井の頭公園野外ステージ前(スタート)→井の頭通り→多摩湖自転車道→小金井公園(昼食)→梶野通り→梶野公園(ゴール)

第22回  井の頭自然ウォーク
“自然とのふれあいを楽しみに”
東京都ウオーキング協会

井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
井の頭恩賜公園
吉祥寺駅前交差点
吉祥寺駅前交差点
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目 井ノ頭通り
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目 井ノ頭通り
成蹊通り交差点
成蹊通り交差点
〒180-0006 東京都武蔵野市中町2丁目19 井ノ頭通り.
〒180-0006 東京都武蔵野市中町2丁目19 井ノ頭通り.
中央通り交差点
中央通り交差点
関前一丁目交差点
関前一丁目交差点
関前一丁目交差点
関前一丁目交差点
〒180-0014 東京都武蔵野市関前1丁目8 井ノ頭通り
〒180-0014 東京都武蔵野市関前1丁目8 井ノ頭通り
境浄水場西交差点
境浄水場西交差点
関前西公園
関前西公園
関前西公園バス停
関前西公園バス停
関前西公園
関前西公園
多摩湖自転車歩行者道
多摩湖自転車歩行者道
多摩湖自転車(サイクリングロード)
多摩湖自転車(サイクリングロード)
都立小金井公園案内図
都立小金井公園案内図

都立小金井公園案内図

概 要

開 園 昭和29年(1954年)114

公園面積 802.106

(平成2661日現在の開園面積)

有料施設 ①江戸東京たてもの園042388-3300

②小金井総合体育館 042386-2120
③弓道場 洋弓(偶数日)和弓(奇数日)

④テニスコート(16面)

⑤野球場(1面)

⑥駐車場(第1、第2700台)

無料施設 ①SL(C57)展示場

㋂~㋊中の毎日曜日と祝日及び都民の日に公園

②サイクリングセンター(幼児、小学校、中学生)

③槻の木広場(バトミントン・ローラースケート・スケートボードなど)

④ゲートボール広場 25m×20m2面)

⑤わんぱく広場

⑥ソリゲレンデ

⑦ユーカリ広場(バーキュー広場、10時~16時、届と出必要)

施設の利用時間 917時(受付け・整理時間含む)

施設の休場・休館日 1229日~13日は全部

都立小金井公園
都立小金井公園

井の頭公園野外ステージ前(スタート)→吉祥寺駅→(電車移動)→高円寺駅南口→高円寺中央公園→桃園川緑道→囲桃園公園→中野駅前→紅葉山公園(昼食・抽選会)→神田川→成子天神社(ゴール)

第16回  井の頭自然ウォーク
“自然とのふれあいを楽しみに”
東京ウオーキング協会

井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44‐5
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44‐5
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
井の頭公園野外ステージ前(スタート)
囲桃園公園
囲桃園公園
囲桃園公園
囲桃園公園
囲桃園公園
囲桃園公園
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
成子天神社
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目14‐16
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目14‐16
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9‐7 なかのZERO
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9‐7 なかのZERO
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9‐7 なかのZERO
日本、〒164-0001 東京都中野区中野2丁目9‐7 なかのZERO
日本、〒164-0001 東京都中野区中野3丁目36‐7
日本、〒164-0001 東京都中野区中野3丁目36‐7
日本、〒164-0011 東京都中野区中央2丁目37‐3
日本、〒164-0011 東京都中野区中央2丁目37‐3
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1丁目31‐12
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南1丁目31‐12
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目18‐9
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目18‐9
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目19‐9 Mホワイトシャトル
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目19‐9 Mホワイトシャトル
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目3‐3 メゾンふじ
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目3‐3 メゾンふじ
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目3‐9
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目3‐9
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44‐5
日本、〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4丁目44‐5
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
柏木どんぐり公園
神田川
神田川
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園

形式C-11

C-11は代表的なタンク機関車で、昭和7年C-10の改良型として都市近郊や支線の旅客用に誕生しましたが、やがて貨物用・入替用にと用途をひろげ、15年間で400輌近く製造されました。

C-11368は昭和21年製作で、第4次製造に含まれる車輌です。標準型と異なり炭車上部が斜でなくなったりサイドタンクやキャブ下側の線が変更されたりしています。

ここへ来るまで延べ113万㎞を走破し昭和47年7月まで、石巻線(宮城県石巻―女川間)で活躍していた機関車です。

 

形式C11諸元

車輌配置

1C2

小煙管(直径×長さ×数)

145×3200×87

動輪直径

1520㎜

機関車重量(運転整備)

68.06

最大運動速度

85km/h

機関車重量(空車)

52.50

シリンダー(直径×行程)

450×610

最大軸量

13.13

使用圧力

15.0kgf/

炭水積載量

3.0/6.88.5)㎥

火格子面積

1.60

機関車性能

 

全伝熱面積

104.1

シリンダー引張力

9840

過熱伝熱面積

29.3

粘着引張力

9848

ボイラー水容量

3.8

最大動輪周馬力

610

出典:交通博物館

紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
紅葉山公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園
高円寺中央公園

井の頭公園野外ステージ前(スタート)→井の頭弁財天→玉川上水→高山小学校→赤とんぼ公園→牟礼神明社→牟礼の里公園(昼食)→井の頭公園(ゴール)

第15回  井の頭自然ウォーク
“自然とのふれあいを楽しみに”

井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園野外ステージ前



井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園野外ステージ前

井の頭公園野外ステージ前
井の頭公園
井の頭公園
井の頭公園

井の頭公園

井の頭恩賜公園由来の碑

井の頭恩賜公園は、三鷹市の北東に位置し、我が国最初の郊外公園として大正六年に開園した。

「井の頭」の称はさらにずっと古く。

三代将軍徳川家光がその名付け親と伝えられている。

東西に広がる台地から神田上水が流れ出し、江戸開府の昔より明治半ばに至るまで人々のくらしをうるおし続けたのである。

美しい自然をはぐくみ、ふるさと三鷹の文化を育てた井の頭の水は、現在お茶の水の井筒によってわずかにその面影を偲ぶのみだが、かってはその湧出口から清冽さと豊かさを誇ってあふれていた。

「七井池」別名が生じ、池にかけられた橋を「七井橋」というのもこれによる。

桜・新緑・紅葉・雪と四季おりおりの風情を楽しむことができる公園は、それぞれの時代、それぞれの人の心の中にしっかりと根を下ろし、今日も青空と雑木林を映している。

平成5年9月 三鷹市

井の頭公園

井の頭公園
井の頭公園

井の頭公園
井の頭公園

井の頭公園
井の頭公園

井の頭公園
井の頭公園

井の頭公園
井の頭弁財天 神社
井の頭弁財天 神社
井の頭弁財天 神社

井の頭弁財天 神社
井の頭弁財天 神社

井の頭弁財天 神社
徳川三代将軍御切付旧蹟
徳川三代将軍御切付旧蹟
神田御水源井之頭弁財天
神田御水源井之頭弁財天
黒門(鳥居)
黒門(鳥居)
井の頭恩賜公園 第二公園
井の頭恩賜公園 第二公園
井の頭恩賜公園 第二公園

井の頭恩賜公園 第二公園
井の頭恩賜公園 第二公園

井の頭恩賜公園 第二公園
井の頭恩賜公園 第二公園

井の頭恩賜公園 第二公園
玉川上水
玉川上水
〒181-0001 東京都三鷹市井の頭5丁目2‐44
〒181-0001 東京都三鷹市井の頭5丁目2‐44
高山小学校
高山小学校
高山小学校

高山小学校
三木露風 墓
三木露風 墓

三鷹市指定文化財

三 木 露 風 墓

種 別 史跡

指定年月日 昭和551980)年㋄㏳

所 在 地 三鷹市牟礼514

本名、操。播州瀧野藩(現・兵庫県龍野市)の旧士族として生まれる。年少のころより詩文に優れ、処女詩歌集「夏姫」を自費出版した明治381905)年16歳で上京する。明治421909)年「発園」によって詩壇の地位を得る。北原白秋の「邪宗門」と並び称され、“白露時代”と呼ばれる一時期を画した。

童謡「赤とんぼ」は、大正期童謡運動のさなか大正101921)年頃、北海道函館で作詞され、昭和21927)年山田耕作によって曲がつけられた。

昭和31928)年より三鷹市牟礼に移り住み、詩作と井の頭公園への散策にふけった。昭和391992)年1229日下連雀で交通事故により死去。

平成41992)年731

出典:三鷹市教育委員会

 

三木露風 墓
三木露風 墓
三木露風之墓
三木露風之墓
三木露風 赤とんぼ公園
三木露風 赤とんぼ公園
三木露風 赤とんぼ公園
三木露風 赤とんぼ公園
サミット
サミット
牟礼神明社
牟礼神明社
牟礼神明社

牟礼神明社
牟礼神明社

牟礼神明社


牟礼の里公園
牟礼の里公園
牟礼の里公園

牟礼の里公園
牟礼の里公園

牟礼の里公園

三鷹市 歴史・文化・自然のご案内

牟礼の里公園

牟礼の里公園は、多摩川上水に近接する高台にあり、周辺に広がる農業空間を含めて牟礼の里を構成するこの地域は、三鷹の原風景を感じることができます。

今後は、牟礼の里公園と玉川上水のアクセスを確保するとともに、玉川上水を軸とする公園緑地のネットワークの形成を目指して取り組んでいきます。

牟礼の里公園では、地域の方々のボランティア団体を結成して、園内の樹木の管理・清掃活動を行っています。

秋には地元の住民による秋祭りが開催され親しまれる公園となっています。

出典:三鷹市

0422451151

牟礼の里公園
牟礼の里公園
〒181-0002 東京都三鷹市牟礼3丁目2‐17
〒181-0002 東京都三鷹市牟礼3丁目2‐17
三角公園
三角公園
三角公園

三角公園
京王井の頭線高架下
京王井の頭線高架下