中央会場(飯能市役所)(スタート)→飯能市観光案内所前→武蔵丘→日高市立武蔵台小学校→小岩井自治会館→自由の森学園→榎坂配水場→南高麗行政センター→飯能大河原工業団地入口→あさひ山展望公園→美杉台公園→中央会場(飯能市役所)(ゴール)

第17回飯能新緑ツーデーマーチ
大会1日目 5月25日(土)
天覧山・多峯主山・吾妻峡
・南高麗・名栗ルート

第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
第17回飯能新緑ツーデーマーチ
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)

飯 能 市

飯能市(はんのうし)は、埼玉県の南西にある人口約8万人の市である。ムーミンのテーマパーク「メッツァ」が所在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市役所脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能市立富士見小学校脇道路(八高線)
飯能狭山バイパス側道.
飯能狭山バイパス側道.
飯能狭山バイパス歩道
飯能狭山バイパス歩道
飯能狭山バイパス歩道
飯能狭山バイパス歩道
中山陸橋(西)
中山陸橋(西)
ワークマン 飯能店 周辺
ワークマン 飯能店 周辺
しまむら 飯能店
しまむら 飯能店
中山(西)交差点
中山(西)交差点
中山(西)交差点
中山(西)交差点
飯能市観光案内所
飯能市観光案内所
飯能市観光案内所
飯能市観光案内所
飯能市観光案内所 周辺
飯能市観光案内所 周辺
飯能市観光案内所 周辺
飯能市観光案内所 周辺
埼玉県日高市台 西武線陸橋
埼玉県日高市台 西武線陸橋
埼玉県日高市台 西武線陸橋
埼玉県日高市台 西武線陸橋
西武鉄道 武蔵丘車両基地
西武鉄道 武蔵丘車両基地
西武鉄道 武蔵丘車両基地
西武鉄道 武蔵丘車両基地

西武鉄道 武蔵丘車両基地

池袋線東飯能高麗間に位置している武蔵丘信号場から分岐する武蔵丘車両基地に併設されている。西武鉄道最大の車両検修施設。

所在地埼玉県日高市台

敷地面積 – 84,750m2

建物面積 – 36,213m2

実施検査重要部検査(4年毎に1回)、全般検査(8年毎に1回)

車両整備施設車両の更新や改造工事などを施工可能な設備を有している。

整備能力 – 480/年。26両同時の検修が可能。

当検修場を上から見た場合、建屋が南北に走る入出場線の西側に位置している。建屋の中央を東西方向にトラバーサーが横切り、トラバーサーより北側に主に台車や車両を検修する設備、南側に車体や座席を検修する設備がある。

入場した車両は初めに座席と台車を外された後、それぞれ専門の部門で別々に検査や補修が行われ、検修終了時に再び元通りに組み上げられ検査線で最終検査が行われる。検修は4両ごと同時に行われ、入場から出場までは11日かかる。多客輸送のために本線を走る編成の数が多くなる際には車両の検査日程を前倒しするなどして対応している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

埼玉県飯能市飯能
埼玉県飯能市飯能
飯能・西武の森 周辺
飯能・西武の森 周辺
飯能・西武の森 周辺
飯能・西武の森 周辺
飯能・西武の森 周辺
飯能・西武の森 周辺
木綿沢公園 周辺
木綿沢公園 周辺
日高市立武蔵台小学校
日高市立武蔵台小学校

日高市立武蔵台小学校

日高市立武蔵台 周辺
日高市立武蔵台 周辺
飯能信用金庫 本店営業部西武団地出張所 周辺
飯能信用金庫 本店営業部西武団地出張所 周辺
埼玉県飯能市永田台1丁目2−6
埼玉県飯能市永田台1丁目2−6
埼玉県飯能市永田297
埼玉県飯能市永田297
吾妻大橋
吾妻大橋
吾妻大橋
吾妻大橋
飯能くすの樹カントリー倶楽部【PGM】
飯能くすの樹カントリー倶楽部【PGM】
ヘアー&メイクルーチェ 周辺
ヘアー&メイクルーチェ 周辺
小岩井神社 周辺
小岩井神社 周辺
埼玉県飯能市小瀬戸39
埼玉県飯能市小瀬戸39
埼玉県飯能市小岩井394
埼玉県飯能市小岩井394
自由の森学園中学校・高等学校
自由の森学園中学校・高等学校

自由の森学園中学校・高等学校

      豊かな表現力

多角的な視点

プレゼンテーション能力

探究心

健康な肉体と学力

コミュニケーション力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

埼玉県飯能市小岩井
埼玉県飯能市小岩井
埼玉県飯能市小岩井 周辺
埼玉県飯能市小岩井 周辺
埼玉県飯能市小岩井 周辺
埼玉県飯能市小岩井 周辺
埼玉県飯能市苅生 周辺
埼玉県飯能市苅生 周辺
埼玉県飯能市苅生439
埼玉県飯能市苅生439
埼玉県飯能市苅生439
埼玉県飯能市苅生439
埼玉県飯能市苅生439−2
埼玉県飯能市苅生439−2

おいでなすって南高麗

埼玉県飯能市苅生387
埼玉県飯能市苅生387
埼玉県飯能市下直竹1149
埼玉県飯能市下直竹1149
埼玉県飯能市下直竹1149
埼玉県飯能市下直竹1149
東京都青梅市成木1丁目790 直竹川橋
東京都青梅市成木1丁目790 直竹川橋
東京都青梅市成木1丁目790 直竹川橋
東京都青梅市成木1丁目790 直竹川橋
(有)八坂製作所 周辺
(有)八坂製作所 周辺
成木一丁目 交差点周辺
成木一丁目 交差点周辺
成木一丁目 交差点周辺
成木一丁目 交差点周辺
飯能市 南高麗福祉センター 周辺
飯能市 南高麗福祉センター 周辺
金蓮寺 周辺
金蓮寺 周辺
埼玉県飯能市下畑
埼玉県飯能市下畑
埼玉県飯能市美杉台6丁目 小曽木街道
埼玉県飯能市美杉台6丁目 小曽木街道
あさひ山展望公園 周辺
あさひ山展望公園 周辺
あさひ山展望公園
あさひ山展望公園


あさひ山展望公園
あさひ山展望公園

あさひ山展望公園

あさひ山展望公園
あさひ山展望公園
あさひ山展望公園
あさひ山展望公園
美杉台公園
美杉台公園

美杉台公園

美杉台公園
美杉台公園
美杉台公園
美杉台公園
美杉台公園
美杉台公園
飯能キリスト聖園教会 周辺
飯能キリスト聖園教会 周辺
(公社)飯能市シルバー人材センター 周辺
(公社)飯能市シルバー人材センター 周辺
割岩橋
割岩橋

割 岩 橋

飯能河原「割岩橋」のライトアップを実施しています

飯能河原のシンボルである「割岩橋」のライトアップを平成30428()から実施しています。

飯能河原は、駅から徒歩で行けるバーベキューの聖地として親しまれ、川遊びや釣りなどさまざまなアクティビティが楽しめる人気スポットです。昼から夕方にかけて多くの人でにぎわうこのスポットを、日没後に幻想的にライトアップし、割岩橋本体だけでなく、左岸右岸の樹木や河原に下る遊歩道にもライトアップを施すことで、河原との一体的な夜間空間を演出し、見る場所によって様々な情景を楽しむことができます。

また、このライトアップは、頭上のアーチ部分2か所に「プロジェクタースポットライト」を設置。橋の歩道面に本市のイメージキャラクターや季節感を演出する画像などを投影しています。

今後は、年間を通して数々のイベントを実施し、四季やトレンドを取り入れた多彩なテーマでライトアップを展開します。季節ごとに彩られた非日常空間で、自分だけの鑑賞ポイントを探しながら、ご自身もライトアップの演出の中に入り、幻想的な夜をお楽しみください。

※照明機能と画像投影機能を融合した装置。屋外専用機の設置により、橋の歩道部などに画像の投影が可能

出典:飯能市

割岩橋
割岩橋
割岩橋からの飯能河原
割岩橋からの飯能河原
割岩橋からの飯能河原
割岩橋からの飯能河原
割岩橋
割岩橋
割岩橋からの飯能河原
割岩橋からの飯能河原
割岩橋 石碑
割岩橋 石碑

割岩橋 石碑

 

いるまがわ

飯能大通り商店街
飯能大通り商店街
飯能大通り商店街山車
飯能大通り商店街山車
飯能大通り商店街山車
飯能大通り商店街山車
東飯能駅西口
東飯能駅西口

東 飯 能 駅

西武鉄道・JR東日本それぞれに橋上駅舎を有しているが、両社の改札口は分離され、自由通路で連絡している。

改札口はそれぞれ独立しているが、西武池袋線とJR八高線のホーム番号は連番で設定されている(このため、西武線は単式ホーム11線でありながら番号が振られている一方、JR線としての1番線は欠番となっている)。

両社ともにバリアフリー設備として多機能トイレやエレベーター・エスカレーターを設置している。

橋上駅舎化前は、改札を共用し、西口側に西武鉄道が管理する駅舎があり、東口側には出入口がなかった。駅舎は西武線ホームに直結し、西武池袋線とJR八高線のホームは地下道で連絡していた。国鉄の合理化により、1982年から改札分離が実施される1999年までは西武鉄道が出改札業務を行っていた。

駅舎外(改札の外)にはKIOSKが立地していたが、現在は撤去されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』