千代田区役所(スタート)→清水門→吉田茂像→北の丸公園露場→北の丸公園→東京国立近代美術館 工芸館→千鳥ヶ淵さんぽみち→千鳥ヶ淵交差点→半蔵門交差点→皇居外苑→ 楠公レストハウス→楠木正成像→東京駅(ゴール)

至極穏かな秋晴れの下、
千代田区役所から皇居周辺の、
名所(北の丸公園、東京国立近代美術館 工芸館、千鳥ヶ淵さんぽみち、千鳥ヶ淵、半蔵門、皇居外苑、楠公レストハウス、楠木正成像)
を散策するウオーキング

広告
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
広告
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
千代田区役所(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2−1)
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)
広告
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)前
中部日本放送(株) 東京支社(〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6−17 千代田会館 7階)前
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
広告
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
清水門遊歩道から日本武道館(〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2−3)眺める
清水門遊歩道から日本武道館(〒102-8321 東京都千代田区北の丸公園2−3)眺める
広告
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
至 清水門(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
清水門内石段(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2−2)
清水門内石段(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2−2)
広告
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

広告
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)周辺
吉田茂像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2)周辺
広告
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北の丸公園露場(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
広告
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
広告
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
広告
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北の丸公園(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)

北白川宮(きたしらかわのみや)(よし)(ひさ)親王(しんのう)

弘化4年(1847)伏見宮邦家親王の第九皇子として御誕生。嘉永元年(1848(しょう)蓮院(れんいん)宮御相続、安政5年(1858(りん)王寺(のうじ)宮御相続、(こう)(げん)法親王(俗名(よし)(ひさ))と称せられ、上野寛永寺の門跡(もんぜき)となられる。明治3年(1870還俗(げんぞく)して伏見宮に御復帰、軍籍に就かれた。同年勅令によりプロシャ国留学を命ぜられ、同国歩兵・砲兵聯隊、参謀学校等で兵学を学ばれ、明治10年後帰朝、近衛砲兵聯隊御隊附。御留学中の同5年北白川宮を御相続遊ばされた。同17年陸軍少将に任ぜられ、歩兵第一旅団長、参謀本部御出任。同25年陸軍中将に任ぜられ、第六・第四師団長を御歴任、同281月近衛師団長に親補せられ、近衛師団を率いて台湾に御出征、炎熱(えんねつ)瘴癘(しょうれい)の地で疫病に罹らせ給い、明治281028日(1895)台南に於て薨去遊ばされた。御年49歳。陸軍大将に任ぜられ、大勲位菊花章顕飾および功三級金鵄勲章を賜わり、國葬を以て豊島岡陵に御埋棺された。

銅像は、明治36126日、北の丸に駐屯していた近衛歩兵第一・第二聯隊正面前(現在地より東方約60メートル)に建立されたが、昭和38年北の丸公園整備計画に従いこの地点に移された。製作は、渡台時近衛騎兵として側近に仕えた斯界の大家新海竹太郎によるもので、芸術的にも高く評価されている。鋳造は陸軍砲兵工廠である。

建立後80余年を経て若干箇所の損傷を見るに至ったので、昭和60年有志相諮り修復した。

昭和601028

親王90年祭にあたり元近衛師団戦友会誌す

 

広告
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
北白川宮能久親王銅像(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1)
広告
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
東京国立近代美術館 工芸館(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1−1)
広告
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
広告
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)から東京国立近代美術館 工芸館を眺める
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)から東京国立近代美術館 工芸館を眺める
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
広告
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
首都高速都心環状線(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
千鳥ヶ淵さんぽみち(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
千鳥ヶ淵さんぽみち(〒102-0091 東京都千代田区 代官町通り)
広告
千鳥ヶ淵さんぽみち →北の丸公園 ←千鳥ヶ淵緑道
千鳥ヶ淵さんぽみち →北の丸公園 ←千鳥ヶ淵緑道.
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵交差点
広告
麹町署 千鳥ケ淵警備派出所(〒102-0082 東京都千代田区)
麹町署 千鳥ケ淵警備派出所(〒102-0082 東京都千代田区)
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵交差点
広告
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)

千鳥ヶ淵公園

大正81919)に開演。面積15,845㎡。半蔵濠に面した敷地、内堀通りを挟んで大使館の桜並木、そして千鳥ヶ淵交差点角の敷地の3ヶ所に分かれている。

英国大使館前の桜並木は、明治141881)年に英国公使アーネスト・サトウから寄贈された桜に由来する。

広告
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
千鳥ヶ淵公園(〒102-0082 東京都千代田区麹町1丁目2)
広告
千鳥ヶ淵公園 (第一東京市立中学校発祥之地(〒102-0083 東京都千代田区))
千鳥ヶ淵公園 (第一東京市立中学校発祥之地(〒102-0083 東京都千代田区))
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)
広告
半蔵門交差点
半蔵門交差点
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)前
麹町警察署半蔵門警備派出所(〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目2−1)前

(はん) (ぞう) (もん)

半蔵門は、江戸城にある門の1つである。 城の西端に位置し、まっすぐ甲州街道に通じている。大手門とは正反対の位置にある。住所は東京都千代田区麹町1丁目。また東京メトロ半蔵門線半蔵門駅周辺の呼称。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
半蔵門交差点(Wacoal)
半蔵門交差点(Wacoal)
広告
半蔵門案内板
半蔵門案内板

(はん) (ぞう) (もん)

江戸城内郭門の一つで、「こうじまち口」とも呼ばれ、四谷門とともに甲州街道の要衝(ようしょう)となっていました。名前の由来は、伊賀者の服部半蔵がこのあたり配下とともに屋敷を拝領していたという説があります。ほかにも、この門から城内に入る山王祭礼の象の山車(だし)枡形門(ますがたもん)をくぐることができず。半分だけしか入らなかったという説もあります。門は1620年(元和6年)仙台藩(現在の宮城県)藩主伊達(だて)政宗(まさむね)ほか6名の東国大名により築造されました。

江戸時代には、半蔵門から入り北に進み、現在の代官町通りを通って、竹橋門(現在の竹橋駅付近)に抜けることができました。

1871年(明治4年)に(わたり)(やぐら)門は撤廃され、現在は高麗門だけが残り、皇室の皇居への通用門として使用されています。

 

半蔵門「旧江戸城写真帖1871年(明治4年)撮影

東京国立博物館蔵

広告
半蔵門「旧江戸城写真帖1871年(明治4年)撮影
東京国立博物館蔵
半蔵門「旧江戸城写真帖1871年(明治4年)撮影
東京国立博物館蔵

江戸城を取り巻く地形と文化財

江戸城を取り巻く地形と文化財
江戸城を取り巻く地形と文化財
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
桜田濠遊歩道
桜田濠遊歩道
広告
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
国立劇場(〒102-8656 東京都千代田区隼町4−1)周辺
国立劇場(〒102-8656 東京都千代田区隼町4−1)周辺
広告
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
最高裁判所(〒102-0092 東京都千代田区隼町4−2)周辺
最高裁判所(〒102-0092 東京都千代田区隼町4−2)周辺
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
桜田濠遊歩道
桜田濠遊歩道
国土交通省(〒100-8918 東京都千代田区霞が関2丁目1−3 中央合同庁舎 3号館5階)周辺
国土交通省(〒100-8918 東京都千代田区霞が関2丁目1−3 中央合同庁舎 3号館5階)周辺
広告
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
桜田濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
広告
皇居外苑(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
皇居外苑(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
至 祝田橋(内堀通り)
至 祝田橋(内堀通り)
広告
至 祝田橋(内堀通り)
至 祝田橋(内堀通り)
楠公レストハウス(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)
楠公レストハウス(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)

