千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→東京国立近代美術館 工芸館→千鳥ヶ淵公園→日比谷公園→東京ミッドタウン日比谷→東京駅→星のや東京→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

7月度ちよだ皇居周辺
リフレッシュウオーク2019

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

江戸幕府蔵屋敷の礎石

江戸幕府清水門前のこの場所は、将軍直属家臣の居住地や蔵・馬場、厩といった江戸城付属の施設が置かれました。

平成16年の遺跡発掘調査では、近世初頭に水田地帯を埋め立てて屋敷を築いたことがわかりました。ここに設置した石は、敷地南半に広がる米蔵の礎石の一部で、配置は出土状態を再現しています。

礎石の配列から、二棟の東西に長い建物で、明暦の大火(1657年)で焼失したと考えられます。礎石のうち、大きな石材は柱や壁を支え。

小さな石材は床を支える基礎と考えられます。

 

大隈重信邸跡

近代になるとこの地は、明治政府の厩が置かれましたが、明治9年には二度の総理に就任し、早稲田大学を創設するなど多方面に活躍した大隈重信が邸宅を構えます。

その後、フランス公使館、憲兵練習場、国営竹平住宅を経て現代を迎えます。

礎石出土状況復元模型大隈重信邸(奥には九段坂上の常燈明台がみえる)(提供:平凡社)
礎石出土状況復元模型大隈重信邸(奥には九段坂上の常燈明台がみえる)(提供:平凡社)
江戸幕府蔵屋敷の礎石
航空写真近世初頭の周辺図(『正保年間江戸絵図』【部分】)
航空写真近世初頭の周辺図(『正保年間江戸絵図』【部分】)
江戸幕府蔵屋敷の礎石
広告
内堀通り 千代田会館前歩道
内堀通り 千代田会館前歩道
清水濠方面
清水濠方面
広告
清水濠方面
清水濠方面
牛ヶ淵方面
牛ヶ淵方面
広告
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
清水門遊歩道
広告
清水門遊歩道
清水門遊歩道

江戸城清水門

清水門は、東京都千代田区北の丸公園内にある、旧江戸城の門。東面する高麗門と南側に矩折りに建つ櫓門からなる桝形門である。1961年に「旧江戸城清水門」として国の重要文化財に指定されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
清水門階段
清水門階段
旧江戸城 清水門
旧江戸城 清水門

重要文化財 旧江戸城 清水門

昭和3667日指定

江戸城は、長禄元年(1457)に太田(すけ)(なが)道灌(どうかん))によって創られたとされる。

天成18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構(そうがまえ)が完成し、大城郭としての形が整えられた。その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持された。

清水門は、北の丸北東部に位置する枡形門(ますがたもん)であり、正面の高麗門(こうらいもん)と、その右手奥の櫓門(やぐらもん)からなる。門の創建年代は明らかではないが、現存の門は高麗門の扉釣金具に残る刻銘から万治元年(1658)に建てられたものであると考えられている。しかし、櫓門の上部は、時期は不明ながら撤去されていたものを昭和3641年度の修理で復旧整備したものである。清水門は、建立年代の判明する江戸城の遺構として高い価値を有しており、門から北の丸に至る石段とともに江戸時代の状況を色濃く残している。

 

広告
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
広告
吉田茂像
吉田茂像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

広告
気象観測露場
気象観測露場

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
気象観測露場
気象観測露場
北の丸公園の池
北の丸公園の池

北の丸公園は皆さんの公園です。

きれいな環境で楽しく利用できるよう

次のことを守って下さい。

一、許可を必要とする行為

1.物を販売し、又は領布すること。

2.業として写真を撮影すること。

3.集団でマラソンをすること。

4.濠に鳥類又は魚類を放すこと。

二、禁止されている行為

1.植物を採取し、又は損傷すること。

2.鳥類や魚類を捕獲し、又は殺傷すること。

3.施設やその他の物件を損傷し、又は移動すること。

4.立ち入り禁止区域内に立ち入ること。

5.集会を催し、又は示威活動をすること。

6.指定以外の場所に車馬を乗り入れ、又は止め置くこと。

7.指定以外の場所にごみその他の汚物又は廃物を捨て、又は放置すること。

8.危険物その他、人に危害を及ぼす恐れのあるものを持ち込むこと。

9.動物を放し、又は捨てること。

10.                        たき火、花火の打ち上げ等火災の危険のある行為をすること。

11.                        球技をすること。

12.                        広告物又はこれに類するものを掲示し、又は設置すること。

13.                        寄付金を募集すること。

14.                        その他、公園の利用者に迷惑を及ぼす行為等管理上支障があると係員が認める行為。

右に違反した場合は退苑を命ずることがあります。

出典:環境省皇居外苑管理事務所 北の丸分室

 

 

広告
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の池
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1
科学技術館・竹橋駅→
科学技術館・竹橋駅→
広告
←休憩所・日本武道館 工芸館→
←休憩所・日本武道館 工芸館→
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像

北白川宮(きたしらかわのみや)(よし)(ひさ)親王(しんのう)

弘化4年(1847)伏見宮邦家親王の第九皇子として御誕生。嘉永元年(1848(しょう)蓮院(れんいん)宮御相続、安政5年(1858(りん)王寺(のうじ)宮御相続、(こう)(げん)法親王(俗名(よし)(ひさ))と称せられ、上野寛永寺の門跡(もんぜき)となられる。明治3年(1870還俗(げんぞく)して伏見宮に御復帰、軍籍に就かれた。同年勅令によりプロシャ国留学を命ぜられ、同国歩兵・砲兵聯隊、参謀学校等で兵学を学ばれ、明治10年後帰朝、近衛砲兵聯隊御隊附。御留学中の同5年北白川宮を御相続遊ばされた。同17年陸軍少将に任ぜられ、歩兵第一旅団長、参謀本部御出任。同25年陸軍中将に任ぜられ、第六・第四師団長を御歴任、同281月近衛師団長に親補せられ、近衛師団を率いて台湾に御出征、炎熱(えんねつ)瘴癘(しょうれい)の地で疫病に罹らせ給い、明治281028日(1895)台南に於て薨去遊ばされた。御年49歳。陸軍大将に任ぜられ、大勲位菊花章顕飾および功三級金鵄勲章を賜わり、國葬を以て豊島岡陵に御埋棺された。

銅像は、明治36126日、北の丸に駐屯していた近衛歩兵第一・第二聯隊正面前(現在地より東方約60メートル)に建立されたが、昭和38年北の丸公園整備計画に従いこの地点に移された。製作は、渡台時近衛騎兵として側近に仕えた斯界の大家新海竹太郎によるもので、芸術的にも高く評価されている。鋳造は陸軍砲兵工廠である。

建立後80余年を経て若干箇所の損傷を見るに至ったので、昭和60年有志相諮り修復した。

昭和601028

親王90年祭にあたり元近衛師団戦友会誌す

 

広告
北白川宮能久親王銅像
北白川宮能久親王銅像
広告
東京国立近代美術館 工芸館
東京国立近代美術館 工芸館
首都高速都心環状線
首都高速都心環状線
広告
首都高速都心環状線 陸橋
首都高速都心環状線 陸橋
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
広告
至 千鳥ヶ淵
至 千鳥ヶ淵
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
広告
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
麹町警察署 千鳥ケ淵警備派出所
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門濠
半蔵門濠
広告
半蔵門濠
半蔵門濠
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園

千鳥ヶ淵公園

大正81919)に開演。面積15,845㎡。半蔵濠に面した敷地、内堀通りを挟んで大使館の桜並木、そして千鳥ヶ淵交差点角の敷地の3ヶ所に分かれている。

英国大使館前の桜並木は、明治141881)年に英国公使アーネスト・サトウから寄贈された桜に由来する。

広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
広告
対墨日本人移住百周年記念
対墨日本人移住百周年記念

対墨(たいすみ)日本人(にほんじん)移住(いじゅう)百周年(ひゃくしゅうねん)記念(きねん)

所在地 千代田区麹町1-2 (千鳥ヶ淵公園)

対墨日本人移住百周年記念

メキシコ国民より日本国民へ贈呈

18971997

作者:セバスティアン

作品名:「移住」

製作年:1997

材質:スチールプレート

寸法:420×420×240cm

重量:1,000kg

広告
千鳥ヶ淵公園
千鳥ヶ淵公園
半蔵門濠
半蔵門濠
広告
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門濠
広告
半蔵門濠
半蔵門濠
半蔵門こどもの池
半蔵門こどもの池
広告
半蔵門こどもの池
半蔵門こどもの池
半蔵門交差点
半蔵門交差点
広告
半蔵門交差点
半蔵門交差点
 半蔵門交差点
半蔵門交差点
広告
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
広告
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
至 桜田門
広告
至 桜田門
至 桜田門
祝田橋交差点
祝田橋交差点
広告
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
広告
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
広告
祝田橋交差点
祝田橋交差点
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
広告
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む

東京ミッドタウン日比谷

建設中の仮名称は「新日比谷プロジェクト」。映画館や劇場に隣接した地区で、日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディングの跡地を再開発し建設された。地上35階建て(高さ約192メートル)、延べ床面積は約189000平方メートル。賃貸オフィス(34階~9階)や、大企業とベンチャー企業の連携を促すインキュベーション施設に加えて、商業施設部分(地上7階~地下1階)に全60店のテナントが入る。総工費は1322億円。

三井不動産はビジネスだけでなく、日比谷地区の文化的価値を高める拠点とする意向を表明している。野外には日比谷の賑わいの中心となる「日比谷ステップ広場」45階に映画館「TOHOシネマズ日比谷」6階には日比谷公園を一望する「パークビューガーデン」9階にはオフィスロビーがある。

