浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)→駒場運動公園→駒場運動公園内→松芝公園→見沼氷川公園→氷川女体神社 鳥居→氷川女体神社→さいたま電神まつり→見沼大用水西線→与野駅東口(JR京浜東北線)

YRコースを歩こう
「新都心とふる里コース」

広告
浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)
浦和駅東口パルコ前広場(JR京浜東北線浦和駅東口)
駒場運動公園内
駒場運動公園内
広告
駒場運動公園
駒場運動公園
見沼自然公園 桜.
見沼自然公園 桜.
広告
見沼氷川公園
見沼氷川公園
氷川女体神社 鳥居
氷川女体神社 鳥居
広告
氷川女体神社
氷川女体神社
松芝公園道路側
松芝公園道路側
広告
松芝公園
松芝公園
さいたま電神まつり会
さいたま電神まつり会

この竜神社には、さいたま市の竜伝説に因んだ竜神様が御座します。

かつて広大な沼であった見沼の辺のここは武蔵一宮氷川女體神社には、長年に亘り、神輿を乗せた船を沼の最も深い所に繰り出し、沼の主である竜神様を祭る祭祀『御船祭』を執り行ってまいりました。享保十二年(1727)八代将軍吉宗公の政策で見沼は干拓され「見沼田んぼ」となってからこのお祭りは『磐船祭』として今尚続けられております。

遺跡によれば御船祭は十四世紀からおこなわれていたとも推定されます。

世界最古の閘門式運河ともいわれる見沼通船堀など、見沼には数々の歴史財産が秘められております。見沼を中心としてさいたま市内に点在する数多くの竜神伝説もその一つと言えます。見沼代用水から西へと引いた高沼用水、その二つの灌漑用水で田畑を耕す地域と見沼に関わる地域はほぼさいたま市全域に及んでいます。

さいたま竜神まつり会は『文化と歴史を活かした誇りのもてるまちづくり』を目的として平成十三年(2001)五月に約50mの巨大な昇天竜を製作し『竜神まつり』を開催致しました。

出典:さいたま竜神まつり会

広告
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
広告
見沼大用水西線 桜
見沼大用水西線 桜
与野駅東口(JR京浜東北線)
与野駅東口(JR京浜東北線)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください