花はどこから?

落ちている花はどこから?

高い木の上に咲く花は、なかなか見つけられません。

でも、足下に落ちている花で、咲いていることに気づくこともありますよ。

 

3号路にはよく落ちている花です。

今日はどんな花が落ちていましたか?

 

 

高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路 ツガ属
高尾町 もみじや周辺 3号路 ツガ属
高尾町 もみじや周辺 3号路 ツガ属
高尾町 もみじや周辺 3号路 ツガ属
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
ドングリをとりまく生きものたち
ドングリをとりまく生きものたち

ドングリをとりまく生きものたち

栄養のあるドリンクは、

森のさまざまな生きものに、

小さな虫から、大きな動物まで、

たくさんの生きものが

ドングリを必要としているのです。

高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
長い羽根は、だれの羽根か?
長い羽根は、だれの羽根か?

長い羽根は、だれの羽根?

 

この長い羽根は、ヤマドリの尾羽根です。

それは、百人一首の歌の中でも「長さ」を強調するために使われたほどです。

 

渓谷や沢を好むヤマドリにとって、3号路は棲みよい環境です。

静かに歩いていれば、ヤマドリに出会えるかもしれません。

あしびきの やまどりの尾の
しだり尾の
長々し夜を
一人かも寝む
(かき)本人(もとひと)麿(まろ)
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路 やぶつばき
高尾町 もみじや周辺 3号路 やぶつばき

やぶつばき

ツバキまたはヤブツバキは、ツバキ科ツバキ属の常緑樹。照葉樹林の代表的な樹木。 日本内外で近縁のユキツバキから作り出された数々の園芸品種、ワビスケ、中国・ベトナム産の原種や園芸品種などを総称的に「椿」と呼ぶが、同じツバキ属であってもサザンカを椿と呼ぶことはあまりない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
オオウラジロノキ
オオウラジロノキ
オオウラジロノキ
オオウラジロノキ
水をたくわえる森
水をたくわえる森

水をたくわえる森

ここから見える渓谷(けいこく)では、カエデの仲間やケヤキが、秋に美しい紅葉(こうよう)をたのしませてくれます。そのあと、地面にしきつめられた落ち葉には、大切な役割(やくわり)があるのです。

ほら、耳をすませてみてください・・・

聞こえる沢の音は、落ち葉によってあつめられた水の音です・・・

 

山に雨が降ります。

 

落ち葉が雨水を受けとめてくれるので、雨水は一気に流れず、土の中にしみこみます。

 

たくわえられた雨水は、やがてゆっくりと沢へしみ出します。

 

高尾町 もみじや周辺 3号
高尾町 もみじや周辺 3号
高尾町 もみじや周辺 3号路
高尾町 もみじや周辺 3号路
ササバギンラン
ササバギンラン

保護監視中

管理番号

1705201

種名・株数

ササバキンラン・2+1

設置日

2017520

設置者

東京レンジャー

高尾警察署

※盗難行為の監視のため、年間を通して設置しています。

皆様のご協力お願いします。

 

ササバギンランは、ラン科キンラン属の多年草。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ひと休みしていきませんか
ひと休みしていきませんか

ひと休みしていきませんか

この()しき谷(しきたに)園地(えんち)は、緑に囲まれた静かな場所です。

森の中に身をおくと、自然の小さな動きに気がつきませんか?

 

かしき谷園地
かしき谷園地

かしき谷園地

変わりゆく森
変わりゆく森

変わりゆく森

森は、木々の成長(せいちょう)とともに姿(すがた)を変えます。このあたりでは、モミの子供がたくさん見られます。このモミが大きく成長するころ、3号路の森はどのように変わっているでしょうか。

 

 

 

小さなモミは、暗い森でもゆっくりと成長できます。

 

森の中が暗くなると、アカマツは次の世代(せだい)が生長できず、やがて()ってゆきます。


自然研究路3号路
自然研究路3号路

自然研究路3号路

3号路 高尾山の植物

山頂からの高尾山の南斜面を横切り、1号路の浄心門に下がる静かなコースです。ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

 

出典:高尾ビジターセンター

 

かつら
かつら

高尾山3号路 かつら

ここにある、かつら林は大正14年に植林したものです。かつらは本州から九州まで広く生育している落葉大高木で、高さ30m、地上15mのところの直径が13mに達するものもあります。

新芽は、紅色となり、とくに雄の木は大変美しくなります。

庭園樹として樹形や黄葉も観察されます。この木は用途が広く、建築材(装飾材)器具材、家具材、楽器材、彫刻材、ベニヤ材や、えんぴつ材などに使用されます。

 

高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山 山頂 周辺
高尾山のトイレは日本一からの景観
高尾山のトイレは日本一からの景観
「日本トイレ大賞」の公衆トイレ部門を、高尾山の山頂にあるトイレ
「日本トイレ大賞」の公衆トイレ部門を、高尾山の山頂にあるトイレ
高尾山のトイレは日本一からの景観
高尾山のトイレは日本一からの景観
高尾山のトイレは日本一からの景観
高尾山のトイレは日本一からの景観
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂

明治の森高尾国定公園

高 尾 山 頂 599.15

高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂
高尾山 山頂から富士山方面の景観
高尾山 山頂から富士山方面の景観
高尾山大見晴園地
高尾山大見晴園地

高尾山 大見晴園地

高尾山 山頂にて富士山の説明
高尾山 山頂にて富士山の説明
高尾山大見晴園地 周辺
高尾山大見晴園地 周辺
高尾山大見晴園地 周辺
高尾山大見晴園地 周辺
「高尾山江川スギ展示林」江川スギ
「高尾山江川スギ展示林」江川スギ

「高尾山江川スギ展示林」

江川スギ

江戸時代末期に韮山代官の江川太郎左衛門が植えたと言われています。

江川家は平安時代から明治維新にいたるまで、38代続いた家であり、代々が太郎左衛門を名乗っていました。

※林業に精通していた36代の英龍(18011855)が、植林の必要性を考えたと言われています。樹齢および150年により、高尾山では一番古い人口林です。

また、英龍は日本で始めてパンを焼いた人物で、パン祖と言われています。

他にも絵画、剣術、蘭学など、幅広い分野で活躍しました。

 

面積:0.12ha 本数:55

一番大きな木:高さ39m/胸の高さの直径94

所在地:高尾山国有林225 林班は小班

20113月現在

林野庁関東森林管理局東京神奈川森林管理署

春をつげる黄色い花
春をつげる黄色い花

春をつげる黄色い花

 

早春の山では、葉を出す前に小さな黄色い花をたくさんつける木が目立ちます。アブラチャンもそのひとつ。しなやかな枝は、雪の上を歩く「かんじき」の材料になります。

?目の前になるアブラチャンはいったい何本だと思いますか。

答えは、山頂のビジターセンターへ

 

高尾町2176周辺
高尾町2176周辺
高尾町2176周辺
高尾町2176周辺
高尾町2176周辺
高尾町2176周辺
どっちが、どっち?
どっちが、どっち?

どっちが、どっち?

高尾山には、ブナとイヌブナがあります。

よく見ると、

葉や実も違いますが・・・

 

ブナ
色白でなめらかな幹、根元はすっきりしています。

イヌブナ
色黒でザラザラの幹、根元には小さなひこばえがあります。

 

ひこばえ

イヌブナのひこばえは、どうしてはえているのかな?

親木が倒れた時、代わりに成長すると考えられています。

高尾町 東京都水道局高尾山配水所 周辺
高尾町 東京都水道局高尾山配水所 周辺
高尾町 東京都水道局高尾山配水所 周辺
高尾町 東京都水道局高尾山配水所 周辺
闇夜に響く「グルルルル・・・」
闇夜に響く「グルルルル・・・」

闇夜に響く「グルルルル・・・」

 

・夏になると、春生まれた子どもが、親と一緒にいるのがみられます。

・飛膜をいっぱいに広げて、滑空することができます。

・テンやフクロウにねらわれることも・・・

・夜の森で、甘えるような不思議な声が聞こえたら、ムササビに出会うチャンスです。

冨士浅間神社
冨士浅間神社
冨士浅間神社
冨士浅間神社
高尾山不動堂
高尾山不動堂

東京都指定有形文化財(建造物)

高尾山(たかおさん)不動堂(ふどうどう)

所在地 八王子市高尾町2177

指 定 昭和281110

薬師信仰と飯縄信仰の霊山として名高い高尾山薬王院有喜寺には、数多くの堂宇が建立されています。不動堂は、それらの諸堂の中でも一番おくまった急峻な尾根上に建立されています。もともとは現本堂の位置にあった護摩堂を明治43年頃に移築し、不動堂としたものです。不動堂は宝形造(平面形が正方形または八角形で、屋根面が一つの項点に集まる建造物)の小さな堂宇です。桁行・梁間ともに三間(6.26m)、四周に高欄を備えた縁をめぐらし、東側に桁行一間(2.17m)の向拝を設けています。内部の床は拭板張り仕上げで、正面と両側面側が畳敷となっています。平成13年に修理が完了し、外周の柱・縁・建具等は、鮮やかな赤漆の色彩が甦りました。建立年代を示す資料はありませんが、建築様式から17世紀後半頃に建立されたと推定されています。堂内の奥側には、二本の来迎柱を建て、その前に堂と同時代といわれる附の須弥壇が置かれ、室町時代以前の作といわれる「木造不動明王及び二童心立像」(都指定有形文化財)が安置されています。

平成22年3月

東京都教育委員会

高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山八十八大師霊場
高尾山八十八大師霊場
十善戒 高尾山
十善戒 高尾山

(じゅう) (ぜん) (かい)

不殺生(ふせっしょう) あらゆる生命を尊重しよう

不偸盗(ふちゅうとう) 他人のものを尊重しよう

不邪淫(ふじゃいん) お互いを尊敬しあおう

不妄語(ふもうご) 正直に話そう

不綺語(ふきご) よく考えて話をしよう

不悪口(ふあつく) 優しいことばを使おう

不両(ふりょう)(ぜつ) 思いやりのあることばを話そう

不慳貧(ふけんどん) 惜しみなく施しをしよう

不瞋恚(ふしんに) にこやかに暮らそう

不邪見(ふじゃけん) 正しい判断しよう

日々の生活で実践して

仏の教えを体験しよう

 

もみじ膳
もみじ膳
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
高尾町2177 権現茶屋 周辺
高尾町2177 権現茶屋 周辺
至 男坂
至 男坂
高尾山 北原白秋の句碑
高尾山 北原白秋の句碑
今日のカエデは、どんな色?
今日のカエデは、どんな色?

今日のカエデは、どんな色?

 

秋、紅葉することで知られるカエデの葉も、季節ごとにさまざまな色を見せてくれます。芽吹いたばかりのもえぎ色、夏には深い緑色、そして鮮やかに染まる赤や黄色・・・

今日のカエデの葉は、どんな色ですか?

 

イロハモミジ

イロハモミジは、ムクロジ科カエデ属の落葉高木である。イロハカエデなどとも呼ばれる。 日本では最もよく見られるカエデ属の種で、紅葉の代表種。本種より作られた園芸種も多い。

イタヤカエデ

イタヤカエデは、ムクロジ科カエデ属の各地の山地に生える落葉高木である。日本では北海道と秋田、他に朝鮮、サハリン、アムール地方に自生。北海道産のものはエゾイタヤ

オオモミジ

 

ウリカエデ

ウリカエデはムクロジ科カエデ属の落葉小高木。雌雄異株。別名、メウリノキ、メウリカエデ、オオバノウリカエデ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

修行大師
修行大師
高尾町 高尾修験根本道場 周辺
高尾町 高尾修験根本道場 周辺
南無飯縄大権現
南無飯縄大権現
男坂
男坂
高尾町 高尾修験根本道場 周辺
高尾町 高尾修験根本道場 周辺
アサギマダラのひみつ
アサギマダラのひみつ

アサギマダラのひみつ

アサギマダラの幼虫にとって、

キジョランは大切な食草です。

 

驚かせる天高く

のぼってしまいます。

 

ふわり、ひらりと、やさしく舞うアサギマダラ、

この優雅な舞いに似合わず長距離を移動することができ、

なんと1,600㎞の移動記録があるというから驚きです。

 

キジョラン

キジョランは、ガガイモ科キジョラン属に属するつる性の多年草の1種。有毒。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天狗道開きの杉 蛸杉
天狗道開きの杉 蛸杉
高尾山ケーブルカー駅展望台からの景観
高尾山ケーブルカー駅展望台からの景観
高尾山ケーブルカー駅展望台
高尾山ケーブルカー駅展望台
高尾町1798 周辺
高尾町1798 周辺
高尾町 都道189号線 1号路 表参道コース 城見台
高尾町 都道189号線 1号路 表参道コース 城見台
城見台からの景観
城見台からの景観
城見台から東京湾は見えますか?
城見台から東京湾は見えますか?

東京湾は見えますか?

 

現在、高尾山から東京湾までの距離は、およそ50㎞。

その昔、東京湾は図のようになっていたそうです。

あなたの住まいも海の底だったのかも知れませんね。

城見台からの景観
城見台からの景観

ケーブルカー清滝駅前(スタート)→稲荷山コース→高尾林道→森林ふれあい館→学習の歩道分岐→大平林道→小仏城山→小仏峠→小仏バス停(ゴール)

2018年7月8日日曜日
高尾山~小仏城山 【自然の宝庫・
林道から高尾の森を観る】ハイキング(高尾陣馬ファンクラブ会員限定)

ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).

山内八十八大師巡礼のご案内

高尾山内八十八大師は明治36年(1903)に薬王院の志賀照林大僧正が、広く東国のご信徒の為に山内を四国と見立て、八十八ヵ所の霊場の土を持ち帰り大師像の下に納め安置してございます。山内ご巡拝の道は豊かな自然に富み、同行二人の大師様の功徳は計り知れないものがあります。

案内図は別院(不動院)にありますので申し出て下さい。

出典:大本山高尾山薬王院

ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).

ムササビのとび方

首を上下させ

よくねらいをつけて

からとびだす。

 

森のグライダー

 

(注意)

懐中電灯は赤いセロファンをつけて、ムササビをおどろかさないようにしましょう。

ケーブルカー清滝駅前(スタート).
ケーブルカー清滝駅前(スタート).
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース登山道
稲荷山コース登山道
高尾山のスズメバチ
高尾山のスズメバチ

高尾山のスズメバチ

スズメバチの仲間は、幼虫を育てるために獲物となる昆虫などを捕らえます。

また、甘い蜜も好物で樹液にも集まります。

ハチを見かけたら・・・

まず、あわてない。さわがない。手で払ったりせず、。静かにその場をはなれましょう。ハチが1匹だけのようなら、ハチの方がはなれてくれるのをじっと待つのもいいでしょう。

 

コガタスズメバチ

体長(はたらきバチ)2227㎜里山や都市郊外で普通に見られる。庭木や街路樹、人家の軒下に巣を作る。ハエやアブなど小さな昆虫をおもなエサとし、攻撃性はあまり強くないが毒性がやや強い。

 

オオスズメバチ

体長(はたらきバチ)2738㎜世界でもっとも大きくて強いスズメバチ。雑木林に多く、カブトムシなどの甲虫でさえも場所をゆずることがある。巣は、地中や木の穴などに作る。主に昆虫をエサとし、秋にはキイロスズメバチなどほかのハチの巣をおそって全滅させることもある。

 

人は危害を加える昆虫として取り上げられることもあるスズメバチですが、自然界では必要不可欠な存在です。

ハチのことをもっと知ってうまくつきあっていきましょう。

 

キイロスズメバチ

体長(はたらきばち)1724㎜もともと

は里山に多い種類だが、都市部でも見られるようになっている。巣は、あらゆるところに作る。土の中や木の穴などせまいところにも作り、夏に家族が増えると家の軒下や天井うらなどの広いところへ引っ越すことも多い。

気が荒く、はたらきバチの数も多い。

 

クロスズメバチ

体長(はたらきバチ)1012㎜平地から山地まで普通に見られる。巣は、おもに土の中に作る。性質は比較的おとなしいが、体が小さくて、しかも他のススメバチのように黄色っぽくないので、そばに近づいても気づかないことが多い。

 

刺されたら・・・

ハチの毒は、水に溶けやすいので、傷口を水でよく洗ってください。その後、抗ヒスタミン剤などのぬり薬をぬります。人によっては、ひどくはれたり気分が悪くなることがあるので、早めに病院へ行きましょう。

出典:東京都高尾ビジターセンター

高尾山のサクラ
高尾山のサクラ

高尾山のサクラ

 

花と葉が同時に開くヤマザクラが代表的です。

葉は、緑から赤褐色まで多様な色合いを見せてくれます。

今では、お花見と言えばソメイヨシノが有名ですが、以前はヤマザクラが主役でした。

     

こんなサクラも見られます

イヌザクラ

別名:シロザクラ

ウワミズザクラ

別名:ハハカ

 

 

この2種類のサクラは、とてもよく似ていますが、ちょっとした違いがあります。見つけられるかな。

 

ヤマザクラやウワミズザクラの美しい樹皮は、さまざまな工芸品の材料として用いられます。

 

ナタのさや

 

茶筒

 

茶托

出典:東京都高尾ビジターセンター

境界 見出票
境界 見出票
境界 見出票
境界 見出票
ここからの眺め
ここからの眺め

こころからの眺め

正面に見える市街地、八王子の街並みです。右よりに続く丘陵は多摩丘陵、左より見える帯状の丘陵のうち、手前は加住丘陵、その向こうが狭山丘陵です。

展望のよい日には、新宿や池袋の高層ビル、あるいは遠く筑波山まで見えることがあります。

稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山展望台
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
稲荷山コース 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾山のヘビ
高尾山のヘビ

高尾山のヘビ

 

 

ヤマカシ

マムシ

有 毒

 

ヤマカガシ

ヤマカガシの毒牙(どくが)は、上アゴの奥にあり、よほど深くかまれない限り、この毒が人の体に入ることはありません。

また、ヤマカガシは、首に有毒物資を出す腺があります。

マムシ

マムシの毒牙は、上アゴの前方にあります。獲物を捕らえるだけでなく、近づくと敵がら身を守るために、とびかかってくることがあります。決して手を出さないで下さい。

 

 

 

ジムグリ

ヒバカリ

アオダイショウ

無 毒

ヘビを見かけたら・・・

人に対して積極的に攻撃するヘビは少なく、多くの場合、自分の身を守るためにかみつきます。

つついたりふみつけたりしないでそっとしておきましょう。

 

ヘビにかまれたら・・・

どの種類のヘビにかまれたのか見きわめることが大切です。

無毒のヘビならば、傷口を消毒しましょう。

有毒なヤマカガシやマムシにかまれた場合でも、すぐに命に関わるものではないので、あわてずに病院へ行きましょう。

出典:東京都高尾ビジターセンター

稲荷山展望台
稲荷山展望台
高尾林道 植物
高尾林道 植物
稲荷山展望台
稲荷山展望台
高尾山のウルシ
高尾山のウルシ

高尾山のウルシ

 

 

 

ヤマウルシ

ヌルデ

ツタウルシ

ウルシ科の植物には、ふれるとかぶれてしまうものが、数多くあります。特に樹液は、ふれるとかぶれてしまうものが、数多くあります。特に樹液は、ふれることで皮膚に炎症を起こすもなが多く、また、枝などを燃やした煙によって炎症を起こす場合もあります。

 

ウルシ科の植物による「かぶれ」は、アレルギー性の皮膚炎です。

個人差があり、かぶれにくい体質の人もいるようですが、ふれてから1~2日たって症状が出る場合もあるため、ウルシが原因と気づかないこともあります。

 

紅葉したツタウルシ

秋には楽しく紅葉して私たちを楽しませて

くれます。さわらずに見て楽しみましょう。

出典:東京都高尾ビジターセンター

高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
←高尾山頂・ビジターセンター 稲荷山コース→
←高尾山頂・ビジターセンター 稲荷山コース→
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
←ふれあい館
←ふれあい館
高尾林道
高尾林道
高尾林道
高尾林道
記念直樹
記念直樹

地球環境保全のための

記 念 植 樹

実施団体 ㈶日本緑化センター

場 所 高尾国有林 245林班は1小班

この植樹は、平成4年度寄附金付広告つき葉書の寄附金で実施したものです。

平成55

出典:林野庁東京神奈川森林管理署

高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾山自然休養林
高尾山自然休養林

高尾山 自然休養林

マナーを守り、自然環境を大切にしましょう

東京神奈川森林管理署

高尾山自然休養林
高尾山自然休養林
高尾林道 植物
高尾林道 植物
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
森林ふれあい館
学習の歩道分岐
学習の歩道分岐
大平地区歩道案内図
大平地区歩道案内図

大平地区歩道案内図

 

                                                                                                                                        一丁平桜並木

                                                                                                                                       森林ボランテァ活動拠点施設          

                                                                                                                                                   森林ふれあい館

                                                                                                                                       施設及びトイレの利用はできません

出典:林野庁 高尾森林ふれあい推進センター

大平林道 植物
大平林道 植物
大平林道 植物
大平林道 植物
大平林道
大平林道
大平林道 植物
大平林道 植物
←城山 大垂水峠・梅の木平→
←城山 大垂水峠・梅の木平→

野菜の芽摘んで

緑の八王子

出典:八王子 消防署

八王子市消防団

関東森林管理局

神奈川県「水源の森林づくり」契約地(水源協定林)
神奈川県「水源の森林づくり」契約地(水源協定林)

神奈川県「水源の森林づくり」契約時
(水源協定林)

 

年度

平成22年度

所在地

相模原市緑区千木良字弥生山1502ほか5

森林整備者

神奈川県

契約期間

平成42年3月31日まで

契約面積

4.83ヘクタール

 

水資源を大切にしましょう。

出典:神奈川県県央地区県政総合センター 水源の森林推進課

小仏城山頂上
小仏城山頂上
小仏城山
小仏城山
小仏城山からの景観
小仏城山からの景観
小仏城山
小仏城山
小仏城山
小仏城山
高尾・小仏城山案内図
高尾・小仏城山案内図
小仏城山
小仏城山

高尾鳥獣保護区・特別保護区 区域案内図

 

鳥獣保護区では、狩猟による鳥獣の捕獲が禁止されています。鳥獣の保護増殖に、ご協力をお願いします。

なお、有害鳥獣等の捕獲を行う場合は許可が必要です。

特別保護地区内での建築物その他工作物の新増築、水面の埋立て、又は木竹の伐採は許可が必要な場合があります。

高尾鳥獣保護区

高尾鳥獣保護区特別保護地区

設 定 平成34年10月31日まで

面 積 4,414ヘクタール

出典:東京都環境局多摩環境事務所鳥獣保護管理係

小仏城山からの景観
小仏城山からの景観
小仏城山からの景観
小仏城山からの景観
至小仏バス停(ゴール)
至小仏バス停(ゴール)
至小仏バス停(ゴール)
至小仏バス停(ゴール)
至小仏バス停(ゴール)
至小仏バス停(ゴール)
←高尾山口 高尾林道・ふれあい館→
←高尾山口 高尾林道・ふれあい館→
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
高尾林道 植物
←大垂水峠・一丁平・小仏城山方面 稲荷山コースから高尾山頂又は高尾山口駅→
←大垂水峠・一丁平・小仏城山方面 稲荷山コースから高尾山頂又は高尾山口駅→
高尾林道
高尾林道
高尾林道 植物
高尾林道 植物
←至大垂水峠(学習の歩道) 至森林ふれあい館(学習の歩道)→
←至大垂水峠(学習の歩道) 至森林ふれあい館(学習の歩道)→
大平林道
大平林道

火災・救急・救助の119番通報は、

ここの目標「大平林道№18」と言って下さい。

 

火災の芽 摘んで緑の八王子

出典:八王子山火事防止協議会・八王子消防署・八王子消防団・

関東森林管理局

小仏登山道
小仏登山道
小仏登山道
小仏登山道

ケーブルカー高尾山駅(上の駅)(スタート)→3号路→山頂→4号路→ケーブルカー高尾山駅(上の駅)(ゴール)

2018年7月3日火曜日
【ランをさがして】ハイキング
(高尾陣馬ファンクラブ会員限定)

清滝駅
清滝駅
ケーブルカー高尾山駅(上の駅)
ケーブルカー高尾山駅(上の駅)
ケーブルカー高尾山駅(上の駅)
ケーブルカー高尾山駅(上の駅)
←リフトのりば 3分・京王高尾山口駅 40分 さる園・野草園・薬王院・山頂→
←リフトのりば 3分・京王高尾山口駅 40分 さる園・野草園・薬王院・山頂→


高尾山から見た都会のオアシス
高尾山から見た都会のオアシス

高尾山から見た都会のオアシス

ここからの風景を見て、どんなことを感じますか。

やはり緑が少ない?それとも、思ったより緑が多い?

このような公園や丘陵は、都会に残されたオアシス

と言えそうです。すべての生き物にとって、私たち人間にとって・・・

出典:高尾ビジターセンター

ようこそ高尾山へ
ようこそ高尾山へ
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
サル園・野草園
サル園・野草園
サル園情報
サル園情報

さる園情報

今年も赤ちゃんが産まれました

69頭+5頭のかわいい赤ちゃんが、元気に遊んでいます!

◆さる園・野草園のご案内◆

ケーブルカー高尾山駅下車 徒歩3分/開園時期9:30~5:30

(最終入園 16:15

入園料(さる園・野草園共通券)大人(中学生以上)420

小 児(3歳以上)210

 

サル園情報
サル園情報
サル園
サル園
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
高尾山薬王院 浄心門
高尾山薬王院 浄心門
高尾山薬王院 浄心門
高尾山薬王院 浄心門
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
自然研究路3号路
自然研究路3号路

自然研究路3号路

3号路 高尾山の植物

山頂からの高尾山の南斜面を横切り、1号路の浄心門に下がる静かなコースです。ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

 

出典:高尾ビジターセンター

 

〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 都道189号線
アサギマダラ 幼虫
アサギマダラ 幼虫
ひと休みしていきませんか
ひと休みしていきませんか
かしき谷園地
かしき谷園地
←自然研究路3号路入口 高尾山頂→
←自然研究路3号路入口 高尾山頂→
山頂からの展望
山頂からの展望
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

せんのき
せんのき
せんのき
せんのき
立札
立札
ひのき
ひのき

ひのき

ひのき科

山地の山腹や尾根など乾燥した場所に生える常緑高木(じょうりょくこうぼく:年間を通して緑の葉をつける、高さがおおむね5メートル以上の木)。スギと同様に建築材として各地に植林されてきた。樹皮は赤褐色で、広く縦に裂けてはがれる。幹は太さ約6080センチほどになり、枝は細く水平に広がる。葉は小さな鱗片状でたくさん集まってつき、先はとがらない。裏面には白いY字形に見える気孔線(空気の出入りと水分の蒸散を行なう小さな穴の連なり)がある。開花の時期は4月で、雄花と雌花は同じ株につく。枝先に紫褐色の雄花と雌花がつく。雄花は長さ約23ミリの楕円形で、赤みをおびる。雌花は球形で直径約35ミリ。実は直径は1センチくらいの球形で、木質の鱗片(りんぺん:うろこ状の構造)が810個つく。10月から11月頃に赤褐色に熟し、翼果(よくか:風に乗って飛ぶためのつばさ状の部分をもつ実)をもった種をとばす。

 

高さ|約2030メートル

場所|16号路、稲荷山、蛇滝、いろは、裏高尾、奥高尾、南高尾、北高尾

 

高尾山公式アプリからの引用

ひのき
ひのき
←ケーブルカー高尾山
←ケーブルカー高尾山
高尾山登山道 吊橋コース
高尾山登山道 吊橋コース
高尾山登山道 吊橋コース
高尾山登山道 吊橋コース
〒193-0826 東京都八王子市元八王子町3丁目2735
〒193-0826 東京都八王子市元八王子町3丁目2735

高尾山口駅(スタート)→金毘羅台遊歩道→1号路→4号路(つり橋)→高尾山頂(昼食)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾駅(ゴール)

6月のハイキングガイドツアー
「新緑の高尾山を歩こう」

高尾山・陣場山ハイキングコース案内図
高尾山・陣場山ハイキングコース案内図
氷川神社の歴史
氷川神社の歴史

高尾山氷川神社の歴史

高尾山口駅近くにある「氷川神社」は応永年間(13941428)に片倉城主大江備中守師親が武蔵一の宮氷川神社の祭神を勧請したのが始まりと言われております。

古くは下椚田村大牧(椚田町)にあったと伝えられ、寛文2年(1662)に再建されました。

現在は高尾地区の鎮守として地元の方に崇敬され、8月の第3土日の祭礼では、神輿の巡行や獅子舞の奉納が行われております。

 

高尾山氷川神社の獅子舞

獅子または龍と呼ばれる面をかぶり、三人一組で舞を舞う三匹獅子舞は、現在、八王子で8か所、舞を伝えています。

その中のひとつ、氷川神社の獅子舞は明治4年(1871)行政区画の変更により、狭間の獅子舞から分かれ、現在も五穀豊穣、天下泰平を祈願して、奉納されています。

獅子舞は、8月の第3土日の土曜日には東浅川町の熊野神社で舞が奉納され、翌日曜日には氷川神社で舞が奉納されます。

氷川神社の獅子舞は昭和35年(1960)には市内の他の獅子舞とともに八王子市の無形民俗文化財に指定されました。

出典:公益社団法人 八王子観光協会

オリエンテーリングパーマネットコース
オリエンテーリングパーマネットコース

地図とコンパスを使うナビゲーションスポーツで
高尾の自然を楽しもう

Let’s enjoy orienteering

オリエンテーリングパーマネントコース

社団法人 日本オリエンテーリング協会 公認

8表高尾 №9高尾山頂・薬王院 №10奥高尾

オリエンテーリング発祥の地・高尾山には
3つのコースがあります。
☆☆ 山のマナーを守り楽しく利用して下さい

1.高尾山のパーマネントコース

パーマネントコースは、だれでも、いちでも、気楽にオリエンテーリングを楽しんでいただけるように設置されている常設のコースです。

2.地図販売所
次のいずれかで、お求めください。地図にはコースが記入されています。
ご希望のコースの地図をお求め下さい。
京王電鉄高尾山口駅売店
高尾登山電鉄(ケーブル)高尾山売店

3.コースのまわり方
①地図の中の△がスタート、◎がゴールです。3コースともス
タート・ゴールは同一地点ですので。重ねて記してあります。

②スタートしたら〇1のコントロールから番号順にまわります。地図上の〇の中心には、右図のような固定のコントロールが設置してあります。そこに到着したらコントロールに書かれたアルファベット文字を地図裏面のチェック欄に記入してください。そこを通過した証明になります。

4.コースの特徴
8 表高尾コース:スタートは現在位置
8キロで小学校中学年以上向け 歩いて3時間程度

9 高尾山頂・薬王院コース:スタートはケーブル高尾山駅

前 約4キロで小学校低学年以上向け 歩いて1時間半
程度

10 奥高尾コース:スタートは現在地

15キロで上級者・ランナー向け 体力に自信のある方のみご利用下さい

 

山で迷わないためにオリエンテーリングの基礎技術

1.山には必ず正確な地図とコンパスを携行しましょう

2.コンパスの北と地図が一致するように地図を持ってください

3.現在位置をしっかり確認して、ルートを把握してから行動しましょう

4.現在位置から目標までの距離を縮尺を参考に確認してください

5.自分が100メートルを何歩くらいで歩くか覚えておくと便利です

6.いつも地図と現地を照らし合せて、現在位置を確認しましょう

7.特に道の曲がり角や、地図上の特徴物をチェックしましょう

8.等高線をみながら、尾根・沢などの地形上の特徴を観察しましょう

9.コントロールについたら本当に目指している目標か確認しましょう

10.                    迷った時は速やかに現在位置が確かなところまでもどりましょう

 

・100㌔コンペの申請
このコースを完歩した方は、コンペの対象となります。ご希望の方は、地図の裏面に記載された方法で申請してください。

出典:東京オリエンテーリング協会

 

高尾山口駅前
高尾山口駅前
高尾山口駅前
高尾山口駅前
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社の由来
高尾山麓氷川神社の由来

氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)由来(ゆらい)

鎮座地(ちんざち) 東京都八王子市高尾町2258

御祭神(ごさいじん) 素戔嗚(すさのおの)(みこと)

(ゆい) (しょ) 応永年間(13941427)に片倉(かたくら)城主(じょうしゅ)毛利(もうり)備中(びっちゅうの)守師(かみもろ)(ちか)武蔵(むさし)一ノ宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)勧請(かんじょう)し、(かん)(ぶん)2年(16627月に再建(さいけん)造営(ぞうえい)され高尾(たかお)総鎮守(そうちんじゅ)となりました。

現社殿(げんしゃでん)昭和(しょうわ)27820日に新築(しんちく)されました。

その(のち)昭和(しょうわ)40年の台風(だいふう)により御神木(ごしんぼく)がことごく

(たお)れました。

明治(めいじ)5年から例祭(れいさい)奉納(ほうのう)されている獅子舞(ししまい)神事(しんじ)昭和(しょうわ)35年に()無形(むけい)文化(ぶんか)(ざい)指定(してい)されました。

御祭神(ごさいじん)である素戔嗚(すさのおのみ)(こと)は、生贄(いけにえ)にされそうだった(くし)稲田(なだ)(ひめのみ)(こと)(くし)()えて(かみ)()(やま)(たの)大蛇(おろち)退治(たいじ)(のち)にお(きさき)にお(むか)えになったそうです。

縁結(えんむす)び・五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)のご(しん)(とく)ありと(つた)えられています。

(れい)祭日(さいび) 毎年(まいとし)8(だい)3土曜日・日曜日

高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1801‐4
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1801‐4
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1810 花藤食堂
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1810 花藤食堂
一級河川 案内川
一級河川 案内川

一級河川 案内川

占有 河川

一級河川 案内川

許可 年月

5年㋂㏾

許可 番号

□南西建管□□号

目 的

橋染設置(19-18号橋、坂本橋)

占有 期間

5年㋂㏾から㍻ 年㋂㏾まで

占有 面積

25.00平方メートル

位 置

左岸 八王子市高尾町21043

右岸 八王子市高尾町

1813-2

占 有 者

八王子市長

 

〒193-0844 東京都八王子市高尾町 ビジネスホテルハナフジ
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 ビジネスホテルハナフジ
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1819‐1 ファミリーマート
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1819‐1 ファミリーマート
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
高尾山ちか道入口
高尾山ちか道入口
清水次郎長一家客分関東綱五郎の肖像画
清水次郎長一家客分関東綱五郎の肖像画
ろくざん亭
ろくざん亭
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台歩道 案内図
金毘羅台歩道 案内図
東京湾は見えますか?
東京湾は見えますか?

東京湾は見えますか?

現在、高尾山から東京湾までの距離は、およそ50㎞。

その昔、東京湾は図のようになっていたそうです。

あなたの住まいも海の底だったのかも知れませんな。

出典:高尾ビジターセンター

金毘羅台園地
金毘羅台園地
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
高尾山第二ポンプ場
高尾山第二ポンプ場
感慶院秀穂霊神
感慶院秀穂霊神
金毘羅社
金毘羅社
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
赤坂 甲子元講
赤坂 甲子元講
金毘羅台園地
金毘羅台園地
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
一号路
一号路
一号路
一号路
お気づきですか、緑の葉の変化・・・
お気づきですか、緑の葉の変化・・・

お気づきですか、緑の葉の変化・・・

一年中、葉が繁る常緑樹、春には古くなった葉を落とし、新しい葉に変わります。

芽吹いたばかりの葉は、もえぎ色? それとも、やさしいピンク色?

ひそかに色が変化する常緑樹の葉にも、目を向けてみて下さい。

出典:高尾ビジターセンター

落としたのは、だ~れ?
落としたのは、だ~れ?

落としたのは、だ~れ?

野鳥の羽根が生えかわる時期、森の中や道ばたで、落ちている羽根を見かけることがあります。

落とし主を推理してみましょう。どんな色の鳥でしょう? その大きさは? きっと、野鳥を身近に感じられるはずです。

出典:高尾ビジターセンター

一号路 植物
一号路 植物
一号路
一号路
城見台
城見台
高尾山エコーリフト
高尾山エコーリフト
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅 植物
ケーブルカー高尾山駅 植物
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅 植物
ケーブルカー高尾山駅 植物
一号路 植物
一号路 植物
←ケーブルカーのりば リフトのりば→
←ケーブルカーのりば リフトのりば→
一号路
一号路
ケヤキ
ケヤキ

武蔵野を代表する樹木

葉っぱには2つの役目がある

ケ ヤ キ

日本の代表的な広葉樹のひとつ。

山野に自生するだけでなく、公園樹や街路樹、

庭木として広く植えられ親しまれています。

 

新録は4月 紅 葉は10月

4月中頃、さわやかな新録の芽吹きが見られます。そして、秋、10月には、黄色から薄茶色へと変化する紅葉が、私たちを楽しませてくれます。

木材としても優秀な木

木目が美しく保存性の高い材として臼や太鼓、お盆などの漆器に用いられます。

使うほどに赤みとつやの出るケヤキは、昔から人々の生活に取り入れられています。

出典:高尾ビジターセンター

浄心門
浄心門
「地球に優しく自然に愛を」
「地球に優しく自然に愛を」
←カーブルカー駅 自然研究路2号路・4号路 高尾山頂→
←カーブルカー駅 自然研究路2号路・4号路 高尾山頂→
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センタ

自然研究路2号路 蛇滝→
自然研究路2号路 蛇滝→
←自然研究路4号路 自然研究路1号路・ケーブルカー駅→
←自然研究路4号路 自然研究路1号路・ケーブルカー駅→
4号路( 吊り橋コース )
4号路( 吊り橋コース )
←ケーブルカー駅 高尾山頂→
←ケーブルカー駅 高尾山頂→
4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路( 吊り橋コース ) 植物
あれ!? こんなところにスミレの花が!!
あれ!? こんなところにスミレの花が!!

あれ!? こんなところにスミレの花が"

岩のすき間や木の上に、スミレの花が咲いているのをみたことがありませんか? こんな場所にいったいどうやってタネがたどりついたのでしょうか?

 

スミレは、夏から秋にかけて実を(じゅく)します。

やがて、熟した実をはじかせてタネを飛ば

します。でも、もっと遠くにタネを運ぶ方法を考えました。

 

スミレは「アリ」に、タネを運んでもらうことにしたのです。

 

スミレのタネには「エライオソーム」というアリの好む物質(ぶっしつ)がついています。アリはこれを食べるため、タネごと巣に持ち帰ります。巣の中でエライオソームだけを取りはずすと、タネの部分はゴミ捨て場に捨ててしまします。

 

アリのゴミ捨て場からは、やがて新しいスミレの身がでてきます。意外(いがい)な場所でみつけたスミレの近くには、もしかしたらアリの巣があったのかもしれませんね。

出典:東京都 高尾ビジターセンター

ドングリと森のネズミ
ドングリと森のネズミ

ドングリと森のネズミ

樹木はおいしい木の実をネズミたちに作ってあげます。ネズミたちは、そのお礼にドングリの一部をあちこちに運んで植えてあげます。森では、動物と植物がお互いに助けあっています。

 

実りの秋、高尾山では、コナラやクヌギ、シラカシの木々がたくさんのドングリを実らせます。

 

ドングリは、ネズミやリスなど森の生きものたちの大切な食べ物になります。

 

ネズミたちは、すぐに食べるだけでなく冬の食べ物としてドングリをたくわえます。

 

でも、あっちこっちにかくしてしまうので、

食べるのを忘れてしまうことがあります。

 

食べ忘れたドングリは、春に芽を出し、やがて立派な木に成長することができます。

 

そして、秋にはたくさんのドングリを実らせます。

 

出典:東京都高尾ビジターセンター

4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路・吊り橋
4号路・吊り橋
4号路・吊り橋
4号路・吊り橋
4号路
4号路
4号路
4号路
4号路
4号路
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

/4号路
/4号路
かや
かや
4号路 植物
4号路 植物
←自然研究路4号路・ケーブルカー駅 自然研究路4号路へて高尾山頂へ→
←自然研究路4号路・ケーブルカー駅 自然研究路4号路へて高尾山頂へ→
イヌガヤ
イヌガヤ
ひのき
ひのき
4号路
4号路
せんのき
せんのき
4号路 植物
4号路 植物
4号路 植物
4号路 植物
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

4号路
4号路
4号路 植物
4号路 植物
自然研究路3号路
自然研究路3号路

自然研究路3号路

3号路 高尾山の植物

山頂からの高尾山の南斜面を横切り、1号路の浄心門に下がる静かなコースです。ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

 

出典:高尾ビジターセンター

福徳弁財天社
福徳弁財天社
福徳弁財天社
福徳弁財天社
一号路 植物
一号路 植物
薬王院
薬王院
薬王院
薬王院
高尾山の杉並木
高尾山の杉並木
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
男坂
男坂
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂 植物
高尾山頂 植物
ふじ道
ふじ道
ふじ道
ふじ道
ふじ道
ふじ道
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2102‐7
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2102‐7
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1923
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1923
一号路 植物
一号路 植物

高尾駅北口(バス:9時12分)(スタート)→大下バス停→小下沢林道→旧キャンプ場→狐塚→杉の丸→夕やけ小やけふれあいの道→夕やけこやけふれあいの里→夕焼小焼バス停 (約7km)(ゴール)

【北高尾山稜を歩こう】ハイキング
(高尾陣馬ファンクラブ会員限定)

