〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)→水久保公園→越戸川 日の出橋→新倉ふれあい橋→越戸川の桜並木→新河岸川内間木橋(内間木通り)→朝霞水門→秋ヶ瀬橋交差点→昭和水門 周辺交差点→西浦和駅(武蔵野線高架下)(ゴール)

晩秋の晴天の下、越戸川遊歩道、荒川河川敷から秋ヶ瀬経由17号バイパス
武蔵野線西浦和駅までのウオーキング

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目17−41
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目17−41
水久保公園
水久保公園
水久保公園脇道
水久保公園脇道
水久保公園脇道
水久保公園脇道
越戸川 日の出橋
越戸川 日の出橋
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
上谷津公園
上谷津公園
上谷津公園
上谷津公園
越戸川 右岸遊歩道から根岸台自然公園を眺める
越戸川 右岸遊歩道から根岸台自然公園を眺める
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
新倉ふれあい橋
新倉ふれあい橋
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川ふれあいゾーンから東京外環自動車道を眺める
越戸川ふれあいゾーンから東京外環自動車道を眺める
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川ってどんな川
越戸川ってどんな川
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
水道道路 橋下
水道道路 橋下
水道道路 橋下
水道道路 橋下
旧水道道路
旧水道道路
埼玉県荒川右岸下水道事務所周辺
埼玉県荒川右岸下水道事務所周辺
朝霞地区一部事務組合し尿処理場周辺
朝霞地区一部事務組合し尿処理場周辺
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)から朝霞水門を眺める
新河岸川内間木橋(内間木通り)から朝霞水門を眺める
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
荒川右岸 31.6㎞
荒川右岸 31.6㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)からさいたま市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさいたま市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から志木市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から志木市方面を眺める
荒川右岸 32.0㎞
荒川右岸 32.0㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸 32.4㎞
荒川右岸 32.4㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸 32.8㎞
荒川右岸 32.8㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
朝霞パブリックゴルフ場
朝霞パブリックゴルフ場
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸 33.6㎞
荒川右岸 33.6㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
あらかわ
あらかわ
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)を眺める
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
荒川右岸 34.0㎞
荒川右岸 34.0㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
羽根倉橋から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋歩道
羽根倉橋歩道
羽根倉橋歩道から武蔵野線方面を眺める
羽根倉橋歩道から武蔵野線方面を眺める
羽根倉橋歩道から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋歩道から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋歩道
羽根倉橋歩道
昭和水門 周辺交差点
昭和水門 周辺交差点
昭和水門
昭和水門
さくら草橋
さくら草橋
さくら草橋
さくら草橋
田島地区高規格堤防
田島地区高規格堤防
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)

与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)→大原地下道→スクランブル信号→上木崎4丁目交差点→浦和西高校入口交差点→埼玉県立浦和西高等学校→正樹院橋→木崎橋→足袋屋橋→大道橋→北宿橋→浦和博物館→米原橋→船戸橋→鳥居→氷川女体神社→見沼氷川公園→神明橋→松芝公園→青いトタン塀→ヤマダ電機→島忠→中尾陸橋下交差点→花月(北)交差点→駒場運動公園→駒場運動公園交差点→本太坂下交差点→浦和駅東口(北)交差点→浦和口東口入口交差点→浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

7月10日
イヤーラウンドコースを歩こう
Dコース(新都心とふる里コース) 14km 埼玉ウオーキング協会

広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
広告
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
与野駅西口交番前(JR京浜東北線)(スタート)
大原地下道
大原地下道
広告
大原地下道
大原地下道
スクランブル信号
スクランブル信号
広告
クオール薬局上木崎店 周辺
クオール薬局上木崎店 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
個別指導塾ノーバス 与野上木崎校 周辺
広告
上木崎4丁目交差点
上木崎4丁目交差点
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
筑波進研スクール上木崎教室 周辺
広告
浦和西高校入口交差点
浦和西高校入口交差点
埼玉県立浦和西高等学校
埼玉県立浦和西高等学校

埼玉県立浦和西高等学校

埼玉(さいたま)県立(けんりつ)浦和西(うらわにし)高等学校(こうとうがっこう)は、埼玉県さいたま市浦和区木崎三丁目にある公立高等学校。通称は「西高(にしこう)」。全日制課程に普通科を設置している。県内公立校としては数少ない私服校。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

正樹院橋
正樹院橋
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告

見沼代用水西縁

見沼代用水西縁は埼玉県上尾市の瓦葺伏越付近にある西縁と東縁の分水点から、さいたま市を経て川口市の川口市大字小谷場元西福寺前分水口(芝分水口)までを流れる用水路である。途中、さいたま市大宮区大原で荒川連絡水道専用水路を、さいたま市大宮区北袋町で高沼用水路を、川口市柳崎で六ヶ村用水を、川口市芝西で戸田用水[1]を分水する。また、さいたま市北区本郷町で芝川が、川口市芝で藤右衛門川を伏越で立体交差する。流路は芝川が大宮台地を侵食した解析谷の縁に沿って頻繁に蛇行して流れている。また、八丁堤付近までは芝川が左岸側に平行して流れる。さいたま市見沼区東大宮付近の大宮台地を横断する区間は、開削が深く危険なため暗渠に改められ、その上部に親水公園が整備された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27 見沼代用水西縁緑道

ヤブカンゾウ(藪萱草)

日本の夏らしい花を咲かせる

夏の盛りに咲く明るいオレンジ色の花は、信州の人里ではどこでも見掛ける。 八重の花は豪華で、いかにも日本の夏にマッチしているような印象を持つが、実際は中国原産のユリ科の植物である。

基本種の花弁が一重のホンカンゾウは栽培種で、おもに庭に植えられるが、ヤブカンゾウのほうが普通である。

ヤブカンゾウの花は切り取って花瓶に飾っておいても、翌日には萎んでしまうので、切り花には向かない。

ちなみに、日本に渡来したヤブカンゾウは、三倍体のため結実しない。

同じく、中国から渡来したヒガンバナも三倍体で結実しないが、いずれも根茎や球根の移植で繁殖する。

出典:日野製薬()

 

〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目28 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
見沼代用水西縁緑道 見沼用水展望台周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
見沼代用水西縁緑道 木崎3丁目公園周辺
広告
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目24 見沼代用水西縁緑道
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
広告
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 大道橋周辺
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
見沼代用水西縁緑道 さいたま幸手線交差点
広告
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 山崎緑地周辺
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
見沼代用水西縁緑道 忠兵衛橋
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室535−5 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道
広告
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院

さいたま市立病院

さいたま市立病院は埼玉県さいたま市緑区三室にある医療機関。埼玉県災害拠点病院となっている。老朽化にともない2017年から病棟の全面的な建て替えに着手し、20191229日に新しい病棟で開院、202016日から外来診療を開始した。

浦和市によって運営されていた浦和市立病院が前身で、市内唯一の公立病院となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
見沼たんぼ周辺案内
見沼たんぼ周辺案内
広告
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
〒336-0905 埼玉県さいたま市緑区大道 見沼代用水西縁緑道からさいたま市立病院
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
みむろ桜広場 脇 北宿通り 交差点
広告
みむろ桜広場
みむろ桜広場

み む ろ 桜 広 場

この広場は、誰もが自由に気軽に利用できる広場です。

レクリエーション・憩いの場として、思いやりと譲り合いで、

みんなが楽しめる広場にしましょう。

以下の注意事項を守って仲良く利用しましょう。

●ゴミや空き缶は、持ち帰りましょう。

●たき火や花火など危険な遊びはやめましょう。

●キャッチボールやバトミントンなどを行うときは、

他の人にけがをさせないよう、自己責任のもと、

お互いの安全に気をつけて利用しましょう。

●その他、マナーを守って利用しましょう。

出典:さいたま市

 

 

みむろ桜広場
みむろ桜広場
広告
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 記念碑
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
みむろ桜広場 周辺 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目  見沼代用水西縁緑道
広告
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
やまぼうし 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
馬場東公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区大字三室3032−7 見沼代用水西縁緑道
広告
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区 鳥居
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目5−4
広告
氷川女體神社
氷川女體神社

武藏國一之宮 氷川女體神社

氷川女体神社は、埼玉県さいたま市緑区にある神社。登記上の宗教法人名称は旧字体の氷川女體神社である。武蔵国一宮を称する。全国一の宮会加盟社。旧社格は郷社。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

氷川女体神社の文化財
氷川女体神社の文化財

氷川女体神社の文化財

三鱗文兵庫鎖太刀氷川女体神社神輿
牡丹文瓶子紙本墨書大般若波羅蜜多経
氷川女体神社の文化財

氷川(ひかわ)女体(にょたい)神社(じんじゃ)は、見沼低地を見おろす台地上にあり、武蔵(むさし)(のくに)一宮(いちのみや)と称されてきた古社である。古くから支配者の尊崇があつく、中世を中心にそれらに関する文化財も多い。

鎌倉時代代金工品の優品として(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)がある。帯執(おびと)りが針金で編んだ鎖となっている太刀を兵庫鎖太刀と呼び、多く寺社奉納に使われた。この太刀も刀身は鉄の延板で奉納用として作られたことが知られる。全面に三鱗文が施されている。社伝では北条(ほうじょう)(やす)(とき)の奉納と伝える。古社宝類のうち飾鉾には正応6年(1293)、佐伯弘の刻銘がある。

紙本(しほん)墨書(ぼくしょ)大般若波(だいはんにゃは)()(みつ)多経(たきょう)は、本来6百巻からなる経典であり、そのうち初めの4百巻は、正慶2年(元弘3年~1333)から暦応元年(1338)にかけて、僧(しょう)(そん)が河越氏一族繁栄のために社経し、2百巻は川越中院(なかいん)の僧らによって補写された。戦国時代に岩付(いわつき)城主太田(おおた)氏一族繁栄のため中院の奝藝(ちょうげい)がこれを真読しており、その識語(しきご)は注目されている。なお、(きょう)(びつ)三合、請箱(うけばこ)三十三口は(つけたり)指定。

牡丹(ぼたん)(もん)瓶子(へいし)一対二口は、15世紀美濃地方の作とされ、(かつ)()文で、中国の染付(そめつけ)(せい)())の文様をよく写している。御船(みふね)(まつり)祭具の一つ。神與(しんよ)も御船祭に用いられたもので(ながえ)がない。漆塗り、金銅金具付きである。桃山時代の作とされるすぐれた漆工芸品である。

古代ないし中世に属する文化財として、古社宝類中、古鈴(これい)三箇、

(てつ)(ぞく)三本、(とり)魚形祭具(うおがたざいぐ)四軀、男神像一軀、二枚(にまい)(どう)具足(ぐそく)一具、鋳銅馬(ちゅうどううま)一軀などがある。

後北条(ごほうじょう)氏の文書として大永4年(1524)の北条(うじ)(つな)制札(せいさつ)三室(みむろ)之郷あて)と元亀3年(1572)の北条氏印判状(いんばんじょう)(女体宮神主あて)がある。天正19年(1591)、徳川(とくがわ)家康(いえやす)は、この神社に五十石の社領を寄進し、歴代将軍も継目(つぎめ)安堵(あんど)の朱印状を発した。

なお、本殿は、寛文6年(1666)に徳川(いえ)(つな)(四代将軍)が再興。奉行として(おし)城主阿部(あべ)(ただ)(あき)が携わった。

出典:埼玉県教育委員会

浦和市教育委員会

氷川女体神社

さいたま竜神まつり会
さいたま竜神まつり会

竜 神 社

 

この竜神社には、さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座(おわ)します。かつて広大な沼であった見沼の(ほとり)のここ武蔵一宮氷川女體神社には、長年に亘り、神輿を乗せた船を沼の最も深い所に繰り出し、沼の主である竜神様を祭る祭祠『御船(みふ)()』を執り行ってまいりました。享保12年(1727)八代将軍吉宗公の政策で見沼は干拓され、「見沼田んぼ」となってからこのお祭りは『()(わふ)()』として今尚続けられております。遺跡によれば磐船祭は14世紀から行われていたとも推定されます。

世界最古の閘門(こうもん)式運河ともいわれる見沼通船堀など、見沼には数々の歴史財産が秘められております。見沼を中心としてさいたま市内に点在する数多くの竜神伝説もその一つと言えます。

見沼代用水と見沼代用水から西へと引いた高沼用水、その二つの灌漑用水で田畑を耕す地域と見沼に関わる地域はほぼさいたま市全域に及んでいます。

さいたま竜神まつり会は『文化と歴史を活かした誇りのもてるまちづくり』を目的として平成13年(20015月に約50mの巨大な昇天竜を製作し『竜神まつり』を開催致しました。

出典:さいたま竜神まつり会

氷川女體神社社殿 一棟
氷川女體神社社殿 一棟

埼玉県指定有形文化財(建造物)

氷川女體(ひかわにょたい)神社(じんじゃ)社殿(しゃでん) 一棟

付 寛文7年銘棟札 1

平成19316日指定

氷川神社女體神社は、武蔵国一宮と称され、また、古来より御船祭を行う神社として知られています。中世以降は、武家の崇敬が厚く、当社所属の(みつ)(うろこ)(もん)兵庫(ひょうご)(くさり)太刀(たち)(県指定有形文化財)は鎌倉幕府執権北条泰時の奉納と伝えられ、戦国時代には岩付(いわつき)太田氏や小田原北条氏の庇護(ひご)を受けていました。江戸時代になると、徳川幕府から社領として50石の地を寄進されました。また、当社の残る寛文7年(1667)銘の(むな)(ふだ)等により、本殿は江戸幕府四代将軍徳川家綱が再興したものであることが明らかとなっています。

社殿は本殿と拝殿(はいでん)(へい)殿(でん)でつなぐ複合社殿で、権現造(ごんげんづくり)の形式となっています。本殿は三間社流造(さんげんしゃながれづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面三間(3.56m)、側面二間(2.2m)、さらに向拝(ごはい)がついています。幣殿は両下造(りょうさげづくり)で、正面一間(3.56m)、側面二間(3.63m)です。拝殿は入母屋造(いりもやづくり)で、正面五間(9.46m)、側面二間(4.57m)です。さらに向拝がつき、その向拝には千鳥(ちどり)波風(はふ)及び(から)波風(はふ)がついています。

平成23年・24年には社殿修理が行われ、屋根が(こけら)()きの時期があったことがわかりました。

この社殿は、埼玉県における代表的な神社本殿建築様式を伝える建造物であるとして、平成19年に埼玉県の有形文化財に指定されました。

出典:さいたま市

文化財保護課

みどり推進課

氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社
氷川女體神社

三室 氷川女體神社 さいたま市緑区宮本鎮座

当社は崇神天皇の御代に、出雲杵築大社を勧請した古社で、武蔵国一宮として見沼のほとりに鎮座している。

主祭神は(くし)稲田(いだ)(ひめの)(みこと)で、大己(おおなむ)(ちの)(みこと)()穂津(ほつ)(ひめ)(みこと)配祀(はいし)している。

当社の御手洗瀬である見沼を囲み、大宮氷川神社(男体社)大宮中川の中山神社(()王子社)とともに、三社深い関係にあり、「三室」を伝えてきた。

古代。女神を(まつ)るところや、社殿が東方に向いているなど、その創立の古さと由緒を忍ばせている。

中世以来。部門の崇敬を集めており、これらにゆかりのある宝物も多い。徳川家康からは社領50石を寄進され、また、徳川家綱によって現存する社殿も建てられた。

古来からの御船遊(みふねあそび)神事は、見沼干拓後、(いわ)(ふね)祭として行われ、その遺跡が現存している。

また、暖地性植物の繁栄する(しゃ)(そう)は天然記念物であり、ふるさとの森にも指定されている。

氷川女體神社の道標
氷川女體神社の道標

武蔵国一宮

氷川女體神社の道標(みちしるべ)

もともと、赤山道沿い大間木水深(みずぶか)(浦和)の他にあった、この石碑には「武蔵国一宮」「女體宮道」とあって、幕末の弘化2年(1845)に当社への道しるべとして赤山街道に面して建立されたものです。

また、当社から北西約400mの住宅地の中には石造の鳥居がありますが、これは安政2年(1855)に、馬場方面から参詣する人たちの便を考えて、大門宿の石工に作らせ、氏子たちが奉納したものです。

幕末の頃に相次いで建てられたこの石碑や鳥居は、建立する必要に迫られるほど、当社への参詣客は非常に多く、篤い信仰を得ていたことを物語る貴重な資料となっています。

氷川女體神社 鳥居
氷川女體神社 鳥居
氷川女體橋
氷川女體橋
広告
氷川女體橋から見沼代用水西縁
氷川女體橋から見沼代用水西縁
唱歌「案山子」発祥の地
唱歌「案山子」発祥の地
案山子の唱歌
案山子の唱歌

案 山 子

 

武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子

春彦書

見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池

見沼氷川公園

氷川女体神社の眼下に作られた公園です。

園内にあるハーブ園には、ラベンダーやミントなどのハーブが植えられています。

良い香りがほのかに漂う憩いの空間は、人気のスポットになっています。

また、この付近は唱歌「案山子」の発祥地といわれているため、公園の入り口には記念のモニュメントも設置されています。

出典:公益財団法人さいたま市公園緑地協会

見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
広告
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 池
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場
広告
見沼氷川公園 芝生広場
見沼氷川公園 芝生広場


見沼氷川公園 案内板
見沼氷川公園 案内板
広告
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
見沼氷川公園 見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
広告
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
神明宮(緑区芝原)  見沼代用水西縁緑道 周辺
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
広告
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原2丁目24−34 越谷浦和バイパス陸橋
あんしんホーム浦和芝原 周辺
あんしんホーム浦和芝原 周辺
広告
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
広告
Central BMW さいたま東営業所
Central BMW さいたま東営業所
すたみな太郎 東浦和店 周辺
すたみな太郎 東浦和店 周辺
広告
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
中尾陸橋下交差点
広告
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
日産プリンス埼玉販売株式会社浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
広告
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
ケーズデンキ 浦和原山店 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
(株)つばめタクシー 整備工場 周辺
広告
駒場運動公園 周辺
駒場運動公園 周辺

駒場運動公園

駒場運動公園は、埼玉県さいたま市浦和区にある運動公園。日本プロサッカーJ1リーグ規格の競技場である浦和駒場スタジアムが所在している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園 案内図
駒場運動公園 案内図
広告
浦和駒場スタジアム
浦和駒場スタジアム
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園 環
駒場運動公園 環
駒場運動公園
駒場運動公園
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
本太坂下交差点
本太坂下交差点
広告
本太坂下交差点
本太坂下交差点
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目14
広告
内田屋煎餅店 周辺
内田屋煎餅店 周辺
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
広告
浦和駅東口(北)交差点
浦和駅東口(北)交差点
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町18
広告
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
山崎外科泌尿器科診療所 周辺
浦和口東口入口交差点
浦和口東口入口交差点
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
広告
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)
浦和駅パルコ前(JR京浜東北線)(ゴール)

狭山市産業労働センター(スタート)→広瀬神社(WC)→笹井ダム→野田河川公園(昼食、WC「ベルク」)→白髭神社→飯能市役所→ASA飯能中央(ゴール)

6月26日
イヤーラウンドコースをあるこう
in狭山(79)13km
NPO法人 埼玉県ウオーキング協会
(SWA)

狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
狭山市駅前広場
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目4‐2 ハイムユーゲント
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目4‐2 ハイムユーゲント
徳林寺
徳林寺
天満天神社
天満天神社
天満天神社鳥居
天満天神社鳥居
天満天神社
天満天神社
天満天神社
天満天神社
入間川大国神社
入間川大国神社
入間川大国神社
入間川大国神社
子ノ神社
子ノ神社
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3丁目24‐2
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川3丁目24‐2
お諏訪さまのなすとっかえ
お諏訪さまのなすとっかえ

狭山市指定無形民俗文化財

お諏訪さまのなすとっかえ

所 在 地 狭山市入間44483

指定年月日 平成962

諏訪神社は、長野県の諏訪大社を分祀したもので、祭神は「(たて)御名方(みかかたの)(かみ)」です。

なすとっかえは、自分の畑で採れたナスを神社に納める代りに、神前に供えてあるナスを戴いて帰るもので、毎年8月の第四土曜・日曜に行われる神事です。その由来には次の伝説が残されています。

昔、諏訪神社の裏に底なし沼があったころ、ある日村人達がそこを通りかかると、沼から水しぶきがたち、龍神が暴れ始めました。驚いた村人達は、持っていた鎌や鍬と一緒に、採ったばかりのナスが入った籠を投げ出して逃げて帰りました。これを聞いた村の若者達が駆けつけてみたところ、空っぽになった籠が浮かんでいるだけで、沼はすでに元の静けさをとり戻していました。しばらく後、村人の夢枕に龍神が現れこう言いました。「私はあの沼に住む龍神だが、騒がせて悪かった。実は夏病に苦しめられていたのだが、投げられたナスを食べたところ病がすっかり治った。これからは諏訪の大神に支え、村のために尽くすつもりだ。」

こうして夏病にナスが効くことを知った村人たちは、神前にナスを供え、代わりに龍神からナスをいただき、夏病を避けたといわれています。

出典:狭 山 市 教育委員会

出典:狭山市文化財保護審議会

入間川諏訪神社
入間川諏訪神社
入間川諏訪神社
入間川諏訪神社
入間川諏訪神社
入間川諏訪神社
入間川
入間川
入間川
入間川
入間川
入間川
〒350-1320 埼玉県狭山市広瀬東2丁目24‐22
〒350-1320 埼玉県狭山市広瀬東2丁目24‐22
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
ヤオコー 狭山店
広瀬交差点
広瀬交差点
〒350-1319 埼玉県狭山市広瀬2丁目10‐12
〒350-1319 埼玉県狭山市広瀬2丁目10‐12
廣瀬神社鳥居
廣瀬神社鳥居
廣瀬神社
廣瀬神社
廣瀬神社略記
廣瀬神社略記

廣 瀬 神 社 略 記

創 立 「大和時代の景行天皇(第十二代)の御代、日本武尊命東国平定の折、当地が大和の国河合の地に酷似せりと称し親から幣帛を奉り、(大和の国の)廣瀬の神を斎き祀りて、武運長久国家安穏を祈誓せられしより創始せり」との社伝があり、創立は、三世紀頃に遡る。

由 緒 「狭山市の社寺誌」(市教育委員会刊行)において、「当社は、大和朝廷より勅命により官社に列せられた数少ない神社であり、由緒正しく、当時すでに関東において格の高い名神としてあがめられていた・・。狭山市の神社の中で最も古く、格式高い神社である」と、記述されている。主たる記録は次のとおり。

(官社)『文徳天皇実録』の嘉承3年(西暦850年)63日の条に「武蔵の国廣瀬の神を官社に列す」との記述あり。

(延喜式内社)延長5年(西暦927年)に編纂された『延喜式神名帳』に「武蔵国四十四座 入間郡五座の内一つ 廣瀬神社、と登載されている。

(県社)明治6年郷社、同7年県社に列せられた。

御祭神 (主祭神)若宇迦能売(わかうかのめの)(みこと)

(相殿神)八衢比(やちまたひ)(このみ)(こと) 八衢比売(やちまたひめの)(みこと) 久那斗(くなとの)(みこと)

御神徳 主祭神は、水の守りであり、風雨の調和による穏やかな世

の中、豊かな実りを守る神である。

五穀豊穣、家内安全、健康長寿の御新徳がある。

相殿神の三神はいずれも禍を防ぐ神である。除災招福や交

通安全、疫病退散などの御神徳がある。

(御本社に当たる廣瀬大社(奈良県河合町)

の御記略においては、「主祭神(若宇迦能売

命は、水の守り神である。天武天皇以降歴

代の天皇より、風雨の調和、年穀の豊穣等

を御祈願され、国家の瑞祥、または禍害あ

ることに、奉告御祈願された。」と記されて

いる。)

祭 事 大祭 春季 4月第1土・日曜日 秋季(神輿渡御)10

第3土・日曜日

中祭 元旦祭 11日 祈年祭 211日 新嘗祭11

23

小祭 月次祭 毎月1日・15日※大祓式 630日・12

31

宝 物 崇光天皇御宸翰 一軸 豊後住人増定秀太刀 一振 御正

体(御鏡懸仏) 一枚

備前長船住人祐定太刀 一振り 槍 鎌倉鍛治山村鋼広作 一点

文化財 埼玉県指定天然記念物 大欅二本(御神木)

一号木 周囲(根廻り12m・目通り6.3m)、高さ

28

二号本 周囲(根廻り10.5m・目通り6.5m、高さ31

狭山市指定文化財(工芸品)神輿一基

狭山市指定無形民族文化財 広瀬囃子

末社(境内社)杉森稲荷社 (祭神)保食命、猿田彦命、大宮廼売

八幡神社 (祭神)応神天皇

霞神社 (祭神)大国主命、少彦命之命、神霊

117

社容整備 明治42年、本殿及び拝殿を境内北隅から現在地に遷宮。大正9年、本殿覆殿再築。

昭和7年、神楽殿を改築。昭和15年、紀元2600年記念事業として太鼓楼を新築。昭和43年、明治100年記念事業として社務所建築。昭和55年社容整備(外柵、玉垣、欇末社等の改築修繕等)。平成8年大欅樹勢回復事業。平成18年、拝殿改修、向拝増築。平成21年鳥居再築。

出典:延喜式内 廣瀬神社

(平成23年 氏子)

 

廣瀬神社
廣瀬神社
 廣瀬神社
廣瀬神社
 廣瀬神社
廣瀬神社
 廣瀬神社
廣瀬神社
 廣瀬神社
廣瀬神社
廣瀬神社神輿
廣瀬神社神輿

狭山市指定文化財 工芸品

() 輿(こし)

所在地 狭山市広瀬2丁目231

指定年月日昭和61年(1977111

この神輿は、今からおよそ140年前の元治元年(1864)に当所の名主・清水寛右衛門宗宝により奉納されたもので、作者は当所の大工・横田長太夫です。

宝形造りで、全面黒漆塗り、四方の鳥居と垣及び内部は全面朱漆塗です。

壁面の一部は浮き彫りで、(きん)箔押(ぱくお)しとなっています。(かまち)や屋根の(いただき)など随所に透かし彫りや毛彫りによる金銅板の金具がとりつけられています。

四方の垂木(たるき)下には金銅板の飾り板と小さな(えん)(きょう)10個が玻璃(はり)の玉を通した金糸(きんし)(つづ)られ、()れ飾りとなっており、格調が高く豪華(ごうか)絢爛(けんらん)な神輿です。

神輿並びに神輿(みこし)殿(でん)建立(こんりゅ)の棟札があり、その中に次の墨書きがあります。

 

武刕高麗郡上廣瀬巴

別當 名主

社補 清水寛右衛門宗宝

元治期限甲子稔秋九月

大工 當所 横田長太夫

 

平成20年㋂

出典:狭山市教育委員会

出典:狭山市文化財保護審議会

廣瀬神社神輿庫
廣瀬神社神輿庫

廣瀬神社神輿庫

この神輿は、今からおよそ百四十年前の元治元年(1864)に当所の名主・清水寛右衛門宗宝により奉納されたもので、作者は当所の大工・横田長太夫です。

宝形造りで、全面黒漆塗り、四方の鳥居と垣及び内部は全面主漆塗りです。壁面の一部は浮き彫りで、金箔押しとなっています。下框や屋根の頂など随所に透かし彫りや毛彫りによる金銅板の金具がとりつけられています。

四方の垂木下には金銅板の飾り板と小さな円鏡数十個が玻璃の玉を通した金糸で綴られ、垂れ飾りとなっており、拡調が高く豪華絢爛な神輿です。

神輿並びに神輿殿建立の棟札があり、その中に次の墨書きがあります。

武刕高麗郡上廣瀬巴

別當 名主

社補 清水寛右衛門宗宝

元治期限甲子稔秋九月

大工 當所 横田長太夫

  廣瀬神社
廣瀬神社

埼玉縣入間郡水富村大字上廣瀬鎮座

延喜式内 廣 瀬 神 社

  廣瀬神社
廣瀬神社
  廣瀬神社
廣瀬神社
廣瀬神社の大ケヤキ
廣瀬神社の大ケヤキ

埼玉県指定文化財 天然記念物

廣瀬神社の大ケヤキ

所 在 地 狭山市廣瀬2-23-1(廣瀬神社)

指定年月日 平成10年(1998317

ケヤキは(にれ)科の落葉高木です。農家では防風林として植えることが多く、武蔵野の景観にとけこんでいる馴染みの木です。普通、高さは20mぐらいまでですが、この大ケヤキは高さ約30m、周囲約6mというまれに見る巨木で、樹齢7800年と推定されます。

江戸時代末期の書物『新編式武蔵風土記稿(しんぺんしきむさしふどきこう)』の廣瀬神社の項に「・・・社辺に竹樹生茂り中にも古木の大槻三株あり、(これ)を神とす、一は(かかえ)二丈、一は囲一五尺、一は囲二丈六尺余なり、是等を見て旧跡たることしるべし・・・」とあります。

現在はケヤキの巨木二本が相対して境内に立っております。

平成161

出典:埼玉県教育委員会

出典:狭山市教育委員会

〒350-1319 埼玉県狭山市広瀬2丁目24‐29
〒350-1319 埼玉県狭山市広瀬2丁目24‐29
石森の手作り和菓子
石森の手作り和菓子
〒350-1325 埼玉県狭山市根岸2丁目 国道407号線
〒350-1325 埼玉県狭山市根岸2丁目 国道407号線
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井 国道299号線
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井 国道299号線
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井1丁目7 国道299号線
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井1丁目7 国道299号線
宮地児童公園
宮地児童公園
河川における行為の規則
河川における行為の規則

河川における行為の規制

1.河川区域で土地の堀削、盛土、その他土地の形状を変更するには許可が必要です。

2.土石、廃棄物等を捨てたりすることは禁止されています。

※上記事項に違反した場合は河川法により罰せられます。

 

出典:埼玉県川越土木事務所

埼玉県西部環境管理事務所

狭 山 警 察 署

狭 山 市 役 所

狭山市笹井堰
狭山市笹井堰
狭山市笹井堰
狭山市笹井堰

農林水産省・埼玉県補助事業

農業用河川工作物応急対策事業

地区名 笹井(入間市・狭山市)

事業主体 入間第二用水土地改良区

概 要 受益面積 248ha

堰体巻立工 L=212m

後期 昭和55~60年度

 

狭山市笹井堰
狭山市笹井堰

笹井堰 河川占有標識

許可年月日

平成26年㋂3

許可番号

川整第3536

占用期間

26年㋃㏠から

36年㋂㏾まで

占用面積

10,490,63

占用目的

かんがい用水取水堰及び附帯施設設置

名称又は

種類

笹井堰

(堰体、護岸、根個、樋管、魚道、水路等)

許可受入

住所・氏名

埼玉県飯能市大字双柳353番地

入間第二用水土地改良区理事長

 

宮地児童公園
宮地児童公園
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井(大字) 国道299号線
〒350-1327 埼玉県狭山市笹井(大字) 国道299号線
笹井交差点
笹井交差点
野田河川公園(昼食、WC「ベルク」)
野田河川公園(昼食、WC「ベルク」)
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
野田河川公園
廣瀬神社
廣瀬神社
〒358-0053 埼玉県入間市仏子1601‐1
〒358-0053 埼玉県入間市仏子1601‐1
〒358-0054 埼玉県入間市野田519
〒358-0054 埼玉県入間市野田519
西武小学校
西武小学校
元加治団地案内図
元加治団地案内図
御岳神社
御岳神社
埼玉県飯能市 国道299号線
埼玉県飯能市 国道299号線
飯能市役所入口交差点
飯能市役所入口交差点
〒357-0024 埼玉県飯能市緑町16‐1
〒357-0024 埼玉県飯能市緑町16‐1
飯能市役所
飯能市役所
前田公園
前田公園
前田公園
前田公園
前田公園
前田公園

北原公園(スタート)→根岸児童公園→六辻公園→浦和南高→北戸田駅入口→笹目川遊歩道→山宮北公園→天王さくら公園→笹目公園→下町橋交差点→管理橋前広場→荒川貯水池機場前→さくら草橋交差点→鴻沼排水路→秋ヶ瀬緑道→田島氷川公園前→別所沼公園→別所三丁目交差点→調神社→浦和一女高→北原公園(ゴール)

6月13日
イヤーラウンドコースを歩こう
20km・8km
NPO法人 埼玉県ウオーキング協会
(SWA)

北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
〒336-0018 埼玉県さいたま市南区南本町1丁目3‐4
〒336-0018 埼玉県さいたま市南区南本町1丁目3‐4
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目8‐5
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵1丁目8‐5
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2 マルコシクリーニング
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2 マルコシクリーニング
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園
六辻水辺公園
みぬまなかはし
みぬまなかはし
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園案内
六辻水辺公園案内
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
〒336-0024 埼玉県さいたま市南区根岸3丁目8 中山道
〒336-0024 埼玉県さいたま市南区根岸3丁目8 中山道
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻2丁目1‐8
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻2丁目1‐8
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻3丁目2‐16
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻3丁目2‐16
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園案内
六辻水辺公園案内
六辻水辺公園 遊歩道
六辻水辺公園 遊歩道
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目21‐17
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目21‐17
北戸田駅入口
北戸田駅入口
東北・上越新幹線高架下
東北・上越新幹線高架下
〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目 県道79号線
〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目 県道79号線
〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目116‐29
〒335-0037 埼玉県戸田市下笹目116‐29
谷口橋交差点
谷口橋交差点
〒335-0033 埼玉県戸田市笹目北町3‐1
〒335-0033 埼玉県戸田市笹目北町3‐1
笹目中前交差点
笹目中前交差点
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目4丁目7‐7
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目4丁目7‐7
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目4丁目7‐7
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目4丁目7‐7
首都高速5号池袋線高架下陸橋
首都高速5号池袋線高架下陸橋
首都高速5号池袋線高架下陸橋
首都高速5号池袋線高架下陸橋
首都高速5号池袋線高架下陸橋
首都高速5号池袋線高架下陸橋
笹目公園脇歩道
笹目公園脇歩道
笹目公園脇歩道
笹目公園脇歩道
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目7丁目2‐1
〒335-0034 埼玉県戸田市笹目7丁目2‐1
避難場所笹目公園
避難場所笹目公園
笹目公園
笹目公園
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川第一調節池
荒川第一調節池

人と水と自然が優しく触れあえる空間

荒川第一調整池
特色ある 3つのゾーン

荒川第一調整池には、場所によって色々な楽しみ方や特徴があります。

 

親水ゾーンでは、春から夏にかけて、水ぎわで遊べる場所がたくさんあります。

また、湖面ではカヌーやウィンドサーフィンなどを楽しむことができます。

 

野外活動ゾーンでは、自然の中でくつろいだり、絵をかいたりして楽しめます。また、マラソン大会が開催されたりするなど、スポーツやレクレーションも楽しめます。

 

自然保全ゾーンには、田島ヶ原サクラソウ自生地があり、春にはきれいなピンク色の花を咲かせます。また、下流部には自然を再現したビオトープなどが広がり、自然再生が図られています。

 

出典:国土交通省 荒川上流河川事務所

彩湖ご案内
彩湖ご案内

彩湖は洪水を防ぎ、水道水を安定的に確保します。

そして、自然を保全し、人と自然の調和のとれた空間を創出します。

彩湖のご案内

彩湖の3つの目的

【洪水を防ぐ】

台風などで荒川の水が増水して危険なとき、一時的に彩湖(貯水池)の中に水をため、洪水を防ぎます。

【水道水の確保】

彩湖の水を荒川に補給することにより、東京、埼玉の水道水を安定的に確保します。

【自然環境の保全】

人と自然の調和のとれた空間を創出し、野鳥や動植物の生態環境を保全しています。

 

出典:国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所

荒川第一調節池 排水門
荒川第一調節池 排水門
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
彩湖ご案内
彩湖ご案内

彩湖は洪水を防ぎ、水道水を安定的に確保します。

そして、自然を保全し、人と自然の調和のとれた空間を創出します。

彩湖のご案内

彩湖の3つの目的

【洪水を防ぐ】

台風などで荒川の水が増水して危険なとき、一時的に彩湖(貯水池)の中に水をため、洪水を防ぎます。

【水道水の確保】

彩湖の水を荒川に補給することにより、東京、埼玉の水道水を安定的に確保します。

【自然環境の保全】

人と自然の調和のとれた空間を創出し、野鳥や動植物の生態環境を保全しています。

 

出典:国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所

荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
荒川堤遊歩道
彩湖ご案内
彩湖ご案内

彩湖は洪水を防ぎ、水道水を安定的に確保します。

そして、自然を保全し、人と自然の調和のとれた空間を創出します。

彩湖のご案内

彩湖の3つの目的

【洪水を防ぐ】

台風などで荒川の水が増水して危険なとき、一時的に彩湖(貯水池)の中に水をため、洪水を防ぎます。

【水道水の確保】

彩湖の水を荒川に補給することにより、東京、埼玉の水道水を安定的に確保します。

【自然環境の保全】

人と自然の調和のとれた空間を創出し、野鳥や動植物の生態環境を保全しています。

 

出典:国土交通省関東地方整備局荒川上流河川事務所

彩湖・道満グリーンパーク
彩湖・道満グリーンパーク
彩湖・道満グリーンパーク
彩湖・道満グリーンパーク
荒川彩湖公園
荒川彩湖公園
荒川彩湖公園
荒川彩湖公園
昭和水門側道
昭和水門側道
昭和水門側道
昭和水門側道
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島(大字) 県道40号線
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島(大字) 県道40号線
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島9丁目 県道40号線
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島9丁目 県道40号線
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島9丁目25‐1
〒338-0837 埼玉県さいたま市桜区田島9丁目25‐1
秋ヶ瀬緑道
秋ヶ瀬緑道
秋ヶ瀬緑道
秋ヶ瀬緑道
首都高速埼玉大宮線
首都高速埼玉大宮線
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋 17号バイパス
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋 17号バイパス
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋 17号バイパス
首都高速埼玉大宮線 高架下陸橋 17号バイパス
田島氷川公園
田島氷川公園
合野谷公園脇
合野谷公園脇
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園

長谷川かな女 句碑(昭和364月設立)

曼珠沙(まんじゅしゃ)()あつまり丘をうかせけり

かな女

『戦後間もない昭和21年頃、沼の付近一帯は、赤い曼珠沙華の花ですっかり埋まったものでした。かな女』浦和市広報昭和3810月号、名誉市民決定の祭の述懐より。

かな女、高浜虚子の指導を受け、大正・昭和初期を代表する女性俳人として俳句会発展の貢献した。約40年間浦和に居住し、多くの句集・随筆の発刊を通じて、浦和市民・埼玉県民の教養・文化活動の普及を積極的に進めた。

昭和59月俳誌「水明」を創刊。浦和市名誉市民・埼玉県文化功労賞受賞・紫綬褒章受章。

昭和44922日永眠82歳。9
27
日浦和市葬。勲四等宝冠章受章。

平成2511

出典:浦和ロータリークラブ

出典:水 明 俳 句 会

別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
別所沼公園
調神社
調神社
調神社
調神社
調神社
調神社

中央会場(高沼遊歩道)(スタート)→氷川参道→武蔵一宮氷川神社→大宮公園→大和田公園→大宮第三公園→合併記念見沼公園→造幣さいたま博物館→中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

第6回さいたマーチ
〜見沼ツーデーウオーク〜
25日(日)/見沼田んぼ北ルート
(大宮公園と人形のまち岩槻ルート)

第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)


 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目160‐7
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目160‐7
コクーン新都心
コクーン新都心
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目 県道164号線
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目101
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目101
氷川神社一の鳥居
氷川神社一の鳥居
一の鳥居ひろば前
一の鳥居ひろば前
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2丁目108‐8
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町2丁目108‐8
〒330-0841 埼玉県さいたま市大宮区東町1丁目140
〒330-0841 埼玉県さいたま市大宮区東町1丁目140
〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町3丁目165
〒330-0845 埼玉県さいたま市大宮区仲町3丁目165
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川参道平成ひろば
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社入口交差点
氷川神社参道
氷川神社参道
氷川神社参道
氷川神社参道
氷川神社三の鳥居
氷川神社三の鳥居
氷川神社 桜門
氷川神社 桜門
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目285‐1
〒330-0803 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町2丁目285‐1
氷川神社 日本庭園
氷川神社 日本庭園
NACK5スタジアム大宮
NACK5スタジアム大宮


埼玉県営大宮公園野球場
埼玉県営大宮公園野球場
大宮競輪場
大宮競輪場
大宮公園産業道路 陸橋
大宮公園産業道路 陸橋
大宮公園産業道路 陸橋
大宮公園産業道路 陸橋
〒330-0805 埼玉県さいたま市大宮区寿能町2丁目11‐1
〒330-0805 埼玉県さいたま市大宮区寿能町2丁目11‐1
万葉の並木道
万葉の並木道

万葉の並木道

日本の最古の和歌を集めた“万葉集”には、4516首の歌があり、それらの中には157種の植物が詠み込まれて居ります。

そうした万葉時代の人々は新芽・若葉・花・黄葉などに、その時々の想いを託して歌を詠んでまいりましたが、私達は、由緒あるこの見沼用水の辺りにそうした万葉人の心を捉えた木々を集めてこの並木路を造りました。

これから自然の木、そしてその歌を読み乍ら遠い昔の豊かな情調をもった万葉人の心にふれ、そぞろ歩きを楽しんで頂けたら幸いと存じます。

 

昭和58年師走 建立

平成69月吉日

       結成25周年記念

出典:大宮北ライオンズクラブ

万葉の並木道
万葉の並木道
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
潮田橋
潮田橋

(うしお) ()

見沼代用水西縁は、江戸時代半ばに8代将軍徳川吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛が、享保13年(1728年)に利根川の水を現在の

行田市下中条から引いてつくった農業用水です。

現在は、周辺の水田が減少したため飲料水としても利用されるようになり、大宮区・浦和区境から荒川へ送水されています。

「潮田橋」は、戦国時代の終わり頃、当地にあった寿能の城主・潮田出羽守資忠の名に因んで付けられたと思われます。

寿能城は、永禄3年(1560)に岩槻城の支城として築城されましたが、天正18年(1590)に小田原攻めの豊臣秀吉の軍勢に攻められ落城しました。橋の西方80mにある寿能公園は、城域の一部であるといわれ園内には潮田出羽守資忠の墓碑が建てられています。

ここから東方は、城の「出丸」と呼ばれ見沼の低地に突き出すような地形になっています。約150m上流の寿能上橋を右へ進むと芝川を越え、大和田町へ入ります。坂を上がった一帯は、市内で最も標高の高い場所で、寿能城、岩槻城と結びつきの強かった大和田陣屋がありました。

寿能城を中心とする当地周辺は中世の大宮の軍事拠点といえましょう。

出典:さいたま市

大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園あじさい園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大宮第二公園
大和田公園
大和田公園
大和田公園
大和田公園
 大和田公園
大和田公園
大宮公園案内図
大宮公園案内図
大宮公園の桜
大宮公園の桜

武蔵国一之宮氷川神社公園
(現大宮公園)着手順序書

1.今般、御辞令相成り候世話掛り

二十九名の内、適宜割合の通り
分担致させ候。

園芸掛 ②寄附品掛

会計用度掛

2.

9.図面(戊号)の地所(現自由広場)
は、凡そ全幅の半ばを伐り払い、
桜樹を植え本園より眺望の場所
とし、全景の風致を添はしめ度
く候。

14.

―以上―

明治178

大宮公園の萩
 
大宮氷川公園
“ふみこんで
帰る道なし萩の原“
氷川公園万松楼
“ぬれて房る
犬の背にもこぼれ萩“
明治24年秋
正岡子規
大宮公園の概要
大宮公園の概要

郷土のシンボル
県民の鳥


シラコバト

全国でも越谷市付近に多く生息する国指定天然記念物のシラコバト。

昭和40年制定

大宮公園の概要

大宮公園は明治6年の太政官布告により氷川神社境内の一部を偕楽園として明治18年に県内初の公園として開園されました。

本園は鉄道の要所JR大宮駅の北東1.5㎞にあり、南半分は丘陵地、北半分はおおむね低地で346,000㎡の面積があります。

園内には樹齢100年を超える赤松林の中に各種施設があり、春は桜千数百本の花で埋めつくされ、新緑や夏の水辺、秋の紅葉等四季の変化に富み、年間を通して県民のレクリエーション、スポーツのセンターとしていろいろな祭典がくりひろげられます。

なお、急激な都市化の進展により、見沼用水西べりに隣接の見沼たんぼ143,300㎡、総合治水事業による調節池89,700㎡を合わせた233,000㎡を公園として、多目的広場、梅林、駐車場等を昭和49年度から工事着手し、公園の拡張事業を進め、昭和55年度から一般の利用に供しております。

郷土のシンボル
郷土のシンボル

郷土のシンボル

県の花

 

さくら草

浦和市田島ヶ原が全国で1ヵ所の自生地の国指定天然記念物。

4月から5月にかけて紅紫色の花をつける。

昭和46年制定

郷土のシンボル

県の木

 

ケヤキ

埼玉ゆかりの武蔵野を象徴する木として選ばれた。

県内のどこでも雄大な樹を見受けることができる。

昭和41年制定

大宮公園案内図
大宮公園案内図

生 垣 見 本 園

生垣見本園は、当地方で生垣として主に利用されている

サンゴジュ、カナメモチ、サザンカ、カイズカイブキなどの

樹木を植栽・展示したものです。

その展示方法、生垣の迷路のように植栽されています。

大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園 陸橋
大宮第三公園
大宮第三公園
大宮第三公園
大宮第三公園
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
〒330-0834 埼玉県さいたま市大宮区天沼町1丁目893
サクラサク見沼田んぼプロジェクト
サクラサク見沼田んぼプロジェクト

目指せ日本一!

サクラサク見沼田んぼプロジェクトを応援します!

豪栄道 豪太郎

〈主な来歴〉

20051月 初土俵

200611月 新十両

20079月 新入幕

20149月 大関昇進

20169月 初優勝(全勝)

 

この署名は、201610月さいたま市にて「第四回大相撲さいたま場所」を開催した際、豪栄道関にこのプロジェクトの趣旨へご賛同をいただき、ご署名いただいたものです。

「目指せ日本一!サクラサク見沼田んぼプロジェクト」とは

見沼代用水沿いには、これまでにも市民や団体による桜の植樹が行われてきました。

その運動を継承し、市民・団体・事業者のみなさまとの協働により、延長20㎞を超える「日本一の桜回廊」の実現を目指すものです。

出典:さいたま市都市局都市計画部
みどり推進課見沼田圃政策推進室

合併記念見沼公園
合併記念見沼公園
ビオトープ案内板
ビオトープ案内板

ビオトープ案内板(あんないばん)

ビオトープ”って(なん)だろう?

ビオトープbiotopとはドイツ()bio生き物(いきもの))とtop場所(ばしょ))をあわせた合成語(ごうせいご)で、野生(やせい)生物(せいぶつ)()きることができる空間(くうかん)という意味(いみ)です。

英語(えいご)ではbiotope()きます。

ここでは、(むかし)から見沼(みぬま)田圃(たんぼ)にすむ()(もの)たちが()らしやすいビオトープをつくりました。(まわ)りの()(もの)たちが(すこ)しずつ(おとず)れ、やがてはたくさんの()(もの)出会(であ)える()となるように(みな)さんで見守(みまも)って下さい。

北袋天神社
北袋天神社
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目183
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

中央会場(高沼遊歩道)(スタート)→コクーン新都心→さいたま新都心駅→西高橋→山中橋→北宿橋→米原橋→清水橋→敬助橋→浅間橋→見沼通船堀公園→ たけのこ公園→川口自然公園→大崎公園→国昌寺橋→五斗蒔橋→深井家長屋門→さぎ山記念館→見沼自然公園→片柳の筆塚→熊野神社→芝川→大原サッカー場→造幣さいたま博物館→中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

第6回さいたマーチ
〜見沼ツーデーウオーク〜
24日(土)/見沼田んぼ南ルート
(見沼代用水と芝川満喫ルート)

第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
第6回さいたマーチ〜見沼ツーデーウオーク〜
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
 中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
中央会場(高沼遊歩道)(スタート)
コクーン新都心.
コクーン新都心.
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目267‐2 コクーンシティコクーン
〒330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目267‐2 コクーンシティコクーン
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目9 県道159号線
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎2丁目9 県道159号線
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐25
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐25
埼玉県立浦和西高校
埼玉県立浦和西高校
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27‐2
〒330-0046 埼玉県さいたま市浦和区大原1丁目27‐2
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎4丁目32‐26
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎4丁目32‐26
山崎緑地
山崎緑地
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目29‐1
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場1丁目29‐1
氷川女體神社前
氷川女體神社前
見沼氷川公園
見沼氷川公園
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原3丁目19‐20
〒336-0917 埼玉県さいたま市緑区芝原3丁目19‐20
埼玉県さいたま市緑区 新見沼大橋有料道路
埼玉県さいたま市緑区 新見沼大橋有料道路
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧1446‐29
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧1446‐29
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧1446‐29
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧1446‐29
見沼たんぼ周辺案内
見沼たんぼ周辺案内
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧 国道463号線
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧 国道463号線
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧 国道463号線
〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区大牧 国道463号線
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和6丁目27‐14
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和6丁目27‐14
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和5丁目4‐3
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和5丁目4‐3
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和6丁目26‐6
〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和6丁目26‐6
前方武蔵野線
前方武蔵野線
見沼の笛
見沼の笛

見沼の笛 見沼の伝説

昔、このあたりの見沼が、まだ満々と水をたたえていたころのこと。

夕暮れになると、沼のほとりのどこからか、美しい笛の音が流れてきます。

そしてその笛の音に誘われるかのように、村の若い男たちが一人、また一人と沼のほとりから消えてゆきました。

村の若者は、だんだん少なくなって、お百姓もできなくなるほどになりました。

困った村人たちは、これはきっと見沼の主が、なにかを怒ってなされるにちがいない、見沼の主の心を鎮め、いなくなった若者たちを慰めるため供養塔を建てることにしました。

そして大きな石の塔を建て、ねんごろに供養しました。それ以後は、不思議な笛の音は、ぴたりとやんで、行方不明になる若者もなくなり、再び村は平和になったということです。

昭和59年㋂

出典:さいたま市

 

歴史の道見沼通船堀
歴史の道見沼通船堀
歴史の道見沼通船堀
歴史の道見沼通船堀
歴史の道見沼通船堀
歴史の道見沼通船堀
史跡 見沼通船堀西録第一関
史跡 見沼通船堀西録第一関
国指定史跡 見沼通船堀西録
国指定史跡 見沼通船堀西録

国指定史跡 見沼通船堀 西縁

1.指定年月日 昭和5773
(文部省公示第115号)

2.指定基準
特別史跡名勝天然記念物及び史跡名勝天然記念物指定基準
〔史跡6〕(その他産業交通土木に関わる遺跡)による。

3.説明

見沼通船堀は、江戸時代中期に築造された閘門式(こうもんしき)運河の遺構です。

享保13年(1728)徳川幕府は井沢弥惣(いざわ やそ)兵衛(べえ)為永(ためなが)に命じ灌摡用水路である見沼代用水路を開削しました。その3年後の享保16年、物資輸送を目的に、為永によって東縁用水、西縁用水とその中央を流れる芝川を結んでつくられたのが見沼通船堀です。

見沼通船堀は、東西二つに分かれており、東縁側が約390メートル、西縁側が約650メートルあります。

東西の各用水と芝川の水位差が3メートルもあったため、閘門を用いることによって水位差を調整し、船を通しました。

通船の時は、堀の土手から船につけた網を引いて通しました。

この時船頭はもちろんのこと、近所の人々の大きな助けが必要でした。

平成24年㋂

出典:さいたま市教育委員会

注意 この史跡は文化財保護法によって指定されています。みだりに現状を変更したり、減失し、き損、衰亡等保存に影響を及ぼす行為は禁止されています。

 

 

見沼通船堀
見沼通船堀
八丁堤
八丁堤

(はち) (ちょう) (つつみ)

所在地 さいたま市緑区大間木~川口市木曽呂

八丁堤は、関東郡代の伊奈半(いなはん)十郎(じゅうろう)(ただ)(はる)が築いた人工の堤である。

この堤は、長さが八町(約870メートル)ほどあるのでその名がつけらた。

徳川家康の関東入国後、伊奈氏は累代治水事業に力を尽し、利根川や荒川の流路を替えたり灌漑用水池をつくるなど関東地方の治川事業を次々に完成させた。

見沼溜井もその一つである。

 

寛永六年(1629)、伊奈忠治は、両岸の台地が最も接する旧浦和市大間木の附島と川口市木曽呂の間に八丁堤を築き灌漑用水池をつくった。

その面積は1200ヘクタールに及ぶ広大な溜井であった。

 

この溜井は、下流地域221か村の灌漑用水として使われたが、大雨が続くと氾らんしたり、旱ばつのときは、水が足りなくなったりするなどいろいろ不都合が出て、享保十二年(1727)、八代将軍吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛為永によって干拓されるに至った。

また、この八丁堤は寛永六年に伊奈忠治が陣屋を構えた赤山に通ずる「赤山街道」の一部でもある。

昭和58年㋂

出典:さいたま市

八丁橋
八丁橋
芝川緑道
芝川緑道
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田152
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田152
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田59‐1
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田59‐1
見沼通船堀東緑全体図
見沼通船堀東緑全体図

見 沼 通 船 堀

指定種別・名所  史跡・見沼通船堀

指定年月日 昭和5773

所 在 地 埼玉県浦和市大字大間木・下山口新田

見沼通船堀は、享保16年(1731)に幕府勘定吟味役井沢弥惣(いざわやそう)兵衛(べえ)為永(ためなが)によってつくられた我が国最古とされる閘門式運河です。

通船堀は代用水路縁辺の村々から江戸へ、主に年貢米を輸送することを目的として、東西の大用水路と芝川を結ぶかたちで八丁堤の北側につくられたものです。東縁側が約390m、西縁側が約654mありますが、大用水路と芝川との間に水位差が約3mもあったため、それぞれ関を設け、水位を調整して船を上下させました。関と関との間が閘室となり、これが閘門式運河と呼ばれる理由です。

閘門をもつことが見沼通船堀の大きな特徴となっており、技術的にも高く評価されています。

通船堀を通って江戸に運ばれたものは、年貢米の他野菜、薪炭、酒、柿渋など代用水縁辺の村々の生産物で、江戸からは肥料、塩、魚類、醤油、荒物などが運ばれました。

通船を行うのは、田に水を使わない時期で、初め秋の彼岸から春の彼岸まででしたが、後に冬場の2ヶ月程と短くなりました。

通船は明治時代にも盛んに行われましたが、陸上交通の発達などによってすたれ、大正時代の終わり頃には行われなくなり、昭和6年の通船許可の期限切れとともに幕をおろしました。

見沼通船堀は、江戸時代中期の土木技術や流通経済を知る上で貴重な史跡として国の史跡に制定されています。

また通船差配(船割役)の鈴木家住宅もあわせて指定され、保存されています。

文 化 庁

埼玉県教育委員会

出典:さいたま市教育委員会

〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123
見沼通船堀東緑
見沼通船堀東緑
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田109‐2
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田109‐2
〒333-0821 埼玉県川口市東内野478‐9
〒333-0821 埼玉県川口市東内野478‐9
〒333-0821 埼玉県川口市東内野478‐9
〒333-0821 埼玉県川口市東内野478‐9
川口自然公園前
川口自然公園前
川口自然公園前
川口自然公園前
東沼神社
東沼神社
東沼神社
東沼神社
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮 国道463号線
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮 国道463号線
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮 国道463号線
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮 国道463号線


大崎公園
大崎公園
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1940
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1940
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1730‐1
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1730‐1
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2192
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2192
国昌寺
国昌寺
国昌寺
国昌寺


〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2121‐1
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2121‐1
見沼田圃周辺斜面林
見沼田圃周辺斜面林
総持院
総持院
〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田12‐2
〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田12‐2
〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田126
〒336-0977 埼玉県さいたま市緑区上野田126
深井家長屋門
深井家長屋門

さいたま市指定有形文化財(建造物)

深井家長屋門 附弘化元年棟礼

平成4年㋂25日指定

この長屋門は茅葺寄棟造りで、桁行21.200m、梁行5.465mあり、中央の通路部分は幅4.740mあります。この通路部分の正面は、いわゆる「立ち隠れ」がある形式で、半間下げて門構えが設けられています。

なお、弘化元年(1844)の建立年を記して棟礼が伝わっています。

長屋門については、その建立年代に加えて、立ち隠れの有無、格式張った門構えか否か、扉が両開きが引分けか、門の両脇空間が閉鎖的か否か、という構造上の四点に着目することが、その成り立ちを理解する上での手助けとなります。

市内の指定文化財を例にとると、「大門宿本陣表門」(県指定・元禄七年―1694)や「永田家長屋門」(市指定・江戸時代末期)は立ち隠れがあり、冠木のある門構えに両開きの扉を持ち、両脇は閉鎖的な部屋で、一部板床が張られ、番所もあります。一方、旧武笠家長屋門(市指定・天明31783)は立ち隠れがなく、引き分け戸で、背面はすべて開放され、全面が土間となっています。前者は武家の薬医門にも通じる形態といえ、後者は門というよりも納屋といった印象を受けます。

深井家長屋門を正面から見ると、前述のとおり立ち隠れがあり、堅固な門構えに両開きの扉を吊っています。規模が大きいこともあって、江戸時代には上野田村天領分の名主役を勤めた深井家として、必要な格式を備えた表門であるといえます。

しかし、背後から見ると、ほとんどの部分が開放となっていて、かつて同家で盛んに行っていた柿渋作りをはじめとした各種の農作業にあって、欠くことのできない作業場であったことがわかります。格式と実用性とを巧みに両立させた建築といえます。

市内に残る長屋門のなかでも江戸時代に遡るものは少なく、さらにその多くは屋根などの外観に変更を受けています。その中で深井家長屋門は当初の姿を伝え、建立年代も判明している貴重なものです。

また、近世農村の名主家屋敷における門の位置付けを伝える資料でもあります。

平成141

出典:さいたま市教育委員会

 

さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
さぎ山記念公園
見沼自然公園
見沼自然公園
見沼自然公園
見沼自然公園
見沼自然公園
見沼自然公園
見沼代用水路の開祖 井澤弥惣兵衛為永
見沼代用水路の開祖 井澤弥惣兵衛為永

見沼代用水路の開祖

井澤弥惣(いざわやそ)兵衛(べえ)為永(ためなが)

井澤弥惣兵衛為永は紀州溝ノ口村(現和歌山県海南市)に生まれ、その年を明確に表すものはありませんが、徳川幕府が寛政年間にまとめた系譜集によると承応3年(1654)になっています。

為永は幼少の頃より学問、特に算術に秀でており、若くして

紀州藩に仕え、水利事業にその才能を発揮し、紀ノ川水系に造成

された亀井池は代表的な施設として現在でもその姿を保つています。

享保元年、徳川吉宗が八代将軍になった頃の幕府は財政状況が

大変苦しく、財政改革に乗り出した吉宗は紀州徳川藩主当時、

治水事業に能力を発揮していた為永を享保7年、江戸に召し出し、

紀州流といわれる土木技術により多くの新田開発をし、財政改革に

大きく貢献しました。

為永は享保10年、新田開発のため見沼溜井を視察し、干拓後の

水源を見沼に代わって利根川より水を引くこととし、享保12

1727)より工事を開始し、元荒川の底を通す伏越・綾瀬川

の上を通す掛渡井等を構築し、翌年の春に完成させ、総延長

60㌔に及ぶ見沼代用水路をわずか半年にて完成させました。

これにより見沼溜井約1200㌶の新田開発と八丁堤

下流の水源を確保することとなりました。

また、見沼代用水の開削に合わせ小林沼(久喜市)等の、数多くの沼地を開墾し、黒沼・笠原沼用水・天久保用水、高沼用水を始めとする多くの用水路を手掛けています。

そして閘門式運河としての通運施設を開発し、芝川と東縁・西縁用水路を結ぶ通船堀を享保16年(1731)完成させています。これは当時の我が国の技術レベルの上でも世界の通運史上からみても特筆されるものであり、現在通船堀遺跡は国指定史跡となっています。

為永は晩年、美濃部郡代を兼ね、元文3年(1738年)㋂にその生涯を閉じたとされています。

 

なお、「見沼代用水路」の名称については、

見沼に代わる水源としての用水路との

理由から命名されたものです。

 

 

〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳1丁目44.J
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳1丁目44.J
見沼自然公園
見沼自然公園
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳1丁目441
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳1丁目441
〒337-0036 埼玉県さいたま市見沼区見山27‐1
〒337-0036 埼玉県さいたま市見沼区見山27‐1
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳(大字)440
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳(大字)440
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳(大字)440
〒337-0024 埼玉県さいたま市見沼区片柳(大字)440
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室592
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室592
〒336-0906 埼玉県さいたま市緑区三浦 県道65号線
〒336-0906 埼玉県さいたま市緑区三浦 県道65号線
〒336-0906 埼玉県さいたま市緑区三浦 県道65号線
〒336-0906 埼玉県さいたま市緑区三浦 県道65号線
首都高速埼玉新都心線 側道
首都高速埼玉新都心線 側道
見沼たんぼ首都高ビオトープ
見沼たんぼ首都高ビオトープ
首都高速埼玉新都心線 側道
首都高速埼玉新都心線 側道
見沼たんぼ首都高ビオトープ
見沼たんぼ首都高ビオトープ

見沼たんぼ首都高ビオープ

ビオープとは・・・「地域の野生の生きものがくらす場所」という意味のことばです。

 

 

整備のポイント

池や湿地をつくる
元々が湿地だった見沼たんぼ地域の自然を再生し、多くの種類の生物を呼び込みます。

見沼周辺に生えている木を植える
景観を守ために、周辺に生えている樹木の種子を集め、2万本以上の苗木を栽培して植えました。

草原をつくる

芝川の堤防の自然と一体化させるため、チガヤを主にした草原をつくります。

見沼たんぼ首都高ビオトープ
見沼たんぼ首都高ビオトープ
首都高速埼玉新都心線 側道
首都高速埼玉新都心線 側道
埼玉県障害者交流センター
埼玉県障害者交流センター
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町2丁目244
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町2丁目244
埼玉県さいたま市 産業道路
埼玉県さいたま市 産業道路
独立行政法人造幣局 さいたま支局
独立行政法人造幣局 さいたま支局
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目185‐1
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目185‐1
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目185‐1
〒330-0835 埼玉県さいたま市大宮区北袋町1丁目185‐1
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2426
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2426
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)
中央会場(高沼遊歩道)(ゴール)

浦和駅東口パルコ前広場(スタート)→浦和駅東口入口→浦和駅東口(北)→本太坂下(バス)→駒場運動公園→花月(北)→中尾陸橋下→松芝公園→神明橋→見沼氷川公園→船戸橋 見沼代用水→米原橋 見沼代用水→さいたま市立浦和博物館→大道橋 見沼代用水→足袋屋橋 見沼代用水→木崎橋 見沼代用水→正樹院橋 見沼代用水→上木崎4丁目→大原地下道→与野駅東口(ゴール)

3月14日
YRコースを歩こう・新都心とふる里コース・14km・7km
埼玉県ウオーキング協会

浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
浦和駅東口パルコ前広場(スタート)
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町6 東仲町自治会集会所
〒330-0056 埼玉県さいたま市浦和区東仲町6 東仲町自治会集会所
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目 国道463号線
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目 国道463号線
本太坂下(バス)
本太坂下(バス)
駒場運動公園交差点
駒場運動公園交差点
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園
駒場運動公園
〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2丁目22 国道463号線
〒336-0931 埼玉県さいたま市緑区原山2丁目22 国道463号線
花月(北)交差点
花月(北)交差点
〒336-0932 埼玉県さいたま市緑区中尾 国道463号線
〒336-0932 埼玉県さいたま市緑区中尾 国道463号線
芝原一丁目交差点
芝原一丁目交差点
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目34‐13
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目34‐13
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目36‐23.
〒336-0918 埼玉県さいたま市緑区松木3丁目36‐23.
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園案内板
見沼氷川公園案内板
見沼氷川公園 案山子
見沼氷川公園 案山子
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
案 山 子
 
武笠 三

山田の中の一本足の案山子

天氣のよいのに蓑笠着けて

朝から晩までただ立ちどほし

歩けないのか、山田の案山子

 

山田の中の一本足の案山子

弓矢で威して力んで居れど

山では烏がかあかと笑ふ

耳が無いのか、山田の案山子
春彦書
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園 唱歌(案山子)発祥地
見沼氷川公園
見沼氷川公園
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目19‐19
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目19‐19
見沼氷川公園
見沼氷川公園
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目25‐12
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本2丁目25‐12
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室3032‐8
見沼田園の見所案内(氷川女體神社(氷川女体神社))
見沼田園の見所案内(氷川女體神社(氷川女体神社))
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場2丁目5‐41
〒336-0912 埼玉県さいたま市緑区馬場2丁目5‐41


みむろ桜広場
みむろ桜広場
みむろ桜広場
みむろ桜広場

み む ろ 桜 広 場

この広場は、誰もが自由に気軽に利用できる広場です。

レクリエーション・憩いの場として、思いやりと譲り合いで、

みんなが楽しめる広場にしましょう。

以下の注意事項を守って仲良く利用しましょう。

●ゴミや空き缶は、持ち帰りましょう。

●たき火や花火など危険な遊びはやめましょう。

●キャッチボールやバトミントンなどを行うときは、

  他の人にけがをさせないよう、自己責任のもと、

  お互いの安全に気をつけて利用しましょう。

●その他、マナーを守って利用しましょう。

出典:さいたま市

みむろ桜広場
みむろ桜広場
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐95
山崎緑地
山崎緑地
〒336-0903 埼玉県さいたま市緑区山崎1丁目15‐16‐2
〒336-0903 埼玉県さいたま市緑区山崎1丁目15‐16‐2
浦和御嶽神社
浦和御嶽神社
埼玉県立浦和西高等学校
埼玉県立浦和西高等学校
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐23
〒330-0042 埼玉県さいたま市浦和区木崎3丁目1‐23
与野駅東口交差点
与野駅東口交差点
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 県道120号線
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎 県道120号線
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1丁目2‐13 ネオスタンダード与野店
〒330-0071 埼玉県さいたま市浦和区上木崎1丁目2‐13 ネオスタンダード与野店
与野駅
与野駅
与野駅
与野駅

北原公園(スタート)→浦和競馬場前→上谷沼運動広場→明花公園→見沼通船堀公園→八丁橋→見沼みちくさ道路→川口自然公園→大崎公園→見沼大橋→みむろ桜広場→駒場運動公園→北原公園(ゴール)

YRコースを歩こう
・見沼通船掘と緑のヘルシーロード
・25km・8km
埼玉ウオーキング協会

北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)
北原公園(スタート)

北原公園(スタート)
北原公園(スタート)

北原公園(スタート)
JR線に沿って浦和方面に進む
JR線に沿って浦和方面に進む
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1丁目6‐19
〒336-0017 埼玉県さいたま市南区南浦和1丁目6‐19
浦和競馬場前
浦和競馬場前
浦和競馬場前

浦和競馬場前
JR武蔵野線に沿って東浦和方面に進む
JR武蔵野線に沿って東浦和方面に進む
上谷沼運動広場
上谷沼運動広場
二十三夜交差点
二十三夜交差点
二十三夜交差点

二十三夜交差点
〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪(大字)3016
〒336-0015 埼玉県さいたま市南区太田窪(大字)3016
明花公園
明花公園
明花公園

明花公園
明花公園

明花公園
明花公園

明花公園


〒333-0861 埼玉県川口市柳崎3丁目22‐2
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎3丁目22‐2
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎4丁目8‐25
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎4丁目8‐25
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目3‐5
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目3‐5
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目15‐9
〒333-0861 埼玉県川口市柳崎5丁目15‐9
見沼通船堀公園
見沼通船堀公園
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
見沼通船堀公園

見沼通船堀公園
八丁橋
八丁橋
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田123‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田187‐4
〒336-0925 埼玉県さいたま市緑区下山口新田187‐4
〒333-0821 埼玉県川口市東内野484‐5
〒333-0821 埼玉県川口市東内野484‐5
見沼みちくさ道路
見沼みちくさ道路
川口自然公園
川口自然公園
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮803
〒336-0965 埼玉県さいたま市緑区間宮803
大崎公園
大崎公園


〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1907
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎1907
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2203
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎2203
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎22031
〒336-0974 埼玉県さいたま市緑区大崎22031
見沼大橋
見沼大橋
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目22‐1
〒336-0916 埼玉県さいたま市緑区宮本1丁目22‐1
みむろ桜広場
みむろ桜広場
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐110
〒336-0911 埼玉県さいたま市緑区三室2459‐110
〒336-0907 埼玉県さいたま市緑区道祖土4丁目26‐6
〒336-0907 埼玉県さいたま市緑区道祖土4丁目26‐6


〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目23‐10
〒330-0052 埼玉県さいたま市浦和区本太5丁目23‐10

北原公園(スタート)→南浦和駅→六辻水辺公園入口→六辻交差点→ロッテ浦和球場→武蔵浦和駅→花と緑の散歩道→別所沼公園→常磐緑道→常磐小学校→市立浦和北公園→県立近代美術館→県立北浦和公園→北浦和駅西口開設記念碑→新浦和陸橋→調神社→浦和第一女子高→北原公園(ゴール)

★YRコースを歩こう
・花と緑の散歩道コース★
埼玉ウオーキング協会

北原公園(スタート)
北原公園(スタート)


北原公園(スタート)

北原公園(スタート)
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2‐6
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2‐6
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2‐6 大栄ビル
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵3丁目2‐6 大栄ビル
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵4丁目2‐9‐1
〒336-0025 埼玉県さいたま市南区文蔵4丁目2‐9‐1
〒336-0024 埼玉県さいたま市 中山道
〒336-0024 埼玉県さいたま市 中山道
浦和警察署六辻交番前
浦和警察署六辻交番前
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻2丁目1‐9
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻2丁目1‐9
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目14‐30
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目14‐30
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目22‐5‐6
〒336-0026 埼玉県さいたま市南区辻4丁目22‐5‐6
ロッテ浦和球場
ロッテ浦和球場
花と緑の散歩道
花と緑の散歩道
別所沼公園
別所沼公園
〒338-0012 埼玉県さいたま市中央区大戸1丁目28‐14
〒338-0012 埼玉県さいたま市中央区大戸1丁目28‐14
〒330-0061 埼玉県さいたま市 県道57号線
〒330-0061 埼玉県さいたま市 県道57号線
県立北浦和公園
県立北浦和公園
県立北浦和公園

県立北浦和公園
県立北浦和公園

県立北浦和公園
県立北浦和公園

県立北浦和公園
県立北浦和公園

県立北浦和公園
県立北浦和公園

県立北浦和公園
県立北浦和公園
県立北浦和公園
〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26‐19 新井ビル
〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町4丁目26‐19 新井ビル

さいたま市中央区役所(スタート)→与野中央公園→与野七福神鈴谷大堂→与野の大カヤ→彩の国さいたま芸術劇場→円福寺→円乗院→天祖神社→与野本町公民館→与野御嶽社→与野公園→大國社 足の神様→一山神社→氷川神社→上落合公園→北与野駅→さいたま市中央区役所(ゴール)

第32回 与野七福神めぐり
2018年1月3日(水)

武蔵浦和駅から富士山を望む
武蔵浦和駅から富士山を望む
さいたま市中央区役所(スタート)
さいたま市中央区役所(スタート)
さいたま市中央区役所(スタート)

さいたま市中央区役所(スタート)
さいたま市中央区役所(スタート)

さいたま市中央区役所(スタート)
さいたま市中央区役所(スタート)

さいたま市中央区役所(スタート)
〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合7丁目8‐13
〒338-0002 埼玉県さいたま市中央区下落合7丁目8‐13
〒338-0011 埼玉県さいたま市中央区新中里3丁目14‐9
〒338-0011 埼玉県さいたま市中央区新中里3丁目14‐9
与野七福神鈴谷大堂
与野七福神鈴谷大堂
〒338-0013 埼玉県さいたま市中央区鈴谷7丁目2‐19
〒338-0013 埼玉県さいたま市中央区鈴谷7丁目2‐19
与野の大カヤ
与野の大カヤ
伝説 大榧と金毘羅天
伝説 大榧と金毘羅天

伝 説

大榧と金毘羅天

今からおよそ千年の昔、後一天皇の長元年間、鈴谷に一本の榧の木がうえられた。それからおよそ三百年ほど経った鎌倉時代になると、榧の大木の傍らに心浄寺(弾宗建長寺派)の寺が建てられ、その榧

の木の神木として崇め、金毘羅天も祀られた。

時は応永15年(1408年)の春、時の住僧周如弾師は法華経を信じるようになった。そしてある名月の夜深く、一心に座禅していた周如弾師の前に守護神の金毘羅天がまぼろしの如く現れ、「明日高僧来たり厚く尊信せよ」とのお告げがあった。その当時、下総中山の法宣院という日蓮宗では寺格の高い寺に、日英上人という高僧がおり周如弾師と時を同じくして「わたしは武州鈴谷郷に鎮座する金毘羅天なり。この地にようやく布教の機が熱したので上人が来て教えを広め、衆生を救え」というお告げを受けた。

日英上人は感極まって、ただちに身支度を整え、はるばる鈴谷の周如弾師を訪ねてきて、お互いに霊感があったことを語り合り、法論を重ねること数日、周如弾師は日英上人の弟子となって、名も日性と改め、寺名も法華道場(妙行寺)と改宗したということである。

〒338-0013 埼玉県さいたま市中央区鈴谷4丁目12‐3 (有)鯉沼商店
〒338-0013 埼玉県さいたま市中央区鈴谷4丁目12‐3 (有)鯉沼商店
彩の国さいたま芸術劇場
彩の国さいたま芸術劇場
円福寺
円福寺
円乗院
円乗院
円乗院

円乗院
円乗院

円乗院
円乗院

円乗院
円乗院

円乗院
円乗院

円乗院
天祖神社
天祖神社

天祖神社
与野御嶽社
与野御嶽社
与野御嶽社

与野御嶽社
大國社 足の神様
大國社 足の神様
大國社 足の神様

大國社 足の神様
〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西3丁目2‐6
〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西3丁目2‐6
一山神社
一山神社
一山神社

一山神社
一山神社

一山神社
一山神社

一山神社
一山神社

一山神社
一山神社

一山神社
氷川神社
氷川神社