地下1階の日比谷アーケードはアールデコ風とし、三信ビル、日比谷三井ビルの保存部材を各所に使用。その意匠を一部取り入れている。また低層部は三信ビルの意匠を継承し高さを100尺(約31m)とすることで右側の日生劇場と高さを合わせて街区の一体感が感じられるようにデザインされている。さらに、ビルの外観に曲線を使った「ダンシングタワー」というコンセプトは、近くの内幸町にかつて存在し、舞踏会が多く開かれた鹿鳴館を意識している。ホプキンス・アーキテクツが建築デザインを行った。

2019年に第60BCS賞を受賞している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇

第一花壇・ペリカン噴水

明治36年開園当時のデザインの幾何学文様の洋風花壇の第一花壇も日比谷公園のシンボルであり、ペリカン噴水からの景観もしばしばテレビドラマなどに背景として登場しています。

出典:公益財団法人 東京都公園協会

広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇 蝕知図案内板
日比谷公園 第一花壇 蝕知図案内板

第一花壇 触知図案内板

第一花壇 触知図案内板

第一花壇は、日本最初の様式庭園として残されたドイツ風の沈床花壇です。バラを主体に植栽され、花壇中央にはシュロノキが植わっています。その他四季を通じさまざまな花を楽しめます。北側にあるペリカン噴水は、2羽のペリカンのくちばしから水が落ちる洋風の装飾噴水です。

広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園小音楽堂 水曜コンサート
日比谷公園小音楽堂 水曜コンサート
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園 第一花壇から東京ミッドタウン日比谷を望む
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
広告
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯

古代スカンジナビア碑銘譯(ひめいやく)

スカンジナビアの人々が、1957224日ヨーロッパより北極経由で、日本への空路を開拓しました。この碑は、北極航路開設10周年を記念して寄贈されたもので、スカンジナビアのバイキングの古代北欧文学碑を模したものです。

広告
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園古代スカンジナビア碑銘譯
日比谷公園
日比谷公園
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇

タイサンボク

(モクレン科)

特 徴/常緑広葉樹

正 室/強い芳香のある白い花が咲く

原産国/北米中南部

開花期/56

広告
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園 松石
日比谷公園 松石

松 石

今から35千万年前の植物が、水底に運ばれ埋没された後、(けい)酸質の液がしみこんだものを珪化木といいます。

北九州の炭田では、炭層中に珪化木が含まれこれを松石と呼んでいます。

ここにあるものは、昭和初期、福岡市外亀山炭鉱の地下300mのところから長い木のまま発見されたものの一部です。

広告
日比谷公園 松石
日比谷公園 松石

松    石

松    石

今から35千万年前の植物が、水底に運ばれ埋没された後、(けい)酸質の液がしみこんだものを珪化木といいます。

 北九州の炭田では、炭層中に珪化木が含まれこれを松石と呼んでいます。

ここにあるものは、昭和初期、福岡市外亀山炭鉱の地下300mのところから長い木のまま発見されたものの一部です。

広告
東京ミッドタウン日比谷 周辺
東京ミッドタウン日比谷 周辺
広告
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷

東京ミッドタウン日比谷

建設中の仮名称は「新日比谷プロジェクト」。映画館や劇場に隣接した地区で、日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディングの跡地を再開発し建設された。地上35階建て(高さ約192メートル)、延べ床面積は約189000平方メートル。賃貸オフィス(34階~9階)や、大企業とベンチャー企業の連携を促すインキュベーション施設に加えて、商業施設部分(地上7階~地下1階)に全60店のテナントが入る。総工費は1322億円。

三井不動産はビジネスだけでなく、日比谷地区の文化的価値を高める拠点とする意向を表明している。野外には日比谷の賑わいの中心となる「日比谷ステップ広場」45階に映画館「TOHOシネマズ日比谷」6階には日比谷公園を一望する「パークビューガーデン」9階にはオフィスロビーがある。

地下1階の日比谷アーケードはアールデコ風とし、三信ビル、日比谷三井ビルの保存部材を各所に使用。その意匠を一部取り入れている。また低層部は三信ビルの意匠を継承し高さを100尺(約31m)とすることで右側の日生劇場と高さを合わせて街区の一体感が感じられるようにデザインされている。さらに、ビルの外観に曲線を使った「ダンシングタワー」というコンセプトは、近くの内幸町にかつて存在し、舞踏会が多く開かれた鹿鳴館を意識している。ホプキンス・アーキテクツが建築デザインを行った。

2019年に第60BCS賞を受賞している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia

広告
東京ミッドタウン日比谷
東京ミッドタウン日比谷
ティム・ホー・ワン(添好運)日比谷店
ティム・ホー・ワン(添好運)日比谷店
広告
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
ティファニー丸の内店 周辺
広告
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 周辺
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 丸の内店 周辺
Store 1894 周辺
Store 1894 周辺
広告
東京駅
東京駅
動輪の広場 周辺
動輪の広場 周辺
広告
動輪の広場 周辺
動輪の広場 周辺
東京駅
東京駅

東 京 駅

東京駅は、東京都千代田区丸の内一丁目にある、東日本旅客鉄道・東海旅客鉄道・東京地下鉄の駅である。以下、JR東日本とJR東海を総称する場合は「JR」と表記する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
東京駅
東京駅
東京駅
東京駅
広告
東京中央郵便局
東京中央郵便局
東京サンケイビル METRO SQUARE リバーホールディングス
東京サンケイビル METRO SQUARE リバーホールディングス
広告
㈱日本政策投資銀行本店 周辺
㈱日本政策投資銀行本店 周辺
星のや東京 周辺
星のや東京 周辺
広告
星のや東京 周辺
星のや東京 周辺
(株)イーダブリュエムジャパン 周辺
(株)イーダブリュエムジャパン 周辺
広告
DNS POWER CAFE 大手町 周辺
DNS POWER CAFE 大手町 周辺
千代田区立スポーツセンター(ゴール)
千代田区立スポーツセンター(ゴール)
広告

千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→ザ・フォレスト 北の丸→江戸城 北桔橋門→天守台(江戸城跡)→石室→二の丸庭園→江戸城 百人番所→江戸城 大手門→鎌倉橋→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

6月度ちよだ皇居周辺
リフレッシュウオーク2019

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)

大隈重信侯 雉子橋邸跡

早稲田大学の創立者、大隈重信(18381922)は、明治新政府に出仕し、大蔵卿等を歴任し、日本国「円」の創設に尽力しました。また内閣総理大臣を二度にわたり務め、近代国家の基礎創りに貢献しました。

大隈重信は、1876(明治9)年10月から1884(明治17)年3月まで、雉子橋邸宅(当時の麹町区飯田町1丁目1番地)に住み、1882(明治15)年10月創立の早稲田大学の前身、東京専門学校の開校事務もこの邸宅で行いました。

2007(平成19)年10

出典: 早稲田大学

千代田稲門会

広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
千代田区役所(スタート)
千代田区役所(スタート)
広告
中部日本放送 東京支社脇
中部日本放送 東京支社脇
清水門遊歩道から武道館を望む
清水門遊歩道から武道館を望む

日本武道館

東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。単に「武道館」といえば一般的に当館の事を指す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia

広告
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
広告
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段(北の丸公園)
清水門内階段(北の丸公園)
広告
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
広告
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から千代田区役所方面を望む
清水門内階段(Toilets)から清水門
清水門内階段(Toilets)から清水門
広告
清水門内階段(北の丸公園)
清水門内階段(北の丸公園)
吉田茂像
吉田茂像

吉 田 茂 像

古来各國史上名相賢宰星羅照映スト雖モ昭和曠古ノ大戦ニ社稷傾覆生民塗炭ノ苦悩ニ方リ萬世ノ為ニ太平ヲ開クノ聖旨ヲ奉シ内外ノ輿望ヲ負ウテ剛明事ニ任シ慷慨敢言英邁洒落能ク人材ヲ舉用シ民心ヲ鼓舞シ以テ復興ノ大義ニ盡瘁セシコト公ノ如キハ實ニ稀代ノ偉勲ト謂フベシ後人相謀ツテ茲ニ厥ノ像ヲ建テ長ク高風ヲ仰カント欲ス亦善イ哉

昭和五十六年九月

舟越保武 作

安岡正篤 文

桑原翠邦 書

広告
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
気象観測露場
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡 周辺
広告
北の丸公園
北の丸公園
北の丸公園
広告
北の丸公園の池
北の丸公園の池
北の丸公園の橋
北の丸公園の橋
広告
北の丸公園の橋
北の丸公園の橋
北の丸公園 多機能トイレ方面
北の丸公園 多機能トイレ方面
広告
北の丸公園の池 流れ込む小川
北の丸公園の池 流れ込む小川
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
広告
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
広告
至 江戸城 北桔橋門
至 江戸城 北桔橋門
北白川宮能久親王銅像 周辺
北白川宮能久親王銅像 周辺
広告
江戸城 北桔橋門前 陸橋
江戸城 北桔橋門前 陸橋
江戸城 北桔橋門
江戸城 北桔橋門
広告
江戸城 北桔橋門
江戸城 北桔橋門

北 桔 橋 門

北桔橋門は、竹橋から千鳥が淵に抜ける通称 代官町通りの北の丸公園入口の正面にある小さな橋であり、皇居の天守台北側と北の丸方面をつなぐ城門でもある。ここは、東の 平川濠 と西の乾濠を分ける土橋になっている部分で、いわゆる橋になっているのは、皇居東御苑の入口から僅か56mの部分のみである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
江戸城 北桔橋門から三日月濠(乾濠)を眺める
江戸城 北桔橋門から三日月濠(乾濠)を眺める
江戸城 北桔橋門から平川濠を眺める
江戸城 北桔橋門から平川濠を眺める
広告
北桔橋門
北桔橋門

北 桔 橋 門

北桔橋門は、竹橋から千鳥が淵に抜ける通称 代官町通りの北の丸公園入口の正面にある小さな橋であり、皇居の天守台北側と北の丸方面をつなぐ城門でもある。ここは、東の 平川濠 と西の乾濠を分ける土橋になっている部分で、いわゆる橋になっているのは、皇居東御苑の入口から僅か56mの部分のみである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ

天 守

日本の城の天守は、住宅として利用された天正期の安土城(織田氏)や大坂城(豊臣氏)などの例は別格として、江戸時代を通して居住空間として使用された例は少ない。姫路城や熊本城などの江戸時代初期までに建てられた天守内には、井戸を伴う台所や便所、畳敷きの部屋など居住設備を設けていた例もあるが、城主は本丸や二ノ丸、三ノ丸などに建てられた御殿で政務や生活を行い、天守はおもに物置として利用されることが多かった。

江戸時代初頭、徳川幕府に届出をする際に天守の名称を憚った櫓の例があり、現在ではそれらの象徴的役割にあった櫓も天守に分類し、それらを総称して天守建築ということがある。外観で2重から5重のものがあり、安土桃山時代の末には最終防衛拠点としての位置づけがされており、本丸に築くことが多かった。本丸の中で天守をさらに囲う郭を造り、この郭を天守郭・天守曲輪(てんしゅくるわ)や天守丸(てんしゅまる)などと呼んだ。ちなみに、天守や櫓を建てることを「を上げる」という。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
広告
天守台(江戸城跡)とアジサイ
天守台(江戸城跡)とアジサイ
桃華楽堂
桃華楽堂

桃 華 楽 堂

香淳皇后の還暦を記念して建てられ、香淳皇后のお印の「桃」にちなんで命名された音楽堂で、昭和41年(1966年)に完成しました。

屋根はデッセンの花紅を(かたど)り、八つある壁面は、各面とも大きく羽ばたく鳥を中央に、それぞれ日月星、松竹梅、楽の音などをイメージした図柄が陶片で描かれています。

 

広告
天守台(江戸城跡)
天守台(江戸城跡)
天守台
天守台
広告
天守台
天守台

江戸城 天守台

徳川家康の入城以来、江戸城では、慶長度天守(1607年)、元和度天守(1623年)、寛永度天守(1638年)と3度、天守が建てられました。最も規模が大きかった寛永度天守は、地上からの高さが約58mあったといわれています。

この天守台は、寛永度天守が明暦の大火(1657年)により焼失した後、天守再建を目指して万治元年(1659年)築かれたものですが、幕府内で、天守は不要との結論が下され、この天守台には天守が建てられないままになりました。

江戸時代の江戸城は、天守があった50年間の後、天守がない状態が210年間続いたことになります。

 

 

広告
天守台
天守台


広告
天守台(江戸城跡) 方向盤
天守台(江戸城跡) 方向盤
江戸城本丸御殿
江戸城本丸御殿

江 戸 城 本 丸 御 殿

この天守台から見える大芝生とその周辺には、江戸城本丸御殿の建物が立ち並んでいました。本丸御殿は、(おもて)中奥(なかおく)大奥(おおおく)という三つの空間に分かれていました。

表は、将軍の謁見(えつけん)など公的な儀式・行事、幕府諸役人の執務の場で、中奥には将軍の日常生活、政務を執る場、大奥は御台所(おだいどころ)と呼ばれた将軍の正妻をはじめ家族や女性たちの生活の場でした。

 

 

広告
竹林
竹林

竹 林

竹 林

この竹林は上皇陛下のお考えから、平成8年(1996年)に整備されました。

昭和天皇がそのお印であった「若竹」にちなみ喜寿の記念等に宮内庁職員から送られ、吹上御殿にお植えになっていたものを、こちらに移したものです。日本と中国の竹・笹類13種類が植えられています。

インヨウチク島根県比婆山特産で、葉はクマザサのように大きく、緑色。
カンザンチク中国産で、ササの中で最大級
シホウチク中国原産で、稈は四角形。
undefinedコンシマダケマダケの変種で、葉に濃紺色の縞模様。
undefinedラッキョウヤダケヤダケの品種で、節間が膨れてラッキョウ型。
undefinedホウショウチクホウライチクの変種で、葉に白い縞模様。
undefinedスホウチクホウライチクの変種で、稈に紅黄色の縦縞。
undefinedホウライチク中国産で、稈が密生。
undefinedオウゴンチクマダケの変種、稈は黄金色。
undefinedキンメイチクマダケの変種、稈は黄色に緑色の縦縞。
undefinedギンメイチクマダケの変種、稈は緑色に黄色の縦縞。
undefinedキッコウチクモウソウチクの変種で、下部
の節間が交互に膨れて亀甲
状。
undefinedキンメイモウソウモウソウチクの変種で、稈に黄色の縦縞。
竹 林

※竹の幹を稈(かん)と言います。

広告
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ
キンメイモウソウ

イネ科

キンメイモウソウ

広告
キッコウチク
キッコウチク
キッコウチク
キッコウチク

イネ科

キッコウチク

広告
ギンメイチク
ギンメイチク
ギンメイチク
ギンメイチク

イネ科

ギンメイチク

広告
キンメイチク
キンメイチク
キンメイチク
キンメイチク

イネ科

キンメイチク

広告
オウゴンチク
オウゴンチク
オウゴンチク
オウゴンチク

イネ科

オウゴンチク

広告
スホウチク
スホウチク
スホウチク
スホウチク

イネ科

スホウチク

広告
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ
ラッキョウヤダケ

イネ科

ラッキョウヤダケ

広告
コンシマダケ
コンシマダケ
コンシマダケ
コンシマダケ

イネ科

コンシマダケ

広告
シホウチク
シホウチク
シホウチク
シホウチク

イネ科

シホウチク

広告
カンザンチク
カンザンチク
カンザンチク
カンザンチク

イネ科

カンザンチク

広告
インヨウチク
インヨウチク
インヨウチク
インヨウチク

イネ科

インヨウチク

広告
ナンテン
ナンテン
ナンテン
ナンテン

イネ科

ナンテン

広告
石室
石室

(いし) (むろ)

この場所は江戸城本丸御殿の大奥の脇に当たります。石室の用途は諸説ありますが、火事などの非常の際に、大奥用の稠度などの避難場所と考えられています。

広告
石室
石室
石室
石室
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
広告
至 江戸城 富士見多聞櫓
至 江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
広告
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓 周辺
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告

江戸城 富士見多聞櫓

 

「多聞」は、長屋作りの防御施設です。

江戸城には多くの多聞がありましたが、現存するのは、この富士見多聞と、伏見櫓の左右にある多聞だけになりました。現在の富士見多聞は、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火(1657年)の後、諸建物が再建された際に建てられたものと考えられます。

「御休息所前多聞」とも呼ばれています。

 

江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
広告
江戸城 富士見多聞櫓
江戸城 富士見多聞櫓
午砲台跡
午砲台跡
広告

午 砲 台

()砲台(ほうだい)とはかつて報時のための午砲(空砲)を撃っていた場所のことである。午報所とも呼ばれた。1871年、午砲の制が定められ全国各地に設置されている。空砲の音はドンとも呼ばれ親しまれたことから、後にドン山などという愛称が付けられた午砲台も存在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
広告
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
至 二の丸庭園
広告
江戸城 汐見坂
江戸城 汐見坂

汐 見 坂

徳川家康による江戸城築城の頃は、この場所の近くにまで日比谷入江が入り込み、この坂から海を眺めることができたことから「汐見坂」の名が付いたといわれています。

この坂は、本丸と二の丸をつないでいたもので、坂上には、汐見坂門が設けられています。

広告
アサザ
アサザ

アサザ

アサザはミツガシワ科アサザ属の多年草。ユーラシア大陸の温帯地域に分布し、日本では本州や九州、稲美町などに生育する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
ヒメコウホネ
ヒメコウホネ

ヒメコウホネ(姫河骨)

地下茎は太く、白色、水底の地中を這い、横へ 広がる。葉は束生し、長い円筒状の葉柄がある。水中葉(沈水葉)は質が薄く、縁が波打つ。水上葉(浮葉)は水面に浮かび、水面が低下すると、水面から出て抽水葉となる。水上葉は長さ610㎝、幅58㎝の広卵形、質がやや厚く、全縁、無毛、表面に光沢があり、基部は深く切れ込む。花柄は長く、水面から上に出て、花を1個上向きにつける。花は黄色、直径34㎝。花弁状に見える萼片は普通5個。花弁は小さく、多数。

コウホネ Nuphar japonicum 水中葉は膜質で細長く、水上葉は光沢があり、長さ2030㎝の長卵形、水面から出る(抽水形)。花は直径約5㎝のわん形。花弁状に見えるのが萼片で、5個。花弁はへら状で小さく、多数が1列に並ぶ。雄しべ、多数、花糸の幅が広い。雌しべの先は広がり、柱頭盤を形成し、柱頭は放射状に並ぶ。

オグラコウホネ Nuphar oguraensisはヒメコウホネに似るが、葉柄が中空、葉が水面に浮かぶ。

ネムロコウホネ Nuphar pumilum は葉が水面に浮かぶ。

出典:三河地方の植物・地衣類・きのこなどを紹介

広告
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸庭園

二の丸庭園(皇居東御苑)

江戸城二の丸は本丸の東側に位置し、3代将軍家光の命で1630(寛永7)年に小堀遠州の手により遊行のための庭園を造成。家光と秀忠との茶会が催されています。2代将軍・徳川秀忠が死去した後の1636(寛永13)年には二の丸御殿が建てられ東側に庭園を配置しました。現存する庭園は往時の庭園を昭和43年に復元したものです。

出典:東京とりっぷ

広告
二の丸庭園
二の丸庭園
二の丸池
二の丸池

二の丸池

この二の丸池にはコウホネ、ヒメコウホネ、ヒツジグサ、アサザの4種類の水生植物が生育しています。初夏から秋にかけて水面を覆い、それぞれ黄色や白色の花を咲かせます。アサザは赤坂御用地の池から株を移したものです。

アサザヒメコウホネ
① アサザ
ミツガシワ科
➂ヒメコウホネ
スイレン科
㋄中旬~㋉中旬、対生する葉のわきに数本の花茎をだし、黄色の花を開く。コウホネの小型種。葉は、広卵形。㋄中旬~㋈下旬、黄色い花を開く。
コウホネヒツジグサ
② コウホネ
スイレン科
➃ヒツジグサ 
スイレン科
㋃下旬~㋈下旬、長く直立した円柱形の花柄の先に黄色の花を1個上向きに開く。河(こう)骨(ほね)の名は、川に生え、根茎が白骨のように見えることによる。㋄下旬~㋉下旬、細長い根生の花柄の先に白色の清楚な花を1個開く。未草(ひつじくさ)の名は、未の刻(午後2時)に花が開くことによるが、開花時間は必ずしも一定しない。
二の丸池の浮葉性植物
広告
菖蒲田(二の丸庭園)
菖蒲田(二の丸庭園)

菖蒲田

この菖蒲田には、84品種のハナショウブが植えられています。皇居東御苑造成中の昭和41年(1966)に明治神宮御苑の菖蒲田から株を譲り受けて以来、大切に守り育てているものです。

花の見頃:6月上旬~中旬

花の見頃:6月上旬~中旬

アヤメの仲間の生育場所の違い

アヤメの仲間の生育場所の違い

ハナショウブ

ハナショウブは、山野に自生するアヤメ科のノハナショウブをもとに改良された園芸品種です。品種改良は江戸時代から盛んになり、改良された地域によって、江戸系、肥後系、伊勢系の三系統に大別され、ここには江戸系が植えられています。

🔶江戸系
 庭園などで群生の美しさを鑑賞するのに向き、風雨に強く、草丈の高いものが多いです。また、平咲きの花が多いのも特徴で多様な花形が見られます。
🔶肥後系
 金屏風の前で鑑賞するなど鉢植えに適し、大輪の豪華な花が多いのが特徴です。
🔶伊勢系
 鉢植え向きで、花弁が垂れ下がり、優美で繊細な花が多いのが特徴です。
江戸系、肥後系、伊勢系の三系統

アヤメ科の植物は、「いずれあやめかかきつばた」というように区別が難しいので、その違いを解説します。

 

アヤメの仲間の見分け方

カキツバタハナショウブノハナショウブアヤメイチハシ
カキツバタハナショウブノハナショウブアヤメイチハシ
花期:5月中旬~下旬
外花被片の中央部に白斑があり、基部は帯黄色
花期:5月下旬~6月下旬
外花被片の中央部に淡黄色の細い斑点
花期:5月下旬~6月下旬
外花被片の中央部に淡黄色の細い斑点
花期:5月上旬~中旬
外花被片の中央
から基部にかけて黄色の網状の模様
花期:4月下旬~5月中旬
外花被片の上面中央にとさか状の突起
カキツバタ葉ハナショウブ葉ノハナショウブ葉アヤメ葉イチハシ葉
幅が広く、中脈はない幅は中位で、中脈が太い幅が細く、太い中脈が目立つ幅が細く、中脈はあるが目立たない幅が広く、中脈は目立たない
アヤメの仲間の見分け方
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
二の丸庭園 花菖蒲(ハナショウブ)
広告
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
至 江戸城 百人番所から大手町方面を望む
広告
白鳥濠
白鳥濠

白鳥濠(皇居東御苑)

江戸城の二の丸と本丸の間を東西に隔てる(ほり)白鳥(はくちょう)(ぼり)。南北に長く伸びて本丸を守るかたちになっています。濠の北側は汐見坂で、築城初期にはこの坂から日比谷入江を眺めました。白鳥濠は、完全に独立した濠で、濠に湛える水は湧き水と雨水のみになっています。家康時代に積まれたという石垣も必見です。

出典:東京とりっぷ

広告
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所
江戸城 百人番所

江戸城 百人番所

江戸城本丸への道を厳重に守る中之門に向き合って設けられた警備詰所です。甲賀組、伊賀組、根来組、二十五騎組という4組の鉄砲百人組が昼夜交替で勤務していました。各組は20人の与力と、100人の同心で構成されていました。

広告
三の丸尚蔵館から大手町方面を望む
三の丸尚蔵館から大手町方面を望む
三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館

三の丸尚蔵館

アジサイ(Hydr angea)ノリウツギ(Panicle hydrangea)
本丸では、天守台や富士見多聞(たもん)の付近、二の丸では、各所で見られます。青紫、赤紫など様々な色で初夏から夏を彩っています。二の丸雑木林付近で見られる落葉高木です。たくさんの花が円錐(えんすい)状に集まって咲いています。花びらのように見えるのは装飾(そうしょく)花(か)です。
カイコウズ(Common Coral-Tree)タイサンボク(Grand Magnolla)
鹿児島県の県木として、二の丸にある都道府県の木のコーナーに植えられています。南国らしい深紅色の蝶形の花が咲いています。アメリカデイコとも呼ばれます。ハクレンボクとも呼ばれます。本丸天守台付近で見られ、甘い香りのする大きな白い花が目立ちます。
富士見多聞(Fujimitamon)二の丸雑木林(Ni-no-maru grove)
多聞(たもん)は、防衛と装飾を兼ねた長屋造りの櫓(やぐら)の一種類で、江戸城本丸には15棟がありましたが、今では現存する唯一の遺構です。昭和天皇の御発意で、昭和57年~60年に、武蔵野の雑木林の面影を持つ樹林を整備しました。
今では、昆虫や野鳥のすみかともなっています。
三の丸尚蔵館
広告
三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館
皇居東御苑管理事務所 周辺
皇居東御苑管理事務所 周辺
広告
江戸城 大手門
江戸城 大手門

江戸城 三ノ丸大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっております。大き方の門は、昭和20年(1945年)4月の空爆で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。焼失前の門の屋根に飾られていた鯱には、頭部に「明暦三丁酉」(1657年)と刻まれています。この明暦3年には、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火が起きており、鯱は、大火の後、江戸城再建時に製作されたものと考えられます。

 

広告
江戸城 大手門 歩道
江戸城 大手門 歩道
日本歯科大学発祥の地の碑 周辺
日本歯科大学発祥の地の碑 周辺
広告
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
鎌倉橋 周辺
広告
鎌倉橋
鎌倉橋

鎌倉橋 (日本橋川)

鎌倉橋は、東京都千代田区にある日本橋川に架かる橋である。神田地区と大手町地区の境界に当たる。左岸は内神田一・二丁目、右岸は大手町一・二丁目となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
千代田区立スポーツセンター
千代田区立スポーツセンター

千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→武道館→田安門→九段下交差点→東京ドーム→礫川公園→文京シビックセンター→牛天神下交差点→新隆慶橋東詰→本多横丁→東京大神宮→九段生涯学習館(ゴール)

12月度JWAのウオーキング教室

12月度JWAのウオーキング教室

広告
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目2
至清水門
至清水門
広告
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
広告
至清水門
至清水門
至清水門
至清水門
広告
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
広告
清水門向かう歩道から武道館
清水門向かう歩道から武道館
至清水門
至清水門
広告
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
清水門内階段
広告
清水門内階段うえ広場
清水門内階段うえ広場
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
広告
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
清水門内階段うえ広場から千代田区役所
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
只今の気象東京(北の丸公園)
只今の気象東京(北の丸公園)

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
北の丸公園気象観測露場
北の丸公園気象観測露場
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
至北の丸公園
広告
至北の丸公園
至北の丸公園

カツラ

カツラ科 カツラ属

分布

日本(北海道~九州)

北の丸公園

広告
至北の丸公園
至北の丸公園
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館
武道館
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館
武道館
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館
武道館

日本武道館

東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。単に「武道館」といえば一般的に当館の事を指す。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
広告
武道館前道路のイチョウ
武道館前道路のイチョウ
武道館前大銀杏
武道館前大銀杏
広告
田安門
田安門
田安門
田安門
広告
田安門
田安門

江戸城 田安門

田安門は、東京都千代田区北の丸公園内にある、旧江戸城の門。北面する高麗門と西側に矩折りに位置する櫓門からなる桝形門である。1961年に「旧江戸城田安門」として国の重要文化財に指定されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
田安門歩道
田安門歩道
田安門歩道から九段下方面
田安門歩道から九段下方面
広告
田安門歩道
田安門歩道
田安門歩道から九段下方面
田安門歩道から九段下方面
広告
靖国通り 田安門交差点
靖国通り 田安門交差点
田安門歩道から牛ヶ淵
田安門歩道から牛ヶ淵
広告
至靖国通り 九段下方面
至靖国通り 九段下方面
昭和館
昭和館
広告
九段下駅
九段下駅
九段下駅
九段下駅
広告
九段下交差点
九段下交差点
九段下駅
九段下駅
広告
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目18−2
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目18−2
株式会社大塚商会 周辺
株式会社大塚商会 周辺
広告
KDDI株式会社 周辺
KDDI株式会社 周辺
KDDI株式会社 周辺
KDDI株式会社 周辺
広告
東京ドームシティアトラクションズ ビッグ・オー
東京ドームシティアトラクションズ ビッグ・オー
東京ドーム
東京ドーム
広告
東京ドーム
東京ドーム
後楽園交差点 周辺
後楽園交差点 周辺
広告
礫川公園
礫川公園

礫川(れきせん)公園(こうえん)

小石川台地の東端に造られた公園で、東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅の北側に位置し、周辺には小石川後楽園、東京ドーム、中央大学、文京シビックセンターなどがあります。かつてこの一帯は軍用地でしたが、戦後、都営住宅・中央大学・戦没者慰霊堂・公園用地に分割されました。

昭和39年、東京都が公園を造成し、翌年、区に移管されました。

出典:文京区

広告
礫川公園
礫川公園
文京シビックセンターから東京スカイツリーを望む
文京シビックセンターから東京スカイツリーを望む
広告

文京シビックセンター

文京区役所が入居する文京シビックセンターは、文京公会堂の跡地に199911月に完全竣工された。地上28階・地下4階、高さ142m。東京23区の区役所の中では最も高い建物である(複合施設に入居している例や合同庁舎に入居している例を除く)。中でも高速シースルーエレベータ10基があるのが最大の特徴である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

文京シビックセンターから埼玉方面を望む
文京シビックセンターから埼玉方面を望む
文京シビックセンターから池袋方面を望む
文京シビックセンターから池袋方面を望む
広告
文京シビックセンターから礫川公園
文京シビックセンターから礫川公園
文京シビックセンターから礫川公園
文京シビックセンターから礫川公園
広告
礫川公園
礫川公園
礫川公園
礫川公園
広告
牛天神下交差点
牛天神下交差点
新隆慶橋東詰交差点
新隆慶橋東詰交差点
広告
神楽坂 おいしんぼ 周辺
神楽坂 おいしんぼ 周辺
和可菜🗾[日の丸]
和可菜🗾[日の丸]
広告
神楽坂 おいしんぼ
神楽坂 おいしんぼ
神楽坂 幸本
神楽坂 幸本
広告
鎮護山 善國寺
鎮護山 善國寺

毘沙門天 善國寺

善国寺は、東京都新宿区神楽坂にある日蓮宗の寺院であり、通称として「神楽坂毘沙門天」・「神楽坂の毘沙門さま」として知られている。 旧本山は大本山池上本門寺で鎮護山善国寺という。開基は徳川家康、開山は日惺上人と伝わる。正式には善國寺と称される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目7
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目7
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目7
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目7
広告
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
広告
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
神楽坂本多横丁
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
広告
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
〒162-0825 東京都新宿区神楽坂3丁目3−1
東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮

東京大神宮は、東京都千代田区富士見町に位置する神社である。

1880年(明治13年)417日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が起源であり、一般には「日比谷大神宮」もしくは「日比谷皇大神宮」と称された。

明治政府の宗教政策転換により神宮司庁と神宮教院が分離すると、後者に属していた本神社は、大神宮祠、神宮奉斎会本院と幾度か改名した。

1900年(明治33年)510日、明治天皇皇太子(のちの大正天皇)の結婚式が宮中三殿で行われる。これを記念に神前式結婚式を創始、現在に伝わる神前結婚式となった。

1923年(大正12年)91日の関東大震災で被災し、1928年(昭和3年)に現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれた。

太平洋戦争終結後の1946年(昭和21年)1月、宗教法人東京大神宮に改称し、現在に至る。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
東京大神宮
広告
東京大神宮
東京大神宮
二合半坂の碑
二合半坂の碑

二合半坂

広告
二合半坂の碑
二合半坂の碑

二合半坂

江戸時代、この坂の上からは日光山の半分を眺めることができました。富士山の高さ一合~十合と数えますが、この坂から見える日光山は富士山の約半分、すなわち五合の高さでした。

五合の日光山のさらに半分で、二合半坂と名付けられたといわれています。江戸時代はこの坂の両側には旗本屋敷が建ち並んでいましたが、明治時代には、坂の東側に英語教育家として知られる神田(ない)()の邸宅が、西側に和洋裁縫(さいほう)女学院(現在の和洋女子大学)がありました。

広告
フィリピン共和国大使館
フィリピン共和国大使館

フィリピン大使館

広告
冬青木坂(もちのきざか)
冬青木坂(もちのきざか)

(もち)青木坂(のきざか)

元禄10年(1697)の大火後、この坂より北側には武家屋敷が広がり、南側は元飯田町がありました。坂の途中にあった武家屋敷に植えられていた古木が、モチノキであるということから名付けられました。明治時代、坂上の東角には、JR中央線の前身である(こう)()鉄道の建設に力を尽くし、社長を務めた実業家雨宮(あまみや)(けい)次郎(じろう)の邸宅がありました。

広告
九段下交差点
九段下交差点

千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→北桔橋門→皇居東御苑→皇居東御苑二の丸庭園→百人番所→大手門→和田倉噴水公園→行幸通遊歩道→東京中央郵便局→星のや東京→庄内藩酒井家神田橋上屋敷跡→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

6月度JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所前歩道
千代田区役所前歩道
清水門入口
清水門入口
広告
清水門入口から日本武道館の景観
清水門入口から日本武道館の景観
清水門入口から日本武道館の景観
清水門入口から日本武道館の景観
広告
清水門
清水門
清水門
清水門
広告
旧江戸城清水門
旧江戸城清水門
旧江戸城清水門
旧江戸城清水門

重要文化財

旧江戸城()水門(みずもん)

昭和3667日指定

江戸城は、長禄元年(1457)に太田(すび)(なが)道灌(どうかん))によって創られたとされる。

天正18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄

元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構(そうかまえ)が完成し、大城郭としての形が整えられた。その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持された。

清水門は、北の丸北東部に位置する枡形門(ますがたもん)であり、正面の高麗門(こうらいもん)と、その右手奥の櫓門(やぐらもん)からなる。

門の創建年代は明らかではないが、現在の門は高麗門の扉釣金具の残る刻銘から万治元年(1658)に建てられたものであると考えられている。しかし、櫓門の上部は、時期は不明ながら撤去されていたものを昭和3641年度の修理で復旧整備したものである。清水門は、建立年代の判明する江戸城の遺構として高い価値を有しており、門から北の丸に至る石段とともに江戸時代の状況を色濃く残している。

 

清水門 櫓門内部

 

 

 

広告
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
広告
清水門階段
清水門階段
清水門階段
清水門階段
広告
北の丸公園 案内図
北の丸公園 案内図

北の丸公園 案内図

北の丸公園 案内図
北の丸公園 案内図
科学技術館前
科学技術館前
広告
タイサンボク
タイサンボク

タイサンボク モクレン科

〇葉は厚めで光沢があります。

〇初夏に芳香のある大きな白花が咲きます。

〇中国の名山「泰山」と同じ和名です。

 

 

広告
タイサンボク
タイサンボク
←科学技術館・竹橋駅 日本武道館→
←科学技術館・竹橋駅 日本武道館→
広告
メギ
メギ

メ ギ

メギの基本情報

学名:Berberis thunbergii

和名:メギ(目木)

 

科名 / 属名:メギ科 / メギ属

広告
モッコク
モッコク

モッコク

一般名:モッコク(木斛)

学名:Ternstroemia gymnanthera

別名:アカミの木、

分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目モッコク科モッコク属モッコク種、

原産地:日本、中国、東南アジア、

生活型:常緑中高木、樹高:615m、樹皮色:灰褐色、葉形:長楕円形、葉序:互生、

花色:薄黄、花径:2cm。開花期:7月、果実色:赤、用途:庭木、木材、染料、漢方薬

広告
アオギリ
アオギリ

アオギリ

学名: Firmiana simplex

科: アオイ科 Malvaceae

分類階級: 種

亜科: Sterculioideae

種: アオギリ F. simplex

広告
アオギリ
アオギリ
気象観測露場
気象観測露場

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
北の丸公園露場
北の丸公園露場

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
北の丸公園露場
北の丸公園露場
コムラサキ
コムラサキ

コムラサキ

一般名:コムラサキ(小紫)

学名:Callicarpa dichotoma

別名:コシキブ(小式部) :

分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目クマツヅラ科ムラサキシキブ属

分布:日本、朝鮮半島、中国

樹高:200300cm 開花期:68月 成実期:912月 花色:薄紫 果実色:紫 果実径:0.35cm

広告
ツバキ
ツバキ

ツバキ

広告
ツバキ
ツバキ
ニシキギ
ニシキギ

ニシキギ ニシキギ科

〇紅葉が美しいので、この名前がつきました。

〇枝が密に茂り、コルク質の翼があるのが面白く、庭に植えられます。

 

広告
ニシキギ
ニシキギ
エゴノキ
エゴノキ

エゴノキ エゴノキ科

〇春に白い花を枝いっぱいにぶらさげます。

〇実がのどを刺激する(えぐい)ため、この名がつきました。

〇実は石鹸の代用となります。

広告
エゴノキ
エゴノキ
タイワンホトトギス
タイワンホトトギス

タイワンホトトギス

台湾杜鵑草

Tricyrtis

ユリ科 ホトトギス属

分布

台湾、沖縄本島、西表島

 

広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2‐6
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1‐1
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1‐1
広告
マユミ
マユミ

マユミ

学名 Euonymus sieboldianus

別名 カンサイマユミ

真弓 分類 ニシキギ科ニシキギ属 (落葉低木)

昔、丸木弓を作ったことから。        

原産・分布        北海道、本州、四国、九州、朝鮮南部、中国、樺太、南千島

神奈川県   全域に分布するが、やや低地に偏る。

用途 庭木、小箱、玩具、櫛

広告
マユミ
マユミ
マユミ
マユミ

ニシキギ

学名: Euonymus alatus

科: ニシキギ科 Celastraceae

分類階級: 種

上位分類: ニシキギ属

広告
ハマヒサカキ
ハマヒサカキ

ハマヒサカキ

花色:白 葉色:

学名:Eurya emarginata

科名:モッコク科

分類:常緑低木

原産地:日本、東アジア

大きさ:背丈0.31.5m1~6m) 横幅0.31.0m3m) 葉24cm前後(互生)

主な見所:樹形・葉(周年)

広告
ハマヒサカキ
ハマヒサカキ
北の丸公園 多機能トイレ脇 多目的ブース
北の丸公園 多機能トイレ脇 多目的ブース
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園
広告
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園 首都高速都心環状線
広告
皇居東御苑
皇居東御苑

皇 居 東 御 苑

皇 居 東 御 苑
皇 居 東 御 苑
今日の東御苑
今日の東御苑

三の丸尚蔵館

アジサイ(Hydr angea)
アジサイ(Hydr angea)
ノリウツギ(Panicle hydrangea)
ノリウツギ(Panicle hydrangea)
本丸では、天守台や富士見多聞(たもん)の付近、二の丸では、各所で見られます。青紫、赤紫など様々な色で初夏から夏を彩っています。二の丸雑木林付近で見られる落葉高木です。たくさんの花が円錐(えんすい)状に集まって咲いています。花びらのように見えるのは装飾(そうしょく)花(か)です。
カイコウズ(Common Coral-Tree)
カイコウズ(Common Coral-Tree)
タイサンボク(Grand Magnolla)
タイサンボク(Grand Magnolla)
鹿児島県の県木として、二の丸にある都道府県の木のコーナーに植えられています。南国らしい深紅色の蝶形の花が咲いています。アメリカデイコとも呼ばれます。ハクレンボクとも呼ばれます。本丸天守台付近で見られ、甘い香りのする大きな白い花が目立ちます。
富士見多聞(Fujimitamon)
富士見多聞(Fujimitamon)
二の丸雑木林(Ni-no-maru grove)
二の丸雑木林(Ni-no-maru grove)
多聞(たもん)は、防衛と装飾を兼ねた長屋造りの櫓(やぐら)の一種類で、江戸城本丸には15棟がありましたが、今では現存する唯一の遺構です。昭和天皇の御発意で、昭和57年~60年に、武蔵野の雑木林の面影を持つ樹林を整備しました。
今では、昆虫や野鳥のすみかともなっています。
三の丸尚蔵館
広告
北桔橋門
北桔橋門
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
広告
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
広告
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
皇居東御苑の北側
広告
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐3
〒100-0001 東京都千代田区千代田1‐3
皇居東御苑
皇居東御苑
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
皇居東御苑二の丸庭園
広告
ヤマハギ
ヤマハギ
百人番所
百人番所
広告
百人番所
百人番所
大手門
大手門
広告
大手門
大手門
大手門
大手門
広告
大手門
大手門
大手門
大手門
広告
和田倉噴水公園
和田倉噴水公園
和田倉噴水公園
和田倉噴水公園
広告
和田倉門
和田倉門
和田倉門交差点
和田倉門交差点
広告
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
広告
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
広告
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
広告
星のや東京
星のや東京
星のや東京
星のや東京
広告
庄内藩酒井家神田橋上屋敷跡
庄内藩酒井家神田橋上屋敷跡
ビョウヤナギ
ビョウヤナギ

ビヨウヤナギ

美容(びよう)(やなぎ)。花は黄色で初夏に開花。雄しべが花弁より長くめだちます。

オトギリソウ科

広告
千代田区立スポーツセンター
千代田区立スポーツセンター

千代田区役所(スタート)→清水門→只今の気象 東京(北の丸公園)→気象観測露場→旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡→北の丸公園→国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸→日本武道館→旧江戸城 田安門→東京レジデンス→東京しごとセンター→飯田橋職安前→小石川後楽園入口→礫川公園→富坂→北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院→北野神社(牛天神)→牛天神下交差点→牛込橋→東京大神宮→千代田区立九段生涯学習館(ゴール)

3月度JWAのウオーキング教室

広告
清水門
清水門

清 水 門

清水門は、創建年代は明らかではないが、1607年(慶長12年)に、北の丸普請が行われていたことから、この時期に建てられたものと考えられている。現在の清水門が建っている辺りは、中世には清水寺があったといわれ、江戸時代には江戸城の一画に取り込まれ、北の丸への出入口として利用された。北の丸は、武家地として利用され、江戸時代中期以降は、御三卿のうち田安家(田安徳川家)・清水家(清水徳川家)の屋敷と蔵地に利用された。門を潜り進むと北の丸公園がある。往時、北の丸公園の東側は一帯は清水家が、西側一帯は田安家が、それぞれ所有していた。1624年(寛永元年)に、安芸広島藩主浅野長晟によって改築され、1657年(明暦3年)の大火で焼失したため、翌、1658年(万治元年)に再修築された。明治時代から戦前までは、近衛歩兵連隊の駐屯地となった。「江戸城跡」は国の特別史跡に指定されている。また、江戸城の門のうち清水門のほか、外桜田門と田安門が重要文化財(建造物)に指定されている。

ソース: 清水門 – https://ja.wikipedia.org

広告
清水門から武道館を望む
清水門から武道館を望む
清水門 桜の木
清水門 桜の木
広告
清水門 桜の木

清水門 桜の木
清水門 桜の木

清水門 桜の木
広告
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木

北の丸公園 桜の木
広告
ハクモクレン
ハクモクレン

ハクモクレン

モクレン科

〇庭や公園に植えられます。

〇春に芳香のある白い花が咲きます。

〇中国名の木蓮が名前の元になりました。

広告
クモクレン

クモクレン
広告
コブシ
コブシ

コブシ

モクレン科

〇春に良い香りのする白い花を咲かせます。

〇花の咲く時期が農作業開始の暦になっていました。

〇実が「握り拳」に似ています。

広告
コブシ
コブシ
広告
スイセン
スイセン

スイセン

スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科の属の一つ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれる植物を総称してスイセンと呼んでいる。

狭義には、学名 Narcissus tazetta や、その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い。しかし、本記事では特に明記しない限り「スイセン」をスイセン属の総称の意味で用いる。日本語の漢字表記は「水仙」。

ソース: スイセン属 – https://ja.wikipedia.org

広告
北の丸公園 桜の木
北の丸公園 桜の木
広告
只今の気象 東京(北の丸公園)
只今の気象 東京(北の丸公園)

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

広告
気象観測露場
気象観測露場
広告
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡
旧陸軍 近衛歩兵第二連隊 跡
国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸
国民公園協会(一財)皇居外苑 ザ・フォレスト北の丸
広告
日本武道館
日本武道館

日本武道館

日本武道館(にほんぶどうかん)Nippon Budōkan)は、東京都千代田区北の丸公園2-3にある武道館。日本伝統の武道を普及奨励し、心身錬磨の大道場としての役割を担うことを設立趣旨とする。日本武道協議会加盟。武道以外の屋内競技場、多目的ホールとしても利用される。管理運営者は公益財団法人日本武道館。

ソース: 日本武道館 – https://ja.wikipedia.org

広告
日本武道館

日本武道館
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門
重要文化財 旧江戸城 田(た) 安(やす) 門(もん)
重要文化財 旧江戸城 田(た) 安(やす) 門(もん)

重要文化財

旧江戸城 () (やす) (もん)

昭和3667日指定

江戸城は、長禄元年(1457)に太田(すけ)(なが)道灌(どうかん))によって創られたとされる。

天正18年(1590)徳川家康の居城となり、文禄元年(1592)から大規模な改修が実施され、慶長12年(1607)に天守閣が、寛永13年(1636)に総構(そうがまえ)が完成し、大城郭としての形が整えられた。

その後、明暦3年(1657)をはじめ、数度の大火に見舞われものの、城郭の規模は幕末までほぼ維持された。

田安門は、北の丸北部に位置する枡形門(ますがたもん)であり、正面の高麗門(こうらいもん)と、その右手奥の櫓門(やぐらもん)からなる。

門の創建年代は明らかではないが、現在の門は高麗門の扉釣金具に残る刻銘から寛永13年に建てられたものであると考えられている。

しかし、櫓門の上部は破損のため大正末期から昭和初期にかけて撤去されていたものを、昭和3641年度の修理で復旧整備したものである。

田安門は、江戸城の総構完成当時に遡る現存唯一の建物であり、高い価値を有している。

広告
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門
旧江戸城 田安門

旧江戸城 田安門
広告
田安門から清水門を望む
田安門から清水門を望む
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目3‐2 三信ビル
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2丁目3‐2 三信ビル
広告
東京レジデンス
東京レジデンス
東京レジデンス

東京レジデンス
広告
東京しごとセンター
東京しごとセンター
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目4 外堀通り
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目4 外堀通り
広告
東京都 首都高速5号池袋線
東京都 首都高速5号池袋線
飯田橋職安前
飯田橋職安前
広告
小石川後楽園入口
小石川後楽園入口

小石川後楽園

小石川後楽園(こいしかわこうらくえん)は、東京都文京区後楽一丁目にある都立庭園。江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。

ソース: 小石川後楽園 – https://ja.wikipedia.org

広告
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目 都道434号線
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目 都道434号線
広告
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目7‐22
〒112-0004 東京都文京区後楽1丁目7‐22
春日局之像
春日局之像
広告
富坂
富坂
富(とみ) 坂(さか)
富(とみ) 坂(さか)

(とみ) (さか)

「とび坂は小石川水戸宰相光圀(みとさいしょうみつくに)(きょう)の御屋敷のうしろ、えさし町より春日殿町へ下る坂、元は此処に(とび)多して女(わらべ)の手たる(さかな)をも舞下りてとる故とび坂と云う」と『柴一本』にある。鳶が多くいたので、鳶坂、転じて富坂となった。

また、春日町交差点の谷(二ヶ谷)をはさんで、東西に坂がまたがって飛んでいるため飛坂ともいわれた。そして、伝通院の方を西富坂、本郷の方を東富坂ともいう。

都内に多くのある坂名の一つである。

この近く礫川( こいしかわ)小学校裏にあった「いるは館」に島木赤彦(しまきあかひこ)が下宿し、“アララギ”の編集にあたっていた。

「富坂の冬木の上の星月夜
いたくふけたりわれのかへりは」

島木赤彦(本名 久保田俊彦 18761926

―郷土愛をはぐくむ文化財―

文京区教育委員会

広告
富坂上交差点
富坂上交差点
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目5‐8
〒112-0003 東京都文京区春日1丁目5‐8
広告
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院
広告
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院 梅花
北野神社(牛天神)~牛坂~常泉院 梅花
北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神) 御 由 緒 書
北野神社(牛天神) 御 由 緒 書

北野神社(牛天神)

御 由 緒 書

御社名 北野神社(牛天神)

御祭神 菅原道道真公

御例祭 525

当社は寿永3年の春、右大将 源頼朝卿東国追討の時、此処の入江の松に船を繋ぎ和波を待つ、その間夢に菅神牛に乗りて現はれ、頼朝卿に二つの幸のあらんことを告げ、武運満足の後は、必らずや

社を営み報ゆべしと託し給ふ、頼朝卿夢覚めて傍を見れば、一っの岩石ありて夢の中に菅神の乗り給ひし、牛に似たり衣りて是を奇異とせしんが、果たして同年の秋頼家卿誕生あり、更に翌年には動かず。

して、平家を悉く退け国を鎮定せり、その報謇として此処に、御神を勧請ありて御神領等を寄進す、因て御創立はこの年、元暦元年なり、と云ふ。

御来社 太田神社(芸能の神)

高木神社(五穀の神)

 

広告
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
広告
北野神社(牛天神)

北野神社(牛天神)
牛天神下交差点
牛天神下交差点
広告
牛込橋
牛込橋
牛 込 橋
牛 込 橋

牛 込 橋

この橋は、「牛込橋」といいます。

『御府内備考』によれば、江戸城から牛込への出口にあたる牛込見附(牛込御門)の一部をなす橋で、「牛込口」とも呼ばれた重要な交通路でした。

また、現在の外堀になっている一帯は堀が開かれる前は広大な草原で、その両側は「番町方」(千代田区側)と牛込方(新宿区側)と呼ばれてたくさんの武家屋敷が建ち並んでいたと伝えられています。

最初の橋は、寛永131636)年に外堀が開かれた時に阿波徳島藩主の蜂須賀忠英によって造られましたが、その後の災害や老朽化によって何度も架け替えられています。

現在の橋は、平成83月に完成したもので、長さ46メートル、幅15メートルの鋼橋てす。

平成83

出典:千代田区教育委員会

広告
東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮

御祭神

天照皇大神・豊受大神を主祭神とする。天之御中主神・高御産巣日神・神御産巣日神・倭比売命を相殿に祀る。

歴史

明治5年(1872年)に開設された神宮司庁東京出張所(伊勢神宮の事務機関である神宮司庁と、東京の教部省との連絡のための出張所)には、明治天皇の勅裁を仰ぎ伊勢神宮の分霊が祀られていた。翌年、その構内に東京神宮教会(伊勢神宮の教導機関である神宮教院の東京支部)が開設された。

両所にあった神殿を継承して、明治13年(1880年)4月17日、有楽町の大隈重信邸跡に落成した皇大神宮遙拝殿が当社の起源である。

これは、当時の明治政府が目指していた祭政一致・大教宣布の一環として作られたものであった。

本神社落成時、通りを隔てて中山忠能邸があり、前年12月7日より明宮(はるのみや)嘉仁(よしひと)親王(明治天皇第三皇子、後の大正天皇)が生活していた。

4月25日、明宮親王(当時2歳)は中山忠能・中山慶子(明治天皇生母)・正親町実徳・柳原愛子(明宮親王生母)等と共に日比谷皇大神宮を私的に参拝した。

なお中山忠能邸には、病弱だった明宮親王の健康を祈り、出雲大社より大国主の分霊も祀られていた。

明治15年(1882年)1月、明治政府の方針転換により神社と宗教活動は分離することとなり、伊勢神宮でも神宮司庁と神宮教院を分離することとなった。皇大神宮遙拝殿は神宮教院に属することになった。同年5月、神宮教院が神道神宮派に改称する際に、当社も大神宮祠と改称した。

一般には、所在地名から日比谷大神宮や、日比谷皇大神宮と呼ばれていた。

明治18年(1885年)3月23日、明宮親王(7歳)は有楽町の中山忠能邸から赤坂御用地青山御用邸内に新造された明宮御殿(花御殿)に移転した。その後も幾度か中山忠能邸を訪問したが、そのたびに日比谷皇大神宮に参拝している。

明治32年(1899年)9月、神道神宮派が解散して新たに神宮奉斎会が作られ、当社は神宮奉斎会本院と改称し、神宮奉斎会の本部機関となった。尚、三重県宇治山田市(現・伊勢市)には神宮教院大本部が置かれていた。大正12年(1923年)の関東大震災で社殿を焼失する。昭和3年(1928年)、現在地に再建・遷座して、以降は飯田橋大神宮と呼ばれるようになった。上述のように、第二次大戦以前は神社という形ではなかったので、社格の指定はない。ゆえに氏子地域も存在しない(当社所在地は築土神社の氏子地域にあたる。)。

第二次世界大戦後の昭和21年(1946年)4月、宗教法人東京大神宮として再発足した。

「日比谷大神宮での結婚式」

日比谷大神宮は明治13年(1880)、有楽町の大隈重信邸跡に落成した、皇大神宮遙拝殿を起源とする。32年(1899)、神宮奉齋会本院と改称。神前結婚式の創設と普及活動を行い、現在の「神前式」の基礎を築いた。関東大震災後は飯田橋大神宮とも呼ばれ、戦後は宗教法人東京大神宮として再発足した。「日比谷大神宮の御神前にて結婚之式を挙る追々に行る是も東京名物之一なるべし」と記載あり。屠蘇飾り(雄蝶と雌蝶の折紙)の絵あり。「東京市麹町區有樂町三丁目2番地 神宮奉齋會本院」 と記された紙片が書き写されている。 —清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「日比谷大神宮での結婚式」より抜粋

ソース: 東京大神宮 – https://ja.wikipedia.org

広告
東京大神宮

東京大神宮
広告
東京大神宮

東京大神宮
東京大神宮

東京大神宮
広告
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1

〒102-0071 東京都千代田区富士見1丁目1‐1
広告
東京都千代田区 目白通り
東京都千代田区 目白通り

千代田区役所(スタート)→清水門→気象観測露場→北の丸公園→北の丸公園 レストラン→東京国立近代美術館前→竹橋交差点→帯曲輪門→皇居東御苑 梅林坂→桃華楽堂(皇居東御苑)→大嘗宮→皇居東御苑 本丸跡→江戸城大手門(皇居東御苑)→和田倉噴水公園→千代田区立スポーツセンター(ゴール)

2月度JWAのウオーキング教室

広告
千代田区役所前
千代田区役所前
千代田区観光協会前
千代田区観光協会前
広告
清水門から日本武道館を望む
清水門から日本武道館を望む
清水門に向かう
清水門に向かう
広告
清水門
清水門
清水門内の梅花
清水門内の梅花
広告
シナマンサク の 花
シナマンサク の 花

シナマンサク

支那満作

マンサク科マンサク属

分布

日本(中国地方~四国)

シナマンサク の 花

シナマンサク の 花
広告
カンザクラ
カンザクラ

カンザクラ

( 寒 桜 )

花期 二月から三月中旬頃

花      淡紅色

カンザクラ

カンザクラ
広告
カンザクラ
カンザクラ
カンザクラ

カンザクラ
広告
サルスベリ
サルスベリ

サルスベリ

花が美しく、耐病性もあり、必要以上に大きくならないため、しばしば好んで庭や公園などに植えられる。種子から栽培する「あすか」という一才物の矮性種もある。

和名は、幹の肥大成長に伴って古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新していくことによる(樹皮の更新様式や感触の似たナツツバキやリョウブをサルスベリと呼ぶ地方もある)。つまり、猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑と表記することもある(実際には猿は滑ることなく簡単に上ってしまう)。

 

英語名 Crape myrtle は、ギンバイカ(myrtle)の花に似て、花弁がちりめん(crape)のように縮れていることから。

中国では、唐代長安の紫微(宮廷)に多く植えられたため、紫薇と呼ばれるが、比較的長い間紅色の花が咲いていることから、百日紅ともいう。江蘇省徐州市、湖北省襄陽市、四川省自貢市、台湾基隆市などで市花とされている。

ソース: サルスベリ – https://ja.wikipedia.org


広告
サクラ
サクラ
これ何の木?
これ何の木?
これ 何の木?
これ 何の木?
広告
これ何の木?
これ何の木?
これ何の木?
これ何の木?
広告
只今の気象 東京(北の丸公園)
只今の気象 東京(北の丸公園)

北の丸公園露場

ここでは、気温、湿度、気圧、降水量、感雨(降水の有無)、積雪の深さを観測します。

このような気象観測を行う場所を露場(ろじょう)と呼びます。

重要な気象観測を行っていますので、許可なくこの中に入らないで下さい。

出典:東京管区気象台

これ何の木?
これ何の木?
広告
気象庁 北の丸公園
気象庁 北の丸公園
気象観測露場
気象観測露場
広告



東京国立近代美術館前
東京国立近代美術館前
広告
竹橋交差点
竹橋交差点
竹橋交差点
竹橋交差点
広告
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1‐1‐1
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1‐1‐1
帯曲輪門
帯曲輪門

帯曲(おびくる)輪門(わもん)不浄門(ふじょうもん)

大手門が正門であるのに対して、この門は、御殿に勤めていた奥女中などの通用門として使用されていました。大手門と同様、厳重な防御の構造になっています。また、城内で罪人や死人が出るとこの門から出されたといわれています。小さな脇門は、平川豪の中に伸びた、「帯曲(おびくる)()」と呼ばれる細長い渡り堤につながっています。

広告
帯曲輪門

帯曲輪門
帯曲輪門

帯曲輪門
広告
皇居東御苑と天皇皇后両陛下
皇居東御苑と天皇皇后両陛下

皇居東御苑と天皇皇后両陛下

皇居東御苑と天皇皇后両陛下
皇居東御苑と天皇皇后両陛下
ヒレナガニシキゴイ 二の丸池
① ヒレナガニシキゴイ② 二の丸池
天皇陛下のご発案により、インドネシアのヒレナガゴイと日本のニシキゴイを交配して生まれたものです。平成3年(1991)と平成24年(2012)に、両陛下が御放流になりました。都市化が進むにつれて池や沼が埋められ、かつては普通に見られた水生植物を見る機会が少なくなりました。ここには、ヒツジグサや御所の池から移植したコウホネなど4種類の水生植物が植えられています。
新雑木林 はるかのひまわり
③ 新雑木林④ はるかのひまわり
平成14年(2002)に雑木林を拡張しました。小さな流れを作り、野鳥や昆虫の好む木を植え、御所近くから季節毎に楽しめる様々な野鳥を移植しました。大震災で亡くなったはるかという名前の神戸の小学生の家の跡
に、人々を勇気づけるように咲いたことからそうよばれるようになったひまわりを全国に広げる活動の中で、両陛下にも種が献上され、御所で毎年大切にお育てになっています。そこで採れた種から育てているものです。
竹林 ヨーロッパアカマツ
⑤ 竹林⑥ ヨーロッパアカマツ
「お印」の「若竹」にちなみ、昭和天皇の御所にはいろいろな竹が植えられていました。珍しい竹を多くの人が見られるようにとの天皇陛下のお考えで、平成8年(1996)にそこから13種類の竹を移植しました。平成20年(2008)に国賓として来日されたスペイン国国王王妃両陛下から天皇皇后両陛下に贈られたものです。両陛下がお手植えになりました。
バラ園フローレンス・ナイチンゲール
⑦ バラ園⑧ フローレンス・ナイチンゲール
日本や中国の野生のバラが植えられています。多くは御所近くのお庭から移植したものです。フローレンス・ナイチンゲール国際基金発足75周年を記念して作られたバラが献上され、両陛下が平成21年(2009)にお手植えになりました。
果術古品種園
⑨ 果術古品種園
江戸時代にはよく作られていたものの、品種改良が進んだために、今ではほとんどが顧みられなくなった果樹を集めました。平成20年(2008)から植えられ、両陛下もお手植えになりました。
皇居東御苑と天皇皇后両陛下
皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図

皇居東御苑 案内図

皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
広告
ツバキ
ツバキ
皇居東御苑内
皇居東御苑内
広告
皇居東御苑内

皇居東御苑内
皇居東御苑内

皇居東御苑内
広告
皇居東御苑内

皇居東御苑内
皇居東御苑内

皇居東御苑内
広告
皇居東御苑内

皇居東御苑内
皇居東御苑内

皇居東御苑内
広告
皇居東御苑内

皇居東御苑内
皇居東御苑内

皇居東御苑内
広告
皇居東御苑 梅林坂
皇居東御苑 梅林坂
梅 林 坂
梅 林 坂

梅 林 坂

この地に最初に城を築いた太田道灌が、このあたりに天神社をまつり、数百株の梅を植えたこたから「梅林坂」の名が付いたといわれています。

現在は約70本の紅白の梅が植えられており。

12月末から2月まで花が楽しめます。

広告
皇居東御苑 梅林坂

皇居東御苑 梅林坂
皇居東御苑内
皇居東御苑内
広告
桃華楽堂(皇居東御苑)
桃華楽堂(皇居東御苑)
桃華楽堂(皇居東御苑)

桃華楽堂(皇居東御苑)
桃(とう)華(か)楽堂(がくどう)(皇居東御苑)
桃(とう)華(か)楽堂(がくどう)(皇居東御苑)

桃 華 楽 堂

香淳皇后の還暦を記念して建てられ、香淳皇后のお印の「桃」にちなんで命名された音楽堂で、昭和41年(1966年)に完成しました。

屋根はデッセンの花紅を(かたど)り、八つある壁面は、各面とも大きく羽ばたく鳥を中央に、それぞれ日月星、松竹梅、楽の音などをイメージした図柄が陶片で描かれています。

 

広告
皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図

皇居東御苑 案内図

皇居東御苑 案内図
皇居東御苑 案内図
大嘗宮
大嘗宮
大(だい) 嘗(しょう) 宮(きゅう)
大(だい) 嘗(しょう) 宮(きゅう)

(だい) (しょう) (きゅう)

大嘗宮は、大嘗祭を行うために特別に設営されます。

大嘗祭は、皇位の継承があったときは、必ず挙行すべきものとされ、皇室の長い伝統を受け継いだ、皇位継承に伴う一世に一度の重要な儀式であり、天皇陛下が御即位の後、大嘗宮において()()地方(ちほう)及び主基(すき)地方(ちほう)の新穀を皇祖及び天神地紙(てんじんちぎ)に供えられ、自らもお召し上がりになり、皇祖及び天神地紙に対し、安寧と五穀豊穣などを祈念される儀式です。

この大嘗祭の中心的儀式である大嘗宮の儀は、悠紀殿供饌の儀と主基殿供饌の儀から成ります。

平成2年の大嘗祭においては、悠紀地方として秋田県、主基地方として大分県が定められ、皇居東御苑の芝地に、悠紀殿、主基殿(かい)(りゅう)殿(でん)の殿舎を中心に、それに関連する建物や参列者幄舎(とばりしゃ)など大小30余の建物が設営され、1122日の夕方から夜にかけて悠紀殿供饌の儀が、翌23日の曉前に主基殿供饌の儀が行われました。

この模型は、その際の大嘗宮を75分の1に縮小したものです。

 

主要施設概要

()()殿(でん) :悠紀殿供饌の儀が行われた建物です。
主基(すき)殿(でん)
:主基殿供饌の儀が行われた建物です。

(かい)(りゅう)殿(でん) :大嘗宮の儀に先立ち、天皇陛下及び皇后陛下が御潔斎やお召替えをされた建物です。

(ちょう) 殿(でん) :皇后陛下が御拝礼をされた建物です。

小忌幄舎(おみあくしゃ) :天皇陛下に供奉された皇太子殿下及び各親王殿下が着床され、随従の諸員が着床した建物です。

殿外小忌幄舎(でんがいおみあくしゃ) :皇后陛下に供奉された各親王妃殿下及び内親王殿下が着床され、随従の諸員が着床した建物です。

(かしお) () :悠紀地方、主基殿地方の新穀などをもって、神饌を調理した建物です。

(さい) () :悠紀地方、主基殿地方の新穀及び庭積の机代物を納めた建物です。

(あく) (しゃ) :総理大臣をはじめとする国内の代表、約700名の参列者が着床した建物です。

広告
皇居東御苑 本丸跡
皇居東御苑 本丸跡
広告
皇居東御苑 本丸跡
皇居東御苑 本丸跡
広告
江戸城大手門(皇居東御苑)
江戸城大手門(皇居東御苑)
江戸城大手門(皇居東御苑)

江戸城大手門(皇居東御苑)

江戸城 三ノ丸大手門

大手門は江戸城の正門で、諸大名がこの門から登城しました。大小2つの門に囲まれた枡形は、侵入する敵を阻止・攻撃し易い構造になっております。大き方の門は、昭和20年(1945年)4月の空爆で焼失し、昭和42年(1967年)に復元されました。焼失前の門の屋根に飾られていた鯱には、頭部に「明暦三丁酉」(1657年)と刻まれています。この明暦3年には、江戸城の多くの建物が焼失した明暦の大火が起きており、鯱は、大火の後、江戸城再建時に製作されたものと考えられます。

広告
江戸城大手門(皇居東御苑)

江戸城大手門(皇居東御苑)
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目1 内堀通り
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目1 内堀通り
広告


広告