中央会場・松一小(スタート)→おため池と虎御石→NPO法人東松山市学童保育の会ほほえみクラブ→唐子中央公園→駒形公園→岩殿観音正法寺→物見山公園→埼玉ピースミュージアム→東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス→千年谷公園→高坂駅→七清水せせらぎ緑道→東松山駅→中央会場・松一小(ゴール)

第41回日本スリーデーマーチ 3日目 11/4日曜日 都幾川・千年谷公園ルート20㎞

第41回日本スリーデーマーチ
3日目 11/4日曜日
都幾川・千年谷公園ルート20㎞

広告
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
広告
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
東松山駅ロータリー
広告
箭弓町1丁目13−15周辺
箭弓町1丁目13−15周辺
東松山市役所
東松山市役所
広告
東松山市役所
東松山市役所
東松山市役所
東松山市役所
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
松葉町1丁目16−19周辺
松葉町1丁目16−19周辺
松葉町1丁目16−19周
松葉町1丁目16−19周
広告
松葉町1丁目21−12周辺
松葉町1丁目21−12周辺
材木町12−14周辺
材木町12−14周辺
広告
材木町12−14周辺
材木町12−14周辺
箭弓町3丁目2−2周辺
箭弓町3丁目2−2周辺
広告
箭弓町3丁目19−10周辺
箭弓町3丁目19−10周辺
松葉町3丁目5−2周辺
松葉町3丁目5−2周辺
広告
松葉町3丁目13−9周辺
松葉町3丁目13−9周辺
美土里町3−25周辺
美土里町3−25周辺
広告
石橋1601周辺
石橋1601周辺
石橋1568−3周辺
石橋1568−3周辺
広告
石橋1585−10周辺
石橋1585−10周辺
石橋1585−10陸橋.
石橋1585−10陸橋.
広告
石橋1585−10陸橋
石橋1585−10陸橋
石橋1185−8周辺
石橋1185−8周辺
広告
おため池と虎御石
おため池と虎御石

(とら) () (いし)

この虎御石は、高さ375cm・幅7077cm、厚さ14cm、比企・入間地方最大の(いた)石塔(いしとう)()です。鋭い三角形の山形、深い溝の二条線、区画された額部の上面に荘厳体(そうごんたい)胎蔵界(たいぞうかい)大日如来(だいにちにょらい)を表わす種子(アーンク)が力強く彫られています。種子の下には、深く雄渾(ゆうこん)(れん)(べん)が刻まれています。

蓮座の下には四行の真言偈(しんごんげ)(もん)、さらに三行の銘文が刻まれています。「応安二(おうあんに)()(ゆう)卯月(うづき)」とあることから、虎御石は応安二年(1369年)に建立されたものです』

出典:東松山市教育委員会

広告
おため池と虎御石
おため池と虎御石
おため池と虎御石
おため池と虎御石
広告
おため池と虎御石
おため池と虎御石
おため池と虎御石
おため池と虎御石
広告
おため池と虎御石
おため池と虎御石
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
広告
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
関越自動車道 石橋1337−8陸橋
広告
石橋2135−1周辺
石橋2135−1周辺
NPO法人東松山市学童保育の会ほほえみクラブ周辺
NPO法人東松山市学童保育の会ほほえみクラブ周辺
広告
石橋2159−1周辺
石橋2159−1周辺
石橋2159−1周辺
石橋2159−1周辺
広告
石橋2221−18周辺
石橋2221−18周辺
下唐子1608−8周辺
下唐子1608−8周辺
広告
唐子中央公園 周辺
唐子中央公園 周辺
唐子中央公園 周辺
唐子中央公園 周辺
広告
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
広告
下唐子1057−3周辺
下唐子1057−3周辺
下唐子1167−20周辺
下唐子1167−20周辺
広告
下唐子1057−3周辺
下唐子1057−3周辺
駒形公園 周辺
駒形公園 周辺
広告
駒形公園 周辺
駒形公園 周辺
下唐子1094−8周辺
下唐子1094−8周辺
広告
下唐子1094−8周辺
下唐子1094−8周辺
石橋859−7周辺
石橋859−7周辺
広告
都幾川 下唐子1094遊歩道
都幾川 下唐子1094遊歩道
都幾川 下唐子99−2遊歩道
都幾川 下唐子99−2遊歩道
広告
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
広告
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
広告
下唐子 県道41号線
下唐子 県道41号線
下唐子311−1周辺
下唐子311−1周辺
広告
下唐子311−1周辺
下唐子311−1周辺
下唐子311−4周辺
下唐子311−4周辺
広告
下唐子309周辺
下唐子309周辺
下唐子307−1周辺
下唐子307−1周辺
広告
下唐子307−1周辺
下唐子307−1周辺
葛袋1061周辺
葛袋1061周辺
広告
神戸1723周辺
神戸1723周辺
岩殿1614周辺
岩殿1614周辺
広告
岩殿1614周辺
岩殿1614周辺
岩殿1614周辺
岩殿1614周辺
広告
岩殿1253周辺
岩殿1253周辺
岩殿1253周辺
岩殿1253周辺
広告
岩殿1193−1周辺
岩殿1193−1周辺
岩殿1231周辺
岩殿1231周辺
広告
岩殿観音正法寺
岩殿観音正法寺

岩殿観音 正法寺

正法寺は、埼玉県東松山市にある真言宗智山派の寺院である。山号は巌殿山。坂東三十三箇所の十番札所である。一般には岩殿観音の通称で知られる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
岩殿観音正法寺
岩殿観音正法寺
岩殿観音正法寺
岩殿観音正法寺
広告
岩殿観音正法寺 大銀杏
岩殿観音正法寺 大銀杏

岩殿観音正法寺 大銀杏

推定樹齢は700年を越えます。周囲は11mあり、埼玉県内でも最大級の大きさです。江戸時代には養老木と呼ばれ、多くの女性に安産・子育守護の対象として信仰されました。紅葉の見頃は11月下旬から12月、この時期には夜間のライトアップも行なっています。

出典: 岩殿観音 正法寺

広告
物見山公園
物見山公園

物 見 山 公 園

物見山は古くから比企丘陵を代表する展望の地として知られており、四季を通じて比企丘陵の自然を楽しむことの出来る公園です。

出典:東松山市

広告
物見山からの景観
物見山からの景観
物見山からの景観
鳩山町松ヶ丘1丁目2−2周辺
鳩山町松ヶ丘1丁目2−2周辺
広告
物見山公園
物見山公園
物見山公園
物見山公園
埼玉平和資料館
埼玉平和資料館

埼玉平和資料館

埼玉県平和資料館は、埼玉県東松山市の物見山公園内にある埼玉県立の資料館である。愛称は「埼玉ピースミュージアム」。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
埼玉平和資料館 周辺
埼玉平和資料館 周辺
埼玉平和資料館 周辺
広告
埼玉ピースミュージアム
埼玉ピースミュージアム

埼玉ピースミュージアム
(埼玉県平和資料館)

199381日開館、主に第二次世界大戦を中心とした埼玉県内の昭和の戦争資料展示を行っている。県民に戦争の悲惨さ及び平和の尊さを伝えることにより、県民の平和に対する意識の高揚を図り、もって平和な社会の発展に寄与することを目的とする。館内には41mの展望塔タワーがあり、岩殿丘陵の東端に位置する物見山に隣接するその敷地の標高の高さ(標高約130m)もあり、関東平野が一望できる。 2013325日から施設のリニューアル工事のため、一時休館し、同年1020日にリニューアルオープンした。

 

なお、隣接して埼玉県こども動物自然公園、岩殿観音がある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
鳩山町石坂241−24周辺
鳩山町石坂241−24周辺
鳩山町石坂486−81周辺
鳩山町石坂486−81周辺
広告
鳩山町石坂486−81周辺
鳩山町石坂486−81周辺
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス
広告
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス 周辺
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス 周辺
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス
広告
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス 周辺
東京電機大学 埼玉鳩山キャンパス 周辺
旗立台32−12周辺
旗立台32−12周辺
広告
千年谷公園
千年谷公園

千年谷(せんねんたに)公園(こうえん)

🏞遊具

当園には、遊具がありません。

🏞スポーツ施設

・テニスコート「千年谷公園庭球場」

人工芝コート3面(兼用コート)

(注意)予約が必要です。関連リンク先である(公財)東松山文化まちづくり公社にてご予約ください。

・野球場「千年谷公園野球場」

1

バックネット

(注意)予約が必要です。関連リンク先である(公財)東松山文化まちづくり公社にてご予約ください。

🏞プレイウォール

(注意)予約は不要ですが、正式に利用許可を受けた方が優先されます。ご了承ください。

🏞駐車場

30台分(アスファルト)

(注意)千年谷公園に隣接して臨時駐車場(砂利)もあります。

 

🚻トイレ

テニスコート脇にあります。

🏞花・紅葉

サクラ(4月)、イチョウ(11月)、モミジ(11月)

🏞自動販売機

トイレ脇にあります。

出典:東松山市

広告
千年谷公園
千年谷公園
広告
千年谷公園
千年谷公園
かきの木公園
かきの木公園
広告
かきの木公園
かきの木公園

カキノキ

 

カキの名は、紅葉の色であるアカキ(赤木)からきています。古代においては、その紅葉の美を賞し、「かきもみじ」の表現が古歌に多くみられます。

鎌倉時代には、すでに甘ガキが食されていました。樹木としては、その樹形と樹皮に特色があり、落葉期でもすぐみわけられます。

カキノキ科 〔花期〕5~㋅

落葉木 高さ510m 〔果期〕9~㋊

広告
かきの木公園
かきの木公園

かきの木公園

公園緑地の利用についての注意事項

1.公園・緑地内ではお互いに迷惑をかけないようにこころがけましょう。

2.公園・緑地内では次のようなことをしてはいけません。
①ごみなどの投棄、器材の放置

②車両の乗入・駐車。

③樹木草花土石の採取耕作その他施設損傷。

➃鳥獣・魚類の捕獲・殺傷。

⑤広告宣伝物の配布掲示等

⑥他人に迷惑をおよぼす行為、その他、管理に支障のある行為。

3.次のようなことをしようとするときは許可を受けてください。

(ただし支障があるときはお断りします。)

行商・募金その他これらに類する行為をしようとするとき。

業として写真又は映画を撮影するとき。

興業・競技会・展示会・集会等の為、独占して利用するとき。

花火・キャンプファイヤー等火気を使用するとき。

法令で定められた施設又は工作物等を設置するとき。

出典:東松山市



広告
雲のひろば
雲のひろば
雲のひろば
雲のひろば
広告
白山台22 虹の橋
白山台22 虹の橋
白山中学校西 交差点
白山中学校西 交差点
広告
白山中学校西 交差点
白山中学校西 交差点
西本宿591−1周辺
西本宿591−1周辺
広告
関越自動車道 西本宿562−3陸橋
関越自動車道 西本宿562−3陸橋
西本宿562−3周辺
西本宿562−3周辺
広告
元宿2丁目23−5周辺
元宿2丁目23−5周辺
元宿1丁目13−1周辺
元宿1丁目13−1周辺
広告
元宿1丁目13−7周辺
元宿1丁目13−7周辺
高坂駅
高坂駅
広告
高坂駅入口交差点
高坂駅入口交差点
七清水せせらぎ緑道
七清水せせらぎ緑道

七清水せせらぎ緑道

 

広告
七清水せせらぎ緑道
七清水せせらぎ緑道
七清水せせらぎ緑道
七清水せせらぎ緑道
広告
あずま町1丁目4−13周辺
あずま町1丁目4−13周辺
国道407号 あずま町1丁目17
国道407号 あずま町1丁目17
広告
国道407号 あずま町1丁目17
国道407号 あずま町1丁目17
早俣 国道407号線
早俣 国道407号線
広告
あずま町4丁目1−1周辺
あずま町4丁目1−1周辺
下野本(南)交差点
下野本(南)交差点
広告
下野本(南)交差点
下野本(南)交差点
上野本 周辺
上野本 周辺
広告
上野本 周辺
上野本 周辺
下野本1699周辺
下野本1699周辺
広告
上野本1297−4周辺
上野本1297−4周辺
国道254号 上野本 周辺
国道254号 上野本 周辺
広告
箭弓町1丁目21−4周辺
箭弓町1丁目21−4周辺
箭弓町1丁目21−4周辺
箭弓町1丁目21−4周辺
広告
東松山駅
東松山駅
箭弓町1丁目5−2周辺
箭弓町1丁目5−2周辺
広告
箭弓町1丁目5−2周辺
箭弓町1丁目5−2周辺
箭弓町1丁目5−2周辺
箭弓町1丁目5−2周辺
広告

中央会場・松一小(スタート)→上沼公園→砂田第2公園→ディアナ・マニエール→當選寺→岩室観音堂→吉見町 埋蔵文化財センター→岩鼻運動公園→東松山ぼたん園→比丘尼山と横穴墓→国営武蔵丘陵森林公園中央口→森林公園 南口ゲート→森林公園駅→中央会場・松一小(ゴール)

第41回日本スリーデーマーチ 2日目 11/3土曜日 吉見百穴・森林公園ルート20㎞

第41回日本スリーデーマーチ
2日目 11/3土曜日
吉見百穴・森林公園ルート20㎞

広告
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
松葉町1丁目16−19周辺
松葉町1丁目16−19周辺
広告
松葉町1丁目21−12周辺
松葉町1丁目21−12周辺
本町2丁目1−1周辺
本町2丁目1−1周辺
広告
本町1丁目3−36周辺
本町1丁目3−36周辺
日吉町2−62周辺
日吉町2−62周辺
広告
上沼公園
上沼公園

上沼・下沼公園

上沼公園と下沼公園の中心にある沼を囲むように桜が植えられています。開花期間中は桜のライトアップが行われ、夜桜見物を楽しむことができます。

出典:東松山市役所 環境産業部 商工観光課

広告
上沼公園
上沼公園
上沼公園
上沼公園
広告
小松原町9周辺
小松原町9周辺
小松原町11−2周辺
小松原町11−2周辺
広告
小松原町11−2周辺
小松原町11−2周辺
砂田町7周辺
砂田町7周辺
広告
砂田第2公園
砂田第2公園
砂田第2公園
砂田第2公園
広告
松本町2丁目5−34 国道407号高架下
松本町2丁目5−34 国道407号高架下
松本町2丁目7−7周辺
松本町2丁目7−7周辺
広告
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
ディアナ・マニエール
広告
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
松山412周辺
広告
松山412周辺
松山412周辺
當選寺
當選寺

(みょう) (ほう) (ざん) (とう) (せん) ()

広告
吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
吉見町北吉見309周辺
広告
岩室観音堂
岩室観音堂

(いわ) (むろ) (かん) (のん)

弘法大師が岩窟を選んで高さ一尺一寸(36.4㎝)の観音像を彫刻してこの岩窟に納め、その名前を岩室山と号したと伝えられる。武蔵松山城跡跡主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)豊臣秀吉が関東に出陣した際に武蔵松山城跡跡の落城に伴い建物の全てが焼失したといわれている。

現在のお堂は江戸時代の寛文年間(16611673年)に龍性院第三世堯音が近郷の信者の助力を得て再建したものと伝えられている。お堂の造りは懸造り様式で、江戸時代のものとしてはめずらしいものである。 岩室観音は「比企西国三十三所観音札所」の第三番であるが、札所めぐりとしては「西国三十三所」「坂東三十三所」「秩父三十四所」が有名で、「比企西国三十三所」は、それほど知られてはいない。比企西国三十三所は、遠隔地を巡礼できない人々のために享保8年(1723年)に開設されたと言われており、江戸時代にはこうした地域ごとに完結する札所めぐりが数多く創設されたようである。

また、ここには88体の石仏が収まっているが、これは四国八十八箇所の霊地に建てられた本尊を模したものである。この弘法大師が修行した四国八十八箇所を巡拝することを「遍路」と呼び、観音霊場を巡る「札所めぐり」とは区別される。

出典:吉見町役場

広告
松山城跡
松山城跡

(まつ) (やま) (じょう) (あと)

 この城跡は、戦国期における山城の姿がほとんどそのままに残されている貴重な文化財である。

 市野川に突き出た部分から本城(本丸)、中城(二の丸)、春日丸、三の丸と南西から北東に向って一線上に並び、その両側に多くの(くる)()や平場をもっている。この主曲輪群の東方にも第二次的な施設があったが、太平洋戦争後の土地開発で全く原形を失ってしまった。

城史は、古代にさかのぼるとも言われるが、一般的には鎌倉時代末期の新田(にった)(よし)(さだ)陣営説、(おう)(えい)年間初期の上田左衛門(じょう)節、応永23年(1416年)ごろの上田上野(こうずけの)(すけ)説などがある。しかしながら、城郭としての体裁を整えたのは、太田氏が、江戸、川越、岩槻の各城を築いた時期に近いものと思われる。

 この城が天下に知られたのは、今から、4、5百年前の天文(てんぶん)年間から(えい)(ろく)年間のことで、城をめぐっての上杉、武田、北条の合戦は有名である。のち、豊臣勢に攻められ、天成18年(1590年)落城した。歴代の城主上田氏の滅亡後は、松平家広1万石の居城となったが、松平氏が慶長(けいちょう)6年(1601年)浜松に転封されたのを最後に廃城となった。

 平成20年に国指定史跡となっている。

松山城跡地
松山城跡地
松山城跡地
松山城跡地
松山城跡地

平成103

出典:吉見町・埼玉県

広告
吉見百穴 入口
吉見百穴 入口

(よし) () (ひゃっ) (けつ)

凝灰岩の岩山の斜面に多数の穴が空いていることから、一見異様な印象を受ける遺跡である。穴の数は219個と言われ、このような遺跡としては日本一の規模である。穴の入り口は直径1メートル程度だが、内部はもう少し広くなっていることが多い。古墳時代後期(6世紀-7世紀頃)に造られたものであり、他の多くの古墳が土を盛った小山の中に1つだけ玄室が存在する構造であるのに対し、岩山の表面から数メートルの小穴(古墳の玄室に相当するもの)を多数掘って造られた集合墳墓である。多くの穴に古墳と同様の台座状構造があり、ここに棺桶を安置したとされる。なお、台座は穴によっては複数存在しており、このような穴には家族単位で葬られたものと考えられている。多くの穴の入口の周囲には段差状の構造があり、ここには緑泥片岩という緑色の石で作られた板状の蓋がはめ込まれていた。これは後から穴を容易に開閉可能とするものとされ、複数の台座状構造と合わせて同一の穴に追葬が行われたことを示すものと考えられている。場所により穴の並びが整然、不規則と差がある。不規則な箇所は比較的初期に、整然と並んでいる箇所は後期に造られたものと考えられている。殆どの穴を自由に入り見学できるが、心ない者により損壊が行われた例もある。

 

岩山の下方には、ヒカリゴケが自生している穴がある。関東平野におけるヒカリゴケの自生地は非常に貴重であり、「吉見百穴ヒカリゴケ発生地」として国の天然記念物に指定されている。近年は自生している穴の乾燥化が進み、ヒカリゴケが著しく減少したため、穴の中に水を満たした鉢を置いて湿度を保つ対策をしている。ヒカリゴケが自生している穴には鉄格子がはめられており入ることはできない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia)』

広告
吉見町 埋蔵文化財センター前
吉見町 埋蔵文化財センター前
地下軍需工場跡地
地下軍需工場跡地

地下軍需工場跡

構内の巨大な洞窟は、右の方500mから、左の方800mに亘り、山腹に掘られた30数か所の一部であります。

第二次世界大戦の末期昭和20年初頭前後から8月に至る間、地下軍需工場用に掘られました。

この戦争の末期に各地の軍事施設は、アメリカ軍B29爆撃機により大きな損害を受けました。

当時わが国で最大といわれた中島飛行機株式会社でも、その大宮工場(現在の富士重工)エンジン製造部門の全施設をこの地下に移転することになりました。

掘削は全国各地から集められた3000人から3500人といわれた朝鮮人労働者により昼夜を通した突貫工事として進められました。 ダイナマイトを使用した人海戦術でした。トンネルは、幅40m、高さ22mの馬蹄形で、現在公開されているのは、10分の1の広さにもおよびません。7月頃には完成した場所に工作機械が搬入され、大宮工場から転居した従業員や勤労動員学徒により、エンジンの部品が製造されましたが、本格的な生産活動に移る前に終戦となりました。掘削工事に従事した最後の朝鮮人と言われた人の帰国に際し関係者により催された懇談会の席上、日本と朝鮮との平和を希望して植えられたムクゲの苗木は、現在も、この地で成長を続けています。

出典:吉見町

広告
百穴コース
百穴コース

ふるさと歩道案内図

百穴コース

 

広告
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
吉見町北吉見338−3 市野川遊歩道
広告
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
松山1105−1 市野川歩道橋
広告
吉見町北吉見1218 市野川遊歩道
吉見町北吉見1218 市野川遊歩道
東松山ふるさと自然の道 百穴・川堤コース
東松山ふるさと自然の道 百穴・川堤コース

東松山ふるさと自然のみち

百穴・川堤コース

このコースは、水辺との出会いがテーマです。市野川、滑川、月中川の3つの川に沿って歩きます。また、角川を渡ります。

自然は人とのかかわりの中、その姿を変えてきました。そして、変えられた環境に応じて、生きものにも変化がありました。人と川について観察しながら歩きましょう。

川の堤防の上には、サクラやアメリカハナミズキの並木があります。秋にはナシ狩が楽しめます。

出典:東松山市・埼玉県環境庁

河川と川の生きもの

広告
松山1496周辺
松山1496周辺
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
広告
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
岩鼻運動公園
広告
岩鼻運動公園総合案内板
岩鼻運動公園総合案内板

岩鼻運動公園総合案内板

・公園はいつもきれいに使いましょう。

・公園の施設は大切に使いましょう。

・他の人の迷惑になることはやめましょう。

 

出典:東松山市

広告
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
広告
岩鼻運動公園 国道407号陸橋から東松山庭球場中原コート
岩鼻運動公園 国道407号陸橋から東松山庭球場中原コート
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
岩鼻運動公園 国道407号陸橋
広告
松山2458−1周辺
松山2458−1周辺
東松山市市民病院入口
東松山市市民病院入口
広告
松山2340周辺
松山2340周辺
松山2282−1周辺
松山2282−1周辺
広告
松山2141−2周辺
松山2141−2周辺
松山2141周辺
松山2141周辺
広告
野田1096−8周辺
野田1096−8周辺
野田903−2周辺
野田903−2周辺
広告
野田444−5周辺
野田444−5周辺
大谷994周辺
大谷994周辺
広告
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
至 東松山ぼたん園
広告
ウオーキングトレイルルートマップ 大谷の伝説コース、ぼたん園コース、秋葉道コース
ウオーキングトレイルルートマップ 大谷の伝説コース、ぼたん園コース、秋葉道コース

ウオーキングトレイルルートマップ

大谷の伝説コース

ぼたん園コース

秋葉道コース

 

広告
東松山ぼたん園 入口
東松山ぼたん園 入口
秋牡丹展
秋牡丹展

秋 牡 丹 展

 秋に咲く貴重なボタンを展示します。

 ※秋牡丹(抑制ボタン)とは、開花時期を調整し「秋咲き」にさせたものです。

秋牡丹秋牡丹秋牡丹
秋 牡 丹 展

とき

平成30113日(土)

  9:0012:00

ところ

東松山ぼたん園

出典:東松山市都市計画課

広告
東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
東松山ぼたん園
広告
東松山カントリークラブ側道
東松山カントリークラブ側道
滑川町山田1568周辺
滑川町山田1568周辺
広告
滑川町山田1568周辺
滑川町山田1568周辺
大谷5289周辺
大谷5289周辺
広告
埼玉県道307号福田鴻巣線 歩道
埼玉県道307号福田鴻巣線 歩道
源頼家と若狭局
源頼家と若狭局

