三崎口駅前🚌京急バスロータリー(スタート)→三浦市三崎町商店街→城ヶ島灯台公園入口→城ヶ島灯台公園→城ヶ島灯台→城ヶ島京急ホテル駐車場方面→港屋方面→城ヶ島公園水仙ロード→城ヶ島公園 第一展望台→みはらし広場→ウミウ展望台→三浦半島八景 城ヶ島の落雁→城ヶ島公園第1駐車場→神奈川県立城ヶ島公園入口→神奈川県立城ヶ島公園案内図→神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場→第二展望台→城ヶ島砲台跡→安房崎灯台→角川源義句碑→馬の背洞門→相模亭→城ヶ島灯台点灯百二十周年記念碑→京急バスロータリー(ゴール)🚌三崎口駅前

広告
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
広告
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
三崎口駅前(〒238-0111 神奈川県三浦市初声町490−1)
広告
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
広告
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)から三崎漁港を眺める
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)から三崎漁港を眺める
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)から楫の三郎山神社を眺める
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)から楫の三郎山神社を眺める
広告
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
京急バスロータリー(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島658−55)
三浦市三崎町商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
三浦市三崎町商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
三浦市三崎町商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
三浦市三崎町商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台公園入口(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
城ヶ島灯台公園入口(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
広告
城ヶ島灯台公園階段(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
城ヶ島灯台公園階段(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
城ヶ島灯台公園(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
城ヶ島灯台公園(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町686)
広告
海への祈り(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町689−2)
海への祈り(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町689−2)
城ヶ島灯台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)

城ヶ島灯台

~東京湾の入り口を照らす灯台~

城ヶ島灯台は、明治3年(1870年)横須賀製鉄所首長フランス人ヴェルニーにより西洋灯台として設置点灯されました。このレンガ造円形、灯高基礎上5.76mの灯台は、大正12年(1923年)91日の関東大震災によって、一瞬に建物の基礎から倒壊し、大正15年(1926年)81日に改築されたのが現在の灯台です。灯台は船舶が安全に航行するための大切な施設です。この施設の異常を発見した場合や、何かお気づきの点がございましたら、横須賀海上保安部までお知らせください。

位  置   北緯  35度08分06秒
       東経  139度36分40秒
光り方    15秒毎に白光を1閃光(単閃白光)
光の強さ   31.0万㏅
光の届く距離 16.0㌋(約29㎞)
高さ     地上から灯台頂部 約11.5m
       水面から灯火   約30.1m
管理事務所  横須賀海上保安部
城ヶ島灯台
城ヶ島灯台記念碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台記念碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
城ヶ島灯台点灯百二十周年記念碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台点灯百二十周年記念碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台説明文(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台説明文(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)

城ヶ島灯台説明文

慶応2年江戸条約により端を発し洋式灯台の建設が始まりました。この城ケ島灯台も明治311月初めて一条の光を放ってより、油、ガス、電気とその発展の過程において時代毎に新しい技術を吸収し独創的な開発改良を重ねて現在に至っておりますが、その間、関東大震災・太平洋戦争と壊滅的な打撃を受け、その歩んで来た道は決して平坦なものではありませんでした。

由緒有るこの灯台 も平成211月には120年と言う歴史を刻みましたがこの間幾多の船人達の命と貴重な財貨を人知れず救って来た功績を永く顕彰し、その陰には黙々と守って来た代々灯台職員各位の苦労に感謝すると共に、この年を節目として無人となるため島民有志一同合い集い感謝の念を後世に伝えるべく石碑に託しここに建立するものである。

平成三年十月五日

出典:城ヶ島観光協会

広告
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から大島方面を望む
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から大島方面を望む
広告
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から大島方面を望む
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から大島方面を望む
城ヶ島京急ホテル駐車場方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
城ヶ島京急ホテル駐車場方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
広告
城ヶ島京急ホテル駐車場方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
城ヶ島京急ホテル駐車場方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
磯香瀬周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693城ヶ島京急ホテル内)
磯香瀬周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693城ヶ島京急ホテル内)
広告
磯香瀬(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693城ヶ島京急ホテル内)から海岸を眺める
磯香瀬(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693城ヶ島京急ホテル内)から海岸を眺める
長津呂の磯方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町684−2)を眺める
長津呂の磯方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町684−2)を眺める
広告
港屋方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)に向かう
港屋方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)に向かう
港屋方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)に向かう
港屋方面(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)に向かう
広告
商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)
商店街(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町680−5)
至 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
至 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
至 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
至 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島公園水仙ロード
城ヶ島公園水仙ロード
広告
城ヶ島公園水仙ロード
城ヶ島公園水仙ロード
←城ヶ島灯台 県立城ヶ島公園→
←城ヶ島灯台 県立城ヶ島公園→
広告
城ヶ島公園水仙ロード
城ヶ島公園水仙ロード
城ヶ島公園 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島公園 第一展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から館山方面を望む
広告
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から伊豆大島方面を望む
城ヶ島公園から伊豆大島方面を望む
広告
←安房崎灯台1460m 480m城ヶ島灯台→
←安房崎灯台1460m 480m城ヶ島灯台→
城ヶ島ハイキングコース みはらし広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島ハイキングコース みはらし広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島公園から館山方面を望む
城ヶ島公園から館山方面を望む
広告
城ヶ島ハイキングコース稜線(馬の背洞門)
城ヶ島ハイキングコース稜線(馬の背洞門)
馬の背洞門空からパノラマ
馬の背洞門空からパノラマ
広告
城ヶ島ハイキングコースモニュメントコンセプト
城ヶ島ハイキングコースモニュメントコンセプト

モニュメントコンセプト

日本ロマンチスト協会&日本財団による“恋する灯台プロジェクト”に、安房埼灯台と城ヶ島灯台が選ばれたことを記念してモニュメントを設置いたしました。

寄り添いあう恋人達

あなたと💛わたし

を、抽象的に表現しています。

ウミウ展望台周辺(〒238-0243 神奈川県三浦市三崎2丁目)
ウミウ展望台周辺(〒238-0243 神奈川県三浦市三崎2丁目)
白秋文学コース ウミウ展望台周辺
白秋文学コース ウミウ展望台周辺

白秋文学コース

ウミウ展望台

三崎城ヶ島は鵜の鳥島よ

潮のしぶきで鵜が育つ

展望台より望む、赤羽根海岸東側の崖には、毎年10月下旬になると、ウミウ、ヒメウが遠く千島列島から渡来し、翌年の4月まで見ることができます。

約千羽にも及ぶ鵜の乱舞は、冬の城ヶ島の風物詩であり、白秋もまた野生の瑞々(みずみず)しさに深い関心を寄せ、その足跡が島中にあり、多くの創作活動をみることができます。

城ヶ島の白百合の花大きければ

仰ぎてぞあらんあそびの舟は

 

城ヶ島のウミウ、ヒメウ及びクロサギの生息地

神奈川県指定天然記念物(地域指定)

昭和35531日指定

 

赤羽根海岸の東側に続く(ほん)(した)の断崖は、幅約300m、高さ30mにわたり、波打ち際からの垂直の崖が人を寄せつけないことから、鵜の群れのよい生息地となっており、冬季の生息地として、その地域が指定されています。

ウミウ、ヒメウはウ科に属する海鳥で、海上を泳ぎ、潜って魚を捕り餌としています。ウミウはこの習性を利用して鵜飼に使われていることで有名です。両種とも冬鳥として渡来し、4月以降に本州北部、北海道以北に渡り繁殖します。繁殖期に近づくと足の付け根に白斑が見られます。クロサギ(サギ科)は、留鳥として生息し、磯や干潟で餌をとります。城ヶ島でも繁殖が確認されており、本種の分布の北限と考えられています。

出典:三浦市

 

 

広告
←城ヶ島灯台1100m 200m県立城ヶ島公園→
←城ヶ島灯台1100m 200m県立城ヶ島公園→
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台
広告
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台から安房崎灯台方面を眺める
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台から安房崎灯台方面を眺める
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台から安房崎灯台方面を眺める
城ヶ島ハイキングコースウミウ展望台から安房崎灯台方面を眺める
広告
三浦半島八景 城ヶ島の落雁
三浦半島八景 城ヶ島の落雁

三浦半島八景

城ヶ島の落雁

三浦半島八景
三浦半島八景
●大塔(鎌倉宮)の夜雨 ●神武寺の晩鐘
●灯台(燈明堂)の帰帆●猿島の晴嵐
●大佛の秋月 ●城ヶ島の落雁
●長者ヶ崎の夕照●建長寺の暮雪
三浦半島八景

「八景」の考え方は15世紀に中国から日本に移入されました。「近江八景」や「金沢八景」が有名ですが、三浦半島地域でもこれまでにたくさんの「八景」が残されています。

伝統的な「八景」は次の八つの景色を基本形につくられ、それぞれ次のような情景を表すのではないかと言われています。

●夜雨:水辺の夜の雨 ●晩鐘:山寺の晩鐘
●帰帆:港に帰る漁船●晴嵐:朝もやに煙る松林
●秋月:水辺に映える秋の月●落雁:干潟に降り立つ雁の群れ
●夕照:夕日に照らされた遠くの山●暮雪:夕暮の雪景色
三浦半島八景

「三浦半島八景」は、神奈川県が三浦半島地区の41町と協働して、この地域のうるおい”“にぎわいづくりをめざし、半島をぐるっとまわれるような新たな「八景」をつくるため、「三浦半島八景」選定委員会を設置し、県民の皆様のご意見を参考に、平成1311月に選定したものです。

出典:神奈川県横須賀三浦地域県政総合センター

 

城ヶ島公園第1駐車場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町121)
城ヶ島公園第1駐車場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町121)
広告
神奈川県立城ヶ島公園 水仙(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ケ島)
神奈川県立城ヶ島公園 水仙(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ケ島)
城ヶ島のウミウ、ヒメウ及びクロサギの生息地
城ヶ島のウミウ、ヒメウ及びクロサギの生息地

神奈川県指定天然記念物

城ヶ島のウミウ、ヒメウ

及びクロサギの生息地

昭和35531日指定

城ヶ島の南側、太平洋の荒波を受ける断崖は高さ約30m、幅2㎞に及び、自然景観もよく残されている。この崖の中ほどやや東に位置する赤羽根海岸周辺には、崖面の岩棚や割目にウミウとヒメウ、それにクロサギが生息することでよく知られている。

ウミウとヒメウはウの仲間で、夏季は北日本などの冷涼な地域で繁殖し、冬季には温暖な地方へ南下して冬を過ごす。城ヶ島においては、例年10月末頃から渡来し、少数のヒメウのほか、最盛期のウミウは十数百羽を数え壮観を呈するが、やがて春になると北へ帰っていく。一方、クロサギは南方系のサギで、太平洋側では房総半島や城ヶ島を生息の北限域とする。体は黒く見えるが、くちばしと足が長くて黄色がかるので、全体黒色に見えるウミウやヒメウと区別できる。

城ヶ島赤羽根海岸周辺は、往時よりもウミウの渡来数が減少しているが、なお関東地方最大規模の渡来地として重要であり、またクロサギの太平洋分布北限地の一つとして学術上きわめて貴重である。

 

注 意

ウミウ等の観察や撮影は展望台からお願いします。投石や柵内への立ち入りなど、ウミウ等とその生息地の保存に影響を及ぼす行為をした者は、条例により処罰されます。

平成133

出典:神奈川県教育委員会

三浦市 教育委員会

広告
松虫にささで寝る戸や城ヶ島
松虫にささで寝る戸や城ヶ島

松虫にささで寝る戸や城ヶ島

たかし

秋の夜、松虫が鳴いている。島の漁家は戸締まりをしないまま、松虫の鳴く声につつまれて安らかな眠りに入っている。「ささで(鎖さで)」は「門戸をしめないで」の意。

この俳句は、松本たかし昭和13年(1938)の作。

当時この城ヶ島に大橋はなく、三崎との渡し舟が唯一つの便であった。更に東京湾防備の要塞地帯で、島へ渡るのには軍の制約があり、殊に夜に渡る人など稀であったことから、初秋の夕べには虫の鳴きこぞる島となった。

たかしは三崎の友の案内で虫を探すことができた。

島の漁家のいとなみは、素朴そのもの、松虫の鳴く頃は、涼をとるため蚊帳を吊って、雨戸を開けたままで寝ている。このような島の抒情が、たかしの高い詩心によってうたいあげられた。

松本たかし=子規、虚子の写生を根本とした俳人。

三崎の風光を愛し、しばしば来遊。

昭和31年(1956)没。その墓も三崎本瑞寺にある。

出典:三浦市

俳誌「笛」同人会

広告
神奈川県立城ヶ島公園入口
神奈川県立城ヶ島公園入口
神奈川県立城ヶ島公園案内図
神奈川県立城ヶ島公園案内図
広告
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園案内図
神奈川県立城ヶ島公園案内図
広告
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
神奈川県立城ヶ島公園緑陰広場(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
安房崎灯台 ピクニック広場第一展望台
安房崎灯台 ピクニック広場第一展望台
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から通り矢堤防方面を眺める
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から通り矢堤防方面を眺める
広告
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から館山方面を望む
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から館山方面を望む
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から東京湾を望む
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から東京湾を望む
広告
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)からピクニック広場を眺める
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)からピクニック広場を眺める
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)からピクニック広場を眺める
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)からピクニック広場を眺める
広告
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から伊豆大島を望む
第二展望台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)から伊豆大島を望む
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
広告
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
城ヶ島砲台跡から安房崎灯台を眺める
広告
城ヶ島砲台跡シップウォッチング
城ヶ島砲台跡シップウォッチング

シップウオッチング

東京湾へ出入りするいろいろな船を見ることができます。

原油タンカー
原油を運ぶ専用の船。事故の時原油流出を最小限に抑えるため。船側と船底を2重構造になっています。
LNG(液化天然ガス)船
天然ガスをマイナス162℃の超低温で液化し、運ぶ船です。超低温輸送のため、タンクは特殊な材質でできています。
自動車専用船
完成した自動車やトラックを専門に運搬する船です。
コンテナ船
日用品や食糧品から危険品まで多種多様な貨物を国際規格のコンテナに収納して運ぶ船です。
客船・フェリー
長期間の船旅が楽しめます。レストランや娯楽設備が充実しています。
漁船
写真は船尾の水面上にとどまっるためのスパンカーをつけています。
シップウオッチング
広告
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
安房崎灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
この地点の標高は海抜4.6メートルです 神奈川県
この地点の標高は海抜4.6メートルです 神奈川県
広告
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
第二展望台周辺(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
角川源義句碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
角川源義句碑(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)

火の島へ

一帆

目指すよ

芋の露

源義

広告
火の島へ一帆目指すよ芋の露
火の島へ一帆目指すよ芋の露

火の島へ一帆目指すよ芋の露

源 義

この俳句は、角川源義昭和39年の作。城ヶ島より望む伊豆大島への願望である。

帆をいっぱいに追風をはらんだ帆掛舟が大島に向かって走っている情景、(いも)(つゆ)(季語=秋)は、成長した里芋の葉に夜露や雨が溜ってきらきらとかがやいているようです。

角川源(かどかわげん)(よし)(俳号・(げん)())大正6年、富山県生まれ、折口信夫・武田(ゆう)(きち)を慕い国学院大学に学ぶ。文学博士、国学院大学講師・慶応義塾大学大学院講師。昭和20年角川書店を創立し、27年総合雑誌「俳句」、翌年「短歌」を創刊、33年俳句の叙情性を目指し、俳誌「河」を創刊して俳句の指導に当たる。ことに三浦半島の風光を愛し、しばしばこの地を訪れている。

昭和501027日没。この日を「(しゅう)燕忌(えんき)」と名付く。

昭和51年建立。

平成521

出典:三 浦 市

俳誌「河」同人会

県立城ケ島公園海鵜の生息地
県立城ケ島公園海鵜の生息地
広告
至 馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
至 馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)

馬の背洞門

これは自然が作った海蝕洞穴で長い年月をかけて波浪、風雨等に侵食されてこのような見事な形となったものです。

地層は第三紀層、鮮新統、三浦群に属し土質は凝灰質砂礫岩という軟かい岩質です。高さ8m、横6m、厚さ2mで、土地の人は「馬の背の洞門」のほか「めぐりの洞門」、「眼鏡(めがね)の洞門」などと呼んでいます。

そのどの名前もみな洞門の形から()して名付けたものです。

明治の文豪、大町桂月はここに訪れて次のように延べています。「―馬の背に至る、怒涛却下の巌を嚙む、左は房州、右は伊豆、前には雲の峰聳ゆ、その雲の峰少し薄らぎて中より大島あらわる、馬の背はやがて馬の首となり、長巌海に突出す。云々」

※落石等の危険があるため近づかないでください。

出典:三浦市

広告
馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
馬の背洞門(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
広告
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
広告
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
広告
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
城ヶ島公園ハイキングコース岩礁の道
相模亭(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
相模亭(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
広告
相模亭(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
相模亭(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町693)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
城ヶ島灯台(〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町)
広告
城ヶ島灯台点灯百二十周年記念碑
城ヶ島灯台点灯百二十周年記念碑
広告

第70回さがみ湖湖上祭花火大会 2019年8月1日(木)19:30~20:45 

花火情報 ・打ち上げ数
・約4000発
・打ち上げ時間    75分
・前年の人出        約5万5000人
・開催日時 2019年8月1日(木)
 19:30~20:45
・荒天の場合        小雨決行
         (荒天時は中止)

広告
相模湖駅
相模湖駅
相模湖駅
相模湖駅
広告
相模湖湖上祭花火大会 臨時時刻表
相模湖湖上祭花火大会 臨時時刻表
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
広告
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
広告
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
相模湖湖上祭花火大会
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告
広告

大船駅モノレール広場(スタート)→大東橋→砂押橋→七久保橋→今泉小学校入口→白山神社前→散在ガ池森林公園→半僧坊下(バス)→鎌倉学園→巨福呂坂切通し→鶴岡八幡宮前→二の鳥居井前→鎌倉駅入口→下馬→海岸橋→滑川→由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)

第54回鎌倉歴史探訪ウオーク 🔶◇🔶③大船

第54回鎌倉歴史探訪ウオーク 🔶◇🔶③大船観音巨福呂坂切通し
(距離12㎞)
🔶◇🔶平成30年12月24日

広告
平成30年歩き納め大会 第54回 鎌倉歴史探訪ウオーク
平成30年歩き納め大会 第54回 鎌倉歴史探訪ウオーク
平成30年歩き納め大会 第54回 鎌倉歴史探訪ウオーク
平成30年歩き納め大会 第54回 鎌倉歴史探訪ウオーク
広告
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)
広告
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)
大船駅モノレール広場(スタート)

大 船 観 音 寺

全長約25mの巨大白衣観音像(大船観音)で知られる。JR大船駅西口より徒歩10分程度。

シンボルともなっている大船観音の他にも、原子爆弾による犠牲者を弔う「原爆被災祈念碑」・「戦没慰霊碑」など第二次世界大戦による犠牲者を弔う碑や、地蔵尊などが立ち並ぶ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

広告
鎌倉市大船1丁目10
鎌倉市大船1丁目10
鎌倉市大船1丁目27
鎌倉市大船1丁目27
広告
岩瀬こい公園
岩瀬こい公園
いわせ下関青少年公園周辺
いわせ下関青少年公園周辺
広告
七久保橋交差点
七久保橋交差点
今泉小学校入口周辺
今泉小学校入口周辺
広告
鎌倉市今泉3丁目7−4
鎌倉市今泉3丁目7−4
鎌倉市今泉4丁目2−9
鎌倉市今泉4丁目2−9
広告
散在ガ池森林公園周辺
散在ガ池森林公園周辺
散在ガ池森林公園
散在ガ池森林公園

散在が池森林公園

みなさんこんにちは

散在が池森林公園にようこそ、この森林公園はみなさんの憩いの森として、また鎌倉の自然のしくみを理解する場所として、整備したものです。散在ヶ池を中心に東西に広がるこの公園は、小面積ながら、起伏に富んだ地形と静かな森、そして四季折おりに姿をかえる自然のさまは、都合の生活に疲れた心を、きっといやしてくれることと思います。

市と県では、この残された貴重な森の利用と考え、荒発した林地などへ植栽を行うとともに、みなさんが安心して利用できる必要最小限の施設を整備しました。

都市化が進んでいくなかで残された貴重な森を、大切に守っていけるよう、みなさんのご協力をお願いします。

それでは、この自然と心静かに心ゆくまで語り合ってください。

整備事業名 生活環境保全林整備事業

対象 面積 約28ha

 

広告
散在ガ池森林公園
散在ガ池森林公園
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園

滝ノ入北公園

広告
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
広告
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
広告
滝ノ入北公園
滝ノ入北公園
鎌倉市今泉台5丁目11
鎌倉市今泉台5丁目11
広告
鎌倉市今泉台5丁目11
鎌倉市今泉台5丁目11
鎌倉市山ノ内239−12
鎌倉市山ノ内239−12
広告
鎌倉市山ノ内239−12
鎌倉市山ノ内239−12
鎌倉明月窯 鎌倉市山ノ内207
鎌倉明月窯 鎌倉市山ノ内207
広告
鎌倉市山ノ内207
鎌倉市山ノ内207
鎌倉市山ノ内207
鎌倉市山ノ内207
広告
北鎌倉 葉祥明美術館周辺
北鎌倉 葉祥明美術館周辺
北鎌倉 葉祥明美術館周辺
北鎌倉 葉祥明美術館周辺
広告
鎌倉市山ノ内 県道21号線
鎌倉市山ノ内 県道21号線
三日月堂花仙 鎌倉市山ノ内133−11
三日月堂花仙 鎌倉市山ノ内133−11
広告
建長寺外門周辺
建長寺外門周辺
建長寺外門周辺
建長寺外門周辺
広告
鎌倉市 県道21号線
鎌倉市 県道21号線
鎌倉市 県道21号線
鎌倉市 県道21号線
広告
鎌倉市 県道21号線
鎌倉市 県道21号線
鶴岡八幡宮御谷休憩所周辺
鶴岡八幡宮御谷休憩所周辺
広告
鎌倉市雪ノ下2丁目1 県道21号線
鎌倉市雪ノ下2丁目1 県道21号線
鶴岡八幡宮 三の鳥居
鶴岡八幡宮 三の鳥居

鶴岡八幡宮 三の鳥居

神社の出入り口として、なくてはならないのが、鳥居です。

鶴岡八幡宮にも、建立当初、鎌倉幕府初代将軍の源頼朝の時代から鳥居はあったようですが、大風などで度々倒壊し、その度に再建を繰り返していました。

現在の一ノ鳥居、二ノ鳥居、三ノ鳥居のルーツは、江戸幕府第四代将軍・徳川家綱が、1668年(寛文八年)に寄進した鳥居だと言われています。

それ以前は木造の鳥居でしたが、家綱は鳥居建立のために、はるばる備前国(現在の岡山県東南部)の犬島から、花崗岩の御影石(みかげいし)と呼ばれる石材を取り寄せ、石造の鳥居を建てました。

1904年(明治三十七年)、3基の大鳥居は揃って国宝に指定されましたが、1923年(大正十二年)の関東大震災で倒壊してしまいました。

現在、二ノ鳥居と三ノ鳥居は鉄筋コンクリート造になっていますが、最も海に近いところに建つ一ノ鳥居は、関東大震災の後も、1936年(昭和十一年)に石材で再建されています。

時間の許す方は、江戸時代に建立された鳥居の趣を今に伝える一ノ鳥居も、ぜひ見に行ってみてくださいね。

一方、先代の二ノ鳥居の石材の一部は、鶴岡八幡宮敷地内の鎌倉国宝館近くにある源実朝の歌碑として、三ノ鳥居の石材の一部は、三ノ鳥居から真西に6kmほど離れた、鎌倉山ロータリーにある鎌倉山の石碑として、それぞれよみがえっています。

出典:神社・寺 御朱印めぐり.COM

広告
鶴岡八幡宮 三の鳥居周辺
鶴岡八幡宮 三の鳥居周辺
鎌倉市雪ノ下2丁目10-8
鎌倉市雪ノ下2丁目10-8
広告
鎌倉市小町2丁目-12
鎌倉市小町2丁目-12
豊島屋 本店 鳩サブレー
豊島屋 本店 鳩サブレー

豊島屋 本店 鳩サブレー

明治27年(1894年)豊島屋は鎌倉の地に誕生いたしました。以来100有余年、お客様に愛されるお菓子を作り続けてまいりました。

「お客様の笑顔」を求め、製造に携わる者はてまえどものお菓子をお客様が召上がって頂いた時の笑顔を求め、販売を行うものは、笑顔の接客はもちろん、お買い求めるお客様が笑顔になるような接客を目指し、日々精進させていただいております。

おかげさまで鎌倉と言えば「鳩サブレー」と言われるほど、初代が生み出した明治生まれの鳩サブレーは地元鎌倉を中心に、皆さまにご愛顧を頂戴しております。

てまえども豊島屋は和菓子屋として、季節の移ろいを菓子に描くと同時に、鎌倉の語りべとして、鎌倉らしいお菓子を作り続けたいと思っております。

当たり前のことを普通に、ウソをつかないお菓子を作り、お客様の笑顔を求め、これからも社員一同頑張らせていただく所存でございますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

出典:豊島屋四代目

広告
鎌倉駅入口
鎌倉駅入口
鎌倉市由比ガ浜2丁目 県道21号線
鎌倉市由比ガ浜2丁目 県道21号線
広告
鎌倉市消防本部 鎌倉消防署周辺
鎌倉市消防本部 鎌倉消防署周辺
鎌倉市由比ガ浜4丁目2
鎌倉市由比ガ浜4丁目2
広告
鎌倉警察署 滑川交番前
鎌倉警察署 滑川交番前
鎌倉警察署 滑川交番前
鎌倉警察署 滑川交番前
広告
滑川交差点
滑川交差点
滑川交差点
滑川交差点
広告
六地蔵
六地蔵
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)
広告
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)

鎌倉海浜公園 由比ガ浜地区

広告

赤レンガパーク(スタート)→山下公園→横浜公園→市庁舎前→伊勢佐木町3丁目→日ノ出町→野毛坂→野毛山公園(10㎞の分岐点)→掃部山公園(10㎞チェックポイント、ゴールまで3.5㎞)→新横浜通りを歩道橋で渡り、国道16号は横断歩道を渡りJR根岸線高架に沿って高島町方面へ進む→展示ホール北(10・20・30㎞合流点)→新港→赤レンガパーク(ゴール)

第20回記念 港よこはまツーデーマーチ【14日】横浜開港・公園巡り 10kmコース 山下公園・中華街・野毛山公園

第20回記念
港よこはまツーデーマーチ
【14日】横浜開港・公園巡り
10kmコース
山下公園・中華街・野毛山公園

広告
港よこはまツーデーマーチ
港よこはまツーデーマーチ
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
広告
海岸通り四丁目
海岸通り四丁目
海岸通り四丁目
海岸通り四丁目
広告
海岸通り四丁目
海岸通り四丁目
万国橋下の屋形船
万国橋下の屋形船
広告
万国橋下の屋形船
万国橋下の屋形船
ナビオス横浜
ナビオス横浜
広告
よこはまコスモワールド
よこはまコスモワールド
新港中央広場
新港中央広場
広告
新港中央広場
新港中央広場
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫方面
広告
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫方面
広告
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫方面
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
広告
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
広告
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
広告
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫 歩道
横浜赤レンガ倉庫 歩道
広告
中区新港1丁目 周辺
中区新港1丁目 周辺
中区新港1丁目 周辺
中区新港1丁目 周辺
広告
中区新港1丁目 周辺
中区新港1丁目 周辺
像の鼻パークから大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
像の鼻パークから大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
広告
像の鼻パーク 遊歩道
像の鼻パーク 遊歩道
像の鼻パークから大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
像の鼻パークから大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
広告
山下公園通り
山下公園通り
山下公園通り
山下公園通り
広告
山下公園中央口 交差点
山下公園中央口 交差点
横浜中華街
横浜中華街
広告
横浜中華街
横浜中華街
横浜 中華街通り
横浜 中華街通り
広告
横浜 中華街通り
横浜 中華街通り
横浜 中華街通り
横浜 中華街通り
広告
中区山下町174 周辺
中区山下町174 周辺
日本大通り入口 交差点
日本大通り入口 交差点
広告
日本大通り入口 交差点
日本大通り入口 交差点
日本大通り入口 交差点
日本大通り入口 交差点
広告
中区日本大通33 周辺
中区日本大通33 周辺
横浜スタジアム 周辺
横浜スタジアム 周辺
広告
横浜スタジアム
横浜スタジアム
市役所前 交差点
市役所前 交差点
広告
中区尾上町2丁目 周辺
中区尾上町2丁目 周辺
中区港町5丁目 周辺
中区港町5丁目 周辺
広告
中区 首都高速神奈川1号横羽線 周辺
中区 首都高速神奈川1号横羽線 周辺
吉田橋
吉田橋
広告
中区伊勢佐木町1丁目 周辺
中区伊勢佐木町1丁目 周辺
中区伊勢佐木町1丁目 周辺
中区伊勢佐木町1丁目 周辺
広告
中区伊勢佐木町2丁目 周辺
中区伊勢佐木町2丁目 周辺
長者町1丁目
長者町1丁目
広告
長者町9丁目 周辺
長者町9丁目 周辺
日ノ出町
日ノ出町
広告
中区日ノ出町1丁目 周辺
中区日ノ出町1丁目 周辺
野毛坂 周辺
野毛坂 周辺
広告
野毛坂
野毛坂
野毛山動物園陸橋
野毛山動物園陸橋
広告
野毛山公園 周辺
野毛山公園 周辺
戸部警察署 野毛山公園 周辺
戸部警察署 野毛山公園 周辺
広告
西区老松町 周辺
西区老松町 周辺
西区老松町28 周辺
西区老松町28 周辺
広告
掃部山公園 周辺
掃部山公園 周辺
掃部山公園 周辺
掃部山公園 周辺
広告
掃部山公園
掃部山公園
掃部山公園(井伊掃部頭直弼像)
掃部山公園(井伊掃部頭直弼像)
広告
掃部山公園 周辺
掃部山公園 周辺
根岸線高架下 道路
根岸線高架下 道路
広告
根岸線高架下 道路
根岸線高架下 道路
首都高速神奈川1号羽田線 高架下
首都高速神奈川1号羽田線 高架下
広告
西区みなとみらい4丁目 周辺
西区みなとみらい4丁目 周辺
すずかけ通り西 交差点
すずかけ通り西 交差点
広告
西区みなとみらい4丁目 周辺
西区みなとみらい4丁目 周辺
みなとみらい5丁目 交差点
みなとみらい5丁目 交差点
広告
みなとみらい5丁目 交差点から高島中央公園
みなとみらい5丁目 交差点から高島中央公園
みなとみらい5丁目 交差点
みなとみらい5丁目 交差点
広告
高島中央公園南 交差点
高島中央公園南 交差点
高島中央公園南 交差点
高島中央公園南 交差点
広告
展示ホール北 交差点
展示ホール北 交差点
西区みなとみらい1丁目 周辺
西区みなとみらい1丁目 周辺
広告
西区みなとみらい1丁目 周辺
西区みなとみらい1丁目 周辺
パシフィコ横浜前 周辺
パシフィコ横浜前 周辺
広告
パシフィコ横浜前 交差点
パシフィコ横浜前 交差点
パシフィコ横浜前 交差点
パシフィコ横浜前 交差点
広告
パシフィコ横浜前 交差点
パシフィコ横浜前 交差点
国際橋から横浜コスモワールド
国際橋から横浜コスモワールド
広告
国際橋
国際橋
安藤百福発明記念館 横浜
安藤百福発明記念館 横浜
広告
安藤百福発明記念館 横浜
安藤百福発明記念館 横浜
新港 遊歩道
新港 遊歩道
広告
新港 遊歩道
新港 遊歩道
新港 遊歩道
新港 遊歩道
広告
新港 遊歩道
新港 遊歩道

赤レンガパーク(スタート)→日本丸→大岡川沿いに歩く→末吉橋→蒔田公園→与七橋→向田橋(大岡川)→藤の木小入口→山王台小入口→20㎞分岐点→20・40㎞コース合流点→八幡橋→間門→本牧市民公園→小港町2丁目→海の見える丘公園→マリンタワー前→赤レンガパーク(ゴール)

第20回記念 港よこはまツーデーマーチ【13日】海と港と街巡り 20kmコース 大岡川・久良岐公園・本牧市民公園・山下公園

第20回記念
港よこはまツーデーマーチ
【13日】海と港と街巡り
20kmコース 大岡川・久良岐公園
・本牧市民公園・山下公園

広告
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
第20回記念 港よこはまツーデーマーチ
広告
横浜地方法務局前
横浜地方法務局前
日本、〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57
日本、〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57
広告
万国橋
万国橋
万国橋
万国橋
広告
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
広告
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
広告
至 横浜赤レンガ倉庫
至 横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
広告
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
広告
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋のセレブリティ・ミレニアム号
赤レンガパークから首都高速神奈川5号大黒線
赤レンガパークから首都高速神奈川5号大黒線
広告
赤レンガパークからパシフィコ横浜
赤レンガパークからパシフィコ横浜
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
赤レンガパーク(スタート)
広告
横浜赤レンガ倉庫 周辺
横浜赤レンガ倉庫 周辺
万国橋 周辺
万国橋 周辺
広告
ナビオス横浜
ナビオス横浜
ナビオス横浜
ナビオス横浜
広告
運河パーク
運河パーク
運河パーク
運河パーク
広告
運河パーク
運河パーク
運河パーク
運河パーク
広告
運河パークから横浜ランドマークタワー
運河パークから横浜ランドマークタワー
至 汽車道
至 汽車道
広告
帆船 日本丸 周辺
帆船 日本丸 周辺
日本丸 交差点
日本丸 交差点
広告
日本、〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目 首都高機械メンテナンス(株)桜木町事務所
日本、〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目 首都高機械メンテナンス(株)桜木町事務所
桜木町駅入口 周辺
桜木町駅入口 周辺
広告
桜木町駅入口 周辺
桜木町駅入口 周辺
宮川橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
宮川橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
宮川橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
宮川橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
長者橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
長者橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
長者橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
長者橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
旭橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
旭橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
旭橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
旭橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
末吉橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
末吉橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
末吉橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
末吉橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
道慶地藏尊(周辺) 大岡川沿いに歩く
道慶地藏尊(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
一本橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
一本橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
山王橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
山王橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
山王橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
山王橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
蒔田公園
蒔田公園
広告
蒔田公園
蒔田公園
蒔田公園(周辺)
蒔田公園(周辺)
広告
井土ヶ谷橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
井土ヶ谷橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
井土ヶ谷橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
井土ヶ谷橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
鶴巻橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
鶴巻橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
鶴巻橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
鶴巻橋(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
南区大橋町3丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
南区大橋町3丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
南区中里1丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
南区中里1丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
広告
南区別所1丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
南区別所1丁目(周辺) 大岡川沿いに歩く
南区大岡4丁目(周辺)
南区大岡4丁目(周辺)
広告
南区上大岡東3丁目(周辺)
南区上大岡東3丁目(周辺)
久良岐公園
久良岐公園
広告
久良岐公園
久良岐公園
久良岐公園
久良岐公園
広告
久良岐公園
久良岐公園
久良岐公園
久良岐公園
広告
久良岐公園から磯子市内の景観
久良岐公園から磯子市内の景観
久良岐公園 周辺
久良岐公園 周辺
広告
久良岐公園 周辺
久良岐公園 周辺
久良岐公園 案内図
久良岐公園 案内図
広告
汐見台中学校前 ←八幡橋 →金沢・日野
汐見台中学校前 ←八幡橋 →金沢・日野
日本、〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3丁目13 ブリリアシティ横浜磯子K棟
日本、〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3丁目13 ブリリアシティ横浜磯子K棟
広告
日本、〒235-0019 神奈川県横浜市磯子区磯子台6−3
日本、〒235-0019 神奈川県横浜市磯子区磯子台6−3
日本、〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3丁目9−9 K&KL.T.D
日本、〒235-0016 神奈川県横浜市磯子区磯子3丁目9−9 K&KL.T.D
広告
磯子旧道入口 周辺
磯子旧道入口 周辺
八幡橋 周辺
八幡橋 周辺
広告
八幡神社前 周辺
八幡神社前 周辺
根岸駅前
根岸駅前
広告
根岸不動下 周辺
根岸不動下 周辺
三渓園 周辺
三渓園 周辺
広告
本牧市民公園掲示板
本牧市民公園掲示板
本牧市民公園
本牧市民公園
広告
本牧市民公園
本牧市民公園
本牧市民公園 周辺
本牧市民公園 周辺
広告
本牧元町東公園
本牧元町東公園
本牧元町入口
本牧元町入口
広告
本牧漁業組合入口
本牧漁業組合入口
日本、〒231-0821 神奈川県横浜市中区本牧原21−2 UR都市機構ベイシティ本牧南2号棟
日本、〒231-0821 神奈川県横浜市中区本牧原21−2 UR都市機構ベイシティ本牧南2号棟
広告
日本、〒231-0821 神奈川県横浜市中区本牧原5−3 パークシティ本牧I棟
日本、〒231-0821 神奈川県横浜市中区本牧原5−3 パークシティ本牧I棟
みなと赤十字病院入口
みなと赤十字病院入口
広告
山下橋東
山下橋東
山下橋
山下橋
広告
山下橋
山下橋
山下橋
山下橋
広告
山下橋
山下橋
横浜人形の家前
横浜人形の家前
山下公園から日本郵船氷川丸
山下公園から日本郵船氷川丸
広告
山下公園から日本郵船氷川丸
山下公園から日本郵船氷川丸
山下公園中央口
山下公園中央口
山下公園中央口
山下公園中央口
広告
山下公園中央口
山下公園中央口
山下公園中央口
山下公園中央口
産業貿易センター前
産業貿易センター前
広告
産業貿易センター前から大桟橋ふ頭
産業貿易センター前から大桟橋ふ頭
神奈川県 横浜水上警察署
神奈川県 横浜水上警察署
山下公園通り
山下公園通り
広告
山下公園から大さん橋ふ頭ビル
山下公園から大さん橋ふ頭ビル
山下臨港線プロムナード
山下臨港線プロムナード
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
広告
山下公園からみなとみらい方面
山下公園からみなとみらい方面
ビア像の鼻
ビア像の鼻
ビア像の鼻
ビア像の鼻
広告
像の鼻パーク
像の鼻パーク
像の鼻パーク
像の鼻パーク
横浜開港150周年記念碑 周辺
横浜開港150周年記念碑 周辺
広告
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
赤レンガ倉庫から大さん橋ふ頭ビル
赤レンガ倉庫から大さん橋ふ頭ビル
広告
赤レンガ倉庫から大さん橋ふ頭ビル
赤レンガ倉庫から大さん橋ふ頭ビル
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
広告
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
大さん橋ふ頭に接岸中のセレブリティ・ミレニアム号
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
広告
横浜赤レンガ倉庫
横浜赤レンガ倉庫
赤レンガパーク(ゴール)
赤レンガパーク(ゴール)
赤レンガパーク(ゴール)
赤レンガパーク(ゴール)
広告

亀岡八幡宮(スタート)→新逗子駅前→田越橋→逗子海岸→高養寺浪子不動→披露山公園→被露山公園入口→名越切通し→安国論寺→安養院→大町四ツ角→鶴岡八幡宮→八幡宮前→二の鳥居前→鎌倉駅入口→下馬→海岸橋→由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)

第53回平成29年歩き納め大会
鎌倉歴史探訪ウオーク

広告
亀岡八幡宮(スタート)
亀岡八幡宮(スタート)
広告
亀岡八幡宮(スタート)
亀岡八幡宮(スタート)
広告
〒249-0006 神奈川県逗子市逗子5丁目7 ウォッシュサロンブーフーウー
〒249-0006 神奈川県逗子市逗子5丁目7 ウォッシュサロンブーフーウー
新逗子駅入口

新逗子駅入口

広告
田越橋
田越橋
富士見橋
富士見橋
広告
富士見橋

富士見橋
富士見橋

富士見橋
広告
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿1丁目6‐36
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿1丁目6‐36
逗子海岸
逗子海岸

