日比谷公園健康運動広場(スタート)→日比谷通り→行幸通り→大手町→日本橋→小舟町→甘酒横丁→浜町公園(昼食)→浜町河岸通り→薬研堀不動院→久松警察前→人形町通り→十思公園(ゴール)

第20回  日比谷街角ウォーク
“街角に楽しさを探して”
東京都ウオーキング協会

広告
桜田門交差点
桜田門交差点
祝田橋交差点
祝田橋交差点
広告
日比谷公園前(祝田橋交差点)
日比谷公園前(祝田橋交差点)

日比谷公園

日比谷公園(ひびやこうえん)は、東京都千代田区に所在する公園、および同公園を町域とする千代田区の町名である。郵便番号は100-0012。

公園の土地の一部は国有地である。東京都建設局が所管する都立公園であり、東京都公園協会に管理を委託している。都市計画法第11条(都市施設)に基づく名称は、北の丸公園、皇居外苑の一部と合わせて「東京都市計画公園第5・8・23号中央公園」である。

ソース: 日比谷公園 – https://ja.wikipedia.org

日比谷公園 アーク灯
日比谷公園 アーク灯

アーク灯

 

この元アークライト灯は、開園当時の公園灯で、園内には10基設置され、1200燭光の明るさがあったといわれます。

これ以外はガス灯70基が設置されていました。

右手にある水呑みと同じ鋳鉄製で統一されたデザインとなっており、両方とも明治の記念物として1基ずつ園内に残っています。

広告
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む
日比谷公園から東京ミッドタウン日比谷を望む

東京ミッドタウン日比谷

建設中の仮名称は「新日比谷プロジェクト」。映画館や劇場に隣接した地区で、日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディングの跡地を再開発し建設された。地上35階建て(高さ約192メートル)、延べ床面積は約18万9000平方メートル。賃貸オフィス(34階~9階)や、大企業とベンチャー企業の連携を促すインキュベーション施設に加えて、商業施設部分(地上7階~地下1階)に全60店のテナントが入る。総工費は1322億円。

三井不動産はビジネスだけでなく、”日比谷地区”の文化的価値を高める拠点とする意向を表明している。野外には日比谷の賑わいの中心となる「日比谷ステップ広場」、4~5階にシネマコンプレックスTOHOシネマズの旗艦店である「TOHOシネマズ日比谷」、6階には日比谷公園を一望する「パークビューガーデン」、9階にはオフィスロビーがある。

地下1階の日比谷アーケードはアールデコ風とし、三信ビル、日比谷三井ビルの保存部材を各所に使用。その意匠を一部取り入れている。また低層部は三信ビルの意匠を継承し高さを100尺(約31m)とすることで右側の日生劇場と高さを合わせて街区の一体感が感じられるようにデザインされている。さらに、ビルの外観に曲線を使った「ダンシングタワー」というコンセプトは、近くの内幸町にかつて存在し、舞踏会が多く開かれた鹿鳴館を意識している。ホプキンス・アーキテクツが建築デザインを行った。

ソース: 東京ミッドタウン日比谷 – https://ja.wikipedia.org

日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
日比谷公園 第一花壇
広告



広告
日比谷公園 健康広場
日比谷公園 健康広場
日比谷公園 第一花壇前
日比谷公園 第一花壇前
広告
日比谷見附跡
日比谷見附跡
東京都千代田区 都営 三田線 日比谷駅
東京都千代田区 都営 三田線 日比谷駅
広告
帝国劇場前
帝国劇場前
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目 日比谷通り
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目 日比谷通り
広告
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
行幸通遊歩道
広告
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目4‐6
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目4‐6
三井住友信託銀行(株) 本店営業部前
三井住友信託銀行(株) 本店営業部前
広告
大手町駅前交差点
大手町駅前交差点
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
常盤橋ゴジラ ギャラリー
広告
常盤橋交差点
常盤橋交差点
常盤橋交差点
常盤橋交差点
広告
本石町一丁目交差点
本石町一丁目交差点
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目 首都高速都心環状線
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目 首都高速都心環状線
広告
小舟町交差点
小舟町交差点
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目1‐1
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1丁目1‐1
広告
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目11‐5
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目11‐5
西郷隆盛屋敷跡
西郷隆盛屋敷跡
西郷隆盛屋敷跡
西郷隆盛屋敷跡

西郷隆盛屋敷跡

所在地 中央区日本橋人形町1丁目1

日本橋小綱町14

日本橋蛎殻町1丁目10

13番地

明治初め、この地域には明治維新の元勲西郷隆盛(18271877)の屋敷がありました。

明治6(1873)の「第壱大区沽券図」には、「蛎殻町一丁目壱番/二千六百三十三坪/金千五百八十六円/西郷隆盛」とあります。

屋敷には長屋に15人ほどの書生を住まわせ、下男を7人雇い、猟犬を数頭飼っていたといわれています。

維新後、西郷は郷里鹿児島にいましたが、明治4年に新政府から請われて上京し、参議に就任、同年10月に岩倉具視を特命全権大使とし、大久保利通、木戸孝允等を副使とする使節団が米欧へ派遣された後には、筆頭参議として留守政府首班となり、学制・徴兵制度・地租改正などの重要政策を実現しました。

明治6年になって、朝鮮との国交問題が緊迫し、武力出兵を主張するいわゆる征韓論が高まりを見せるなか、西郷は自らが朝鮮に渡って交渉することにより、問題の解決にあたろうとしました。閣議でもいったんは西郷の使節派遣が決定されましたが、海外の視察から帰国した大久保等の猛烈な反対により使節派遣は中止となります。

この決定を受けて、西郷をはじめ、板垣退助や後藤象二郎等が参議を辞して下野しました。(明治6年の政変)。

下野後、西郷はこの地にあった屋敷を引払い、鹿児島に帰郷します。

鹿児島では、士族子弟の教育のために私学校をつくり、また農耕と狩猟に悠々自適の生活を送っていましたが、明治10年に西南戦争を起こし自害しました。

 

平成193

出典:中央区教育委員会

広告
谷崎潤一郎生誕の地
谷崎潤一郎生誕の地
谷崎潤一郎生誕の地
谷崎潤一郎生誕の地
谷崎潤一郎生誕の地
谷崎潤一郎生誕の地

谷崎潤一郎生誕の地

所在地 中央区日本橋人形町1710

谷崎潤一郎(18861965)は、明治19724日、この地にあった祖父経営の谷崎活版所で生まれました。

25年、阪本尋常高等小学校に入学しました。

そん後、父の事業の失敗により、近くを転々としました。

若くして文筆にすぐれ、東京帝国大学国文科を家庭の事情で中退したのち、第二次『新思潮』の同人となり、『刺青(しせい)』、『少年』など耽美と背徳の世界を華麗に描いて、文芸界で名を成しました。

のち、日本的な伝統美に傾倒し、『(たで)喰ふ虫』、『春琴抄(しゅんきんしょう)』、『細雪(ささめゆき)』、『少将慈幹の母』などを遺しています。

その間、昭和12年、芸術院会員に推され、同年24年には文化勲章を受章しました。

平成7年㋂

出典:中央区教育委員会

広告
甘酒横丁交差点
甘酒横丁交差点
甘酒横丁
甘酒横丁

甘酒横丁

中央区日本橋人形町にある「甘酒横丁」交差点から浜町緑道との交点、または中央区日本橋浜町の清洲橋通りに所在する明治座に至る商店街・通りが甘酒横丁と呼ばれている。正式な通りの愛称としては、「人形町通り」と接する日本橋人形町二丁目4番を起点とし、旧浜町川である浜町緑道に接する日本橋人形町二丁目32番を終点として、昭和63年度に中央区道路愛称として指定された。この区間は、西向きの一方通行道路で、全て日本橋人形町に属し、その先、浜町公園に至る部分は日本橋浜町に属する。起点である「甘酒横丁」交差点は、日比谷線人形町駅出口が所在し、そこから北東方向に明治座横の「浜町公園前」交差点・浜町公園方面まで直線で延びている。明治座横の「浜町公園前」交差点までは「甘酒横丁」交差点から、400メートルほどの道のりとなる。

明治座側は、浜町緑道との交点の先は、通りの愛称としては別途「明治座通り」との愛称がつけられており、そのまま直進すると浜町公園に至る。浜町公園のほど近くには都営新宿線浜町駅が所在する。

浜町緑道との交差点付近には、勧進帳の弁慶像が所在する。近傍の人形町界隈には、中村座や市村座がかつて所在し、江戸歌舞伎発祥の地の一つとされることによる。

ソース: 甘酒横丁 – https://ja.wikipedia.org

広告
甘酒横丁交差点
甘酒横丁交差点
明治座
明治座

明治座

明治時代からの長い歴史を持つ「日本橋明治座」は、「銀座歌舞伎座」「新橋演舞場」「お堀端帝劇」などとともに、東京を代表する劇場として親しまれてきた。

本劇場の前身は江戸時代末期に両国にあった富田三兄弟による菰張芝居 (こもを巡らしただけの芝居小屋) で、1873年(明治6年)の両国橋畔の興行禁止令により、久松町 に移転し喜昇座(きしょうざ)として創建された。初期には焼失と再建を繰り返しながら成長し、その度に名称も久松座(ひさまつざ)、千歳座(ちとせざ)とめまぐるしく変わっていった。1893年(明治26年)に初代市川左團次が千歳座を買収して座元となり、これを明治座と改称するに及んでやっとその名が落ち着き、今日に至っている。1931年(昭和6年)、明治座は歌舞伎座、新富座、松竹と合併し、松竹興行株式会社になった。

明治座は戦前から戦後昭和の一時期までは、歌舞伎や新派の殿堂として知られた。また、大正時代の一時期は野球部を保有していた。その後は時代劇公演や、時代劇俳優や演歌歌手など年配に好まれる芸能人が座長となった歌謡ショー形態の公演(座長公演)が中心となった。

2000年代に入るとテレビ局との提携による現代劇や観劇者の世代を引き下げたミュージカル形態の公演もおこなわれるようになった。舞台設備には、宙乗り装置も常備されている。各階のロビーには所蔵絵画が多数展示されており、美術館のような雰囲気を醸し出している。

1945年(昭和20年)3月10日の東京大空襲で焼失した明治座は、その残骸をむき出しのまま放置されていた。地元有志の間で明治座復興の気運が盛り上がり、1947年(昭和22年)3月に復興期成会が組織された。明治座設立発起人準備委員会を開いたのは、復興期成会結成から3年近くも経った1949年(昭和24年)11月だった。発起人総代に三輪善兵衛(ミツワ石鹸社長)、副総代に新田新作(國粹会生井一家人形町貸元、新田建設社長)、準備委員に松坂屋の伊藤鈴三郎、松竹の大谷竹次郎などが名を連ね、料亭「玄冶店 濱田家」を営む三田政吉も参加した。建設は新田建設が請け負い、1950年(昭和25年)11月30日に開場に漕ぎ着けた。総工費一億三千万円。初日の演目は、壽式三番叟であった。

1957年(昭和32年)に三田政吉が明治座代表取締役専務となり、同年に漏電のため焼失した明治座の再建に尽力する。1993年に三田政吉は明治座代表取締役会長となる。2002年から、政吉の長男である三田芳裕が社長を務めている。

また、福岡市博多区の博多座で年1回の割合で舞台を制作しているほか、明治座グループとして俳優養成機関・明治座アカデミーの運営や、都内を中心に外食産業も手掛けている。

1993年には、再開発で建て替えた賃貸オフィスビルの浜町センタービル低層階を占める形となっている。エスカレーターやエレベータを備え、客席には車椅子スペースの設置など、バリアフリーを導入している。

公演方式は他の劇場とは異なり、30分程度の幕間(休憩時間)を2回挟む。劇場内に大人数に対応した食堂や喫茶コーナーがあり、休憩時間を利用して客を誘導するシステムとなっている(食堂は一部事前予約制)。飲食店のほかにもロビーには売店が多数あり、公演にちなんだ土産品や衣料品雑貨などを販売している。

建物3階(劇場1階席)受付にてオペラグラスの貸出(有料)を行っており、貸出料は一律500円。保証料は一般的なオペラグラスは2000円、高機能なカブキグラスでは5000円。

弁当製造部門は明治座本体が運営しており、江東区東砂に工場があり劇場で供されるほか、都内へケータリングも行っている。西京漬は単体で主力商品としている。

ソース: 明治座 – https://ja.wikipedia.org

広告
明治座
明治座
明治座
明治座
広告
明治座稲荷神社
明治座稲荷神社
明治座
明治座
広告
浜町公園
浜町公園

浜町公園

浜町公園(はまちょうこうえん)は、東京都中央区日本橋浜町二丁目にある中央区立の公園である。

中央区の公園の中では最大の面積を誇り、区を代表する公園として知られる。隅田川の河岸に面しており、新大橋から近い。

ソース: 浜町公園 – https://ja.wikipedia.org


広告
浜町公園
浜町公園
 浜町公園
浜町公園
広告
 浜町公園
浜町公園
 浜町公園
浜町公園
広告
ヤマボウシ 浜町公園
ヤマボウシ 浜町公園

ヤマボウシ

ヤマボウシ(山法師、山帽子、学名 Cornus kousa)はミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。

ソース: ヤマボウシ – https://ja.wikipedia.org

 

ヤマボウシ 浜町公園
ヤマボウシ 浜町公園
広告
清正公寺
清正公寺

清正公寺

日蓮宗寺院の清正公寺は、熊本本妙寺の別院です。清正公寺は、文久元年(1861)に、細川藩主細川斎護が熊本本妙寺に安置する加藤清正公の分霊を勧請して当地にあった下屋敷に創建、加藤清正公を祀り、明治維新後には一時加藤神社と称したといいます。明治18年仏式に戻して清正公堂と改称、管理を熊本本妙寺に委託、本妙寺別院となしたといいます。

出典:猫の足あと

清正公寺
清正公寺
広告
中央区立浜町公園案内図
中央区立浜町公園案内図

中央区立浜町公園案内図

中央区立浜町公園案内図
中央区立浜町公園案内図
浜町公園
浜町公園
広告



広告
花の都中央区宣言
花の都中央区宣言
花の都中央区宣言
緑をはぐくみ 花をいつくしみ
生きとし生ける生命を尊ぶ
美しいまち 清潔なまち
思いやりと 人情あふれるまち
出典:中央区
そんなほっとするまちにしたい
だから今
「花の都市中央区宣言」
それは ひとつぶの種
小さなこのひとつぶが
やがてまちいっぱいに
大輪の花を咲かせる
そんな願いをこめて
平成元年4月1日
広告
中央区平和都市宣言
中央区平和都市宣言
中央区平和都市宣言
いまいちどたちどまり
平和の尊さをみつめよう
ささやかな幸せも
こよなき繁栄も
平和の光が消えたなら
すべてが失われる
私たちの手にあるこの輝きを
明日の世代に伝えよう
1988年3月15日
この日、私たちは
永遠の平和を願い
中央区が平和都市で
あることを宣言する
広告
浜町公園
浜町公園
浜町公園
浜町公園
広告
 浜町公園
浜町公園
東京都 首都高速7号小松川線
東京都 首都高速7号小松川線
広告
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1丁目12‐9
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1丁目12‐9
両国橋
両国橋
広告
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目24‐16
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目24‐16
薬研堀不動尊
薬研堀不動尊
広告
薬研堀
薬研堀

薬研堀不動院

真言宗智山派大本山川崎大師平間寺の東京別院。目黒不動、目白不動とともに江戸三大不動として知られている。寺紋は大本山と同様に丸に三つ柏。

住職は平間寺貫首が勤める事となっており、現在は藤田隆乗師。

ソース: 薬研堀不動院 – https://ja.wikipedia.org

 

薬研堀不動院
薬研堀不動院
広告
不動院
不動院
講談発祥記念之碑
講談発祥記念之碑

講談発祥記念碑

由来の記

元禄の昔, 赤松清左衛門は浅草見附辺の町辻で 太平記を講じ, 江戸講釈の発祥となった。

これが 後に「太平記講釈場」に発展して長く庶民に親 しまれ, 安政年間,「太平記場起原之碑」が建て られた。

この碑はその後, 当不動院境内に移され 大正12年の関東大震災まで名物となっていた。

この度, 当不動院と講談協会との因縁により, 真言宗宗祖弘法大師1150年御遠忌を記念し, 相はかって茲に新たに建碑をなすものである。

 

大僧正 高橋隆天撰

弘法大師一千百五十年御遠忌記念

大本山川崎大師平間寺

昭和59年秋吉祥 東京別院薬研堀不動院

講談協会

講談発祥の資料提供 日本大学国文学部教授 民俗芸能研究家 永井啓夫氏

 

広告
納めの歳の市之碑
納めの歳の市之碑

薬研堀不動尊

納めの歳の市之碑

川崎大師平間寺 貫首 大僧正 隆天書

碑陰の記

遠く江戸時代の中頃より江戸の街では12月に入ると各地で歳の市が立った。

歳の市とは門松 〆縄飾り、羽子板等の正月用品を売る市を云う。

かつて東京の歳の市は1214日、15日の深川八幡に始まり、浅草観音、神田明神、芝の愛宕神社、平川湯島の両天神を廻って最後は二十八日の薬研掘不動尊で終り。

特にこの市を薬研堀不動尊納めの歳の市と言われた。

初めの頃は梅の盆栽が売られ梅の市とも呼んでいた。

戦前は何10軒もの羽子板屋が不動院門前に並び横町には、神佛具、臼、杵、まな板、ざる、箒等の迎春用品の露店が出店し、当時の千代田小学校の通りには「かさ市」が立ち、〆飾り、門松、竹、海老、こんぶ等が、威勢よく売られ、身動き出来ぬ位の人出に下町情緒豊かな歳末風景がみられた。

先の大戦の頃は戦火の拡大と共に一時中断してしまい戦後なんとか復活させたものの時勢に合わずさびれる一方であった。

時移りようやく昭和四十年地元の町会商店会の有志が是非とも江戸以来の伝統行事下町の風物詩をしっかりと後世に残すべきと「薬研堀不動尊 歳の市保存会」を組織して、同時に近隣問屋街とも協賛し 衣料品、日用雑貨等を市価の半額で販売する「大出庫市」を併催することとなり苦心経営の末、最近になってようやく往時の賑わいを取り戻すことが出来た。

有り難いことです。

又、想いめぐらせば戦前戦後を通じて、本院の大本山である川崎大師平間寺の厚いご加護を一貫して賜ったことも復興への銘記すべき事柄である。

本年は、大出庫市を併催して、丁度、三十年の節目に当たるので、歳の市復活に情熱を燃やした先人達を偲び、此の町の今日までの、歳の市への過ぎ越し方をこの碑に留め一つの証とする。

平成八年四月十五日

出典:薬研堀不動尊

出典:歳の市保存会

広告
薬研堀不動院
薬研堀不動院
やげん堀
やげん堀

やげん堀

やげん(やげん)(ぼり ) 七味唐辛子本舗(しちみとうがらしほんぽ)は、東京・浅草寺の門前で七味唐辛子を製造販売する商店。法人名は合資会社中島商店。江戸時代初期より中島家が10代に亘って営んでいる。七味唐辛子の元祖で、「やげん堀」(薬研堀)は七味唐辛子の別称としても通っている。長野・善光寺の門前の八幡屋礒五郎、京都・清水寺の門前の七味家と共に、日本三大七味唐辛子に数えられる。

ソース: やげん堀 – https://ja.wikipedia.org

〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目9‐14 アスコットパーク日本橋ミュゲット
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目9‐14 アスコットパーク日本橋ミュゲット
広告
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目11‐4
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目11‐4
久松警察署
久松警察署
広告
人形町交差点
人形町交差点
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町7‐3 ヒューリック本社ビル
〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町7‐3 ヒューリック本社ビル
広告
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目 靖国通り
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目 靖国通り
広告
薬研堀不動院
薬研堀不動院

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください