目白駅(スタート)→金乗院→肥後細川庭園→椿山荘→鳥尾坂→護国寺→不忍通り→教育の森公園→播磨坂→茗荷谷駅(ゴール)

「寺院・庭園ウオーク、金乗院から教育の森公園へ」約8㎞

目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
目白駅
〒171-0033 東京都豊島区高田1丁目1‐27 内山法律事務所
〒171-0033 東京都豊島区高田1丁目1‐27 内山法律事務所
〒171-0031 東京都豊島区目白1丁目5 目白通り
〒171-0031 東京都豊島区目白1丁目5 目白通り
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷2丁目5‐2 光ビルワコーズ目白
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷2丁目5‐2 光ビルワコーズ目白
〒171-0033 東京都豊島区高田 目白通り
〒171-0033 東京都豊島区高田 目白通り
金乗院
金乗院
金乗院
金乗院
金乗院
金乗院

金乗院案内

山 号   神霊山 慈眼寺 金乗院(目白不動)

本 尊   正観世音菩薩 目白不動明王

開 基   永順和尚

      文禄三年(一五九四年)寂

宗 派   真言宗豊山派

総本山    長谷寺 奈良県桜井市初瀬

祖 師    宗 祖 弘法大師(空海)
                   中興祖 興教大師(覚鑁)
                   派 祖 専誉僧正

開 宗       真言宗は、平安時代初期に弘法大師によって、中国からもたらされ、わが国で開宗されました。

教 え     教えの中心はマンダラ思想です。世の中にはいろいろな宗教や思想がありますが、よく観察してみると一番底に共通の原点があります。この原点が大日如来という仏さまです。
一切の諸尊はそれがお薬師さま、観音さま、お地蔵さま、お不動さまであれ、すべて大日如来の身を変えたお姿(応化身)なのです。
したがって、もとめるところは広い視野で物を見ながら深く考えて、敬虔に力強、人生を生き切り、平和な社会を作ることです。

金乗院
金乗院
金乗院
金乗院
神田川
神田川
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園

文京区立 肥後細川庭園(目白台一丁目一番地)

幕末、ここは肥後熊本藩細川家の下屋敷、抱屋敷であり、明治一五年(一八八二)からは細川家の本邸となった。

その後、都立公園として開園し、昭和五十年(一九七五)、文京区に移管され、平成二十九年(二〇一七)に、文京区立肥後細川庭園と名称を改めた。正門の柱に掲げる園名板は、永青文庫理事長 細川護熙氏の揮毫である。

平成二十九年三月

出典:文京区

肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園

大名の下屋敷から細川家へ

この地は、江戸中期以来旗本の邸宅となりました。

江戸末期には、徳川三卿のひとつ清水家の下屋敷となり、のち一橋家の下屋敷に転じ、幕末に、肥後熊本54万石の藩主細川越中守の下屋敷、抱屋敷となりました。

 

公園の開設

第二次世界大戦後、数度にわたって所有者が変わり、その後、昭和36年(19619月、都立公園として開園した後に、昭和50年(19754月、文京区に移管されて現在に至っています。

松聲閣から庭園を見た景色は、目の前に広がる池、左手の斜面地の林、灯籠のようすなど明治期から変わらぬ風情を留めています。細川家に伝わる絵(下記)を見比べると、この庭園の持つ歴史を味わうことができます。右地図のの位置でご覧ください。

 

庭園の特色

●地形の変化を巧みに利用して、台地を山として立体的眺望があります。

●池泉回遊式庭園で、遊歩道の一部は踏みわけ道のようになっています。

●やり水形式(平安貴族の寝殿造りの細流)で台地の湧き水を池に取り入れています。

 

庭園の四季

春は紅白の梅の競演に始まり、山肌の一部が桜により色づいた後、新録がまぶしい季節を迎えます。
初夏には肥後花菖蒲などの花を迎え、秋にはハゼやモミジの紅葉が庭園に彩りを添え、冬の風物詩・松の雪吊り・・・と四季折々の風情をたのしむことができます。季節ごとに表情を変える美しい庭園を是非ご覧ください。

ウメ、サクラ、ヒゴツバキ、ヒゴシャクヤク

ヒゴハナショウブ、ボダイジュ

ヒゴサザンカ、モミジ、ハゼ

雪吊り

 

門外不出の肥後六花

江戸時代から品種改良を重ねてきた熊本独特の花、「肥後六花」のうち、肥後椿、肥後芍薬、肥後花菖蒲、肥後山茶花を庭園でみることができます。


 

肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
肥後細川庭園
椿山荘
椿山荘
椿山荘
椿山荘
カトリック関口教会
カトリック関口教会
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺前交差点
護国寺
護国寺
護国寺
護国寺
護国寺
護国寺
護国寺
護国寺
〒112-0013 東京都文京区音羽2丁目9 不忍通り
〒112-0013 東京都文京区音羽2丁目9 不忍通り
〒112-0013 東京都文京区音羽2丁目9 不忍通り
〒112-0013 東京都文京区音羽2丁目9 不忍通り
〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目9 不忍通り
〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目9 不忍通り
〒112-0012 東京都文京区大塚3丁目29‐2
〒112-0012 東京都文京区大塚3丁目29‐2
〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目14 不忍通り
〒112-0012 東京都文京区大塚2丁目14 不忍通り
石川啄木終焉の地
石川啄木終焉の地
石川啄木終焉の地
石川啄木終焉の地
〒112-0002 東京都文京区小石川4丁目18‐9
〒112-0002 東京都文京区小石川4丁目18‐9
筑波大学 東京キャンパス前
筑波大学 東京キャンパス前

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください