千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→東京国立近代美術館 工芸館→千鳥ヶ淵公園→日比谷公園→東京ミッドタウン日比谷→東京駅→星のや東京→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

7月度ちよだ皇居周辺
リフレッシュウオーク2019

千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
内堀通り 千代田会館前歩道
内堀通り 千代田会館前歩道
清水濠方面
清水濠方面
清水濠方面
清水濠方面
牛ヶ淵方面
牛ヶ淵方面
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門階段
清水門階段
旧江戸城 清水門
旧江戸城 清水門
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
吉田茂像
吉田茂像
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
科学技術館・竹橋駅→
科学技術館・竹橋駅→
←休憩所・日本武道館 工芸館→
←休憩所・日本武道館 工芸館→
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像
東京国立近代美術館 工芸館
東京国立近代美術館 工芸館
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線 陸橋
首都高速都心環状線 陸橋
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
対墨日本人移住百周年記念
対墨日本人移住百周年記念
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門こどもの池
半蔵門こどもの池
半蔵門こどもの池
半蔵門こどもの池
半蔵門交差点
半蔵門交差点
半蔵門交差点
半蔵門交差点
 半蔵門交差点
半蔵門交差点
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇 蝕知図案内板
日比谷公園 第一花壇 蝕知図案内板
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園小音楽堂 水曜コンサート
日比谷公園小音楽堂 水曜コンサート
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園 第一花壇から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園 松石
日比谷公園 松石
日比谷公園 松石
日比谷公園 松石
東京ミッドタウン日比谷 周辺
東京ミッドタウン日比谷 周辺
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
ティム・ホー・ワン(添好運)日比谷店
ティム・ホー・ワン(添好運)日比谷店
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 周辺
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 周辺
Store 1894 周辺
Store 1894 周辺
東京駅
東京駅
動輪の広場 周辺
動輪の広場 周辺
動輪の広場 周辺
動輪の広場 周辺
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅
東京中央郵便局
東京中央郵便局
東京サンケイビル METRO SQUARE リバーホールディングス
東京サンケイビル METRO SQUARE リバーホールディングス
㈱日本政策投資銀行本店 周辺
㈱日本政策投資銀行本店 周辺
星のや東京 周辺
星のや東京 周辺
星のや東京 周辺
星のや東京 周辺
(株)イーダブリュエムジャパン 周辺
(株)イーダブリュエムジャパン 周辺
DNS POWER CAFE 大手町 周辺
DNS POWER CAFE 大手町 周辺
千代田区立スポーツセンター(ゴール)
千代田区立スポーツセンター(ゴール)

日比谷公園(スタート)→JR新橋駅→旧新橋停車場跡→汐留シオサイド→芝商業高校前→海岸通り→区立埠頭公園→港南緑水公園→天王洲アイル→京浜運河緑道公園→中央京浜公園前→大井ふ頭中央海浜公園→新平和橋→首都高速1号上歩道橋→平和島公園→環七三原通り交差点→大森警察署前→京浜蒲田駅→六郷土手→稲毛公園(ゴール)

第26回汽笛一声ウオーク きぃてきいっせ

第26回汽笛一声ウオーク
きぃてきいっせい♬新橋を~♪
2018年12月23日(日祝)

第26回 汽笛一声ウォーク(よこはまウォーキング協会)
第26回 汽笛一声ウォーク(よこはまウォーキング協会)
第26回 汽笛一声ウォーク(よこはまウォーキング協会)
第26回 汽笛一声ウォーク(よこはまウォーキング協会)
霞門
霞門
霞門
霞門
霞門
霞門
日比谷公園
日比谷公園

日比谷公園 触知案内板

日比谷公園 雲形池と鶴の噴水
日比谷公園 雲形池と鶴の噴水
日比谷公園 雲形池と鶴の噴水
日比谷公園 雲形池と鶴の噴水
日比谷公園 雲形池と鶴の噴水
日比谷公園 雲形池と鶴の噴水

日比谷公園 雲形池と鶴の噴水

この噴水は、明治38年頃東京美術学校(現在の東京芸大)の津田信夫、岡崎雪声氏に依頼製作したもので、公園等で装飾用噴水としては、日本で3番目に古いものとのことです。(一番目は長崎諏訪神社、2番目は大阪箕面(みのお)公園)

当初は、鶴と台座とも銅製でしたが戦時中の金属回収で台座が石造りとなったものの、水面に薄氷が張り鶴の像につららが下がる景色は、当公園の冬の風物詩となっています。

日比谷公会堂
日比谷公会堂

日比谷公会堂

日比谷公会堂は、東京都千代田区の日比谷公園の中にある公会堂で、多目的ホールとしても使用される。現在は長期休館中。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日比谷公会堂
日比谷公会堂
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園(スタート)
日比谷公園
日比谷公園
内幸町交差点
内幸町交差点
千代田区内幸町 都道409号線
千代田区内幸町 都道409号線
幸橋門跡周辺
幸橋門跡周辺
港区東新橋1丁目1
港区東新橋1丁目1
旧新橋停車場跡
旧新橋停車場跡
旧新橋停車場跡
旧新橋停車場跡

旧新橋停車場跡

跡地は、1965年(昭和40年)512日に「旧新橋横浜間鉄道創設起点跡」として国の史跡に指定され、1996年(平成8年)1210日に指定地域の一部解除・追加をし、「旧新橋停車場跡」へ名称変更した。発掘調査の後、風化を防ぐために埋め戻され、2003年(平成15年)にその上に開業当時の駅舎を再現した「旧新橋停車場」が建てられた、同年410日開館。調査では鋳物工場跡やトイレ遺構などを検出している。

旧新橋停車場の転車台基礎

内部は鉄道の歴史に関する「鉄道歴史展示室」(運営は東日本鉄道文化財団)になっており、以前は三國清三監修によるフランス料理店の「GRAND CAFE SHIMBASHI MIKUNI」(運営はジェイアール東日本フードビジネス)もあったが閉店した。その後、中華料理店「Imperial Treasure」を経て2018年現在は銀座ライオンが出店。

旧新橋停車場の裏手には、鉄道の起点であった「0哩(マイル)標」が当時と全く同じ位置に再現されており、当時のレールが数メートルだけ敷設されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

旧新橋停車場跡
旧新橋停車場跡
パナソニック 汐留ミュージアム
パナソニック 汐留ミュージアム

パナソニック汐留美術館

パナソニック汐留美術館とは、東京都港区にある私立美術館である。パナソニック株式会社ライフソリューションズ社が運営している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パナソニック 汐留ミュージアム
パナソニック 汐留ミュージアム
パナソニック 汐留ミュージアム周辺
パナソニック 汐留ミュージアム周辺
ルミヴェール東京周辺
ルミヴェール東京周辺
カレッタ汐留電通本社ビル
カレッタ汐留電通本社ビル
ルミヴェール東京
ルミヴェール東京
港区東新橋1丁目-8
港区東新橋1丁目-8
東京ツインパークスレフトウイング
東京ツインパークスレフトウイング
東京ツインパークスレフトウイング
東京ツインパークスレフトウイング
港区海岸1丁目1 都 道 481 号線
港区海岸1丁目1 都 道 481 号線
港区海岸1丁目1 都 道 481 号線
港区海岸1丁目1 都 道 481 号線
港区海岸 海岸通り
港区海岸 海岸通り
南浜橋交差点
南浜橋交差点
汐彩橋交差点
汐彩橋交差点
五色橋北詰交差点
五色橋北詰交差点
五色橋北詰交差点
五色橋北詰交差点
港南四丁目交差点
港南四丁目交差点
港南四丁目交差点
港南四丁目交差点
港南緑水公園
港南緑水公園

港南緑水公園

港南緑水公園は、東京都港区港南四丁目にある港区立公園。面積20,206 m²。公園敷地東側は京浜運河、南側はワールドシティタワーズ公開空地と接続しており、西側は東京都道316号日本橋芝浦大森線と接する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

港南緑水公園
港南緑水公園
港区港南4丁目 海岸通り
港区港南4丁目 海岸通り
東京都 海岸通り
東京都 海岸通り
京浜運河緑道公園
京浜運河緑道公園

京浜運河緑道公園

京浜運河緑道公園
京浜運河緑道公園
京浜運河緑道公園
京浜運河緑道公園
品川区八潮1丁目3 都道316号線
品川区八潮1丁目3 都道316号線
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園

大井ふ頭中央海浜公園

大井ふ頭(埠頭)中央海浜公園スポーツの森は、第三種公認陸上競技場、野球場6面、テニスコート等を有する都内有数規模のスポーツ公園です。都心からのアクセスもよく、花見ができるさくら広場や犬を遊ばせることができるしおさいドッグランなどみなさまに楽しんでいただけます。

駐車場は290台分(有料)があり、車での来園も可能です。

出典:アメニス海上南部地区グループ

大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園

東京都海上公園案内図

大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
東京都立京浜運河緑道公園
東京都立京浜運河緑道公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園

東京都立大井ふ頭中央海浜公園

品川区八潮四丁目

大田区東海一丁目

大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園
大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森野球場
大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森野球場
大井ふ頭中央海浜公園バーベキュー場
大井ふ頭中央海浜公園バーベキュー場
大井ふ頭中央海浜公園バーベキュー場
大井ふ頭中央海浜公園バーベキュー場
臨海斎場前交差点
臨海斎場前交差点
臨海斎場前交差点周辺
臨海斎場前交差点周辺
臨海斎場前交差点周辺
臨海斎場前交差点周辺
臨海斎場前交差点周辺
臨海斎場前交差点周辺
大田区平和島 海岸通り
大田区平和島 海岸通り
大田区平和島 海岸通り
大田区平和島 海岸通り
平和の森公園
平和の森公園

平和の森公園

平和の森公園は、東京都大田区にある大田区立の公園である。また、同公園が所在する地名にもなっている。同名の公園を全国の複数の自治体に確認できるが、特につながりはない。 かつてあった平和島運河を埋め立て造られた公園で、大田区立の公園として最大の面積を誇る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

平和の森公園
平和の森公園
平和の森公園
平和の森公園
大田区平和島5丁目 都道318号線
大田区平和島5丁目 都道318号線
環七美原通り交差点
環七美原通り交差点
環七美原通り交差点
環七美原通り交差点
大田区大森東1丁目6
大田区大森東1丁目6
大森警察署前周辺
大森警察署前周辺
大森警察署前周辺
大森警察署前周辺
大田区総合体育館交差点
大田区総合体育館交差点
大田区総合体育館前
大田区総合体育館前
大田区総合体育館前
大田区総合体育館前
大田区産業プラザPiO前
大田区産業プラザPiO前
大田区南蒲田1丁目21
大田区南蒲田1丁目21
スカイコートパレス蒲田Ⅱ周辺
スカイコートパレス蒲田Ⅱ周辺
蒲田警察署 雑色交番周辺
蒲田警察署 雑色交番周辺
六郷土手
六郷土手
多摩川六郷橋
多摩川六郷橋

(ろく) (ごう) (はし)

六郷橋は、東京都大田区東六郷と神奈川県川崎市川崎区本町との境の多摩川に架かる、国道15号(第一京浜国道)の橋である。旧橋と対照して新六郷橋とも呼ばれる。長さ443.7m、幅34.4m

大師橋と多摩川大橋の間に位置し、河口から数えて2番目にある。南東に流れる多摩川が蛇行し、六郷橋の河口側から流路が東北東になるため、六郷橋は多摩川に架かる橋の中で最南に位置する。多摩川を渡る主要道路の一つであり、川崎側では国道409号(大師道)と交差する。上流側に、京急本線六郷川橋梁と東海道本線六郷川橋梁が平行して架かっている。

六郷橋は東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の通過点としても知られるが、東京都と神奈川県の境界に位置しており、六郷橋を境として東京都側の交通規制・先導等は警視庁、神奈川県側の交通規制・先導等は神奈川県警察が担当している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
多摩川六郷橋
多摩川六郷橋
六郷橋
六郷橋
第一京浜稲毛公園陸橋
第一京浜稲毛公園陸橋

稲毛公園(川崎市川崎区)

首都圏で「稲毛」というと千葉市の稲毛海浜公園が有名ですが、こちらは川崎駅から徒歩5分、川崎市役所からも1ブロックだけ離れた第一京浜沿いの稲毛公園です。

すぐ横には武甕槌神を祭る稲毛神社がありますので(下写真の右奥)、公園名はそこから取られたものと思われます。

出典:日本1000公園

第一京浜稲毛公園陸橋
第一京浜稲毛公園陸橋

桜田門駅(スタート)→日比谷公園→祝田橋→皇居前内堀通り→皇居坂下門入口→皇居乾通り→乾門出口→千鳥ヶ淵砲台跡→千鳥ヶ淵公園→半蔵門警備派出所→千鳥ヶ淵 緑道→駐日英国大使館→千鳥ヶ淵交差点→墓苑入口交差点→鍋割坂→九段坂上交差点→靖国神社 神門→靖国神社 桜の標本木→飯田橋駅(ゴール)

平成30年春季皇居乾通り一般公開

朝霞駅北口
朝霞駅北口
祝田橋
祝田橋
祝田橋
祝田橋
「特別史跡 江戸城跡」の案内板
「特別史跡 江戸城跡」の案内板

特別史跡江戸城跡

江戸城は長禄元年(1457)に太田道灌によって創築されたが、天正18年(1590)に北条氏が滅亡し、徳川家康が居城をここに定めた。

以来、家康、秀忠、家光の三代にわたって西の丸、北の丸の増設や外郭の整備が行われ江戸城の総構が完成した。

明治維新後江戸城は皇居となり、昭和24年に西の丸下及び現在の皇居を取りまくお濠の地域が「国民公園皇居外苑」として一般に開放され、昭和44年からは北の丸の地域が加えられ広く国民に親しまれている。

この江戸城跡は、三百年近くにわたる将軍の居所として、また政治の中心としての史的価値が極めて大きく、その規模はわが国随一のものであることから、昭和38530日に文化財保護法による「特別史跡」に指定された。

出典:環境省皇居外苑管理事務所

皇居前内堀通り
皇居前内堀通り
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門から大手町の景観
皇居坂下門から大手町の景観
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門入口
皇居坂下門から蛤濠の景観
皇居坂下門から蛤濠の景観
宮内庁前
宮内庁前
宮内庁前
宮内庁前
皇居宮殿長和殿下
皇居宮殿長和殿下
皇居宮殿長和殿下
皇居宮殿長和殿下
宮内庁下
宮内庁下
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
富士見櫓
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り フユゼクラ(冬桜)
皇居乾通り フユゼクラ(冬桜)
皇居乾通り フユゼクラ(冬桜)
皇居乾通り フユゼクラ(冬桜)
皇居乾通り 蓮池濠
皇居乾通り 蓮池濠
皇居乾通り 蓮池濠
皇居乾通り 蓮池濠
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 富士見多聞
皇居乾通り 富士見多聞
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 道灌濠
皇居乾通り 道灌濠
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
 皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
 皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
 皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り
皇居乾通り
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り ベニシダレザクラ
皇居乾通り ベニシダレザクラ
皇居乾通り ベニシダレザクラ
皇居乾通り ベニシダレザクラ
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り コシノヒガンザクラ
皇居乾通り コシノヒガンザクラ
皇居乾通り コシノヒガンザクラ
皇居乾通り コシノヒガンザクラ
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り コマツオトメ
皇居乾通り コマツオトメ
皇居乾通り コマツオトメ
皇居乾通り コマツオトメ
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 桜
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
皇居乾通り 乾門出口
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
半蔵門警備派出所
半蔵門警備派出所
/駐日英国大使館
/駐日英国大使館
駐日英国大使館前
駐日英国大使館前
千鳥ヶ淵交差点
千鳥ヶ淵交差点
〒102-0075 東京都千代田区三番町2‐2
〒102-0075 東京都千代田区三番町2‐2
鍋割坂
鍋割坂
九段坂上交差点
九段坂上交差点
九段坂上交差点
九段坂上交差点
靖国神社 鳥居
靖国神社 鳥居
靖国神社 鳥居
靖国神社 鳥居
靖国神社境内 案内図
靖国神社境内 案内図

靖國神社境内案内図

由緒

靖國神社は、明治2629日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年に「靖國神社」と改称されて今日に至っています。

靖國神社は、国家のために尊い命を捧げられ人々の「みたま(神霊)」を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。

「靖國」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖國神社の御祭神

靖國神社には、嘉永6年(1853)以降、幕末、明治維新、西南の役など近代国家に尊い生命を捧げられた神霊、日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・満州事変・支那事変・大東亜戦争(第二次世界大戦)などの対外事変や戦争に際して国を守るために亡くなられた神霊2466千余柱が祀られています。

このように多くの方々の神霊が、身分や男女の区別なく、祖国に殉じられた尊い神霊として等しく祀られています。

正式参拝

靖國神社では本殿の奥深くに昇殿し、参拝する事ができます。

戦没者の慰霊と共に、厄祓い、初宮などの祈願参拝も受け付けております。

ご希望の方は、参集殿受付にお申し出下さい。

受付を済ませ後、神職が本殿までご案内いたします。

遊就館

館内には、靖國神社に鎮まる英霊の遺書や遺品をはじめ、英霊のまごころやそのご事績を今に伝える貴重な史・資料が展示されています。

10万点に及ぶ収蔵品の中には、絵画や美術品、武具甲冑、武器類なども数多く含まれています。

 

靖国神社 神門
靖国神社 神門
靖国神社 奉納コンサート
靖国神社 奉納コンサート
九段坂上交差点
九段坂上交差点
皇居乾通り ウスズミ(薄墨)
皇居乾通り ウスズミ(薄墨)
皇居乾通り ウスズミ(薄墨)
皇居乾通り ウスズミ(薄墨)
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
 千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 桜
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道

歴史と文化の散歩道

千鳥ヶ淵公園

当公園は大正8年(1919)、東京市により開園されました。小公園設置に関する建議(けんぎ)を受けたもので、「都会の児童を、交通()から(まも)る」事が(おも)な目的でした。

明治時代には幼稚園等があり、戦前まで麹町(こうじまち)高等小学校や消防庁の庁舎等が半蔵(はんぞう)(ごう)に面した園地に建てられていました。この半蔵濠は、明治40年(1907)以降に施工された千鳥ヶ淵を横切る道路工事の為、ふたつに(わか)れた南側の濠の事で、次第に半蔵濠とよばれる様になったのです。

それ以前の千鳥ヶ淵は、田安門の(たもと)から半蔵門まで(ひら)けていました。

千鳥ヶ淵は、徳川氏が谷をせき止めつくったものです。

徳川氏は、自然の地形を(たく)みに活用し、築城したとされています。

千鳥ヶ淵の谷は(よど)橋台という台地を刻み、日比谷入江へ注いでいました。

淀橋台は、遠く青梅市を起点とする旧多摩川の扇状地(武蔵野台地)の東の(はし)にあり、深く入り組んだ谷が発達しています。

かつて、この谷筋には豊富な地下水が()き、椎やかしの木が茂り、ヤブ椿が咲いていた事でしょう。現在の公園の形態は、首

都高速道路(千代田トンネル)の工事で解体され昭和39年(1964)につくり直されたものです。

昭和634

 

千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵 緑道
千鳥ヶ淵公園 第一東京市立中学校発祥之地
千鳥ヶ淵公園 第一東京市立中学校発祥之地
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園 消防練習所跡地
千鳥ヶ淵公園 消防練習所跡地
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園

千鳥ヶ淵公園

大正81919)に開演。面積15,845㎡。半蔵濠に面した敷地、内堀通りを挟んで大使館の桜並木、そして千鳥ヶ淵交差点角の敷地の3ヶ所に分かれている。

英国大使館前の桜並木は、明治141881)年に英国公使アーネスト・サトウから寄贈された桜に由来する。

千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
千鳥ヶ淵砲台跡
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
〒102-0075 東京都千代田区三番町 内堀通り
〒102-0075 東京都千代田区三番町 内堀通り
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1 首都高速都心環状線
東京都千代田区 首都高速都心環状線
東京都千代田区 首都高速都心環状線
墓苑入口交差点
墓苑入口交差点
靖国神社 桜
靖国神社 桜
靖国神社 桜
靖国神社 桜
靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜
靖国神社 桜
靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜の標本木

桜の標本木

この桜(ソメイヨシノ)は、

東京管区気象台が開花を

観測するため指定した

「標本木」です。

靖國神社社務所

靖国神社 桜の標本木
靖国神社 桜の標本木

千代田区役所(スタート)→清水門→北の丸公園(中の池)→東京国立近代美術館→内堀通り(遊歩道)→英国大使館→国立劇場→憲政記念館→日本水準原点→ハナミズキ→国会議事堂(日本水準原点)→江戸の名水『櫻の井』井伊掃部頭邸跡→国会前→日比谷公園→日比谷公園第一花壇→日比谷公園(心字池)→三菱一号館美術館→千代田区立スポーツセンター(ゴール)


JWAのウオーキング教室
2017年5月度

千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

千代田区役所(スタート)
清水門
清水門
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館
東京国立近代美術館

東京国立近代美術館
内堀通り(遊歩道)
内堀通り(遊歩道)
英国大使館
英国大使館
英国大使館

英国大使館
国立劇場
国立劇場
国立劇場

国立劇場
憲政記念館
憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館
憲政記念館

憲政記念館
日本水準原点
日本水準原点

時計塔

この時計塔は、尾崎記念会館(現 憲政記念会館)建設時の一環として、塔前面の噴水池・花壇とともに設計され、昭和35年(19607月完成した。

三面塔星型は、立法・行政・司法の三権分立を象徴したものである。また、塔の高さは、「百尺竿頭一歩を進む」ということわざの努力の上にさらに努力して向上するの意味から、百尺(30.3メートル)より高くした31.5メートルに設定された。

時計は、時計を遵守した尾崎行雄を称えてスイスから贈られたものであったが、現在は国産のものに改修されている。

チャイムは、10時・13時・17時・22時の4回鳴動する。これは、衆議院、参議院

の会議開会時刻と退庁、就寝時を標準にしたもので、その音響は静寂時には5キロメートル周囲に響き渡った。

日本水準原点

日本水準原点

日本水準原点

日本水準原点は、わが国の土地の標高を測定する基準となる点である。明治24年(1891年)5月にこの場所に設置した。

日本水準原点の位置は、この建物の中にある台石に取り付けた水晶板の目盛りの零線の中心である。その標高は、明治6年から12年までの東京湾の潮位観測による平均海面から測定したもので、当時24.500メートルと定めた。

その後、大正12年(1923年)の関東地震による地殻変動に伴いその標高を24.4140メートルに改正したが、平成23年(2011年)311日の東北地方太平洋沖地震による地殻変動に伴い24ミリメートル沈下したため、新たに24.3900メートルに改正した。

              平成231021

出典:国土地理院

 

 

日本水準原点

日本水準原点
ハナミズキ
ハナミズキ

ハナミズキ

1912年(明治45年)東京市長 尾崎行雄は日米親善のため桜の苗木をワシントン市へ贈り、その返礼として1915年(大正4年)米国政府から、ハナミズキの原木が東京市に送られた。

尾崎は、わが国議会政治の確立に尽力し、生涯を世界平和と民主主義の発展に捧げ、「憲政の神様」と称えられた。

この尾崎の功績を顕彰するため「尾崎記念会館」(現 憲政記念会館)の建設が決まった際、あらためて米国政府からハナミズキの苗木250本が寄贈され、1960年(昭和35年)尾崎記念会館の施工と同時にこの地に植えられた。

 

〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目1 首都高速都心環状線
〒100-0014 東京都千代田区永田町1丁目1 首都高速都心環状線
江戸の名水『櫻の井』井伊掃部頭邸跡
江戸の名水『櫻の井』井伊掃部頭邸跡

東京都指定旧跡

江戸の名水「櫻の井」

「櫻の井」は名水井戸として知られた「江戸の名所」で、近江・彦根

藩井伊家上屋敷の表門外西側にあったが、ここは加藤清正邸跡(都旧

跡)で、清正が掘ったと伝えられている。三連式釣瓶井戸で、縦約一.

八メートル、横約三メートルの石垣を組んだ大井戸で三本の釣瓶を下

ろし、一度に桶三杯の水が汲め、幕末当時江戸城を訪れる通行人に豊

富な水を提供し、重宝がられた。

江戸名所図会に絵入りで紹介され、歌川広重の「東都名所」

の「外櫻だ弁慶櫻の井」(天保十四年(一八四三)(図)にも描かれて

いる。安政七年(一八六〇)三月三日には大老井伊直弼がこの井戸の

脇から登城途中、暗殺された。

大正七年(一九一八)史跡に定められ、

東京都は昭和四三年(一九六八)道路工事のた

め交差点内から原形のまま十メートル離

れた現在地に移設復元された。

平成十九年(二〇〇七)彦根城築城

四〇〇年祭と東京金亀会設立九十周年に記す

              平成十九年十月

                            東京金亀会

                            (滋賀県立彦根中学校・彦根東高等学校同窓会)

                            東京都教育委員会

 

/国会議事堂(日本水準原点)
/国会議事堂(日本水準原点)
国会前
国会前
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園第一花壇
日比谷公園第一花壇
日比谷公園第一花壇

日比谷公園第一花壇
日比谷公園第一花壇

日比谷公園第一花壇
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園

日比谷公園
日比谷公園

日比谷公園
日比谷公園(心字池)
日比谷公園(心字池)
三菱一号館美術館
三菱一号館美術館
三菱一号館美術館

三菱一号館美術館
三菱一号館美術館

三菱一号館美術館
三菱一号館美術館

三菱一号館美術館