楠公レストハウス

東京都が推奨する「東京食材使用店第1号」に登録された和食レストラン。「一汁三菜」形式の伝統的な日本食を提供。英語メニューあり。

出典:楠公レストハウス

広告
楠木正成像
楠木正成像

(くすのき) () (まさ) (しげ)

楠木(くすのき) 正成(まさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。出自不詳。自称は橘氏後裔。息子に正行、正時、正儀。

元弘の乱(1331 – 1333年)で後醍醐天皇を奉じ、大塔宮護良親王と連携して、千早城の戦いで大規模な幕軍を千早城に引きつけて日本全土で反乱を誘発させることによって、鎌倉幕府打倒に貢献した。また、建武の新政下で、最高政務機関である記録所の寄人に任じられ、足利尊氏らとともに天皇を助けた。延元の乱での尊氏反抗後は、新田義貞、北畠顕家とともに南朝側の軍の一翼を担ったが、湊川の戦いで尊氏の軍に敗れて自害した。

南北朝時代・戦国時代・江戸時代を通じて日本史上最大の軍事的天才との評価を一貫して受け、「三徳兼備」(『太平記』、儒学思想上最高の英雄・名将)、「多聞天王の化生(けしょう)」(『太平記評判秘伝理尽鈔』、「軍神の化身」の意)、「日本開闢以来の名将」(江島為信『古今軍理問答』)と称された。『太平記』では奇想天外な策と智謀に長けた「不敵」(無敵)の戦術家としての活躍が印象的に描かれるが、それは正成の軍才のごく限定された一面に過ぎず、史実では刀を振るえば電撃戦を得意とし六波羅探題を震撼させた猛将であり(『楠木合戦注文』『道平公記』)、築城・籠城技術を発展させ軽歩兵・ゲリラ戦・情報戦・心理戦を戦に導入した革新的な軍事思想家であり(楠木流軍学の祖)、そして畿内にいながらにして日本列島の戦乱全体を俯瞰・左右した不世出の戦略家だった(『梅松論』『国史大辞典』)。

明治以降は「大楠(だいなん)(こう)」と称され、明治13年(1880年)には正一位を追贈された。また、湊川神社の主祭神となった。

戦前までは、正成の忠臣としての側面のみが過剰に評価されたことで、対比として主君である後醍醐天皇やその建武政権の政策への低評価に繋がり、同時代への実証的研究を困難にさせた。しかし、2000年前後以降は、主君後醍醐の政策は前後の時代との連続性が見られることが指摘され、『太平記』で創作されたような暗君像は改められる方向にある。正成についても、何か一つの側面に縛られるような人間ではなく、武将・官僚・商人など、多面的な顔と才能を持つ人物であったことが明らかになってきている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipe

広告
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
広告
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像
楠木正成像
広告
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
楠木正成像(〒101-0002 東京都千代田区皇居外苑1−1)周辺
至 二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
広告
二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
至 二重橋前(鍛治橋通り)
広告
二重橋前(鍛治橋通り)
二重橋前(鍛治橋通り)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
広告
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
至 東京駅(皇居外苑)
広告
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
広告
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
広告
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
至 東京駅(皇居前東京停車場線)
東京駅
東京駅

東 京 駅

東京駅は、東京都千代田区丸の内一丁目にある、東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・東京地下鉄の駅である。以下、JR東日本とJR東海を総称する場合は「JR」と表記する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告

千代田区役所(スタート)→清水門→北の丸公園→東京国立近代美術館→千鳥ヶ淵→千鳥ヶ淵公園→半蔵門→桜田門→ 祝田橋→楠公レストハウス→二重橋前→大手門→二の丸雑木林→平川門→内神田一丁目→神田橋→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