高尾駅北口(バス:9時12分)(スタート)
高尾駅北口(バス:9時12分)(スタート)
大下(おおしも)
大下(おおしも)
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1356
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1356
崖下 中央本線
崖下 中央本線
裏高尾町1316-5
裏高尾町1316-5
木下沢梅林 駐車場
木下沢梅林 駐車場
木下沢梅林 駐車場
木下沢梅林 駐車場
木下沢梅林駐車場 景観
木下沢梅林駐車場 景観
木下沢梅林駐車場 景観
木下沢梅林駐車場 景観
裏高尾町 案内図
裏高尾町 案内図
木下沢林道までの一般道
木下沢林道までの一般道
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
木下沢林道までの一般道 植物
林道木下沢線
林道木下沢線

林道木下沢線

これから先は林業経営のための開設された林道です。

一般車両の通行はご遠慮ください。

止むを得ず乗入れる場合は次の事項にご注意ください。

1.道幅が狭い。

2.急カーブ、急勾配の連続。

3.路面未舗装、落石、崩土が多い。

4.単車線で交換場所が少ない。

以上

出典:東京都森林事務所

 

林道木下沢線起点
林道木下沢線起点
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢林道 山歩き
木下沢林道 山歩き
緑は友だち山火事注意
緑は友だち山火事注意
心をはぐくむ「こげさわの森」
心をはぐくむ「こげさわの森」

みんなで知恵と力を合わせて創るわたしたちの森

心をはぐくむ「ごけさわ森」

一緒に森づくりに参加してくれるグループをおまちしております。

出典:㈶東京都農林水産振興財団

木下沢林道 山歩き
木下沢林道 山歩き
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢林道 渓流
木下沢林道 渓流
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢林道 山歩き
木下沢林道 山歩き
木下沢林道 植物
木下沢林道 植物
木下沢都有保安林
木下沢都有保安林
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋 周辺
木下沢国有林
木下沢国有林
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋 周辺

木や草花を大切にしよう。

森林浴を楽しもう。

この山林は、昭和36年に植林した桧と杉の針葉樹ですが、約50年の周期で用材として役立ちます。

また、木は大気中の二酸化炭素(CO2)を吸って新鮮な酸素(O2)を送りだし、私たちの生活環境を守ります。

出典:東京原木協同組合

出典:東京木材問屋協同組合

出典:東京材木共同組合

高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋 周辺
←高尾駅 関場峠→
←高尾駅 関場峠→
至←1時間 景(かげ)信山(のぶやま).
至←1時間 景(かげ)信山(のぶやま).
←関場峠 日影バス停→
←関場峠 日影バス停→
←景(かげ)信山(のぶやま) 狐塚峠→
←景(かげ)信山(のぶやま) 狐塚峠→
高尾の森作業小屋 周辺
高尾の森作業小屋 周辺
至 板当峠登山道
至 板当峠登山道
至 板当峠登山道
至 板当峠登山道
至 板当峠登山道
至 板当峠登山道
←富士見台 八王子城山 堂所山(どうどころやま)・明王(みょうおう)峠(とうげ)・景(かげ)信山(のぶやま)→
←富士見台 八王子城山 堂所山(どうどころやま)・明王(みょうおう)峠(とうげ)・景(かげ)信山(のぶやま)→
←小下沢林道
←小下沢林道
←小下沢林道
←小下沢林道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道 植物
至 杉の丸登山道 植物
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道
至 杉の丸登山道 植物
至 杉の丸登山道 植物
杉の丸
杉の丸
富士見台 八王子城山→
富士見台 八王子城山→
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけこやけふれあいの里←夕やけ小やけふれあいの道→富士見台 八王子城山
夕やけこやけふれあいの里←夕やけ小やけふれあいの道→富士見台 八王子城山
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
至 夕やけこやけふれあいの里
至 夕やけこやけふれあいの里
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけこやけふれあいの里 夕やけいろは坂コース
夕やけこやけふれあいの里 夕やけいろは坂コース
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
←4号路(キャンプ場へ890m) 3号路(広場へ1000m)→
←4号路(キャンプ場へ890m) 3号路(広場へ1000m)→
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけ小やけふれあいの道 植物
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけ小やけふれあいの道 登山道
夕やけいろは坂
夕やけいろは坂
「ふれあいの里」森づくり全体図
「ふれあいの里」森づくり全体図

「ふれあいの里」森づくり全体図

「ふれあいの里」森づくり 5ヶ年計画 概略

この森づくりは2003年度から2007年度までの5ヶ年計画で、植林の準備から下草刈りや除間伐まで、年間を通じた森林保全活動として実施してきました。

もともとこの地は、「上恩方生活環境保全林整備事業」(杉・ヒノキの間伐が中心。間伐ののち、植栽可能になった場所は、針葉樹と広葉樹の混交林に転換を図る計画)という国・都・市の事業がペースにあり、その整備の進行にあわせて、初心者を含めた一般の方で出来る作業を担い、2003525日には第一回の活動として500名以上の方にご参加いただき、活動をスタートしました。

樹種選定は東京都森林事務所などが行い、キャンプ場横0.3haに、9種類の広葉樹を植林し、「観光地」として緑だけでなく花も増やして欲しいという地元の希望から、陣場山に通じるハイキングコース沿いに3種類の花木を植林しました。

植林活動と並行して、森林整備体験として夕やけ小やけふれあいの里、八王子市農林課、東京都森林組合などの技術指導・安全管理のもと、年23回の下草刈りや間伐作業を実施してきました。間伐した木は「夕やけ小やけふれあいの里」の各種事業に活用しています。

この森は、幅広い層の多くのボランティアの方々のご協力によりつくられました。

 

夕やけ小やけふれあいの里

出典:八王子市 東京都森林組合

夕やけこやけふれあいの里 案内図
夕やけこやけふれあいの里 案内図
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
「ふれあいの里」の森
「ふれあいの里」の森
金の星橋
金の星橋
ヤマボウシ
ヤマボウシ
夕やけこやけふれあいの里
夕やけこやけふれあいの里
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停
夕焼小焼バス停

高尾山口駅(スタート)→6号路→高尾山頂(昼食)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾山駅(午後2時30分頃解散)(ゴール)

5月のハイキングガイドツアー
「渓流の道を歩こう」

高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居は昭和41年京王電鉄()が高尾山麓に乗入れる際、既設両部鳥居を移転、土地の取得等の謝意として、案内川の氷川橋脇に鉄筋コンクリート製大鳥居を建造奉納されました。

しかし、建設されて40年余外的要因により構造物の強度劣化が著しく、崩落の危険性が危惧されたため、「安全確保を第一優先」に平成137月氏子の皆様に惜しまれ乍ら撤去されました。

本年1月総代新年顔合会の折り、新鳥居建造を提案し賛同を戴きました。

これに伴い八王子市関係行政機関との協議も好意的に御賛同を戴き再建を決意致し()アシザワに発注し本年8月竣工に至りました。

材質は耐久性があり半永久的な強化プラスチック製工法にて建立致しました。

再建にあたり予算が1005百万円程度見込まれ、広く関係町会・氏子の皆様のご協力を仰ぐ事がより意義あるものと考え、十二町会長並びに氏子の皆様にご協力を切にお願い申上げました結果、協賛者9百余名、総額6百万円余の尊い後協賛を戴きました。

氷川神社として、これを永久に残し後世に伝えることが協賛者各位に報いる事と考え別掲協賛御芳名者板を建立する事と致しました。

ここに氷川神社及び氏子一同のご繁栄とご発展を祈願致します。

 

平成十七年十月一日

出典:氷川神社

高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居は昭和41年京王電鉄()が高尾山麓に乗入れる際、既設両部鳥居を移転、土地の取得等の謝意として、案内川の氷川橋脇に鉄筋コンクリート製大鳥居を建造奉納されました。

しかし、建設されて40年余外的要因により構造物の強度劣化が著しく、崩落の危険性が危惧されたため、「安全確保を第一優先」に平成137月氏子の皆様に惜しまれ乍ら撤去されました。

本年1月総代新年顔合会の折り、新鳥居建造を提案し賛同を戴きました。

これに伴い八王子市関係行政機関との協議も好意的に御賛同を戴き再建を決意致し()アシザワに発注し本年8月竣工に至りました。

材質は耐久性があり半永久的な強化プラスチック製工法にて建立致しました。

再建にあたり予算が1005百万円程度見込まれ、広く関係町会・氏子の皆様のご協力を仰ぐ事がより意義あるものと考え、十二町会長並びに氏子の皆様にご協力を切にお願い申上げました結果、協賛者9百余名、総額6百万円余の尊い後協賛を戴きました。

氷川神社として、これを永久に残し後世に伝えることが協賛者各位に報いる事と考え別掲協賛御芳名者板を建立する事と致しました。

ここに氷川神社及び氏子一同のご繁栄とご発展を祈願致します。

 

平成十七年十月一日

出典:氷川神社

高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)由来(ゆらい)

鎮座地(ちんざち) 東京都八王子市高尾町2258

御祭神(ごさいじん) 素戔嗚(すさのおの)(みこと)

(ゆい) (しょ) 応永年間(13941427)に片倉(かたくら)城主(じょうしゅ)毛利(もうり)備中(びっちゅうの)守師(かみもろ)(ちか)武蔵(むさし)一ノ宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)勧請(かんじょう)し、(かん)(ぶん)2年(16627月に再建(さいけん)造営(ぞうえい)され高尾(たかお)総鎮守(そうちんじゅ)となりました。

現社殿(げんしゃでん)昭和(しょうわ)27820日に新築(しんちく)されました。

その(のち)昭和(しょうわ)40年の台風(だいふう)により御神木(ごしんぼく)がことごく

(たお)れました。

明治(めいじ)5年から例祭(れいさい)奉納(ほうのう)されている獅子舞(ししまい)神事(しんじ)昭和(しょうわ)35年に()無形(むけい)文化(ぶんか)(ざい)指定(してい)されました。

御祭神(ごさいじん)である素戔嗚(すさのおのみ)(こと)は、生贄(いけにえ)にされそうだった(くし)稲田(なだ)(ひめのみ)(こと)(くし)()えて(かみ)()(やま)(たの)大蛇(おろち)退治(たいじ)(のち)にお(きさき)にお(むか)えになったそうです。

縁結(えんむす)び・五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)のご(しん)(とく)ありと(つた)えられています。

(れい)祭日(さいび) 毎年(まいとし)8(だい)3土曜日・日曜日

 高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

高尾山氷川神社手水舎新築に伴う
寄進奉納のお願い

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は氷川神社の運営につきまして格別のご高配を賜り氷川神社御祭神の御神徳の高揚にご尽力を戴いておりますこと、誠にありがとうございます。

古い歴史と伝統を持った氷川神社は、旧浅川町はもとより氏子の皆様の手厚い信仰により支えられ今日に至っております。

高尾山は明治の森高尾国定公園や都立高尾陣馬自然公園に指定され年間3百万人が訪れる八王子市にとって重要な観光資源の一つです。

近年ミシュラングリーンガイドの三ツ星観光地に選定され高尾山の玄関口である高尾山口駅周辺地区では圏央道高尾インターチェンジの開通、観光案内機能をもった駅舎への改修、更には高尾599ミュージアムや温浴施設等、様々な事業展開が行われ観光地としての魅力や利便性の向上が一層期待されています。

これに伴い氷川神社の参拝者も増加の傾向にあり皆様により良い参拝をしていただくため、この度、手水舎を新築する運びとなりました。

工事は平成299月に着工し、12月に完成する予定です。

 

新しき年を手水舎の新築で一層の花を添えることができますことは私共一同慶びにたえません。

このことは、この事業への参画と併せて神社の発展のため氏子並びにご参詣の皆様に心からなる寄進奉納をお願い申し上げたいと存じます。

 

敬具

高尾山口駅(スタート)
高尾山口駅(スタート)
もみじ通り
もみじ通り
もみじ通り
もみじ通り
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
高尾出入口
高尾出入口
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2479 栄茶屋本店
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2479 栄茶屋本店
高尾山高橋家前
高尾山高橋家前
高尾山高橋家前
高尾山高橋家前
もみじ広場
もみじ広場
ムササビの銅像
ムササビの銅像
ムササビの銅像
ムササビの銅像
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2203
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2203
高尾山七福神洗心地蔵尊
高尾山七福神洗心地蔵尊
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2186
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2186
自然研究路6号路
自然研究路6号路
自然研究路6号路
自然研究路6号路
高尾山6号路 琵琶滝水行道場
高尾山6号路 琵琶滝水行道場
沢に響く歌声
沢に響く歌声

沢に響く歌声

聞いてみよう 探してみよう

自然研究路6号路では、ミソサザイをはじめとする

野鳥のさえずりがよく聞かれます。

 

 

 

オオルリ(夏鳥)

♪チーリーロージジッ

見晴らしの良い樹上などでさえずります。

夏鳥として春から夏にかけて日本で過ごし、秋には冬こしのために南の方へ渡ります。

ミソサザイ(留鳥)

♪チョツィツィツィツーペチルルル

谷川沿いの暗い林を好みます。

小さな体ですが、大きな美しい声で歌います。

キセキレイ(留鳥)

♪チチッチチッチチン

水辺、特に渓流を好み、

出典:高尾ビジターセンター

出典:高尾ビジターセンター

高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
シダを見つけよう
シダを見つけよう

シダを見つけよう

クジャクにゲジゲジ、イノシシ・・・

シダには、いろいろな動物の名前がつけられています。

あなたならどんな名前をつけますか?

出典:高尾ビジターセンター

シャガの効用
シャガの効用

シャガの効用

シャガは、中国産の植物でもともと日本にはありませんが、高尾山ではたくさん見られます。

丈夫な根をのばして数を増やすので、高尾山では土がくずれるのを防いでくれています。

シャガは、5月頃、薄紫色の花が咲かせます。

出典:高尾ビジターセンター

岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
琵琶滝・一号路
琵琶滝・一号路

琵琶滝・1号路

琵琶滝

むかし、偉いお坊さんが、高尾山を歩いていると、どこからか琵琶の音が聞こえてきました。

しかし、その琵琶の音が、どの方角から聞こえてくるかわかりません。

そのとき、一頭の鹿が現れ「どうぞこちらに・・・」と言うように先に立って道案内をしました。

お坊さんが鹿の後についていくと、白髪の老人が大岩に座って

琵琶を弾いていました。

その美しい調べに深く心を動かされたお坊さんは、白髪の老人に「悟りの道をお教えください」とお願いしました。

すると老人の姿は大岩に吸い込まれるように消え、そこにまるで白髪のような清らかな滝があらわれました。

その滝の音は、琵琶の調べのように美しく、お坊さんは、この滝を悟りを開くための修行の場としました。

これが琵琶滝です。

 

出典:高尾ビジターセンター

琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
高尾山で一番でっかい葉っぱ
高尾山で一番でっかい葉っぱ

高尾山で一番でっかい葉っぱ

とても大きなホオノキの葉は、昔から食べ物をのせたり包んだりと人々の生活に利用されてきました。

また、木もその柔らかくてキメのこまかい材質から、家具や下駄、版画の板として利用されています。

出典:高尾ビジターセンター

登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
アジサイの花の上で
アジサイの花の上で

アジサイの花の上で

沢すじを彩るアジサイの花たち。

高尾山では、6月から9がつにかけてヤマアジサイ、タマアジサイが順に花を咲かせます。

そこでは、“食う” “食われる”のドラマもくりひろげられています。

出典:高尾ビジターセンター

登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
粘板岩
粘板岩

(ねん) (ばん) (いわ)

昔むかし、高尾山は海の底でした。

砂や泥のたまった海底が大きく盛り上がって現在の高尾山となったのです。

粘板岩とは自然の力で砂や泥が固められてできたものです。

黒色粘板岩は、とてもかたく磨くと表面がツルツルになるので、(すずり)(いし)ともよばれ、硯や碁石(ごいし)に利用されます。

出典:高尾ビジターセンター

見あげてごらん
見あげてごらん

見あげてごらん

キョロキョロしていると、いろいろな発見があるものです。

のぞき込んだり、振り返ってみたり・・・。見あげてみるのもいいかもね。

ほら、あそこにセッコクがあるよ。

出典:高尾ビジターセンター

水辺にあつまる生きもの
水辺にあつまる生きもの

水辺にあつまる生きもの

水辺には、水中で暮らす生きものの他にも、さまざまな生きものたちが集まります。

水を飲みに、水浴びに、そしてそれらの生きものを狙って・・・。

出典:高尾ビジターセンター

登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
タネの旅
タネの旅

タ ネ の 旅

木や岩にはいのぼり、小さなかざぐるまのような花を咲かせるのがテイカカズラです。

秋になるとほそ長いさやの中からわた毛をつけたタネが風にのって飛んでいきます。

1組のさやには、いくつぐらいのタネが入っているでしょうか。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンター

山頂周辺のコース案内
山頂周辺のコース案内
稲荷山コース案内図
稲荷山コース案内図
キツツキの食事
キツツキの食事

キツツキの食事

キツツキは、枯れた木にもくっているキクイムシやカミキリムシなどの幼虫を食べてます。

するどいつめのついた足指は前後2本ずつに分かれ、しっかり木をつかまえます。

かたい尾も、体をささえるのに大変役立ちます。

 

❔ どうやって木の中の虫をとるのでしょう。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンター

登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
高尾山のカラス
高尾山のカラス

高尾山のカラス

ガーガーとにごった声は山のカラスハシボソガラス。

カーカーと明るい声が都会で見られるハシブトガラスです。

高尾山では昭和30年代からハシブトガラスがふえ始め、山頂のゴミ箱をあさる姿がよく見られました。

 

❔ 最近、山頂のハシブトガラスがへっているのは、なざでしょう。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンタ

登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
←ケーブルカー駅・薬王院 3号路・6号路→ 高尾山頂
←ケーブルカー駅・薬王院 3号路・6号路→ 高尾山頂
高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山大見晴園地
高尾山大見晴園地
/高尾山頂上
/高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上
登山コース3号路
登山コース3号路
かつら
かつら

高尾山3号路 かつら

ここにある、かつら林は大正14年に植林したものです。かつらは本州から九州まで広く生育している落葉大高木で、高さ30m、地上15mのところの直径が13mに達するものもあります。

新芽は、紅色となり、とくに雄の木は大変美しくなります。

庭園樹として樹形や黄葉も観察されます。この木は用途が広く、建築材(装飾材)器具材、家具材、楽器材、彫刻材、ベニヤ材や、えんぴつ材などに使用されます。

 

自然研究路3号路
自然研究路3号路

3号路 高尾山の植物

山頂から高尾山の南傾面を横切り、1号路の浄心門に下る静かなコースです。

ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。

常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

出典:高尾自然公園管理センター

変わりゆく森
変わりゆく森

変わりゆく森

森は、木々の生長(せいちょう)とともに姿(すがた)をかえます。

今、このあたりでは、モミの子どもがたくさん見られます。

このモミが大きく成長するころ、3号路の森はどのように変わっているのでしょうか。

出典:東京都 高尾ビジターセンター

登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
高尾山薬王院山門
高尾山薬王院山門
高尾山育喜苑
高尾山育喜苑
育喜苑奉安
育喜苑奉安
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
愛眼先手千観観音
愛眼先手千観観音
献観の碑
献観の碑
佛舎利奉安塔
佛舎利奉安塔
佛舎利奉安塔
佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
不殺生 [ふせっしょう]不偸盗 [ふちゅうとう]
不殺生 [ふせっしょう]不偸盗 [ふちゅうとう]
不邪淫 [ふじゃいん]不妄語 [ふもうご]
不邪淫 [ふじゃいん]不妄語 [ふもうご]
不綺語 [ふきご]不悪口 [ふあっく]
不綺語 [ふきご]不悪口 [ふあっく]
不瞋恚 [ふしんに]不邪見 [ふじゃけん]
不瞋恚 [ふしんに]不邪見 [ふじゃけん]
高尾山 男坂
高尾山 男坂
自然研究路1号路
自然研究路1号路

京王八王子駅(バス:8時11分)(スタート)→今熊山登山口バス停→今熊山→金剛の滝→小峰公園(ゴール)

5月13日日曜日
【今熊山と春の花めぐり】
高尾陣馬ファンクラブ会員限定

京王八王子駅
京王八王子駅
京王八王子駅
京王八王子駅
今熊山登山口バス停
今熊山登山口バス停
〒192-0151 東京都八王子市上川町 都道32号線
〒192-0151 東京都八王子市上川町 都道32号線
〒192-0151 東京都八王子市上川町 都道32号線
〒192-0151 東京都八王子市上川町 都道32号線
〒192-0151 東京都八王子市上川町498‐1
〒192-0151 東京都八王子市上川町498‐1
ようこそ!呼ばわり山伝説の里 今熊山観光へ
ようこそ!呼ばわり山伝説の里 今熊山観光へ
〒192-0151 東京都八王子市上川町446
〒192-0151 東京都八王子市上川町446
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
今熊山 正福寺
秋川丘陵の自然
秋川丘陵の自然
〒192-0151 東京都八王子市上川町4156
〒192-0151 東京都八王子市上川町4156
〒192-0151 東京都八王子市上川町4156
〒192-0151 東京都八王子市上川町4156
今熊ハイキングコース(日本、〒192-0151 東京都八王子市上川町264)
今熊ハイキングコース(日本、〒192-0151 東京都八王子市上川町264)
←今熊山を経て狩寄山・陣場山 今熊山登山口バス停・上川町→
←今熊山を経て狩寄山・陣場山 今熊山登山口バス停・上川町→
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
今熊神社
今熊神社
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
〒192-0151 東京都八王子市上川町33
今熊神社 鳥居
今熊神社 鳥居
今熊神社(遥拝殿)
今熊神社(遥拝殿)
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊神社 鳥居
今熊神社 鳥居
今熊神社(遥拝殿)
今熊神社(遥拝殿)
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊山 園地便所
今熊山 園地便所
今熊山 登山道
今熊山 登山道
今熊開運稲荷社
今熊開運稲荷社
今熊山頂 標高505m
今熊山頂 標高505m
今熊山 今熊神社
今熊山 今熊神社
今熊山頂
今熊山頂
今熊山頂
今熊山頂
今熊山頂
今熊山頂
今熊山本殿
今熊山本殿
山頂:今川神社奥の院
山頂:今川神社奥の院

上川ぶらり散歩Map モデルコースB 今熊山コース

今 熊 神 社

今熊神社の元社は現正福寺の西にある熊野権現社(通称、森)と考えられています。

今熊神社の履歴について正式な古記録はありせんが、川口村四分絵図(寛保元年=1741)によると今熊山の山頂にはまだ神社はなく、新編武蔵風土記稿(文政5年=1822)や武蔵名勝図会(文政6年=1823)からは4050年前頃より参拝者が訪れているとの記録から、寛保年間後半~安永年間(17721780)頃に森から祠を今熊山の山頂に移し新たな神社として「今」を付けた今熊野権現社が出来たと考えられます。

その後、文化、文政年間(18101826)頃に山頂に神社社殿が完成し、参拝者は南から登る道を整備し鳥居も3ヶ所建てました。

今熊神社として最も繁栄したのはこの頃から江戸時代後期頃のようです。

当時の世相と行方不明者探しとが絡み合いその祈願で“関東の呼ばわり山”と称され有名になったからです。

山頂の神社周りの玉垣の寄進名から遠方より多くの参拝者が来ていることが判ります。

当時、この規模の神社としては珍しく祈願成就する今熊神社を歓請して祀ることにした社があちこちにありました。

※山頂:今熊神社奥の院、山麓:今熊神社遥拝殿。

出典:上川の里づくり運営委員秋

←今熊山登山口バス停・狩寄山 金剛の滝・小峰公園→
←今熊山登山口バス停・狩寄山 金剛の滝・小峰公園→
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
←今熊山 今熊山登山口バス停→
←今熊山 今熊山登山口バス停→
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
金剛の滝 登山道
←金剛の滝
←金剛の滝
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
←金剛の滝
←金剛の滝
〒192-0151 東京都八王子市上川町19
〒192-0151 東京都八王子市上川町19
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
金剛の滝
←沢戸橋 小峰公園→
←沢戸橋 小峰公園→
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
あきる野市戸倉
〒190-0165 東京都あきる野市小中野177‐3
〒190-0165 東京都あきる野市小中野177‐3
〒190-0154 東京都あきる野市高尾31
〒190-0154 東京都あきる野市高尾31
〒192-0151 東京都八王子市上川町141
〒192-0151 東京都八王子市上川町141
〒192-0151 東京都八王子市上川町141
〒192-0151 東京都八王子市上川町141
かたらいの路 秋川広陵コース
かたらいの路 秋川広陵コース
都立小峰公園
都立小峰公園
通り抜け不可
通り抜け不可
←桜尾根をへてビジターセンターふれあい広場
←桜尾根をへてビジターセンターふれあい広場
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
八王寺往還街道
八王寺往還街道

八王子往還道

この尾根道は昔、五日市から八王子へ通じる往還でした。

旧留原部落の入り口にあたるこの場所は、魔除けの意味もあって庚申などが祀られました。

出典:小峰ビジターセンター

小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
小峰公園内
八坂神社→
八坂神社→
小峰公園バス停
小峰公園バス停
庚申塔
庚申塔
小峰公園水田
小峰公園水田