中央会場(飯能市役所)(スタート)→寶蔵寺(埼玉県飯能市大字中居)→飯能桜の森→高麗峠→巾着田(チェックポイント)→高麗神社→高麗川駅→高麗川南公民館→こま川団地→長松寺[曹洞宗] (埼玉県日高市)→普門寺[真言宗智山派] (埼玉県飯能市 高麗川駅)→大川学園医療福祉専門学校→中央会場(飯能市役所)(ゴール)

第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
大会2日目 5月27日(日)
精明・宮沢・加治・高麗郷
・吾野ルート 20kmコース(高麗郷) 実距離:21.6km

広告
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
第16回 飯能新緑ツーデーマーチ
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告



広告
 中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
  中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
広告
   中央会場(飯能市役所)(スタート)
中央会場(飯能市役所)(スタート)
    中央会場(飯能市役所)(スタート
中央会場(飯能市役所)(スタート
広告
JR八高線沿い道
JR八高線沿い道
中山陸橋(東)
中山陸橋(東)
広告
中山陸橋(東)
中山陸橋(東)
/中山陸橋(東)
/中山陸橋(東)
広告
〒357-0003 埼玉県飯能市青木61‐3
〒357-0003 埼玉県飯能市青木61‐3
〒357-0003 埼玉県飯能市青木119‐4
〒357-0003 埼玉県飯能市青木119‐4
広告
中井交差点
中井交差点
飯能桜の森 入口
飯能桜の森 入口
広告
〒357-0003 埼玉県飯能市青木291
〒357-0003 埼玉県飯能市青木291
寶蔵寺(埼玉県飯能市大字中居)
寶蔵寺(埼玉県飯能市大字中居)
広告
飯能桜の森
飯能桜の森
〒357-0002 埼玉県飯能市中居102‐3
〒357-0002 埼玉県飯能市中居102‐3
広告
〒357-0006 埼玉県飯能市中山723‐8
〒357-0006 埼玉県飯能市中山723‐8
〒357-0005 埼玉県飯能市原町(大字)217‐4
〒357-0005 埼玉県飯能市原町(大字)217‐4
広告
〒357-0065 埼玉県飯能市大河原855
〒357-0065 埼玉県飯能市大河原855
ほほえみの丘
ほほえみの丘
広告
ほほえみの丘
ほほえみの丘
ほほえみの丘
ほほえみの丘
広告
高麗峠 奥武蔵自然歩道
高麗峠 奥武蔵自然歩道
〒350-1246 埼玉県日高市梅原372
〒350-1246 埼玉県日高市梅原372
広告
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪 県道15号線
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪 県道15号線
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪 県道15号線
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪 県道15号線
広告
奥武蔵自然歩道 ハイキングマップ
奥武蔵自然歩道 ハイキングマップ

奥武蔵自然歩道 ハイキングマップ

奥武蔵自然歩道 ハイキングマップ
奥武蔵自然歩道 ハイキングマップ
【橋りょう】 ドレミファ橋〔日高市〕
【橋りょう】 ドレミファ橋〔日高市〕

【橋りょう】 ドレミファ橋〔日高市〕

【高麗丘陵ハイキングコース】

ドレミファ橋は、日高市の巾着田内にある橋である。元々は桁がかかっておらず、橋脚をぴょんぴょんと飛び越えて渡っていた。その際に「ドレミファ」と歌いながら渡ったので「ドレミファ橋」となったと言われている。

出典:埼玉県日高市

広告
【橋りょう】 ドレミファ橋〔日高市〕
【橋りょう】 ドレミファ橋〔日高市〕
巾着田(チェックポイント)
巾着田(チェックポイント)

巾着田曼珠沙華公園

巾着田(きんちゃくでん)は、埼玉県日高市の西部、高麗本郷を流れる高麗川に囲まれた所にある巾着のような形をした平地である。


概要

地元では川原田と呼ばれている。8世紀にこの付近に移り住んだ高句麗からの渡来人が、大きく湾曲した高麗川を利用してこの地を開墾して田を作り、稲作を伝えたと言われている。

昔は文字通り水田が広がり、その面積は約17ヘクタール(17万平方メートル)に及んでいた。昭和40年代に当時の日高町が巾着田を取得し、昭和50年代~60年代ごろに草藪の草刈りをしたところ、大規模なヒガンバナ (彼岸花、曼珠沙華)の群生が見られるようになり、報道が始まったことで、有名スポットとなった。河川の蛇行や氾濫により上流部から土砂とともに球根が流れ着いたものと考えられている。1996年には日本一の木製トラス橋「あいあい橋」が完成した。グラウンドや駐車場など観光地として設備されるようになった。

河原では季節を問わずキャンプを楽しむ人が多く見られる。特に夏場は、弧を描く川の内側は流れが緩やかであるためか、小さな子ども連れの家族で賑わっている。

毎年9月〜10月にかけて高麗川沿いの河川敷にある5.5ヘクタールの群生地にヒガンバナ(彼岸花、曼珠沙華)が見頃になる(「500万本の曼珠沙華」を標榜する)。日本一のヒガンバナ群生地であり、祭り等も開催されたくさんの観光客で賑わう。近年[いつ?]ことに西武鉄道の宣伝などによりさらに観光客が増える傾向にある。またヒガンバナ以外にも春にはサクラや菜の花が見頃を迎える。夏になるとアジサイやハスが、秋には、コスモスも見ることができる。また、カワセミやムササビなど、さまざまな種類の野鳥や小動物を観察することもできる。

このため巾着田を含む高麗郷(こまごう)一帯は、埼玉県や東京都にある西武線沿線などの学校から遠足の行き先として選ばれることも多い。日高市はこれを観光振興に生かすため、2017年4月8日に「遠足の聖地」を宣言した。巾着田の曼珠沙華は2000年(平成12年)5月5日には、埼玉新聞社の「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」に選出された。

「巾着田曼珠沙華公園」として、2005年からヒガンバナの開花期間中は整備費用に充てるため入場料を徴収している(巾着田管理協議会)。


行幸啓
2017年(平成29年)9月20日に、天皇、皇后が、在位中8度目の私的旅行として訪れた。直前には高麗神社を参拝し、高麗家住宅を視察している。翌日は深谷市の渋沢栄一記念館などを訪問している。

ソース: 巾着田 – https://ja.wikipedia.org

広告
巾着田(チェックポイント)
巾着田(チェックポイント)
巾着田(チェックポイント)
巾着田(チェックポイント)
広告
巾着田
巾着田
巾(きん) 着(ちゃく) 田(だ)
巾(きん) 着(ちゃく) 田(だ)

(きん) (ちゃく) ()

所在地 日高市大字高麗本郷

刈場坂峠付近に源を発する高麗川の流れは複雑な起伏の山峡を東流し、関東平野に出たところで、南東から北東にその流れの方向を変えます。

この大きい蛇行した姿は、あたかも円を描いたような流れとなって、他で見ることができない珍しい地形を形成しました。

水の流れは、永い歳月をかけ外縁の土地を浸食して急崖をつくり、内側には川原が形成され、その内側は自然堤防となり、自然林の木立が生育しています。

更にこの内側には上流部から運ばれてきた土砂が堆積し、この土地を利用して古くから水田耕作が営まれていました。

地元の人は、ここを川原田と呼んでおり、この他に、市原田、内野、新田、八ヶ下が字として存在し、面積は約22haに及びます。

また、慶長2年(1597年)高麗本郷全域にわたり、検知がおこなわれたことが検知帳に記されており、中世末期には巾着田が耕地化されていたものと推定されます。

上空から見ると、この姿が巾着袋のように見えるので、俗称として「巾着田」と呼ばれるようになりました。日和田山から眺めると、その姿を確認することができます。

出典:日高市・日高市観光協会

広告
巾着田
巾着田
巾着田
巾着田
広告
巾着田
巾着田
巾着田曼珠沙華公園
巾着田曼珠沙華公園

巾着田曼珠沙華公園

巾着田(きんちゃくでん)は、埼玉県日高市の西部、高麗本郷を流れる高麗川に囲まれた所にある巾着のような形をした平地である。


概要

地元では川原田と呼ばれている。8世紀にこの付近に移り住んだ高句麗からの渡来人が、大きく湾曲した高麗川を利用してこの地を開墾して田を作り、稲作を伝えたと言われている。

昔は文字通り水田が広がり、その面積は約17ヘクタール(17万平方メートル)に及んでいた。昭和40年代に当時の日高町が巾着田を取得し、昭和50年代~60年代ごろに草藪の草刈りをしたところ、大規模なヒガンバナ (彼岸花、曼珠沙華)の群生が見られるようになり、報道が始まったことで、有名スポットとなった。河川の蛇行や氾濫により上流部から土砂とともに球根が流れ着いたものと考えられている。1996年には日本一の木製トラス橋「あいあい橋」が完成した。グラウンドや駐車場など観光地として設備されるようになった。

河原では季節を問わずキャンプを楽しむ人が多く見られる。特に夏場は、弧を描く川の内側は流れが緩やかであるためか、小さな子ども連れの家族で賑わっている。

毎年9月〜10月にかけて高麗川沿いの河川敷にある5.5ヘクタールの群生地にヒガンバナ(彼岸花、曼珠沙華)が見頃になる(「500万本の曼珠沙華」を標榜する)。日本一のヒガンバナ群生地であり、祭り等も開催されたくさんの観光客で賑わう。近年[いつ?]ことに西武鉄道の宣伝などによりさらに観光客が増える傾向にある。またヒガンバナ以外にも春にはサクラや菜の花が見頃を迎える。夏になるとアジサイやハスが、秋には、コスモスも見ることができる。また、カワセミやムササビなど、さまざまな種類の野鳥や小動物を観察することもできる。

このため巾着田を含む高麗郷(こまごう)一帯は、埼玉県や東京都にある西武線沿線などの学校から遠足の行き先として選ばれることも多い。日高市はこれを観光振興に生かすため、2017年4月8日に「遠足の聖地」を宣言した。巾着田の曼珠沙華は2000年(平成12年)5月5日には、埼玉新聞社の「21世紀に残したい・埼玉ふるさと自慢100選」に選出された。

「巾着田曼珠沙華公園」として、2005年からヒガンバナの開花期間中は整備費用に充てるため入場料を徴収している(巾着田管理協議会)。


行幸啓
2017年(平成29年)9月20日に、天皇、皇后が、在位中8度目の私的旅行として訪れた。直前には高麗神社を参拝し、高麗家住宅を視察している。翌日は深谷市の渋沢栄一記念館などを訪問している。

ソース: 巾着田 – https://ja.wikipedia.org

広告
【橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕
【橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕

【橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕

【巾着田の新たなシンボル】

あいあい橋は、日高市の巾着田内にある橋である。日本最長級の木製トラス橋であり、周辺の緑と調和した巾着田の観光シンボルとなっている。

出典:埼玉県日高市

橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕の風景
橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕の風景
広告
橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕の風景
橋りょう】 あいあい橋〔日高市〕の風景
中島照光先生顕彰碑
中島照光先生顕彰碑
広告
高麗川遊歩道
高麗川遊歩道
高麗川遊歩道
高麗川遊歩道
広告
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪141
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪141
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪152‐3
〒350-1245 埼玉県日高市栗坪152‐3
広告
高麗川陸橋 日高市栗坪
高麗川陸橋 日高市栗坪
高麗川遊歩道 散策マップ
高麗川遊歩道 散策マップ

高麗川遊歩道 散策マップ

高麗川遊歩道 散策マップ
高麗川遊歩道 散策マップ
広告
聖天院
聖天院
聖天院
聖天院

聖天院

聖天院(しょうでんいん)は、埼玉県日高市にある真言宗智山派の寺院。武蔵野三十三観音霊場二十六番札所。

ソース: 聖天院 – https://ja.wikipedia.org

広告
高麗山聖天院勝楽寺
高麗山聖天院勝楽寺
高麗山聖天院勝楽寺
高麗山聖天院勝楽寺

高麗山(こまさん)聖天院(しょうてんいん)(しょう)楽寺(らくじ)

所在地 日高市大字新堀

聖天院は、(れい)()2年(716)国難を避け日本に渡米した高句(こうく)麗人(りじん)1799人の首長高麗(こま)(のこきし)若光(じゃっこう)、侍念僧(しょう)(らく)、弟子(しょう)(うん)をはじめとする一族の菩提寺として奈良時代に創建された。

僧勝楽により開基、聖雲と弘仁により落成され、本尊には王が守護仏として故国より将来した聖天尊(歓喜天(かんきてん))を(まつ)った。

故に聖天勝楽寺と稱する。

当山開基より約600年後の貞和年間(1345)中興(しょう)(かい)上人は、法相宗を真言宗に改めた。

以来当山は、高麗郷一帯の本寺として本寺54ヶ寺を擁し寺門大いに興隆した。

開山以来実に千二百数十年、法灯連綿として絶えることなく現在に継承されている。

天正8年(1580年)第25世圓真上人は、本尊に不動明王を勧請(かんじょう)し、聖天尊を別壇に配祀した。

本尊不動明王(胎内仏弘法大師御作)、王守護仏聖天尊は共に霊験まことにあらたかで、多くの参拝者に深く信仰されており、境内には王霊廟(墓)高麗(こま)殿(でん)の池、高麗殿の井戸などの史跡が現存し往時が偲ばれる。

昭和57年㋂

 

広告
聖天院の由来
聖天院の由来
聖天院の由来
聖天院の由来

聖天院の由来

続日本紀によれば、今から1,300年前高句麗滅亡によってわが国に渡来した高句麗人のうち甲斐、駿河、相模、上総、下総、常陸、下野7ヶ国の高句麗人1,799人を716年(霊亀2年)に武蔵国に移し高麗郡を置きました。現在の日高市は、高麗郡の中心をなした地域と考えられ、1896年(明治29年)まで高麗郡でした。

高麗王若光は高麗郡の長として、広野を開き産業を興し民生を安定し大いに治績を治めました。

勝楽寺は若光が亡くなったあと、侍念僧勝楽は若光の菩提を祈る為に751年(天平勝宝3年)に建立しました。

若光の三男聖雲と孫の弘仁が勝楽の遺志を継ぎ、若光の守護仏聖天尊(歓喜天)を本尊としました。

その後開山以来の法相宗を真言宗に改め、1580年(天正8年)には本尊を不動明王にしました。当代までに実に1,250年間絶えることなく継承されています。

2000年(平成12年)には、山腹に新本堂を建立し、同時期に在日韓民族無縁の慰霊塔を建立されました。

平成145

出典:日高市

広告
〒350-1243 埼玉県日高市新堀894
〒350-1243 埼玉県日高市新堀894
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
広告
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
日高市のマスコットキャラクター(高麗神社)
広告
高麗神社 鳥居
高麗神社 鳥居

高麗神社

現在の埼玉県日高市の一部および飯能市の一部にあたる高麗郷および上総郷は716年に武蔵国高麗郡が設置された地である。中世以降、郡域が拡大し、日高市・鶴ヶ島市のそれぞれ全域と、飯能市・川越市・入間市・狭山市のそれぞれ一部が高麗郡の範囲となった。668年に唐・新羅に滅ぼされ亡命して日本に居住していた高句麗からの帰化人を朝廷はこの地に移住させた。703年には高麗若光が朝廷から王姓が下賜されたという話が伝わっている。高麗若光が「玄武若光」と同一人物ならば、高句麗王族の一人として王姓を認められたということになる。この高麗若光も朝廷の命により高麗郡の設置にあたって他の高句麗人とともに高麗郡の地に移ってきたものと推定されている(新編『埼玉県史』)。