逗 子 海 岸

概要

遠浅で波も穏やかであり浜が小細砂で、貝殻や砂利や泥が少ないのが特徴。ウィンドサーフィンなどで有名。関東で最も海開きの早い海水浴場の一つである。
毎年夏に逗子海岸花火大会が行われるが2011年は東日本大震災の影響で中止となり、2012年は、近年の海岸侵食によって砂浜が狭くなってきていることから、警備体制や安全面に配慮した結果、海の家設営前の6月2日に行われた。
陸軍軍医の石黒忠悳らによって1892年(明治25年)頃より海水浴場として最適であると宣伝され、徳冨蘆花の不如帰の舞台となったこともあり、大正頃より逗子海水浴場として知られるようになった。2005年には石原慎太郎の太陽の季節の碑が設置された。
歴史

逗子村と小坪村の間での寛文・元禄年間の裁判の結果、小坪村に属し東小坪の新宿海岸として西小坪の小坪海岸(現在の逗子マリーナ、小坪漁港周辺、鷺の浦とも)とともに漁師の拠点であった。その頃はマツの繁るひと気のない海岸だった。
1888年、丸富次郎が田越川河口に旅館養神亭を開業し、1889年(明治22年)の横須賀線逗子駅の開業によって新宿海岸周辺に別荘が建ち始めた。日露戦争終結後の1906年(明治39年)2月3日、新宿浜近くに別荘を持つ東郷平八郎の祝勝会で新宿浜を東郷浜と改称した。大正期ごろより海水浴客で賑わうようになった。
1926年には逗子ホテルが創業した。大正天皇が葉山御用邸で療養していた時期には養神亭や逗子ホテルで若槻内閣閣僚や皇族が執務を行った。1929年には国鉄によって国鉄海の家が設置された。1950年、日米対抗の「逗子モーターボートレース」を開催。現在の競艇の元となったといわれる(モーターボートを参照)。
2014年3月に規制条例が制定され、刺青やタトゥー、音楽鑑賞、飲酒、バーベキューが禁止となった。

ソース: 逗子海岸 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
逗子海岸

逗子海岸
広告
逗子海岸

逗子海岸
逗子海岸

逗子海岸
広告
逗子海岸

逗子海岸
逗子海岸

逗子海岸
広告
逗子海岸

逗子海岸
高養寺浪子不動
高養寺浪子不動
広告
高養寺浪子不動

高養寺浪子不動
逗子海岸葛ヶ浜降起海食台
逗子海岸葛ヶ浜降起海食台

逗子(ずし)海岸(かいがん)葛ヶ浜(くずがはま)降起(りゅうき)海食(かいしょく)(だい)

眼下の「不如帰(ほととぎす)」の碑の建つ岩礁は、縄文時代以来7千年間の波浪によって岩盤が浸食されてできた海底の岩礁が地震で隆起したもので、「隆起海食台」の

地形と呼ばれます。

この岩礁は大正12年(1923)の関東大震災の時に隆起した後に、現在までゆっくり沈隆しています。

干潮の時に見られる(しま)模様の地層を横切る何本もの直線的な水路は「断層線」で、これを陸の方へたどっていくと、断層線が浸食されて出来た谷「断層谷」が披露山につながっていることが分かります。

この浪子不動は「滝の沢」という断層谷の(ふもと)に建っています。かつて谷を流れる小川が、不動堂の横で高さ数メートルの滝になっています。

なお、これらの断層の中には、近年の断層の中には、近年の調査によって、鎌倉時代以降に動いた断層(活断層)であることが分かったものもあります。

出典:逗子市・自然の回廊プロジェクト

 

空から見た葛ヶ浜の降起海食台

 

広告
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿5丁目5‐5
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿5丁目5‐5
国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し

概要

名越切通は、鎌倉と三浦半島を結ぶ要路のひとつであり、戸塚宿から鎌倉を経て浦賀へ続く浦賀道の一部でもあった。

切通を含む名越路(名越坂とも)は、より南側にある小坪路とともに、かつては鎌倉から三浦半島へ連絡する数少ない陸路であった。地域名ともなっている「名越」の名は、この道が峻険で「難越」(なこし)と呼ばれたことに由来すると言われる。

道として地名が登場するのは、「吾妻鏡」の天福元年(1233年)8月18日の条に「名越坂」とあるのが最初で、

十八日 早旦、武州、爲奉幣于江嶋明神、出給之處、前濱有死人。是被殺害者也。不遂神拜、直參御所給。即召評定衆、被經沙汰。先令御家人等、武藏大路、西濱、名越坂、大倉、横大路已下、固方々途路、有犯科者否、可捜求其内家家由、被仰下之間、諸人奔走。而名越邊、或男洗直垂袖。其滴血也。成恠、岩手左衛門尉生虜之、相具參御所、推問之刻、所犯之條無所遁。是博奕人也。仍殊可停止其業之由、下知云々。

(大意:18日早朝、武州(執権・北条泰時)が江の島明神に詣でようとしたところ前浜に死体があった。御家人らに命じて武藏大路、西濱、名越坂、大倉、横大路など方々の道を固め探させたところ、名越の辺りで直垂の袖の血を洗っている者がおり、これを捕えたところ、犯行が明らかになった。)

「吾妻鏡」

すでにこの頃には主要な交通路であったことがうかがえ、後に七口に数えられる切通の中でも比較的早期に整備されたものと考えられる。

江戸時代に著された「新編鎌倉志」には、
名越切通ハ三浦ヘ行道也。此峠、鎌倉ト三浦トノ境也。甚嶮峻ニシテ道狭。左右ヨリ覆ヒタル岸二所アリ。里俗、大空峒小空峒ト云フ。峠ヨリ東ヲ久野谷村ト云、三浦ノ内也。西ハ名越、鎌倉ノ内ナリ

「新編鎌倉志」

とある。久野谷村は、現在の逗子市久木にあたる。

現在、鎌倉側から名越切通に向かうには、神奈川県道311号鎌倉葉山線(旧国道134号)がJR横須賀線をまたぐ名越踏切脇から、線路に沿った旧道に入る。旧道は鎌倉五名水のひとつ日蓮乞水前を経て、線路の北側に渡る。線路北側に沿うように山の斜面を登ると、横須賀線の名越トンネル入口の上辺りから山道に入る。山道に入るわずかに手前には庚申塔がある。

鎌倉側から入って間もなく比較的きつい上りがあり、これを登りきると、左右に平場がある。左の平場への小道は、そのまま「大切岸(おおきりぎし)」(後述)の上の尾根筋に続き、現在の丘陵上の住宅地「鎌倉逗子ハイランド(鎌倉市浄明寺六丁目、逗子市久木八丁目)」、衣張山方面に抜ける。『新編鎌倉志』の附図にも、切通の途中から、大切岸の南の御猿畠山、法性寺に至る道が記されており、この分かれ道はそれなりの昔から存在していたことが判る。

ソース: 名越切通 – https://ja.wikipedia.org

 

広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越(なごえ)切通し(きりどおし)

名越切通は、鎌倉時代に尾根を掘り割ってつくられたとされる通行路で、鎌倉幕府の事績(じせき)を記した『吾妻(あずま)(かがみ)』の天福元年(1233年)八月十八日条に「名越坂」のひとつとしても数えられた、鎌倉と三浦半島方面とを結ぶ道として重要な役割を果たしてきました。切通しの周辺には、鎌倉の防衛にも関係すると考えられる平場や(きり)(ぎし)(人工的な崖)、やぐら(四角い横穴に石塔を建て、納骨・供養する施設)や遺体を火葬した跡なども多く分布しており、中世都市鎌倉の周縁(しゅうえん)の歴史的景観をたいへん良く残しています。

 

現在の切通のすがた

現在の名越切通しの道筋には、尾根の岩盤を掘り割って道をつくり、両側が急な崖になっているところが三ヵ所ありますが、最も高く切り立ったこの部分を第一切通と呼んでいます。鎌倉時代に外敵の侵入を防ぐために、あえて狭く作ったと言われていますが、発掘調査を行ったところ意外な結果が明らかになりました。

現在私たちが歩いている切通は路面の幅が11.5mほどですが、その下に複数の古い道路面が重なって発見されました。最下層(現地表から約60㎝下)の道路面は幅2mほどで、そこから18世紀後半以降に作られた陶磁器が出土しました。

