江戸城 桜田門(スタート)→江戸城 坂下門→宮内庁→乾通り→江戸城 局門→江戸城 門長屋→大嘗宮(仮設建物)→江戸城 平川門→江戸城築城の碑→千駄ヶ谷駅前交番→新国立競技場→日本オリンピックミュージアム→外苑橋→JR千駄ヶ谷駅(ゴール)

師走の冬晴のした、
皇居東御苑に作られた大嘗祭と
新国立競技場を見学しながら
健康ウオーキング

広告
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田(さくらだ)(ごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の(わたり)櫓門(やぐらもん)の二重構造からなり、(そと)桝形(ますかた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(162444)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(186033日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

 

 

江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)周辺
江戸城 桜田門(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)周辺
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
至 皇宮警察本部 坂下護衛署 坂下門警備派出所(〒100-0001 東京都千代田区皇居外苑2)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

江戸城 坂下門

坂下門は江戸城西の丸造営直後に築かれた門が坂下門。江戸時代には西の丸大奥に近く、西の丸の通用門として利用されていました。現在、西の丸は皇居となっているため、宮内庁の管理で、通常は立ち入ることができません。文久2115日(1862213日)、老中・安藤信正がこの門外で水戸浪士に襲われた「坂下門外の変」は有名。

出典:東京とりっぷ

皇居 桔梗門(江戸城 内桜田門)(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)方面
皇居 桔梗門(江戸城 内桜田門)(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)方面
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)方面
皇居前広場(〒100-0002 東京都千代田区皇居外苑2)方面
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
江戸城 坂下門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)周辺
宮内庁(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
宮内庁(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
皇居宮殿 豊明殿(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)方面
皇居宮殿 豊明殿(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)方面
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 局門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 局門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

江戸城 局門

普段は通れない乾通り沿いにあり、大奥に一番近いことからお局の名前がついたそうです。

出典:攻城団

乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通りから江戸城 富士見多聞櫓(〒100-0001 東京都千代田区千代田1丁目1)を眺める
乾通りから江戸城 富士見多聞櫓(〒100-0001 東京都千代田区千代田1丁目1)を眺める
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 門長屋(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 門長屋(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

江戸城 門長屋

乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
乾通り(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

サクラ バラ科

シキザクラ

四季桜

江戸城 道灌濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)
江戸城 道灌濠(〒100-0001 東京都千代田区千代田1−1)

(どう) (かん) (ぼり)

至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
至 皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)周辺
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
大嘗宮(仮設建物)(〒100-0001 東京都千代田区1)
皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)
皇居東御苑(〒100-8111 東京都千代田区千代田1−1)

皇 居 東 御 苑

皇室のお庭

入園無料

江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)

江戸城 平川門

太田道灌が江戸城を築いた15世紀には、江戸湾に面した現在の平川門周辺には、上平川村、下平川村という村があったのが平川門の名の由来です。太田道灌の時代から門が築かれていたと推測され、3代将軍・徳川家光の治世である1635年(寛永12)年、高麗門(第一門)、渡櫓門(第二門)という強固な枡形門のスタイルとなりました。

出典:東京とりっぷ

江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城 平川門(〒100-0001 東京都千代田区千代田1)
江戸城築城の碑(〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1)周辺
江戸城築城の碑(〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1丁目1)周辺
千駄ヶ谷駅前交番(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目35)周辺
千駄ヶ谷駅前交番(〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目35)周辺
都営地下鉄国立競技場駅
都営地下鉄国立競技場駅
←国立能楽堂 国立競技場→
←国立能楽堂 国立競技場→
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
千駄ヶ谷駅前 東京都道414号四谷角筈線
新国立競技場
新国立競技場

新国立競技場

1958年(昭和33年)に開場した国立霞ヶ丘陸上競技場(旧・国立競技場)の老朽化対応と、東京オリンピック・パラリンピックの主会場とすることを念頭に、旧・国立競技場の全面改築により建てられた施設で、新国立競技場の仮称にて2012年より建設事業に着手。201612月に着工し、201973日に開場後の正式名称が『国立競技場』となることが日本スポーツ振興センターより発表され、201911月に竣工。20191221日に施設の開場式(オープニングイベント)を開催した。スポーツイベントとしてのこけら落しは202011日の天皇杯JFA 99回全日本サッカー選手権大会決勝・ヴィッセル神戸vs鹿島アントラーズで、神戸が鹿島を破り初優勝を果たした。

正式な所在地は新宿区霞ヶ丘町であるが、競技場の敷地は新宿区と渋谷区に跨がって立地している。明治神宮外苑に隣接するが、神宮外苑の施設には含まれていない。

開場時点では陸上競技場兼球技場として建設されており、東京オリンピックでは開会式・閉会式の他、陸上競技(トラック&フィールド)、サッカー(女子決勝)の会場として、東京パラリンピックでは開会式・閉会式の他、陸上競技(トラック&フィールド、及びマラソンのゴール)に使用される。オリンピック・パラリンピック以降の利用方法については、「陸上競技場として存置」「球技専用施設に改修」などの案が取り沙汰されているが、結論を大会終了後の2020年秋まで先送りすることが明らかになっており、流動的である。

旧国立霞ヶ丘陸上競技場の施設内に存在した秩父宮記念スポーツ博物館は、新デザインの募集では「ホスピタリティ機能」の中に含まれ設置が想定されているものの、開場時点では設置されず、足立区綾瀬の仮事務所にて業務を行っている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
オリンピックモニュメント(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
オリンピックモニュメント(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
日本オリンピックミュージアム(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
日本オリンピックミュージアム(〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町4−2)
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
新国立競技場
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺
外苑橋(〒151-0051 東京都渋谷区32)周辺

あけぼの公園 はなみずき公園 ふじ道 クレアパーク ケーブルカー高尾山駅 ホテルグランビュー沖縄 三芳野神社 中央会場・松一小 二の丸庭園 仙波河岸史跡公園 初雁公園 北の丸公園 北原公園 千代田区役所 千代田区立スポーツセンター 千鳥ヶ淵公園 半蔵門 和光市役所 喜多院 城山公園 大手門 大正浪漫夢通り 小金井公園 川越氷川神社 川越駅 平川門 新座緑道 新河岸川 日比谷公園健康運動広場 朝霞中央公園 桜田門 楠公レストハウス 気象観測露場 氷川神社 清水門 皇居東御苑 菓子屋横丁 蔵里 青葉台公園 飯能市役所 駒場運動公園 高尾山口駅 高尾山頂 高尾駅北口 1号路

千代田区役所(スタート)→千代田区観光協会前→清水門→北の丸公園→憲政記念館→皇居外苑→宮内庁→皇居宮殿長和殿→正門鉄橋(二重橋)→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
清水門
清水門
清水門から武道館
清水門から武道館
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園6‐1
北の丸公園石塔
北の丸公園石塔
北の丸公園案内図
北の丸公園案内図

北の丸公園 案内図

北の丸公園 案内図
北の丸公園 案内図
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
吉田茂銅像
吉田茂銅像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

 

タイワンホトトギス
タイワンホトトギス

タイワンホトトギス

台湾杜鵑草

Tricyrtis

ユリ科 ホトトギス属

分布

台湾、沖縄本島、西表島


〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
東京都千代田区 内堀通り
東京都千代田区 内堀通り
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目10‐1から国会議事堂
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目10‐1から国会議事堂
〒102-0092 東京都千代田区隼町4 国道246号線
〒102-0092 東京都千代田区隼町4 国道246号線
憲政記念館前
憲政記念館前
憲政記念館 三権分立の時計台
憲政記念館 三権分立の時計台

憲政記念館

憲政(けんせい)記念館(きねんかん)は、東京都千代田区永田町一丁目にある、日本の議会政治に関する展示施設。国会議事堂に隣接する国会前庭内に建つ。館は衆議院事務局の管轄である。

 

時計塔

尾崎記念会館(現・憲政記念館)建設時に、その施設の一環として、塔前面の噴水池・花壇とともに設計され、19607月に完成した。三面塔星型は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したものである。

塔の高さは「百尺竿頭一歩を進む」と言うことわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から、百尺(30.3)よりも高くした31.5mに設定された。時計は時間を厳守した尾崎行雄を称えてスイスから贈られた物であったが、現在は国産の物に改修されている。

「椰子の実」のなどの作品で知られる作曲家・大中寅二によるチャイムは一日4回、10時・13時・17時・22時に鳴動する。これは、衆議院、参議院の会議開会時刻と退庁、就寝時を標準にしたもので、その音響は静寂時には5キロメートル周囲に響き渡った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

〒102-0092 東京都千代田区隼町4‐2 最高裁判所
〒102-0092 東京都千代田区隼町4‐2 最高裁判所
国会前交差点
国会前交差点
桜田門
桜田門

旧江戸城 外桜田門

重要文化財(建造物)指定昭和3667

現在この門は桜田門と呼ばれますが、正式には外桜田門といい、本丸に近い内桜田門(桔梗門)に対してこの名が付けられました。古くこの辺りを桜田(さくらだ)(ごう)と呼んでいたことに由来します。

外側の高麗門(こうらいもん)と内側の(わたり)櫓門(やぐらもん)の二重構造からなり、(そと)桝形(ますかた)という防御性の高い城門で、西の丸防備のため異例の大きさで造られました(320坪)。建築されたのは寛永年間(162444)とされ、現存する門は寛文3年(1663)に再建された門がもとになっています。大正12年(1923)の関東大震災で破損し、復元されました。

万延元年(186033日、この門外で大老井伊直弼が水戸藩脱藩士に暗殺されました(桜田門外の変)。

 

 

桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
桜田門
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居外苑
皇居参観坂下門
皇居参観坂下門
皇居参観
皇居参観
富士見櫓
富士見櫓

() () () (やぐら)

「櫓」とは、倉庫や防御の役割をもった建物で、かつて江戸城には19の櫓がありました。今は、伏見櫓、桜田二重櫓と、この富士見櫓の3つが残っています。その中で、富士見櫓は唯一の三重櫓です。明暦の大火(1657年)で消失した天守閣の代用としても使われ、将軍が両国の花火や品川の海を眺めたといわれています。

富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
皇居から東京駅方面
皇居から東京駅方面
宮内庁
宮内庁

宮 内 庁

宮内庁は、日本の行政機関のひとつ。皇室関係の国家事務、天皇の国事行為である外国大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務および御璽・国璽の保管等を所管する内閣府の機関である。 なお、宮内庁はかつて「総理府の外局」であったが、現在は内閣府の外局ではなく「内閣府に置かれる独自の位置づけの機関」とされている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿

皇居宮殿長和殿

長和殿は、日本の皇居宮殿の殿舎のひとつ。 東庭に面する南北163メートルの横長の建物で、レセプション、謁見、参殿者の休所、記者会見場など多目的に利用される。南側は回廊、北側は豊明殿と接続する。一般参賀は東庭で行われ、天皇や皇族は長和殿ベランダに立つ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)
正門鉄橋(二重橋)

二 重 橋

二重(にじゅう)(ばし)は、東京都千代田区千代田の皇居内にある橋の通称である。正確には皇居正門から長和殿へ向かう途上、二重橋濠に架かる鉄橋のことで、本来の名称は正門鉄橋(せいもんてつばし)である。ただし正門鉄橋と正門石橋の二つの総称としても用いられている。

正門には皇宮警察の皇宮護衛官の儀仗隊がおり、通常一般人は二重橋を渡ることはできない。ただし、事前に手続きをして皇居の参観をする場合は、鉄橋を渡ることができる。また、新年や天皇誕生日の皇居一般参賀時には正門が開放され渡ることができる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
皇居宮殿長和殿
宮内庁
宮内庁
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口
皇居参観終了出口

あけぼの公園 はなみずき公園 ふじ道 クレアパーク ケーブルカー高尾山駅 ホテルグランビュー沖縄 三芳野神社 中央会場・松一小 二の丸庭園 仙波河岸史跡公園 初雁公園 北の丸公園 北原公園 千代田区役所 千代田区立スポーツセンター 千鳥ヶ淵公園 半蔵門 和光市役所 喜多院 城山公園 大手門 大正浪漫夢通り 小金井公園 川越氷川神社 川越駅 平川門 新座緑道 新河岸川 日比谷公園健康運動広場 朝霞中央公園 桜田門 楠公レストハウス 気象観測露場 氷川神社 清水門 皇居東御苑 菓子屋横丁 蔵里 青葉台公園 飯能市役所 駒場運動公園 高尾山口駅 高尾山頂 高尾駅北口 1号路