9月度JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所前 歩道
千代田区役所前 歩道
清水門から日本武道館眺める
清水門から日本武道館眺める
広告
清水門から日本武道館眺める
清水門から日本武道館眺める
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
広告
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
清水門向かう歩道
広告
清水濠
清水濠
清水門
清水門
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
広告
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
広告
東京国立近代美術館前
東京国立近代美術館前
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館
広告
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門周辺
半蔵門周辺
広告
半蔵門周辺
半蔵門周辺
桜田門
桜田門

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田(さくらだ)(ごう)と呼んでいたことに由来します。

 外側の高麗門(こうらいもん)と内側の(わたり)櫓門(やぐらもん)の二重構造からなり、(そと)桝形(ますかた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(162444)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

 万延元年(186033日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

 

 

広告
桜田濠
桜田濠
桜田濠
桜田濠
広告
桜田濠
桜田濠
桜田門
桜田門
広告
桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
広告
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
広告
至 楠公レストハウス
至 楠公レストハウス
皇居外苑の見所Ⅰ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅰ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所1

和田倉噴水公園

昭和36年に、今上天皇陛下のご成婚を記念して造られた大噴水を、皇太子殿下のご成婚を期に平成7年に再整備したものです。

周辺で働く人々の憩いのな場としても、親しまれています。

楠正成公銅像

楠正成公は、今から700年ほど前の南北朝の時代に活躍した忠臣として名高い武将です。

本体の高さが4メートルあるこの銅像は、明治33年に住友家により寄贈されました。

 

広告
皇居外苑の見所Ⅱ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅱ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所2

二重橋

一般的には、皇居前広場から正門を経て宮殿へいたる濠に架かっている、「正門石橋」と「正門鉄橋」の総称です。厳密には奥のほうの橋を指します。

桜田門

万延元年(1860年)、江戸幕府の大老井伊(なお)(すけ)が暗殺された事件の門で著名な門です。

現在の門は、関東大震災で破損したものを改修しています。

広告
皇居外苑の見所Ⅲ 楠公レストハウス内
皇居外苑の見所Ⅲ 楠公レストハウス内

皇居外苑の見所3

千鳥ヶ淵

上から見た時の姿が千鳥に似ていることから、この名がつけられたといわれています。

岸辺で咲く四季折々の花が、訪れる人を楽しませてくれます。

田安門(国重要文化財)

江戸城の北部・田安台と呼ばれた場所に位置し、現存する門の中では最古のものです。寛永13年(1636年)の再建です。

広告



広告
楠木正成像
楠木正成像
馬場崎門周辺
馬場崎門周辺
広告
馬場崎門周辺
馬場崎門周辺
二重橋前交差点
二重橋前交差点
広告
二重橋前周辺
二重橋前周辺
二重橋前周辺
二重橋前周辺
広告
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
広告
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
和田倉門前
広告
至 パレスホテル東京
至 パレスホテル東京
大手門交差点
大手門交差点
広告
大手門
大手門
桔稉濠
桔稉濠
広告
大手濠
大手濠
大手門
大手門
広告
大手門
大手門
皇居東御苑
皇居東御苑
広告
百人番所
百人番所
下乗門
下乗門
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸休憩所周辺
二の丸休憩所周辺
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林

二の丸雑木林

武蔵野の代表的な風景である雑木林は、下草や落葉は毎年肥料として集められ、木は20年ごとに燃料用に伐採されるなど、人間生活との深い関わりにより形成されていました。二の丸雑木林は、コナラ、クヌギはどの落葉樹の林が保たれ、チゴユリなどの春植物(樹木の葉が開く前の林内が明るいうちに葉を広げ、花を咲かせる植物)をはじめ、多様な生物が生息・生育できる林となっています。

広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸雑木林
二の丸雑木林
広告
二の丸雑木林
二の丸雑木林

武蔵野の面影を持つ雑木林

この雑木林は、昭和天皇のご発意により、武蔵野の面影を持つ樹林として、昭和57年から60年にかけて整備されたものです。

樹木や野鳥を始め、鳥や昆虫等も楽しめる、自然の林として大切に育てております。

植物を痛めないように、樹林地内への立入りはご遠慮ねがいます。

広告
鹿児島県 かいこうず
鹿児島県 かいこうず
宮崎県 おびすぎ
宮崎県 おびすぎ
広告
宮崎県 やまざくら
宮崎県 やまざくら
↑都道府県の木・二の丸庭園 ←梅林坂・平川門 →三の丸尚蔵館・大手門
↑都道府県の木・二の丸庭園 ←梅林坂・平川門 →三の丸尚蔵館・大手門
広告
沖縄県 りゅうきゅうまつ
沖縄県 りゅうきゅうまつ
天神濠周辺
天神濠周辺
広告
天神濠周辺
天神濠周辺
皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
広告
天神濠周辺
天神濠周辺
平川門
平川門
広告
平川門
平川門

平 川 門

大手門が正門であるのに対して、この門は、御殿に勤めていた奥女中などの通用門として使用されていました。大手門と同様、厳重な防御の構造になっています。また、城内で罪人や死人が出るとこの門から出されたといわれています。小さな脇門は、平川豪の中に伸びた、「帯曲(おびくる)()」と呼ばれる細長い渡り堤につながっています。

広告
平川門
平川門
平川門前交差点
平川門前交差点
広告
大手濠
大手濠
大手濠
大手濠
広告
平川門前交差点
平川門前交差点
平川門前交差点
平川門前交差点
広告
一ツ橋
一ツ橋
内神田一丁目
内神田一丁目

内神田(うちかんだ)一丁目(いっちょうめ)

江戸時代、神田橋のたもとのこの界隈(かいわい)には、荷揚(にあ)げ場がありました、徳川家康は、江戸に入るとすぐに江戸城の築城と町づくりを始め、城を囲む御堀(現・日本橋川)はそのための建築資材などを運ぶ水路として活用されました。古い地図を見ると、神田橋付近に「かしふねあり」と記され、ここが水運の拠点だったことがわかります。

神田橋は江戸城外郭門のひとつで、上野寛永寺(かんえいじ)日光(にっこう)東照宮(とうしょうぐう)への御成道(おなりみち)(将軍の参詣経路)となっていました。このような要所であったため、ここには明治のころまで建造物は何もありませんでした。明治初期の地図には交番と電話があるだけです。

明治5年(1872)、いったん美土代町(みとしろちょう)となりますが、空き地の状態は第二次世界大戦後まで続きました。そして昭和41年(1966)、内神田(うちかんだ)一丁目(いっちょうめ)に編入されました。

昭和58年(1983)、神田橋土木詰所の敷地となっていたこの場所に、内神田住宅が完成すると90世帯が住むようになり、平成5年(1993)、千代田区のもっとも新しい町会として、内神田住宅町会が誕生しましら。さらに平成16年(2004)、町会名は神田橋町会と変わりました。

広告
神田橋周辺
神田橋周辺

行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分(スタート)→和田倉噴水公園→和田倉→富士見櫓→皇居外苑→二重橋→桜田門→旧江戸城 外桜田門→警視庁→内堀通り→国会前庭→井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)→国会議事堂→首相官邸→三宅坂小公園→国立劇場→千鳥ヶ淵→戦没者墓苑→武道館→北の丸公園→靖国神社→皇居東御苑→皇居東御苑 石室→皇居東御苑 富士見多聞→皇居東御苑 富士見櫓→大手門→和田倉噴水公園(ゴール)

かもめウオ-ク

『陽春の皇居周辺散策』 10km

広告
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
広告
行幸通 JR東京駅 丸の内中央口 3分
和田倉噴水公園
広告
和田倉
富士見櫓
広告
皇居外苑
皇居外苑
広告
二重橋
桜田門
広告
旧江戸城 外桜田門

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田郷(さくらだごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造からなり、外桝形(そとますがた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(三二〇坪)。建築されたのは寛永年間(一六二四~四四)とされ、現存する門は寛文三年(一六六三)に再建された門がもとになっています。大正十二年(一九二三)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(一八六〇)三月三日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

広告
警視庁
国会前庭
広告
井伊掃部頭邸跡(前 加藤清正邸)
国会議事堂
広告
首相官邸
三宅坂小公園
広告
国立劇場
千鳥ヶ淵
広告
戦没者墓苑
戦没者墓苑
広告
戦没者墓苑
武道館
広告
北の丸公園
北の丸公園
広告
北の丸公園
北の丸公園
広告
靖国神社
靖国神社
広告
北桔橋門
北桔橋門
皇居東御苑
広告
皇居東御苑
皇居東御苑
広告
皇居東御苑 石室

石室(皇居東御苑)

この場所は江戸城本丸御殿の大奥の脇に当たります。石室の用途は諸説ありますが。火事などの非常の際に、大奥用の稠度などの避難場所と考えられています。

 

広告
皇居東御苑 富士見多聞

江戸城 富士見多聞(たもん)

「多聞」は、長屋造りの防御施設です。

江戸城には多くの多聞がありましたが、現存するのは、この富士見多聞と、伏見櫓の左右にある多聞だけになりました。現在は富士見多聞は、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火(1657年)の後、諸建物が再建された際に建てられたものと考えられます。「御休息所前多聞」とも呼ばれています。

   

広告
皇居東御苑 富士見櫓
大手門
広告
大手門

江戸城 三ノ丸大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっております。大き方の門は、昭和20年(1945年)4月の空爆で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。焼失前の門の屋根に飾られていた鯱には、頭部に「明暦三丁酉」(1657年)と刻まれています。この明暦3年には、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火が起きており、鯱は、大火の後、江戸城再建時に製作されたものと考えられます。

広告

半蔵門、千鳥ヶ淵、靖国神社のサクラ名所散策路

半蔵門、千鳥ヶ淵、靖国神社
のサクラ名所散策路

広告
半蔵門
半蔵門
千鳥ヶ淵緑道
広告
千鳥ヶ淵
千鳥ヶ淵

概要

千鳥ヶ淵は江戸開府後の江戸城拡張の際、局沢川と呼ばれていた川を半蔵門と田安門の土橋で塞き止めて造られたお堀である。代官町通りを境に接する半蔵濠とはかつて繋がっていたが、1900年(明治33年)に道路建設のため埋め立てられ別々のお堀となった。半蔵濠には千鳥ヶ淵公園が隣接している。

 

千鳥ヶ淵付近は桜の名所として有名であり、桜の季節になると多くの人で賑わう。開花期間中、千鳥ヶ淵沿いの千鳥ヶ淵緑道では夜になると桜のライトアップが行われる。また、千鳥ヶ淵緑道内にはボート場が設けられていて、お堀でボートを楽しむことができる。

 

桜など陸上植物の他にも、水中や水辺には水草、魚類・貝類、ヘイケボタルやトンボといった昆虫、オシドリなどの水鳥と、東京都心部では珍しく多様な生物が見られる。管理する環境省が景観と生物多様性、歴史性を保全するための「千鳥ヶ淵環境再生プラン」を進めている。

 

千鳥ヶ淵緑道を挟んだ先には1959年千鳥ケ淵戦没者墓苑が造られ、第二次世界大戦の折に海外で死亡した身元不明の日本人の遺骨が安置されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広告
千鳥ヶ淵緑道ボート場
千鳥ヶ淵緑道ボート場
靖国神社 標本木
靖国神社 標本木

桜の標本木

この桜(ソメイヨシノ)は、

東京管区気象台が開花を

観測するため指定した

「標本木」です。

靖國神社社務所

広告
靖国神社 桜
靖国神社 桜
広告