伝承話

串引沼 伝説

源頼朝と

若さの局

 

周辺に残る

伝承話を

お聞かせ

しています。

広告
大谷5280−1周辺
大谷5280−1周辺
比丘尼山と横穴墓
比丘尼山と横穴墓

比丘尼山(びくにやま)と横穴墓

「比丘尼山」は、伊豆に流されていた源頼朝を援助した比企郡司遠宗の妻が、夫の没後、比企禅尼となりここに草庵を営んだ、ということから呼ばれています。周辺には二代将軍頼家の妻若狭局が頼家亡きあと移り住んだと伝える場所などもあります。

 また、この丘陵の斜面には、七世紀に出現した横穴墓郡が存在します。比企地方では吉見百穴、黒岩横穴郡などがあり市内では、この比丘尼山横穴墓郡のみです。これらの横穴墓郡は吉見百穴を中心に西に広がっており、同地方に移住した渡米系氏族の壬生(みぶ)()()氏とのかかわりあいのある墓制とも考えられています。

比丘尼山横穴墓
比丘尼山横穴墓
比丘尼山と横穴墓
広告
滑川町山田758 埼玉県道250号森林公園停車場武蔵丘陵森林公園線 歩道
滑川町山田758 埼玉県道250号森林公園停車場武蔵丘陵森林公園線 歩道
国営武蔵丘陵森林公園中央口
国営武蔵丘陵森林公園中央口

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市にまたがる比企北丘陵にある国営公園。国の明治百年記念事業の一環として開設された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園(中央口)

広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
森林公園 中央口ゲート
森林公園 中央口ゲート
広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園(中央口)

広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
埼玉県道307号福田鴻巣線の国営武蔵丘陵森林公園 陸橋
埼玉県道307号福田鴻巣線の国営武蔵丘陵森林公園 陸橋
広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園 野草コース花情報板
国営武蔵丘陵森林公園 野草コース花情報板

野草コース花情報板

この小径には、四季を通じてたくさんの野草が咲きます。

いろいろな姿で生きている花たちをよく観察して下さい。

野草コース花情報板
キチジョソウサラシナショウマコウヤボウキユウガギク
①キチジョソウ
(ユリ科)
②サラシナショウマ
(キンボウゲ科)
③コウヤボウキ
(キク科)
➃ユウガギク
(キク科)
リンドウフジバカマリュウノウツワブキ
⑤リンドウ
(リンドウ科)
⑥フジバカマ
(キク科)
⑦リュウノウギク
(キク科)
⑧ツワブキ
(キク科)
野草コース花情報板

出典:国営武蔵丘陵森林公園

広告
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
広告
国営武蔵丘陵森林公園 記念塔
国営武蔵丘陵森林公園 記念塔
国営武蔵丘陵森林公園
国営武蔵丘陵森林公園
広告
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
森林公園 南口ゲート
広告
森林公園 南口ゲート 噴水
森林公園 南口ゲート 噴水
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
広告
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
滑川町山田 森林公園南口(バス)停
広告
森林公園緑道
森林公園緑道

森林公園緑道

森林公園まで2.9

広告
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
広告
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
森林公園緑道
広告
森林公園緑道
森林公園緑道
滑川町羽尾350−6周辺
滑川町羽尾350−6周辺
広告
至 森林公園駅
至 森林公園駅
松山町3丁目1−8周辺
松山町3丁目1−8周辺
広告
松山町3丁目1−8周辺
松山町3丁目1−8周辺
東松山市役所
東松山市役所
広告
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
広告
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
広告
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)

中央会場・松一小(スタート)→埼玉県立松山高等学校→第二仲よし保育園→滑川羽尾郵便局→森林公園駅北口→学校橋→羽尾平集会所前広場→市野川水循環センター→上市野川橋→天沼(川島清水)→鬼鎮神社→新田沼公園→畠山重忠像→国史跡、比企城館跡群菅谷館跡→国立女性教育会館→禅寺浄空院→原爆の図丸木美術館→唐子中央公園→唐子市民活動センター→東松山市立青鳥小学校→箭弓稲荷神社→中央会場・松一小(ゴール)

第41回日本スリーデーマーチ 1日目 11/2金曜日 和紙の里・武蔵嵐山ルート20㎞

第41回日本スリーデーマーチ
1日目 11/2金曜日
和紙の里・武蔵嵐山ルート20㎞

広告
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
第41回日本スリーデーマーチ
広告
箭弓町3丁目3周辺
箭弓町3丁目3周辺
松葉町1丁目6−3周辺
松葉町1丁目6−3周辺
広告
材木町1−13周辺
材木町1−13周辺
東松山市役所前交差点
東松山市役所前交差点
広告
東松山市役所前交差点
東松山市役所前交差点
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
松葉町1丁目26−20周辺
松葉町1丁目26−20周辺
松山高校前交差点
松山高校前交差点
広告
松山町2丁目4−56周辺
松山町2丁目4−56周辺
松山町2丁目3−14周辺
松山町2丁目3−14周辺
広告
滑川町羽尾3685−9周辺
滑川町羽尾3685−9周辺
滑川町羽尾3738−3周辺
滑川町羽尾3738−3周辺
広告
森林公園駅北口
森林公園駅北口
森林公園駅北口
森林公園駅北口
広告
滑川町 羽尾365−1周辺
滑川町 羽尾365−1周辺
滑川町羽尾532−1周辺
滑川町羽尾532−1周辺
広告
滑川町羽尾1232−1周辺
滑川町羽尾1232−1周辺
滑川町羽尾552−21周辺
滑川町羽尾552−21周辺
広告
滑川町羽尾1543−8周辺
滑川町羽尾1543−8周辺
滑川町月輪284−1周辺
滑川町月輪284−1周辺
広告
滑川町羽尾1955周辺
滑川町羽尾1955周辺
滑川町羽尾1955周辺
滑川町羽尾1955周辺
広告
滑川町水房37−4周辺
滑川町水房37−4周辺
滑川町水房37−4周辺
滑川町水房37−4周辺
広告
滑川町水房37−4周辺
滑川町水房37−4周辺
滑川町水房90交差点
滑川町水房90交差点
広告
関越自動車道高架下
関越自動車道高架下
嵐山町川島1777−6周辺
嵐山町川島1777−6周辺
広告
鬼鎮神社
鬼鎮神社
鬼鎮神社
鬼鎮神社
広告
嵐山町むさし台1丁目16−25周辺
嵐山町むさし台1丁目16−25周辺
嵐山町むさし台2丁目6−13周辺
嵐山町むさし台2丁目6−13周辺
広告
嵐山町むさし台2丁目6−13周辺
嵐山町むさし台2丁目6−13周辺
嵐山町平澤149−1周辺
嵐山町平澤149−1周辺
広告
嵐山町平澤149−1周辺
嵐山町平澤149−1周辺
菅谷交差点
菅谷交差点
広告
厳島神社(嵐山町菅谷)
厳島神社(嵐山町菅谷)
厳島神社(嵐山町菅谷)
厳島神社(嵐山町菅谷)
広告
嵐山町菅谷618−8周辺
嵐山町菅谷618−8周辺
嵐山町菅谷618−8周辺
嵐山町菅谷618−8周辺
広告
埼玉県立嵐山史跡の博物館前交差点
埼玉県立嵐山史跡の博物館前交差点
埼玉県立嵐山史跡の博物館前歩道
埼玉県立嵐山史跡の博物館前歩道
広告
菅谷館跡
菅谷館跡

国指定史跡比企城館跡群

(すが) () (やかた) (あと)

 

(ほん) (ぐるわ) ②二ノ郭 ③三ノ郭 ④西ノ郭 ⑤南 郭

搦手(からて)門跡(もんあと)(しょうてん)門跡(もんあと) ⑧埼玉県立嵐山史跡の博物館

⑨畠山重忠像 ⑩復元木橋 土塁 案内板 説明版

模 型 □水飲場 🚻トイレ 🏠あずまや

出典:埼玉県教育委員会

広告
埼玉県立嵐山史跡の博物館
埼玉県立嵐山史跡の博物館
埼玉県立嵐山史跡の博物館
埼玉県立嵐山史跡の博物館
広告
埼玉県立嵐山史跡の博物館
埼玉県立嵐山史跡の博物館
嵐山町菅谷757
嵐山町菅谷757
広告
至 国立女性教育会館
至 国立女性教育会館
国立女性教育会館
国立女性教育会館
広告
国立女性教育会館配置図
国立女性教育会館配置図

国立女性教育会館

独立行政法人国立女性教育会館は、「独立行政法人国立女性教育会館法」で規定される文部科学省所管の独立行政法人である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
上唐子1567−1周辺
上唐子1567−1周辺
嵐山町菅谷979−6周辺
嵐山町菅谷979−6周辺
広告
上唐子841周辺
上唐子841周辺
上唐子 県道172号線
上唐子 県道172号線
広告
上唐子 ホタルの里 周辺
上唐子 ホタルの里 周辺
上唐子 ホタルの里 周辺
上唐子 ホタルの里 周辺
広告
上唐子795−3周辺
上唐子795−3周辺
上唐子710周辺
上唐子710周辺
広告
唐子635−1周辺
唐子635−1周辺
原爆の図丸木美術館
原爆の図丸木美術館
広告
原爆の図丸木美術館
原爆の図丸木美術館
下唐子1377周辺
下唐子1377周辺
広告
唐子中央公園
唐子中央公園

唐子中央公園

唐子市民活動センター(旧唐子公民館)の南側につくられた公園で、体育館、多目的広場、子供広場等が整備されており、広々とした公園です。

出典:東松山市役所 都市整備部 都市計画課

広告
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
広告
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
広告
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
唐子中央公園
広告
唐子中央公園
唐子中央公園
石橋1388周辺
石橋1388周辺
広告
石橋1356−2周辺
石橋1356−2周辺
関越自動車道 石橋1375陸橋
関越自動車道 石橋1375陸橋
広告
関越自動車道 石橋1375陸
関越自動車道 石橋1375陸
関越自動車道 石橋1375陸橋
関越自動車道 石橋1375陸橋
広告
青鳥(おおどり)城跡
青鳥(おおどり)城跡

(おお) (どり) (じょう) (あと)

築城の年代は現在不明であるが、『太田道灌状』には文明12年(1478年)に、扇谷上杉定正と太田道灌が青鳥に在陣したという記述があり、この頃には城(あるいは城の原型となるもの)はあったと推定されている。

1560年代前半の松山城の攻防戦では、北条氏康方の城として機能したと思われる。なお、永禄2年(1559年)に成立した『小田原衆所領役帳』には狩野介が比企郡青鳥に、久米新左衛門が松山筋石橋にいたとしており、この頃の城主はこの二人のうちのどちらかであると考えられている。

その後、廃城になる。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐において豊臣氏方の前田利家・上杉景勝らが後北条氏方の松山城を攻める際、前田利家は廃城となっていた青鳥城跡に陣を置いた。

近年、青鳥城が廃城になったのは16世紀後半ではなく、16世紀前半とする説が現れた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

広告
青鳥(おおどり)城跡
青鳥(おおどり)城跡
青鳥(おおどり)城跡
青鳥(おおどり)城跡
広告
青鳥(おおどり)城跡 虎御石
青鳥(おおどり)城跡 虎御石

(とら) () (いし)

この虎御石は、高さ375cm・幅7077cm、厚さ14cm、比企・入間地方最大の(いた)石塔(いしとう)()です。鋭い三角形の山形、深い溝の二条線、区画された額部の上面に荘厳体(そうごんたい)胎蔵界(たいぞうかい)大日如来(だいにちにょらい)を表わす種子(アーンク)が力強く彫られています。種子の下には、深く雄渾(ゆうこん)(れん)(べん)が刻まれています。

蓮座の下には四行の真言偈(しんごんげ)(もん)、さらに三行の銘文が刻まれています。「応安二(おうあんに)()(ゆう)卯月(うづき)」とあることから、虎御石は応安二年(1369年)に建立されたものです』

出典:東松山市教育委員会

広告
青鳥(おおどり)城跡 胎蔵界大日種子板碑
青鳥(おおどり)城跡 胎蔵界大日種子板碑
忘れ去りたくないもの
忘れ去りたくないもの

忘れ去りたくないもの

 この付近には、鎌倉時代からの南北朝のころに造られたと考えられる青島(あおとり)(じょう)があります。戦国時代にも使われていたといわれています。この沼は、その内堀のなごりです。

 現在、城跡は畑や民家、雑木林となっていて、そのおもかげはほとんど知ることができません。

 この堀跡は、おため池とよばれています。上下2つに仕切られていますが、その上手の池の岸には、カラムという植物がたくさん生えています。

 大きな葉を持つ草で、昔、この草の茎の皮から繊維をとって、布を作ったとされています。あまり目立たない地味な花がさきますが、今では、人にとってはほとんど何の価値もないように思われます。

 ところが、この草は、アカタテハにとってたいせつな食草なのです。この草がなくなると、このチョウは繁殖ができなくなってしまうのです。

 人にとって何でもない自然であっても、生きものは複雑にからみ合った関係にあって、それぞれが欠かせない役割りを持つています。

 そまつにしないようにしましょう。

クリコナラヌルデ
クリコナラスギ
クヌギクヌギシラカシ
ヌルデクヌギシラカシ
この付近で見られる雑木林の木。

この付近で見られる雑木林の木。

アカタテハ.カラムシ
アカタテハカラムシ
アカタテハの幼虫は、カラムシの葉を2ツ折りにして巣を作り、やがてこの中でサナギになります。

アカタテハの幼虫は、カラムシの葉を2ツ折りにして巣を作り、やがてこの中でサナギになります。

 

★ゴミは捨てずに持ち帰りましょう。

出典:東松山市・埼玉県環境庁

広告
東松山市立青鳥小学校 脇
東松山市立青鳥小学校 脇
美土里町7−15周辺
美土里町7−15周辺
広告
箭弓町2丁目7−3周辺
箭弓町2丁目7−3周辺
箭弓町2丁目7−3周辺
箭弓町2丁目7−3周辺
広告
箭弓町2丁目7−15周辺
箭弓町2丁目7−15周辺
武蔵丘短期大学
武蔵丘短期大学
広告
箭弓神社鳥居
箭弓神社鳥居
箭弓神社
箭弓神社

箭弓稲荷神社 (東松山市)

712年(和銅5年)の創建と伝えられる。その頃は小さな祠だったようだが、1030年(長元3年)に下総国の城主平忠常の討伐に出かけた源頼信がこの周辺に一泊した際に、近くにあった野久稲荷神社に詣でて、太刀一振と馬一頭を奉納すると、その夜に白羽の矢のような形をした雲が敵陣の方へ飛んでいくのを目撃し、これは神のお告げだと確信、直ちに敵陣に攻め込んだ頼信は快勝し、立派な社殿を建造し「箭弓稲荷大明神」とたたえたと伝えられる。以来、松山城主、川越城主などの庇護を受けた。

 

社名の由来については、1028年(長元元年)に下総国の平忠常が謀反を企て安房・上総・下総の三カ国を制圧し、大軍をもって武蔵国に侵攻した(平忠常の乱)。これを受けて源氏の棟梁源満仲(多田満仲)の子であり、甲斐国守を勤める源頼信は、忠常追討の綸旨を賜り、鎮圧に向かった。しかし、多勢に無勢、武勇の頼信も心を悩ませた。その時、頼信が布陣する松山本陣近くで古い祠を見つけた。問えば、野久原に鎮まる「野久稲荷大明神」で、本地は「十一面観世音」であるという。

 

これを聞いた頼信は、野久はすなわち箭弓(矢弓)の意で、武門の守護神であると、大いに奮い立ち、神前に怨敵退散の願書、太刀一振、駿馬一頭を奉納し、ついに忠常を撃退することができた。一説には、白狐に乗った神が弓矢を授けたと伝える。この神恩に報いるため、社殿を再建した。以来、野久稲荷は、箭弓稲荷と号せられるようになった。

 

同形の物語としては、さかのぼること791年(延暦10年)坂上田村麻呂が箭弓稲荷より南西約4kmにある岩殿観音付近の雪見峠(東松山市大字岩殿字雪見峠付近と思われる)の悪竜を退治する際に、老人の姿の神が矢を授けたとの言い伝えがある。

 

一方で関連する寺院として、福聚寺の草創については次のようにある。当社は中世の兵乱により衰微し、野中の小社となり、近くの庵主が神前に一灯を供ずるのみになっていた。1617年(元和3年)、天海僧正が駿府から下野国へ神輿(二度葬される途中の家康と思われる)を守護し、当地松山宿を通行した折、大雨に見舞われたため、当社の宮守りをしていた庵主の草室に神輿を納めた。すると、忽然と弓箭を携えた翁が示現した。天海僧正が何者かと問えば「人にあらず、稲魂の神使なり、僧正守護する神輿の御先を掃仕して非常を静める役を、この松山野久の地に勤めん」と告げた。これを聞いた僧正は、庵主に翁の御告を伝えて当社の由来を聞き、箭弓稲荷大神を尊崇して社殿を造営した。この折、僧正は訪れた庵を一寺に取り立てて福聚寺という寺号を与え、庵主を別当職に補任した。 『新編武蔵風土記稿』には「享保中より殊に威徳著しく諸人信仰するもの多し 今の如く市店旅宿門前に並へるは彼頃よりのことなり」とある。

 

明治初年、神仏分離により福聚寺は別当から離れることとなった。(福聚寺は今も東松山市本町に存在している(市立図書館から沼をはさんだ反対側))

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
箭弓神社
箭弓神社
箭弓神社
箭弓神社
広告
箭弓神社
箭弓神社
箭弓神社
箭弓神社
広告
松葉町1丁目23−32周辺
松葉町1丁目23−32周辺
松葉町1丁目23−26周辺
松葉町1丁目23−26周辺
広告
松葉町2丁目3−4陸橋
松葉町2丁目3−4陸橋
松葉町2丁目3−4陸橋
松葉町2丁目3−4陸橋
広告
松葉町1丁目24−13周辺
松葉町1丁目24−13周辺
中央会場・松一小(ゴール)
中央会場・松一小(ゴール)
広告

中央会場・松一小(スタート)→青鳥(おおどり)城跡 胎蔵界大日種子板碑→国道254バイパス→唐子中央公園→東松山市立 南中→東松山駅→中央会場・東松山市役所(ゴール)

第40回記念大会日本スリーデーマーチ 3日目 11/5(日)
都幾川・千年谷公園ルート

広告
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ

第40回記念大会日本スリーデーマーチ
広告


中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)

中央会場・松一小(スタート)
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町3丁目2‐3
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町3丁目2‐3
広告
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町3丁目13‐5
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町3丁目13‐5
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町3丁目13‐51
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町3丁目13‐51
広告
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1585‐3
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1585‐3
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1581‐1
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1581‐1
広告
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1581‐1

〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1581‐1
虎御石
虎御石
虎 御 石
虎 御 石

虎 御 石

市指定文化財

この虎御石は、高さ375㎝・幅7077㎝暑さ14㎝で、比企・入間地方最大の板石塔婆です。

鋭い三角形の山形、深い溝の二条線区画され額部の上面に莊厳体の胎蔵界大日如来を表す種子(アーンク)が力強く削られています。

種子の下には、深く雄渾な蓮弁が刻まれています。

蓮座の下には四行の真言偈分、さらに三行の銘文が刻まれています。「応安二巳酉卯月」とあることから、虎御石は応安二年(1369年)に建立されたものです。

昭和583

出典:東松山教育委員会

広告
青鳥(おおどり)城跡 胎蔵界大日種子板碑
青鳥(おおどり)城跡 胎蔵界大日種子板碑
国道254バイパス
国道254バイパス
広告
国道254バイパス
国道254バイパス
唐子中央公園
唐子中央公園
広告
唐子中央公園

唐子中央公園
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1121‐1
〒355-0076 埼玉県東松山市下唐子1121‐1
広告
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋21‐2
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋21‐2
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋104
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋104
広告
東松山市立 南中
東松山市立 南中
〒355-0075 埼玉県東松山市下青鳥62‐6
〒355-0075 埼玉県東松山市下青鳥62‐6
広告
〒355-0073 埼玉県東松山市 県道345号線
〒355-0073 埼玉県東松山市 県道345号線
〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線
〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線
広告
〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線

〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線
〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線

〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線
広告
〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線

〒355-0028 埼玉県東松山市 県道249号線

中央会場・松一小(スタート)→松山第一小学校前→森林公園駅→新郷公園→箭弓神社→ 中央会場・東松山市役所(ゴール)

第40回記念大会日本スリーデーマーチ 2日目 11/4(土)
和紙の里・武蔵嵐山ルート

広告
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)

中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)

中央会場・松一小(スタート)

なすび 俳優

なすびは、日本のタレント、俳優。本名・浜津 智明。福島県立福島東高等学校、専修大学法学部卒業。劇団「なす我儘」主宰、劇団丸福ボンバーズ参加中。所属事務所は オフィスケイ。血液型はO型。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
中央会場・松一小(スタート)

中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)

中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート

中央会場・松一小(スタート
広告
中央会場・松一小(スタート

中央会場・松一小(スタート
中央会場・松一小(スタート

中央会場・松一小(スタート
広告
中央会場・松一小(スタート

中央会場・松一小(スタート
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町2丁目1‐23
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町2丁目1‐23
広告
〒355-0018 埼玉県東松山市松山町1丁目3‐29
〒355-0018 埼玉県東松山市松山町1丁目3‐29
氷川神社
氷川神社
広告
〒355-0812 埼玉県比企郡滑川町都51‐7
〒355-0812 埼玉県比企郡滑川町都51‐7
埼玉県比企郡 関越自動車道
埼玉県比企郡 関越自動車道
広告


新郷公園
新郷公園
広告
新郷公園

新郷公園
新郷公園

新郷公園
広告
新郷公園

新郷公園
新郷公園

新郷公園
広告
新郷公園

新郷公園
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1395‐5
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1395‐5
広告
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1501‐2
〒355-0072 埼玉県東松山市石橋1501‐2
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目6‐36
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目6‐36
広告
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目7‐5
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目7‐5
箭弓稲荷神社
箭弓稲荷神社

箭 弓 稲 荷 神 社

箭弓稲荷神社とは、埼玉県東松山市にある神社である。旧社格は県社で、戦後は神社本庁の別表神社となった。 まれに日本三大稲荷や日本五大稲荷の一つとされることがある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
箭弓神社

箭弓神社
中央会場・東松山市役所(ゴール)
中央会場・東松山市役所(ゴール)
広告
中央会場・東松山市役所(ゴール)

中央会場・東松山市役所(ゴール)

中央会場・松一小(スタート)→松山第一小学校前→上沼公園→上沼公園交差点→岩室観音堂→大沼(百穴湖)→吉見町武道館→岩殿山安楽寺→大岡市民活動センター→森林公園 中央ゲート→森林公園→森林公園 陸橋→森林公園 記念塔→森林公園→森林公園 南口→中央会場・東松山市役所(ゴール)

第40回記念大会日本スリーデーマーチ 1日目 11/3(祝)
吉見百穴・森林公園ルート

広告
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ
第40回記念大会日本スリーデーマーチ

第40回記念大会日本スリーデーマーチ
広告


中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
広告
中央会場・松一小(スタート)
中央会場・松一小(スタート)
松山第一小学校前
松山第一小学校前
広告
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目16‐23
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目16‐23
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐9
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐9
広告
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐9

〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐9
〒355-0012 埼玉県東松山市日吉町4‐22
〒355-0012 埼玉県東松山市日吉町4‐22
広告
〒355-0016 埼玉県東松山市材木町3‐8
〒355-0016 埼玉県東松山市材木町3‐8
上沼公園
上沼公園
広告
上沼公園交差点
上沼公園交差点
〒355-0019 埼玉県東松山市砂田町8‐8
〒355-0019 埼玉県東松山市砂田町8‐8
広告
〒355-0032 埼玉県東松山市新宿町2‐5
〒355-0032 埼玉県東松山市新宿町2‐5
広告
岩室観音堂
岩室観音堂

岩 室 観 音

弘法大師が岩窟を選んで高さ一尺一寸(36.4㎝)の観音像を彫刻してこの岩窟に納め、その名前を岩室山と号したと伝えられる。武蔵松山城跡跡主が代々信仰し護持していたと伝えられており、天正18年(1590年)豊臣秀吉が関東に出陣した際に武蔵松山城跡跡の落城に伴い建物の全てが焼失したといわれている。

出典:吉見町

広告
岩室観音堂
岩室観音堂
広告
〒355-0155 埼玉県比企郡吉見町北吉見22
〒355-0155 埼玉県比企郡吉見町北吉見22
大沼(百穴湖)
大沼(百穴湖)
広告
大沼(百穴湖)
大沼(百穴湖)
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷236‐3
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷236‐3
広告
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷1443
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷1443
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷1443
〒355-0118 埼玉県比企郡吉見町下細谷1443
広告
吉見町武道館
吉見町武道館
埼玉県比企郡 県道271号線
埼玉県比企郡 県道271号線
広告
〒355-0151 埼玉県比企郡吉見町御所483‐1
〒355-0151 埼玉県比企郡吉見町御所483‐1
岩殿山安楽寺
岩殿山安楽寺

吉見観音 安楽寺

安楽寺は、埼玉県比企郡吉見町にある真言宗智山派の寺院。山号は岩殿山。院号は光明院。本尊は聖観世音菩薩で、坂東三十三箇所11番札所、関東八十八箇所75番札所、東国花の寺百ヶ寺埼玉5番である。吉見観音とも称される。 また、第9番慈光寺、第10番正法寺とともに比企三山とも言われている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
〒355-0156 埼玉県比企郡吉見町長谷1236‐41
〒355-0156 埼玉県比企郡吉見町長谷1236‐41
〒355-0156 埼玉県比企郡吉見町長谷1504‐195
〒355-0156 埼玉県比企郡吉見町長谷1504‐195
広告
〒355-0003 埼玉県東松山市殿山町3‐9
〒355-0003 埼玉県東松山市殿山町3‐9
広告
〒355-0004 埼玉県東松山市沢口町29‐13
〒355-0004 埼玉県東松山市沢口町29‐13
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷1951‐2
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷1951‐2
広告
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷2015
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷2015
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷2206‐2
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷2206‐2
広告
大岡市民活動センター
大岡市民活動センター
大岡市民活動センター

大岡市民活動センター
広告
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷348
〒355-0008 埼玉県東松山市大谷348
森林公園 中央ゲート
森林公園 中央ゲート
広告
森林公園 中央ゲート

森林公園 中央ゲート
森林公園
森林公園
広告
森林公園 陸橋
森林公園 陸橋
森林公園 陸橋

森林公園 陸橋
広告
森林公園 記念塔
森林公園 記念塔
森林公園
森林公園
広告
森林公園 南口
森林公園 南口
森林公園 南口
森林公園 南口
広告

東松山市役所(スタート)→松山神社跡→八幡神社→比企総合研究センター→東松山駅東口→東松山駅西口→箭弓神社前→箭弓神社→東松山駅西口(ゴール)

第40回記念大会日本スリーデーマーチ

広告
東松山市役所
東松山市役所



広告
中央会場
中央会場
東松山市役所(スタート)
東松山市役所(スタート)
広告
松山陣屋跡
松山陣屋跡
松山陣屋跡
松山陣屋跡
広告
前橋藩松山陣屋跡
前橋藩松山陣屋跡
松 山 陣 屋 跡
松 山 陣 屋 跡

松 山 陣 屋 跡

東松山市指定史跡(昭和3638日指定)

幕末における東松山市域の領地は、藩領・旗本領・幕府直轄領として領有され、市域の約半分の領地が川越藩主松平大和守家直克に管理されておりました。

松平大和守家は、寛延二年(1749)の国替えにより、姫路から前橋藩となりましたが、度重なる利根川の氾濫による前橋城の損壊により、明和四年(1767)松平朝矩のとき川越藩に移転しました。

川越藩への移転から100年後の慶応三年(1867)、藩主松平直克のとき、四年の歳月をかけて再建した前橋城に帰城することとなり、武蔵国比企郡を中心に前橋藩の飛び地として、約六万二千石余の領地が残ったため、これらの領地を治める必要から、慶応三年(1867)「松山陣屋」が置かれました。

現在の松葉町一丁目のほぼ全域に渡る大規模なもので、幕末の動乱期を背景として主要施設は、堀と土塁に囲まれた堅牢な構えとなっています。

陣屋は、大政奉還後の明治四年(1871)の廃藩置県により、建設からわずか四年でその役割を終えることになりますが、当地方発展の礎となりました。

藩領はその後、前橋県・群馬県・入間県・熊谷県を経て明治九年(1876)現在の埼玉県に編入されることになります。

平成256月 出典:東松山市教育委員会

広告
前橋藩松山陣屋跡
前橋藩松山陣屋跡
前橋藩松山陣屋跡
前橋藩松山陣屋跡
広告
前橋藩松山陣屋跡
前橋藩松山陣屋跡
東松山市役所前
東松山市役所前
広告
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目14‐3
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目14‐3
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目15‐4
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目15‐4
広告
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目25‐12
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目25‐12
東松山市八幡神社
東松山市八幡神社
広告
東松山市八幡神社
東松山市八幡神社
広告
松山陣屋鉄砲場跡
松山陣屋鉄砲場跡
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐7
〒355-0017 埼玉県東松山市松葉町1丁目17‐7
広告
比企総合研究センター
比企総合研究センター
比企総合研究センター
比企総合研究センター
広告
東松山駅
東松山駅
東松山駅
東松山駅
広告
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑

梶田隆章先生がノーベル賞を

受賞するまで

1959年、東松山に生まれた梶田隆章先生は、野本小学校、南中学校を卒業されました。

梶田先生は、このころのことを「東松山のゆったりとした環境の中で育ったことに感謝しています」とおっしゃつています。

埼玉県立川越高等学校は、埼玉大学理学部物理学科を卒業した梶田先生は、東京大学院理学系研究科修士課程のときにカミオカンデ計画に参加しました。1986年、博士課程を修了し、東京大学理学部付属素粒子物理国際研究センター助手に就任した梶田先生は「ニュートリノ振動の兆候」に気づき、1998年、東京大学宇宙線研究所助教授のときに「ニュートリノ振動の発見」を発表しました。2008年、東京大学宇宙線研究所長に就任した梶田先生は、2015年、この発見により、ノーベル物理学賞を受賞しました。

 

梶田隆章先生がノーベル物理学賞を受賞した理由

みなさんは「ニュートリノ」という言葉を知っていますか?

ニュートリノは「素粒子」の仲間です。私たちの身の回りにある部質を細かく分けていくと「原子」というものに行きつき、それをさらによく調べると「クォーク」という小さな粒子で作られていることが分かりました。今のところは、クォークよりも小さな粒子は見つかっておらず、このクォークのようにこれ以上分割することのできない小さな粒子のことを素粒子といいます。

ニュートリノは、ほかの部質とほとんど反応しない幽霊のような粒子です。そんなニュートリノをどうやって観測するのでしょうか?

ニュートリノは、原子の中で働く弱い力に反応します。そこで、ニュートリノ観測装置「スーパーカミオカンデ」では、地下にある大きなタンクの中に超純水と呼ばれる非常に純度の高い水を入れて、ニュートリノを待ち受けています。すると、まれにニュートリノが水の分子にぶつかることがあります。この時に発生する特別な光を捕まえるために、スーパーカミオカンデのタンク内側には、「光電子増倍管」という光センサーが約1万個取り付けられています。

 

 

 

広告
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑
梶田隆章先生 ノーベル物理学賞受賞記念碑
東松山駅西口
東松山駅西口
広告
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目11 自転車駐車場ザ・ちゃりんこさくら
〒355-0028 埼玉県東松山市箭弓町2丁目11 自転車駐車場ザ・ちゃりんこさくら
箭弓神社前
箭弓神社前
広告
箭弓神社
箭弓神社
箭 弓 稲 荷 神 社
箭 弓 稲 荷 神 社

箭 弓 稲 荷 神 社

長元元年(1028年)下総国(千葉県)の城主、前上総介平忠常は、下総に乱をおこし安房・上総・下総を手中に収め、大軍を率いて破竹の勢いで武蔵国へ押し寄せた。

長元3年秋、忠常追討を命ぜられた冷泉院の判官代甲斐守源頼信(多田満仲の子、頼光の弟)は、武蔵国比企郡松山野久ヶ原に本陣を張り、一泊した際に当社にもうで、敵退治の願書を呈し、太刀一振、馬一匹を奉納して一夜祈願した。その晩、白羽の矢のような形をした白雲が起こって敵陣の方へ飛んだ(一説に白狐に乗った神が弓矢を授けた夢を見た)のを見て神様のお告げと感じ、ただちに兵を起こして敵陣に攻めこんだ。忠常の兵は不意の攻撃にねすすべもなく敗れ、三日三晩の戦いで潰滅した。頼信はこれを喜び、がいせの際、立派な社殿を再建し、「箭弓稲荷大名神」と称えたと伝えられている。

現在の社殿は享保3年(1718年)領主島田弾正が社地四町七反余を免除し、四方の信徒を図って建造したといわれている。

明治29年に郷社と定められ、大正十二年には県社に昇格し、衣食住はもとより、商売繁盛、開運の神として広く知られている。

また、境内にはボタン園があり関東随一の名園といわれている。

平成103

出典:東松山市・埼玉県

 

 

 

広告
箭弓神社
箭弓神社
箭弓稲荷神社境内配置図
箭弓稲荷神社境内配置図

箭弓稲荷神社境内配置図

箭弓稲荷神社境内配置図
箭弓稲荷神社境内配置図
広告
箭弓神社御由緒
箭弓神社御由緒
箭弓神社 御由緒
箭弓神社 御由緒

御 由 緒

 

御祭神 宇迦之(うがの)御魂(みたまの)(かみ)保食(うけもちの)(かみ)豊受比賣(とようけひめの)(かみ)

 

当社の御創建は和銅5年(712年)と伝えられ、規模の雄大さと御社殿の荘厳さと御霊験の灼らたかさ於ては、関東に比なき稲荷大社と称せられ、創立の当時は野久又は矢久稲荷と称せられ里人の信仰の的となっていた。

 

社記に依れば人皇第68代後一条天皇の御宇長元年下総国(千葉)の城主前上総介平忠常謀反を企て、安房、上総、下総の三ヵ国を切除へ破竹の如き勢いにて威を八州に震い大軍を起して武蔵野国に押出せし時、冷泉院判官代甲斐守源頼信元三年忠常追討の論旨を賜り、当地の野久ヶ原に本陣を張りて当社を尊仰し朝敵退治の願書を呈し、一終夜の御祈願ありてその暁白雲俄かに起りて白羽の箭の如く型取りたる雲あらわれると共に一陣の風颯と吹き立ち敵陣の方へ箭を射る如く飛び行けば頼信神明の感応なりと直ちに敵陣に攻め入れば、忠常の陣中麻の如く乱れ三日三夜追討して潰減せり、頼信御神威を感得、喜悦して直ちに見事なる御社殿を再建建立して箭弓稲荷体明神と称へ奉れりと記され亦後に御社名を箭弓稲荷と呼称す。

 

又宝徳三年二月の初牛に河肥の左金吾持資主の心願成就の法楽を捧げられ文明年中まで年毎の御祭礼太田道灌により執行せられ、松山城主上田氏、難波田氏も康正年中より、代々の領主達の尊信最も篤く後川越八代の城主松平大和守は、社地を免租して親筆の献額を捧げ、松平家代々の城主当社を宗敬し御分霊を城内及び邸内に奉斎された。

 

当社の最も隆盛を極めたのは、特に享保年間で庶民の宗敬最も厚く、四方遠近の国々貴賤当社に心願をこめて参籠し、社前市をなし人馬の往来繁く江戸より熊谷西上州、又江戸には「箭弓稲荷江戸講中」日本橋小田原町を中心に江戸市中に及び講中の参拝引きもきらず、樋川、鴻巣、吹上に宿より道中して参拝し「従是箭弓いなり道」道標五十余本ありて当時の隆盛を偲ぶことができる。現在も大小百余講社あり、尚当社は、五穀豊穣、商売繁昌、家内安全の守護神であるとともに養蚕倍盛、交通案内、厄除、火難除、開運、学業成就、芸能精進等の神社として信仰を集めております。

 

*指定文化財*

 

〇本 殿

当社の本殿は、間口5・43米、奥行5・1米で屋根は切妻、単層三重垂木の銅葺、正面妻梁上の両破風面は、竜、獅子、摸等の彫刻が多く、裏には、仙人が烏鷺(囲碁)を楽しんでいる彫刻がある。

内部の各桝組は、極彩色の花卉模様が散りばめられており、正面の扉、柱及び欄間には極彩色の花鳥の彫刻がある。

床面には朱塗りで全体が日光廟を小さくした感じである。

 

〇絵 馬

数多い絵馬のうち次の八点が指定されている。「呉服店」「馬上の中国武人」「関羽と張飛」「俵藤太秀郷」「牛若丸と弁慶」「予譲の仇討」「文人机に寄り」「武人と騎馬武者」の題名でいづれも大型の絵馬である。

広告
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
広告
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
広告
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
本殿縁の下持送り彫刻 水犀
本殿縁の下持送り彫刻 水犀

本殿縁の下持送り彫刻

水犀

水犀は、日本の霊獣で、その体形は鹿に、背中には亀の甲羅を背負い、頭には一角を持ち、細い足には蹄が付いています。これは、水犀の名が示す通り、火災除けの彫刻です。

広告
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
箭弓神社拝殿
本殿花頭窓彫刻 二龍
本殿花頭窓彫刻 二龍

本殿花頭窓彫刻

二龍

そもそも、龍には、人民救済、雨乞い、魔除け、鎮火などのご利益があります。当社では二匹の龍が本殿両脇に位置し、ご参拝の方にご利益をもたらすべく、本殿を守護しております。

広告
巨大御朱印スタンプ
巨大御朱印スタンプ
宇迦之魂社御由緒
宇迦之魂社御由緒
宇迦之魂社御由緒
宇迦之魂社御由緒

宇迦之魂社御由緒

通称 穴宮稲荷・団十郎稲荷

御祭神 宇迦之魂神

社記に依れば「穴宮は当社眷属の穴居なるを以て俗に称す」とあります。

団十郎稲荷は、文政三年(1820)の秋七代目市川団十郎が特に当社を信仰し芸道精進の大願成就の心願を御祈願し、その当時の江戸の柳盛座の新春歌舞伎興行において、「葛の葉」「狐忠信」等の段が素晴らしく演じられ毎日札止めの大盛況で目出度く終演したことは、一重に大神様のご加護のお陰であるとして、御礼に文政四年(1821)仲秋に石造りの

御神祠を建立されました。

それ以来、役者衆の参拝や花柳界・水商売・一般の方々の信仰厚く、芸能向上・商売繁昌の守護神として広く崇敬されています。

平成241

出典:箭弓稲荷神社社務所

広告
宇迦之魂社 芸能工場の神様
宇迦之魂社 芸能工場の神様
宇迦之魂社 芸能工場の神様
宇迦之魂社 芸能工場の神様
広告
宇迦之魂社 芸能工場の神様
宇迦之魂社 芸能工場の神様