朝霞駅東口(スタート)→東圓寺→(朝霞博物館)→はあとぴあ→わくわくどーむ→黒目川土手→城山公園→本仙寺→旧高橋家住宅→朝霞駅東口(ゴール)

きらり健康づくり 朝霞の散策路(城山コース)

きらり健康づくり 朝霞の散策路

(城山コース)

広告
快活CLUB 朝霞駅東口店 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町2丁目1−20 朝霞UNOビル 3F
快活CLUB 朝霞駅東口店 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町2丁目1−20 朝霞UNOビル 3F
朝霞駅東口駅前広場 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町2丁目1
朝霞駅東口駅前広場 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町2丁目1
広告
駅周辺案内図 朝霞市全域図
駅周辺案内図 朝霞市全域図
駅周辺案内図朝霞市全域図
駅周辺案内図 朝霞市全域図
駅周辺案内図 朝霞市全域図.
駅周辺案内図 朝霞市全域図.
広告
朝霞駅東口広場案内図
朝霞駅東口広場案内図

朝霞駅東口広場案内図

朝霞駅東口広場案内図
朝霞駅東口広場案内図
広告
朝霞駅東口広場
朝霞駅東口広場

朝霞駅東口広場

昭和35年に管理開始された「東朝霞団地」の建て替えを契機として、朝霞市とUR都市機構が連携し、UR都市機構の直接施行制度を活用して住宅と公共施設の一体的な整備を行いました。

この広場は、地域住民の方々と一緒にユニバーサルデザインについて考え、誰もが安心・安全・快適に利用できる駅前空間となることを目指し、整備されたものです。

[朝霞駅東口周辺のうつりかわり]

朝霞駅東口周辺のうつりかわり
朝霞市立朝霞第七小学校朝霞市立朝霞第八小学校朝霞市立朝霞第二中学校
朝霞市立朝霞第七小学校朝霞市立朝霞第八小学校朝霞市立朝霞第二中学校
朝霞市立朝霞第八小学校朝霞市立朝霞第四中学校朝霞市立朝霞第四中学校
朝霞市立朝霞第八小学校朝霞市立朝霞第四中学校朝霞市立朝霞第四中学校
生徒の方々が描いて下さったものです

これらの絵は、朝霞第七小学校、朝霞市立朝霞第八小学校、朝霞市立朝霞第二中学校、朝霞市立朝霞第四中学校の生徒の方々が描いて下さったものです。

工事中の駅前広場を楽しく、華やかに彩っていただきました。

――<事業の経緯>――

昭和35年4月
 東朝霞団地管理開始
平成12年3月
 東朝霞団地建替事業着手
平成14年3月
 朝霞駅北口周辺地区住宅市街地
 整備総合支援事業整備計画承認
平成14年4月
 3・4・15号駅東通線都市計画決定
平成15年3月
 UR都市計画(現)直接施行同意
 (朝霞市)
平成15年7月
 朝霞市北口地下自転車駐車場
 都市計画決定
平成16年2月
 都市計画事業承認
平成19年3月
 建替事業完了
 (コンフォール東朝霞)
平成19年4月
 朝霞駅東口地下自転車駐車場
 共用開始
平成20年4月
 朝霞駅東口広場全体共用開始
 (全体共用開始を機に、広場の
名称が「北口」から「東口」に
改められました。)
事業の経緯

出典:UR都市機構

広告
メロ 周辺 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町1丁目4−36
メロ 周辺 〒351-0006 埼玉県朝霞市仲町1丁目4−36
仲町1丁目交差点
仲町1丁目交差点
広告
天ヶ久保交差点
天ヶ久保交差点
五島工業(株) 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目1−1
五島工業(株) 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目1−1
広告
第2小学校入口交差点
第2小学校入口交差点
月極駐車場メゾン・イイクラ 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目6
月極駐車場メゾン・イイクラ 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目6
広告
中央通り 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目5
中央通り 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目5
岡1丁目交差点
岡1丁目交差点
広告
東圓寺前交差点
東圓寺前交差点
松光山 東圓寺
松光山 東圓寺

松光山 東圓寺

真言宗智山派寺院の東圓寺は、松光山と号します。創建年代は不詳ですが、古来より薬師堂とその別当寺が近隣にあったといい、その薬師堂が廃れたのを惜しんだ法印永慶が寛弘年間(9851011)に再建し中興高祖となったといいます。太田道灌が当寺本尊薬師像を、城内鎮護として持ち去ったこともあったものの無事返還、徳川家康江戸入府後には、当地の代官となった甲斐荘喜右衛門が当寺を当地へ移転したといいます。当寺不動堂横には霊泉とされる不動の瀧があります。

出典:猫の足あと

広告
至 松光山 東圓寺
至 松光山 東圓寺
至 松光山 東圓寺
至 松光山 東圓寺
広告
松光山 東圓寺 掲示板
松光山 東圓寺 掲示板
松光山 東圓寺 境内図
松光山 東圓寺 境内図
広告
松光山 東圓寺 山門
松光山 東圓寺 山門
松光山 東圓寺 山門 仁王像
松光山 東圓寺 山門 仁王像
広告
松光山 東圓寺 山門 仁王像
松光山 東圓寺 山門 仁王像
松光山 東圓寺 本堂
松光山 東圓寺 本堂
広告
松光山 東圓寺 一夜塚
松光山 東圓寺 一夜塚

一夜塚供養塔の由来

この一夜塚供養塔の由来の由来は、搭の向かって左側面に記されて居りますが、ご参詣の皆様に一夜塚の由来を敢えて紹介いたします。

昭和18年、大東亜戦争の最中、東京より郷里朝霞に戻ってくる世帯が多く、この岡地域、第二小学校の児童数も急増、町として小学校の増築を決定、校庭の隣りにあった一夜塚を延べ三千人で取り崩し、そこに小学校を建てたのであります。

昭和27年、時の先輩達は一夜塚古跡保存会を結成して第二小学校校庭隅に一夜塚古墳阯碑を、一方、この寺にはその頂上付近から発掘された木炭槨の古墳、出土品の一部を埋葬し、懇ろに一夜塚御霊の供養をし、この供養塔を建てたのであります。

おそらく当時の先輩たちは、取り崩された古墳の主に謝罪する一方、その跡地、小学校に学ぶ私共子孫に御霊の御加護をお願いして建てた事と思います。

尚、この案内板については、東圓寺のご快諾いただき、設置することができました。

何卒、この地域の往時を偲びつつ、一夜塚古墳の御霊に慰霊合掌して下さることを念じて、この一夜塚供養塔の紹介とさせていただきます。

平成17年秋彼岸

出典:一夜塚古跡保存会

広告
朝霞市指定有形文化財 考古資料 東圓寺の板石塔婆
朝霞市指定有形文化財 考古資料 東圓寺の板石塔婆

朝霞市指定有形文化財 考古資料

東圓寺の板石塔婆

広告
弘法大師 御杖堀霊泉 不動ノ瀧
弘法大師 御杖堀霊泉 不動ノ瀧
広告
保護樹木指定標識 緑を愛しましょう。保護樹木名 イチョウ 指定番号 51 指定年月日平成2年4月1日 朝霞市
保護樹木指定標識 緑を愛しましょう。保護樹木名 イチョウ 指定番号 51 指定年月日平成2年4月1日 朝霞市

保護樹木指定標識
緑を愛しましょう。

保護樹木名 イチョウ

指定番号 51

指定年月日平成241

出典:朝霞市

広告
保護樹木指定標識 緑を愛しましょう。保護樹木名 イチョウ 指定番号 51 指定年月日平成2年4月1日 朝霞市
保護樹木指定標識 緑を愛しましょう。保護樹木名 イチョウ 指定番号 51 指定年月日平成2年4月1日 朝霞市
保護地区指定標識 自然はわたしたちの宝です。緑を大切にまもりましょう。指定番号 3-1 指定年月日平成2年3月1日
保護地区指定標識 自然はわたしたちの宝です。緑を大切にまもりましょう。指定番号 3-1 指定年月日平成2年3月1日

保 護 地 区 指 定 標 識

自然はわたしたちの宝です。緑を大切にまもりましょう。

指定番号 3-1

指定年月日平成231

出典:朝霞市

広告
松光山 東圓寺 境内の稲荷神社
松光山 東圓寺 境内の稲荷神社
松光山 東圓寺 境内の鐘楼堂
松光山 東圓寺 境内の鐘楼堂
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目3
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目3
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−7
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−7
広告
奥之院不動堂 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目8−37
奥之院不動堂 周辺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目8−37
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
広告
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
朝霞市博物館 利用案内
朝霞市博物館 利用案内

利用案内

利用案内
利用案内

❶開館時間

❶開館時間

❷休 館 日

❷休 館 日
❷休 館 日

❸入館料 無料

❸入館料 無料
❸入館料 無料

出典:朝霞市博物館

広告
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
朝霞市博物館 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目7−22
黒目川 岡橋
黒目川 岡橋
広告
黒目川 岡橋周辺
黒目川 岡橋周辺
至 わくわくどーむ 黒目川遊歩道
至 わくわくどーむ 黒目川遊歩道
広告
至 わくわくどーむ 黒目川遊歩道
至 わくわくどーむ 黒目川遊歩道
くろめがわ
くろめがわ
広告
朝霞市健康増進センター わくわくどーむ
朝霞市健康増進センター わくわくどーむ
朝霞市健康増進センター わくわくどーむ
朝霞市健康増進センター わくわくどーむ
広告
朝霞市総合福祉センター(はあとぴあ)
朝霞市総合福祉センター(はあとぴあ)
わたしたちの花壇です。大切に使っていつも美しくしましょう。楽しい花壇にしましょう。
わたしたちの花壇です。大切に使っていつも美しくしましょう。楽しい花壇にしましょう。

わくわくふれあい花壇

花壇内の植物は大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
園内の施設や遊具等を大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。たき火、火の使用は禁止します。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。たき火、火の使用は禁止します。
わくわくふれあい花壇

わたしたちの花壇です。大切に使っていつも美しくしましょう。楽しい花壇にしましょう。

出典:朝霞市

広告
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
広告
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
広告
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
広告
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
広告
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
わくわくふれあい花壇 〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27
広告
至 黒目川左岸から城山公園
至 黒目川左岸から城山公園
至 黒目川左岸から城山公園
至 黒目川左岸から城山公園
広告
⓰朝霞・和光自然とふれあい文化財をめぐるルート朝霞県土整備事務所から15㎞
⓰朝霞・和光自然とふれあい文化財をめぐるルート朝霞県土整備事務所から15㎞
至 黒目川左岸から城山公園
至 黒目川左岸から城山公園
広告
城山通り 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目30
城山通り 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目30
城山公園 案内図
城山公園 案内図

城山公園 案内図

案内図
案内図

次のことを守って利用してください。

・植物をいためたり、施設をこわさないこと。

・自転車、オートバイ等を乗り入れないこと。

・犬などのペットは必ずくさりにつないで下さい。

・ごみ等を散らかさないこと。

・他人に迷惑をかけないこと。

・人工芝内でタバコは吸わないこと。

・花火等火気を使用しないこと。

・宣伝、営業行為をしないこと。

出典:朝霞市役所

広告
城 山 公 園 案 内 図
城 山 公 園 案 内 図

城 山 公 園 案 内 図

城 山 公 園 案 内 図
城 山 公 園 案 内 図
広告
城山公園内
城山公園内
城山公園内階段
城山公園内階段
広告
城山公園からの風景
城山公園からの風景
城山公園からの風景
城山公園からの風景
広告
日蓮宗 廣澤山
日蓮宗 廣澤山
廣澤山本仙寺 大黒堂再建□ 境内整備事業 落慶□成記
廣澤山本仙寺 大黒堂再建□ 境内整備事業 落慶□成記
広告
本仙寺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目5−56
本仙寺 〒351-0007 埼玉県朝霞市岡2丁目5−56

廣澤山本仙寺

岡地区・本仙寺

廣澤山本仙寺といい、宗旨は日蓮宗一致派で、本尊は日蓮上人である。もとより本寺を池上本門寺とする。『風土記稿』では、本善寺と記し、「城山ノ中腹ニ在テ耕地ニ臨メリ」とある。また、明治17年眞造の同寺「過去帳」にょれば、創建年は天文元(1532)年で、開山は池上本門寺第九世恵眼院日純上人(法光院日宣)としている。旧境内付近からは宝篋印塔・板碑等が出土されているが、このうち最古の年代は貞治51366)年であることなどからして、少なくとも一四世紀半ばには何らかの堂宇あるいは持仏堂の建立をみてたと推測されている。特に、寺の成り立ちについては、岡の城山に存在したとする中世城郭との関係が探求されているところでもある。当寺は、元寺田と呼ばれる低地にあったが、明治になってやや東寄りの現在地に移転した。山麓にあったことは本堂も庫裡もひとつ棟の建物で、本来、小寺院的ないしは墓辺寺・三昧堂的な性格をもっていたともいわれている。

最近のこととしては、昭和45年に墓地造成、49年に庫裡、50年に客殿、59年に本堂、62年に山門と相次いで改築が施された。また昭和62年には大黒堂も新たに造立されている。(「朝霞市史」より)

出典:猫の足あと

広告
日蓮宗 廣澤山
日蓮宗 廣澤山
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目29
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目29
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目13
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目13
向山公園
向山公園

向山公園(ムカイヤマコウエン)

園内の施設や草花を大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
園内の施設や草花を大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。花火・たき火など火の使用は禁止します。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。花火・たき火など火の使用は禁止します。
向山公園(ムカイヤマコウエン)

みなさんの施設です。たいせつに使っていつもきれいにしましょう。

出典:朝霞市

広告
至 湧水代官水
至 湧水代官水
至 湧水代官水
至 湧水代官水
広告
湧水代官水 利用時間 4月1日~9月30日 午前9時~午後6時 10月1日~3月31日 午前9時~午後5時 利用時間以外は、出入口が施錠されます。
湧水代官水 利用時間 4月1日~9月30日 午前9時~午後6時 10月1日~3月31日 午前9時~午後5時 利用時間以外は、出入口が施錠されます。

湧水代官水 利用時間

41日~930

午前9時~午後6

101日~331

午前9時~午後5

利用時間以外は、出入口が施錠されます。

広告
湧水代官水 施設を利用するみなさまへ
湧水代官水 施設を利用するみなさまへ

湧水代官水 施設を利用するみなさまへ

ここは朝霞市(あさかし)指定(してい)文化(ぶんか)(ざい)天然(てんねん)記念物(きねんぶつ))「湧水(ゆうすい)代官(だいかん)(すい)」の保存(ほぞん)することを目的(もくてき)につくられた施設(しせつ)です。

みんなが気持(きも)ちよく利用(りよう)できるよう、ご協力(きょうりょく)をお(ねが)いします。

1.()()禁止(きんし)区域(くいき)には絶対(ぜったい)(はい)らないでください。

2.施設(しせつ)をこわしたり、落書(らくが)きをしないでください。

3.敷地内(しきちない)での火気(かき)使用(しよう)(およ)(きつ)(えん)はご遠慮(えんりょ)ください。

4.敷地内(しきちない)動植物(どうしょくぶつ)をとることはしないでください。

5.斜面地(しゃめんち)(くさ)()(まも)るため()()禁止(きんし)です。

6.水路(すいろ)はぬかるんでいるため危険(きけん)です。絶対(ぜったい)(はい)らないでください。

7.(いぬ)などのペットを(はな)さないでください。また、ペットのフンやゴミはお()(かえ)りください。

8.ゴルフ、野球(やきゅう)、サッカーなどの球技(きゅうぎ)や、たき()花火(はなび)などは絶対(ぜったい)にしないでください。

9.自転車(じてんしゃ)、オートバイなどは、トイレ(ちか)くの指定(してい)した場所(ばしょ)以外(いがい)への()()れは禁止(きんし)です。

10.                    そのほか、(ほか)(ひと)迷惑(めいわく)になるようなことをしないでください。

出典:朝霞市教育委員会 文化財課

広告
朝霞市指定文化財(天然記念物) 湧水代官水
朝霞市指定文化財(天然記念物) 湧水代官水

朝霞市指定文化財(天然記念物)

湧 水 代 官 水

広告
湧水代官水の保存整備
湧水代官水の保存整備

湧水(ゆうすい)代官(だいかん)(すい)の保存整備

平成22年8月に整備する前の湧水代官水
平成22年8月に整備する前の湧水代官水

上の写真は、平成228月に整備する前の湧水代官水を撮影したものです。

湧水代官水は、保存整備工事前の約40年にわたり人の手がはいることはなかったため、木や雑草は伸び放題となってしまい、昔の面影はありませんでした。

今回の工事におきまして、斜面林・水路等を保存のための整備を行い、一部にはかつてこの付近にあった湿地を再現しました。

水源地以外からも水が湧いているところがありますので、ぜひ水が湧いているところを探してみてください。

平成241

出典:朝霞市教育委員会

広告
朝霞市指定天然記念物 『湧水代官水』
朝霞市指定天然記念物 『湧水代官水』

朝霞市指定天然記念物

湧水(ゆうすい)代官(だいかん)(すい)

指定年月日平成2291

1位置

朝霞市の中央部よりやや東に位置し、現在の住居表示では岡三丁目にあります。

最寄り駅の東武東上線朝霞駅からは北へ約1.3㎞の位置にあたります。

2由来

江戸幕府により編纂された「新編武蔵風土記稿」の岡村の項の記述には、小名として「代官水」の名称が記載されており、江戸時代後期には、「代官水」と呼ばれた地域が岡地域に存在していたことが推測されます。また、本湧水は、昔から灌漑用水などとして地域の人々に「代官水」と呼ばれ、利用され親しまれてきたものです。

3面積

公開している平地の部分と、通常は緑地保護のため公開していない斜面地を合わせて約3,800㎡あります。

4保護

湧水代官水は、標高1421mの崖線の谷頭から出る湧き水で、水源地のほか、数箇所から湧き出ています。これらの湧水は、現在も豊富な水量を保っており、湧き水が流れ出る緑豊かな斜面地とともに残されている、市内では数少ないものです。

大切な湧水である「代官水」を、周囲の斜面地とそこに広がる雑木林とともに恒久的に保存し、公開することは、開発によって失われつつある自然景観を保護するだけでなく、かつてこの地で営まれてきた生活・文化を、歴史として永く後世に伝えていく貴重な意味を持ちます。

平成241

出典:朝霞市教育委員会

広告
湧水点(湧水代官水)
湧水点(湧水代官水)
湧水点(湧水代官水)
湧水点(湧水代官水)
広告
この湧水は標高14~21mの崖線の谷頭から出る湧き水
この湧水は標高14~21mの崖線の谷頭から出る湧き水

この湧水は標高1421mの

崖線の谷頭から出る湧き水

この湧水は標高1421mの崖線の谷頭から出る湧き水で、田畑の灌漑用水等に利用されるなど、古くから地域との関わりの中で親しまれてきたものである。

広告
平成21年9月1日指定(湧水代官水)
平成21年9月1日指定(湧水代官水)

平成2191日指定(湧水代官水)

広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目7
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目7
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目7
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目7
広告
至 旧高橋家住宅・柊塚古墳
至 旧高橋家住宅・柊塚古墳
根岸台市民センター・ねぎしだい児童館
根岸台市民センター・ねぎしだい児童館
広告
重要文化財 旧高橋家住宅
重要文化財 旧高橋家住宅
旧高橋家住宅 掲示板
旧高橋家住宅 掲示板
広告
旧高橋家住宅 敷地図
旧高橋家住宅 敷地図

旧高橋家住宅 敷地図

旧高橋家住宅 敷地図
旧高橋家住宅 敷地図
広告
旧高橋家住宅 施設を利用する皆様へ
旧高橋家住宅 施設を利用する皆様へ

旧高橋家住宅 施設を利用する皆様へ

ここは重要文化財「旧高橋家住宅」の保存と活用を目的につくられた施設です。みんなが気持ちよく利用できますように、ご協力をお願いします。

1.立入禁止区域に入らないでください。

2.木を切ったり、花を摘んだりしないでください。

3.施設をこわしたり、落書きをしないでください。

4.ペットは連れ込まないでください。

5.ゴミはお持ち帰りください。

6.ゴルフ、野球、サッカーなどの球技はしないでください。

7.敷地内は火気厳禁です。喫煙、たき火、花火などは絶対にしないでください。

8.危険物は持ち込まないでください。

9.車、オートバイ、自転車などの乗り入れは禁止です。

10.                    そのほか、他人に迷惑になるようなことをしないでください。

 

広告
重要文化財 建造物 旧高橋家住宅
重要文化財 建造物 旧高橋家住宅

重要文化財 建造物

旧高橋家住宅

広告
動植物や昆虫・幼虫などをとらないでください
動植物や昆虫・幼虫などをとらないでください

動植物(どうしょくぶつ)昆虫(こんちゅう)幼虫(ようちゅう)などを

とらないでください

旧高橋家住宅の自然環境を保護するため、みなさまのご協力をお願いします。

出典:朝霞市教育委員会

施設を利用する皆様へ

ペットは連れ込まないでください。

出典:朝霞市教育委員会

広告
納屋(コエマヤ)
納屋(コエマヤ)

() ()コエマヤ

農機具など、ふだん使用することの多い道具などを保管していた建物です。高橋家では「コエマヤ」と呼んでいました。

建築年代は不明ですが、もとは麦わら葺き平屋建てでした。昭和30年ごろに鉄板葺き2階建てに改造されました。

以前の建物の構造などが不明なことから、改造後の建物をもとに修理を行いました。

広告
旧高橋家住宅 重要文化財 建造物
旧高橋家住宅 重要文化財 建造物

旧高橋家住宅

国指定重要文化財 建物

指定年月日 平成131114

旧高橋家住宅は、サジキ・ヘヤ・デイ・オクノヘヤの4室および土間で構成された農家建築です。土壁で囲まれた閉鎖的な構造で、正面はシシ窓、内部に押板があるなど、17世紀頃の農家建築の特徴を持っていますが、建築年代は18世紀前期頃と推定されています。

高橋家は、江戸時代は台村に属する一般的な農家でした。このような一般的な農家建築が残されているのは、全国的にも貴重な例です。

旧高橋家住宅は、畑、雑木林などの周囲の環境が良好に残されており、武蔵野台地の農家の風景をよく伝えているところから、建造部とともに敷地についても重要文化財に指定されています。

 

広告
木小屋
木小屋

() () ()

燃料となる枝や薪などを保管していた建物です。

簡素な造りであり、修理前にはその形がほとんど失われていたため、残っていた部材などをもとに復原しました。

この建物は「東の木小屋」と呼ばれていました。以前は主屋の西側にも木小屋があり「西の木小屋」と呼ばれていましたが、昭和40年代に取り壊され、現在では礎石が残っているだけです。

広告
祠(水神)
祠(水神)

(ほこら)水神(すいじん)

水神がまつられていた祠です。

旧高橋家住宅は、谷津(ヤツ)と呼ばれる開析(かいせき)(たに)の一番奥に位置しており、以前はこの祠の下に湧き水があったと伝えられています。そにため、この場所に水神をまつったものと思われます。

水神をまつることには水難よけの意味もありますが、農業には水が欠かせないことから、その守護を願うとともに、水の恵みへの感謝の気持ちがこめられていると考えられます。

 

広告
キツネノカミソリ(狐の剃刀) ヒガンバナ科 花期8~9月
キツネノカミソリ(狐の剃刀) ヒガンバナ科 花期8~9月
キツネノカミソリ (狐の剃刀)
キツネノカミソリ (狐の剃刀)

キツネノカミソリ (狐の剃刀)

ヒガンバナ科 花期89

山野に生える花茎が3050㎝になる多年草。

葉は早春にのびだし、初夏には枯れる。

夏になって花茎がのびて黄赤色の花をつける。

和名は葉の形をカミソリにたとえたもの。

花の見ごろは7月下旬~8月中旬ごろです。

この場所は「(きつね)()剃刀(かみそり)」の自生地です。

保護のため、ロープ内に立ち入らないで下さい。

出典:朝霞市教育委員会文化財課

広告
井戸・井戸小屋
井戸・井戸小屋

井戸(いど)井戸(いど)小屋(こや)

井戸では、生活用水をくみ上げていました。この井戸は枯れたことがなかったと伝えられています。

この井戸のほかに、主屋裏の崖下には湧き水があったと伝えられており、水には比較的恵まれていたようです。

井戸小屋は、倉と同じ瓦を使用していたことから、倉を建てた昭和22年以前の建築と推定されています。

広告
旧高橋家住宅 重要文化財 建造物
旧高橋家住宅 重要文化財 建造物

旧高橋家住宅

国指定重要文化財 建物

指定年月日 平成131114

旧高橋家住宅は、サジキ・ヘヤ・デイ・オクノヘヤの4室および土間で構成された農家建築です。土壁で囲まれた閉鎖的な構造で、正面はシシ窓、内部に押板があるなど、17世紀頃の農家建築の特徴を持っていますが、建築年代は18世紀前期頃と推定されています。

高橋家は、江戸時代は台村に属する一般的な農家でした。このような一般的な農家建築が残されているのは、全国的にも貴重な例です。

旧高橋家住宅は、畑、雑木林などの周囲の環境が良好に残されており、武蔵野台地の農家の風景をよく伝えているところから、建造部とともに敷地についても重要文化財に指定されています。

 

広告
室(ムロ)
室(ムロ)

(むろ)(ムロ)

収穫した野菜などを貯蔵するための施設です。朝霞市や近隣地域では、主にサツマイモを保存するのに使用していました。

地表からは人が通れる程度の縦穴をまっすぐに掘り、ある程度の深さで横穴を掘って貯蔵用の空間とします。

旧高橋家住宅には2か所のムロがありますが、内部が崩落する危険があることから、砂を充てんして保存しています。

広告
室(ムロ)
室(ムロ)
倉

(くら)

ふだんはあまり使わない大事な道具などを保管していた建物です。高橋家では、人が大勢集まる時に使う(くみ)(わん)や揃いの火鉢などを収納していました。

残っていた(むな)(ふだ)(へい)(くし)に書かれている内容から、昭和223月に建てられたことがわかっています。

この倉が建てられる以前にも、この場所に土蔵(どぞう)があったと伝えられていますが、規模・構造など詳しいことはわかっていません。

広告
倉
井戸
井戸
広告
主屋(オモヤ)外観
主屋(オモヤ)外観
囲炉裏
囲炉裏
広告
旧高橋家住宅は、18世紀前半の建築と推定される農家建築です。
旧高橋家住宅は、18世紀前半の建築と推定される農家建築です。

旧高橋家住宅は、18世紀前半の建築と

推定される農家建築です。

創建時の部材が数多く残っており、閉鎖的な構造で、押板があるなど、古風な建築の特徴が見られます。周囲には附属屋や畑・雑木林などが展開し、武蔵野台地の農家の構成をよく伝えています。

広告

根岸台6丁目児童遊園地(スタート)→ローソン 朝霞根岸台一丁目店→湧水代官水→城山公園→目黒川右岸 花の木橋→目黒川右岸 岡橋→目黒川右岸 水道橋→目黒川右岸 浜橋黒目橋→目黒川右岸 東武東上線陸橋→目黒川右岸 東林橋→目黒川右岸 新高橋(二本松通り)→溝沼氷川神社入口交差点→滝の根公園→滝の根公園 吊り橋(ゴール)

澄み渡る秋空の下、地元の名所
(湧水代官水、城山公園、浜崎黒目花広場、滝の根公園 吊り橋)を
散策ウオーキング

広告
根岸台6丁目児童遊園地(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目8−6)周辺
根岸台6丁目児童遊園地(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目8−6)周辺
バウス朝霞根岸台(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目6−6)
バウス朝霞根岸台(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目6−6)
広告
ローソン 朝霞根岸台一丁目店(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台1丁目7−18)周辺
ローソン 朝霞根岸台一丁目店(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台1丁目7−18)周辺
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目 サンビーム2
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目 サンビーム2
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目6−49
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡1丁目6−49
↓朝霞市指定文化財 湧水代官水
↓朝霞市指定文化財 湧水代官水
広告
↑朝霞市指定文化財 湧水代官水
↑朝霞市指定文化財 湧水代官水
広告
朝霞市指定文化財(天然記念物)湧水代官水
朝霞市指定文化財(天然記念物)湧水代官水
湧水代官水の保存整備
湧水代官水の保存整備

湧水(ゆうすい)代官(だいかん)(すい)の保存整備

広告
平成22年8月に整備する前の湧水代官水を撮影したものです。
平成22年8月に整備する前の湧水代官水を撮影したものです。

上の写真は、平成228月に整備する前の湧水代官水を撮影したものです。湧水代官水は、保存整備工事前の約40年にわたり人の手が入ることはなかったため、木や雑草は伸び放題となってしまい、昔の面影はありませんでした。

今回の工事におきまして、斜面林・水路等を保存のための整備を行い、一部にはかつてこの付近にあった湿地を再現しました。

水源地以外からも水が湧いているところがありますので、ぜひ水が湧いているところを探してみてください。

平成241

出典:朝霞市教育委員会

広告
朝霞市指定天然記念物『湧水代官水』
朝霞市指定天然記念物『湧水代官水』

朝霞市指定天然記念物

『湧水代官水』

指定年月日

平成2291

1.    位置

朝霞市の中央部よりやや東に位置し、現在の住居表示では岡三丁目にあります。

最寄り駅の東武東上線朝霞駅からは北へ約1.3㎞の位置にあります。

2.    由来

江戸幕府により編纂された「新編武蔵風土記稿」の岡村の項の記述には、小名

として「代官水」の名称が記載されており、江戸時代後期には、「代官水」と呼ば

れた地域が岡地域に存在していたことが推測されます。また、本湧水は、昔から

灌漑用水などとして地域の人々に「代官水」と呼ばれ、利用され親しまれてきた

ものです。

3.    面積
公開している平地の部分と、通常は緑地保護のため公開していない斜面地を

合わせて約3.800㎡あります。

4.    保護
湧水代官水は、標高1421mの崖線の谷頭から出る湧き水で、水源地のほか、

数箇所から湧き出ています。これらの湧水は、現在も豊富な水量を保っており、
湧き水が流れ出る緑豊かな斜面地とともに残されている、市内では数少ないも

のです。

大切な湧き水である「代官水」を、周囲の斜面地とそこに広がる雑木林とともに恒

久的に保存し、公開することは、開発によって失われつつある自然景観を保護

するだけでなく、かつてこの地で営まれてきた生活・文化を、歴史として永く後

世に伝えていく貴重な意味を持ちます。

出典: 平成241月 朝霞市教育委員会

 

広告
湧水点
湧水点

湧水代官水 湧水点

広告
湧水点
湧水点

湧水代官水 湧水点

広告
湧水代官水
湧水代官水
湧水代官水
湧水代官水
湧水代官水
湧水代官水
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目29
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目29
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
広告
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
広告
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)

岡の城山由来記

この城山は今から約8000年~4500年位前の縄文時代の遺跡であるとともに、中世の頃に築城された平山城跡と言われている。

この当時の城主や築城者は今のところ不詳である。この城は南北朝期、室町期、戦国期と各時代にわたって多くの武将を育み、応永の乱(1399年)や応仁の乱(1467年~1477年)等の大きな戦歴の跡を物語っていると言えよう。

また、この城の特徴は自然の物理的要素を活かしたもので、城の北側斜面は低地を流れる黒目川が取り巻くように走り、しかも舌状台地(台地の先端が舌のような形になっているところ)上にあって、まさに天然の要塞を呈している。

そして城内は「折れひずみ」と呼ばれる空壕と土畳によって区分けした郭があり、1ノ郭・二の郭・三ノ郭・四ノ郭・その外西側の虎口、堀切、北側の搦手口、南側の腰部、櫓台、犬走り等によって構成されている。

このような形の城のつくりは「直線連郭式工法」と呼ばれている。

=朝霞市岡の城山総合調査委員会中間報告=より

昭和5611

出典:朝霞市

広告
岡の城山由来記
岡の城山由来記
広告
城山公園案内図
城山公園案内図
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
広告
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
広告
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3-386)
城山公園駐車場
城山公園駐車場
広告
目黒川右岸 花の木橋
目黒川右岸 花の木橋
目黒川右岸 花の木橋
目黒川右岸 花の木橋
広告
目黒川右岸 遊歩道(〒351-0007 埼玉県朝霞市大字岡)
目黒川右岸 遊歩道(〒351-0007 埼玉県朝霞市大字岡)
目黒川右岸 遊歩道から西濃運輸(株) 和光支店(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎字下谷102-1)を眺める
目黒川右岸 遊歩道から西濃運輸(株) 和光支店(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎字下谷102-1)を眺める
広告
目黒川右岸 遊歩道から朝霞市健康増進センター わくわくどーむ(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27)を眺める
目黒川右岸 遊歩道から朝霞市健康増進センター わくわくどーむ(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎27)を眺める
目黒川右岸 (有)波紫鉄筋(〒351-0007 埼玉県朝霞市大字岡206)周辺
目黒川右岸 (有)波紫鉄筋(〒351-0007 埼玉県朝霞市大字岡206)周辺
広告
目黒川右岸 岡橋
目黒川右岸 岡橋
目黒川右岸 水道橋
目黒川右岸 水道橋
広告
目黒川右岸 朝霞台方面を眺める
目黒川右岸 朝霞台方面を眺める
目黒川右岸から埼玉県朝霞県土整備事務所(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎678)を眺める
目黒川右岸から埼玉県朝霞県土整備事務所(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎678)を眺める
広告
至目黒川右岸 浜橋黒目橋
至目黒川右岸 浜橋黒目橋
目黒川右岸 新河岸合流点から2.5㎞ ←水道橋140m 浜橋黒目橋110m→
目黒川右岸 新河岸合流点から2.5㎞ ←水道橋140m 浜橋黒目橋110m→

右岸 新河岸川合流点から 2.5

↑浜崎黒目橋 110

↓水 道 橋 140

広告
目黒川右岸 浜橋黒目橋
目黒川右岸 浜橋黒目橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
広告
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
広告
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 東武東上線陸橋
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
広告
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
目黒川右岸 浜崎黒目花広場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)1217−3)
広告
目黒川右岸 東林橋
目黒川右岸 東林橋
目黒川右岸 黒目川遊歩道MAP
目黒川右岸 黒目川遊歩道MAP
広告
目黒川右岸 東林橋
目黒川右岸 東林橋
目黒川右岸 立正佼成会朝霞教会(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼1210)周辺
目黒川右岸 立正佼成会朝霞教会(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼1210)周辺
広告
目黒川右岸 新高橋(二本松通り)
目黒川右岸 新高橋(二本松通り)
目黒川右岸 新高橋(二本松通り)
目黒川右岸 新高橋(二本松通り)
広告
溝沼氷川神社入口交差点
溝沼氷川神社入口交差点
榎本溝沼駐車場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼6丁目3)周辺
榎本溝沼駐車場(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼6丁目3)周辺
広告
第2わたやP No.2(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼5丁目8)周辺
第2わたやP No.2(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼5丁目8)周辺
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)

滝の根公園

 

出典:朝霞市

広告
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)
広告
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)
滝の根公園(〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼2丁目4)

この施設は、みんなの施設です。
ルールを守って、楽しく安全に

遊びましょう。

・雨あがりなど、丸太がすべりやすい時は、遊ばないようにしましょう。とくにすべり台はぜったいに使ってはいけません

悪ふざけ、ムリな遊び方をしてはいけません。

運動に適した服装で利用してください。

幼児には危険な箇所もありますので、保護者の方は十分注意してください

・施設や樹木を大切にしましょう。

この施設は、みんなの施設です。
この施設は、みんなの施設です。
ロープウエイ① 滝の根 砦
ネットトンネル丸太くぐり
みはりつりばし
スロープろうかラダー
タイヤ 砦ロープわたり
丸太わたりネット 砦
ぶらぶらごえロッククライム
ネットの ぼりすべり台
この施設は、みんなの施設です。ルールを守って、楽しく安全に遊びましょう。

出典:朝霞市役所

広告
滝の根公園 吊り橋
滝の根公園 吊り橋
広告
滝の根公園 吊り橋
滝の根公園 吊り橋
滝の根公園 吊り橋
滝の根公園 吊り橋
広告

根岸台6丁目児童遊園地(スタート)→岡氷川神社→城山公園→朝霞浄水場排水処理所→みつばすみれ学園→志木新河岸川あじさいロード→富士下橋→愛の泉→敷島神社→朝霞浜崎団地→朝霞台駅(ゴール)

城山公園から
志木新河岸川あじさいロード
を散策

広告
根岸台6丁目児童遊園地 あじさい
根岸台6丁目児童遊園地 あじさい
広告
根岸台6丁目児童遊園地
根岸台6丁目児童遊園地
広告
根岸台6丁目児童遊園地
根岸台6丁目児童遊園地
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
広告
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
岡氷川神社鳥居
岡氷川神社鳥居
広告
岡氷川神社鳥居脇 あじさい
岡氷川神社鳥居脇 あじさい
岡氷川神社鳥居 氏子中
岡氷川神社鳥居 氏子中
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
広告
城山公園 案内図
城山公園 案内図
城山公園
城山公園
城山公園
城山公園
広告
城山公園 あじさい
城山公園城山公園 あじさい城山公園
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい

お知らせ(朝霞ライオンズクラブ)

朝霞ライオンズクラブでは、平成6年度から9年度までの事業の一環として、当地城山公園内に、市民の皆様に末永く楽しんで頂けますよう〔あじさい植樹〕を行います。

朝霞ライオンズクラブ一同

〔今後共、市民の皆様のご協力をお願いします。尚詳しい事は事務所までご連絡して下さい。〕

出典:朝霞ライオンズクラブ事務局

広告
城山公園 あじさい
城山公園城山公園 あじさい城山公園
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
広告
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
朝霞浄水場排水処理所周辺 新河岸川右岸
朝霞浄水場排水処理所周辺 新河岸川右岸
広告
みつばすみれ学園 新河岸川右岸
みつばすみれ学園 新河岸川右岸
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸3丁目23 新河岸川右岸
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸3丁目23 新河岸川右岸
広告
Usagi Dango Shop周辺 新河岸川右岸
Usagi Dango Shop周辺 新河岸川右岸
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード

このあじさいは、「彩の国みどりの基金」を活用した事業で植えています。

出典:志木市

広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
富士下橋
富士下橋

富士下橋

所在地: 〒353-0002 埼玉県志木市3 富士下橋

富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
広告
富士下橋
富士下橋
広告
富士下橋
富士下橋
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
広告
しんがしがわ
しんがしがわ
昆虫のすむ池
昆虫のすむ池

昆虫のすむ池

私たちのくらしている街は、アスファルトやコンクリートでおおわれている場所が多いため、土の部分が少なくなっています。そのため植物はそだたず、虫たちはすみかをうしなってしまいました。

志木市ではこの池のような場所をできるだけ本来の自然の姿のまま残し、トンボやアメンボウなどの虫たちや虫を食べに集まってくる鳥たちのために守っていきたいと考えています。

この池にコイ、ブラックバス、ブルーギルなどの魚を放流することは、本来の自然の状態の大きなえいきょうを与えることとなるため、絶対にしないようお願いいたします。また、新たに花や草を植えたり、はえている野草をむやみにふみつけたり、ホテイアオイのようなはんしょくりょくの強い植物を捨てたりすることも自然の状態にえいきょうを与えることとなるので行わないでください。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

出典:志木市

広告
いろは親水公園(こもれびのこみち)
いろは親水公園(こもれびのこみち)
敷島神社 田子山富士塚
敷島神社 田子山富士塚

・敷島神社

・田子山冨士塚

広告
愛の泉
愛の泉

愛の泉

所在地: 〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目1010

広告
敷島神社
敷島神社

敷島(しきしま)神社(じんじゃ)

境内の一角には「田子山富士」と呼ばれる堂々とした富士山が築かれ、このことから当社は「たごやまのおふじさん」とも称され親しまれている。

出典:埼玉県の神社

広告
敷島神社
敷島神社
敷島神社 英霊に捧ぐ
敷島神社 英霊に捧ぐ

英 霊 に 捧 ぐ

大東亜戦争の敗戦より35年たちました。今日本人は国民の間の貧富の差が自由世界で最も少なく思想とその発言は世界で最も自由な国であり且つ建国以来最も豊かで平和な生活を営んでいます。又この戦争を機会に多くの国々が植民地から独立国家と変わりました。大東亜戦争に破れましたが結果としては戦争の目的は達成されました。然しこの成果を得る為に貴兄方の尊い命がささげられたことを私達国民は永遠に忘れてはなりません。今後はこのことを深く肝に銘じいかなる内外からの暴力に対してもこれを阻止してこの平和な祖国を守り且つ之を子孫に伝える努力を致します。

昭和55815

神山秀三郎

施工 石栄 内田栄信

広告
敷島神社 縁むすび風鈴
敷島神社 縁むすび風鈴
広告
敷島神社 ご神木(欅)
敷島神社 ご神木(欅)

ご神木(欅)

太根保護のため木路を設けてあります。ご神木廻りをされる方は木路の上をお通り下さい。

敷島神社

広告
敷島神社 ご神木(欅)
敷島神社 ご神木(欅)
広告
敷島神社 縁結びの石
敷島神社 縁結びの石

敷島子安神社

縁結びの石

この石をなでると、

      子授け・安産が、

                       叶います。

広告
田子山富士塚
田子山富士塚
田子山富士塚
田子山富士塚

埼玉県指定有形民俗文化財

田子山(たこやま)富士(ふじ)(づか)

【富士塚】

江戸時代中期(18世紀後半)以降、富士山に対する信仰が広まり、富士山への登拝が盛んになりました。信仰のよりどころとして、また、山に登ることができない人も実際に参拝したのと同じご利益(りやく)がえられるとして、関東地方を中心に富士山を模した人工の塚が作られるようになりました。

【田子山富士塚の成り立ち】

明治時代初め、(ひき)(また)(現在の志木市本町)に住む高須庄(たかすしょう)(きち)が、田子山の頂上で、富士信仰に関わると言われる板碑(いたひ)を発見しました。富士信仰に(あつ)かった庄吉はここに富士塚を造ることを思い立ち、自身が属する富士講の一派である丸吉講(まるきちこう)が中心となって明治5年(1872)に田子山富士塚が完成しました。

築造にあたっては新河岸(しんがし)(がわ)舟運(しゅううん)で栄えた地元の商人・舟運関係者・職人・農民はもちろん、東京・栃木・新潟・福島・岐阜・などからも寄進がありました。塚に設置された石造物から、2,400人を超える人々から寄進があったことが分かります。塚中腹にある経ヶ嶽(きょうがだけ)付近の玉垣(たまがき)には、明治時代のはじめに活躍した坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)尾上菊五郎(おのうえきくごろう)岩井半四郎(いわいはんしろう)などの歌舞伎(かぶき)役者の名前も見られます。

現在、田子山富士保存会を中心に7月最初の土曜日または日曜日に「山開き」、821日に「(やま)仕舞(じま)い(お()き上げ)」の行事を行っています。
田子山富士塚平面図田子山富士塚築造当時の引又宿の様子 引又は、宿場や河岸場があり、毎月6回市が立つ、大いに栄えた商業地でした。
田子山富士塚平面図田子山富士塚築造当時の引又宿の様子
引又は、宿場や河岸場があり、毎月6回市が立つ、大いに栄えた商業地でした。
田子山富士塚平面図 田子山富士塚築造当時の引又宿の様子
中村芝翫(なかむらしかん)・坂東三津五郎の銘のある玉垣尾上菊五郎・中村(なかむら)仲蔵(なかぞう)の銘のある玉垣親子猿
中村芝翫(なかむらしかん)・坂東三津五郎の銘のある玉垣尾上菊五郎・中村(なかむら)仲蔵(なかぞう)の銘のある玉垣親子猿
石神座像鳥帽子磐高尾山鳥天狗
石神座像鳥帽子磐高尾山鳥天狗
塚中腹にある経ヶ嶽付近の玉垣

【田子山富士塚について】

田子山富士塚は、高さ8.7m、直径が約30mの楕円形(だえんけい)をしており、江戸時代後期から明治時代にかけて関東地方を中心に築かれた富士塚の一つです。

頂上には木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと)を祀った祠、中腹には小()御嶽(みたけ)神社(じんじゃ)や烏帽子岩(えぼしいわ)、里宮と呼ばれる浅間神社が建てられています。石造物の種類・数がたいへん多く、なかには優れた細工が施(ほどこ)された石造物も見えること、御胎内(おたいない)が現存していることが見どころです。

平成16年に、志木市指定有形民俗文化財、平成183月に、埼玉県指定有形民俗文化財に指定されました。また、富士塚築造のきっかけとなったと言われる暦応(りゃくおう)3年(1340)の板碑は浅間神社のご神体として祀られています。

田子山富士塚は実際の富士山に似せてつくられています。浅間下社の板碑田子山富士塚頂上より富士山を望む
田子山富士塚は実際の富士山に似せてつくられています。浅間下社の板碑田子山富士塚頂上より富士山を望む
富士山に似せて 浅間下社の板碑 田子山富士塚頂上より富士山を望む

平成293

出典:志木市教育委員会

田子山冨士保存会

広告
田子山富士塚
田子山富士塚

埼玉県指定有形民俗文化財

田 子 山 富 士 塚

広告
敷島神社
敷島神社

(しき) (じま) (じん) (じゃ)

(ひき)(また)地区(現本町)の住民が、江戸後期から地区独自の鎮守として信仰していた村山稲荷(祭神 ()(がの)(みたま)(のみこと))のほか、星野稲荷(祭神 ()(がの)(みたま)(のみこと))と水神社(祭神 (みづ)象女(はのめの)(みこと))を元来この地にあった浅間(せんげん)神社(じんじゃ)(祭神 木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと))に合祀(ごうし)し、新しい鎮守として明治41年に創建された神社です。

五月の例大祭と十一月の勤労感謝祭には、浦安(うらやす)の舞の奉納が、水月(みなづき)大祓(おおはらい)には、人形(ひとがた)流しと()()くぐり(夏の悪疫除け)等の神事がそれぞれ行われていますが、特に七月の夏祭りは天王様のお祭りとして近隣の市町村にも知られた大祭です。

また、八月の火祭りは、お()()げとも言い、祭神木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと)が夫の瓊瓊(にに)(ぎの)(みこと)懐妊(かいにん)(あや)しまれ、その証をたてるため八尋(やひろ)殿(でん)に火を放ち火の中で(ほで)(りの)(みこと)火闌降(ほすせりの)(みこと)(ほお)(りの)(みこと)を生んだ神話にちなむ火祭りで安産・火難・災難除けとされ、この時の薪の燃え残りを戸口につるして置くと盗難除けになるといわれています。

平成6330

出典:志木市教育委員会

 

広告
至 ユリノ木通り大原 交差点
至 ユリノ木通り大原 交差点
広告
朝霞浜崎団地
朝霞浜崎団地
朝霞浜崎団地 アジサイ
朝霞浜崎団地 アジサイ
広告
朝霞浜崎団地 アジサイ
朝霞浜崎団地 アジサイ

北朝霞公園(スタート)→学校給食センター→田島公園→わくわく田島緑地→城山公園→わくわくドーム→市民プール→マルエツ→滝の根公園→青葉台公園→朝霞駅(ゴール)

第3回橋巡り「清流・黒目川」

広告
北朝霞公園
北朝霞公園
広告
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
広告
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
広告
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
北朝霞公園
広告
内間木支所交差点
内間木支所交差点
田島公園
田島公園
広告
田島公園
田島公園
新盛橋
新盛橋
広告
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
広告
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
わくわく田島緑地
広告
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
〒351-0005 埼玉県朝霞市 県道79号線
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目18‐48
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目18‐48
岡3丁目 黒目川
岡3丁目 黒目川
広告
城山公園前 歩道
城山公園前 歩道
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡(大字)199
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡(大字)199
広告
黒目川 堤道
黒目川 堤道
わくわくドーム前 黒目川 堤道
わくわくドーム前 黒目川 堤道
広告
〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)760 朝霞溝沼医療センター
〒351-0023 埼玉県朝霞市溝沼(大字)760 朝霞溝沼医療センター
滝の根公園
滝の根公園
広告
青葉台公園
青葉台公園

湧水代官水(スタート)→城山公園→わくわくどーむ→黒目川→新座大橋→市場坂橋(旧橋)→朝霞市中央公園(ゴール)

桜散策(目黒川遊歩道周辺)
ウオーキング

広告
湧水代官水
湧水代官水

朝霞市指定天然記念物

『湧水代官水』

指定年月日

平成2291

1.位置

朝霞市の中央部よりやや東に位置し、現在の住居表示では岡三丁目にあります。

最寄り駅の東武東上線朝霞駅からは北へ約1.3㎞の位置にあります。

2.由来

江戸幕府により編纂された「新編武蔵風土記稿」の岡村の項の記述には、小名

として「代官水」の名称が記載されており、江戸時代後期には、「代官水」と呼ば

れた地域が岡地域に存在していたことが推測されます。また、本湧水は、昔から

灌漑用水などとして地域の人々に「代官水」と呼ばれ、利用され親しまれてきた

ものです。

3.面積
公開している平地の部分と、通常は緑地保護のため公開していない斜面地を

合わせて約3.800㎡あります。

4.保護
湧水代官水は、標高1421mの崖線の谷頭から出る湧き水で、水源地のほか、

数箇所から湧き出ています。これらの湧水は、現在も豊富な水量を保っており、
湧き水が流れ出る緑豊かな斜面地とともに残されている、市内では数少ないも

のです。

大切な湧き水である「代官水」を、周囲の斜面地とそこに広がる雑木林とともに恒

久的に保存し、公開することは、開発によって失われつつある自然景観を保護

するだけでなく、かつてこの地で営まれてきた生活・文化を、歴史として永く後

世に伝えていく貴重な意味を持ちます。

出典: 平成241月 朝霞市教育委員会

広告
目黒川緑道 桜
目黒川緑道 桜
目黒川緑道 桜
目黒川緑道 桜
広告
目黒川緑道 桜
目黒川緑道 桜
ひざおり水車広場
ひざおり水車広場
ひざおり水車広場
ひざおり水車広場

朝霞の水車(すいしゃ)について

水車には農業用水路から水田などに水をひくための揚水水車と、

油絞り、粉ひきなどの作業の効力として使われる動力水車がありま

す。

朝霞市域には、江戸時代後期の明治元年(1764年)、溝沼村に

最初の水車が設けられました。水車を使って綿実油絞りを行ってい

たようです。その後、黒目川の用水路をはじめ野火止用水の分水な

どを利用して次々と水車が設けられ、米きや粉ひき・油絞りなどが

行われました。そして、その中から銅を延ばして針金などを作る伸銅

を行う水車も現れました。これらの水車は、用水路からまわし堀をめ

ぐらして水輪のなかほどへ水を掛ける胸かけ水車か、ハケ地形を利

用して水輪の上から中ほどに水をかけて回す水車でした。

水車は農民の農間稼ぎとして賃搗きや賃挽きを行っていましたが、

当時においては儲けの多い仕事であったといわれています。しかし、

その設置にはかなりの資金を必要としたため、誰でもが行えるもの

ではなかったようです。

水車を動力として生産した小麦粉やそば粉は、川越街道や新河岸

川の船運等を通じて、大消費地である江戸・東京に輸送していました。

明治時代の終わりごろになると朝霞周辺でも徐々に動力を水車か

ら蒸気・電気等による機械へと移行し、朝霞も水車は昭和10年代

ごろに姿を消しました。

この案内板は、
埼玉県ふるさと創造資金の
補助を受けて設置しました。
朝霞市

朝霞の伸銅(しんどう)について

伸銅工業を含む金属加工業は、関西地方を中心に発展しています。東日本で伸銅工業が始まったのは、現在の目黒区内で、次いで市内の膝折に伝えられました。膝折の伸銅は明治時代以降生産が拡大し「膝折のはりがね工場」と呼ばれて地場産業となりました。

市内に伸銅の技術が伝わったのは、黒目川用水の水量の豊富さ、江戸の問屋との交通の便が良かったことなどが考えられます。詳しい創業の経緯は不明ですが、文政元年(1818)に製粉を行うために設けられた2軒の水車(奥住水車・徳生水車)では、天保2年~4年(183133)ごろ、相次いで銅を延ばして針金などを作る「伸銅」を行うようになりました。

江戸時代のはりがね作りでは、湯つぼを使って銅を溶かして材料を作るという作業はまだなかったようです。材料は、関西方面で作られた棒状の銅材(銅棹)を江戸の銅問屋が仕入れて(これを下り棹という)、それを130貫(112㎏)積みにして、馬の背に乗せて水車工場に運んだそうです。伸銅工場では問屋から入手した同棹を松炭などで焼いて打ち叩き、ダイスという銅の真ん中に棹より小さめの穴が開いたものに通して細かくしていきます。水車の動力はこの棹をダイスに通して引っ張るときに使うもので、奥住水車では直径5m45㎝の水車を使っていました。これは伸銅のみに使って

いたわけではあちませんが、他の製粉工場の水車がおおむね3mの直径であるところから、伸銅工場の動力の大きさがわかるのではないかと思います。

明治時代以降は、伸銅工場が相次いで建てられ、規模も拡大して銅竿から造るようになり、針金のほかに管や電線、火箸、馬具の飾り、箪笥の引き手、足袋のこはぜ、牛の鼻輪などさまざまなものを作るようになりました。また、材料も真鍮や鉄などの金属も扱い、プラスチック製品が普及した昭和50年頃まで、朝霞の地場産業として栄えました。

時代主な伸銅製品
江戸~幕府ー銅線 ―銅瓦(江戸城本丸の再建に使用)
ーたんす引き手 ―牛の鼻輪 ―足袋コハゼ
明治ー電線 ―時計の歯車 ―洋食器
ー桶のたが ―板金 ―丸棒 ―軍需品
大正ー水力から電力への転換期を背景にした電力関連製品
―各種銅製品 ―軍需用品 ―伸管
昭和※昭和39年時生産高比率
全国生産高の7%、埼玉県生産高の65%
朝霞の伸銅(しんどう)について歴史
広告
目黒川緑道 桜
目黒川緑道 桜
朝霞 税務大学研修所前
朝霞 税務大学研修所前
広告
朝霞中央公園野球場
朝霞中央公園野球場