高麗神社は、この高麗若光を祭っている。神仏習合の時代には高麗家は修験者として別当を勤めていた。天正18年に徳川家康が関東に入国すると、翌年(1592年)、社領として高麗郷内に3石を寄進された。また、高麗大宮大明神、大宮大明神、白髭大明神と称されていた社号は、明治以降は高麗神社と称されるようになった。境内隣接地には江戸時代に建てられた高麗家住宅がある。

入口付近の敷地には、2005年10月23日に在日本大韓民国民団(民団)から寄贈された花崗岩製の将軍標がある。これは、1992年に設置された木製のものが破損し腐食したことから再寄贈されたものである。また、駐日大韓民国大使らの参拝もある。

ソース: 高麗神社 – https://ja.wikipedia.org

高麗川遊歩道 日高市新堀
高麗川遊歩道 日高市新堀
広告
高麗川遊歩道 日高市新堀
高麗川遊歩道 日高市新堀
高麗川遊歩道 日高市新堀
高麗川遊歩道 日高市新堀
広告
高麗川陸橋 日高市新堀
高麗川陸橋 日高市新堀
高麗川遊歩道 日高市野々宮
高麗川遊歩道 日高市野々宮
広告
高麗川遊歩道 日高市野々宮
高麗川遊歩道 日高市野々宮
天神社
天神社
広告
〒350-1231 埼玉県日高市鹿山211‐25
〒350-1231 埼玉県日高市鹿山211‐25
〒350-1243 埼玉県日高市新堀986‐2
〒350-1243 埼玉県日高市新堀986‐2
広告
〒350-1231 埼玉県日高市鹿山142
〒350-1231 埼玉県日高市鹿山142
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山492‐11
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山492‐11
広告
高根の池公園
高根の池公園
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山 狭山茶むさし野園
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山 狭山茶むさし野園
広告
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山527‐4
〒350-1233 埼玉県日高市下鹿山527‐4
〒350-1227 埼玉県日高市女影1286
〒350-1227 埼玉県日高市女影1286
広告
〒350-1232 埼玉県日高市中鹿山523‐3 市立高根小学校
〒350-1232 埼玉県日高市中鹿山523‐3 市立高根小学校
長松寺[曹洞宗] (埼玉県日高市)
長松寺曹洞宗

長松寺 (日高市)

栃木県足利市にある曹洞宗の寺院 長松寺 (高崎市) – 群馬県高崎市にある曹洞宗の寺院 長松寺 (群馬県吉岡町) – 群馬県北群馬郡吉岡町にある天台宗の寺院 長松寺 (東松山市) – 埼玉県東松山市にある浄土宗の寺院 長松寺 (日高市) – 埼玉県日高市にある曹洞宗の寺院 長松寺 (市川市) – 千葉県市川市にある臨済宗大徳寺派の寺院”

 

ソース: 長松寺 (日高市) – https://ja.wikipedia.org

広告
〒350-1227 埼玉県日高市女影873
〒350-1227 埼玉県日高市女影873
県営かんがい排水事業 南小畦地区施工記念碑
県営かんがい排水事業 南小畦地区施工記念碑
広告
南小畦川の栗ノ木橋
南小畦川の栗ノ木橋
〒357-0013 埼玉県飯能市芦苅場570‐4
〒357-0013 埼玉県飯能市芦苅場570‐4
広告
〒357-0021 埼玉県飯能市双柳1389
〒357-0021 埼玉県飯能市双柳1389
大川学園医療福祉専門学校
大川学園医療福祉専門学校
広告
飯能狭山バイパス 飯能市青木
飯能狭山バイパス 飯能市青木
〒357-0021 埼玉県飯能市双柳 飯能市防災倉庫
〒357-0021 埼玉県飯能市双柳 飯能市防災倉庫
広告
中央会場(飯能市役所)(ゴール)
中央会場(飯能市役所)(ゴール)
中央会場(飯能市役所)(ゴール)
中央会場(飯能市役所)(ゴール)
広告
中央会場(飯能市役所)(ゴール)
中央会場(飯能市役所)(ゴール)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください