根岸台6丁目児童湯園地(スタート)→根岸台市民センター・ねぎしだい児童館→岡氷川神社鳥居前→岡城跡→花の木交差点→新宮戸橋(埼玉県新宮戸橋)→志木新河岸川あじさいロード→志木市村山快哉堂→上の水車跡→東武東上線志木駅(ゴール)

梅雨前の晴れのカラッと明るい夏空を期待して。

アジサイロードの観歩ウオーキング

広告
根岸台6丁目5から朝霞駅東口方面
根岸台6丁目5から朝霞駅東口方面
朝霞都市計画道路事業3・4・4号岡通線
朝霞都市計画道路事業3・4・4号岡通線
広告
根岸台6丁目児童湯園地
根岸台6丁目児童湯園地

根岸台六丁目児童遊園地

園内の施設や遊具等を大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
園内の施設や遊具等を大切にしましょう。ゴミは持ち帰りましょう。園内に犬など動物をつれて入らないでください。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。たき火、火の使用は禁止します。
オートバイ・自転車の乗り入れは禁止します。野球・サッカー・ゴルフの練習は禁止します。たき火、火の使用は禁止します。
根岸台六丁目児童遊園地

わたしたちの施設です。大切に使っていつもきれいにしましょう。

遊んだあとは、手をあらいましょう。

出典:朝霞市

広告
https://choochin.com/20200609/根岸台6丁目児童湯園地1.JPG
根岸台6丁目児童湯園地
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目8
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目8
広告
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目7−15
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台6丁目7−15
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目3−55
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目3−55
広告
アジサイ(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目4)
アジサイ(〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目4)
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目5
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台2丁目5
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6
根岸台市民センター・ねぎしだい児童館
根岸台市民センター・ねぎしだい児童館
広告
白石商店(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目16)
白石商店(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目16)
朝霞市立朝霞第二小学校(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目16−13)
朝霞市立朝霞第二小学校(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目16−13)
広告
岡氷川神社鳥居前(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社鳥居前(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社境内(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社境内(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)

岡氷川神社

岡氷川神社の創建年代や由緒については不詳ですが、岡村・根岸村・溝沼三村の鎮守として祀られていたといいます。明治時代には村社に列格していました。

出典:猫の足あと

岡氷川神社鳥居(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社鳥居(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社境内(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)
岡氷川神社境内(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20−1)

保護地区指定標識

自然はわたしたちの宝です。

緑を大切に守りましょう。

指定 番号 37

指定年月日 平成6121

出典:朝霞市

広告
城山公園案内図
城山公園案内図
岡の城山由来記
岡の城山由来記

岡の城山由来記

この城山は今から約8000年~4500年位前の縄文時代の遺跡であるとともに、中世の頃に築城された平山城跡と言われている。

この当時の城主や築城者は今のところ不詳である。この城は南北朝期、室町期、戦国期と各時代にわたって多くの武将を育み、応永の乱(1399年)や応仁の乱(1467年~1477年)等の大きな戦歴の跡を物語っていると言えよう。

また、この城の特徴は自然の物理的要素を活かしたもので、城の北側斜面は低地を流れる黒目川が取り巻くように走り、しかも舌状台地(台地の先端が舌のような形になっているところ)上にあって、まさに天然の要塞を呈している。

そして城内は「折れひずみ」と呼ばれる空壕と土畳によって区分けした郭があり、1ノ郭・二の郭・三ノ郭・四ノ郭・その外西側の虎口、堀切、北側の搦手口、南側の腰部、櫓台、犬走り等によって構成されている。

このような形の城のつくりは「直線連郭式工法」と呼ばれている。

=朝霞市岡の城山総合調査委員会中間報告=より

昭和5611

出典:朝霞市

広告
岡城跡(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目25−54)
岡城跡(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目25−54)
お知らせ 朝霞ライオンズクラブ
お知らせ 朝霞ライオンズクラブ

お知らせ(朝霞ライオンズクラブ)

朝霞ライオンズクラブでは、平成6年度から9年度までの事業の一環として、当地城山公園内に、市民の皆様に末永く楽しんで頂けますよう〔あじさい植樹〕を行います。

朝霞ライオンズクラブ一同

〔今後共、市民の皆様のご協力をお願いします。尚詳しい事は事務所までご連絡して下さい。〕

出典:朝霞ライオンズクラブ事務局

広告
黒目川(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目30)
黒目川(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目30)
黒目川(花ノ木橋(城山通り))
黒目川(花ノ木橋(城山通り))
広告
岡城跡側道(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目25−54)
岡城跡側道(〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目25−54)
黒目川遊歩道MAP

黒目川遊歩道MAP

黒目川遊歩道MAP
黒目川遊歩道MAP
広告
黒目川(花ノ木橋(城山通り))から下流を眺める
黒目川(花ノ木橋(城山通り))から下流を眺める
黒目川(花ノ木橋(城山通り))から上流を眺める
黒目川(花ノ木橋(城山通り))から上流を眺める
広告
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート 志木市立秋ヶ瀬運動場(羽根倉橋)から20㎞
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート 志木市立秋ヶ瀬運動場(羽根倉橋)から20㎞
花の木交差点
花の木交差点
広告
花の木交差点
花の木交差点
〒351-0032 埼玉県朝霞市大字田島44−4
〒351-0032 埼玉県朝霞市大字田島44−4
広告
朝霞念法寺(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎123−1)
朝霞念法寺(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎123−1)

念法眞教

念法(ねんぽう)(しん)(きょう)は、教祖の小倉霊現(小倉庄太郎、188699 – 198235日)が1925年(大正14年)に立教開宗した仏教系の新宗教。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
朝霞念法寺(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎123−1)
朝霞念法寺(〒351-0033 埼玉県朝霞市大字浜崎123−1)
内間木支所交差点
内間木支所交差点
広告
細田学園高等学校第二グラウンド周辺(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸字後耕地78)
細田学園高等学校第二グラウンド周辺(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸字後耕地78)
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
広告
JR武蔵野線 宮戸陸橋
JR武蔵野線 宮戸陸橋
宮戸四丁目 浜崎←→新宮戸橋
宮戸四丁目 浜崎←→新宮戸橋
広告
グループホームときわ(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸1614)
グループホームときわ(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸1614)
グループホームときわ(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸1614)
グループホームときわ(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸1614)
広告
朝霞浄水場排水処理所(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸)
朝霞浄水場排水処理所(〒351-0031 埼玉県朝霞市大字宮戸)
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
広告
新宮戸橋(埼玉県新宮戸橋)
新宮戸橋(埼玉県新宮戸橋)
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸4丁目
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸4丁目
広告
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
宮戸橋(埼玉県宮戸橋)
宮戸橋(埼玉県宮戸橋)
広告
みつばすみれ学園(〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡1丁目23)
みつばすみれ学園(〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡1丁目23)
河川占有許可標識
河川占有許可標識

河川占用許可標識

占用目的埼玉県水道用水供給事業
占用面積608,83㎡
占用者名埼玉県大久保浄水場
連絡先埼玉県大久保浄水場工務部
048-852-8841
所轄事務所・出張所埼玉県朝霞県土整備事務所
河川占用許可標識
広告
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
この付近の河川は私たちが美化活動を行っています。
この付近の河川は私たちが美化活動を行っています。

この付近の河川は私たちが

美化運動を行っています。

水辺のサポーター平成2210月協定締結

社会福祉法人朝霞地区福祉会

生活介護事業所すずらん

美化活動区間

志木市下宗岡地内外

(富士下橋から宮戸橋)

出典:朝霞県土整備事務所・志木市

広告
焼だんごうさぎ家周辺(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
焼だんごうさぎ家周辺(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
焼だんごうさぎ家周辺(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
焼だんごうさぎ家周辺(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
広告
焼だんごうさぎ家周辺1(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
焼だんごうさぎ家周辺1(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目17−7)
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード(〒353-0004 埼玉県志木市11本町2丁目12−12)
志木新河岸川あじさいロード(〒353-0004 埼玉県志木市11本町2丁目12−12)

このアジサイは、「彩の国みどりの基金」

このアジサイは、「彩の国みどりの基金」を活用した事業で植えています。

出典:志木市

広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
あぶない!!
あぶない!!

あぶない!!

🔶一人で遊ばない

🔶小さな子どもだけで遊ばない

🔶こんな時は、すぐに川から離れましょう

・雨が降りはじめた時

・水が流れてくる方の空に黒い雲が見えた時

・雷が聞こえた時

・落ち葉や流木、ゴミが流れてきた時

広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
富士下橋(〒353-0002 埼玉県志木市3富士下橋
富士下橋(〒353-0002 埼玉県志木市3富士下橋
広告
富士下橋から新河岸川上流を眺める
富士下橋から新河岸川上流を眺める
富士下橋から新河岸川下流を眺める
富士下橋から新河岸川下流を眺める
広告
愛の泉(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目10−10)
愛の泉(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目10−10)
昆虫のすむ池
昆虫のすむ池

昆虫のすむ池

私たちのくらしている街は、アスファルトやコンクリートでおおわれている場所が多いため、土の部分が少なくなっています。そのため植物はそだたず、虫たちはすみかをうしなってしまいました。

志木市ではこの池のような場所をできるだけ本来の自然の姿のまま残し、トンボやアメンボウなどの虫たちや虫を食べに集まってくる鳥たちのために守っていきたいと考えています。

この池にコイ、ブラックバス、ブルーギルなどの魚を放流することは、本来の自然の状態の大きなえいきょうを与えることとなるため、絶対にしないようお願いいたします。また、新たに花や草を植えたり、はえている野草をむやみにふみつけたり、ホテイアオイのようなはんしょくりょくの強い植物を捨てたりすることも自然の状態にえいきょうを与えることとなるので行わないでください。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

出典:志木市

広告
愛の泉(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目10−10)
愛の泉(〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目10−10)
愛の泉
愛の泉

こもれびのこみち 斜面林の手入れ&自然観察

ボランティア募集

 

 

いろは親水公園・こもれびのこみち斜面林は、武蔵野台地と荒川低地の境に位置する、市内でも貴重な林です。

かつての武蔵野の雑木林のように、定期的に人の手を加えることによって、さまざまな木や野草・生き物が棲める、より豊かな林にしていきます。

参加を希望される方は、当日9:30にこの場所にお集まりください。

出典:志木市公園美化活動会

NPO法人エコシティ志木

いろは親水公園
いろは親水公園

いろは親水公園

みんなの公園です。次のことに注意して遊びましょう。

〇他の人に迷惑をかける遊びはやめましょう。

〇たき火・花火などの火気を使用することはやめましょう。

〇樹木や遊具を大切にしましょう。

〇夜間の利用は、控えましょう。

〇犬の飼い主はフンを持ち帰り、放し飼いはしない。

〇ごみは持ち帰りましょう。

〇小さな子どもは保護者が同伴し、一人では遊ばない。

〇許可を受けないで物品を販売することはできません。

〇自転車・バイクなどでの散策路への乗り入れはできません。

〇公園を占用する場合は、許可をうけましょう。

出典:志木市役所

あぶない!!

🔶一人で遊ばない

🔶小さな子どもだけで遊ばない

🔶こんな時は、すぐに川から離れましょう

・雨が降りはじめた時

・水が流れてくる方の空に黒い雲が見えた時

・雷が聞こえた時

・落ち葉や流木、ゴミが流れてきた時

広告
新河岸川・綾瀬川合流地点
新河岸川・綾瀬川合流地点
いろは親水公園マップ
いろは親水公園マップ

いろは親水(しんすい)公園(こうえん)マップ

いろは親水公園マップ
いろは親水公園マップ

出典:志木市コミュニティ協議会

広告
親水施設を整備しています。
親水施設を整備しています。
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目.JPG
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目.JPG
広告
いろは樋の大桝
いろは樋の大桝

いろは(どい)大桝(おおます)

寛文2年(1662)※、宗岡を治めていた岡部氏の家臣の白井(しらい)()()衛門(えもん)が、引又(現志木市本町)まで来ていた野火止用水を宗岡でも利用できるようにするため、新河岸川の上をわたす大きな木樋を作りました。この樋は、板を48枚継いでいたことから、「いろは樋」とよばれました。※一説では、万治2年(1659

この樋は、連通管の仕組みによって、市場通りにあった小桝から地中に埋めた木樋で大樋までつなぎ、さらに木樋をつないで懸け樋の高さまで水を上げていました。

大樋は、はじめは木製でしたが、明治31年(1898)~36年(1903)の工事によりレンガ積みとなり、木樋は川の下を通る鉄管に変わりました。

いろは樋は、昭和40年(1965)市場通りの野火止用水が暗渠(あんきょ)となり、灌漑(かんがい)用水としての役目を終えるまで、長きにわたり、宗岡にゆたかな実りをもたらしました。

平成263

出典:志木市教育委員会

文化財まっぷ 歴史散歩案内編

A-コース 野火止用水と引又宿をたずねて

いろは樋の大樋

次は、下の水車跡です。

広告
一級河川 やなせかわ
一級河川 やなせかわ
志木市役所(〒353-8501 埼玉県志木市中宗岡1丁目1−1)
志木市役所(〒353-8501 埼玉県志木市中宗岡1丁目1−1)
広告
志木市役所(〒353-8501 埼玉県志木市中宗岡1丁目1−1)
志木市役所(〒353-8501 埼玉県志木市中宗岡1丁目1−1)
志木市村山快哉堂
志木市村山快哉堂

志木市(しきし)村山(むらやま)快哉堂(かいさいどう)

・旧村山快哉堂(市指定文化財)

明治10年(1977年)建築

木造二階建て土蔵造りの店蔵

開館日 :金・土・日・月曜日・祝日

開館時間:午前10時~午後4

・村山快哉堂ひろば

広告
市指定文化財 旧村山快哉堂 公園入口
市指定文化財 旧村山快哉堂 公園入口

市指定文化財

旧村山快哉堂

公園入口

広告
中風根切薬
中風根切薬

中風根切薬

明治10(1877)11月に建築された木造2階建て土蔵造りの店蔵で平成7(1995)に解体後、平成13(2001)にいろは親水公園なかすの林(現:村山快哉堂ひろば)に移築復元したもの。

店蔵が座売り形式の商形態を残す点、一階中央部分の吹き抜け、鉢巻の2段構成、ムシコ窓とその枠回りなど川越の店蔵とは異なる特有の意匠構成が見られ、貴重な有形文化財(建造物)です。

江戸時代から「中風根切薬」「分利膏」「正齋湯」などの家傅薬を製造・販売する薬店。座売り形式を残す点や一階中央に吹き抜けがあることなど特異な意匠がみられる。本町3丁目から移築。

出典:埼玉大使

広告
伝統的建造物旧村山快哉堂
伝統的建造物旧村山快哉堂

伝統的建造物村山(むらやま)快哉堂(かいさいどう)

旧村山快哉堂は、明治10年(1877)に建築された木造二階建て土蔵造りの店蔵(みせぐら)で、本町通り(本町3丁目)に面して屋敷を構え、「中風(ちゅうふう)根切(ねぎり)(やく)」「(ぶん)()(こう)」「正齋(しょうさい)(とう)」などの各種家傅薬を製造、販売する薬店でした。

村山家は、創業以来、平成5年(1993)まで七代にわたって薬屋業を営んでいました。

平成6年に村山家が建物を取り壊すことになっため、市教育委員会では、所有者(当主村山源(むらやまみな)(ひろ)氏)から寄贈を受け、平成7年(1995)に解体後、4年の保存期間を経て、いろは親水公園中州ゾーンに約2年間の歳月をかけ、移築復元したものです。

この店蔵の建築年代は、(けやき)の通し柱に墨書きされていた「明治十年丑十一月十二日建之」という文字の発見により確認されました。

当初は、(しろ)漆喰(しっくい)の壁でしたが、明治後期ごろ黒漆喰(くろしっくい)仕上げに改修されています。建造物としては、店蔵が座売(ざう)り形式の商形態を残している点や一階部分の中央に吹き抜けがあること、また、鉢巻の二段構成やムシコ窓及び開口部の枠回りなど、川越の店蔵とは異なる特有の意匠構成がみられることからも貴重な文化財と言えます。

平成13327

出典:志木市教育委員会

 

 

 

広告
カッパの郷 志木 ⑨宙太郎
カッパの郷 志木 ⑨宙太郎

カッパの(さと) 志木

⑨宙太郎⑨宙(ちゅう)太郎(たろう)
⑨宙太郎

田子山冨士のナゾを解け

問題(7)

浅間下社(せんげんしもしゃ)外壁(がいへき)(みぎ)側面(そくめん))に

()られたレリーフは

「〇〇〇〇〇〇〇〇〇」

広告
タイトル「私のいろはがっぱ№6」
タイトル「私のいろはがっぱ№6」
カッパの郷 志木 ⑦ユーユー ⑧スイスイくん
カッパの郷 志木 ⑦ユーユー ⑧スイスイくん

カッパの(さと) 志木

⑦ユーユー
⑧スイスイくん
カッパ
⑦ユーユー ⑧スイスイくん

田子山冨士のナゾを解け

問題(8)

浅間下社(せんげんしもしゃ)外壁(がいへき)(みぎ)側面(そくめん))に

()られたレリーフは

「白糸の〇〇」

新河岸川舟運の歴史
新河岸川舟運の歴史

新河岸川舟運の歴史

新河岸川舟運と(ひき)(また)河岸

大正時代前の新河岸川は、九十九曲がりと言われるほど蛇行しており、豊かな水量を常に保つことができたため、江戸時代から明治時代にかけて、舟運に利用され、交通の大動脈として重要な役割を果たした。

新河岸川舟運の起源は、寛永15年(1638)に川越の大火で燃えた東照宮・喜多院を再建するため、江戸城紅葉山(もみじやま)御殿を運んだことに始まると言われているが、それ以前からも本河岸(もとがし)(現富士見市)や古市場(元川越市)までの舟運が行われていたようである。正保2年(1645)の川越藩主松平信綱が川筋を整備し、舟運が本格化した。

引又河岸(明治7年からは志木河岸と言われる)は、新河岸川の河岸場のなかでも、取引の範囲が群を抜いて広大であり、所沢・立川・八王子・青梅さらには甲府まで荷主が分布していた。これは、府中から大宮を経て奥州に達する奥州街道と交差する交通の要衝であり、また、江戸時代初期から(ろく)(さい)(いち)(月に6回行われる定期市)が立てられていたことによると考えられる。

舟運に使われた舟は、80石~100石(1石は、一人が1年間に消費する米量)ぐらいの規模だったが、速さによって分けられ、飛切(とびきり)(引又を夕方出て翌日の夜明けに花川戸(現浅草)に着く)、早舟(下りに15時間)、並舟(不定期)の3種類があった。

取り扱われた貨物は、江戸からの上りものでは綿糸・太物・小間物・雑貨・(ぬか)(しめ)(かす)・塩・(わら)・石材など、江戸への下りものでは酒・米・大麦・小麦・壁土などであり、多岐にわたっていた。乗客を扱うようになったのは、天保の頃(18301840)からで、おもに飛切が使用された。

引又河岸には、いつの時代にも2軒ないしそれ以上の舟問屋が営業していたが、新河岸川の改修により、昭和6年(1931)には廃業に至った。

県では、平成23年(2011)に新河岸川舟運の復活のシンボルとして、水辺再生100プラン推進事業でいろは橋下流の舟着場を建設し、栄橋下流に引又河岸を復元した。

『新河岸川舟運□□』(『□□・川越舟運』
『新河岸川舟運□□』(『□□・川越舟運』
新河岸川舟運と引又河岸引又河岸(明治37年)
新河岸川舟運と引又河岸引又河岸(明治37年)
新河岸川舟運と引(ひき)又(また)河岸
現在のいろは橋付近にあった宗岡閘門(左)と洗堰(右)(昭和28年)

宗岡(こう)門と洗堰(あらいぜき)(通称 いろは水門)

大正10年(1921)から、水害対策を主眼として新河岸川の改修が行われ、舟運の便を図るために昭和4年(1929)に宗岡閘門と洗堰が完成した。

「埼玉のパナマ運河」といわれ、閘門は舟運幅6m、閘室の長さ26mで、前後に各2枚の閘扉があり入力で開閉し、1回の舟運操作時間は約20分であった。水遊びや魚釣りなど人々の憩いの場所としても親しまれた。

昭和初期には、輸送の中心は鉄道に移りその役割を終え、水流の妨げとなることから、昭和55年(1980)に撤去された。

下流から上流に向かう舟は閘門の開閉で水位を合わせて運行していた。
下流から上流に向かう舟は閘門の開閉で水位を合わせて運行していた。

下流から上流に向かう舟は閘門の開閉で水位を合わせて運行していた。

出典:埼玉県土整備事務所

広告
新河岸川舟運の歴史
新河岸川舟運の歴史
伝統的建造物旧西川家潜り門
伝統的建造物旧西川家潜り門

伝統的建造物旧西川(にしかわ)家潜り門(けくぐりもん)

この門は、西川家(本町2丁目 当主西川享氏)の中庭に建てられていましたが、取り壊されることとなったため、市教育委員会で寄贈を受け平成8年に解体し、暫く保存してからこの場所に復元したものです。

門の形式は、正式には棟門(むなもん)といいますが、西川家の中腹に建っていたことから(くぐ)(もん)と呼ばれています。

建築年式は、武州一揆の刀の傷跡が扉や柱にみられることや伝承などから、慶応2年(1866)頃と推定されます。

棟高3.03m、総長5.454mの欅造(けやきづく)り、屋根は切妻土葺(きりつまどぶ)(さん)瓦葺(がわらぶ)きで、昭和2年(1927)頃には、門の両袖に一間の長さの(こし)(たて)板張(いたば)黒漆喰(くろじっくい)(べい)が付けられていましたが、解体時には、右側のみが残されていました。

西川家は、江戸時代初期に、この地に来往し、幕末には酒造業・水車業・肥料商を営むかたわら、引又町の組頭役を務めた名家で、今でも西川本家の通称で呼ばれています。

平成13327

出典:志木市教育委員会

広告
伝統的建造物旧西川家潜り門
伝統的建造物旧西川家潜り門
〒353-0004 埼玉県志木市本町1丁目2−3
〒353-0004 埼玉県志木市本町1丁目2−3
広告
本町3三丁目交差点
本町3三丁目交差点
上の水車跡
上の水車跡

上の水車

このモニュメントは、大正初期頃までこの地にあった上の水車をしのんで製作されたものです。

広告
上の水車跡
上の水車跡

(かみ)水車(すいしゃ)(あと)

(ひき)(また)宿(じゅく)(現本町12丁目付近)には、かつて上の水車・中の水車・下の水車(河岸の水車)と呼ばれる三つの水車がありました。

上の水車が開設されたのは、安永5年(1776)といわれ、引又宿の中では、一番新しい水車でした。

この水車の(きね)数は天明8年(1788)当時十本で、玉川上水筋に設置された水車としては、その大きさも標準的であったと推測されています。

江戸時代には、このような水車を主に玄米を白米に精製するために使用しており、ここで精米された白米は、引又宿内にあった多数の宿屋、飲食店、酒造業者などで使用されていました。

平成71020

出典:志木市教育委員会

文化財まっぷ 歴史散歩案内編

Aコース 野火止用水と引又宿をたずねて

上の水車跡

次は、西川地蔵堂です。

広告
東武東上線志木駅
東武東上線志木駅
広告

〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)→水久保公園→越戸川 日の出橋→新倉ふれあい橋→越戸川の桜並木→新河岸川内間木橋(内間木通り)→朝霞水門→秋ヶ瀬橋交差点→昭和水門 周辺交差点→西浦和駅(武蔵野線高架下)(ゴール)

晩秋の晴天の下、越戸川遊歩道、荒川河川敷から秋ヶ瀬経由17号バイパス
武蔵野線西浦和駅までのウオーキング

広告
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目5(スタート)
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目17−41
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台7丁目17−41
広告
水久保公園
水久保公園
水久保公園脇道
水久保公園脇道
広告
水久保公園脇道
水久保公園脇道
越戸川 日の出橋
越戸川 日の出橋
広告
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
広告
上谷津公園
上谷津公園
上谷津公園
上谷津公園
広告
越戸川 右岸遊歩道から根岸台自然公園を眺める
越戸川 右岸遊歩道から根岸台自然公園を眺める
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
広告
新倉ふれあい橋
新倉ふれあい橋
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
広告
越戸川ふれあいゾーンから東京外環自動車道を眺める
越戸川ふれあいゾーンから東京外環自動車道を眺める
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
広告
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
越戸川 右岸遊歩道
広告
越戸川ってどんな川
越戸川ってどんな川

越戸(こえど)(がわ)ってどんな川?

広告
越戸川ってどんな川?

越戸川の歴史

越戸川は、陸上自衛隊朝霞駐屯地の「(なな)()(がま)」などを水源とし、朝霞市と和光市の間を流れ、新河岸川に、注いでいます。水量が多く流れもはやい川で、谷のような川岸にコンクリートや鉄製の護岸が敷かれ、鉄パイプが上をまたぐ「鉄の川」と呼ばれる親しみにくい川でした。しかし、平成20年度からスタートした「水辺再生100プラン」のもと、地域の皆さんの協力のおかげで親しみやすい身近な川へと生まれ変わったのです。

 

越戸川水辺のサポーター

和光自然環境を守る会の活動

月1回の定例会と随時の生活排水等流入監視パトロール、生物調査をおこなっています。また、夏休みの魚とり大会や秋の川まつり等を開催し多くの市民が水辺に集い、水に親しむと同時に相互にコミュニケーションする場を提供しています。越戸川水辺再生事業では、行政に加え各種専門家、地域住民及び当会員が川づくり計画に積極的に参加しています。

 

(こわ)清水(しみず)

豊かな湧き水ポイント!親孝行の息子が父親のために汲んで帰ったところ父親が飲むとおいしいお酒で、しかし息子が飲むとただの水だったという伝説の「親は(もう)(はく)、子は清水から「子は清水」をもじって「強清水」と呼ばれています。

 

生まれ変わった越戸川 3つのポイント

みなさんにより親しんでもらえるよう、水辺に下りられる階段を設置しました。

護岸の材料は溶岩を用いるため、よりコケや植物が自生しやすい環境になりました。

カワセミ・アユなどが活動できる環境を目標にしました。水辺の草は、工事前にあったものを復元しています。

越戸川に遊歩道を整備し周辺の森と結ばれ、地域における水と緑のネットワークの軸として生まれ変わりました。

埼玉県 水辺再生 100プラン

出典:和光自然環境を守る会

広告
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
広告
越戸川の桜並木
越戸川の桜並木
水道道路 橋下
水道道路 橋下
広告
水道道路 橋下
水道道路 橋下
旧水道道路
旧水道道路
埼玉県荒川右岸下水道事務所周辺
埼玉県荒川右岸下水道事務所周辺
広告
朝霞地区一部事務組合し尿処理場周辺
朝霞地区一部事務組合し尿処理場周辺
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)
広告
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)
新河岸川内間木橋(内間木通り)から朝霞水門を眺める
新河岸川内間木橋(内間木通り)から朝霞水門を眺める
広告
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
広告
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
広告
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
広告
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
至 朝霞水門
広告
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
広告
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
広告
朝霞水門からの風景
朝霞水門からの風景
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
広告
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
広告
荒川右岸 31.6㎞
荒川右岸 31.6㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)からさいたま市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさいたま市方面を眺める
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から志木市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から志木市方面を眺める
広告
荒川右岸 32.0㎞
荒川右岸 32.0㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
広告
荒川右岸 32.4㎞
荒川右岸 32.4㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
広告
荒川右岸 32.8㎞
荒川右岸 32.8㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞パブリックゴルフ場眺める
広告
朝霞パブリックゴルフ場
朝霞パブリックゴルフ場
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸 33.6㎞
荒川右岸 33.6㎞
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
あらかわ
あらかわ
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)から武蔵野線
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)からさくら草水門眺める
広告
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)を眺める
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
広告
荒川右岸 34.0㎞
荒川右岸 34.0㎞
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
荒川右岸(堤防遊歩道)から朝霞市方面を眺める
広告
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)
荒川右岸(堤防遊歩道)から羽根倉橋(浦和所沢バイパス)
広告
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
至 秋ヶ瀬橋(堤防遊歩道)
広告
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
広告
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
秋ヶ瀬橋交差点
広告
羽根倉橋から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋歩道
羽根倉橋歩道
広告
羽根倉橋歩道から武蔵野線方面を眺める
羽根倉橋歩道から武蔵野線方面を眺める
羽根倉橋歩道から秋ヶ瀬取水堰を眺める
羽根倉橋歩道から秋ヶ瀬取水堰を眺める
広告
羽根倉橋歩道
羽根倉橋歩道
昭和水門 周辺交差点
昭和水門 周辺交差点
広告
昭和水門
昭和水門
さくら草橋
さくら草橋
広告
さくら草橋
さくら草橋
田島地区高規格堤防
田島地区高規格堤防

田島地区高規格堤防

荒川(あらかわ)(した)しむゾーン―

田島地区事業概要

事業期間/平成1年~平成6年
面  積/約1.8ha
延  長/約150m
 幅  /約150m
盛 土 高/最大8m
関連事業/浦和市公共体育施設建設
(事業者:浦和市)
田島地区事業概要
undefinedundefinedundefined
施工前施工後
田島地区事業概要

田島地区高規格堤防断面図

田島地区高規格堤防は、埼玉県浦和市田島地荒川左岸34.0㎞付近に位置しており、高規格堤防の整備と併せて、グランド整備(浦和市公共体育施設事業)を実施したものです。

 

田島地区高規格堤防断面図
田島地区高規格堤防断面図
じわじわと進む水の浸透にも。
(ふつうの堤防)
もしもの洪水にも。
(ふつうの堤防)
心配な地震、地滑りや液状化も予防。
(ふつうの堤防)
undefinedundefinedundefined
洪水が計画を超えるような規模で長い期間つづく場合には、しみこんだ水により堤防が崩れるおそれがあります。
(高規格堤防)
水があふれると、堤防が削られこわれるおそれがあります。
(高規格堤防)
もし大地震が起きると背後の軟弱地盤上の市街地は、大きな被害を受けることが予想されます。
(高規格堤防)
undefinedundefinedundefined
幅が広い堤防なので、洪水が長い期間つづいても浸透した水により崩れることはありません。水があふれても、斜面をゆるやかに流れるので、破堤することはありません。必要な応じ軟弱地盤を改良し強い地盤をつくると共に、堤防の勾配がゆるいため地震時の液状化やすべりに強い堤防になり、高規格堤防上は地震に強い町になります。
田島地区高規格堤防断面図

高規格堤防に関するお問い合わせ先

出典:国土交通省関東地方整備局

広告
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)
西浦和駅(武蔵野線高架下)
広告

根岸台6丁目児童遊園地(スタート)→岡氷川神社→城山公園→朝霞浄水場排水処理所→みつばすみれ学園→志木新河岸川あじさいロード→富士下橋→愛の泉→敷島神社→朝霞浜崎団地→朝霞台駅(ゴール)

城山公園から
志木新河岸川あじさいロード
を散策

広告
根岸台6丁目児童遊園地 あじさい
根岸台6丁目児童遊園地 あじさい
広告
根岸台6丁目児童遊園地
根岸台6丁目児童遊園地
広告
根岸台6丁目児童遊園地
根岸台6丁目児童遊園地
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
広告
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0005 埼玉県朝霞市根岸台5丁目8 周辺
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目6−50 周辺 あじさい
岡氷川神社鳥居
岡氷川神社鳥居
広告
岡氷川神社鳥居脇 あじさい
岡氷川神社鳥居脇 あじさい
岡氷川神社鳥居 氏子中
岡氷川神社鳥居 氏子中
広告
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
〒351-0007 埼玉県朝霞市岡3丁目20 周辺 あじさい
広告
城山公園 案内図
城山公園 案内図
城山公園
城山公園
城山公園
城山公園
広告
城山公園 あじさい
城山公園城山公園 あじさい城山公園
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい

お知らせ(朝霞ライオンズクラブ)

朝霞ライオンズクラブでは、平成6年度から9年度までの事業の一環として、当地城山公園内に、市民の皆様に末永く楽しんで頂けますよう〔あじさい植樹〕を行います。

朝霞ライオンズクラブ一同

〔今後共、市民の皆様のご協力をお願いします。尚詳しい事は事務所までご連絡して下さい。〕

出典:朝霞ライオンズクラブ事務局

広告
城山公園 あじさい
城山公園城山公園 あじさい城山公園
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
城山公園 あじさい
広告
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
〒351-0033 埼玉県朝霞市浜崎4丁目12 武蔵野線陸橋
広告
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
←左折 ⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
朝霞浄水場排水処理所周辺 新河岸川右岸
朝霞浄水場排水処理所周辺 新河岸川右岸
広告
みつばすみれ学園 新河岸川右岸
みつばすみれ学園 新河岸川右岸
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸3丁目23 新河岸川右岸
〒351-0031 埼玉県朝霞市宮戸3丁目23 新河岸川右岸
広告
Usagi Dango Shop周辺 新河岸川右岸
Usagi Dango Shop周辺 新河岸川右岸
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード

このあじさいは、「彩の国みどりの基金」を活用した事業で植えています。

出典:志木市

広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
志木新河岸川あじさいロード
広告
富士下橋
富士下橋

富士下橋

所在地: 〒353-0002 埼玉県志木市3 富士下橋

富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
富士下橋からの展望
広告
富士下橋
富士下橋
広告
富士下橋
富士下橋
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
⑰新座・志木 自然や歴史をめぐるルート
広告
しんがしがわ
しんがしがわ
昆虫のすむ池
昆虫のすむ池

昆虫のすむ池

私たちのくらしている街は、アスファルトやコンクリートでおおわれている場所が多いため、土の部分が少なくなっています。そのため植物はそだたず、虫たちはすみかをうしなってしまいました。

志木市ではこの池のような場所をできるだけ本来の自然の姿のまま残し、トンボやアメンボウなどの虫たちや虫を食べに集まってくる鳥たちのために守っていきたいと考えています。

この池にコイ、ブラックバス、ブルーギルなどの魚を放流することは、本来の自然の状態の大きなえいきょうを与えることとなるため、絶対にしないようお願いいたします。また、新たに花や草を植えたり、はえている野草をむやみにふみつけたり、ホテイアオイのようなはんしょくりょくの強い植物を捨てたりすることも自然の状態にえいきょうを与えることとなるので行わないでください。

みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

出典:志木市

広告
いろは親水公園(こもれびのこみち)
いろは親水公園(こもれびのこみち)
敷島神社 田子山富士塚
敷島神社 田子山富士塚

・敷島神社

・田子山冨士塚

広告
愛の泉
愛の泉

愛の泉

所在地: 〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目1010

広告
敷島神社
敷島神社

敷島(しきしま)神社(じんじゃ)

境内の一角には「田子山富士」と呼ばれる堂々とした富士山が築かれ、このことから当社は「たごやまのおふじさん」とも称され親しまれている。

出典:埼玉県の神社

広告
敷島神社
敷島神社
敷島神社 英霊に捧ぐ
敷島神社 英霊に捧ぐ

英 霊 に 捧 ぐ

大東亜戦争の敗戦より35年たちました。今日本人は国民の間の貧富の差が自由世界で最も少なく思想とその発言は世界で最も自由な国であり且つ建国以来最も豊かで平和な生活を営んでいます。又この戦争を機会に多くの国々が植民地から独立国家と変わりました。大東亜戦争に破れましたが結果としては戦争の目的は達成されました。然しこの成果を得る為に貴兄方の尊い命がささげられたことを私達国民は永遠に忘れてはなりません。今後はこのことを深く肝に銘じいかなる内外からの暴力に対してもこれを阻止してこの平和な祖国を守り且つ之を子孫に伝える努力を致します。

昭和55815

神山秀三郎

施工 石栄 内田栄信

広告
敷島神社 縁むすび風鈴
敷島神社 縁むすび風鈴
広告
敷島神社 ご神木(欅)
敷島神社 ご神木(欅)

ご神木(欅)

太根保護のため木路を設けてあります。ご神木廻りをされる方は木路の上をお通り下さい。

敷島神社

広告
敷島神社 ご神木(欅)
敷島神社 ご神木(欅)
広告
敷島神社 縁結びの石
敷島神社 縁結びの石

敷島子安神社

縁結びの石

この石をなでると、

      子授け・安産が、

                       叶います。

広告
田子山富士塚
田子山富士塚
田子山富士塚
田子山富士塚

埼玉県指定有形民俗文化財

田子山(たこやま)富士(ふじ)(づか)

【富士塚】

江戸時代中期(18世紀後半)以降、富士山に対する信仰が広まり、富士山への登拝が盛んになりました。信仰のよりどころとして、また、山に登ることができない人も実際に参拝したのと同じご利益(りやく)がえられるとして、関東地方を中心に富士山を模した人工の塚が作られるようになりました。

【田子山富士塚の成り立ち】

明治時代初め、(ひき)(また)(現在の志木市本町)に住む高須庄(たかすしょう)(きち)が、田子山の頂上で、富士信仰に関わると言われる板碑(いたひ)を発見しました。富士信仰に(あつ)かった庄吉はここに富士塚を造ることを思い立ち、自身が属する富士講の一派である丸吉講(まるきちこう)が中心となって明治5年(1872)に田子山富士塚が完成しました。

築造にあたっては新河岸(しんがし)(がわ)舟運(しゅううん)で栄えた地元の商人・舟運関係者・職人・農民はもちろん、東京・栃木・新潟・福島・岐阜・などからも寄進がありました。塚に設置された石造物から、2,400人を超える人々から寄進があったことが分かります。塚中腹にある経ヶ嶽(きょうがだけ)付近の玉垣(たまがき)には、明治時代のはじめに活躍した坂東三津五郎(ばんどうみつごろう)尾上菊五郎(おのうえきくごろう)岩井半四郎(いわいはんしろう)などの歌舞伎(かぶき)役者の名前も見られます。

現在、田子山富士保存会を中心に7月最初の土曜日または日曜日に「山開き」、821日に「(やま)仕舞(じま)い(お()き上げ)」の行事を行っています。
田子山富士塚平面図田子山富士塚築造当時の引又宿の様子 引又は、宿場や河岸場があり、毎月6回市が立つ、大いに栄えた商業地でした。
田子山富士塚平面図田子山富士塚築造当時の引又宿の様子
引又は、宿場や河岸場があり、毎月6回市が立つ、大いに栄えた商業地でした。
田子山富士塚平面図 田子山富士塚築造当時の引又宿の様子
中村芝翫(なかむらしかん)・坂東三津五郎の銘のある玉垣尾上菊五郎・中村(なかむら)仲蔵(なかぞう)の銘のある玉垣親子猿
中村芝翫(なかむらしかん)・坂東三津五郎の銘のある玉垣尾上菊五郎・中村(なかむら)仲蔵(なかぞう)の銘のある玉垣親子猿
石神座像鳥帽子磐高尾山鳥天狗
石神座像鳥帽子磐高尾山鳥天狗
塚中腹にある経ヶ嶽付近の玉垣

【田子山富士塚について】

田子山富士塚は、高さ8.7m、直径が約30mの楕円形(だえんけい)をしており、江戸時代後期から明治時代にかけて関東地方を中心に築かれた富士塚の一つです。

頂上には木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと)を祀った祠、中腹には小()御嶽(みたけ)神社(じんじゃ)や烏帽子岩(えぼしいわ)、里宮と呼ばれる浅間神社が建てられています。石造物の種類・数がたいへん多く、なかには優れた細工が施(ほどこ)された石造物も見えること、御胎内(おたいない)が現存していることが見どころです。

平成16年に、志木市指定有形民俗文化財、平成183月に、埼玉県指定有形民俗文化財に指定されました。また、富士塚築造のきっかけとなったと言われる暦応(りゃくおう)3年(1340)の板碑は浅間神社のご神体として祀られています。

田子山富士塚は実際の富士山に似せてつくられています。浅間下社の板碑田子山富士塚頂上より富士山を望む
田子山富士塚は実際の富士山に似せてつくられています。浅間下社の板碑田子山富士塚頂上より富士山を望む
富士山に似せて 浅間下社の板碑 田子山富士塚頂上より富士山を望む

平成293

出典:志木市教育委員会

田子山冨士保存会

広告
田子山富士塚
田子山富士塚

埼玉県指定有形民俗文化財

田 子 山 富 士 塚

広告
敷島神社
敷島神社

(しき) (じま) (じん) (じゃ)

(ひき)(また)地区(現本町)の住民が、江戸後期から地区独自の鎮守として信仰していた村山稲荷(祭神 ()(がの)(みたま)(のみこと))のほか、星野稲荷(祭神 ()(がの)(みたま)(のみこと))と水神社(祭神 (みづ)象女(はのめの)(みこと))を元来この地にあった浅間(せんげん)神社(じんじゃ)(祭神 木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと))に合祀(ごうし)し、新しい鎮守として明治41年に創建された神社です。

五月の例大祭と十一月の勤労感謝祭には、浦安(うらやす)の舞の奉納が、水月(みなづき)大祓(おおはらい)には、人形(ひとがた)流しと()()くぐり(夏の悪疫除け)等の神事がそれぞれ行われていますが、特に七月の夏祭りは天王様のお祭りとして近隣の市町村にも知られた大祭です。

また、八月の火祭りは、お()()げとも言い、祭神木花開耶姫(このはなさくやひめの)(みこと)が夫の瓊瓊(にに)(ぎの)(みこと)懐妊(かいにん)(あや)しまれ、その証をたてるため八尋(やひろ)殿(でん)に火を放ち火の中で(ほで)(りの)(みこと)火闌降(ほすせりの)(みこと)(ほお)(りの)(みこと)を生んだ神話にちなむ火祭りで安産・火難・災難除けとされ、この時の薪の燃え残りを戸口につるして置くと盗難除けになるといわれています。

平成6330

出典:志木市教育委員会

 

広告
至 ユリノ木通り大原 交差点
至 ユリノ木通り大原 交差点
広告
朝霞浜崎団地
朝霞浜崎団地
朝霞浜崎団地 アジサイ
朝霞浜崎団地 アジサイ
広告
朝霞浜崎団地 アジサイ
朝霞浜崎団地 アジサイ

いろは親水公園(スタート)→宗岡第三小→宗岡二中→あらちゃんポイント→秋ヶ瀬スポーツセンター→総合福祉センター→宗岡中→市役所→宝幢寺→健康増進センター→志木第四小→志木第二中→志木第二小→志木小・志木市民会館 いろは遊学館→敷島神社→いろは親水公園(ゴール)

志木いろはウオークフエスタ2018
第4回ノルディックウオーキング
・ポールウオーキング全国大会

広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
広告



広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
広告
冨士下橋架橋
冨士下橋架橋
冨士下橋架橋
冨士下橋架橋
広告
下宗岡1丁目交差点
下宗岡1丁目交差点
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
広告
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路から秩父方面を望む
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路から秩父方面を望む
広告
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
広告
秋ヶ瀬 あらちゃんポイント
秋ヶ瀬 あらちゃんポイント
 志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
広告
  志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
  志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
志木市秋ヶ瀬運動施設管理用道路
広告
荒川サイクリングロード
荒川サイクリングロード
志木役所前交差点
志木役所前交差点
広告
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目5‐46
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目5‐46
宝幢寺
宝幢寺
広告
宝幢寺
宝幢寺
宝幢寺
宝幢寺
広告
宝幢寺
宝幢寺
宝幢寺
宝幢寺
広告
宝幢寺
宝幢寺
〒353-0005 埼玉県志木市幸町2丁目2‐18
〒353-0005 埼玉県志木市幸町2丁目2‐18
広告
志木市立志木第二中学
志木市立志木第二中学
〒353-0007 埼玉県志木市柏町4丁目 県道113号線
〒353-0007 埼玉県志木市柏町4丁目 県道113号線
広告
慶応志木高校交差点
慶応志木高校交差点
細田学園高校前
細田学園高校前
広告
敷島神社参道
敷島神社参道
市指定文化財 村山快哉堂
市指定文化財 村山快哉堂

志木市(しきし)村山(むらやま)快哉堂(かいさいどう)

・旧村山快哉堂(市指定文化財)

  明治10年(1977年)建築

  木造二階建て土蔵造りの店蔵

開館日 :金・土・日・月曜日・祝日

開館時間:午前10時~午後4

・村山快哉堂ひろば

広告
市指定文化財 村山快哉堂
市指定文化財 村山快哉堂
いろは親水公園(ゴール)
いろは親水公園(ゴール)
広告

いろは親水公園(スタート)→新河岸川遊歩道→宗岡第二中学校→秋ヶ瀬運動公園→荒川土手(富士山スポット:羽根倉富士嶽)→宗岡第二小学校→羽根倉歩道橋(富士山スポット:羽根倉富士嶽)→総合福祉センター→いろは橋・栄橋→柳瀬川遊歩道→健康増進センター→宝幢寺→志木小学校→敷島神社(田子山富士塚)→いろは親水公園(ゴール)

志木いろはウォークフェスタ2017第3回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会

志木いろはウォークフェスタ

2017第3回ノルディックウォーキング・

ポールウォーキング全国大会

広告
志木いろはウォークフェスタ 2017 第3回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会
志木いろはウォークフェスタ 2017 第3回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会
志木いろはウォークフェスタ 2017 第3回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会
志木いろはウォークフェスタ 2017 第3回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会
広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
広告
いろは親水公園(スタート)
いろは親水公園(スタート)
秋ヶ瀬児童公園
秋ヶ瀬児童公園
広告
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目23‐59
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目23‐59
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目23‐59
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目23‐59
広告
埼玉県 県道40号線
埼玉県 県道40号線
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目19‐23
〒353-0003 埼玉県志木市下宗岡3丁目19‐23
広告
〒353-0008 埼玉県志木市宗岡
〒353-0008 埼玉県志木市宗岡
〒353-0008 埼玉県志木市宗岡
〒353-0008 埼玉県志木市宗岡
広告
埼玉県 国道463号線
埼玉県 国道463号線
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目16‐24
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目16‐24
広告
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目21‐59
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目21‐59
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目21‐59
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目21‐59
広告
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目11‐16
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡3丁目11‐16
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡4丁目5‐1
〒353-0001 埼玉県志木市上宗岡4丁目5‐1
広告
志木市総合福祉センター
志木市総合福祉センター
志木市総合福祉センター
志木市総合福祉センター
広告
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目6‐33
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目6‐33
〒353-0007 埼玉県志木市柏町2丁目20‐17
〒353-0007 埼玉県志木市柏町2丁目20‐17
広告
〒353-0006 埼玉県志木市館2丁目4‐7
〒353-0006 埼玉県志木市館2丁目4‐7
館近隣公園
館近隣公園
広告
〒353-0005 埼玉県志木市幸町2丁目9‐55
〒353-0005 埼玉県志木市幸町2丁目9‐55
〒353-0007 埼玉県志木市柏町5丁目11‐28
〒353-0007 埼玉県志木市柏町5丁目11‐28
広告
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目13‐14
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目13‐14
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目13‐26
〒353-0007 埼玉県志木市柏町1丁目13‐26
広告
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目18‐72
〒353-0004 埼玉県志木市本町2丁目18‐72
敷島神社(田子山富士塚)
敷島神社(田子山富士塚)
広告
敷島神社(田子山富士塚)
敷島神社(田子山富士塚)
村山快哉堂
村山快哉堂
広告