高尾山口駅(スタート)→西山峠→中沢山→大洞山→大垂水峠→学習の歩道→もみじ台→ケーブルカー高尾山駅(歩行距離:約13㎞)解散予定 15時00分頃

「南高尾山稜から高尾山へ」3月10日高尾・陣場ファンクラブハイキング

「南高尾山稜から高尾山へ」
3月19日高尾・陣場
ファンクラブハイキング

広告
大光寺
大光寺

正名山地蔵院 大光寺

宗派 真言宗 智山派系単立

ご本尊 北向き阿弥陀如来像

 

高尾の霊峰をはるかに眺め、幽玄なただずまいの中に屹立し、JR中央線と京王線が乗り入れ、多摩御陵と高尾山と霊園の昇降駅として有名な高尾駅の南に位置し、駅に一番近い寺院として有名で、弘法大師霊場「多摩四国八十八ケ所霊場第七十番札所」が、正名山地蔵院大光寺である。

本堂・庫裏・山門は寺院建築としては、珍しい北向きで、山門は両脇の素晴らしい松と調和して、一幅の絵を見るような、景観をつくり出している。

開基は元和元年(1615)高尾山薬王院、第九世源恵上人である。

源恵上人開山後、約百年後の1720年代の中興開山広雄上人より今日まで中興第15世を数える。

古文書によれば、およそ190年前、天明5年(17854月、中興第6世憲善上人によれば、「本堂畳、91畳」「境内に杉、さわら56千本余り」「備金百25両とある」。

大南院より5石、以下常憲院、有徳院、惇徳院、浚明院、文恭院、煩徳院、温恭院、昭徳院、明徳院、より9通の御朱印状と御朱印地を賜ったという往時の隆盛のさま、堂々たる伽藍のようすが覗われる。

明治5年(1882年)1121日夜11時頃出火し、本堂、庫裏等すべて焼失し、庫裏は清水次郎長の客分で、高尾出身の関東綱五郎の旧宅を移築し現在に至る。

本堂は明治34年(1901年)1014日に、高尾山薬王院第9世源恵上人(当山開基)の創建になる薬師堂と山門(現存)を、金百両高尾山に奉納し、移築し本堂として再興したが、老巧甚だしきため、昭和51年に地下一階客殿、地上一階本堂を新造再建した。

現、山主は開かれたお寺をと一般の皆様に開放し、仏事相談、人生相談、写経など仏様の教化に専念し、みなさまに喜ばれております。どうぞ、いつでもご来山ください。

出典:宗教法人 大光寺

広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM

みんなでSHAREするミュージアム

TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUMは、東京都八王子市高尾町にある市立自然史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
広告
甲州街道 高尾警察署 高尾下駐在所 周辺
甲州街道 高尾警察署 高尾下駐在所 周辺
甲州街道 坊ヶ谷戸公園 周辺
甲州街道 坊ヶ谷戸公園 周辺
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 甲州街道
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 甲州街道
高架 圏央道インターチェンジ
高架 圏央道インターチェンジ
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 甲州街道
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 甲州街道

ついに広域ネットワークが形成

高尾山IC

首都圏中央連絡自動車道(以下、圏央道)は、都心から半径約4060km内の横浜市・相模原市・川越市・つくば市・成田市・木更津市などの東京郊外の都市を結ぶ環状の自動車専用道路。20153月時点で総延長約300kmのうち約200kmが開通している。

2014628日、相模原愛川IC~高尾山IC(約14.8km4車線)が開通し、東名高速道路、中央自動車道、関越自動車道などの放射道路とを結ぶ広域ネットワークが形成された。このことで混雑緩和や災害時の道路ネットワークの強化、地域活性化の支援、各高速道路間の移動短縮などが期待されている。また201538日には寒川北IC~海老名JCT間も開通し、一般道を利用することなく都心から湘南エリアへ行くことができるようになった。

出典:MapFan

広告
梅の木橋
梅の木橋

ここは「関東ふれあいの道」の起終点梅の木平です

梅の木橋

関東ふれあいの道とは、関東一都6県をぐるりと一周する総延長

1,799㎞の長距離自然歩道のことで別名を首都圏自然歩道と言います。

東京都八王子市南浅川町の国道20号沿いの「梅の木平」を起終点に、高尾山・奥多摩・秩父・妙義山・大平山・筑波山・霞ヶ浦・九十九里浜・房総・三浦半島・丹沢などを結んでいます。

出典:環境省

広告
港屋園芸 周辺
港屋園芸 周辺
きふねばし
きふねばし

案内(あんない)(がわ)貴布祢(きふね)

広告
吉髙菊一稲荷神社
吉髙菊一稲荷神社

吉髙菊一稲荷神社

〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」

ザゼンソウ

 

仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされる。また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶ。

冷帯、および温帯山岳地の湿地に生育し、開花時期は1月下旬から3月中旬。開花する際に(にく)(すい)花序(かじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。開花後に大型の葉を成長させる。

ザゼンソウの発熱細胞には豊富にミトコンドリアが含まれていることが明らかになっている。しかしながら、発熱の詳細な分子メカニズムは、現在のところ分かっていない。動物における発熱には、「脱共役(だつきょうやく)タンパク質(たんぱくしつ)」が関わっていることが突き止められているが、このタンパク質は、発熱しない植物にも幅広く存在しており、ザゼンソウの発熱に関与しているかは不明である。

発熱時の悪臭と熱によって花粉を媒介する昆虫(訪花昆虫)であるハエ類をおびき寄せると考えられている。全草に悪臭があることから英語では Skunk(スカンク) Cabbage(キャベツ)の呼び名がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「ザゼンソウ」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
西山峠
西山峠
広告
←城山・大垂水峠 梅ノ木平・三沢峠→
←城山・大垂水峠 梅ノ木平・三沢峠→
←梅ノ木平 大垂水峠→
←梅ノ木平 大垂水峠→
広告
至 入沢山
至 入沢山
至 入沢山
至 入沢山
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井の「?」
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井の「?」
道志川・津久井湖
道志川・津久井湖
広告
道志川・津久井湖
道志川・津久井湖
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
広告
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳 慰霊碑
中沢山
中沢山
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
至 大垂水峠
至 大垂水峠

関東ふれあいの道 湖のみち

梅の木平からゆるい起伏のある都県境の尾根道を歩き、大垂水峠及び城山を通り高尾山口までのこの道は、首都圏自然歩道“湖の道”に指定されています。全工程約16.2㎞の間には、木々の間から津久井湖や相模湖を見おるし富士山の美しい景色も望めます。城山からは、“鳥の道”及び東海自然歩道と合流し高尾山へと進みます。

出典:環境省・東京都

広告
〒252-0101 神奈川県相模原市緑区千木良 大洞山
〒252-0101 神奈川県相模原市緑区千木良 大洞山
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
至 高尾山頂(湖のみち)
至 高尾山頂(湖のみち)
大垂水峠橋
大垂水峠橋

大垂水峠橋

広告
大垂水峠橋
大垂水峠橋
大垂水峠 周辺
大垂水峠 周辺
広告
高尾山自然休養林
高尾山自然休養林

高尾山自然休養林

登山者数世界一!

首都の野外博物館

~多様な動植物と悠久の歴史・文化~

様々な(かお)の森がある。

高尾山は標高599mの小さな山にもかかわらず、地形や斜面方向の違いによって、多種多様な森からなっている。南斜面にはカシ類の常緑広(□)業樹林、北斜面にはイヌブナの優占する落葉広葉樹林が見られる。尾根筋には針葉樹と広葉樹の混交林、沢沿いにはケヤキ、チドリノキ、フサザクラの渓谷林が見られる。また、かつて薪や炭として利用されたコナラやクリの雑木林、スギやヒノキの人工林も広がっている。このように高尾山には四季折々に様々な表情を見せる森がある。

森に暮らす生き物がいる。

変化に富む高尾山の森には、それぞれの環境に応じて1,600種以上の植物が生育し、多くの動物が生息する。ムササビ・タヌキなど25種以上の哺乳類、シジュウカラ・オオルリ・ルリビタキなど70種以上の鳥類、モリアオガエル・ヒダサンショウウオなど10種以上の両生類アオダイショウ・ニホントカゲなど8種類以上の蛇虫類が生息する。また、大阪の箕面山、京都の貴船山と並ぶ三大昆虫生息地の一つと称された、4,0005,000種に及ぶ昆虫が生息するといわれている。このように都市に比較的近い高尾山の森に多種多様な生き物が暮らしている。

森を守った歴史がある。

高尾山の森は744年に聖武天皇の勅命を受けた僧・行基によって開山されて以来、代々にわたり守られてきた。戦国時代に高尾山を支配した北条氏照は「山中に入り、やたらに木を伐採してはいけない」と制札を掲げている。江戸時代に移っても森林の保護は続く、江戸時代の代官・大久保長安は1591年の制札で高尾山や竹林の保護を命じている。明治に入り1889年に高尾山の森林の大部分は皇室の財産である御料林とされ、さらに戦後の1947年に国有林となった。現在でもその森林は自然休養林や国定公園に指定され、大切に管理・保全されている。

歴史と文化を防ぐ人がいる。

高尾山は自然の豊かな山であるとともに、信仰の山でもある。その象徴が薬王院である。高尾山信仰は江戸時代初期にそれまでの大名から町民の間に広まる、関東各地から多くの参詣人が高尾山に登るようになった。江戸を出発して八王子宿に泊まり、翌日に高尾山に登る高尾講は江戸町民にとって手軽で好評であった。高尾講の人気とともに、当時の甲州街道沿いに土産店や飲食店が立ち並ぶ門前町が形成された。明治期に新街道の開通によって高尾山口駅の周辺に門前町は移り、薬王院や地元住民とともに、歴史や文化を防ぎながら今も人々を温かく迎えている。

出典:東京神奈川森林管理署

 

広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
大平地区歩道案内図
大平地区歩道案内図

大平地区歩道案内図

 

一丁平桜並木

 

森林ボランテァ活動拠点施設

森林ふれあい館

施設及びトイレの利用はできません

広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂・日影沢方面(学習の歩道)
至 高尾山頂・日影沢方面(学習の歩道)
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
大平地区歩道案内図
大平地区歩道案内図

大平地区歩道案内図

 

一丁平桜並木

 

森林ボランテァ活動拠点施設

森林ふれあい館

施設及びトイレの利用はできません

広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂
至 高尾山頂
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町の「?」
至 高尾山頂
至 高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山頂
高尾山頂

明治の森高尾国定公園

高 尾 山 頂 599.15

広告
高尾山頂
高尾山頂
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
広告
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
自然研究路 5号路
広告
至 ケーブルカー高尾山駅
至 ケーブルカー高尾山駅

高尾山口駅(スタート)→金毘羅台遊歩道→1号路→4号路(つり橋)→高尾山頂(昼食)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾駅(ゴール)

6月のハイキングガイドツアー
「新緑の高尾山を歩こう」

広告
高尾山・陣場山ハイキングコース案内図
高尾山・陣場山ハイキングコース案内図

高尾山・陣場山ハイキングコース案内図

高尾山・陣場山ハイキングコース案内図
高尾山・陣場山ハイキングコース案内図
氷川神社の歴史
氷川神社の歴史
高尾山氷川神社の歴史
高尾山氷川神社の歴史

高尾山氷川神社の歴史

高尾山口駅近くにある「氷川神社」は応永年間(13941428)に片倉城主大江備中守師親が武蔵一の宮氷川神社の祭神を勧請したのが始まりと言われております。

古くは下椚田村大牧(椚田町)にあったと伝えられ、寛文2年(1662)に再建されました。

現在は高尾地区の鎮守として地元の方に崇敬され、8月の第3土日の祭礼では、神輿の巡行や獅子舞の奉納が行われております。

 

高尾山氷川神社の獅子舞

獅子または龍と呼ばれる面をかぶり、三人一組で舞を舞う三匹獅子舞は、現在、八王子で8か所、舞を伝えています。

その中のひとつ、氷川神社の獅子舞は明治4年(1871)行政区画の変更により、狭間の獅子舞から分かれ、現在も五穀豊穣、天下泰平を祈願して、奉納されています。

獅子舞は、8月の第3土日の土曜日には東浅川町の熊野神社で舞が奉納され、翌日曜日には氷川神社で舞が奉納されます。

氷川神社の獅子舞は昭和35年(1960)には市内の他の獅子舞とともに八王子市の無形民俗文化財に指定されました。

出典:公益社団法人 八王子観光協会

広告
オリエンテーリングパーマネットコース
オリエンテーリングパーマネットコース
オリエンテーリングパーマネントコース
オリエンテーリングパーマネントコース

地図とコンパスを使うナビゲーションスポーツで
高尾の自然を楽しもう

Let’s enjoy orienteering

オリエンテーリングパーマネントコース

社団法人 日本オリエンテーリング協会 公認

8表高尾 №9高尾山頂・薬王院 №10奥高尾

オリエンテーリング発祥の地・高尾山には
3つのコースがあります。
☆☆ 山のマナーを守り楽しく利用して下さい

1.高尾山のパーマネントコース

パーマネントコースは、だれでも、いちでも、気楽にオリエンテーリングを楽しんでいただけるように設置されている常設のコースです。

2.地図販売所
次のいずれかで、お求めください。地図にはコースが記入されています。
ご希望のコースの地図をお求め下さい。
京王電鉄高尾山口駅売店
高尾登山電鉄(ケーブル)高尾山売店

3.コースのまわり方
①地図の中の△がスタート、◎がゴールです。3コースともス
タート・ゴールは同一地点ですので。重ねて記してあります。

②スタートしたら〇1のコントロールから番号順にまわります。地図上の〇の中心には、右図のような固定のコントロールが設置してあります。そこに到着したらコントロールに書かれたアルファベット文字を地図裏面のチェック欄に記入してください。そこを通過した証明になります。

4.コースの特徴
8 表高尾コース:スタートは現在位置
8キロで小学校中学年以上向け 歩いて3時間程度

9 高尾山頂・薬王院コース:スタートはケーブル高尾山駅

前 約4キロで小学校低学年以上向け 歩いて1時間半
程度

10 奥高尾コース:スタートは現在地

15キロで上級者・ランナー向け 体力に自信のある方のみご利用下さい

 

山で迷わないためにオリエンテーリングの基礎技術

1.山には必ず正確な地図とコンパスを携行しましょう

2.コンパスの北と地図が一致するように地図を持ってください

3.現在位置をしっかり確認して、ルートを把握してから行動しましょう

4.現在位置から目標までの距離を縮尺を参考に確認してください

5.自分が100メートルを何歩くらいで歩くか覚えておくと便利です

6.いつも地図と現地を照らし合せて、現在位置を確認しましょう

7.特に道の曲がり角や、地図上の特徴物をチェックしましょう

8.等高線をみながら、尾根・沢などの地形上の特徴を観察しましょう

9.コントロールについたら本当に目指している目標か確認しましょう

10.                    迷った時は速やかに現在位置が確かなところまでもどりましょう

 

・100㌔コンペの申請
このコースを完歩した方は、コンペの対象となります。ご希望の方は、地図の裏面に記載された方法で申請してください。

出典:東京オリエンテーリング協会

 

広告
高尾山口駅前
高尾山口駅前
高尾山口駅前
高尾山口駅前
広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社の由来
高尾山麓氷川神社の由来
氷川神社の由来
氷川神社の由来

氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)由来(ゆらい)

鎮座地(ちんざち) 東京都八王子市高尾町2258

御祭神(ごさいじん) 素戔嗚(すさのおの)(みこと)

(ゆい) (しょ) 応永年間(13941427)に片倉(かたくら)城主(じょうしゅ)毛利(もうり)備中(びっちゅうの)守師(かみもろ)(ちか)武蔵(むさし)一ノ宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)勧請(かんじょう)し、(かん)(ぶん)2年(16627月に再建(さいけん)造営(ぞうえい)され高尾(たかお)総鎮守(そうちんじゅ)となりました。

現社殿(げんしゃでん)昭和(しょうわ)27820日に新築(しんちく)されました。

その(のち)昭和(しょうわ)40年の台風(だいふう)により御神木(ごしんぼく)がことごく

(たお)れました。

明治(めいじ)5年から例祭(れいさい)奉納(ほうのう)されている獅子舞(ししまい)神事(しんじ)昭和(しょうわ)35年に()無形(むけい)文化(ぶんか)(ざい)指定(してい)されました。

御祭神(ごさいじん)である素戔嗚(すさのおのみ)(こと)は、生贄(いけにえ)にされそうだった(くし)稲田(なだ)(ひめのみ)(こと)(くし)()えて(かみ)()(やま)(たの)大蛇(おろち)退治(たいじ)(のち)にお(きさき)にお(むか)えになったそうです。

縁結(えんむす)び・五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)のご(しん)(とく)ありと(つた)えられています。

(れい)祭日(さいび) 毎年(まいとし)8(だい)3土曜日・日曜日

広告
高尾山麓氷川神社
高尾山麓氷川神社
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1801‐4
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1801‐4
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1810 花藤食堂
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1810 花藤食堂
一級河川 案内川
一級河川 案内川
一級河川 案内川
一級河川 案内川

一級河川 案内川

占有 河川一級河川 案内川
許可 年月㍻5年㋂㏾
許可 番号□南西建管□□号
目   的橋染設置(19-18号橋、坂本橋)
占有 期間㍻5年㋂㏾から㍻ 年㋂㏾まで
占有 面積25.00平方メートル
位   置左岸 八王子市高尾町2104‐3
右岸 八王子市高尾町
1813-2
占 有 者八王子市長
一級河川 案内川
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 ビジネスホテルハナフジ
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 ビジネスホテルハナフジ
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1819‐1 ファミリーマート
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1819‐1 ファミリーマート
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
〒193-0844 東京都八王子市高尾町 国道20号線
広告
高尾山ちか道入口
高尾山ちか道入口
清水次郎長一家客分関東綱五郎の肖像画
清水次郎長一家客分関東綱五郎の肖像画
広告
ろくざん亭
ろくざん亭
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
広告
金毘羅台歩道 案内図
金毘羅台歩道 案内図

金比羅台歩道 案内図

金比羅台歩道 案内図
金比羅台歩道 案内図
東京湾は見えますか?
東京湾は見えますか?

東京湾は見えますか?

東京湾は見えますか?
東京湾は見えますか?

現在、高尾山から東京湾までの距離は、およそ50㎞。

その昔、東京湾は図のようになっていたそうです。

あなたの住まいも海の底だったのかも知れませんね。

広告
金毘羅台園地
金毘羅台園地
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
高尾山第二ポンプ場
高尾山第二ポンプ場
広告
感慶院秀穂霊神
感慶院秀穂霊神
金毘羅社
金毘羅社
広告
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
広告
金毘羅台遊歩道 植物
金毘羅台遊歩道 植物
赤坂 甲子元講
赤坂 甲子元講
広告
金毘羅台園地
金毘羅台園地
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
広告
金毘羅台遊歩道
金毘羅台遊歩道
一号路
一号路
広告
一号路
一号路
お気づきですか、緑の葉の変化・・・
お気づきですか、緑の葉の変化・・・

お気づきですか、緑の葉の変化・・・

お気づきですか、緑の葉の変化・・・
お気づきですか、緑の葉の変化・・・
広告
落としたのは、だ~れ?
落としたのは、だ~れ?

落としたのは、だ~れ?

落としたのは、だ~れ?
落としたのは、だ~れ?

野鳥の羽根が生えかわる時期、森の中や道ばたで、落ちている羽根を見かけることがあります。

 落とし主を推理してみましょう。どんな色の鳥でしょう? その大きさは? きっと、野鳥を身近に感じられるはずです。

出典:高尾ビジターセンター
広告
一号路 植物
一号路 植物
一号路
一号路
広告
城見台
城見台
高尾山エコーリフト
高尾山エコーリフト
広告
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
広告
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
一号路 植物
広告
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅 植物
ケーブルカー高尾山駅 植物
広告
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅
ケーブルカー高尾山駅 植物
ケーブルカー高尾山駅 植物
広告
一号路 植物
一号路 植物
←ケーブルカーのりば リフトのりば→
←ケーブルカーのりば リフトのりば→
広告
一号路
一号路
ケヤキ
ケヤキ

武蔵野を代表する樹木

葉っぱには2つの役目がある

ケ ヤ キ

武蔵野を代表する樹木 葉っぱには2つの役目がある ケ ヤ キ
武蔵野を代表する樹木 葉っぱには2つの役目がある ケ ヤ キ

日本の代表的な広葉樹のひとつ。

山野に自生するだけでなく、公園樹や街路樹、

庭木として広く植えられ親しまれています。

 

新録は4月 紅 葉は10月

 

4月中頃、さわやかな新録の芽吹きが見られます。そして、秋、10月には、黄色から薄茶色へと変化する紅葉が、私たちを楽しませてくれます。

 

木材としても優秀な木

 

木目が美しく保存性の高い材として臼や太鼓、お盆などの漆器に用いられます。

使うほどに赤みとつやの出るケヤキは、昔から人々の生活に取り入れられています。

 

出典:高尾ビジターセンター

広告
浄心門
浄心門
「地球に優しく自然に愛を」
「地球に優しく自然に愛を」
広告
←カーブルカー駅 自然研究路2号路・4号路 高尾山頂→
←カーブルカー駅 自然研究路2号路・4号路 高尾山頂→
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

自然研究路4号路 4号路 森と動物
自然研究路4号路 4号路 森と動物

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

 春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

広告
自然研究路2号路 蛇滝→
自然研究路2号路 蛇滝→
←自然研究路4号路 自然研究路1号路・ケーブルカー駅→
←自然研究路4号路 自然研究路1号路・ケーブルカー駅→
広告
4号路( 吊り橋コース )
4号路( 吊り橋コース )
←ケーブルカー駅 高尾山頂→
←ケーブルカー駅 高尾山頂→
広告
4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路( 吊り橋コース ) 植物
あれ!? こんなところにスミレの花が!!
あれ!? こんなところにスミレの花が!!

あれ!? こんなところにスミレの花が"

あれ!? こんなところにスミレの花が"
あれ!? こんなところにスミレの花が"

岩のすき間や木の上に、スミレの花が咲いているのをみたことがありませんか? こんな場所にいったいどうやってタネがたどりついたのでしょうか?

 

スミレは、夏から秋にかけて実を(じゅく)します。

やがて、熟した実をはじかせてタネを飛ば

します。でも、もっと遠くにタネを運ぶ方法を考えました。

 

スミレは「アリ」に、タネを運んでもらうことにしたのです。

 

スミレのタネには「エライオソーム」というアリの好む物質(ぶっしつ)がついています。アリはこれを食べるため、タネごと巣に持ち帰ります。巣の中でエライオソームだけを取りはずすと、タネの部分はゴミ捨て場に捨ててしまします。

 

アリのゴミ捨て場からは、やがて新しいスミレの身がでてきます。意外(いがい)な場所でみつけたスミレの近くには、もしかしたらアリの巣があったのかもしれませんね。

出典:東京都 高尾ビジターセンター

広告
ドングリと森のネズミ
ドングリと森のネズミ

ドングリと森のネズミ

ドングリと森のネズミ
ドングリと森のネズミ

樹木はおいしい木の実をネズミたちに作ってあげます。ネズミたちは、そのお礼にドングリの一部をあちこちに運んで植えてあげます。森では、動物と植物がお互いに助けあっています。

 

実りの秋、高尾山では、コナラやクヌギ、シラカシの木々がたくさんのドングリを実らせます。

 

ドングリは、ネズミやリスなど森の生きものたちの大切な食べ物になります。

 

ネズミたちは、すぐに食べるだけでなく冬の食べ物としてドングリをたくわえます。

 

でも、あっちこっちにかくしてしまうので、

食べるのを忘れてしまうことがあります。

 

食べ忘れたドングリは、春に芽を出し、やがて立派な木に成長することができます。

 

そして、秋にはたくさんのドングリを実らせます。

 

出典:東京都高尾ビジターセンター
広告
4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路( 吊り橋コース ) 植物
4号路・吊り橋
4号路・吊り橋
広告
4号路・吊り橋
4号路・吊り橋
4号路
4号路
広告
4号路
4号路
4号路
4号路
広告
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

自然研究路4号路 4号路 森と動物
自然研究路4号路 4号路 森と動物

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

 春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

広告
/4号路
/4号路
かや
かや
広告
4号路 植物
4号路 植物
←自然研究路4号路・ケーブルカー駅 自然研究路4号路へて高尾山頂へ→
←自然研究路4号路・ケーブルカー駅 自然研究路4号路へて高尾山頂へ→
広告
イヌガヤ
イヌガヤ
ひのき
ひのき
広告
4号路
4号路
せんのき
せんのき
広告
4号路 植物
4号路 植物
4号路 植物
4号路 植物
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

自然研究路4号路 4号路 森と動物
自然研究路4号路 4号路 森と動物

4号路 森と動物

イヌブナの自然林が残る高尾山の北斜面を横切り、1号路につながるコースです。

 春の新録と秋の黄葉がすばらしく、早朝、谷間に響き渡る夏鳥のさえずりもすがすがしい。コースの中ほどには、つり橋があります。

出典:高尾自然公園管理センター

広告
4号路
4号路
4号路 植物
4号路 植物
広告
自然研究路3号路
自然研究路3号路

自然研究路3号路

自然研究路3号路 3号路 高尾山の植物
自然研究路3号路 3号路 高尾山の植物

3号路 高尾山の植物

 山頂からの高尾山の南斜面を横切り、1号路の浄心門に下がる静かなコースです。ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

 

出典:高尾ビジターセンター

広告
福徳弁財天社
福徳弁財天社
福徳弁財天社
福徳弁財天社
広告
一号路 植物
一号路 植物
薬王院
薬王院
広告
薬王院
薬王院
広告
高尾山の杉並木
高尾山の杉並木
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
広告
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
仏舎利奉安塔
広告
男坂
男坂
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
ケーブルカー
広告
ケーブルカー
ケーブルカー
高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山頂
高尾山頂
高尾山頂 植物
高尾山頂 植物
広告
ふじ道
ふじ道
ふじ道
ふじ道
広告
ふじ道
ふじ道
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2102‐7
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2102‐7
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1923
〒193-0844 東京都八王子市高尾町1923
一号路 植物
一号路 植物
広告

高尾山口駅(スタート)→6号路→高尾山頂(昼食)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾山駅(午後2時30分頃解散)(ゴール)

5月のハイキングガイドツアー
「渓流の道を歩こう」

広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

高尾山麓 氷川神社

氷川神社は、応永年間(1394~1427年)に片倉城主大江備中守師親が、武蔵一ノ宮氷川神社の祭神を勧請したのが始まりとされている。古くは下椚田村大牧(椚田町)にあったと伝えられ、寛文2年(1662年)に再建造営され高尾の鎮守となる。祭神である素盞鳴尊は、生贄にされそうになった奇稲田姫命を、櫛に変えて髪に挿し、ヤマタノオロチを退治、後にお妃に迎えた。縁結び、五穀豊穣、開運、登山安全、厄除けのご神徳があると伝えられている。例祭に奉納する獅子舞の神事は、1872年(明治5年)狭間の氏子が奉仕したが、現在は原の氏子が奉仕している(昭和35年指定市無形民俗文化財)。

ソース: 氷川神社 (八王子市) – https://ja.wikipedia.org

高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
氷川神社大鳥居再建について
氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居は昭和41年京王電鉄()が高尾山麓に乗入れる際、既設両部鳥居を移転、土地の取得等の謝意として、案内川の氷川橋脇に鉄筋コンクリート製大鳥居を建造奉納されました。

しかし、建設されて40年余外的要因により構造物の強度劣化が著しく、崩落の危険性が危惧されたため、「安全確保を第一優先」に平成137月氏子の皆様に惜しまれ乍ら撤去されました。

本年1月総代新年顔合会の折り、新鳥居建造を提案し賛同を戴きました。

これに伴い八王子市関係行政機関との協議も好意的に御賛同を戴き再建を決意致し()アシザワに発注し本年8月竣工に至りました。

材質は耐久性があり半永久的な強化プラスチック製工法にて建立致しました。

再建にあたり予算が1005百万円程度見込まれ、広く関係町会・氏子の皆様のご協力を仰ぐ事がより意義あるものと考え、十二町会長並びに氏子の皆様にご協力を切にお願い申上げました結果、協賛者9百余名、総額6百万円余の尊い後協賛を戴きました。

氷川神社として、これを永久に残し後世に伝えることが協賛者各位に報いる事と考え別掲協賛御芳名者板を建立する事と致しました。

ここに氷川神社及び氏子一同のご繁栄とご発展を祈願致します。

 

平成十七年十月一日

出典:氷川神社

広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
氷川神社大鳥居再建について
氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居再建について

氷川神社大鳥居は昭和41年京王電鉄()が高尾山麓に乗入れる際、既設両部鳥居を移転、土地の取得等の謝意として、案内川の氷川橋脇に鉄筋コンクリート製大鳥居を建造奉納されました。

しかし、建設されて40年余外的要因により構造物の強度劣化が著しく、崩落の危険性が危惧されたため、「安全確保を第一優先」に平成137月氏子の皆様に惜しまれ乍ら撤去されました。

本年1月総代新年顔合会の折り、新鳥居建造を提案し賛同を戴きました。

これに伴い八王子市関係行政機関との協議も好意的に御賛同を戴き再建を決意致し()アシザワに発注し本年8月竣工に至りました。

材質は耐久性があり半永久的な強化プラスチック製工法にて建立致しました。

再建にあたり予算が1005百万円程度見込まれ、広く関係町会・氏子の皆様のご協力を仰ぐ事がより意義あるものと考え、十二町会長並びに氏子の皆様にご協力を切にお願い申上げました結果、協賛者9百余名、総額6百万円余の尊い後協賛を戴きました。

氷川神社として、これを永久に残し後世に伝えることが協賛者各位に報いる事と考え別掲協賛御芳名者板を建立する事と致しました。

ここに氷川神社及び氏子一同のご繁栄とご発展を祈願致します。

 

平成十七年十月一日

出典:氷川神社

広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)の由来(ゆらい)
氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)の由来(ゆらい)

氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)由来(ゆらい)

鎮座地(ちんざち) 東京都八王子市高尾町2258

御祭神(ごさいじん) 素戔嗚(すさのおの)(みこと)

(ゆい) (しょ) 応永年間(13941427)に片倉(かたくら)城主(じょうしゅ)毛利(もうり)備中(びっちゅうの)守師(かみもろ)(ちか)武蔵(むさし)一ノ宮(いちのみや)氷川(ひかわ)神社(じんじゃ)勧請(かんじょう)し、(かん)(ぶん)2年(16627月に再建(さいけん)造営(ぞうえい)され高尾(たかお)総鎮守(そうちんじゅ)となりました。

現社殿(げんしゃでん)昭和(しょうわ)27820日に新築(しんちく)されました。

その(のち)昭和(しょうわ)40年の台風(だいふう)により御神木(ごしんぼく)がことごく

(たお)れました。

明治(めいじ)5年から例祭(れいさい)奉納(ほうのう)されている獅子舞(ししまい)神事(しんじ)昭和(しょうわ)35年に()無形(むけい)文化(ぶんか)(ざい)指定(してい)されました。

御祭神(ごさいじん)である素戔嗚(すさのおのみ)(こと)は、生贄(いけにえ)にされそうだった(くし)稲田(なだ)(ひめのみ)(こと)(くし)()えて(かみ)()(やま)(たの)大蛇(おろち)退治(たいじ)(のち)にお(きさき)にお(むか)えになったそうです。

縁結(えんむす)び・五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)のご(しん)(とく)ありと(つた)えられています。

(れい)祭日(さいび) 毎年(まいとし)8(だい)3土曜日・日曜日

広告
 高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社
高尾山氷川神社手水舎新築に伴う 寄進奉納のお願い
高尾山氷川神社手水舎新築に伴う 寄進奉納のお願い

高尾山氷川神社手水舎新築に伴う
寄進奉納のお願い

謹啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は氷川神社の運営につきまして格別のご高配を賜り氷川神社御祭神の御神徳の高揚にご尽力を戴いておりますこと、誠にありがとうございます。

古い歴史と伝統を持った氷川神社は、旧浅川町はもとより氏子の皆様の手厚い信仰により支えられ今日に至っております。

高尾山は明治の森高尾国定公園や都立高尾陣馬自然公園に指定され年間3百万人が訪れる八王子市にとって重要な観光資源の一つです。

近年ミシュラングリーンガイドの三ツ星観光地に選定され高尾山の玄関口である高尾山口駅周辺地区では圏央道高尾インターチェンジの開通、観光案内機能をもった駅舎への改修、更には高尾599ミュージアムや温浴施設等、様々な事業展開が行われ観光地としての魅力や利便性の向上が一層期待されています。

これに伴い氷川神社の参拝者も増加の傾向にあり皆様により良い参拝をしていただくため、この度、手水舎を新築する運びとなりました。

工事は平成299月に着工し、12月に完成する予定です。

 

新しき年を手水舎の新築で一層の花を添えることができますことは私共一同慶びにたえません。

このことは、この事業への参画と併せて神社の発展のため氏子並びにご参詣の皆様に心からなる寄進奉納をお願い申し上げたいと存じます。

 

敬具

広告
高尾山口駅(スタート)
高尾山口駅(スタート)
もみじ通り
もみじ通り
広告
もみじ通り
もみじ通り
広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUM

TAKAO 599 MUSEUMは、八王子市の南部、高尾山東側の麓の旧・東京都高尾自然科学博物館跡地に位置し、「観光」・「学習」・「交流」の3つの機能を併せ持ち、高尾山に生息する動植物の展示や映像などを行う入館無料の自然史博物館である。施設名は高尾山の標高・599mに因んで名付けられた。

東京近郊の低山地である高尾山は古くから信仰の場であり、今日まで自然のままの状態で保たれてきたことから豊かな生態系を持ち、山内で見られる植物はイギリス全土に自生する植物の種類の数に匹敵する約1600種に及ぶほか、箕面山(大阪府箕面市)や貴船山(京都府京都市)と並んで数1000種の昆虫が生息する三大昆虫生息地としても知られ、昆虫愛好家の聖地ともいわれている。

同館は、羽ばたいている昆虫の一瞬の姿をとらえた昆虫標本など様々な自然物を収集して研究し、その研究成果を展示して来館者に伝えている。展示植物はアクリルに納められた樹脂標本で、植物は美術品のように扱われ展示されている。また、四季の移り変わりを描いた映像が、ムササビやイノシシなどの剥製を配した壁面に映し出される。

ソース: TAKAO 599 MUSEUM – https://ja.wikipedia.org

TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
広告
TAKAO 599 MUSEUM
TAKAO 599 MUSEUM
高尾出入口
高尾出入口
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2479 栄茶屋本店
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2479 栄茶屋本店
高尾山高橋家前
高尾山高橋家前
広告
高尾山高橋家前
高尾山高橋家前
もみじ広場
もみじ広場
広告
ムササビの銅像
ムササビの銅像
ムササビの銅像
ムササビの銅像
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2203
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2203
高尾山七福神洗心地蔵尊
高尾山七福神洗心地蔵尊
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2186
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2186
自然研究路6号路
自然研究路6号路

自然研究路6号路

自然研究路6号路
自然研究路6号路
広告
自然研究路6号路
自然研究路6号路
高尾山6号路 琵琶滝水行道場
高尾山6号路 琵琶滝水行道場
広告
沢に響く歌声
沢に響く歌声

沢に響く歌声

聞いてみよう 探してみよう

自然研究路6号路では、ミソサザイをはじめとする

野鳥のさえずりがよく聞かれます。

オオルリ(夏鳥)ミソサザイ(留鳥)キセキレイ(留鳥)
オオルリ(夏鳥)
♪チーリーロージジッ
見晴らしの良い樹上などでさえずります。
夏鳥として春から夏にかけて日本で過ごし、秋には冬こしのために南の方へ渡ります。
ミソサザイ(留鳥)
♪チョツィツィツィツーペチルルル
谷川沿いの暗い林を好みます。
小さな体ですが、大きな美しい声で歌います。
キセキレイ(留鳥)
♪チチッチチッチチン
水辺、特に渓流を好みます。
沢に響く歌声 聞いてみよう 探してみよう

出典:高尾ビジターセンター

広告
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
広告
シダを見つけよう
シダを見つけよう

シダを見つけよう

クジャクにゲジゲジ、イノシシ・・・

シダには、いろいろな動物の名前がつけられています。

あなたならどんな名前をつけますか?

出典:高尾ビジターセンター

広告
シャガの効用
シャガの効用
シャガの効用
シャガの効用

シャガの効用

シャガは、中国産の植物でもともと日本にはありませんが、高尾山ではたくさん見られます。

丈夫な根をのばして数を増やすので、高尾山では土がくずれるのを防いでくれています。

シャガは、5月頃、薄紫色の花が咲かせます。

出典:高尾ビジターセンター

広告
岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
岩屋太師
広告
岩屋太師
岩屋太師
高尾山登山道びわ滝コース
高尾山登山道びわ滝コース
広告
琵琶滝・一号路
琵琶滝・一号路
⇙琵琶滝・1号路
⇙琵琶滝・1号路

琵琶滝・1号路

琵琶滝

むかし、偉いお坊さんが、高尾山を歩いていると、どこからか琵琶の音が聞こえてきました。

しかし、その琵琶の音が、どの方角から聞こえてくるかわかりません。

そのとき、一頭の鹿が現れ「どうぞこちらに・・・」と言うように先に立って道案内をしました。

お坊さんが鹿の後についていくと、白髪の老人が大岩に座って

琵琶を弾いていました。

その美しい調べに深く心を動かされたお坊さんは、白髪の老人に「悟りの道をお教えください」とお願いしました。

すると老人の姿は大岩に吸い込まれるように消え、そこにまるで白髪のような清らかな滝があらわれました。

その滝の音は、琵琶の調べのように美しく、お坊さんは、この滝を悟りを開くための修行の場としました。

これが琵琶滝です。

 

出典:高尾ビジターセンター

広告
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
広告
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
琵琶滝・琵琶滝水行道場
広告
高尾山で一番でっかい葉っぱ
高尾山で一番でっかい葉っぱ
高尾山で一番でっかい葉っぱ

高尾山で一番でっかい葉っぱ

とても大きなホオノキの葉は、昔から食べ物をのせたり包んだりと人々の生活に利用されてきました。

また、木もその柔らかくてキメのこまかい材質から、家具や下駄、版画の板として利用されています。

出典:高尾ビジターセンター

広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
登山コース6号路
登山コース6号路
アジサイの花の上で
アジサイの花の上で
アジサイの花の上で
アジサイの花の上で

アジサイの花の上で

沢すじを彩るアジサイの花たち。

高尾山では、6月から9がつにかけてヤマアジサイ、タマアジサイが順に花を咲かせます。

そこでは、“食う” “食われる”のドラマもくりひろげられています。

出典:高尾ビジターセンター

広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
粘板岩
粘板岩
粘 板 岩
粘 板 岩

(ねん) (ばん) (いわ)

昔むかし、高尾山は海の底でした。

砂や泥のたまった海底が大きく盛り上がって現在の高尾山となったのです。

粘板岩とは自然の力で砂や泥が固められてできたものです。

黒色粘板岩は、とてもかたく磨くと表面がツルツルになるので、(すずり)(いし)ともよばれ、硯や碁石(ごいし)に利用されます。

出典:高尾ビジターセンター

広告
見あげてごらん
見あげてごらん
見あげてごらん

見あげてごらん

キョロキョロしていると、いろいろな発見があるものです。

のぞき込んだり、振り返ってみたり・・・。見あげてみるのもいいかもね。

ほら、あそこにセッコクがあるよ。

出典:高尾ビジターセンター

広告
水辺にあつまる生きもの
水辺にあつまる生きもの
水辺にあつまる生きもの

水辺にあつまる生きもの

水辺には、水中で暮らす生きものの他にも、さまざまな生きものたちが集まります。

水を飲みに、水浴びに、そしてそれらの生きものを狙って・・・。

出典:高尾ビジターセンター

広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
タネの旅
タネの旅
タ ネ の 旅

タ ネ の 旅

木や岩にはいのぼり、小さなかざぐるまのような花を咲かせるのがテイカカズラです。

秋になるとほそ長いさやの中からわた毛をつけたタネが風にのって飛んでいきます。

1組のさやには、いくつぐらいのタネが入っているでしょうか。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンター

広告
山頂周辺のコース案内
山頂周辺のコース案内

山頂周辺のコース案内

山頂周辺のコース案内
山頂周辺のコース案内
稲荷山コース案内図
稲荷山コース案内図

稲荷山コース案内図

稲荷山コース 案内図
稲荷山コース 案内図
広告
キツツキの食事
キツツキの食事
キツツキの食事
キツツキの食事

キツツキの食事

キツツキは、枯れた木にもくっているキクイムシやカミキリムシなどの幼虫を食べてます。

するどいつめのついた足指は前後2本ずつに分かれ、しっかり木をつかまえます。

かたい尾も、体をささえるのに大変役立ちます。

 

❔ どうやって木の中の虫をとるのでしょう。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンター

広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
登山コース6号路
登山コース6号路
高尾山のカラス
高尾山のカラス
高尾山のカラス
高尾山のカラス

高尾山のカラス

ガーガーとにごった声は山のカラスハシボソガラス。

カーカーと明るい声が都会で見られるハシブトガラスです。

高尾山では昭和30年代からハシブトガラスがふえ始め、山頂のゴミ箱をあさる姿がよく見られました。

 

❔ 最近、山頂のハシブトガラスがへっているのは、なざでしょう。

答えは、山頂のビジターセンターへ

出典:高尾ビジターセンタ

広告
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
登山コース6号路
広告
←ケーブルカー駅・薬王院 3号路・6号路→ 高尾山頂
←ケーブルカー駅・薬王院 3号路・6号路→ 高尾山頂
高尾山頂上
高尾山頂上
広告
高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山大見晴園地
高尾山大見晴園地
広告
/高尾山頂上
/高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上
広告
登山コース3号路
登山コース3号路
かつら
かつら
高尾山3号路 かつら
高尾山3号路 かつら

高尾山3号路 かつら

ここにある、かつら林は大正14年に植林したものです。かつらは本州から九州まで広く生育している落葉大高木で、高さ30m、地上15mのところの直径が13mに達するものもあります。

新芽は、紅色となり、とくに雄の木は大変美しくなります。

庭園樹として樹形や黄葉も観察されます。この木は用途が広く、建築材(装飾材)器具材、家具材、楽器材、彫刻材、ベニヤ材や、えんぴつ材などに使用されます。

 

広告
自然研究路3号路
自然研究路3号路
3号路 高尾山の植物
3号路 高尾山の植物

3号路 高尾山の植物

山頂から高尾山の南傾面を横切り、1号路の浄心門に下る静かなコースです。

ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。

常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

出典:高尾自然公園管理センター

広告
変わりゆく森
変わりゆく森
変わりゆく森
変わりゆく森

変わりゆく森

森は、木々の生長(せいちょう)とともに姿(すがた)をかえます。

今、このあたりでは、モミの子どもがたくさん見られます。

このモミが大きく成長するころ、3号路の森はどのように変わっているのでしょうか。

出典:東京都 高尾ビジターセンター

広告
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
広告
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
登山コース3号路
広告
登山コース3号路
登山コース3号路
高尾山薬王院山門
高尾山薬王院山門
広告
高尾山育喜苑
高尾山育喜苑
育喜苑奉安
育喜苑奉安
広告
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
広告
 佛舎利奉安塔 お地蔵様
佛舎利奉安塔 お地蔵様
愛眼先手千観観音
愛眼先手千観観音
広告
献観の碑
献観の碑
佛舎利奉安塔
佛舎利奉安塔
広告
佛舎利奉安塔
佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
広告
不殺生 [ふせっしょう]不偸盗 [ふちゅうとう]
不殺生 [ふせっしょう]不偸盗 [ふちゅうとう]
不邪淫 [ふじゃいん]不妄語 [ふもうご]
不邪淫 [ふじゃいん]不妄語 [ふもうご]
広告
不綺語 [ふきご]不悪口 [ふあっく]
不綺語 [ふきご]不悪口 [ふあっく]
不瞋恚 [ふしんに]不邪見 [ふじゃけん]
不瞋恚 [ふしんに]不邪見 [ふじゃけん]
広告
高尾山 男坂
高尾山 男坂
自然研究路1号路
自然研究路1号路
広告

相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)→山下バス停→入沢→西山峠→三沢峠→榎窪沢→梅の木平→高尾山口駅(ゴール)

【春の自然 ~スミレや春の花たち・鳥たち・虫たち~】
高尾陣馬ファンクラブ会員限定

広告
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
広告
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
広告
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
相模湖駅(バス:8時39分)(スタート)
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3117
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3117
山下バス停
山下バス停
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3156
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3156
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3178
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3178
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3163
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3163
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3178
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3178
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3196
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3196
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3214‐5
193-0846 東京都八王子市南浅川町3214‐5
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3202
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3202
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3214‐5
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3214‐5
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3221
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3426
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3426
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3426
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3426
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3241
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3241
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3241
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3241
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町3313
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町4042
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町4042
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町4042
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町4042
広告
〒197-0011 東京都福生市福生874‐2 ダイアパレスステーションプラザ福生
〒197-0011 東京都福生市福生874‐2 ダイアパレスステーションプラザ福生
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒197-0011 東京都福生市福生874‐2 ダイアパレスステーションプラザ福生
〒197-0011 東京都福生市福生874‐2 ダイアパレスステーションプラザ福生
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0157 神奈川県相模原市緑区中野1408‐3
〒252-0157 神奈川県相模原市緑区中野1408‐3
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
城山 大垂水峠
城山 大垂水峠
広告
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒252-0151 神奈川県相模原市緑区三井 県道515号線
〒193-0944 東京都八王子市館町25
〒193-0944 東京都八王子市館町25
広告
〒193-0944 東京都八王子市館町25
〒193-0944 東京都八王子市館町25
〒194-0211 東京都町田市相原町5036
〒194-0211 東京都町田市相原町5036
広告
峰の薬師・津久井湖
峰の薬師・津久井湖
関東ふれあいの道
関東ふれあいの道
関東ふれあいの道 三沢峠
関東ふれあいの道 三沢峠

関東ふれあいの道 三沢峠

関東ふれあいの道(首都圏自然歩道)は、梅ノ木平(東京

都八王子市)を起終点に時計回りで一都六県を巡るように路線

設定された自然歩道です。

沿線の豊かな自然にふれ名所や史跡をたずねながら、ふる里をみなおしてみませんか。

峰の薬師へのみち

このみちは、県内17コースのうちの14番目です。

ここから峰の薬師奥の院へは電波塔の下を通って平坦な尾根道です。

さらに山みちを下るとまもなく峰の薬師(薬師堂)です。

坂道を下ると県道に至り、そのまま県道を進むと終点城山高校

前バス停です。

ここから梅ノ木平バス停へは林道を下り国道20号線に出ます。

梅ノ木平バス停から京王高尾山口駅までは国道20号線を1.5㎞下ります。

出典:神奈川県自然環境保全センター

広告
高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図
高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図

高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図

(相模原市緑区太井)

高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図(相模原市緑区太井)
高尾鳥獣保護区・特別保護地区 区域案内図(相模原市緑区太井)
関東ふれあいの道 峰の薬師へのみち津久井湖 4.0㎞
関東ふれあいの道 峰の薬師へのみち津久井湖 4.0㎞
広告
〒193-0824 東京都八王子市長房町550‐11
〒193-0824 東京都八王子市長房町550‐11
神奈川県相模原市緑区 県道513号線
神奈川県相模原市緑区 県道513号線
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
関東ふれあいの道
関東ふれあいの道
関東ふれあいの道 湖のみち
関東ふれあいの道 湖のみち

関東ふれあいの道 湖のみち

湖の道は、ここ梅の木平が起点となっており、三沢峠、中沢山、大洞山、大垂水峠、城山を通り高尾山口までの全工程約16.2㎞のコースです。途中には、相模川をせき止めて造った人造湖、津久井湖と相模湖を眼下に眺めることができ、空気の澄んだ冬の日には、遠く白く輝く富士山が望めるかもしれません。

出典:環境省・東京都

広告
くらしを育む国有林
くらしを育む国有林

くらしを育む国有林

くらしを育む国有林
くらしを育む国有林
 〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
広告
  〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
  〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
広告
  〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 八王子南バイパス
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 八王子南バイパス
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 八王子南バイパス
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 八王子南バイパス
広告
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
〒193-0846 東京都八王子市南浅川町 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
広告
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
広告
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
うかい竹亭
広告
東京都八王子市 国道20号線
東京都八王子市 国道20号線
東京都八王子市 国道20号線
東京都八王子市 国道20号線
広告
東京都八王子市 国道20号線
東京都八王子市 国道20号線

高尾山口駅(スタート)→稲荷山コース→高尾山頂(昼食)→もみじ台→北まき道→南まき道→5号路(北)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾山駅(ゴール)

2018年1月のハイキング
ガイドツアー
「高尾山の眺望」

広告
高尾山口駅(スタート)
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅

高尾山口駅(たかおさんぐちえき)は、東京都八王子市高尾町にある、京王電鉄高尾線の終着駅である。京王西管区所属。駅番号はKO53。

高尾山へのアクセス駅でもあり、京王電鉄全駅のうち最も西に位置する。

ソース: 高尾山口駅 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
広告
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅(スタート)
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅(スタート)
広告
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅(スタート)
歴史と文化の散歩道
歴史と文化の散歩道

歴史と文化の散歩道

この散歩道は、長い歴史が育んだ伝統と新しい東京の文化を訪ねる道です。

私たちの、ふるさと東京を知る道しるべとして下さい。

 

多摩御陵・銀杏並木散歩は、高尾山口駅から蛙合戦で有名な真覚寺までの約4.6㎞のみちのりです。

関東屈指の修験場の場であり、今なお豊かな自然をとどめる高尾山から、大正、昭和の二代の天皇が眠る武蔵陵墓地、そして甲州街道の銀杏並木をめぐります。

 

高 尾 山

高尾山は標高599mの山である。

昔から信仰上、政治的または軍事的に庇護(ひご)され、明治には皇室御料林(ごりょうりん)として保護されてきたため、自然林の趣をそのまま残し動植物の宝庫となっている。

特に植物は、暖地性のものから寒地性のものまでと広く、日本の全植物の約1/4にあたる1600種あまりがみられる。

昭和25年(1950年)都立高尾陣場自然公園に、そして昭和42年(1967年)明治百年の記念事業として明治の森高尾国定公園に定められた。

昭和45年(1970年)には大阪府箕面(みのお)市までの東海自然歩道の起点として整備され、また現在は関東ふれあいの道ともつながり広域のハイキングの出発点となっている。

高尾山は関東屈指の修験道(しゅげんどう)の道場としても有名で、山頂近くにある古刹薬王院(こさつやくおういん)には多くの修験者や参拝者が訪れている。

広告
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅(スタート)
高尾山口駅(スタート)

