江戸城 桜田門(スタート)→江戸城 坂下門→宮内庁→乾通り→江戸城 局門→江戸城 門長屋→大嘗宮(仮設建物)→江戸城 平川門→江戸城築城の碑→千駄ヶ谷駅前交番→新国立競技場→日本オリンピックミュージアム→外苑橋→JR千駄ヶ谷駅(ゴール)

師走の冬晴のした、
皇居東御苑に作られた大嘗祭と
新国立競技場を見学しながら
健康ウオーキング

広告
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田(さくらだ)(ごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の(わたり)櫓門(やぐらもん)の二重構造からなり、(そと)桝形(ますかた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(162444)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(186033日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

 

 

広告
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
広告
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)周辺
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)周辺
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
広告
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

江戸城 坂下門

坂下門は江戸城西の丸造営直後に築かれた門が坂下門。江戸時代には西の丸大奥に近く、西の丸の通用門として利用されていました。現在、西の丸は皇居となっているため、宮内庁の管理で、通常は立ち入ることができません。文久2115日(1862213日)、老中・安藤信正がこの門外で水戸浪士に襲われた「坂下門外の変」は有名。

出典:東京とりっぷ

広告
皇居 桔梗門(江戸城 内桜田門)(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)方面
皇居 桔梗門(江戸城 内桜田門)(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)方面
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)方面
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)方面
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
宮内庁(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
宮内庁(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
皇居宮殿 豊明殿(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)方面
皇居宮殿 豊明殿(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)方面
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 局門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 局門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

江戸城 局門

普段は通れない乾通り沿いにあり、大奥に一番近いことからお局の名前がついたそうです。

出典:攻城団

広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通りから江戸城 富士見多聞櫓(〒100-0001 東京都千代田区千代田1丁目1)を眺める
乾通りから江戸城 富士見多聞櫓(〒100-0001 東京都千代田区千代田1丁目1)を眺める
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 門長屋(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 門長屋(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

江戸城 門長屋

広告
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

サクラ バラ科

シキザクラ

四季桜

広告
江戸城 道灌濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 道灌濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

(どう) (かん) (ぼり)

広告
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
広告
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
広告
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
広告
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
広告
皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)

皇 居 東 御 苑

皇室のお庭

入園無料

広告
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

江戸城 平川門

太田道灌が江戸城を築いた15世紀には、江戸湾に面した現在の平川門周辺には、上平川村、下平川村という村があったのが平川門の名の由来です。太田道灌の時代から門が築かれていたと推測され、3代将軍・徳川家光の治世である1635年(寛永12)年、高麗門(第一門)、渡櫓門(第二門)という強固な枡形門のスタイルとなりました。

出典:東京とりっぷ

広告
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城築城の碑(〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1)周辺
江戸城築城の碑(〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1)周辺
広告
千駄ヶ谷駅前交番(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目35)周辺
千駄ヶ谷駅前交番(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目35)周辺
都営地下鉄国立競技場駅
都営地下鉄国立競技場駅
広告
←国立能楽堂 国立競技場→
←国立能楽堂 国立競技場→
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
広告
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
新国立競技場
新国立競技場

新国立競技場

1958年(昭和33年)に開場した国立霞ヶ丘陸上競技場(旧・国立競技場)の老朽化対応と、東京オリンピック・パラリンピックの主会場とすることを念頭に、旧・国立競技場の全面改築により建てられた施設で、新国立競技場の仮称にて2012年より建設事業に着手。201612月に着工し、201973日に開場後の正式名称が『国立競技場』となることが日本スポーツ振興センターより発表され、201911月に竣工。20191221日に施設の開場式(オープニングイベント)を開催した。スポーツイベントとしてのこけら落しは202011日の天皇杯JFA 99回全日本サッカー選手権大会決勝・ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズで、神戸が鹿島を破り初優勝を果たした。

正式な所在地は新宿区霞ヶ丘町であるが、競技場の敷地は新宿区と渋谷区に跨がって立地している。明治神宮外苑に隣接するが、神宮外苑の施設には含まれていない。

開場時点では陸上競技場兼球技場として建設されており、東京オリンピックでは開会式・閉会式の他、陸上競技(トラック&フィールド)、サッカー(女子決勝)の会場として、東京パラリンピックでは開会式・閉会式の他、陸上競技(トラック&フィールド、及びマラソンのゴール)に使用される。オリンピック・パラリンピック以降の利用方法については、「陸上競技場として存置」「球技専用施設に改修」などの案が取り沙汰されているが、結論を大会終了後の2020年秋まで先送りすることが明らかになっており、流動的である。

旧国立霞ヶ丘陸上競技場の施設内に存在した秩父宮記念スポーツ博物館は、新デザインの募集では「ホスピタリティ機能」の中に含まれ設置が想定されているものの、開場時点では設置されず、足立区綾瀬の仮事務所にて業務を行っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
オリンピックモニュメント(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
オリンピックモニュメント(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
日本オリンピックミュージアム(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
日本オリンピックミュージアム(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
広告
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
広告
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺

新宿中央公園(スタート)→熊野神社→成子坂下→北新宿三丁目→小滝橋→下落合駅前→高戸橋→西早稲田地区交流館→馬場下町→都立戸山公園→総務省統計局角→抜弁天→新宿六丁目→区役所第一分庁舎→新宿区役所前→新宿大ガード西→新宿警察署前→新宿警察署裏→新宿中央公園北→新宿中央公園(ゴール)

しんじゅくシティウォーク

広告
新宿中央公園
新宿中央公園





広告
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
広告
新宿中央公園

新宿中央公園
新宿中央公園

新宿中央公園
広告
新宿中央公園

新宿中央公園
新宿中央公園

新宿中央公園
広告
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
広告
新宿中央公園
新宿中央公園

久遠の像

この像は江戸城を築いた太田道灌が武蔵野の原で狩をしたときの伝説の一情景であります。

197884

広告
新宿中央公園
新宿中央公園
広告
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
広告
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
新宿中央公園
広告
新宿中央公園
新宿中央公園
熊野神社前交差点
熊野神社前交差点
神田川遊歩道
神田川遊歩道
広告
北新宿三丁目交差点
北新宿三丁目交差点
神田川遊歩道
神田川遊歩道
広告
落合水再生センター東門
落合水再生センター東門
日本、東京都 明治通り
日本、東京都 明治通り
広告
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目18 西早稲田ハイツ
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目18 西早稲田ハイツ
〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目18 西早稲田ハイツ

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1丁目18 西早稲田ハイツ
広告
場上下町交差点
場上下町交差点
戸山公園
戸山公園

戸山公園

東京都新宿区にある都立公園である。敷地は明治通りを挟んで、大久保地区(西側)と箱根山地区(東側)に完全に分かれている。地名としては、戸山二丁目・三丁目と大久保三丁目にまたがる。

ソース: 戸山公園 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目23‐7
〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目23‐7
新宿六丁目交差点
新宿六丁目交差点
広告
〒160-0023 東京都新宿区 青梅街道
〒160-0023 東京都新宿区 青梅街道

新宿スポーツセンター(スタート)→明治通り→新宿御苑前→代々木駅前→文化服飾学園→参宮橋→代々木八幡宮→代々木公園西門→代々木公園原宿門(ゴール)

第153回「新宿スポーツセンター
から冬の代々木公園へ」 約10Km

広告
新宿スポーツセンター(スタート)
新宿スポーツセンター(スタート)


広告
新宿スポーツセンター(スタート)
新宿スポーツセンター(スタート)


広告
新宿スポーツセンター(スタート)
新宿スポーツセンター(スタート)
新宿スポーツセンター(スタート)

新宿スポーツセンター(スタート)
広告
新宿スポーツセンター(スタート)

新宿スポーツセンター(スタート)
新宿コズミックスポートセンター前
新宿コズミックスポートセンター前
広告
新宿コズミックスポートセンター前

新宿コズミックスポートセンター前
新宿コズミックスポートセンター前

新宿コズミックスポートセンター前
広告
〒160-0022 東京都新宿区 明治通り
〒160-0022 東京都新宿区 明治通り
新宿六丁目交差点
新宿六丁目交差点
広告
新宿六丁目交差点

新宿六丁目交差点
新宿六丁目交差点

新宿六丁目交差点
広告
innocently TOKYO(イノセントリー東京)
innocently TOKYO(イノセントリー東京)
広告
新宿四丁目交差点
新宿四丁目交差点
広告
新宿四丁目交差点

新宿四丁目交差点
新宿四丁目交差点

新宿四丁目交差点
広告
ルイ・ヴィトン 新宿髙島屋店前
ルイ・ヴィトン 新宿髙島屋店前
ルイ・ヴィトン 新宿髙島屋店前

ルイ・ヴィトン 新宿髙島屋店前
広告
代々木二丁目あおい公園
代々木二丁目あおい公園
スタジオ・ヨギー新宿WEST/yoggy institute main school
スタジオ・ヨギー新宿WEST/yoggy institute main school
広告


〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目3‐7 中華昇楽
〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目3‐7 中華昇楽
広告
代々木八幡宮
代々木八幡宮
代々木八幡宮境内案内
代々木八幡宮境内案内
代々木八幡宮境内案内図

代々木八幡宮境内案内図

建暦2年(1212年)、源頼家の近習・近藤三郎是茂の家来であった荒井外記智明によって創建された。頼家が修禅寺で暗殺された後、智明は武蔵国代々木野に隠遁し主君の冥福を祈る日々を送っていたが、建暦2年8月15日の夜、鎌倉の八幡大神から宝珠のような鏡を授かり、託宣を受ける夢を見た。そこで、同年9月23日、元八幡の地に小祠を建て鶴岡八幡宮より勧請を受けたのが当社の始まりであると伝える。現在でも例祭は9月23日に行われている。

昭和25年、境内の発掘調査が行われ、縄文時代の住居跡などが発見された。境内に竪穴式住居を復元したものがある。「代々木八幡遺跡」として渋谷区の史跡に指定されている。

ソース: 代々木八幡宮 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
代々木八幡宮本殿
代々木八幡宮本殿
代々木公園西門
代々木公園西門
広告
代々木公園
代々木公園
広告
代々木公園
代々木公園
代々木公園

代々木公園

大久保地域センター(スタート)→皆中稲荷神社→北向観音菩薩(新宿)→職安通り→新宿イーストサイドスクエア→大聖院 (新宿) →紅皿の墓→戸山公園→大久保通り→大久保地域センター(ゴール)

新宿区大久保地域
名所ウオーキング

広告
皆中稲荷神社
皆中稲荷神社
広告
皆中稲荷神社
皆中稲荷神社
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目11‐8
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目11‐8
広告
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
広告
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
〒169-0073 東京都新宿区百人町1丁目6‐3 素霊記念館
西大久保公園
西大久保公園
広告
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
西大久保公園
広告
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
広告
新宿イーストサイドスクエア
新宿イーストサイドスクエア
広告
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
広告
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
天台寺門宗大聖院
広告
紅皿の墓
紅皿の墓
紅皿の墓
紅皿の墓

新宿区指定史跡

紅 皿 の 墓

所 在 地 新宿区新宿六丁目二十一番十一号

指定年月日 平成十八年八月四日

太田道灌の山吹の里伝説に登場する少女・紅皿の墓と伝承される中世の板碑(1基)、燈籠(2基)、水鉢(1基)、花立(2基)から構成される。

板碑は区内で唯一のものとなる中世の十三仏板碑である。また、板碑の前には12代守田勘弥や歌舞伎関係者により石燈籠等が立てられ、その存在が広く知られるようになった。

伝説では、太田道灌が高田の里(現在の面影橋のあたりとされる)へ鷹狩に来てにわか雨にあい、近くの農家に雨具を借りようと立ち寄った。

その家の少女・紅皿は、庭の山吹の一枝を差し出し、『御拾遺集』の中にある「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだになきぞかなしき」の歌にかけて、雨具(蓑)のないことを伝えた。後にこれを知った太田道灌は歌の教養に励み、紅皿を城に招いて歌の友とした。

道灌の死後、紅皿は尼となって大久保に庵を建て、死後その地に葬られたという。

紅皿の墓とされる伝承が江戸時代中頃成立、展開し、幕末維新期を経て広まっていく様子を知ることができ、伝承、文献も含めた史跡として位置づけられ貴重である。

出典:新宿区教育委員会

広告
抜弁天北公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
広告
戸山公園
戸山公園
抜弁天北公園
抜弁天北公園
広告
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目1 大久保通り
〒169-0072 東京都新宿区大久保2丁目1 大久保通り
大久保地域センター(ゴール)
大久保地域センター(ゴール)
広告

飛鳥山公園(スタート)→鎗溝橋→堀船公園→白山神社→隅田川→あらかわ遊園→尾久の原公園→尾竹橋通り→荒木田→荒川自然公園北→天王公園→三ノ輪橋駅(ゴール)

第147回
「帰りは都電荒川線に乗って」
約10Km

広告
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
広告
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
広告
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
広告
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
広告
飛鳥山公園(スタート)
飛鳥山公園(スタート)
〒114-0002 東京都北区王子1丁目 王子駅
〒114-0002 東京都北区王子1丁目 王子駅
広告
〒114-0004 東京都北区堀船1丁目 首都高速中央環状線
〒114-0004 東京都北区堀船1丁目 首都高速中央環状線
〒114-0004 東京都北区堀船1丁目 首都高速中央環状線

〒114-0004 東京都北区堀船1丁目 首都高速中央環状線
広告
王子桜橋(〒114-0004 東京都北区堀船1丁目1‐9)
王子桜橋(〒114-0004 東京都北区堀船1丁目1‐9)
〒114-0004 東京都北区堀船1丁目1‐9
〒114-0004 東京都北区堀船1丁目1‐9
広告
〒114-0004 東京都北区堀船2丁目12‐8
〒114-0004 東京都北区堀船2丁目12‐8
堀船白山神社
堀船白山神社
広告
堀船白山神社

堀船白山神社
堀船白山神社

堀船白山神社
広告
〒114-0004 東京都北区堀船3丁目11‐3
〒114-0004 東京都北区堀船3丁目11‐3
隅田川テラス
隅田川テラス
広告
あらかわ遊園
あらかわ遊園
あらかわ遊園

あらかわ遊園
広告
隅田川テラス
隅田川テラス
隅田川テラス

隅田川テラス
広告
隅田川テラス

隅田川テラス
〒116-0012 東京都荒川区東尾久8丁目45‐26
〒116-0012 東京都荒川区東尾久8丁目45‐26
広告
玄琳牡丹屋敷
玄琳牡丹屋敷

あらかわの史跡・文化財

玄琳牡丹屋敷跡

江戸時代後期、ここに佐治玄琳という医者の屋敷があり、文化年間(一八〇四~一八)庭に見事な牡丹を植えていたため牡丹屋敷と呼ばれた。二列の花壇には、夏になると大小色とりどりの牡丹が咲き乱れ、なかには珍しい品種も植えられていた。特に、百輪以上の花を付ける一株が有名で、将軍の御物とされ、毎年詳細な書上を提出していたという。

将軍もたびたびここに御成をしたが、実際に訪れた十万庵敬順は、庭のしつらえを称賛しつつ、「将軍御物の牡丹は、元々上総国(現千葉県)産で、樹の高さは約七尺(約二・一メートル)余あり。左右にへ伸びた枝は約九尺(約二・七メートル)余。根元の幹の太さは二尺一寸(約七十五・二センチメートル)もあり、花はみんな薄紅の八重である」と「遊歴雑記」に書き残している。

出典:荒川区教育委員会

広告
尾久の原公園
尾久の原公園
尾久の原公園

尾久の原公園
広告
尾久の原公園

尾久の原公園
尾久の原公園

尾久の原公園
広告
尾久の原公園
尾久の原公園
隅田川テラス
隅田川テラス
広告
隅田川テラス

隅田川テラス
隅田川テラス

隅田川テラス
広告
隅田川テラス

隅田川テラス
天王公園
天王公園
広告
天王公園

天王公園
隅田川テラス
隅田川テラス
広告