これによって、現在の道筋の地下に埋もれている最も古い道は、江戸時代に使われていたということがわかったのです。

その後、地震などによって両側の崖が崩れるたびに道が埋まり、そのつど整地・修復して新しい道をつくったため、どんどんかさ上げされた路面が高くなったと思われます。

一時期に道幅を広げる工事も行われたようで、路面の幅が約3m、両側に排水のための溝も設けられていました。しかし、明治16年(1883年)にトンネル道路が、同22年(1889年)に横須賀線が開通すると、切通も幹線道路としての役割を終え、埋もれるがまま修復の手を加えられることもほとんどなくなり、最終的に現在のようなすがたになったと考えられます。

 

 

発掘調査では、鎌倉時代の路面は確認できませんでした。切通に面した崖のかなり上のほうに鎌倉~南北朝時代頃に掘られたと思われるやぐらがあることから、当時の道筋が今とあまり変わらないとすれば、その道は今よりずっと急坂で、高い位置を通っていたのかも知れません。

一方、時代が下がって、室町時代の僧(ぎょう)()は、名越切通の様子を「畳々(じょうじょう)たる(いわお)をきり、山をうがち、旧跡の雲につらなる」と述べています。(『北国紀行』)。

中世の後半には、通行しやすいように堀り下げられていたことを示しているとも思われます。

鎌倉幕府執権(しっけん)北条氏によって鎌倉の守りの(かなめ)としてつくられたと言われる名越切通は、当時のすがたそのものではないと考えられますが。重要な交通路として近代にいたるまで長く使われ続けてきた貴重な史跡であることに変わりはありません。

 

出典:逗子市教育委員会

広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
国指定史跡 名越切通
国指定史跡 名越切通

国指定史跡 名越(なごえ)切通(きりどおし)

名越切通は、鎌倉から相模湾沿いに三浦半島を結ぶ交通路で、『吾妻(あづま)(かがみ)』天福元年(1233818日条に「名越坂」として初めて登場し、明治時代になって直下を通る現在の横須賀線や県道のトンネルが開通するまで、長い間幹線道路として使い続けられた重要な道です。

急峻な尾根を掘り割って造られた切通は、時代が下るにつれて通行しやすいように改修したり、地震等で崩れては複旧を繰り返しているため、鎌倉時代の姿そのものではありません。

しかし、その周辺には、横穴式の供養施設であるやぐらが約150基も集中する「まんだら洞やぐら群」や、死者を茶毘(だび)に付した跡など、中世の葬送に関する遺構が数多く分布するほか、切通の防衛にも関係すると考えられる人工的な平場や大規模な石切場跡(大切(おおきり)(ぎし))が尾根筋に見られるなど、古都鎌倉の周縁の歴史的景観をたいへん良く残しています。

この史跡に対して、みだりに現状変更(掘削、工作物の設置等)や保存に影響を及ぼす行為を行うことは、文化財保護法により禁止されています。

平成243

出典:逗子市教育委員会

 

 

広告
国指定史跡 名越切通し

国指定史跡 名越切通し
名越切通・大町口
名越切通・大町口
広告
名越切通・大町口

名越切通・大町口
横須賀線 踏切
横須賀線 踏切
広告
安国論寺
安国論寺

安 国 論 寺

概要

長勝寺・妙法寺と並び、日蓮が鎌倉で布教するに際して拠点とした松葉ヶ谷草庵の跡とされ、松葉ヶ谷霊跡安国論寺とも言う。開山は日蓮とするが、弟子の日朗が文応元年(1260年)に、日蓮が前執権北条時頼に建白した「立正安国論」を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まりである。

その他、南面窟(松葉ヶ谷法難時に、白猿に導かれて避難した場所)や日朗上人荼毘所(日朗が出家剃髪した場所で荼毘に伏して欲しいとの遺言による)がある。裏山の富士見台からは由比ガ浜海岸を含む市内を一望でき、日蓮が富士山に向け題目を唱えたとされる。

なお東芝社長や経団連会長を務め、熱心な法華信者であった土光敏夫の菩提寺(墓所)でもある。

第51世玉川日薩師は、霊跡本山比企谷妙本寺第81世に晋山。

境内には、鎌倉市天然記念物に指定されている

妙法桜(日蓮の杖が根付いたとされる市原虎の尾という品種のヤマザクラ)

海棠(カイドウ)

山茶花(サザンカ) – 樹齢350年と言われる。があり見所となっている。

ソース: 安国論寺 – https://ja.wikipedia.org

 

安国論寺

安国論寺
広告
坂東第三番札所 安養院田代寺(田代観音)
坂東第三番札所 安養院田代寺(田代観音)
坂東第三番札所 安養院田代寺(田代観音)

坂東第三番札所 安養院田代寺(田代観音)
広告
鎌倉大町 八雲神社
鎌倉大町 八雲神社

鎌倉大町 八雲神社

歴史

社伝によれば、永保年間、源義光が奥州へ向かうのに際し、鎌倉に疫病が流行しているのをみて、京都祇園社の祭神を勧請し、祭ったのが始まりと伝えられる。

応永年間には、義光の子孫である佐竹氏の屋敷に祀られていた祠が合祀され、佐竹天王と称した。

また、大正12年(1923年)関東大震災の際には社殿が倒壊しており、昭和5年(1930年)に再建された。

 

祭事

正月6日 新年初神楽
7月、例祭期間中 神幸祭 – 大町まつりとも呼ばれ、大規模な神興渡御で知られる。また、神幸祭の間に繰り出される神輿の下を幼児を抱いてくぐり、無事な成長を祈願する「神輿くぐり」も行われる。

ソース: 八雲神社 (鎌倉市大町) – https://ja.wikipedia.org

鎌倉大町 八雲神社

鎌倉大町 八雲神社
広告
〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1丁目18‐2
〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1丁目18‐2
日蓮上人辻説法跡
日蓮上人辻説法跡
日蓮(にちれん)上人(しょうにん)辻(つじ)説法(せっぽう)跡(あと)
日蓮(にちれん)上人(しょうにん)辻(つじ)説法(せっぽう)跡(あと)

日蓮(にちれん)上人(しょうにん)(つじ)説法(せっぽう)(あと)

日蓮(にちれん)上人(しょうにん)は建長5年(1253)安房(千葉県)から鎌倉に来て、松葉ヶ谷(まつばがやつ)(現在の長勝寺、安国論寺の辺り)に草庵を結びました。

鎌倉時代、この辺りは武士の屋敷と商家町が混在した地域と考えられ、毎日のようにこの辺りを訪れて、法華経の功徳を説く辻説法を行ったと伝えられます。

文応元年(1260)、5代執権・北条時頼(ほうじょうときより)に提出した『立正安国論』が原因で、松葉ヶ谷の草庵は焼き討ちされました。

出典:鎌倉市

広告
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)は、神奈川県鎌倉市雪ノ下にある神社。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

別称として鎌倉八幡宮とも呼ばれる。武家源氏、鎌倉武士の守護神。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として全国の八幡社の中では関東方面で知名度が高く、近年では三大八幡宮の一社に入ることがある。境内は国の史跡に指定されている。

ソース: 鶴岡八幡宮 – https://ja.wikipedia.org

広告
八幡宮前
八幡宮前
滑川交差点
滑川交差点
広告
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)
由比ヶ浜・鎌倉海浜公園(ゴール)
広告
〒248-0014 神奈川県鎌倉市 県道311号線
〒248-0014 神奈川県鎌倉市 県道311号線

東奥田公園(スタート)→奥田橋~大道橋間の桜並木(70景その他-8)→新林公園→江の島古道→諏訪神社上社・下社(寺社-1)→鵠沼鉄橋とせりだした松(鵠沼―2)→西浜公園(昼食)→境川沿い・聖ヨゼフ教会(片瀬-1)→洲鼻通り(その他-3)→トンボロの江の島(片瀬-3)→江の島 北緑地(ゴール)

藤沢とその周辺の景観70景

鵠沼・片瀬の景観めぐり

広告
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
広告
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
広告
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
広告
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢12‐9
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢12‐9
広告
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16‐10
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16‐10
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
広告
東奥田公園(スタート)
東奥田公園(スタート)
〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東4‐141
〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東4‐141
広告
〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東4‐5
〒251-0026 神奈川県藤沢市鵠沼東4‐5
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16 県道32号線
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16 県道32号線
広告
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16 県道32号線
〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢16 県道32号線
川名森久第二公園
川名森久第二公園
広告
川名森久第二公園
川名森久第二公園
川名森久第二公園
川名森久第二公園
広告
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬1丁目3‐4
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬1丁目3‐4
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬1丁目6‐33
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬1丁目6‐33
広告
川名森久第二公園
川名森久第二公園
川名森久第二公園
川名森久第二公園
広告
川名森久第二公園
川名森久第二公園
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3丁目1‐10
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬3丁目1‐10
広告
上諏訪神社
上諏訪神社
上諏訪神社
上諏訪神社
広告
諏訪神社
諏訪神社
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬2丁目21‐15
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬2丁目21‐15
広告
上西原公園
上西原公園
諏訪神社
諏訪神社
広告
諏訪神社
諏訪神社
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬5丁目4‐20
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬5丁目4‐20
広告
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬5丁目5‐7
〒251-0032 神奈川県藤沢市片瀬5丁目5‐7
境川江ノ電鉄橋
境川江ノ電鉄橋
広告
境川江ノ電鉄橋
境川江ノ電鉄橋
〒251-0031 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷2丁目10‐15
〒251-0031 神奈川県藤沢市鵠沼藤が谷2丁目10‐15
広告
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目3‐21
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目3‐21
境川江ノ電鉄橋
境川江ノ電鉄橋
広告
境川江ノ電鉄橋
境川江ノ電鉄橋
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目1‐1
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目1‐1
広告
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目6‐20
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸3丁目6‐20
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目6‐22
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目6‐22
広告
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目7‐28
〒251-0038 神奈川県藤沢市鵠沼松が岡1丁目7‐28
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目1‐2
〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1丁目1‐2
広告
カトリック片瀬教会
カトリック片瀬教会
江の島商店街
江の島商店街
広告
江の島商店街
江の島商店街
西浜公園
西浜公園
広告
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
広告
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
江の島大橋・江の島弁天橋
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
江の島のトンボロ
広告
江の島弁天橋・江の島大橋
江の島弁天橋・江の島大橋
江の島弁天橋・江の島大橋
江の島弁天橋・江の島大橋
広告
江の島弁天橋・江の島大橋
江の島弁天橋・江の島大橋
江の島駅
江の島駅
広告
江ノ電車内
江ノ電車内
江ノ電車内
江ノ電車内
広告
江ノ電車内
江ノ電車内

藤沢駅→極楽寺駅(スタート)→稲村ヶ崎→鎌倉大仏前→葛原岡神社→鶴岡八幡宮→鎌倉駅(ゴール)→藤沢駅

5月20日(土)第405回
初夏の鎌倉 海と新緑を愛でるコース

広告
小田急線藤沢駅2階 湘南FUJISAWAコンシェルジュ前(受付)
小田急線藤沢駅2階 湘南FUJISAWAコンシェルジュ前(受付)
小田急線藤沢駅2階 湘南FUJISAWAコンシェルジュ前(受付)

小田急線藤沢駅2階 湘南FUJISAWAコンシェルジュ前(受付)
広告
江ノ島電鉄「極楽寺駅」(スタート)
江ノ島電鉄「極楽寺駅」(スタート)
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3丁目7‐21
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3丁目7‐21
広告
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目1‐8
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目1‐8
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目1‐8

〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目1‐8
広告
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目13‐24
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目13‐24
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目6‐3
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2丁目6‐3
広告
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目15‐16
〒248-0024 神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目15‐16
神奈川県鎌倉市 国道134号線
神奈川県鎌倉市 国道134号線
広告
神奈川県鎌倉市 国道134号線

神奈川県鎌倉市 国道134号線
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下 国道134号線
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下 国道134号線
広告
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目 国道134号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目 国道134号線
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下9‐8
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下9‐8
広告
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下2‐9
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下2‐9
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下1‐8
〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下1‐8
広告
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目15 県道32号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目15 県道32号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 県道32号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷 県道32号線
広告
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1丁目16‐28 いも吉館
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷1丁目16‐28 いも吉館
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2‐26
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目2‐26
広告
鎌倉大仏殿高徳院
鎌倉大仏殿高徳院
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目1 県道32号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目1 県道32号線
広告
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目7‐13
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目7‐13
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目 県道32号線
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷4丁目 県道32号線
広告
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目16‐3
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2丁目16‐3
〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助2丁目22‐12
〒248-0017 神奈川県鎌倉市佐助2丁目22‐12
広告
〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原5丁目16‐12
〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原5丁目16‐12
〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原5丁目9‐1
〒247-0063 神奈川県鎌倉市梶原5丁目9‐1
広告
こもれび広場
こもれび広場
葛原岡神社
葛原岡神社
広告
〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目26‐16
〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目26‐16
浄智寺
浄智寺
広告
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内 県道21号線
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内 県道21号線
〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内 県道21号線

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内 県道21号線
広告
建長寺
建長寺
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
広告
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
鶴岡八幡宮
広告
江ノ島電鉄鎌倉駅
江ノ島電鉄鎌倉駅
江ノ島電鉄鎌倉駅
江ノ島電鉄鎌倉駅
広告
江ノ島電鉄鎌倉駅
江ノ島電鉄鎌倉駅

富岡総合公園(スタート)→海の公園南口→八景島シーサイドスパ→八景島マリンゲート前→横浜ヘリポート前→幸浦二丁目信号→鳥浜→新杉田公園→富岡隧道→富岡総合公園(ゴール)

金沢緑地フリ-ウオ-ク』
よこはまウオーキング協会

広告
富岡総合公園(スタート)
富岡総合公園(スタート)
富岡総合公園(スタート)

富岡総合公園(スタート)
広告
富岡総合公園(スタート)

富岡総合公園(スタート)
富岡総合公園(スタート)

富岡総合公園(スタート)
広告
富岡総合公園(スタート)

富岡総合公園(スタート)
長浜公園
長浜公園
広告
長浜公園

長浜公園
長浜公園

長浜公園
広告
長浜公園

長浜公園
長浜公園

長浜公園
広告
なぎさ団地前
なぎさ団地前
横浜市漁業共同組合 柴支所販売所
横浜市漁業共同組合 柴支所販売所
広告
横浜市漁業共同組合 柴支所販売所

横浜市漁業共同組合 柴支所販売所
八景島入口
八景島入口
広告
八景島入口

八景島入口
海の公園ウインドサーフィン艇庫
海の公園ウインドサーフィン艇庫
広告
海の公園ウインドサーフィン艇庫

海の公園ウインドサーフィン艇庫
海の公園ウインドサーフィン艇庫

海の公園ウインドサーフィン艇庫
広告
横浜市金沢海の公園ジョギングコース
横浜市金沢海の公園ジョギングコース
横浜市金沢海の公園ジョギングコース

横浜市金沢海の公園ジョギングコース
広告
横浜市金沢海の公園ジョギングコース

横浜市金沢海の公園ジョギングコース
シーサイド・スパ八景島
シーサイド・スパ八景島
広告
八景島橋
八景島橋
八景島橋

八景島橋
広告
八景島橋

八景島橋
マリンゲート入口
マリンゲート入口
広告
マリンゲート入口

マリンゲート入口
マリンゲート入口

マリンゲート入口
広告
金沢シーサイド
金沢シーサイド
金沢シーサイド

金沢シーサイド
広告
金沢シーサイド

金沢シーサイド
海辺の散歩道
海辺の散歩道
広告
六方石モニュメント
六方石モニュメント
六方石モニュメント

六方石モニュメント
広告
新杉田公園
新杉田公園
新杉田公園

新杉田公園
広告
金沢シーサイド
金沢シーサイド

新松田駅(スタート)→バス→玄倉バス停→小川谷出合→ヤヒチ沢→西丹沢県民の森(東屋)→ヤヒチ沢→小川谷出合→玄倉バス停→バス→新松田駅(ゴール)

マイナスイオンたっぷり!

西丹沢県民森コース

広告
新松田駅
新松田駅
バス
バス
広告
玄倉バス停
玄倉バス停
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
広告
小川谷出合→ヤヒチ沢
小川谷出合→ヤヒチ沢
西丹沢県民の森
西丹沢県民の森
広告
西丹沢県民の森(東屋)
西丹沢県民の森(東屋)
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
広告
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
広告
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
ヤヒチ沢→小川谷出合
広告
玄倉バス停
玄倉バス停
広告
バス
バス
新松田駅
新松田駅