高尾山口駅(スタート)
広告
清滝駅
清滝駅

明治の森 高尾国定公園案内図

明治の森 高尾国定公園案内図
明治の森 高尾国定公園案内図
広告
稲荷山コース
稲荷山コース
稲荷山コース

稲荷山コース
広告
稲荷山コースから圏央道 高尾山インターチェンジを望む
稲荷山コースから圏央道 高尾山インターチェンジを望む
稲荷山コースから八王子市内を望む
稲荷山コースから八王子市内を望む
広告
稲荷山コース
稲荷山コース
広告
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物

一月の高尾山植物
広告
一月の高尾山植物

一月の高尾山植物
稲荷山コースから富士山を望む
稲荷山コースから富士山を望む
広告
稲荷山コースから富士山を望む

稲荷山コースから富士山を望む
稲荷山コースから富士山を望む

稲荷山コースから富士山を望む
広告
稲荷山コースから富士山を望む

稲荷山コースから富士山を望む
稲荷山コースから御岳山を望む
稲荷山コースから御岳山を望む
広告
高尾山山頂から富士山を望む
高尾山山頂から富士山を望む
高尾山山頂から富士山を望む

高尾山山頂から富士山を望む
広告
高尾山山頂から富士山を望む

高尾山山頂から富士山を望む
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
広告
一月の高尾山植物

一月の高尾山植物
もみじ台から富士山を望む
もみじ台から富士山を望む
広告
もみじ台から富士山を望む
もみじ台から富士山を望む
もみじ台標識
もみじ台標識
広告


もみじ台案内板
もみじ台案内板

もみじ台案内板

もみじ台案内板
もみじ台案内板
広告
もみじ台から富士山を望む
もみじ台から富士山を望む
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
広告
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
太平地区歩道案内図
太平地区歩道案内図

太平地区歩道案内図

太平地区歩道案内図
太平地区歩道案内図
広告
自然研究路6号路
自然研究路6号路

自然研究路6号路

自然研究路6号路
自然研究路6号路
6号路から八王子市内を望む
6号路から八王子市内を望む
広告
自然研究路3号路
自然研究路3号路

自然研究路3号路

自然研究路3号路
自然研究路3号路
広告
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
広告
一月の高尾山植物
一月の高尾山植物
薬王院
薬王院
広告

高尾山口駅(スタート)→1号路→3号路→高尾山頂→薬王院境内→ケーブルカー高尾山駅(ゴール)

2017年12月のハイキング
ガイドツアー
「晩秋の高尾山」

広告
京王線 高尾山駅
京王線 高尾山駅


広告
氷川神社
氷川神社
高尾口駅
高尾口駅
広告
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2280
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2280
〒193-0844 東京都八王子市 都道189号線
〒193-0844 東京都八王子市 都道189号線
広告
東海自然歩道案内図
東海自然歩道案内図
東海自然歩道案内図(高尾山~美濃~箕面)
東海自然歩道案内図(高尾山~美濃~箕面)

東海自然歩道案内図

(高尾山~美濃(みの)箕面(みのお)

東海自然歩道は「明治の森高尾国定公園」と大阪の「明治の森箕面国定公園」を結ぶ、緑豊かな自然と貴重な歴史を伝える文化財をたずねね、心身の健康と安らぎを与える総延長1.697.2㎞の長距離自然歩道です。

出典:高尾自然公園管理センター

042-664-7872

広告
東海自然歩道起点
東海自然歩道起点
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2208
〒193-0844 東京都八王子市高尾町2208
広告
山内八十八大師巡拝のご案内
山内八十八大師巡拝のご案内
山内八十八大師巡拝のご案内画像
山内八十八大師巡拝のご案内画像

山内八十八大師巡拝のご案内

高尾山内八十八大師は明治三六年(1903年)に薬王院の志賀照林大僧正が、広く東国のご信徒の為に山内を四国と見立て、八十八ヶ所の霊場の土を持ち帰り大師像の下に納め安置してございます。

山内のご巡拝の道は豊かな自然に富み、同行二人の大師様の功徳は計り知れないものがあります。

案内図は別院(不動院)にありますので申し出て下さい。

出典:大本山高尾薬王院

広告
山内八十八大師巡拝のご案内
山内八十八大師巡拝のご案内
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
広告
晩秋の高尾山 植物

晩秋の高尾山 植物
六根清浄
六根清浄
広告
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物

晩秋の高尾山 植物
広告
晩秋の高尾山 植物

晩秋の高尾山 植物
広告
金比羅台園地
金比羅台園地
金比羅台園地

金比羅台園地
広告
金比羅台園地

金比羅台園地
広告
金比羅台園地
金比羅台園地
金比羅台園地

金比羅台園地

東京湾は見えますか?

東京湾は見えますか?
東京湾は見えますか?

サルや野生動物にエサを与えないで下さい

ゴミは持ち帰りましょう

この看板は、高尾山を訪れる人たちに安心して自然を楽しんでもらうため、八王子市追い払い駆除隊・㈳八王子青年会議・高尾山を活動拠点とする八王子森林パトロール隊・ボランティアが協力し設置したものです。

出典:八王子市農林課

広告
金比羅台園地

金比羅台園地
金比羅台歩道 案内図
金比羅台歩道 案内図

金比羅台歩道 案内図

金比羅台歩道 案内図
金比羅台歩道 案内図
広告
金比羅台園地

金比羅台園地
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
広告
晩秋の高尾山 植物

晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物

晩秋の高尾山 植物
広告
金比羅台歩道から山頂をめざす.
金比羅台歩道から山頂をめざす.
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
高尾山ケーブルカー駅
高尾山ケーブルカー駅
広告
十一丁目茶屋
十一丁目茶屋
広告
山満気霊
山満気霊
自然研究路3号路
自然研究路3号路
3号路 高尾山の植物
3号路 高尾山の植物

3号路 高尾山の植物

1号路の浄心門から高尾山の南斜面を横切り、山頂へと登る静かなコースです。

ほぼ等高線に沿ってつくられた山道は起伏が少なく、歩きやすい。

常緑広葉樹に針葉樹のモミが混じり、つる植物も見られ、また山頂付近では、アカマツ林がモミ林に移り行く森林の遷移のようすが観察できます。

出典:高尾自然公園管理センター

042664-7872

広告
3号路の森はどんな森?
3号路の森はどんな森?
3号路の森はどんな森?
3号路の森はどんな森?

3号路の森はどんな森?

山の南側(みなみがわ)にある3号路は(あたた)かく、一年中、緑が楽しめます。

静かで緑あふれる3号路では、思いがけない動物との出会いがあるかもしれません。

さあ、歩いてみましょう!

3号路は、平地(へいち)と同じ暖(だん)温帯(おんたい)で、冬になっても葉を落とさない常緑樹(じょうりょくじゅ)が多い森です。暖かい地域(ちいき)
に多いカシ類(るい)が目立ちます。
北側(きたがわ)の4号路は冷温帯(れいおんたい)で、冬に葉を落とす落葉樹(らくようじゅ)が多い森です。寒(さむ)い地域(ちいき)に多いブナなどの木が見られます。
3号路の森はどんな森?

出典:東京都 高尾ビジターセンター

広告
日陰を好む花―キンリョウソウー
日陰を好む花―キンリョウソウー
日陰を好む花―ギンリョウソウー
日陰を好む花―ギンリョウソウー

日陰を好む花―ギンリョウソウー

梅雨(つゆ)のころ、暗い森の中で、白いろう細工のような花を見たことがありませんか?

それは一見キノコのようにも見えますが、ギンリョウソウという()つき(ツキ)とした花です。

ギンリョウソウーギンリョウソウーギンリョウソウー
うつみいた花の中をそっとのぞいてみると、黄色いおしべが見られ、花であることがわかります。ギンリョウソウは緑の色素(しきそ)(葉(よう)緑体(りょくたい))をもたず、根に共生(きょうせい)する菌(きん)から栄養(えいよう)をもらいます。白い体には暗い森の中でも目立つので、花粉(かふん)を運んでくれる虫に気づいてもらえます。競争(きょうそう)相手(あいて)の少ない日陰を選び、そこで生きるための工夫なのでしょうね。
日陰を好む花―キンリョウソウー
広告
3号路を歩く
3号路を歩く
3号路を歩く
3号路を歩く
広告
/晩秋の高尾山 植物
/晩秋の高尾山 植物
ひと休みしていきませんか
ひと休みしていきませんか

ひと休みしていきませんか

ひと休みしていきませんか
ひと休みしていきませんか
広告
シモバシラ
シモバシラ
シモバシラ

シモバシラ
広告
3号路を歩く
3号路を歩く
自然研究路4号路
自然研究路4号路

自然研究路4号路

自然研究路4号路
自然研究路4号路
広告
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
広告
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
広告
晩秋の高尾山 富士山を望む

晩秋の高尾山 富士山を望む
広告
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む

晩秋の高尾山 富士山を望む
広告
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む
広告
晩秋の高尾山 富士山を望む

晩秋の高尾山 富士山を望む
晩秋の高尾山 富士山を望む

晩秋の高尾山 富士山を望む
広告


高尾山頂
高尾山頂
広告
高尾山登山道
高尾山登山道
高尾山案内図
高尾山案内図

都立高尾陣場自然公園

明治の森高尾国定公園

都立高尾陣場自然公園 明治の森高尾国定公園
都立高尾陣場自然公園 明治の森高尾国定公園
広告
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
晩秋の高尾山 植物
広告
薬王院
薬王院
高尾山薬王院
高尾山薬王院
広告

高尾山口駅→駒木野庭園→小仏川遊歩道→梅の郷公園→日影キャンプ場(昼食)→いろはの森コース→1号路→高尾山頂→ふじ道→薬王院(黒門横)(午後2時30分頃解散)

2017年11月のハイキング
ガイドツアー
「裏高尾から紅葉の高尾山へ」

広告
高尾山口駅
高尾山口駅


広告
高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 氷川神社

高尾山麓 氷川神社

氷川神社は、応永年間(1394~1427年)に片倉城主大江備中守師親が、武蔵一ノ宮氷川神社の祭神を勧請したのが始まりとされている。古くは下椚田村大牧(椚田町)にあったと伝えられ、寛文2年(1662年)に再建造営され高尾の鎮守となる。祭神である素盞鳴尊は、生贄にされそうになった奇稲田姫命を、櫛に変えて髪に挿し、ヤマタノオロチを退治、後にお妃に迎えた。縁結び、五穀豊穣、開運、登山安全、厄除けのご神徳があると伝えられている。例祭に奉納する獅子舞の神事は、1872年(明治5年)狭間の氏子が奉仕したが、現在は原の氏子が奉仕している(昭和35年指定市無形民俗文化財)。

ソース: 氷川神社 (八王子市) – https://ja.wikipedia.org

 

高尾山麓 氷川神社

高尾山麓 氷川神社
広告
高尾山麓 氷川神社

高尾山麓 氷川神社
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 石仏
高尾山麓 石仏
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 水車
高尾山麓 水車
高尾山麓 是 本堂
高尾山麓 是 本堂
広告
高尾山麓 刺客 関東綱五郎 住宅跡
高尾山麓 刺客 関東綱五郎 住宅跡

刺客 関東綱五郎 住宅跡

関東綱五郎1822年 -1886年11月)は、日本の侠客である。村上元三の小説『次郎長三国志』に同名で登場、清水次郎長配下の「清水二十八人衆」に数えられる大瀬の半五郎(おおせのはんごろう)と同一人物であるとされる。本名は鈴木 綱五郎 )、出生名は鈴木 綱之助。関東の綱五郎とも。

ソース: 関東綱五郎 – https://ja.wikipedia.org

 

東京都八王子市 国道20号線
東京都八王子市 国道20号線
広告
〒193-0842 東京都八王子市 国道20号線
〒193-0842 東京都八王子市 国道20号線
〒193-0842 東京都八王子市西浅川町42
〒193-0842 東京都八王子市西浅川町42
広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾駒木野庭園
高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園

昭和2年に開院された小林医院(後に小林病院に改名・駒木野病院に改組した)院長の自宅として、昭和7年頃に平屋建てを建築、昭和15年頃に東隣に二階建てを建築して合一した、戦前の日本家屋です。昭和49年頃の一時期には、内科の裏高尾診療所を住宅兼用で開院していました。この家屋と土地は、平成213月に「既存施設を極力残して利用してほしい」という意向とともに八王子市へ寄贈され、家屋は外観を残したままトイレ等の一部を改修しました。周囲には、枯山水や露地をそなえた池泉回遊式の本格的な日本庭園を整備し、平成244月に「高尾駒木野庭園」として開園しました。

高尾駒木野庭園 駒木野庭園アーツ

高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園
広告
高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園
高尾駒木野庭園
高尾駒木野庭園
広告
高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園
高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園
広告
高尾駒木野庭園

高尾駒木野庭園
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町322
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町322
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
天神梅林を経て高尾梅林の郷まちの広場へ(蛇滝口へ)
天神梅林を経て高尾梅林の郷まちの広場へ(蛇滝口へ)
広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町397‐20
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町397‐20
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6

〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6

〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6

〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町398‐6
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町792
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町792
広告
〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線

〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町7921
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町7921
高尾梅の郷まちの広場
高尾梅の郷まちの広場

高尾梅の郷まちの広場

高尾梅の郷 まちの広場
高尾梅の郷 まちの広場
広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
峰尾豆腐店
峰尾豆腐店
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線
〒193-0841 東京都八王子市 都道516号線
広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山麓 秋の植物

高尾山麓 秋の植物
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1343
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1343
広告
〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1343

〒193-0841 東京都八王子市裏高尾町1343
明治の森高尾国定公園
明治の森高尾国定公園

復元中!消えた花のいま

広告
高尾山麓 秋の植物
高尾山麓 秋の植物
広告
高尾山 秋の植物
高尾山 秋の植物
高尾山 秋の植物

高尾山 秋の植物
広告
君が行日長くなりぬ・・・・・
君が行日長くなりぬ・・・・・

君は(ゆき)日長(けなが)くなりぬ山たづの
迎へを行かむ待つには待たじ
磐姫皇后

三栗の那賀に向ける・・・・・
三栗の那賀に向ける・・・・・

(みつ)(ぐり)の那賀に向へる(さら)(しる)

絶えず通はむ彼所(そこ)に妻もが

作者不詳

広告
頂上付近からの風景
頂上付近からの風景
頂上付近からの風景

頂上付近からの風景
広告
高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上

高尾山頂上
広告
高尾山頂上

高尾山頂上
広告
高尾山頂上

高尾山頂上
高尾山頂上
高尾山頂上
広告
高尾山頂上

高尾山頂上
高尾山頂上

高尾山頂上
広告
高尾山 秋の植物
高尾山 秋の植物
高尾山 秋の植物

高尾山 秋の植物
広告

高尾山駅北口(バス9:12発)🚌小仏バス停→小仏峠→小仏城山→一丁平(昼飯)→もみじ台北→北側まき道→5号路(北)→高尾山頂→ふじ道→ケーブルカー高尾山駅🚠高尾山口駅

夏の草花と奥高尾散策

広告
高尾山駅北口
高尾山駅北口
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
広告
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
広告
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
小佛山 寶珠寺
広告
小佛山 寶珠寺近くの滝
小佛山 寶珠寺近くの滝
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
113号水準点標石 標高369.51m
113号水準点標石 標高369.51m
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
小仏城山→一丁平向かう途中 狸像
小仏城山→一丁平向かう途中 狸像
小仏城山→一丁平向
小仏城山→一丁平向
広告
明治天皇小佛峠御小休所阯及御野立所
明治天皇小佛峠御小休所阯及御野立所
広告
小仏城山
小仏城山
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
至 小仏城山頂
至 小仏城山頂
広告
小仏城山→一丁平向
小仏城山→一丁平向
小仏城山→一丁平向
小仏城山→一丁平向
広告
小仏城山山頂
小仏城山山頂
小仏城山 茶
小仏城山 茶
広告
小仏城山 茶屋
小仏城山 茶屋
小仏城山 茶屋
小仏城山 茶屋
広告
小仏城山 茶屋
小仏城山 茶屋
八月の草花
八月の草花
広告
八月の草花
八月の草花
八月の草花
八月の草花
広告
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
広告
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
高尾山佛舎利奉安塔
広告

高尾山口駅(スタート)→6号路→稲荷山コース→高尾山頂(昼飯)→ふじ道→1号路→ケーブルカー高尾山駅(ゴール)

「新緑の6号路を楽しもう」

広告
高尾山の植物5月
高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月

高尾山3号路 かつら

ここにある、かつら林は大正14年に植林したものです。かつらは本州から九州まで広く生育している落葉大高木で、高さ30m、地上15mのところの直径が13mに達するものもあります。

新芽は、紅色となり、とくに雄の木は大変美しくなります。

庭園樹として樹形や黄葉も観察されます。この木は用途が広く、建築材(装飾材)器具材、家具材、楽器材、彫刻材、ベニヤ材や、えんぴつ材などに使用されます。

広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月
広告
高尾山の植物5月

高尾山の植物5月