千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→ザ・フォレスト 北の丸→江戸城 北桔橋門→天守台(江戸城跡)→石室→二の丸庭園→江戸城 百人番所→江戸城 大手門→鎌倉橋→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

6月度ちよだ皇居周辺
リフレッシュウオーク2019

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
中部日本放送 東京支社脇
中部日本放送 東京支社脇
清水門遊歩道から武道館を望む
清水門遊歩道から武道館を望む

日本武道館

東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。単に「武道館」といえば一般的に当館の事を指す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia

広告
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
広告
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段(北の丸公園)
清水門内階段(北の丸公園)
広告
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
広告
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から清水門
清水門内階段(Toilets)から清水門
広告
清水門内階段(北の丸公園)
清水門内階段(北の丸公園)
吉田茂像
吉田茂像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

広告
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
広告
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の橋
北の丸公園の橋
広告
北の丸公園の橋
北の丸公園の橋
北の丸公園 多機能トイレ方面
北の丸公園 多機能トイレ方面
広告
北の丸公園の池 流れ込む小川
北の丸公園の池 流れ込む小川
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
広告
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
広告
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
北白川宮能久親王銅像 周辺
北白川宮能久親王銅像 周辺
広告
江戸城 北桔橋門前 陸橋
江戸城 北桔橋門前 陸橋
江戸城 北桔橋門
江戸城 北桔橋門
広告
江戸城 北桔橋門
江戸城 北桔橋門

北 桔 橋 門

北桔橋門は、竹橋から千鳥が淵に抜ける通称 代官町通りの北の丸公園入口の正面にある小さな橋であり、皇居の天守台北側と北の丸方面をつなぐ城門でもある。ここは、東の 平川濠 と西の乾濠を分ける土橋になっている部分で、いわゆる橋になっているのは、皇居東御苑の入口から僅か56mの部分のみである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
江戸城 北桔橋門から三日月濠(乾濠)を眺める
江戸城 北桔橋門から三日月濠(乾濠)を眺める
江戸城 北桔橋門から平川濠を眺める
江戸城 北桔橋門から平川濠を眺める
広告
北桔橋門
北桔橋門

北 桔 橋 門

北桔橋門は、竹橋から千鳥が淵に抜ける通称 代官町通りの北の丸公園入口の正面にある小さな橋であり、皇居の天守台北側と北の丸方面をつなぐ城門でもある。ここは、東の 平川濠 と西の乾濠を分ける土橋になっている部分で、いわゆる橋になっているのは、皇居東御苑の入口から僅か56mの部分のみである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ

天 守

日本の城の天守は、住宅として利用された天正期の安土城(織田氏)や大坂城(豊臣氏)などの例は別格として、江戸時代を通して居住空間として使用された例は少ない。姫路城や熊本城などの江戸時代初期までに建てられた天守内には、井戸を伴う台所や便所、畳敷きの部屋など居住設備を設けていた例もあるが、城主は本丸や二ノ丸、三ノ丸などに建てられた御殿で政務や生活を行い、天守はおもに物置として利用されることが多かった。

江戸時代初頭、徳川幕府に届出をする際に天守の名称を憚った櫓の例があり、現在ではそれらの象徴的役割にあった櫓も天守に分類し、それらを総称して天守建築ということがある。外観で2重から5重のものがあり、安土桃山時代の末には最終防衛拠点としての位置づけがされており、本丸に築くことが多かった。本丸の中で天守をさらに囲う郭を造り、この郭を天守郭・天守曲輪(てんしゅくるわ)や天守丸(てんしゅまる)などと呼んだ。ちなみに、天守や櫓を建てることを「を上げる」という。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
桃華楽堂
桃華楽堂

桃 華 楽 堂

香淳皇后の還暦を記念して建てられ、香淳皇后のお印の「桃」にちなんで命名された音楽堂で、昭和41年(1966年)に完成しました。

屋根はデッセンの花紅を(かたど)り、八つある壁面は、各面とも大きく羽ばたく鳥を中央に、それぞれ日月星、松竹梅、楽の音などをイメージした図柄が陶片で描かれています。

 

広告
天守台(江戸城跡)
天守台(江戸城跡)
天守台
天守台
広告
天守台
天守台

江戸城 天守台

徳川家康の入城以来、江戸城では、慶長度天守(1607年)、元和度天守(1623年)、寛永度天守(1638年)と3度、天守が建てられました。最も規模が大きかった寛永度天守は、地上からの高さが約58mあったといわれています。

この天守台は、寛永度天守が明暦の大火(1657年)により焼失した後、天守再建を目指して万治元年(1659年)築かれたものですが、幕府内で、天守は不要との結論が下され、この天守台には天守が建てられないままになりました。

江戸時代の江戸城は、天守があった50年間の後、天守がない状態が210年間続いたことになります。

 

 

広告
天守台
天守台


広告
天守台(江戸城跡) 方向盤
天守台(江戸城跡) 方向盤
江戸城本丸御殿
江戸城本丸御殿

江 戸 城 本 丸 御 殿

この天守台から見える大芝生とその周辺には、江戸城本丸御殿の建物が立ち並んでいました。本丸御殿は、(おもて)中奥(なかおく)大奥(おおおく)という三つの空間に分かれていました。

表は、将軍の謁見(えつけん)など公的な儀式・行事、幕府諸役人の執務の場で、中奥には将軍の日常生活、政務を執る場、大奥は御台所(おだいどころ)と呼ばれた将軍の正妻をはじめ家族や女性たちの生活の場でした。

 

 

広告
竹林
竹林

竹 林

この竹林は上皇陛下のお考えから、平成8年(1996年)に整備されました。

昭和天皇がそのお印であった「若竹」にちなみ喜寿の記念等に宮内庁職員から送られ、吹上御殿にお植えになっていたものを、こちらに移したものです。日本と中国の竹・笹類13種類が植えられています。

インヨウチク島根県比婆山特産で、葉はクマザサのように大きく、緑色。
カンザンチク中国産で、ササの中で最大級
シホウチク中国原産で、稈は四角形。
undefinedコンシマダケマダケの変種で、葉に濃紺色の縞模様。
undefinedラッキョウヤダケヤダケの品種で、節間が膨れてラッキョウ型。
undefinedホウショウチクホウライチクの変種で、葉に白い縞模様。
undefinedスホウチクホウライチクの変種で、稈に紅黄色の縦縞。
undefinedホウライチク中国産で、稈が密生。
undefinedオウゴンチクマダケの変種、稈は黄金色。
undefinedキンメイチクマダケの変種、稈は黄色に緑色の縦縞。
undefinedギンメイチクマダケの変種、稈は緑色に黄色の縦縞。
undefinedキッコウチクモウソウチクの変種で、下部
の節間が交互に膨れて亀甲
状。
undefinedキンメイモウソウモウソウチクの変種で、稈に黄色の縦縞。
竹 林

※竹の幹を稈(かん)と言います。

広告
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ

イネ科

キンメイモウソウ

広告
キッコウチク
キッコウチク
キッコウチク
キッコウチク

イネ科

キッコウチク

広告
ギンメイチク
ギンメイチク
ギンメイチク
ギンメイチク

イネ科

ギンメイチク

広告
キンメイチク
キンメイチク
キンメイチク
キンメイチク

イネ科

キンメイチク

広告
オウゴンチク
オウゴンチク
オウゴンチク
オウゴンチク

イネ科

オウゴンチク

広告
スホウチク
スホウチク
スホウチク
スホウチク

イネ科

スホウチク

広告
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ

イネ科

ラッキョウヤダケ

広告
コンシマダケ
コンシマダケ
コンシマダケ
コンシマダケ

イネ科

コンシマダケ

広告
シホウチク
シホウチク
シホウチク
シホウチク

イネ科

シホウチク

広告
カンザンチク
カンザンチク
カンザンチク
カンザンチク

イネ科

カンザンチク

広告
インヨウチク
インヨウチク
インヨウチク
インヨウチク

イネ科

インヨウチク

広告
ナンテン
ナンテン
ナンテン
ナンテン

イネ科

ナンテン

広告
石室
石室

(いし) (むろ)

この場所は江戸城本丸御殿の大奥の脇に当たります。石室の用途は諸説ありますが、火事などの非常の際に、大奥用の稠度などの避難場所と考えられています。

広告
石室
石室
石室
石室
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
広告
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告

江戸城 富士見多聞櫓

 

「多聞」は、長屋作りの防御施設です。

江戸城には多くの多聞がありましたが、現存するのは、この富士見多聞と、伏見櫓の左右にある多聞だけになりました。現在の富士見多聞は、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火(1657年)の後、諸建物が再建された際に建てられたものと考えられます。

「御休息所前多聞」とも呼ばれています。

 

江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
午砲台跡
午砲台跡
広告

午 砲 台

()砲台(ほうだい)とはかつて報時のための午砲(空砲)を撃っていた場所のことである。午報所とも呼ばれた。1871年、午砲の制が定められ全国各地に設置されている。空砲の音はドンとも呼ばれ親しまれたことから、後にドン山などという愛称が付けられた午砲台も存在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
広告
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
広告
江戸城 汐見坂
江戸城 汐見坂

汐 見 坂

徳川家康による江戸城築城の頃は、この場所の近くにまで日比谷入江が入り込み、この坂から海を眺めることができたことから「汐見坂」の名が付いたといわれています。

この坂は、本丸と二の丸をつないでいたもので、坂上には、汐見坂門が設けられています。

広告
アサザ
アサザ

アサザ

アサザはミツガシワ科アサザ属の多年草。ユーラシア大陸の温帯地域に分布し、日本では本州や九州、稲美町などに生育する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
ヒメコウホネ
ヒメコウホネ

ヒメコウホネ(姫河骨)

地下茎は太く、白色、水底の地中を這い、横へ 広がる。葉は束生し、長い円筒状の葉柄がある。水中葉(沈水葉)は質が薄く、縁が波打つ。水上葉(浮葉)は水面に浮かび、水面が低下すると、水面から出て抽水葉となる。水上葉は長さ610㎝、幅58㎝の広卵形、質がやや厚く、全縁、無毛、表面に光沢があり、基部は深く切れ込む。花柄は長く、水面から上に出て、花を1個上向きにつける。花は黄色、直径34㎝。花弁状に見える萼片は普通5個。花弁は小さく、多数。

コウホネ Nuphar japonicum 水中葉は膜質で細長く、水上葉は光沢があり、長さ2030㎝の長卵形、水面から出る(抽水形)。花は直径約5㎝のわん形。花弁状に見えるのが萼片で、5個。花弁はへら状で小さく、多数が1列に並ぶ。雄しべ、多数、花糸の幅が広い。雌しべの先は広がり、柱頭盤を形成し、柱頭は放射状に並ぶ。

オグラコウホネ Nuphar oguraensisはヒメコウホネに似るが、葉柄が中空、葉が水面に浮かぶ。

ネムロコウホネ Nuphar pumilum は葉が水面に浮かぶ。

出典:三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

広告
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸庭園

二の丸庭園(皇居東御苑)

江戸城二の丸は本丸の東側に位置し、3代将軍家光の命で1630(寛永7)年に小堀遠州の手により遊行のための庭園を造成。家光と秀忠との茶会が催されています。2代将軍・徳川秀忠が死去した後の1636(寛永13)年には二の丸御殿が建てられ東側に庭園を配置しました。現存する庭園は往時の庭園を昭和43年に復元したものです。

出典:東京とりっぷ

広告
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸池
二の丸池

二の丸池

この二の丸池にはコウホネ、ヒメコウホネ、ヒツジグサ、アサザの4種類の水生植物が生育しています。初夏から秋にかけて水面を覆い、それぞれ黄色や白色の花を咲かせます。アサザは赤坂御用地の池から株を移したものです。

アサザヒメコウホネ
① アサザ
ミツガシワ科
➂ヒメコウホネ
スイレン科
㋄中旬~㋉中旬、対生する葉のわきに数本の花茎をだし、黄色の花を開く。コウホネの小型種。葉は、広卵形。㋄中旬~㋈下旬、黄色い花を開く。
コウホネヒツジグサ
② コウホネ
スイレン科
➃ヒツジグサ 
スイレン科
㋃下旬~㋈下旬、長く直立した円柱形の花柄の先に黄色の花を1個上向きに開く。河(こう)骨(ほね)の名は、川に生え、根茎が白骨のように見えることによる。㋄下旬~㋉下旬、細長い根生の花柄の先に白色の清楚な花を1個開く。未草(ひつじくさ)の名は、未の刻(午後2時)に花が開くことによるが、開花時間は必ずしも一定しない。
二の丸池の浮葉性植物
広告
菖蒲田(二の丸庭園)
菖蒲田(二の丸庭園)

菖蒲田

この菖蒲田には、84品種のハナショウブが植えられています。皇居東御苑造成中の昭和41年(1966)に明治神宮御苑の菖蒲田から株を譲り受けて以来、大切に守り育てているものです。

花の見頃:6月上旬~中旬

アヤメの仲間の生育場所の違い

ハナショウブ

ハナショウブは、山野に自生するアヤメ科のノハナショウブをもとに改良された園芸品種です。品種改良は江戸時代から盛んになり、改良された地域によって、江戸系、肥後系、伊勢系の三系統に大別され、ここには江戸系が植えられています。

🔶江戸系
 庭園などで群生の美しさを鑑賞するのに向き、風雨に強く、草丈の高いものが多いです。また、平咲きの花が多いのも特徴で多様な花形が見られます。
🔶肥後系
 金屏風の前で鑑賞するなど鉢植えに適し、大輪の豪華な花が多いのが特徴です。
🔶伊勢系
 鉢植え向きで、花弁が垂れ下がり、優美で繊細な花が多いのが特徴です。
江戸系、肥後系、伊勢系の三系統

アヤメ科の植物は、「いずれあやめかかきつばた」というように区別が難しいので、その違いを解説します。

 

アヤメの仲間の見分け方

カキツバタハナショウブノハナショウブアヤメイチハシ
カキツバタハナショウブノハナショウブアヤメイチハシ
花期:5月中旬~下旬
外花被片の中央部に白斑があり、基部は帯黄色
花期:5月下旬~6月下旬
外花被片の中央部に淡黄色の細い斑点
花期:5月下旬~6月下旬
外花被片の中央部に淡黄色の細い斑点
花期:5月上旬~中旬
外花被片の中央
から基部にかけて黄色の網状の模様
花期:4月下旬~5月中旬
外花被片の上面中央にとさか状の突起
カキツバタ葉ハナショウブ葉ノハナショウブ葉アヤメ葉イチハシ葉
幅が広く、中脈はない幅は中位で、中脈が太い幅が細く、太い中脈が目立つ幅が細く、中脈はあるが目立たない幅が広く、中脈は目立たない
アヤメの仲間の見分け方
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
広告
白鳥濠
白鳥濠

白鳥濠(皇居東御苑)

江戸城の二の丸と本丸の間を東西に隔てる(ほり)白鳥(はくちょう)(ぼり)。南北に長く伸びて本丸を守るかたちになっています。濠の北側は汐見坂で、築城初期にはこの坂から日比谷入江を眺めました。白鳥濠は、完全に独立した濠で、濠に湛える水は湧き水と雨水のみになっています。家康時代に積まれたという石垣も必見です。

