与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)→大原地下道→スクランブル信号→上木崎4丁目交差点→浦和西高校入口交差点→埼玉県立浦和西高等学校→正樹院橋→木崎橋→足袋屋橋→大道橋→北宿橋→浦和博物館→米原橋→船戸橋→鳥居→氷川女体神社→見沼氷川公園→神明橋→松芝公園→青いトタン塀→ヤマダ電機→島忠→中尾陸橋下交差点→花月(北)交差点→駒場運動公園→駒場運動公園交差点→本太坂下交差点→浦和駅東口(北)交差点→浦和口東口入口交差点→浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

7月10日
イヤーラウンドコースを歩こう
Dコース(新都心とふる里コース) 14km 埼玉ウオーキング協会

広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
大原地下道
大原地下道
広告
大原地下道
大原地下道
スクランブル信号
スクランブル信号
広告
クオール薬局上木崎店 周辺
クオール薬局上木崎店 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
広告
上木崎4丁目交差点
上木崎4丁目交差点
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
広告
浦和西高校入口交差点
浦和西高校入口交差点
埼玉県立浦和西高等学校
埼玉県立浦和西高等学校

埼玉県立浦和西高等学校

埼玉(さいたま)県立(けんりつ)浦和西(うらわにし)高等学校(こうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市浦和区木崎三丁目にある公立高等学校。通称は「西高(にしこう)」。全日制課程に普通科を設置している。県内公立校としては数少ない私服校。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
正樹院橋
正樹院橋
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告

見沼代用水西縁

見沼代用水西縁は埼玉県上尾市の瓦葺伏越付近にある西縁と東縁の分水点から、さいたま市を経て川口市の川口市大字小谷場元西福寺前分水口(芝分水口)までを流れる用水路である。途中、さいたま市大宮区大原で荒川連絡水道専用水路を、さいたま市大宮区北袋町で高沼用水路を、川口市柳崎で六ヶ村用水を、川口市芝西で戸田用水[1]を分水する。また、さいたま市北区本郷町で芝川が、川口市芝で藤右衛門川を伏越で立体交差する。流路は芝川が大宮台地を侵食した解析谷の縁に沿って頻繁に蛇行して流れている。また、八丁堤付近までは芝川が左岸側に平行して流れる。さいたま市見沼区東大宮付近の大宮台地を横断する区間は、開削が深く危険なため暗渠に改められ、その上部に親水公園が整備された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道

ヤブカンゾウ(藪萱草)

日本の夏らしい花を咲かせる

夏の盛りに咲く明るいオレンジ色の花は、信州の人里ではどこでも見掛ける。 八重の花は豪華で、いかにも日本の夏にマッチしているような印象を持つが、実際は中国原産のユリ科の植物である。

基本種の花弁が一重のホンカンゾウは栽培種で、おもに庭に植えられるが、ヤブカンゾウのほうが普通である。

ヤブカンゾウの花は切り取って花瓶に飾っておいても、翌日には萎んでしまうので、切り花には向かない。

ちなみに、日本に渡来したヤブカンゾウは、三倍体のため結実しない。

同じく、中国から渡来したヒガンバナも三倍体で結実しないが、いずれも根茎や球根の移植で繁殖する。

出典:日野製薬()

 

広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
広告
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院

さいたま市立病院

さいたま市立病院は埼玉県さいたま市緑区三室にある医療機関。埼玉県災害拠点病院となっている。老朽化にともない2017年から病棟の全面的な建て替えに着手し、20191229日に新しい病棟で開院、202016日から外来診療を開始した。

浦和市によって運営されていた浦和市立病院が前身で、市内唯一の公立病院となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼たんぼ周辺案内
見沼たんぼ周辺案内
広告
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場

み む ろ 桜 広 場

この広場は、誰もが自由に気軽に利用できる広場です。

レクリエーション・憩いの場として、思いやりと譲り合いで、

みんなが楽しめる広場にしましょう。

以下の注意事項を守って仲良く利用しましょう。

●ゴミや空き缶は、持ち帰りましょう。

●たき火や花火など危険な遊びはやめましょう。

●キャッチボールやバトミントンなどを行うときは、

他の人にけがをさせないよう、自己責任のもと、

お互いの安全に気をつけて利用しましょう。

●その他、マナーを守って利用しましょう。

出典:さいたま市

 

 

広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場
広告
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
広告
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
広告
氷川女體神社
氷川女體神社

武藏國一之宮 氷川女體神社

氷川女体神社は、埼玉県さいたま市緑区にある神社。登記上の宗教法人名称は旧字体の氷川女體神社である。武蔵国一宮を称する。全国一の宮会加盟社。旧社格は郷社。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
氷川女体神社の文化財
氷川女体神社の文化財

氷川女体神社の文化財

三鱗文兵庫鎖太刀氷川女体神社神輿
牡丹文瓶子紙本墨書大般若波羅蜜多経
氷川女体神社の文化財

氷川(ひかわ)女体(にょたい)神社(じんじゃ)は、見沼低地を見おろす台地上にあり、武蔵(むさし)(のくに)一宮(いちのみや)と称されてきた古社である。古くから支配者の尊崇があつく、中世を中心にそれらに関する文化財も多い。

鎌倉時代代金工品の優品として(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)がある。帯執(おびと)りが針金で編んだ鎖となっている太刀を兵庫鎖太刀と呼び、多く寺社奉納に使われた。この太刀も刀身は鉄の延板で奉納用として作られたことが知られる。全面に三鱗文が施されている。社伝では北条(ほうじょう)(やす)(とき)の奉納と伝える。古社宝類のうち飾鉾には正応6年(1293)、佐伯弘の刻銘がある。

紙本(しほん)墨書(ぼくしょ)大般若波(だいはんにゃは)()(みつ)多経(たきょう)は、本来6百巻からなる経典であり、そのうち初めの4百巻は、正慶2年(元弘3年~1333)から暦応元年(1338)にかけて、僧(しょう)(そん)が河越氏一族繁栄のために社経し、2百巻は川越中院(なかいん)の僧らによって補写された。戦国時代に岩付(いわつき)城主太田(おおた)氏一族繁栄のため中院の奝藝(ちょうげい)がこれを真読しており、その識語(しきご)は注目されている。なお、(きょう)(びつ)三合、請箱(うけばこ)三十三口は(つけたり)指定。

牡丹(ぼたん)(もん)瓶子(へいし)一対二口は、15世紀美濃地方の作とされ、(かつ)()文で、中国の染付(そめつけ)(せい)())の文様をよく写している。御船(みふね)(まつり)祭具の一つ。神與(しんよ)も御船祭に用いられたもので(ながえ)がない。漆塗り、金銅金具付きである。桃山時代の作とされるすぐれた漆工芸品である。

古代ないし中世に属する文化財として、古社宝類中、古鈴(これい)三箇、

(てつ)(ぞく)三本、(とり)魚形祭具(うおがたざいぐ)四軀、男神像一軀、二枚(にまい)(どう)具足(ぐそく)一具、鋳銅馬(ちゅうどううま)一軀などがある。

後北条(ごほうじょう)氏の文書として大永4年(1524)の北条(うじ)(つな)制札(せいさつ)三室(みむろ)之郷あて)と元亀3年(1572)の北条氏印判状(いんばんじょう)(女体宮神主あて)がある。天正19年(1591)、徳川(とくがわ)家康(いえやす)は、この神社に五十石の社領を寄進し、歴代将軍も継目(つぎめ)安堵(あんど)の朱印状を発した。

なお、本殿は、寛文6年(1666)に徳川(いえ)(つな)(四代将軍)が再興。奉行として(おし)城主阿部(あべ)(ただ)(あき)が携わった。

出典:埼玉県教育委員会

浦和市教育委員会

氷川女体神社

広告
さいたま竜神まつり会
さいたま竜神まつり会

竜 神 社

 

この竜神社には、さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座(おわ)します。かつて広大な沼であった見沼の(ほとり)のここ武蔵一宮氷川女體神社には、長年に亘り、神輿を乗せた船を沼の最も深い所に繰り出し、沼の主である竜神様を祭る祭祠『御船(みふ)()』を執り行ってまいりました。享保12年(1727)八代将軍吉宗公の政策で見沼は干拓され、「見沼田んぼ」となってからこのお祭りは『()(わふ)()』として今尚続けられております。遺跡によれば磐船祭は14世紀から行われていたとも推定されます。

世界最古の閘門(こうもん)式運河ともいわれる見沼通船堀など、見沼には数々の歴史財産が秘められております。見沼を中心としてさいたま市内に点在する数多くの竜神伝説もその一つと言えます。

見沼代用水と見沼代用水から西へと引いた高沼用水、その二つの灌漑用水で田畑を耕す地域と見沼に関わる地域はほぼさいたま市全域に及んでいます。

さいたま竜神まつり会は『文化と歴史を活かした誇りのもてるまちづくり』を目的として平成13年(20015月に約50mの巨大な昇天竜を製作し『竜神まつり』を開催致しました。

出典:さいたま竜神まつり会

広告
氷川女體神社社殿 一棟
氷川女體神社社殿 一棟

埼玉県指定有形文化財(建造物)

氷川女體(ひかわにょたい)神社(じんじゃ)社殿(しゃでん) 一棟

付 寛文7年銘棟札 1

平成19316日指定

氷川神社女體神社は、武蔵国一宮と称され、また、古来より御船祭を行う神社として知られています。中世以降は、武家の崇敬が厚く、当社所属の(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)(県指定有形文化財)は鎌倉幕府執権北条泰時の奉納と伝えられ、戦国時代には岩付(いわつき)太田氏や小田原北条氏の庇護(ひご)を受けていました。江戸時代になると、徳川幕府から社領として50石の地を寄進されました。また、当社の残る寛文7年(1667)銘の(むな)(ふだ)等により、本殿は江戸幕府四代将軍徳川家綱が再興したものであることが明らかとなっています。

社殿は本殿と拝殿(はいでん)(へい)殿(でん)でつなぐ複合社殿で、権現造(ごんげんづくり)の形式となっています。本殿は三間社流造(さんげんしゃながれづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面二間(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面五間(9.46m)、側面二間(4.57m)です。さらに向拝がつき、その向拝には千鳥(ちどり)波風(はふ)及び(から)波風(はふ)がついています。

平成23年・24年には社殿修理が行われ、屋根が(こけら)()きの時期があったことがわかりました。

この社殿は、埼玉県における代表的な神社本殿建築様式を伝える建造物であるとして、平成19年に埼玉県の有形文化財に指定されました。

出典:さいたま市

文化財保護課

みどり推進課

広告
氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社

三室 氷川女體神社 さいたま市緑区宮本鎮座

当社は崇神天皇の御代に、出雲杵築大社を勧請した古社で、武蔵国一宮として見沼のほとりに鎮座している。

主祭神は(くし)稲田(いだ)(ひめの)(みこと)で、大己(おおなむ)(ちの)(みこと)()穂津(ほつ)(ひめ)(みこと)配祀(はいし)している。

当社の御手洗瀬である見沼を囲み、大宮氷川神社(男体社)大宮中川の中山神社(()王子社)とともに、三社深い関係にあり、「三室」を伝えてきた。

古代。女神を(まつ)るところや、社殿が東方に向いているなど、その創立の古さと由緒を忍ばせている。

中世以来。部門の崇敬を集めており、これらにゆかりのある宝物も多い。徳川家康からは社領50石を寄進され、また、徳川家綱によって現存する社殿も建てられた。

古来からの御船遊(みふねあそび)神事は、見沼干拓後、(いわ)(ふね)祭として行われ、その遺跡が現存している。

また、暖地性植物の繁栄する(しゃ)(そう)は天然記念物であり、ふるさとの森にも指定されている。

広告
氷川女體神社の道標
氷川女體神社の道標

武蔵国一宮

氷川女體神社の道標(みちしるべ)

もともと、赤山道沿い大間木水深(みずぶか)(浦和)の他にあった、この石碑には「武蔵国一宮」「女體宮道」とあって、幕末の弘化2年(1845)に当社への道しるべとして赤山街道に面して建立されたものです。

また、当社から北西約400mの住宅地の中には石造の鳥居がありますが、これは安政2年(1855)に、馬場方面から参詣する人たちの便を考えて、大門宿の石工に作らせ、氏子たちが奉納したものです。

幕末の頃に相次いで建てられたこの石碑や鳥居は、建立する必要に迫られるほど、当社への参詣客は非常に多く、篤い信仰を得ていたことを物語る貴重な資料となっています。

広告
氷川女體神社 鳥居
氷川女體神社 鳥居
氷川女體橋
氷川女體橋
広告
氷川女體橋から見沼代用水西縁
氷川女體橋から見沼代用水西縁
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
広告
案山子の唱歌
案山子の唱歌

案 山 子

 

武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子

春彦書

広告
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池

見沼氷川公園

氷川女体神社の眼下に作られた公園です。

園内にあるハーブ園には、ラベンダーやミントなどのハーブが植えられています。

良い香りがほのかに漂う憩いの空間は、人気のスポットになっています。

また、この付近は唱歌「案山子」の発祥地といわれているため、公園の入り口には記念のモニュメントも設置されています。

出典:公益財団法人さいたま市公園緑地協会

広告
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
広告
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場


広告
見沼氷川公園 案内板
見沼氷川公園 案内板
広告
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
広告
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
あんしんホーム浦和芝原 周辺
あんしんホーム浦和芝原 周辺
広告
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
広告
Central BMW さいたま東営業所
Central BMW さいたま東営業所
すたみな太郎 東浦和店 周辺
すたみな太郎 東浦和店 周辺
広告
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
広告
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
広告
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
広告
駒場運動公園 周辺
駒場運動公園 周辺

駒場運動公園

駒場運動公園は、埼玉県さいたま市浦和区にある運動公園。日本プロサッカーJ1リーグ規格の競技場である浦和駒場スタジアムが所在している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園 案内図
駒場運動公園 案内図
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園 環
駒場運動公園 環
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
本太坂下交差点
本太坂下交差点
広告
本太坂下交差点
本太坂下交差点
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
広告
内田屋煎餅店 周辺
内田屋煎餅店 周辺
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
広告
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
広告
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
浦和口東口入口交差点
浦和口東口入口交差点
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

浦和駅東口パルコ前広場(スタート)→浦和駅東口入口→浦和駅東口(北)→本太坂下(バス)→駒場運動公園→花月(北)→中尾陸橋下→松芝公園→神明橋→見沼氷川公園→船戸橋 見沼代用水→米原橋 見沼代用水→さいたま市立浦和博物館→大道橋 見沼代用水→足袋屋橋 見沼代用水→木崎橋 見沼代用水→正樹院橋 見沼代用水→上木崎4丁目→大原地下道→与野駅東口(ゴール)

3月14日
YRコースを歩こう・新都心とふる里コース・14km・7km
埼玉県ウオーキング協会

広告
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
広告
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
広告
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
広告
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町6 東仲町自治会集会所
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町6 東仲町自治会集会所
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目 国道463号線
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目 国道463号線
広告
本太坂下(バス)
本太坂下(バス)
駒場運動公園交差点
駒場運動公園交差点
広告
駒場運動公園
駒場運動公園

駒場運動公園

駒場運動公園(こまばうんどうこうえん)は、埼玉県さいたま市浦和区にある運動公園。日本プロサッカーJ1リーグ規格の競技場である浦和駒場スタジアムが所在している。

ソース: 駒場運動公園 – https://ja.wikipedia.org

 

駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2丁目22 国道463号線
〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2丁目22 国道463号線
広告
花月(北)交差点
花月(北)交差点
〒336-0932 埼玉県さいたま市緑区中尾 国道463号線
〒336-0932 埼玉県さいたま市緑区中尾 国道463号線
広告
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目34‐13
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目34‐13
広告
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目36‐23.
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目36‐23.
見沼氷川公園
見沼氷川公園

見沼氷川公園

氷川女体神社の眼下に作られた公園です。

園内にあるハーブ園には、ラベンダーやミントなどのハーブが植えられています。

良い香りがほのかに漂う憩いの空間は、人気のスポットになっています。

また、この付近は唱歌「案山子」の発祥地といわれているため、公園の入り口には記念のモニュメントも設置されています。

出典:公益財団法人さいたま市公園緑地協会

広告
見沼氷川公園案内板
見沼氷川公園案内板

見沼氷川公園案内板

見沼氷川公園案内板
見沼氷川公園案内板
広告
見沼氷川公園 案山子
見沼氷川公園 案山子
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
案 山 子
 
武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子
春彦書
広告

見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目19‐19
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目19‐19
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目25‐12
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目25‐12
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
見沼(みぬま)田圃(たんぼ)の見所案内(氷川女體神社付近)
見沼(みぬま)田圃(たんぼ)の見所案内(氷川女體神社付近)

見沼(みぬま)田圃(たんぼ)の見所案内(氷川女體神社付近)

見沼(みぬま)田圃(たんぼ)の見所案内(氷川女體神社付近)
見沼(みぬま)田圃(たんぼ)の見所案内(氷川女體神社付近)
広告
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場2丁目5‐41
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場2丁目5‐41


広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場
みむろ桜広場
みむろ桜広場

み む ろ 桜 広 場

み む ろ 桜 広 場
み む ろ 桜 広 場

 この広場は、誰もが自由に気軽に利用できる広場です。

レクリエーション・憩いの場として、思いやりと譲り合いで、

みんなが楽しめる広場にしましょう。

以下の注意事項を守って仲良く利用しましょう。

     ●ゴミや空き缶は、持ち帰りましょう。

     ●たき火や花火など危険な遊びはやめましょう。

     ●キャッチボールやバトミントンなどを行うときは、

他の人にけがをさせないよう、自己責任のもと、

お互いの安全に気をつけて利用しましょう。

     ●その他、マナーを守って利用しましょう。

出典:さいたま市

広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
広告
山崎緑地
山崎緑地
〒336-0903 埼玉県さいたま市緑区山崎1丁目15‐16‐2
〒336-0903 埼玉県さいたま市緑区山崎1丁目15‐16‐2
広告
浦和御嶽神社
浦和御嶽神社
埼玉県立浦和西高等学校
埼玉県立浦和西高等学校
広告
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐23
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐23
与野駅東口交差点
与野駅東口交差点
広告
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 県道120号線
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 県道120号線
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1丁目2‐13 ネオスタンダード与野店
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1丁目2‐13 ネオスタンダード与野店
広告
与野駅
与野駅
与野駅
与野駅
広告

北原公園(スタート)→浦和競馬場前→上谷沼運動広場→明花公園→見沼通船堀公園→八丁橋→見沼みちくさ道路→川口自然公園→大崎公園→見沼大橋→みむろ桜広場→駒場運動公園→北原公園(ゴール)

YRコースを歩こう
・見沼通船掘と緑のヘルシーロード
・25km・8km
埼玉ウオーキング協会

広告
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
広告
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)

北原公園(スタート)
広告
北原公園(スタート)

北原公園(スタート)
JR線に沿って浦和方面に進む
JR線に沿って浦和方面に進む
広告
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1丁目6‐19
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1丁目6‐19
浦和競馬場前
浦和競馬場前

浦和競馬場

浦和競馬場(Urawa Racecourse)は、埼玉県さいたま市南区に所在する地方競馬の競馬場である。主催者は埼玉県浦和競馬組合(埼玉県とさいたま市で構成される一部事務組合)。SPAT4加盟競馬場。船橋競馬場、大井競馬場、川崎競馬場と共に南関東公営競馬を構成する。

ソース: 浦和競馬場 – https://ja.wikipedia.org

広告
浦和競馬場前

浦和競馬場前
JR武蔵野線に沿って東浦和方面に進む
JR武蔵野線に沿って東浦和方面に進む
広告
上谷沼運動広場
上谷沼運動広場
二十三夜交差点
二十三夜交差点
広告
二十三夜交差点

二十三夜交差点
〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪(大字)3016
〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪(大字)3016
広告
明花公園
明花公園
明花公園

明花公園

明花(みょうばな)公園(こうえん)

明花(みょうばな)公園(こうえん)
明花(みょうばな)公園(こうえん)
広告
明花公園

明花公園

うらわイーストシティ案内図

うらわイーストシティ案内図
うらわイーストシティ案内図
明花公園

明花公園
広告


〒333-0861 埼玉県川口市柳崎3丁目22‐2
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎3丁目22‐2
広告
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎4丁目8‐25
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎4丁目8‐25
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目3‐5
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目3‐5
広告
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目15‐9
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目15‐9
見沼通船堀公園
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園

概要

見沼通船堀と八丁堤の間に位置する。竹林に囲まれている。通船堀北側でも公園の拡張整備が計画されている。完了すると、隣接している大間木公園と一体化される。

ソース: 見沼通船堀公園 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
広告
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
八丁橋
八丁橋
広告
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田187‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田187‐4
広告
〒333-0821 埼玉県川口市東内野484‐5
〒333-0821 埼玉県川口市東内野484‐5
見沼みちくさ道路
見沼みちくさ道路

見沼みちくさ道路

見沼みちくさ道路
見沼みちくさ道路
広告
川口自然公園
川口自然公園
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮803
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮803
広告
大崎公園
大崎公園


広告
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1907
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1907
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2203
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2203
広告
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎22031
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎22031
見沼大橋
見沼大橋
広告
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目22‐1
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目22‐1
みむろ桜広場
みむろ桜広場
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐110
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐110
広告
〒336-0907 埼玉県さいたま市緑区道祖土4丁目26‐6
〒336-0907 埼玉県さいたま市緑区道祖土4丁目26‐6


広告
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目23‐10
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目23‐10

与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)→上木崎四丁目→見沼大用水西線→武蔵国一ノ宮氷川女體神社→見沼氷川公園→唱歌「案山子」発祥の地→駒場運動公園内→駒場運動公園→浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)(ゴール)

★ YRコースを歩こう・
新都心とふる里コース ★ 
埼玉ウオーキング協会

広告


与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口(JR京浜東北線)(スタート)
広告
上木崎四丁目
上木崎四丁目
上木崎四丁目
上木崎四丁目
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27‐2
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27‐2
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎6丁目28‐6
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎6丁目28‐6
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28‐28
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28‐28
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目6‐38
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目6‐38
広告
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎4丁目7‐
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎4丁目7‐
木崎4丁目保存緑地
木崎4丁目保存緑地
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室421‐2
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室421‐2
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室636‐80 市立さくら草特別支援学校
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室636‐80 市立さくら草特別支援学校
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3029
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3029
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5‐26
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5‐26
広告
武蔵国一ノ宮氷川女體神社
武蔵国一ノ宮氷川女體神社

武藏國一之宮 氷川女體神社

氷川女体神社は、埼玉県さいたま市緑区にある神社。登記上の宗教法人名称は旧字体の氷川女體神社である。武蔵国一宮を称する。全国一の宮会加盟社。旧社格は郷社。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

武蔵国一ノ宮氷川女體神社
武蔵国一ノ宮氷川女體神社
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園

見 沼 氷 川 公 園

見 沼 氷 川 公 園
見 沼 氷 川 公 園
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
広告
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地

案 山 子

 

                                  武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子
                                     
春彦書

広告
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
広告

浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)→駒場運動公園→駒場運動公園内→松芝公園→見沼氷川公園→氷川女体神社 鳥居→氷川女体神社→さいたま電神まつり→見沼大用水西線→与野駅東口(JR京浜東北線)

YRコースを歩こう
「新都心とふる里コース」

広告
浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)
浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)
駒場運動公園内
駒場運動公園内
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
見沼自然公園 桜.
見沼自然公園 桜.
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
氷川女体神社 鳥居
氷川女体神社 鳥居
広告
氷川女体神社
氷川女体神社
松芝公園道路側
松芝公園道路側
広告
松芝公園
松芝公園
さいたま電神まつり会
さいたま電神まつり会

この竜神社には、さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座します。

かつて広大な沼であった見沼の辺のここは武蔵一宮氷川女體神社には、長年に亘り、神輿を乗せた船を沼の最も深い所に繰り出し、沼の主である竜神様を祭る祭祀『御船祭』を執り行ってまいりました。享保十二年(1727)八代将軍吉宗公の政策で見沼は干拓され「見沼田んぼ」となってからこのお祭りは『磐船祭』として今尚続けられております。

遺跡によれば御船祭は十四世紀からおこなわれていたとも推定されます。

世界最古の閘門式運河ともいわれる見沼通船堀など、見沼には数々の歴史財産が秘められております。見沼を中心としてさいたま市内に点在する数多くの竜神伝説もその一つと言えます。見沼代用水から西へと引いた高沼用水、その二つの灌漑用水で田畑を耕す地域と見沼に関わる地域はほぼさいたま市全域に及んでいます。

さいたま竜神まつり会は『文化と歴史を活かした誇りのもてるまちづくり』を目的として平成十三年(2001)五月に約50mの巨大な昇天竜を製作し『竜神まつり』を開催致しました。

出典:さいたま竜神まつり会

広告
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
広告
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
与野駅東口(JR京浜東北線)
与野駅東口(JR京浜東北線)
広告