出典:東京とりっぷ

広告
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所

江戸城 百人番所

江戸城本丸への道を厳重に守る中之門に向き合って設けられた警備詰所です。甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組という4組の鉄砲百人組が昼夜交替で勤務していました。各組は20人の与力と、100人の同心で構成されていました。

広告
三の丸尚蔵館から大手町方面を望む
三の丸尚蔵館から大手町方面を望む
三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館

アジサイ(Hydr angea)ノリウツギ(Panicle hydrangea)
本丸では、天守台や富士見多聞(たもん)の付近、二の丸では、各所で見られます。青紫、赤紫など様々な色で初夏から夏を彩っています。二の丸雑木林付近で見られる落葉高木です。たくさんの花が円錐(えんすい)状に集まって咲いています。花びらのように見えるのは装飾(そうしょく)花(か)です。
カイコウズ(Common Coral-Tree)タイサンボク(Grand Magnolla)
鹿児島県の県木として、二の丸にある都道府県の木のコーナーに植えられています。南国らしい深紅色の蝶形の花が咲いています。アメリカデイコとも呼ばれます。ハクレンボクとも呼ばれます。本丸天守台付近で見られ、甘い香りのする大きな白い花が目立ちます。
富士見多聞(Fujimitamon)二の丸雑木林(Ni-no-maru grove)
多聞(たもん)は、防衛と装飾を兼ねた長屋造りの櫓(やぐら)の一種類で、江戸城本丸には15棟がありましたが、今では現存する唯一の遺構です。昭和天皇の御発意で、昭和57年~60年に、武蔵野の雑木林の面影を持つ樹林を整備しました。
今では、昆虫や野鳥のすみかともなっています。
三の丸尚蔵館
広告
三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館
皇居東御苑管理事務所 周辺
皇居東御苑管理事務所 周辺
広告
江戸城 大手門
江戸城 大手門

江戸城 三ノ丸大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっております。大き方の門は、昭和20年(1945年)4月の空爆で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。焼失前の門の屋根に飾られていた鯱には、頭部に「明暦三丁酉」(1657年)と刻まれています。この明暦3年には、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火が起きており、鯱は、大火の後、江戸城再建時に製作されたものと考えられます。

 

広告
江戸城 大手門 歩道
江戸城 大手門 歩道
日本歯科大学発祥の地の碑 周辺
日本歯科大学発祥の地の碑 周辺
広告
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
広告
鎌倉橋
鎌倉橋

鎌倉橋 (日本橋川)

鎌倉橋は、東京都千代田区にある日本橋川に架かる橋である。神田地区と大手町地区の境界に当たる。左岸は内神田一・二丁目、右岸は大手町一・二丁目となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
千代田区立スポーツセンター
千代田区立スポーツセンター

千代田区役所(スタート)→清水門→旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡→北の丸公園→天守台→皇居東御苑二の丸庭園 →大手門→和田倉門→KITTE(キッテ)→星のや東京→千代田区スポーツセンター(ゴール)

4月度JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所前
千代田区役所前
千代田区役所前
千代田区役所前
広告
清水門入口
清水門入口

清 水 門

清水門は、創建年代は明らかではないが、1607年(慶長12年)に、北の丸普請が行われていたことから、この時期に建てられたものと考えられている。現在の清水門が建っている辺りは、中世には清水寺があったといわれ、江戸時代には江戸城の一画に取り込まれ、北の丸への出入口として利用された。北の丸は、武家地として利用され、江戸時代中期以降は、御三卿のうち田安家(田安徳川家)・清水家(清水徳川家)の屋敷と蔵地に利用された。門を潜り進むと北の丸公園がある。往時、北の丸公園の東側は一帯は清水家が、西側一帯は田安家が、それぞれ所有していた。1624年(寛永元年)に、安芸広島藩主浅野長晟によって改築され、1657年(明暦3年)の大火で焼失したため、翌、1658年(万治元年)に再修築された。明治時代から戦前までは、近衛歩兵連隊の駐屯地となった。「江戸城跡」は国の特別史跡に指定されている。また、江戸城の門のうち清水門のほか、外桜田門と田安門が重要文化財(建造物)に指定されている。

ソース: 清水門 – https://ja.wikipedia.org

清水門
清水門
広告
清水門内
清水門内
清水門内
清水門内
広告
清水門内
清水門内
清水門内
清水門内
広告
清水門階段
清水門階段
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ

旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡

近衛歩兵第二連隊(このえほへいだいにれんたい)(近衛歩兵第二聯隊)は、大日本帝国陸軍の連隊のひとつ。近衛歩兵第1連隊とならび日本陸軍最初の歩兵連隊である。

 

近衛歩兵第二聯隊の碑(北の丸公園内)

 

昭和14年8月、富士山麓で演習した同連隊が営庭美化のため各中隊の競争で山百合を採取した記録。中隊ごとの採取数が記録されているため、当時の連隊の編制がわかる。(北の丸公園内)

ソース: 近衛歩兵第2連隊 – https://ja.wikipedia.org

広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 フジ
広告
エゴノキ
エゴノキ
エゴノキ エゴノキ科
エゴノキ エゴノキ科

エゴノキ エゴノキ科

〇春に白い花を枝いっぱいにぶらさげます。

〇実がのどを刺激する(えぐい)ため、この名がつきました。

〇実は石鹸の代用となります
広告
エゴノキ
エゴノキ
エゴノキ
エゴノキ
広告
タイワンホトトギス
タイワンホトトギス
タイワンホトトギス
タイワンホトトギス

タイワンホトトギス

台湾杜鵑草

Tricyrtis

ユリ科 ホトトギス属

分布

台湾、沖縄本島、西表島

広告
タイワンホトトギス
タイワンホトトギス
サンゴジュ
サンゴジュ
サンゴジュ 珊瑚樹
サンゴジュ 珊瑚樹

サンゴジュ

珊瑚樹

スイカズラ科 ガマズミ科

分布

日本(関東地方南部以西~沖縄)

朝鮮南部、台湾

広告
サンゴジュ
サンゴジュ
ナナカマド
ナナカマド
ナナカマド バラ科
ナナカマド バラ科

ナナカマド バラ科

〇春に多数の小さな白い花をつけます。

〇秋に葉が赤く色づきます。

〇名前は7回竈に入れても燃え残るという意味です。

広告
ナナカマド
ナナカマド
クロモジ
クロモジ
クロモジ 黒文字
クロモジ 黒文字

クロモジ

黒文字

Lindera umbellate Thunb.

クスノキ科 クロミジ属

分布

日本(本州~九州)、中国

北の丸公園

広告
クロモジ
クロモジ
多機能トイレ脇
多機能トイレ脇
広告
北の丸公園池
北の丸公園池
北の丸公園池
北の丸公園池
広告
北の丸公園池
北の丸公園池
北の丸公園
北の丸公園
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園  首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園  首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
広告
天守台
天守台

江戸城 天守台

徳川家康の入城以来、江戸城では、慶長度天守(1607年)、元和度天守(1623年)、寛永度天守(1638年)と3度、天守が建てられました。最も規模が大きかった寛永度天守は、地上からの高さが約58mあったといわれています。

この天守台は、寛永度天守が明暦の大火(1657年)により焼失した後、天守再建を目指して万治元年(1659年)築かれたものですが、幕府内で、天守は不要との結論が下され、この天守台には天守が建てられないままになりました。

江戸時代の江戸城は、天守があった50年間の後、天守がない状態が210年間続いたことになります。

桃華楽堂前
桃華楽堂前
広告
桃華楽堂前
桃華楽堂前
二の丸雑木材
二の丸雑木材
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園

二の丸庭園(皇居東御苑)

江戸城二の丸は本丸の東側に位置し、3代将軍家光の命で1630(寛永7)年に小堀遠州の手により遊行のための庭園を造成。家光と秀忠との茶会が催されています。2代将軍・徳川秀忠が死去した後の1636(寛永13)年には二の丸御殿が建てられ東側に庭園を配置しました。現存する庭園は往時の庭園を昭和43年に復元したものです。

出典:東京とりっぷ

皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
大手門 平川門
大手門 平川門
新雑木材
新雑木材
新雑木林
新雑木林

新雑木林

 昭和天皇の御提案でつくられた雑木林を拡張してはどうかとの天皇陛下のお考えから、平成14年(2002)に整備されました。

常緑広葉樹の植えられていた区画を落葉広葉樹の林にしたもので、多様な生き物のすみかとなるよう隣の雑木林から種子や昆虫の卵の入った表土を運び入れ、野鳥や昆虫の好む樹木を植えて、小さな流れもつくりました。

新雑木林の主な樹木

クヌギ ブナ科
クヌギ
ブナ科
コナラ ブナ科
コナラ
ブナ科
新雑木林の主な樹木

武蔵野の雑木林を代表する樹種。木材は炭薪材、落ち葉は肥料などに使われていた。秋にはドングリと呼ばれる実をつける。

アカシデ カバノキ科
アカシデ
カバノキ科
カマツカ バラ科
カマツカ
バラ科
若葉は赤色で目立つ。花期:4月下旬~5月中旬
実期:10月下旬~11月中旬
新雑木林の主な樹木

野鳥や昆虫が好む植物

オトコヨウゾメ スイカズラ科
オトコヨウゾメ
スイカズラ科
コゴメウツギ バラ科
コゴメウツギ
バラ科
花期:4月上旬~下旬
枝先から散房花序を垂らして淡紅色を帯びた白い花を5~10個つける。
実期:9月下旬~11月上旬実は赤く熟し、垂れ下がる。
花期:4月下旬~5月中旬
本年枝の先はまたは葉腋から短い総状花序をだし、白い花を開く。
野鳥や昆虫が好む植物
ウグイスカグラ スイカズラ科
ウグイスカグラ
スイカズラ科
ウメモドキ モチノキ科
ウメモドキ
モチノキ科
ガマズミ スイカズラ科
ガマズミ
スイカズラ科
花期:1月中旬~4月上旬
本年枝の業腋から花柄をだして、淡紅色の花を普通1個まれに2個下垂れる。
実期:5月中旬~6月上旬実は赤く熟す。
花期:5月下旬~下旬
葉腋に淡柴色の花が咲く。
実期:9月上旬~11月上旬
赤い実が枝いっぱいについて美しい。
花期:5月上旬~下旬
本年枝の先端から散房花順をだし、小さな白い花を多数開く。
実期:9月上旬~12月中旬
実は赤く熟す。
野鳥や昆虫が好む植物

※花や実の時期は、皇居東御苑での記録によります。

広告
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐3
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐3
皇居正門石橋旧飾電燈
皇居正門石橋旧飾電燈
広告
二の丸庭園 三の丸尚蔵館・大手門
二の丸庭園 三の丸尚蔵館・大手門
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐31
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐31
広告
大手門前
大手門前
東京都千代田区 内堀通り
東京都千代田区 内堀通り
広告
東京都千代田区 永代通り
東京都千代田区 永代通り
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9‐2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9‐2 大手町フィナンシャルシティグランキューブ
広告
大手町温泉
大手町温泉
大手町温泉
大手町温泉
広告
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
広告
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目9 首都高速都心環状線
〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目2‐1 鎌倉河岸ビル
〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目2‐1 鎌倉河岸ビル
広告